« 第四章、月は地球の重力圏内で遊んでいる!Chapter IV a month are playing within Earth's gravity! | トップページ | 銀河の重心点は大昔から未来永劫まで変化しない!Gravity point of the Galaxy from a long time ago does not change until eternity! "Singular point" "gravity in the galaxies" 銀河のブラックホールは銀河の重心点に存在する(特異点)そのもの! »

2018年6月 9日 (土)

村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy.

 GPS衛星の時計の進み遅れのデータより、これまでブラックホールの大きさ〔シュワルツシルト半径〕や星々の重力圏の大きさについて述べてきました。今回は、銀河の重力圏の大きさに関して検討しました。Summary: We have described the size of the black hole and the magnitude of the gravitational circle of the stars by the data of the delay of the GPS satellite clock. As a summary of this, we examined the magnitude of the gravitational sphere of the galaxy.  Let's calculate the range of gravity (gravitational circle) with respect to the galaxy and the Andromeda Galaxy next to you.
 天の川銀河やお隣さんのアンドロメダ銀河に関して、重力の及ぶ範囲
(重力圏)を計算してみましょう。1光年= 94600kmですから、太陽の重力圏10,000Kmを光年単位で表わすと、10,000Km÷94600km0.106光年です。光が1年間に進む距離を単位〔光年〕で表現すると、太陽の重力圏の大きさは半径0.1光年なのですね。
フィボナッチ方式での重力圏の定義です。》

 Light-year is a distance in which lights go on for one year.  1-light-year = 9.46 x 10^12 km The gravitational circle of the sun is 1,000,000,000,000 km. If you divide this by 9.46 x 10^12 km, you can get the gravitational sphere of the sun represented by the light year. So, it’s about 0.1 light-years when the light is expressed by the distance of the gravitational circle of the Sun in the Unit (: Light year).This gravitational sphere is a value that is calculated by the Fibonacci rule.
Next
, let's calculate how much the size of the galactic system.

 では、銀河の重力圏の大きさはどの程度なのか、計算してみましょう。
村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」という本のP34に
次のような文章があります『…、天の川銀河の中心部にあるブラックホールは、周りのガスを少しずつ飲み込んで太って行きます。このような銀河は珍しいのかといえば、そうではありません。天の川銀河のような渦巻銀河の中心部分には、ブラックホールが必ずあります。天の川銀河にあるブラックホールは太陽の400万倍の重さでしたが、他の銀河にはもっと重いブラックホールがあり、太陽の重さの100億倍もあるものも存在します。』
 The book "The universe is really one?" by Hitoshi Murayama is a book recently published polar. In the p34 of this book, there is a sentence like the following. "... the black hole in the heart of the Milky Way galaxy swallows the gas around and goes fat. It is not so if it is said that such a Milky Way is rare. There is always a black hole in the center of the spiral galaxy like the Milky Way galaxy. The black hole in the Milky Way galaxy weighs 4 million times the sun, but there are more heavy black holes in other galaxies, and there are one billion times the weight of the sun.
 太陽の400万倍の重さというデータを使わせて頂いて、天の川銀河ブラックホールのサイズを推定してみましょう。太陽のブラックホールサイズは半径で3Kmでした。3Km x 400万倍1200Kmが天の川銀河のブラックホールのサイズだということになります。そしてアンドロメダ銀河の重力圏の大きさは、その2.4倍だとして、約3000Kmがアンドロメダ銀河ブラックホールの大きさだという事になります。
 We use Sun 4 million times’ weight data, let's estimate the size of the Milky Way Galaxy black hole. Sun black hole size was 3 Km in RADIUS. The size of the Milky Way's black hole is 3 Km x 4 million times = 12 million Km. And gravity region of the Andromeda Galaxy size is 2.4 times and that Andromeda Galaxy black hole size is 30 million kilometers.

太陽のブラックホールサイズ(半径 3Km)に対して銀河系のブラックホールサイズ1200Kmですから、その比は4百万倍です。
太陽の重力圏は半径
10,000Km(0.106光年)ですからこれを4百万すれば、銀河の重力圏が予測できます。
 まずは、天の川銀河系やアンドロメダ銀河の重力圏試算をやってみましょう。
 銀河系:
0.106光年x 4,000,000倍≒42万光年
アンドロメダ銀河:42万光年x2.4倍100万光年
 From is 12 million Km galaxy sized black hole Sun black hole size (within 3 Km), the ratio is 4 million times. The solar gravitational sphere RADIUS 1,000,000,000,000km(0.106 light years away) so we can predict, 4 million times this Galactic gravitational sphere.
 Galaxy:0.106 LY x 4 million times ≈ 420,000 light-years
 Andromeda Galaxy: 420,000 light years x2.4 x ≈ 1 million light-years

 ウィキペディアには、
『アンドロメダ銀河は、地球から
250万光年の距離に位置し…、直径2226万光年と我々の天の川銀河(直径810万光年)よりも大きく…)
 
The Andromeda Galaxy is located at a distance of approximately 2.5 million light years from the Earth... and is larger than the 22-26 million light-years in diameter and our Milky Way galaxy (diameter 8-100,000 light-year). (Wikipedia)
Both Galactic gravity area not overlapping each other. It can't be "tells them about 1 million light-years distance between that exercise both galaxies are galaxies gravity controlled (by gravity).
とありますから、両銀河の重力圏は互いにオーバーラップしていません。計算式で示すと、
250万光年-(42万光年+100万光年)=108万光年。
ということは『約100万光年の距離間は、銀河団の重力の支配下(銀河団重力圏内)で両銀河は運動しているということが分かります。
 そこで今度は銀河団のブラックホールサイズを検討してみましょう。銀河団galaxy clusterは、銀河が数百-数千という単位で集まって作るシステム〔ウィキペディア〕だそうです。
 1つの銀河団に属する銀河の個数を1000個だと仮定しましょう。そして、1つの銀河の重力圏の大きさをアンドロメダと銀河系を足して2で割った値(約70万光年)だと仮定しましょう。《この平均銀河に相当するブラックホールサイズは、1200万㎞x70万㎞/42万㎞=2000万Km.です》
∴よって∴、銀河団の重力圏の大きさ:
70万光年x 1000 = 7億光年が銀河団の重力圏の半径ということになります。この銀河団の重力圏内で、アンドロメダ銀河と天の川銀河は、連星の如くに引き合いつつ互いに回転しているのでした。
妥当な見解でしょ。
 We now consider the black hole size of clusters of galaxies. Clusters of galaxies (galaxy cluster), galaxies come in units of several hundred - thousands, making system [Wikipedia] is. Let's assume that the number belongs to one of galaxies Galaxy 1000's. And let's say value divided by 2 and add Andromeda and the Milky Way Galaxy size of one Galaxy's gravity (approximately 700,000 light-years away). 700,000 light-years, and the x 1000 = 700 million radius of gravity of galaxies that is light-years away. You are turning on each other while inquiries within the gravity of galaxy clusters, Andromeda Galaxy and the Milky Way Galaxy, like binary.  View reasonable, isn't it?
 証拠ですか?Evidence?
ありますよ。
宇宙原理と題して『
60億光年ぐらいの範囲に広げて宇宙を眺めると、均質な様相を示す』と村山斉先生も本に載せておられる写真があったじゃあないですか。 再録させて頂きましょう。
 If you look at the universe in the range of about six billion light years, titled The Universe Principle, "show a homogeneous aspect," and Dr. Murayama Hitoshi also had a photo on the book. Let me re-recorded.

Photo
細胞膜にも似ている宇宙のこの大規模構造は、1つの細胞の大きさが数億光年ぐらいのサイズになっています。
我々は試しに銀河団の重力圏の大きさを計算してみたのですが、銀河団の重力圏サイズは宇宙の大規模構造の細胞の大きさとオーダーが一致していたのでした。
 暗黒物質や暗黒エネルギーなど不可解なものを持ち出さなくても、宇宙の大規模構造の説明は付くのでした。超新星爆発のミニビッグバンは実際に存在しますが、150億年前のビッグバンは空想に過ぎないことを納得して頂けましたか。アインシュタインの定常宇宙論で十分だったのです。

 2017 5/16 Hiro. Oyama
 This large scale structure of the universe are similar to the plasma membrane is the size of a single cell size of about several hundred million light-years. The explanation of the large structure of the universe was attached, even if it did not bring out the mysterious one such as Dark matter and Dark energy. The mini-bang for the supernova explosion actually exists, but did you agree that the Big bang for the last 150 billion years was just a fantasy?
 Einstein's steady space theory is enough.


 
質問ですね。Question Please.
「太陽の重力圏と地球の重力圏の関係、更には太陽のブラックホールのサイズと地球のブラックホールサイズとの対応関係は一応納得しました。しかしその関係式から、銀河のブラックホールや銀河の重力圏の大きさを相似形で推定されたのですが、話が大き過ぎてついて行けません。銀河同士は遠く離れていますので、引力では引き合っていないのではないか?」
 "The relationship between the gravitational sphere of the solar system and the gravitational sphere of the earth, and the size of the black hole in the sun and the size of the Earth's black hole, was once convincing. However, the story is too big and cannot follow it though the size of the black hole and the gravitational circle of the Milky Way was presumed from the relation expression by the similarity shape. The Galaxy is far away, so the universal gravitation is not working? "Let me answer that.

 こういう質問ですね。
――
お答えします。
 ニュートンの万有引力の法則は、銀河同士の間でも成立しています。宇宙の端にある銀河と天の川銀河系との間に万有引力の法則が成立していないならば、それは普遍性を持った法則ではないということになります。如何なる天文学者であっても(宇宙論者であっても)誰もがニュートンの万有引力は銀河同士で働いているとして計算しておられるのです。この万有引力の仮定の下に、暗黒物質や暗黒エネルギーの議論もなされてきているのです。 宇宙の端に位置する遠い銀河にも天の川銀河の重力が及んでいても、ちっとも不思議はないのです。
Newton's Law of universal gravitation is also established between galaxies. If the law of the universal gravitation is not approved between the Milky Way and the galactic system at the edge of the universe, it becomes that it is not a law with universality. Even if he is any astronomer, and he is a cosmology, everyone calculates the universal gravitation of the Newton as working in the Milky Way mutually.  Under the assumption of this universal gravitation, Dark matter and Dark energy have been discussed. Therefore, there is no mystery at all even if the gravity of the galactic system reaches the far Milky Way. Really" in a gravitational plane has come to a close, about 4,500,000,000 years later, would be to hit both galaxies are predicted that "of is.
《 実際に「アンドロメダ銀河と天の川銀河とは万有引力で引き合って近づいて来ており、約45億年後には両銀河は衝突するであろう事が予測されている」のです。》

 次の質問ですね。どうぞ。
重力圏が重なっていないのに、銀河同士が万有引力で引き合う理由が分かりません時空間が曲がっているということとの関連を教えて下さい」
――お答えします。
 万有引力は、150億光年のかなたの銀河にも及んでいます。但し1つの銀河だけではそれはほんの微々たるものであって、計測の誤差の中に埋もれてしまうほど微小なものです。私達は最初に、『GPS衛星の時計の進み遅れ0.000000000445sec の最小単位〔0.000000000001〕をフィボナッチ数列の最初の1であるとし、その計測の誤差範囲に入るか入らないかのギリギリのところまでを重力圏だ』という決め事をして議論をスタートしたのです。
 It is the next question. Here you are. "I don't know why gravitational sphere does not overlap, but the milky way each other pulling in gravitation. Please tell us that time and space are bent and related.' answers. Gravitation, has reached the 15 billion light years distant galaxy. However one Galaxy it is only insignificant alone are small enough and end up buried in the error of the measurement. We start with "smallest GPS satellite clock lead-lag 0.000000000445 sec [0.000000000001] gravity from the edge at first one of the Fibonacci numbers in the measurement error range, not ' that is positioning about it.
 銀河が数百~数千個も集まっている銀河団になると、塵も積もれば山となるのたとえ通り、その影響は遠い銀河にも及んでいきます。
宇宙には超銀河団という集団もあります。
超銀河団銀河団を数百~数千個も含んでいる集団ですが、この超銀河団の重力の影響は150億光年をもっともっと越えたところまで及んでいます。
太陽系の中で地球や火星などの惑星が公転している様に、太陽という恒星も公転しています。そして銀河も(銀河団超銀河団が作っている重力圏の中で、銀河も)公転という回転運動をしているのです。
 アンドロメダ銀河と天の川銀河とは共に1つの銀河団に属しています。『そのみずからも参加して造りだしている重力圏の中で、相対運動をしている』という思想がアインシュタイン思想だったのですよ。
 2017 5/16 H. Oyama
Galaxies are hundreds-comes and asks to have gathered thousands of galaxies, and the impact will reach distant galaxies. Group named the Supercluster of galaxies in the universe. The Supercluster of galaxies, clusters of galaxies hundreds-was a group that contains thousands effects of gravity in this Supercluster 15 billion light years extends far beyond the more. Also called the Sun orbiting in the solar system like orbiting planets such as Earth and Mars. And Galaxy (in the gravity zone that makes a Supercluster of galaxies and clusters of galaxies, Galaxy) is the orbital motion. Andromeda Galaxy and the Milky Way Galaxy belongs to one of galaxy clusters together. The "participate voluntarily and have relative motion in the gravitational sphere tending ' that was Einstein's philosophy thought.

|

« 第四章、月は地球の重力圏内で遊んでいる!Chapter IV a month are playing within Earth's gravity! | トップページ | 銀河の重心点は大昔から未来永劫まで変化しない!Gravity point of the Galaxy from a long time ago does not change until eternity! "Singular point" "gravity in the galaxies" 銀河のブラックホールは銀河の重心点に存在する(特異点)そのもの! »

F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは」カテゴリの記事

コメント

最も基本的なところで太陽程度の質量でブラックホールができるのでしょうか。
シュワルツシルトが相対性理論から導いた仮説として、太陽のシュワルツシルト半径は3kmとされていますが恒星進化論では明確に否定されています。
また地球にも0.9cmのブラックホールがあると計算では出ますが、これも現実的にはあり得ない数字でしょう。
太陽などより遙かに大きな質量を持った恒星の超新星爆発などで生成されるのがブラックホールで身近な恒星惑星にそれを適用するのは間違っているように思います。
机の上の紙で計算して出た数字を現実に適用するのは無理がありませんか。

miyamo様へ大山宏より。
鋭いご指摘ですね。最近ホーキング博士は『ブラックホールは存在しない』とかいう論陣を張っておられる様子です。これでは空中戦が始まってしまいます。私は「ブラックホールのサイズ≒シュワルツシルト半径」という相対性理論の扱いで話を進めて来ています。気になるならば、ブラックホールの言葉は全て「シュワルツシルト半径」という言葉に置き換えてお読みいただけるなら幸いです。
 アインシュタインは最初「光速C一定の仮説」から論を組み立て始めましたが、最終的には『光速C=30万Kmという一定値でなくて良い。全ては相対的なものだから、30万㎞未満の速度の世界もあるし、30万Kmを超える異次元世界もあるはずですよ』と示唆されていたのでした。そして『時空間は曲がっている』とおっしゃっていたのでした。

投稿: miyamo | 2017年5月 7日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73587333

この記事へのトラックバック一覧です: 村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy.:

« 第四章、月は地球の重力圏内で遊んでいる!Chapter IV a month are playing within Earth's gravity! | トップページ | 銀河の重心点は大昔から未来永劫まで変化しない!Gravity point of the Galaxy from a long time ago does not change until eternity! "Singular point" "gravity in the galaxies" 銀河のブラックホールは銀河の重心点に存在する(特異点)そのもの! »