« 【2-5】:極微世界から「宇宙の果て」の向こうまでを貫く式!The expression from the microscopic world through beyond the "end of the universe"! | トップページ | Determining the existence of Quark in experiments with colliding gold nuclei! Neutron Star 金の原子核同士を衝突させた実験でクォークの存在を確認!中性子星を作ろう! »

2018年5月16日 (水)

【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP.

《ウィキペディア》の無限大の定義は、大至急書き換えられるべきです。
  我々人間を含めてすべての生き物や物質は、無限大と無限小の間で暮らしています。フィボナッチ実数列を使って、観察対象にとっての「無限大」「無限小」について考えてみましょう。
  フィボナッチ数列はご存知のように、1 , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13 , 21 , 34 ,…、の並びですが、この数列を使って、無限大(∞)数が定義できるのです。
あッ、失礼しました。その前に『無限大とは何だ?』という質問に答えておきましょうね。無限大とは:"これ以上大きな世界は考えないことにしましょう"という最大の数字の事です。
 We human beings, including all living creatures and substances that lives between the infinite and the infinitesimal. Using the Fibonacci Word real, consider taking observed "Infinity", "infinitely small". This is the infinity () number can be defined using this sequence, Fibonacci sequence is 1, 1, 2, 3, 5, 8013, 21034,... the sort of know, but.
Oh!, I'm sorry. Before the "infinite what's great?' It should answer the question. And infinity: "this over big world is let us not to think" that is the largest number.

 例えば、顕微鏡の中を覗
(のぞ)くとき、アメリカの地図や地球の形なんかは考える必要はないでしょ。東京や大阪までの距離も、まったく考えなくても良いですね。 顕微鏡の中の世界なのですから、せいぜい試料台に乗せるガラス板[プレパラート]の幅さ(約1㎝)の長さぐらいと比較すればいいのです。
 顕微鏡世界では、約1㎝が無限大の長さなのだ、と考えればいいのです。
原子・分子のような、もっと小さい世界を覗く場合には、あなたの(あか)や、からし種の大きさでも大き過ぎるサイズなのですから、〔直径1mm〕を最大の数字〔無限大∞〕とすれば十分です。

 For example, when seen through a microscope in the I-shaped map of the United States and global need not think about it? Also I think exactly also the distance between Tokyo and Osaka.  It is good if compared to the width of the glass plate from the world of the microscope is at best put sample [slides] (approximately 1 cm) length about.  It is think of infinite length 1 cm in the microscopic world. If you peek at the much smaller world of atoms and molecules like dirt on your nails and mustard from any kind of size too large, [diameter 1 mm] up numbers [Infinity ] assumed is enough.
『無限小とは?』
という質問にもお答えしておきましょう。

無限小とは:“これ以下の小さい世界は考えなくても良いという最小のサイズのことです。記号では〔1/〕という風に、1無限大()で割り算した記号で表します。
 
 さてそこで、皆さんに質問です。
無限大と無限小とのちょうど中間の点は何でしょうか?」
「ゼロ:0」ではありませんよ。実は「1」なのです。
フィボナッチ数列で言えば、1. 1 , 2 , 3 , 5 , 8、の、最初の2つのの間にある点( ) ちょうど「無限大〔∞〕と無限小〔1/∞〕との中間にあるなのです。
 
これを"小数点"とも呼びます。ですから従来のフィボナッチ数列はすべて、1の範囲内に存在していることになります。
 
同時に、無限小〔1/∞〕と⒈の小さな隙間の中には、Fi-数〔フィボナッチ数〕の逆数:[1/(Fi-数)]が、同じ数だけ、ひしめき合って入っていることになります。
 Now, to your question is. "Infinite and infinitely small and intermediate points are what just great?" It's not a "zero: 0". It is actually a "1". In the Fibonacci sequence 1. 1, 2, 3, 5, 8, and that during one of the first two (...) But just "Infinity [] and infinitely small [1 / ] with intermediate points" of is. This is also referred to as "decimal". So the conventional Fibonacci numbers all 1-infinity of will be located within the range. At the same time, infinitely small [1 / ] and during small gaps of 1 Fi-number [Fibonacci numbers] of reciprocal: [1 / (Fi-)], but are the jostle for space as the same number.
 
~55までのFi-数〔フィボナッチ数〕で考えてみましょう。
10 55 ← 今考えている最大数Fi-max
 9   34
 8   21
 7    13
 6    8
 5    5
 4     3
 3     2
 2     1
 1     1
 1  1/1 =
 2  1/1 =
 3  1/2
 4  1/3       
 5  1/5
 6  1/8
 7  1/13
 8  1/21
 9  1/34
10  1/55 ← 今考えている最小数Fi-min
In the middle area "1" it's strange, and I waited for four. Decimal point and rewriting with better reveals that a strange. In other words,
 中ほど辺りに「」が4つも並んでしまっていて、変ですね。小数点付きで書いてみると、なことがより良くわかります。即ち、
10    55   55.0
 9    34   34.0 
 8    21   21.0
 7    13   13.0
 6     8   8.0
 5     5   5.0
 4     3   3.0
 3     2    2.0
 2     1   1.0
 1     1   1.0
 1  1/11   1.0
 2  1/11   1.0
 3  1/2     0.5 
 4  1/3    0.33333
 5  1/5    0.2
 6  1/8   0.125
 7  1/13  0.076923
 8  1/21  0.0476190
 9  1/34  0.02941176
10  1/55  0.018181818
 「」が4つも並んでしまって変であることは勿論ですが、何だか数字の並び(大きさ)が、ガタガタしていて不自然です。
 
実は、フィボナッチ数[Fi-数〕の真の姿(実態)は“小数点付きの実数だった”のです。
フィボナッチ数列[Fi-数〕を、実数で書き直してみましょう。
'1' I waited for four that is, of course, but somehow rattled the sequence of digits (size), it is unnatural.  In fact, Fibonacci numbers [Fi-number] of "real numbers with a decimal point was" the appearance of the real (actual). Fibonacci [Fi-number], let's rewrite it with a real number.
10    55   55.00
 9    34    33.99
 
8    21    21.01
 7    13    12.98
 6    8    8.02
 5    5    4.960
 4    3    3.0652
 3    2    1.8940
 2    1    1.1708
 1    ⒈  0.7236
 1    0.  0.44721
 2    ↓  0.27639
 3    ↓  0.17082 
 4    ↓  0.10557
 5    ↓  0.065248
 6    ↓  0.040325
 7    ↓  0.024922
 8    ↓  0.015403
 9    ↓  0.009519
10    ↓  0.005883
 有効数字が4桁は確保されるように、小数点以下の数値を示しました。小数点以下を四捨五入して御覧なさい。
 
四捨五入すると、⇒フィボナッチ数列(正の整数値)が出て来るでしょう?
ですから、Fi-数の最初の「⒈」は正確に表すと、0.7236… だったのです。
 Is the number of significant digits 4 digits are showed the number of decimal places to ensure the. Please see rounded decimal. And to rounded will come out Fibonacci sequence (positive integer)? And so the Fi-number of the first "1." accurately represent 0.7236. It was in is.
10  
55  55.00
 
9  34  33.99 
 8  21  21.01
 7  13  12.98
 6   8  8.025
 5   5  4.960
 4   3  3.0652
 3   2  1.8940
 2   1  1.1708
 1   ⒈  0.7236
 1   0. 0.44721
 2   0  0.27639
 3   0  0.17082 
 4   0  0.10557
 5   0  0.065248
 6   0  0.040325
 7   0  0.024922
 8   0  0.015403
 9   0  0.009519
10   0  0.005833
 Fi-数〔フィボナッチ数〕の先頭の⒈は正確に表すと、0.7236なのです。そして
0.7236以下には、0.5未満の正の数字[実数]が、無数個(無限個)、存在していたのでした。
Fi-number [Coptic] of and accurately represent the first number "1." is 0.7236. What it is. And 0.7236 below has less than 0.5 positive numbers [real] infinite, have existed since.
"Suddenly, Infinite just came out he exists, but at most 10 or not." And You thought it would.
 Let's find out. Now, "Fi-number from 1 to 55 [Coptic] in consider." As the" 10 55 now believe the maximum number of Fi-number of max ' and then is because, that just did not come out only about 10. Fibonacci sequence is a sequence will continue indefinitely. 55, then 558914423337761098715972594418167651094617711、…  And is going great particular value forever. To think instead of 55, and the maximum number of Fi-number of max, the maximum number of Fi-number of max 17711 say, "1." following the above looks like this.
 いきなり、無数個無限個)存在している、なんて言ってるけど、高々、10個出て来ただけじゃあないか。』とあなたは思ったでしょう。
 お答えしましょう。
 今の場合、『1から55までのFi-数〔フィボナッチ数〕で考えてみましょう。』として、『10 55 ←を今考えている最大数[Fi-max]』としたから、10個程度しか出て来なかっただけのことです。フィボナッチ数列は無限に続く数列です。55より大きい方の値を書き出してみると、
55
8914423337761098715972594418167651094617711、…と、永遠に大きな飛び飛びの値が続いているのです。
55を最大数[Fi-max]と考える代わりに、17711を最大数[Fi-max]だと考えてみることにすると、上表の「⒈」以下は次のようになります。
 1   00.44721
 2    0  0.27639
 3   0  0.17082 
 4   0  0.10557
 5   0  0.065248
 6   0  0.040325
 7   0  0.024922
 8   0  0.015403
 9   0  0.009519
10   0  0.005883
11   0  0.003636
12   0  0.002247
13   0  0.001389
14   0  0.000858
15   0  0.000531
16   0  0.000328
17   0  0.000203
19   0  0.000125
20   0  0.000077
21   0  0.000048
22   0  0.000030
23   0  0.000018
24   0  0.000011
25   0  0.000007
26   0  0.000004
27   0  0.000003
28   0  0.000002
29   0  0.000001(少数点以下桁目に1
/17711)=0.000056 であり、少数点以下桁まで有効数字だと考えているのですから、29番目までしか表示できません。
 なんと、少数点以下桁まで有効数字だと考えた場合には、従来のフィボナッチ数列[Fi-数]の「⒈」の中には、29個の小数点付き[Fi-数] まとまって入っていたのでした
If you think of what the decimal point six significant figures is that conventional Fibonacci numbers [Fi-number] "1." to 29, during which decimal together [number of Fi-], so it was.
 
ちなみに、
有効数字を桁までとして個数を数えてみると
24
有効数字を桁までとして個数を数えてみると19
有効数字を桁までとして個数を数えてみると13
有効数字を桁までとして個数を数えてみると 8
有効数字を桁までとして個数を数えてみると 4
有効数字を桁までとして四捨五入すると、0[ゼロ]個であり、勘定が合っています。
And the number of significant digits as 5 digits counted number 24, number of significant digits 4 digits as number counted 19, valid numbers up to three digits as the number counted 13 the number of significant digits as up to two-digit number counted and eight significant digits And the number counted as up to one digit, and four, the number is rounded to 0 as 0 [zero], which account is correct.
 
ついでに、
小数点以下桁までが有効とすると 29個+433
小数点以下桁までが有効とすると 33個+538
小数点以下桁までが有効とすると 38個+543
小数点以下10桁までが有効とすると 43個+548
 これだけの小数点付きフィボナッチ数[Fi-数]が「⒈」の中に隠れていたのでした。
It was Fibonacci number with a decimal point only [Fi-number] is in the "1.", existed.

 かつて、古代ギリシャの哲人たちは、『これ以上分解することの出来ないもの[これ以上分解してはいけないもの]が世の中には存在する』として、この最小単位のものをATOMと呼ぶことと約束しました。それが、原子というものです。
 その原子を20世紀ごろに分解して調べて見ようという気運が高まって、原子核物理学が発達し、更に、その核の中を調べて見ると、素粒子を単位とする世界が広がっていた、という経緯なのです。
 最小単位「⒈」の中に、世界が広がっているということは、先に説明しましたね。

 Once the wise men in ancient Greece, "cannot be decomposed any more [do not disassemble it more than exists in the world ' as the promised one of the smallest unit called "ATOM".  It is the atom.  It is the details that were spreading apart the atoms in the 20th century, let's examine the tendency is rising, nuclear physics and developed further, look through its nuclear and elementary particle physics a unit of the world. I already explained that the world is spreading into the smallest units 1.?
 では、ひるがえって、無限大とは何なのでしょうか
 答えは単純、最小単位が無限個数詰まった世界ということです。
 それ以上大きな世界は別世界なのであって、我々の生活とは直接の関係がありません、ということ。
この二点を納得して頂けたならば、今日のお話は、あなたにとっても有意義であり、
あなたの生活の方向性や、各種の難題の解決の糸口がつかめたと言えるかも知れません。
 ご一緒に、争いのない "平和な世界" を目指して行きましょうね。
 2016 13日 Hiro. Oyama

Waving, and the infinity or what?  Answer is that the world is simply the smallest infinite number. It over big world is a world that even our lives and is not directly related.  If you're on 2 points for your meaningful in today's story, say that might've gotten clues for the direction of your life and the various challenges.
Let's aim to not fight together, "peaceful world".
 It's Hiro. Oyama 1/3/2016


Following on the infinity is defined in the "Wikipedia".
《ウィキペディア》では無限大について、次のように定義されています。


 無限(むげん、infinity)とは、限りの無いことである。直感的には「限界を持たない」というだけの単純に理解できそうな概念である一方で、直感的には有限な世界しか知りえないと思われる人間にとって、無限というものが一体どういうことであるのかを厳密に理解することは非常に難しい問題を含んでいる。このことから、しばしば哲学、論理学や自然科学などの一部の分野において考察の対象として無限という概念が取り上げられ、そして深い考察が得られている。…」
---- Wikipediaによる無限大の定義。--
 Infinity (Eon, 無限, ) and, as far as no. Humans seem to know only intuitively a finite world so can understand simply said "no limits" is an intuitive concept, on the other hand, Containing the very difficult problem of the infinite is what does it mean to understand exactly. Taken from this often indefinitely as a subject of study in fields such as philosophy, logic and scientific concept, and has yielded a deep study.…」
----- 
Definition of Infinity by Wikipedia
いかがです? フィボナッチ坊やが定義した無限大
 の方が、はるかに現実的だと思いませんか?
∵ 宇宙の大きさを観測する技術が向上したからといって、無暗やたらと「無限大の値」を大きくされては困るのです。

《ウィキペディア》の無限大の定義は大至急、書き換えられるべきです。

 フィボナッチ坊やが定義した無限大。》
 
無限大とは:"これ以上大きな世界は考えないことにしましょう"という最大の数字のこと。
 
無限小とは、“これ以下の小さい世界は考えなくても良いという最小のサイズ”のこと。
  It is why not? Do you think infinity better defined by Fibonacci boy is much more realistic?
said improvements in technology to observe the size of the universe, and
it embarrasses it returns infinity is larger.
Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP.

"Fibonacci boy that has defined infinity. "Infinity is:" this over big world don't think we'll "that maximum number of things.
 Infinitely small is good think this small world of minimum size.


discussion ディスカッション-2-6-1 Discussion
「あなたの論法からすると、最小単位を〔0.000001〕として、そこからフィボナッチ数列の〔足し算ルール〕で積み上げて行けば、考えている世界を数列として捕える事ができる、という事ですね。」
  その通りです。やって見せましょうか。

"Judging from your line of reasoning, smallest unit [0.000001] as from Fibonacci numbers [add rule] in can capture world thinks if piled up, as a series. It is said that. "
―― You are right. Show doing?
 ―――― Table-1 ――――
  0   0.000001
  1   0.000001
  2   0.000002
  3   0.000003 
  4   0.000005
  5   0.000008
  6   0.000013
  7   0.000021
  8   0.000034
  9   0.000055
 10   0.000089
 11   0.000144
 12   0.000233
 13   0.000377
 14   0.000610
 15   0.000987
 16   0.001597
 17   0.002584
 18   0.004181
 19   0.006765
 20   0.010946
 21   0.017711
 22   0.028657
 23   0.046368
 24   0.075025
 25   0.121393
 26   0.196418
 27   0.317811
 28   0.514229
 29   0.832040
28番目0.514229↑を四捨五入すると〔1〕となります。
前表では〔1 0.44721〕だったので、値が少しずれています。
四捨五入の関係から、0 1へとFi数が変わりましたが、小数点付きの数値は似通った値が得られました。
総個数としては、最小単位〔0.000001〕が 514,229 個以上も〔1〕の中に含まれていることが確認できましたね。
28th 0.514229 and to rounded [1] next I. Before the table [1 0.44721] was shifted slightly. In terms of rounding, 0 Fi number is changed to 1, numbers with a decimal point yielded similar values. As the total number, the smallest [0.000001] 514, 229 more than [1.] of confirmed that are contained within it.
 Continue this stacked calculation and Fi number of first [55] beyond, even where large numbers can. It's easy to imagine.
 この積み上げ計算を続けていくと、最初の
Fi数〔55〕を越えて、何処までも大きな数値が出来るのは想像に難くないでしょ。

例えば、最小単位〔0.000001〕を太陽系の総質量だと仮定すれば、
(1)
天の川銀河系の総質量は、514,229 = 50万倍以上はありそうですね。
この総数を改めて1と置き直して、考えれば、
(2)
、天の川銀河系が属する銀河団の総質量は、
 50
万*50  26,443,146,441 = 260億倍以上でしょう。
その銀河団の総質量を改めて1と置き直して、考えれば、
(3)
超銀河団の総質量は、260億*260億=13,597,832,751,208,98913,600兆倍以上となり大宇宙の総質量は際限なく大きく見積もられていくことは分かりますでしょ。
 故ホーキング博士を筆頭とするビッグバン仮説論者によると、
『今から138億年前に、長さも時間もZEROの唯一の特異点〔1点〕からビッグバン〔インフレーションを含むビッグバン〕が起こり、現在も急加速的な拡大を大宇宙は続けている』ということになっています。しかし、このビッグバン論議がいかに虚しいものか、(1)(3)総質量計算検討〔試算〕だけで明らかですね。

For example, unit [0.000001], assuming that the total mass of the solar system (1), is the total mass of the Milky Way Galaxy, 514, 229 = 500000 more times than are. This total again 1 again, and given the (2), total mass of galaxies that the Milky Way Galaxy belongs to more than 500000 * 500000 = 26443, 1844674407368066355200000000 times would be. The total mass of the galaxies again 1 and again, given the (3) the total mass of the supercluster is 26 billion * 26 billion = 13597, 832, 751, 208,989 = 13, 600000000000000 times, and.
 
 See endlessly increase is estimated to be the total mass of the universe? According to the big bang hypothesis who led to the late Dr. hawking "from now 13800000000 years ago, length, time, and the only singularity of ZERO [1] from big bang [big bang including inflation] happen, Still continued to expand rapidly accelerated the macrocosm ' that it has become. However, how hollow this debate on the big bang or (1)-(3) of total mass calculation full [trial] only in it is clear.

It is should think of "stationary (infinite) space is justified".

定常(無限)宇宙が正当だと考えるべきなのです。
 太陽系は約46億年前の超新星爆発で出来た事が、すでに明らかになっています。
そして、天の川銀河系は138億年前の中性子星爆発〔いわゆるミニビッグバン〕で出来たと、推測されています。
 これだけ分かれば十分でしょ
150
億光年遠方にある銀河や、300億光年、600億光年、900億光年遠方にあるという超遠方の銀河まで含めて『大きさの無い特異点の1点から始まっているんだ!』なんて議論をすること自体が元々無意味〔ナンセンス〕なのです。
 アインシュタインが当初から主張していたように、『数億光年を越える遠方には、定常宇宙が横たわっている』と考えるのが妥当なのではありませんか。

 The solar system already clarified what's done in the supernova explosion about 4600000000 years ago.  And the Milky Way Galaxy neutron star explosion of 13800000000 years ago, [so-called big bang mini], is made with speculated. If you know it's enough. 15 billion light years distant galaxy and 30 billion light, 60 billion light, 90 billion light years away that very distant galaxies, including "I'm starting from size no Singularity point! '  Itself originally pointless to debate what to [nonsense] what it is. Einstein had insisted from the very beginning, so do not think "lying beyond the several hundred million light-years distant, steady-state universe" is appropriate

『無限大
とは、"これ以上大きな世界は考えないことにしましょう"という最大の数字のことです』と、再定義すべきだとは思いませんか。
そして、素粒子研究を行われる場合には、せいぜい、太陽という1つの恒星が栄枯盛衰と再生とを繰り返している、という範囲内で研究を進められては如何でしょうか。
"Infinity is" it over big world don't think we'll "that refers to the maximum number ' and think should be redefined. And advanced research in the range to be particle physics research, at best, one of Sun's stellar, repeated faded glory and play what.


discussion ディスカッション2-6-2 Discussion

「大山さんは〔1 
0.44721〕から小さい方への数字の並びを、フィボナッチ数列〔等比数列〕の“割算ルール”で計算されました。
これだと、何処までも小さい正の値のFi数〔フィボナッチ数〕が計算できます。
 一方、
最小単位を〔0.000001〕とし、そこからフィボナッチ数列の〔足し算ルール〕で積み上げていったのが最後のテーブル《 Table1 》でした。
逆に
足し算ルール〕を ⇒〔引き算ルール〕に置き換えれば、最小単位に行き着くという訳ですね。」

 その通りです。やってみましょうか。

"Says Oyama [1 0.0.44721] from sequence numbers to the lowest of the Fibonacci numbers [geometric progression] of was calculated in the "Division" rules.  And it's far too small for positive values of Fi [Fibonacci number] can be calculated.  On the other hand, the smallest unit [0.000001], and from there of Fibonacci numbers [addition rule] in table was piled up in the last "Table-1" was. Conversely, [add rule] [subtraction rule] in is the reason comes down to the smallest unit if you replace that. "
―― You are right.  Let's do it?
--You subtract the values set forth immediately below from the above paragraph should in the next section.

  ――《
Table2 》― 上の項からすぐ下の項の値を引き算したのが次の項の値です。
28  0.514229
27  0.317811
26  0.196418
25  0.121393
24  0.075025
23  0.046368
22  0.028657
21  0.017711
20  0.010946
19  0.006765
18  0.004181
17  0.002584
16  0.001597
15  0.000987
14  0.000610
13  0.000377
12  0.000233
11  0.000144
10  0.000089
 9  0.000055
 8  0.000034
 7  0.000021
 6  0.000013
 5  0.000008
 4  0.000005
 3  0.000003
 2  0.000002
 1  0.000001
 0  0.000001 と「引き算」の計算を続ければ、極小値〔0.000001〕に行き着きます。そこでフィボナッチ実数列も、おしまいになります。


「更に、引き算ゲーム強引 続けると、どうなるのですか?」
"Further, subtraction games to continue to become??"
 0.000001 0.000001 =  0.000000 … という具合にゼロに行き着きます。
 0.000001 0.000000 =  0.000001 … あれ?増えたぞ?
 0.000000 0.000001 = -0.000001 … 今度は〔-〕になった?
 0.000001(0.000001)= +0.000002 … と思ったら、今度はまた+か??
0.000001(0.000002)= -0.000003 …虚数(おばけ)世界に迷い込んだ模様です!
0.000002(0.000003)=+0.000005  … お化けの世界は怖いですから、 
0.000003(0.000005)=-0.000008 … この辺で止めておきましょう。 
0.000005(0.000008)=+0.000013
This is over, stepping away! "that!
《 これ以上先には踏み込むな!ということです!》


但し、面白いことに、±を取り払って見ると、1 , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13,… の並びが続いているのですね。この数値〔フィボナッチ数〕にの符号が交互に付きながら、発散していく模様です。
 これまでの検討から、長さXYZも時間軸Tも、フィボナッチ実数列の値に比例して伸び縮みしていることが明らかになって来ています。
  このことから推察すると、『0.000000を超えて強引な引き算を続けると、更なる異次元の世界に飛び込んでいくのだろうな』と、推測できます。
座標
XYZが負になるのは何とか理解できますが、時間Tが正負を繰り返す、というのは まことにお化け(虚数)世界、異次元世界ですね。

この辺のことを考えて(かどうかは知りませんが)故ホーキング博士は『ブラックホールなんか存在しませんよ』と澄ました顔しておっしゃっていたのではないでしょうか。
However, interestingly, the ± and getting rid of 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13,... The last order so. It seems to vent while the number with alternating positive and negative sign.  Length XYZ and time axis T, Fibonacci real value, that stretch from the investigation so far revealed that are coming are. "Would he jumps different dimensional world and continue to subtract a brute force beyond 0. million' suspect is inferred from this.  The XYZ coordinates be negative I can somehow understand positive and negative time T, repeating that is truly haunted (imaginary) world, different dimensional world. Thinking in this area (whether or not, I don't know) what is not hawking, he was unconcerned "black holes don't exist.'.

discussion ディスカッション2-6-3 Discussion

「この第章は、『我々人間を含めてすべての生き物や物質は、無限大と無限小の間で暮らしています』という書き出しで始められていますが、もう少し具体例を示して頂けませんか。」
―― フィボナッチ数列の具体例をいくつか示せば、『すべての生き物や物質は、無限大と無限小の間で暮らしています』と言った意味が分かると思います。

"Do not illustrate a little bit more is this second chapter has started in the trawler"we human beings, including all the creatures and substances between the infinite and infinitesimal lives in'. "
―― Meaning said "all living creatures and substances are living between the infinite and the infinitesimal' If you show some examples of Fibonacci numbers, so I'll go.

 次の例は、心電図(動脈流)のお話です。
フィボナッチ数列は、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4184, 6765, 10946, …と続く数列ですが、10946あなたの動脈流のピーク最大値≡無限大〕との仮定でお話しましょう。その値10946、上記のフィボナッチ数を割り算してご覧なさい。
 The following example is the story of the ECG (pulse flow). Fibonacci sequence is 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89144, 233377, 610987, 1597, 2584, 4184, 6765, 10946,... Progression followed is, 10946, your pulse flow peak [maximum Infinity] and assuming the talk let. 10946 its value, please see the Division above Fibonacci number.
0.00009,
0.00009, 0.00018, 0.00027, 0.00046, 0.00073,
0.00119, 0.00311, 0.00502, 0.00813, 0.01326,
0.02129, 0.03444, 0.05573, 0.09017, 0.14590,
0.23607, 0.32240,
0.61803
, 1.00000 ピーク値です。

0.61803, 1.00000 0.618ピーク値の61.8%。
0.23607, 0.32240,
0.02129
, 0.03444, 0.05573, 0.09017, 0.14590,
0.00119, 0.00311, 0.00502, 0.00813, 0.01326,
0.00009, 0.00018, 0.00027, 0.00046, 0.00073,
0.00009,
0.61803, 1.00000〕でピークに達しました。その後、対称形に急降下して0.00009に戻って行くのです。安静時の脈拍を1分間に60回とすると、1秒間に1回このサイクルを繰り返しているのです。とりあえず、数字は40個並べておきました。
ピーク値の
1%〔0.01326〕に入ってから再び〔0.01326〕に戻ってくる区間に20個しかありません。
[0.61803, 1.00000] in the peak has been reached. It is symmetrical to swoop and then, go back to 0.00009. Resting pulse rate for 1 minute at 60 times and has repeated this cycle once, during a brief second that it is. For the time being, put side by side number is 40. 1% of peak value [0.01326] to coming again [0.01326] to the leg coming back not only 20.
 この動脈の流れが心臓の鼓動に合わせて起こっていると考えられます。動悸が激しい時は、0.00009に戻るか戻らないうちに、次のパルス波が起こりますし、座禅中の瞑想状態の場合には、0.00009以下の血圧が低く安定した状態が長期間続く、ということになります。
 
見事に動脈流をシミュレート出来ているでしょ
まるで血液の流れ〔1パルス〕がひとつの生き物の様ですね。〔今は強弁いたしませんが、実は私は血液の流れ〔1パルス〕がひとつの生き物ではないか、ととらえているのです。その内にどなたかが証明して下さるでしょう。〕
 以上は心電図(動脈流)のお話でした。
 Might flow in this artery is going fit in a heartbeat. 0.00009 following blood pressure stable, if the State of Zen meditation, and next wave happens before during intense palpitations 0.00009 return to, or does not return status is long-lasting, that.
 Brilliantly made simulated flow of arteries? As blood flow [pulse] is like one living thing. [Not Liberals now, but to tell the truth I blood flow [pulse] is regarded, with one living thing it is. God proved to anyone in that? : ECG (pulse flow) talk was over.

 次に示す具体例は「音楽」の話です。レミファソラシ音階のお話です。
下のと1オクターブ上のとは完全調和していて、周波数〔音の振動数〕は『丁度2倍』になっているのです。
人間の耳で聞き取れる限界の低い音〔16c/sec〕の付近でも、下のと1オクターブ上のとでは周波数が『丁度2倍』になっていますし、人間の耳で聞き取れる限界の高い音〔2万サイクル〕の付近でも、下のと1オクターブ上のとでは周波数が『丁度2倍』になっているのです。
 これを、フィボナッチ数列〔等比数列〕方式で表現すると、
1, 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512, 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, 32768,…となります。
32768 c/sec は高すぎて人の耳には聞き取れませんから、これを最大値〔無限大〕と仮定しましょう。そこで、上記〔  1, 2, 4, 8, 16, …〕を割り算してみましょう。すると、
 The following examples is "music".  It is a story of musical notes.  And under the de, a full harmony with de 1 octave above frequency [frequencies of sound] is "exactly twice ' is enabled. Lower limit detectable by the human ear sound [16c/sec] of near or under the de and with de 1 octave above the frequency is "exactly twice ' limit detectable by the human ear, and has sound [20000 cycles] of near or  And under de with de 1 octave above the frequency "exactly twice ' is enabled. This Fibonacci [geometric] say in 1, 2, 4, 8, 16, 32, 64128, 256512, 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, 32768,.  It comes to.  32768, c/sec is too high in the ears of those who catch from this maximum value [Infinity] and assumes the above [1, 2, 4, 8, 16,...] Let's divide. And then
0.00003,
0.00006, 0.00012,
0.00024, 0.00049, 0.00098, 0.00195, 0.00391,
0.00781, 0.01563, 0.03225, 0.06250, 0.25000,
0.50000, 1.00000,ピーク値です。
0.50000, 1.00000,0.50ピーク値の半分の値。
0.00781, 0.01563, 0.03225, 0.06250, 0.25000,
0.00024, 0.00049, 0.00098, 0.00195, 0.00391,
0.00006, 0.00012,
0.00003,
先ほどの心臓の鼓動に合わせて起こっている動脈流パルスの形と良く似ているでしょ。
 完璧と言えるほど似てますね。これを相似形と言うのです。
 動脈流パルスの形と音階のの音の周波数分布とは、相似形なのでした。

 前者は〔最大値ピーク無限大= 10946〕と仮定したのに対して、後者は〔最大値ピーク無限大= 32768c/s〕と仮定しただけの差なのです。
 Is very similar to shape of arterial flow pulse is going fit in a heartbeat ahead of you? So perfect.  It is said leaning on it.  Frequency distribution of flow pulsation pulse shape and scale of sound and had similar figures. Former [maximum peak infinity = 10946] and against assuming the latter [maximum peak infinity = 32768c/s] and just assumed the difference is.

 昔から音は生き物である。魂(たましい)が宿っている、と言われて来ました。
言霊(ことだま)とか音魂(おとだま)という言葉は今でも時折耳にします。ピアノの鍵盤をひとつだけポンと押すと、そのピアノから目に見えない生き物が周囲に広がっていくのでした。

『我々人間を含めてすべての生き物や物質は、無限大と無限小の間で暮らしています』という例を挙げればキリは無いのですが、「川の流れと原子の宇宙存在度とが相似形!

これについては、第2727】で、お話しましょう。
 From the old creatures is sound. Is the ghost that has been said. Says that the soul and the soul sound still occasionally heard. It was only one tap and press the keys of a piano and the piano from unseen creatures are spreading around.
No Kiri for example that "we humans, including all the creatures and substances between the infinite and infinitesimal lives in' the river flow and Atomic cosmic abundances and similar figures said!.
Talk about this in Chapter 2 section 7 [2-7], let.


discussion
ディスカッション-2-6-4 Discussion

 ある方からご意見を頂きました。

『確かにフィボナッチ数列が興味深い性質を持っていることは理解できます。自然界の花びらの数、葉っぱの数、オウムガイの隔壁など数列に対応した現象があるのは大変面白い。但し、世の中にはいろいろな数列が存在し、それぞれ意味があるのも事実です。
フィボナッチ数列だけが、自然界全体を表している訳ではありません。
 あと少し気になったのが、数学的に小数点が出て、それを四捨五入するというのはあまり美しくはありません。もっと明快な解があるように思います。』
 From one who gave opinions. "You can understand certain Fibonacci numbers are interesting nature. Symptoms for progression, such as nature petal number, number of leaves, Nautilus is very interesting. However, there exists a variety of numbers that have a meaning, is a fact.  I don't mean only Fibonacci numbers, the natural world. Not to round it out, became a little more like a mathematical point out that beautiful. I think there is a more straightforward solution. '
 お答えします。
私は現在、『実数扱いされたフィボナッチ数列だけが自然界全体を表している』と思っているのです。
フィボナッチ数列を小数点付きの実数で扱うように定義拡張すると、それは等比数列という指数関数を代表する物理的な物差しになることが分かって来たのでした。
「指数関数」は数学の道具ですが、「フィボナッチ実数列」は物理学だけでなくすべての自然科学・社会科学の道具であることが分かって来ています。
株価予想にも応用されていますし、政治力学や人生占いの分野でも、フィボナッチ実数列は密かに応用されています。
あなたも社会現象を「フィボナッチ実数列」という道具を使って調べてみられてはいかがですか?


『…小数点が出てそれを四捨五入するというのはあまり美しくありません。もっと明快な解があるように思います』というご指摘に関しては、
最小単位になるように四捨五入したその誤差が、その世界のゆらぎとなります
 The answer. I currently think "natural world represents only the real deal with Fibonacci sequence" is. It was to extend the definition to treat the Fibonacci numbers in real numbers with a decimal point and it came proved to become a physical measure representing the exponential functions of geometric progression. Exponential function is a mathematical tool, that among all the natural sciences and social sciences, as well as physics, see Fibonacci real columns come know. Has been applied to predict stock prices and then secretly Fibonacci real column is applied in the field of politics and life horoscope. Do you how it is your social phenomenon look using a tool called Fibonacci real column is? "... To round it out, point out that no less beautiful. So I think there is a more obvious solution "that round pointed out, that the smallest error is the fluctuation in the world.

 虚数という異次元世界に飛び込もうとした時は、最小単位が
0.000001ジャストになった場合でした。異次元世界と現世との間には、最小単位:0.000001の穴が開いているのです。
一個の光子が丁度通り抜けられるかどうかの小さな穴が開いている模様です
そして、宇宙のゆらぎ〔背景放射〕の本質は、『最小単位になるように四捨五入したその誤差が積もり積もってフィボナッチ数列的に生じている』と解釈できるのです。
 If when you dive into the three-dimensional world of the imaginary unit was 0.000001 just did. It is between different dimensional world and this world, smallest unit: 0.000001 hole is open. "Is a small hole on whether or not to move through exactly one photon seems to" and the fluctuations in the universe [background radiation] in essence is 'round to become the smallest error accumulates, resulting in the Fibonacci sequence' That can be interpreted as.

|

« 【2-5】:極微世界から「宇宙の果て」の向こうまでを貫く式!The expression from the microscopic world through beyond the "end of the universe"! | トップページ | Determining the existence of Quark in experiments with colliding gold nuclei! Neutron Star 金の原子核同士を衝突させた実験でクォークの存在を確認!中性子星を作ろう! »

Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73140439

この記事へのトラックバック一覧です: 【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP.:

« 【2-5】:極微世界から「宇宙の果て」の向こうまでを貫く式!The expression from the microscopic world through beyond the "end of the universe"! | トップページ | Determining the existence of Quark in experiments with colliding gold nuclei! Neutron Star 金の原子核同士を衝突させた実験でクォークの存在を確認!中性子星を作ろう! »