« 【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP. | トップページ | 【2-7】"River flows in the universe is there" a strange coincidence. ナイル川の流れのように宇宙は存在している。 »

2018年5月19日 (土)

Determining the existence of Quark in experiments with colliding gold nuclei! Neutron Star 金の原子核同士を衝突させた実験でクォークの存在を確認!中性子星を作ろう!

 物の本によると、原子核同士を衝突させた実験で「クォーク(素粒子)」が単独で存在する状態を確認することが出来たそうです。
(1)『アメリカ・ニューヨーク市郊外にあるブルックヘブン国立研究所の「RHIC(リック)」と呼ばれる巨大な加速器を使って実験は行われました。の原子核同士を、光速99.99%にまで加速し、衝突させます。これによって、原子核が壊れ、陽子や中性子も壊れ、ほんの一瞬、クォークが現れた痕跡を見ることができるといいます。これが、実験で見ることができた、これまでで最古の宇宙の姿だ…』…いのちの起源への旅137億年(前田利夫)新日本出版社より。
... Is likely to ensure the State exists, experimental collided, according to the book of gold nuclei together alone "Quark (subatomic particles).
(1) "Experiment was made using a giant Accelerator called the Brookhaven National Laboratory in the United States New York City suburbs RHIC (Rick). Gold nuclei together to accelerate up to 99.99 percent of the speed of light, colliding. Broke in the atomic nucleus, protons and neutrons break just showed up for a moment, Quark traces that can be referred to as. Appearance of the universe by far you could see this in the experiment, the oldest... ". Journey to the origin of life 13,700,000,000 years (Toshio Maeda) new Japan Verlag.


(2) 昨年でしたか、113番目の原子の存在を実験で確認できたとして、話題になりました。その原子の名前を「ニホニウムと命名するのが認められた!原子の周期律表に加えるべきだ」とのことで日本では大騒ぎになりました。
(3) 中性子星の爆発で銀河や恒星が誕生するらしいことは、既に常識化しています。
(2) as it did last year, or observed in experiments of the 113 second Atom, topic. Name of the atom "is named ‘Nihonium’ and accepted! Should add the Atomic periodic table" with by now to the uproar in Japan.
(3) Galaxies and stellar was born in an explosion of the neutron star is already a common sense.
 これら(1)(2)(3)のことから類推すると、中性子星とは、金の原子核に中性子を無限大個吸収させても出来る模様ですね。ブラックホールの存在を云々する前に、中性子星が周囲の物質や星を吸収して成長する状態を想像するのは如何でしょうか?
 現実として中性子星は天文観測で確認できているのです。
我々一般人でもその中性子星の存在を推察することができますよ、フィボナッチ数列を使えば中性子星の姿なんて簡単に頭に思い描くことができるのです
 早速やってみましょう。
 From these (1) (2) (3) by analogy with the neutron star and the gold nuclei neutron infinity pieces we also seems to do it.  Imagine growing up before mentioning the existence of a black hole absorbs surrounding matter and neutron stars? It is reality as neutron stars confirmed by astronomical observation.  Can we also sympathize with the existence of the neutron star, it is possible you can use the Fibonacci sequence of neutron stars is easy to head to visualize. So let's add it.

 まず最初は、金の原子核か、もしくはウラニウムU238の原子核をフィボナッチ数列〔1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21 …〕の最初の〔1〕だと置くのです。すると、2倍の原子量を持つ原子核も寿命が長くて安定な原子核になることが予想できます。3倍の原子核も、5倍の原子核も、8倍の原子核も、13倍の原子核も、21倍の原子量を持つ原子核も、安定な原子核であることは想像に難くありませんね。
 フィボナッチ数列は、〔1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946, 17711, 28657, 46368, 75025, 121393, 196418, 317811 …〕という具合に、どこまでも無限に大きくなっていく自然数です。その内に、現実に存在する中性子星に該当する質量〔原子量〕に到達することは明らかです。
 Or first or first gold nuclei, uranium U238 nuclei Fibonacci [1, 1, 2, 3, 5, 8, 13021...] the first [1] is put. The atomic nucleus with atomic weight of 2 x long life stability can be expected in the atomic nucleus.  3 x atomic nuclei, nuclei of five times, also 8 x nuclei on the nucleus with atomic weight of 21 x 13 x atomic nuclei are stable that nuclear is not hard to imagine it.
 The Fibonacci sequence is [1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89144, 233377, 610987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946, 17711, 28657, 46368, 75025 121393 196418, 317811...] ", and so on infinitely far is becoming bigger and bigger numbers. Mass falls onto the neutron star in that exists in reality [atomic weight] to reach is obvious.

 中性子星にもサイズの異なったものが存在するはずです。天文観測で見つかった最小の中性子星の質量をフィボナッチ数列〔1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21 …〕の最初の〔1〕だと改めて置き直すのです。すると、大宇宙には、中性子星がフィボナッチ数列的に存在することになりますね。
 この論理は単純明快であり、小中学生でも納得できるものでしょ?
 That there should be different size of neutron stars. Mass of minimum neutron star found in the astronomical observations of Fibonacci numbers [1, 1, 2, 3, 5, 8, 13021...] of first [1] and is put back again.  Then, in the Fibonacci sequence that neutron stars in the universe.
This logic is simple, lucid convinced in elementary and junior high students, and you?


 さて、今度は、1つの中性子星が爆発する場合について考えてみましょう。
中性子星の名前は、『中性子を大量に放出することでバランスを保っている星』ということに由来しているのです。
ですから中性子を定常的に放出していたのでは、吸収し続けている質量を体外に放出できなくなって、収支バランスが崩れて爆発するのです。これが中性子星爆発という現象です。近くは平安時代でしたか、和歌にも詠まれた中性子星爆発現象があります。
《藤原定家の日記『明月記』には、かに星雲(M1)の元となった 1054 年の超新星の記録がある…》
 Consider now, one neutron star will explode.
 The neutron star's name is derived from the "keep your balance by releasing large amount of neutron stars, that is.
 Therefore it is mass that followed was released in the steady-state neutron is absorbed is no longer released into the body out of balance and explode. This is the phenomenon of neutron star explosion. Neutron star explosion was near during the Heian period, Waka poems.


 爆発後に出来る星もフィボナッチ数列的に発生します。
大きな破片、中くらいの破片、小さな星くず、… ウラニウム原子核サイズ程度のものから果ては陽子1個の水素の原子核や、むき出しの中性子までに分解して、宇宙空間に広がっていくのです。
 これが誕生直後の銀河の姿なのです。 
 Stars do after the explosion occurs in the Fibonacci sequence. Large piece of debris, pieces of medium, dusts,..., it is even 1 protons of hydrogen nuclei and neutrons bare apart from the uranium nucleus size and spread to outer space.
This is the appearance of the birth of the milky way.


 分解して大量に発生した原子核の多くは、不安定なものが多くて、放射能や中性子を放出してより安定な原子核へと変身していくのです。その結果、我々は『宇宙存在度』という物質分布データを手にすることが出来たのです。
 素粒子論議やあの難しい量子力学を経ないで、銀河の栄枯盛衰を物語ることが出来たでしょ。
 Nuclei apart a lot of lot are unstable, releasing radioactivity and neutron, and more stable is to transform into atomic nuclei.  As a result, we are able to "cosmic abundances, the substance distribution data is. I could tell the ups and downs of the Galaxy Elementary discussion and that difficult quantum mechanics without it?

 『地殻存在度はどういう風に説明できるのか?』という質問ですか。
地殻存在度は、中性子星の爆発で生じた恒星のひとつ栄枯盛衰の後に爆発した証拠なのです。この辺のお話しは、長くなりますので別の機会に致しましょう。
"Crustal abundances can be explained in the mean wind?' is the question?
It is a proof of exploded after the faded glory of stars caused by the explosion of the neutron star crustal abundances. Talk about around here, because the longer you on another occasion.

|

« 【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP. | トップページ | 【2-7】"River flows in the universe is there" a strange coincidence. ナイル川の流れのように宇宙は存在している。 »

F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA)」カテゴリの記事

コメント

 もっと面白い事がありますぞ。
 中性子星が爆発した後に出来る銀河の重心点は、元の中性子星の重心点と変わらない、ということの方が重要であり且つ興味深いでしょう。
 何十億年、何百億年経っても、他の天体の影響が及ばない限り、重心点は変わらないで、等速運動(慣性運動)を銀河が続けることを意味しているのです。
 こんな基本的なことを考慮もせずに(無視して)暗黒物質だとか暗黒エネルギーの議論、もっと遡って、大宇宙のビッグバン議論をしておられること自体が、笑止の限りなのですが・・。
 It may be more interesting.  And important is the gravity of your Galactic neutron stars that exploded after the gravity of neutron stars which does not change, and you will find interesting.  Refer to other celestial bodies influence what 1 billion, 10 billion many years, even as long as gravity point stands, constant velocity motion (inertia) to keep galaxies that is. Without even considering such a basic thing (ignore) the dark matter is a discussion of dark energy, more back, a cosmic big bang discussion per se, but ridiculous as far as, and.

投稿: 銀河の重心 | 2018年6月 6日 (水) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73512533

この記事へのトラックバック一覧です: Determining the existence of Quark in experiments with colliding gold nuclei! Neutron Star 金の原子核同士を衝突させた実験でクォークの存在を確認!中性子星を作ろう!:

« 【2-6】無限大〔∞〕の定義。Definition of Infinity "Wikipedia" should be rewritten ASAP. | トップページ | 【2-7】"River flows in the universe is there" a strange coincidence. ナイル川の流れのように宇宙は存在している。 »