« 銀河内部では時間の進み具合は球の半径比例で伸び縮みしている!Within a Galaxy, that stretch in the sphere RADIUS proportional time progress! So space-time is curved. | トップページ | 銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは? »

2018年6月 3日 (日)

銀河同士の衝突事件の真相【3-3】父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class.

33銀河同士の衝突事件の真相-1
         
2017531 Hiro. Oyama
 NASA
2006年に公開した銀河衝突の現場写真を元に、暗黒物質の正体を推理します。所は、ある小学校の父兄参観日の教室です。子供たちは『あれは銀河の亡霊だよ。エネルギーの塊りが相手をすり抜けて行っただけだよ』と30分で納得してしまいます。

Overview: Galaxy collision NASA has published in 2006 construction photos, based on reason, the identity of the dark matter. Is the classroom of an elementary school parents visiting day. Are the children "! It was the ghost of Galaxy. It just went through the opponent’s energy mass "and would convince in 30 minutes.


 このブログを読んでくれている小中学生・高校生のみなさんへ。
今日の理科の授業は、暗黒物質・暗黒エネルギーに関してのお話ですよ。
 Today's science class talk about dark matter and dark energy.
 宇宙には銀河がたくさんありますが、どの銀河も皆スカスカなのです。
どの位スカスカ状態かというと、
、太陽の周りを水星・金星・地球・火星・木星・土星・・・という惑星が回っているでしょ。端っこを回っているのは天王星・海王星であり、惑星は全部で8個ありますが、夜空を見上げても、8個の星々は小さな点にしか見えないでしょ。それ位スカスカなのです。銀河もそれ位スカスカ状態なのです。

 There are in the universe, how galaxies are a lean is. Say how thin the State or around the Sun, mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter and Saturn... is orbiting the planet, right? Looking up into the night sky at Uranus and Neptune are around the corner, are in all eight planets, but also eight stars are visible only to the small points! Is it much more lean. Is a Galaxy too much lean condition.
 なんですか、もう質問?Question what is?
『先生、天の川も銀河の1つなのでしょ。星がたくさん沢山集まっているじゃない。スカスカには見えないんだけど・・?』という質問ですか。
鋭い突っ込みですね。
でも良い質問です。お答えしましょう。

"teacher, Milky Way is one of Galaxies, isn’t it? Plenty of many stars in it there, but is lean? I cannot see it to be lean?' Is the question? It’s a sharp and good question. Let me talk about it.
 天の川銀河を双眼鏡で見ると、もっともっとたくさんの星々が小さな点として見えるのです。望遠鏡で拡大してみると、それこそ無数の星々が見えるのですが、拡大しても拡大しても星々は小さな点にしか見えないのです。天文台に行って大きな望遠鏡を覗かせてもらっても、やっぱり小さな点にしか見えない。
実はあの小さな点は恒星といって太陽さんと兄弟の星なのです。
 太陽の大きさってイメージできるでしょ。

あの太陽と同じような星がもの凄く遠くにあるので、あんな小さな点にしか見えないのです。その小さな点にしか見えない星々の大きさを測って、更に小さな点と点同士の距離を測って見比べると、水・金・地・火・木・土・天・海・冥王星・の密度で夜空に分布しているのが分かるのです。
 天の川銀河もスカスカ状態だって分かりましたね。
 Is the Milky Way galaxy with binoculars and more stars appear as a small dot. It is invisible to only small stars is zooming out with the telescope, and it's countless stars is expanding and expanding. Go to the Observatory, I peeped in large telescopes, still seem small. Fact is that small stars, is the stars, the Sun and the brothers. You can imagine what the size of the Sun. Is it similar to the Sun-Star is so far seem like small points. Measuring magnitude stars visible only to that small point, measure the distance together with further small point, compare and mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, Saturn, Pluto, of is you see in density and distribution in the night sky. You understood then that lean condition even the Milky Way Galaxy.
 さて、ここに、2つの銀河同士が衝突したときの証拠写真があるのです。この写真はNASA2006年に撮影し、世界中の国々に公開した写真です。
Now, the lean state two galaxies collide. The crash scene photos is the next photo. This is a picture of the crash scene shoot in 2006, NASA, published for all over the world.
Photo
You will not know what, let me explain. It's also appeared to be a dark shade. (Is it Dark-matter?) It is subject of talk today. 
 何がなんだか分からないでしょうから、説明しましょうね。
ここには暗黒物質らしき亡霊 も映っているのですよ。今日のお話しの主題です。 先ほど、銀河はスカスカだって言ったでしょ。でもスカスカの物にだって重心点はあるのです。例えば、太陽系は太陽の周りを水・金・地・火・木・土・・・の惑星がグルグル回っているのですが、この太陽系にも重心点があります。太陽が馬鹿でかいのでその重心点は太陽の中心点からほとんど離れてなくて、太陽が重心点だと考えてもいいのです。
 しかし、銀河の重心点には星はないのです。
重心点付近にあるものといえばブラックホールですが、その重さは太陽の重さの400万倍もあるのに、直径で比べると太陽よりずっと小さいのです。巨大なブラックホールも小さな点でしかないのです。
ですから銀河の重心点には星はないのです。
 1つの銀河の中には何千億個も星々があるのですよ。
その星々の全重量が重心点の1点に集中しているとして、あらゆる天体問題は計算できるのです。
I said earlier, the Galaxy's lean. However, the lean ones have a center of gravity point. For example, solar system; around the Sun, mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, Saturn, …, Pluto in the solar system; have gravity. It is also you think Sun is messy because the gravity center of the Sun almost away from without, the Sun's gravity. However, no stars in the Galaxy's gravity. It is speaking of things near the center of gravity, black hole, its size is the size of the Sun 400 times, but because it compared in size much smaller than the Sun. It is only a small dot in a huge black hole. So there is no star in the Galaxy's gravity. There are in one Galaxy billions pieces also stars. Is the weight of its stars are concentrated in the centers of gravity of the problem can be calculated any celestial body.
 この計算は校庭で皆さんが2つのドッジボールを衝突させて遊ぶのと一緒なのです。ボールを正面衝突させると真反対に飛んでいくでしょ。ちょっと中心がずれると斜め方向にボールが飛んで行ったりしますね。この計算をするとき、重心点に重さが集中しているとして計算すれば、ほとんどの計算ができるのです。
さあ、準備が整いました。銀河同士の衝突実験をやってみましょう。
 This collision is like the ball game; collision between the dodge ball and the dodge-ball everyone in the schoolyard. Fly ball to head-on collisions and opposite? It's off-center kind and the ball flew diagonally. It is possible this calculation when the centers of gravity of concentrated weight and calculate the most calculations. Come on, we're ready. Let's do the collision between galaxies.
 頭の体操ですよ。想像をたくましくして聞いて下さいね。先ほど銀河はスカスカだって言ったでしょ。そのスカスカの物同士が衝突するのです。水・金・地・火・木・土・・・の惑星の間隔ぐらい隙間だらけなのです。たくさん沢山の星々があっても、その個々の星が相手銀河の星のどれかにぶち当たるなんてほとんどありませんね。お互いの間をすり抜けていくでしょ、水・金・地・火・木・土・・・の惑星の間隔ぐらい隙間だらけなのですからね。お化けみたいに相手の身体をすり抜けていく!
 It is a brain teaser. Find by any stretch of the imagination. I told you that just lean in the Galaxy. The lean thing is to clash with each other. Mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter, Saturn, Uranus and Neptune the interval around the planet is riddled with gaps. Most lots had plenty of stars but hit one of the stars of its individual stars. Slipping away from each other, is of a draughty interval about the planet of mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter and Saturn? Haunted, like slipping away the opponent's body!
 でも、衝突計算の方は、ボール同士をぶつける時と同じように、重心点同士で計算するでしょ。だから天文学者も物理学者も『おかしいな。幽霊みたいに相手の銀河をすり抜けてるじゃないか??』って喧々諤々(けんけんがくがく)の議論になるのです。その議論を30年間ぐらい続けて来ておられるのです。
先ほど見せた写真をみると、『それみろ。暗黒物質というものが実際に存在して、相手を抜けているじゃないか!この写真は暗黒物質があるというれっきとした証拠だよ』って息巻いておられるのです。
  However, calculating, and bumped the ball: to calculate the collision, astronomers and physicists do the same, in the centers of gravity of weight at one point has focused. So they are "funny. Ghost like Galaxy's slipping through. It's not you?' And get into a heated argument. It is a discussion about 30 years keeps coming up they are. And looking at the pictures just showed "that dare. What dark matter really exists or not they have slipped each other! It's clear evidence that there is dark matter, it is that they insist.
 質問ですか、何? Question, or what?
『先生の言いたいことが分かったよ。写真の薄青いボヤ~とした2つの像が暗黒物質とかいう亡霊なんだね。そして、赤い2つの部分が、銀河の中に沢山ある星々同士がたまたまぶつかって火花を散らしているんだ!』
 鋭い!大正解です。他のみんなにも分かるように、先生から説明してあげましょうね。
"I know you mean teacher. Photos of I've got a statue of two hazy blue shades of dark matter. And it happened to be hitting each other Star people red two piece has a lot in the Galaxy, which set the sparks flying!'
 Sharp! It’s a great answer. I tell to everybody else, I'll explain from the teacher.

Photo_2
 写真の左側にある青・赤の大きな一組は、右手側から左手側に向かって進んでいるのです。そして写真の右側にある少し小さな青・赤の一組は、左手側から右手側に向かって進んでいるのです。薄青いのが重心点で代表される銀河のエネルギー分布の動きなのです。そして、偶然にホントにたまたま星同士が衝突して、赤い光を周囲にまき散らしているのです。これは合成写真なのですが、写真の主旨から言えば、NASAは、亡霊である薄青いぼやっと広がった球3倍ぐらいに大きく表現した方が適切でした。
It is a big blue &Red 1 pair to the left of the photo, is going to be left from the right side. Then a little to the right of the photo 1 pair of small blue and Red is progressing towards the right from the left side. It is the movement of the energy distribution of the Milky bluish is represented by gravity. And red light spreading around a stellar crashed happened by accident really. This composite picture is from a photo of short, NASA is in the shade bluish ball crush spread is expressed twice as much bigger was better.
『先生質問です!』はい、どうぞ。
暗黒物質という亡霊はどうやって「そこにある!」って薄青く表現してあるのですか?単なるお絵描きさんをやっているのですか?』
 実に良い質問です。
みなさんが画用紙に描くようなお絵描きさんではありません。実際の観測データを分析して、ここに何か光を曲げるものがある。これくらいの強さの重力作用を持った物質がある、という詳細な計算の結果を薄青い濃淡で示してあるのです。
 "Teacher, is the question!" Yes, please.
 "Ghost of the dark matter is how ’there!’ What is express bluish. What? Doing the drawing, simply do?'  This is a really good question. Don't they draw on paper as a painter. Bend light something here to analyze the actual observation data; It is a detailed calculation with the gravitational effects of so much strength that results is shown with a bluish tint.

 実はね、物がある所の周囲には重力場(引力場)が発生しているのです。その重力場(引力場)があるところを光が通過すると、光が曲がるのです。これを最初に言い出した人はアインシュタインという先生なのです。
 最初は、日食の時を利用して太陽の近くを通過する星の光を観測してみたのです。そうしたら、アインシュタイン先生の計算通りに光の進路が曲がって観測されたのです。それで天文学者も物理学者も物質のある近くを光が通過すると、その光は曲がるんだ!という認識が出来たのです。
It is actually, which is surrounded by some of gravitational field are experiencing. Bend light and gravity (gravity field) passes the where the light is.  Who first suggested this is Einstein's teacher. It is based on observing the star using Eclipse: first, to pass near the Sun's light. Once, as Einstein calculated light is bent is observed. Near both astronomers and physicists of the light to pass through and turn the light on it! that is able to recognize.
 この光が曲がって観測される現象が、先ほどの衝突現場写真にもあるのです。
この写真は小さくて分かり難いのですが(拡大して見て下さい)、写真のあちらこちらに、線のように引き伸ばされている銀河があるでしょ。衝突現場の更に向こうから地球に向かって進んで来た銀河の光なのです。その中には、蜃気楼現象のように、2つとか3つの像に分かれて並んでいる銀河もあります。
 この引き伸ばされ方を詳細に調べて、総合判断で、「ここにこれぐらいの光を曲げるものが存在している」って計算し、それを薄青い分布で示してあるのです。
 でも、そこには光を曲げるような強力な物(星とか銀河など)がないので、『暗黒物質がそこにあるんだ。この写真は紛れもない暗黒物質が存在している証拠だ』ってことに学会ではなっています。そして更なる明確な証拠探しが世界中で莫大なお金をかけて実行されているのです。
 でもね、ここで聞いているみんなは既に、『あれは銀河の亡霊だよ。エネルギーの塊りが相手をすり抜けて行っただけだよ』って分かったでしょ。
It is a phenomenon observed, this light is bent is ahead of crash scene photos. This photo is small and hard to understand, but pictures of galaxies, stretched like line! It is the light of the Galaxy came from further beyond the crash scene heading for Earth. Therein, like Mirage phenomenon, divided into two or three of the Galaxy. It is in this stretched to examine in detail, General judgment and calculated "exists here to bend light like this one." that pale blue distribution. But, do not bend the light there strong objects (stars, galaxies, etc.), so "I'm there is dark matter. This is the unmistakable dark matter exists evidence ' I has become in a society of this. And is further looking for clear evidence around the world enormous still spent money and running. However, we have heard here is already "! It was the ghost of the Galaxy. I just went through the opponent’s energy mass ' I found you.
『先生質問で~す!』 はい、どうぞ。
『エネルギーが乗り移るってどういうことですか?』
 良い質問です。
校庭でボール遊びするときの事を考えてごらん。止まっているボール1に別のボール2を正面衝突させてごらんなさい。ボール2の方はその場に止まってしまって、逆にボール1の方が飛んで行ったでしょ。ボール2のエネルギーがボール1に乗り移ったのよ。
  宇宙空間でも一緒です。銀河の中の星々の中で、たまたま偶然に衝突が起きる。たとえ全体の10%程度が起こったとしても、その10%のエネルギーは相手の銀河にお互いに乗り移るだけなのよ。だから、結果的には銀河の重心点にある重力場(引力場)は、変化しないのです。ただそれだけの事なのです。
 時間が来ましたので、今日の授業はここまでです。さあ、次の授業が始まるまで、校庭で元気に遊んで来て下さい。 ご父兄の皆様、授業参観ご苦労さまでした。2017 5/28   Hiro. Oyama
"Teacher, on the question-do!"  Please.
"What is the energy possessed by?' This is a good question. Think about a ball game that in the schoolyard. Ball 1 has stopped another ball 2 head-on collision we look up. In situ stopped the ball 2, ball 1 flew in reverse. Inside ball 1 ball 2 energy. I'm in outer space. In the stars in the Galaxy, happens accidentally will result in conflict. Have happened even if about 10% of the total is 10% of the energy possessed by each other in other galaxies just like. That is why the result is located in Galactic gravity (gravity field) does not change. Just as it is. Time has come, so today's lesson is here. Until the next class starts please come to playing in the schoolyard. Dear parents, congratulations thank you was a customer. 2017 5/28 Hiroo Oyama


 郡和憲先生、村山斉先生・佐藤勝彦先生へ。

アインシュタインの光が曲がることの確認実験は、太陽の極近くを通る光がわずかに曲がることを持って行われました。だから、人々は星や銀河の極近くでのみ、光は曲がるのだ、という先入観を持っているのです。
しかし、アインシュタインは重力が働いている場所では時空間が歪んでいる、としつこく説明されたはずなのです。ですから、そのあるいは銀河の重力圏と思しき範囲内には、薄い凸レンズが存在すると考えられた方がよろしいかと思います。
 それをNASA提供の写真は示唆していたのではないでしょうか。
 Kohri Kazunori Dr., Lawrence, Katuhiko Sato. The tests of Einstein's light bent has a slightly bending light poles near the Sun through. This is why people only very close to stars and galaxies, have a preconception that bends light. However, Einstein, space-time is distorted where gravity is working with nag is supposed to be discussed.  So, I think sure is considered thin convex lens exists in the star or Galaxy's gravity and looked in. Isn't it suggest that NASA provide photos?
"Scientists don't know basics of science' is in, that's right. The over 100 years after Einstein recited the "principle of the constant speed of light", but that modern scientists most because we all have differences in interpretation between the Takeuchi Kaoru is 99.9% hypothesis "of" book value (the mean importance) "very much.", Might have to be said. It is not transmitted to the public can be a pure scientific view represented in the schwarzchild radius size of the black hole, and ghosts of dark matter and dark energy stems from their misunderstanding of facts have been hatched. Modern Cosmology is precisely religion has been so decided. I would say that of course is a religion and the mass of the hypothesis.

|

« 銀河内部では時間の進み具合は球の半径比例で伸び縮みしている!Within a Galaxy, that stretch in the sphere RADIUS proportional time progress! So space-time is curved. | トップページ | 銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは? »

F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation」カテゴリの記事

コメント

miyamoより、Hiro. Oyama殿へ
 銀河がすかすかだといっても中には巨大な質量を持った恒星やブラックホールもあるわけでそれらの引力によって互いに影響を及ぼすのではないでしょうか。
銀河の衝突があれば無傷ではすまないはずです。
観測できないからこそ暗黒エネルギー・物質なのであって恒星や銀河が不規則な動きをするところからそう呼ばれているので時空の歪みとどういう違いがあるのかよくわかりません。・・・。
わからないからこそ、暗黒なのであって、机の上の紙で計算して出た数字のつじつまが合わなくなっているので皆がそう呼んでいるにすぎません。

miyamo殿へ。大山宏より
 銀河のスカスカ状態がどの程度スカスカなのかを、フィボナッチ女史は最初に丁寧に説明しています。女史は、「夜空を見上げて惑星を探してごらんなさい。赤い星:火星が東の空にあり、頭上に木星がみえ、西の空に土星が見えたとしましょうか。
その3つの星は、3つの小さな点にしか見えませんね。でもその3つの点は、距離が大空の長さほど離れているでしょ。
それくらいに宇宙はスカスカなのです。」と説明しているのです。
 あなたも『太陽系の中にある惑星は水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8つしかない』ことは知っておられるでしょう。冥王星はサイズが小さ過ぎるので惑星からつい最近外されました。宇宙の密度を子供たちに教えるために、子供たちが自分の目で見たことのある光景を思い出させたのです。月よりもはるかに小さく見える惑星です。その大きさが1φに見えたとしましょう。東の空に1φの星があり、西の空に1φの星があって、その2つの星同士の離れている距離が少なくとも地球の直径よりも大きいことぐらいは、小学生でも知っています。その知識にうったえて宇宙のスカスカの程度をイメージさせたのです。童心に返ってみれば、あなただって、スカスカの程度は判るはずです。
 このスカスカ状態を心から理解することが話の第一ポイントなのです。
話の第二ポイントは、スカスカの物の中を小さな星が通過するとき、どの位の確率でニアミスを含めた衝突事件が起きるのか、ということです。(明後日に発信予定のブログで丁寧に解説していますが、さわりをお話ししておきましょう)。
『現実的には恒星同士の衝突はほとんど発生しません』。そんな小さな衝突確率が計算で導き出せるのです。
 これを小中学生の前で、ぐだぐだ説明しても始まりません。でも、小中学生は、1φの点1と1φの点2とが、東の山と西の山の距離よりもはるかに遠ければ、その間を1φの点3は、訳もなく素通りできるな、って納得するのです。
 銀河はスカスカなのです。
スカスカの銀河1と銀河2とが近寄ってくる場合、銀河2の中の1つの恒星に着目してその恒星がスカスカの銀河1の中を通過するときの衝突確率を考えてみればいいのです。あなたも計算してごらんなさい。それは0%に限りなく近い値となるでしょう。
 これを小学生の児童は、直感と経験で、『幽霊や亡霊みたいに通り過ぎるんだ!』って納得したのです。
変な先入観念なんか取り払って素直な心でみれば、『暗黒物質・暗黒エネルギーなんて亡霊だったんだね』と、miyamoさんにも納得できるはずですよ。
 銀河の重力圏の中には星くずや微粒子が沢山含まれています。その星くずや微粒子に通過中の恒星がぶつかるのです。その時に発せられる光が写真の中の赤い光なのです。これを我々地球人は望遠鏡で見つけたというわけですね。
 薄青い光は合成写真で重ねた像なのです。
『暗黒物質・暗黒エネルギーは亡霊だったこと』この位で納得していただけませんか?
   大山宏より、miyamo殿へ

投稿: miyamo | 2017年5月31日 (水) 12時58分

 miyamoより、大山殿へ
 納得できないなあ。太陽系の重力圏でさえ1.6光年ある訳で、近隣の恒星はわずか数光年に存在します。130億光年の大宇宙からみればこれは密集していると解釈できます。
天の川銀河でさえこの調子ですから他の銀河との衝突で各恒星系の持つ重力圏がぶつかるのは必然でしょう。
 何も起きないというのがかえって不思議です。

 miyamo殿へ。
 太陽系の重力圏は、0.106光年です。最近隣の恒星の重力圏も、0.1光年程度です。その間の4光年には星くずさえも存在していません。スカスカの宇宙というよりも、無の世界なのです。
〔0.1:4=1:40〕でしょ。
一方、銀河系の大きさは約10万光年です。
〔0.1:4:100,000=1:40:1,000,000〕ですよ!これをスカスカと言わないで何をスカスカだと言うのです?
 でも、その「銀河と銀河の間の『無』の時空間」も、天の川銀河や近隣恒星の重力(引力)の影響を受けて、わずかに歪んでいるのです。まるで逆さ富士のすそ野のように、わずかに歪んでいるのです。
 銀河のスカスカ状態を直感的に理解するためには、大きな画用紙に、星々の直径とその間の距離とを正比例の縮尺で描いてみればいいのです。(これは小学生の児童でもできる作業です)。
 実際に描こうとしても、描けない!『コンパスの先で小さな点さえも打つことが出来ないな。太陽系ってこんなにスカスカ状態なんだ!銀河ってこんなにスカスカなんだ!』と、納得できますよ。
 このスカスカ状態の銀河の中を、これまたコンパスの先で打つことも出来ないような小さな点が通過するのです。『恒星同士の衝突なんか、めったに起きるものじゃないな』とあなたも納得できますよ。
 何事も、自分の頭で考え、自分の手足を使ってちょっと作業をしてみれば、偉そうに「暗黒物質・エネルギー論(空論)を唱えている人々の嘘は、小中学生でなくてもmiyamo殿にも見破れますよ。「裸の王様だ」と、子供たちから笑われないようにしたいものですね。
 でも、1つ感謝です。勇気を持ってコメントしてくれて有難う。
  !感謝 (^o^) 感謝! 大山宏

投稿: miyamo | 2017年6月 2日 (金) 18時47分

 miyamoより、
基本的なところで、太陽系の重力圏に関する数字が異なっていましたね。下記の質問サイトにあるように私は1.6光年として考えていました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12114861662
大山殿がご指摘の通り、星と星が衝突する可能性は限りなくゼロに近いでしょう。
ただ、重力圏は銀河の衝突の際、ぶつかる可能性はあるのではないでしょうか。

 大山宏より、miyamo殿へ
NASAの写真でぼーっとした青い光(暗黒物質+暗黒エネルギー)が計算して模擬表示してありましたね。あれは銀河の亡霊なのです。
あなたがおっしゃっているのは恒星の重力圏ですね。1個の恒星の重力圏は、銀河内の青い点の大きさも持っていないことをご理解ください。詳しくは次のブログにて説明しましょう。

投稿: miyamo | 2017年6月 4日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73612308

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河同士の衝突事件の真相【3-3】父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class.:

« 銀河内部では時間の進み具合は球の半径比例で伸び縮みしている!Within a Galaxy, that stretch in the sphere RADIUS proportional time progress! So space-time is curved. | トップページ | 銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは? »