« 銀河同士の衝突事件の真相【3-3】父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class. | トップページ | Bilingual バイリンガル"Light world adventure" Prime Minister Shinzo Abe, your antenna is too low, should have more interest in the Japan public opinion! もっと日本国民の意見に関心を! Hiro. Oyama »

2018年6月 5日 (火)

銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは?

34銀河同士の衝突事件の真相-2 (父兄懇談会場にて) 暗黒物質の正体とは? 2017 6/ 5
 父兄参観授業の後での懇談会です。諸先生方を交えて大人たちが亡霊のように観測されるエネルギー体
(銀河を包む暗黒物質)の正体に関して、議論しています。

Summary: After the parents' class meeting is. Discuss about the identity of the energy body (dark matter surrounding galaxies) with various teachers observed like adults.


 村山斉先生・佐藤勝彦先生・船久保公一先生へ。

アインシュタインの光が曲がることの確認実験は、太陽の極近くを通る光がわずかに曲がることを持って行われました。だから、人々は星や銀河の極近くでのみ、光は曲がるのだ、という先入観念を持っているのです。しかし、アインシュタインは重力が働いている場所では時空間が歪んでいる、としつこく説明されたはずなのです。ですから、そのあるいは銀河の重力圏と思しき範囲内には、薄い凸レンズが存在すると考えられた方がよろしいかと思います。それをNASA提供の写真は示唆していたのではないでしょうか。
The tests of Einstein's light bent has a slightly bending light poles near the Sun through. This is why people only very close to stars and galaxies, have a preconceived that bends light. However, Einstein, space-time is distorted where gravity is working with nag is supposed to be discussed. So, I think sure is considered thin convex lens exists in the star or Galaxy's gravity and looked in. Isn't it suggest that NASA provide photos?
 子供たちは素直ですから、次の4つは直ぐに理解できるのです。
(1),
銀河はスカスカの存在であることThe volume density of the Galaxy is very small (in the draughty at some things).
(2),
スカスカの銀河同士が衝突しても互いの身体をすり抜けていくことToo lean of galaxies will collide with each other body slipping away.
(3),
それでもたまたま偶然に相手銀河中の星々にぶつかってしまう恒星もあること。Sometimes it even happens to be accidentally knocks stars in other galaxies of stars.
(4),
その衝突エネルギーは《玉突き》と同じように衝突相手の星と交換されるので、実質的には銀河移動の速度にはほとんど影響を及ぼさないことThat collision energy would become "pileup" replaced with the stars collide, so virtually no speed of galaxies moving almost no effect.  And so on of the phenomena to understand during classes for about 30 minutes.
などなどの現象を、30分程度の授業中に子供たちは理解するのです。

Photo

 先生方は詳しい資料をお持ちです。銀河がどの程度のスカスカ状態なのかは、数値で明らかに出来るでしょう。
衝突断面積を計算なさってみて下さい。スカスカ状態の中を1個の星を通過させてみれば、衝突確率は出て来ます。1%未満にしかならないはずですよ。0.01%以下かもしれません。その衝突で光になるエネルギーは極一部であり、ほとんどは相手の銀河に乗り移っていくのではありませんか。
The teachers you have detailed information. Galaxy a thin state how much is revealed by a number? Try do you compute collision cross section. If you lean in to one star through, come out of collision probability. I should have less than 1%. It may be less than 0.01%. Not the light energy in the collision is part, and we got on the Galaxy's most.

 歪んだ時空間の塊り同士が鉢合わせになっただけです。

お互いの身体の中をエネルギーの塊り(重力圏)がすり抜けていっただけのことではありませんか?
暗黒物質の正体は、今日の父兄参観授業だけでも明らかです。
 今一度アインシュタイン思想で、銀河同士の衝突事件を再考してみられてはいかがでしょうか。
Between the mass of warped space and time only bumped into. Not only had slip mass energy (gravitational sphere) into each other's bodies? As today's parents' class identity of the dark matter that is clear.
Einstein thought that once again the collision between galaxies is only reconsider?
 Let's think about the velocity of the energy now to be observed like this from.

 さて これから
亡霊のように観測されるエネルギー体の運動に関して考えてみましょう。
 写真のように、時空間の歪み部分の大きさは、銀河サイズと見較べて10倍~100倍の大きさであろうと推定されます。〔何故ならば、背景に引き伸ばされて写って観測された銀河は写真全体に分布しているからです〕。その形は、球状というよりもむしろ、フットボールであろうと推定されています(村山斉先生の本「宇宙は1つ?」より意見拝借)
その中心に、1/101/100 の小さな銀河が収まっているのでした。
Photo, the size of the distortion of time and space Galaxy size and look like compared 10 times-is estimated to be 100 times as large. [What is it stretched background picture, observed galaxies are distributed in the whole picture]. Are presumed to be in football shape, and its shape is spherical rather than (Lawrence's book "the universe is one?" From the opinion borrowed). At its heart, the 1/10-so is 1/100 of small galaxies.
 フットボールの長手方向が、その銀河の回転軸方向なのでしょう。推測ですが、回転面の円盤方向は少し細まっている(くびれている。ひょうたん型にくびれている)のではありませんか?
そして、更に薄く広がっている時空間の歪み範囲まで広げて見ると、多分球形と見なせるようになるのではありませんか。
  この亡霊球体同士が宇宙のあちらこちらで衝突事件を起こしているのですね。
Football longitudinal direction of the rotation of the Galaxy. Is an educated guess, but disk direction of rotation a little fine waiting (constricted. Narrowed to the pear-shaped) of or not? And the distortion of space-time is spread more thinly spread and possibly spherical considered to be do not.
 Will I'm sure this is the space-time distortion energy body is spherical said, let's talk. Shade spheres with each other over space causing this collision incident as well.


 先ほどの授業で、亡霊球体同士がお互いの身体をすり抜けていく(何事もなかったかのように通り過ぎて行っている)ように観測されるという話を子供たちに教えたのでした。
 後で考えてみて、ちょっと違和感を覚えたのです。
Shade spheres with each other (that we passed on as if nothing had) slipping away each other's bodies, in earlier classes were taught to children on behalf of (I) observed that since. It is think about later, I felt uncomfortable.


 大きな亡霊球体であっても重心があって重心点にその全質量が集中していて、その質量同士が引き合って衝突現場までやってきたのではないのか?
 何事もなかったかのように、すり抜けていくということは、『亡霊球体の移動スピードは変化しません。慣性運動を続けているだけだ』、ということを意味しているのではないか?
 このように感じたのです。
Large shade spheres don't even have a center of gravity that all mass is concentrated in the centers of gravity of the plane between the mass came to the crash scene? That slipping away, as if nothing had "ghost ball movement speed is unchanged.  Only inertia keeps ', that is not meant to do? It is felt this way.
 もしそうだとすれば、『大宇宙でも、すべての物体は慣性の法則に従って等速運動を続けている』ということになり、アインシュタイン思想での慣性の法則の普遍性が維持されます。
亡霊球体自身は、『自分が誰かを引き寄せたり、だれかに引き寄せられたりしている』なんて、これっぽっちも思ってはいないのではないでしょうか。
If so, that "universe, all objects according to the law of inertia velocity continues", preserves the universality of the law of inertia in Einstein's thought. Ghost ORB itself is never 'I draw someone and have to gravitate to someone' was all also will in thinking is not.

「では、この二つの亡霊球体一体全体どういう遊び場で遊んでいるというのか?」という疑問が湧いてきます。
その答えは、『銀河団や超銀河団が創りだしている重力場という遊び場で遊んでいる』と言えるでしょう。
それはちょうど、太陽系内の各惑星が太陽圏(重力圏:引力圏:逆さ富士イメージ)の中で遊んでいるのと瓜二つになります。同時に、天の川銀河の逆さ富士重力圏の中で太陽や恒星が遊んでいるのと瓜二つです。
"The two ghost ORB on Earth playing in the playground what do?" You ask the question. The answer is probably "are playing in the playground that gravity has invented the supercluster of galaxies and clusters of galaxies". Spitting in the solar sphere (gravitational sphere: gravitational: upside-down Fuji image) it is just playing each planet in the solar system. At the same time, upside-down Fuji gravity area of the Milky Way Galaxy in solar and stellar playing is spitting.
 
 アンドロメダ銀河と天の川銀河とが将来衝突するであろう、と予測されていますが、実際に衝突し始めても、衝突の最中であっても、中に住んでいる生物にとっては、なんら変わったことが起こっているとは思えない事件なのでしょうね。
In the middle of the collision also is expected between the Andromeda Galaxy and the Milky Way Galaxy future collide in the beginning and crash actually be guessed, but they don't think has happened nothing has changed for organisms that live in the incident.

 質問ですか?どうぞ。
衝突断面積とは何か?衝突確率をイメージで説明してくれ』という質問ですね。

 これを説明するのに、好都合の例があるのです。
ジャイアントインパクトです。
Question? if I. "Cross section or something? Collision probability to explain on the image' that's the question. Explaining this is example of a win-win. It is a giant impact theory.

『地球は小惑星が10個ぐらい衝突して出来上がった、最後の衝突が起こった時に勢いで飛び出したのが月だ(ジャイアント・インパクト説)』はお聞きになったことがおありでしょう。
但し、今も地球に最接近する地球サイズの惑星があるのです。
その惑星は長楕円軌道で太陽の周りを3000年に1回の周期で回っています〔故高橋実氏の氷惑星のことです〕。
 この氷惑星の長楕円軌道と地球の公転軌道とは春分点・秋分点で交差しているのですが、めったに衝突はしません。衝突断面積計算をしてみると、ニアミス衝突を含めて1億年に2回程度しか衝突しない計算になるのです。
"With momentum out of Earth crashing asteroids about 10, finished the last clash took place is, (and giant impact theory) ', you have to ask. However, it is the closest approach to Earth still Earth-size planets.  In a cycle of once every 3,000 years going around the Sun in a highly elliptical orbit that planet [Takahashi's ice planet]. Ice planet's elliptical orbit and the Earth's orbit intersects at the vernal equinox, Equinox, seldom conflict is not. Is to calculate the collision cross section area calculation, and do not conflict but 100 million years twice including near misses collision.

 確率計算の手順を話した方が手っ取り早いでしょう。
(1)
、公転軌道は細いフラフープに例えられます。地球は1.5Kmの半径を持って太陽の周りを回っています。そのフラフープの太さは地球の直径ですから、半径で6,500Kmです。  1.5Km÷6,500 Km23,000倍ですよ。もの凄く細いフラフープだとわかるでしょ。
It will be quick to speak to calculate probabilities.
 (1) The orbital is compared to a thin hoop. Is the Earth going around the Sun has 150 million Km radius. From the thickness of the Hula Hoop is the diameter of the Earth at RADIUS 6,500 Km away. 150 million Km / 6,500 Km = 23, 000 times! What you find really skinny Hula Hoop.


(2)、片や、氷惑星の楕円軌道フラフープも、この程度の細さなのです。
 これら2つのフラフープ状の楕円軌道が春分点・秋分点で交差しており、この交差面積が衝突断面積です。
 フラフープの中心線同士が完全に交わっていれば、正面衝突事件が起きて一巻の終わりになります。〔歴史的にみて、我々は地球上に生きていますから正面衝突事件は起きていません〕。
(2) Ice planets an elliptical orbit Hula Hoop is the Hula Hoop and the fineness of this is.
Hula Hoop-shaped elliptical orbit these two crosses in the vernal equinox, Equinox and the groin area is the cross section. Front collision incident occurs, completely intersects the center line between the Hula Hoop, at the end of volume 1. "Historically we are living on the Earth, from a frontal collision is not happening].


 話がそれました。確率計算です。
(3)
3000年経って氷惑星が、地球のフラフープ軌道に入って来ても、丁度その時(春分点・秋分点)に、そこに地球が居なければ、衝突事件は起こらないでしょ。
この計算をちょっとやってみれば、1億年に2回程度しか衝突事件は起きないことが導き出せるのです。
Out of the story. This is a probability calculation.
(3) The 3000 years old, ice planet came to Hula Hoop orbits of the Earth, without earth there at that time (Equinox, Equinox), collision won't happen? If you try this calculation a 100 million years twice but could not formulate collision incident is.


 長々と、氷惑星に関してのお話しをしました。
何が言いたいかというと、たとえ通過軌道同士が交わっていたとしても、天体同士の衝突事件は1億年に2回程度しか起こらない!という計算になるのです。
And the talk on the ice planet was. And say what you mean, even if was passing orbit between the intersection of the celestial body between happens 100 million years twice but the collision incident!" is calculated.

 銀河はスカスカの密度状態ですよ、って度々申し上げました。スカスカの程度は、太陽に一番近い恒星(ケンタウリ星)でも、星の大きさを、離れている距離で割り算してみると『互いに相手が極小さな点にしか見えない』という程度のスカスカ状態なのです。
だから、銀河の中の1個の星が他銀河の中を通過するとき、その銀河に恒星が何億個あったとしても、衝突する確率は非常に小さくなるというのが衝突断面積計算でハッキリとわかるのです。
そして、たまたま偶然に衝突した時、エネルギーのごく一部が、赤い光として周囲に発散した現場写真が、NASA提供の写真だったというわけです。
The Galactic Density State is lean, it frequently mentioned. Lean about the divide in the stars closest to the Sun (Centauri stars) but the size of Star distance and 'to each other is only a tiny point invisible', that is a lean condition much.  It is understood clearly in the collision cross section area calculation is that it is so be very small probability of collision passes one of the milky way of stars in other galaxies, the milky way stellar millions pieces there, also.
 And was crashed into by chance happened to be a part of the energy red light unleashed around the photos NASA-supplied photos.

Photo_2
It has constant velocity motion is observed like the football-shaped energy body. I convinced about the identity of the dark matter?
 フットボールの形をしていて亡霊のように観測されるエネルギー体は(衝突の最中では)等速運動をしている模様ですね。
 暗黒物質の正体について、ご納得して頂けたでしょうか?
2017 6/5 Hiro. Oyama

 Discussionディスカッション3-3-1 Discussion
A
先生:アインシュタインの宇宙方程式の宇宙項の値を、我々は10^56から10^120 程度であろうと20年以上前から予測していた。しかし、最新の宇宙観測結果を基にその宇宙項の値を見積もってみると、我々の予測値10^56倍以上に対して、
 
10^56分の1〕=0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000001以下という小さな値でした。
 
 この解釈にはほとほと困っていましたが、フィボナッチ女史の授業参観をさせてもらって初めて納得できました。暗黒物質や暗黒エネルギーは銀河の亡霊だったのですね。「背負った子に渡る瀬を教えられる」とはこの事でした。感謝です!
A :
 Values of the cosmological universe of Einstein's equations, we are 10 ^ 56-10 ^ 120 degree with expected from more than 20 years ago. However, it estimates the value of the cosmological based on latest space observation results, our predictive value 10 ^ 56 against [10 ^ 1/56] =  In 0.0000000000000000000000000000000 a small value. Fibonacci's school open house we were wit's end with this interpretation, but, we agree for the first time. It was the ghosts of Galactic Dark matter and dark energy. This was "taught KH a child carrying a cross. Thank you!

B先生:宇宙項の値がゼロであるという事は、当初アインシュタインが一般相対性理論から導き出した宇宙方程式は、収縮も膨張もしない定常宇宙方程式であったということになります。しかし現実には、超新星爆発なども観測されているし、星の一生を示すラッセル図も明らかになっています。

Photo_3
「大宇宙のビッグバンは無かった」と認めるのにはまだまだ抵抗感があるのですが、フィボナッチ女史は如何に解釈されているのでしょうか?
B
: That was originally derived from general relativity Einstein equations steady-state space equations do not shrink or swell that zero is the value of the space. But Russell diagram shows the life of a star, and has been observed supernova explosions as well as in reality, become apparent. Fibonacci Ms how is interpreted is admit was the big bang of the universe there disincentives?
 女史:御心中はお察しします。ハッキリ申しましょう。超新星爆発や星の一生を示すラッセル図などは観測通り真実を示しています。そこには星の一生という栄枯盛衰が、科学的に語られているのです。これらは、言うなれば、ミニビッグバンと呼ばれるべきものでしょう。ミニビッグバンは真実ですが、ビッグバンは嘘(うそ)だった!のです。
 ローカル宇宙(部分宇宙)は収縮と爆発拡散を長い年月をかけて繰り返しています。あたかも大きな生き物の如くに生と死、そして新たな再生を繰り返して来ています。
F :
I feel for you is your heart. I'll clarify. And Russell diagrams describing the life of stars and supernovae observations Street shows the truth. It is being talked about there faded glory of the life of a star scientific. They say, what should be called the big bang mini.  Big bang mini is true, but the big bang was a lie! the is.
 Local space (partial space) took a long contraction and the explosion spread and repeat.
  As large creatures like getting over life and death, and a new play.

しかし、大宇宙のビッグバンはあり得ないのです。
2章の6節【26】で無限大の定義をウィキペディアに対して具申しました。我々は、原子サイズを無限小(1/)とし、銀河系サイズを無限大()とする世界の中で暮らしています。そこではニュートン力学で実質上差し支えることは一切ありません。
However, there is no big bang of the universe. In section 6 of Chapter 2 [2-6] definition of infinity has opinion on Wikipedia. We got infinitely small Atomic size (1 / infinity) the Galactic size infinity (
) and are living in the world. You won't be in there in Newtonian mechanics on the real necessities.
 我々の現世世界が〔(1/) であるのに対して、素粒子が活躍している極小宇宙は(1/)x(1/)x(1/) (1/)という世界ですし、銀河が小さな点としてしか認識できない極大宇宙は〔∞ ~ ∞xx∞〕という世界なのです。更には超銀河団が小さな点にしか扱えない超巨大宇宙:〔∞xx∞ ~ ∞xxx xだって考えられます。
改めて従来の考え方の延長線上で無限宇宙の端は?と問うと、〔∞xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx∞〕という具合に、∞を∞乗したとしても足らないでしょ。キリがないのです。 
 Minimal universe, particle physics is an active part is [(1 / infinity) x (1 / ) x (1 / infinity) (1 / )] that maximal universe and the world, Galaxy does not recognize as a small point but a [∞~∞xx] that is a world. Giant space cannot be handled only a small supercluster:
[
xx∞~∞xxxxx] I could be. Extension of the conventional thinking on edge of the infinite universe is? and asked the [xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx] that,   power even with inconsequential huh.
  It is endless.
 哲学者はそれでも商売になるでしょうが、物理学者はそんな言葉の遊びに付き合っている暇はないのです。 その超巨大宇宙が、137億年前に、小さな1点からインフレーションを起こし、ビッグバンに引き継がれ、現在に至っている、なんて、冷静になって考察すれば、机上の空論であることは明らかでしょ。
 ミニビッグバンは宇宙のあちらこちらで、

それこそフィボナッチ数列的に起こっています。
Will be still in business philosopher, physicist, not time going out to play such a Word is. Mere theory that giant space cause inflation from small 13,700,000,000 years ago, carried over to the big bang, and has been calm, given the obvious isn't it? Big bang mini is there space here, that's what happening in the Fibonacci sequence.
しかし、
無限大宇宙のビッグバンを考えることは馬鹿げています。同時に、その大宇宙の拡張速度がやがて減速していった後、ビッグクランチ至るであろう、との予測も机上の空論だったことは明らかです。
However, has ridiculous considering the infinite universe and the big bang. It is clear that was a mere theory predicted, will come at the same time, the cosmic expansion rate was slow soon after the big crunch.

C
先生:私は素粒子物理学の専門家ですが、分をわきまえずに宇宙論に首を突っ込んだ事を今は悔いています。フィボナッチ女史がご指摘のように、私たち素粒子物理学者は、極小宇宙〔(1/)x(1/)x(1/) (1/)〕という世界を論じるだけに留まっているべきでした。その極小世界でならば、ニュートン力学も実質上は成立する世界であることに改めて気が付きました。
 更には、素粒子の更なる研究をする場合には、光速一定の原理〔C≡⊿L/t〕、即ち、時間軸の矢も距離比例で伸び縮みしているという認識をもったなら、先が開けて来ることを、今回、気が付かされました。有難うございました。
C
One minute I am expert in particle physics, cosmology into his neck to repent now. Fibonacci Ms pointed to the minimal our elementary particle physicists, space [(1 / infinity) x (1 / infinity) x (1 / infinity)-(1 / infinity)] that should remain only in the world.
 If its a small world, Newton also realized that the hold on the real world again.
 In addition to further research on particle physics, principles of the speed of light constant [C
Delta L / Delta t], i.e., to come open if with the recognition that the arrow of time axis to stretch in a distance proportional to the notice and was. Thank you very much.

|

« 銀河同士の衝突事件の真相【3-3】父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class. | トップページ | Bilingual バイリンガル"Light world adventure" Prime Minister Shinzo Abe, your antenna is too low, should have more interest in the Japan public opinion! もっと日本国民の意見に関心を! Hiro. Oyama »

Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73619232

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは?:

« 銀河同士の衝突事件の真相【3-3】父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class. | トップページ | Bilingual バイリンガル"Light world adventure" Prime Minister Shinzo Abe, your antenna is too low, should have more interest in the Japan public opinion! もっと日本国民の意見に関心を! Hiro. Oyama »