« 宇宙最大のミステリー2 なぜ左巻きばかり?Universe's biggest mysteries 2. In this world why left-handed but more?陽電子は無理矢理作らないと出来ないのは何故?負時間は地上の何処に存在?虚数時間の前に負時間の世界を探すべき!E (negatron) just there. Of the Positron is forced to make impossible? Negative time where? Imaginary time? | トップページ | 光は1秒間に円筒の周りを7回転半しか出来ない?【5-3】貴方の周りの時空間も曲がっている!"Light cannot only 7.5 turns per second around the cylinder? Have bent time and space around you too! »

2018年6月26日 (火)

E=MC~2 素粒子( particle.光の粒 light-pieces )物語 【5-2】 energton, waveton and maton are tadpoles of universe.

52Fantasy narrative as a fairy tale. Please read the English version of the following Japan Japanese are not good at that.
Description: parent visitation day fairy tales with everyone "read" and decided that seeing the word tadpole cosmology. In series, but first of all, E = MC^2: Einstein's theory of relativity, is to portray. Hoping children so they can image the true nature of the universe and began writing.
 内容:E=MC^2を童話として語るファンタジー物語です。オタマジャクシ宇宙論です。
父兄参観日に「童話をみんなで読む」という形で、オタマジャクシ宇宙論を語ってみることにしました。シリーズで展開していきますが、まずは
E=MC^2 というアインシュタインの相対性原理を配役を選んで演じさせています。子供達が宇宙の真の姿をイメージできるようにと願いつつ、書き始めました。

エネルグトン(energton)とウェーブトン(waveton)マトン(maton)ちゃんはいつも一緒に遊んでいる仲良し3人組のオタマジャクシです。
エネルグトンは力持ちなのですが、ほんの小さな尾っぽを持っているだけのオタマジャクシでした。
ウェーブトンはいつも元気に飛び回っている、もの凄く活発な男の子のオタマジャクシでした。
マトンちゃんは女の子のオタマジャクシであり、頭でっかちで、短い尾っぽしか持っていないのでした。
 いつも仲良く遊んでいる3匹ですが、ある時、自分達の尾っぽの長さを比べてみました。そうしたら、どういう訳か、頭の中心から薄く広く伸びた尾の先までの長さは,3匹とも一緒だったのです。
「頭や力の大きさはこんなに違うのに、尾っぽの長さはみんな一緒だなんて、面白いわね。私達は神様に同時に作ってもらったのだから、このように同じ長さの尾っぽを持ってるんだわね」と話したのはマトンちゃんでした。
 Energton
, waveton and maton-Chan are always playing with good friend 3-tadpoles. Tadpole energton is strong, but have a small tail, just did. Waveton is well always have extremely was an active boy tadpole.
 Maton-Chan is so a girl tadpole, which does not have a top-heavy, short tail.
Is always playing together three, at one time tried comparing their own tails’ length. Is the length from the tip of their tail once, stretched thin and wide from the center of the head for some reason was, together with three.
"That's interesting is the size of the head and so different, is the length of the tail along guys! Oh we have a tail the same length because it is our God made at the same time," and spoke of the maton-Chan did.

"It's funny, I somehow feel, I was going too far along the tail of the energton, and at energton’s  head, I have come back to I'm" and said was an active waveton.
"(
¯∇¯;) HA HA HA. At that time I was watching it, but his tail is original only came back up to where it's going."
"but I went very far edge, it was where my tail original just had to come back where it was? I have no idea why? "
"I go I play rarely, but I went through the same at that time. I have realized I was going far enough and went source had come back to place on it. I wondered of it."
"God make us so become. It's because if you compare the length of the tail of all everyone looks all the same length.
「面白いんだよ、僕がエネルグトンの尾っぽに沿ってどこまでも走って行くと、どういう訳か気が付いたらエネルグトンの頭のところまで戻って来てるんだよ」と言ったのは、活発なウェーブトンでした。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。あの時俺はその様子を見てたけど、自分の尾の先が元あった場所まで戻って来ただけだったのだぞ。ウェーブトンはそのことに気が付かなかったみたいだな」
「エッ、随分と遠くまで行ったつもりだったけれど、自分の尾の先が元あった場所に舞い戻って来てただけなの?訳が分からないなあ?」
「私もめったに遊びには行かないけれど、あの時同じ経験をしたわ。随分と遠くまで行ったつもりだったけど、気が付いてみたら元いたの場所にもどって来ていたのよ。不思議に思ったのよ」
「そうなるように、神様が俺たちを作ってくださっているのだ。みんなの尾っぽの長さを比べたら皆同じ長さに見えるのはそのためだよ」

"It's what do you mean?"
"Tell you the truth. Know where my own head just where may own tail, so if you run along to my tail, but you came back to just the place may head had been! I'm mean so you can come back here if it goes, running along the tail of my. Out otherwise, this tail of the range, or anywhere it flies it's not "
", I don't know yet. It's running so hard, went far. I'm back to its original location and it is why room? "
"Come to think of it is the Earth blowing bubble ball balloons, playing easy. And we don't have the same shape energiton, waviton and mamieton there are plenty they are bumming around in that balloon, but they don't play out that balloons out. And it's going to disappear, to back up in the balloon, and back and forth, sometimes was his first position, make sure that his ghost is. They are come back sometimes is a free to play around with anyway, they should be, so God established rules: Playing alone in a balloon, a kind, '
「それってどういうこと?」
 
「実はね。俺は遊び歩かないのだけど、自分の尾の先が、ちょうど自分の頭のあるところに届いていることぐらいは知っているのさ。だから俺の尾に沿って走っていけば、ここに舞い戻って来れるというわけだよ。そうでなければ、この尾のある範囲から飛び出して、どこかへ飛んで行ってしまうじゃないか」
「まだわかんないな。あれほど一生懸命走って遠くまで行ったのだよ。それが変なことに(気が付いてみると)元の場所に戻っているんだよ?」
「それはな、地球人がシャボン玉風船をふくらまして遊んでいるのを考えてみれば分かり易い。俺たちと同じ体つきをしているエネルガトンやウェービトンやマミートンが沢山沢山あの風船の中で遊びまわっているのだけど、あの風船の外にまで遊びには出ていけないんだ。そして、風船の中を行ったり来たりしていても、時々自分が最初にいた位置まで戻って確かめないことには、自分が幽霊(ゆうれい)になって消えてしまうことになるのだ。とにかく、遊び回ることは自由なんだけど、時々は帰って来るように、神様が掟(おきて)を定められたんだ。風船の中だけで遊んでいなさいってね」
「たまには、風船の外にも遊びに行きたいな。どうやったら遊びに行けるの?」
「女の子は、どうしてそんな危険なこと考えるのかな?そんなことしたら、戻って来れなくなっちゃうじゃないか」
"I want to go once in a while we went to the outside of the balloon. How do I get to go? "
"Girl why such thinking can be dangerous for? come back after you do that, gone it's not?"

"But it's a story of the secret. It's opened only one small hole splashed like a soap bubble balloons, only one of you guys who barely pass. You can go to play outside of the balloon if there good lang."
"of how well the hole through which? Tell me!"
"The deceased's maton-Chan. You wonder to know such a thing, try you are sure maton-Chan. If you managed to escape, then in your back you can't get it. It'll be gone maton-Chan and Miss. You'd better no listen.”
"But I want to hear. I want to know it's'
これは秘密の話だけどね。そのシャボン玉みたいな風船にはね、君たちの一人がやっと通れるだけの小さな穴が1つだけ開いているんだよ。そこを上手く通り抜ければ、風船の外に遊びに行くことが出来るんだ」
「どうやったら上手くその穴を通り抜けられるの?教えて!」
「止めとけよ、マトンちゃん。そんなこと知ってマトンちゃんはきっと試してみようとするんだろう。もし脱出に成功したら、マトンちゃんは戻って来れなくなっちゃう。マトンちゃんが居なくなると寂しいよ。聞かない方がいいよ」
「でも聞きたい。私はそれを知りたいのよ
「まあ、知ったとしても、めったに成功する方法じゃあないから、ウエーブトンも聞いていな秘密でもなんでもないことだ。
さっきも話したように、その穴はすごく小さいんだよ。マトンちゃんの頭がやっと通るか通らないかという小さな穴が、その風船のところにたった1つだけ開いているのだ。しかも風船は丸い形をしているけどふわふわで回転もしている。どこにその穴があるのか、皆目見当が付かないんだ。
 でも確かに1個だけ風船の外に出れる穴が開いている。その穴に向かって、まっすぐに進んで行くんだ。そして丁度タイミング良く風船の壁に来た時に、そこにその穴が開いていれば、外の世界に出て行かれるということだよ」
"How did you know well, but rarely succeeds so didn't, hear Waveton. It's the secret or what not. I've said ago, the hole is very small. Open only maton-Chan's head barely passes or fails a small hole where the balloons only. Also turn fluffy and have a round-shaped balloons. I'm a faintest idea where is the hole?
 But certainly one is a hole to the outside of the balloon. You are going straight toward the hole. And it's that going forth into the rest of the world exactly when better to the wall of the balloon came to there, if the hole is open.

ああ、安心した。そんなラッキーなことなんか起きる訳ないじゃないか。僕はあちこち飛び回っているから偶然にその穴にジャストミートしてしまうことを心配していたんだ。エネルグトンの説明を聞いて、安心したよ。そんな偶然は心配する必要が全くないんだ。安心した」
マムトンちゃんは不服そうにふくれっ面をしていました。秘密をばらしたエネルグトンは涼しい顔をしています。
 "Ah, the relief. Can't it such a lucky thing happen? Worried that I was flying back and forth from accidentally into the hole just meet up, I. Listening to the description of the energton, I'm relieved. I've no need to worry about such a coincidence. Relieved.”
Maton-Chan is an appeal to pout. Energton secrets revealed has a cool look.


 That night thought while watching the starry sky waveton, "that star is I who between the Earth and there are a lot we're living in very thin like a soap bubble, and our God maton-Chan and I for sure do not go out. Open only one small hole in the film not seen the lang well there, and energton has told me that I'm able to go to the people in the world. A treetop level well if I were the one, I would, may be found the small entrance hole. Starting tomorrow look a little scary, but I was and "thinking so, stars of me" good night" so he said to them.
 その夜、ウェーブトンは星空を眺めながら考えました、『あの星さんたちがたくさんいるところと僕たちが住んでいる地球との間に、シャボン玉みたいな薄い膜があって、神様は僕やマトンちゃんが飛び出して行かないようにしてくれているんだな。
その見えない膜には小さな穴が1つだけ開いていて、そこを上手く通り抜ければ、星さんたちのいる世界に行けるんだ、ってエネルグトンは言ってたな。
僕だったら、元気に飛び回れる僕だったら、その小さな出入口の穴が見つけられるかもしれないな。
ちょっと怖いけど、明日から探してみようっと』
 そう思いながら、星さんたちに「お休み」って言いました。

 Waveton was taking action immediately, the boy thought in mind. It is a world of quick running sore. Is that can fly at the same speed as light is best in the world.
 Oh and we during, went small Earth. Sun shining and glistening, went away in the back. Milky Way was used to always seeing big flows. "Galaxy is a Star group, isn’t it. Even the Sun is a smaller star one's' and thought waveton. Even tried to turn back to Earth were playing scared guys, and is in fact the Earth Sun and even he don't know where.
 ウェーブトンは心に思ったことは直ぐに、行動を起こす元気な男の子でした。そのすばしっこい走りっぷりは世界一なのです。光と同じ速さで飛ぶことができるのですから世界一です。
あっと言う間に地球が小さくなって行きました。ギラギラと輝いている太陽も後ろの方に遠ざかっていきました。
 いつも見慣れていた銀河(ミルキーウェイ)が、大きく流れています。
銀河って、星の集団なんだな。太陽だってその中の小さな星の1つなんだ』と、ウェーブトンは知りました。でも怖くなってみんなと遊んでいた地球まで引き返そうとしたのですが、その地球どころか太陽さえも、どこにあるのかさっぱり分かりません。
 マトンちゃんたちと遊んでいた地球に戻ることをあきらめかけていたその時ふと、エネルグトンが「まっすぐ進んでいさえしたら、元いた場所に戻って来れるよ。神様が外に飛び出して行かないように定めてくれている」って言ってたのを思い出しました。
『そうだ、真っすぐ進めば地球に帰れるんだ。きっと帰れるんだ。神様、お願いします』とウェーブトンは祈って更に進んで行くことにしました。
どこまでも、どこまでも進んでいったのでした。
Maton-Chan at that time was about to give up on returning to Earth was playing with their suddenly energton’s saying; "straight ahead, then even when the original can come back to the place were you.Thanks for stipulates to not go out outside of God," it reminded him of saying.
"I said, go straight back to Earth. I'm back I'm sure. Thank you God,' and decided to go further and pray waveton. Even where was because it went too far.


 Continued to fly at or ran for several days, continued to fly for several months he don't know. At that time, prior to the straw hat wearing a familiar star appeared. Is Saturn. "If that's Saturn, that shining glare of Sun says. Again should reach Earth soon' and while he number PMKFA days and Miss Earth suddenly appeared in front of him, and he was that between went into the Earth.
 何日間走ったのか、何か月間飛び続けたのか、もう分からない位に飛び続けました。
その時ふと、前の方に、麦わら帽子をかぶったような見慣れた星が現れました。土星です。
『あれが土星だとしたら、あのギラギラ輝いているのが太陽さんだ。もうすぐ地球にたどり着けるはずだ』と思いつつ数日間突き進んでいくと、懐かしい地球が急に目の前に現れ、あっという間にその地球に吸い込まれて行きました

"Everywhere you went was for!" Maton-Chan's angry, calling out to the wave tone came. "Where's the far-far away. I came to the place where the Milky Way appears clear and more adventurous "
"Worried for you. You would suddenly stop being what "
"Came back?" And energton’s voice to prevent another has.
"Right now. I could come back to everyone if you energton say; going straight. Also glad to see."
"It seems you went very far. Well, nice come back safe and sound.”
「どこに行ってたのよ」とマトンちゃんが怒ってウェーブトンに声を掛けて来ました。
「どこって、遠い遠いところだよ。ミルキーウェイ銀河がはっきりと見えるところまで冒険して来たんだ」
「心配してたのよ。急に居なくなってしまうんだもの」
「帰って来たのかい?」と、エネルぐトンが声を掛けました。
「ただいま。エネルグトンが言ってたように真っすぐ進んでいたら、みんなのところに帰って来ることが出来た。また会えて良かった」
「ずいぶんと遠くまで行って来たようだね。まあ、無事に帰って来れて良かった」

ところでエネルグトン、シャボン玉の薄い膜のような『ここから出てはいけません』という境目はどこにもなかったよ。あの話は嘘だったの?」

「いや、あるのだよ。だから今、我々はここでこうしてしゃべっているのだ」
「エッ、それってどういう事?」
「以前、3人の尾っぽの長さを較べあったことがあっただろう。あの時は、お互いの尾っぽの一番短い部分の長さを比べ合ったのだよ。今回ウェーブトンが飛び回って来たのは、尾っぽの長い部分を走り回って来ただけなのさ」
「いよいよ訳が分からないわ。私たちに分かるようにしゃべってよ。説明してよ」
我々オタマジャクシの尾っぽはな、シャボン玉の中全体に広がっているのだよ。頭はここにあるし、尾っぽの先っちょもここにあるけれど、この尾っぽはシャボン玉全体に薄く広がっているんだよ。
 地球人はね、その薄く広がっているところには何もないので『真空』と呼んでいるだけさ。そして頭のあるところを指して『物質〔M〕がある場所だ』と呼び合っているだけなんだよ」
"By the way energton, bubble film, such as verge "out of here is not' that wasn't anywhere. That story was a lie?"
"No, it isn’t a lie. That's why right now, we are thus talking here.'
"Oh, it's what?"
"In the past, three tail of us we had compared the length of the length of them. At that time each other's tail was right compared to the shortest length of tail we have. Came this time traveling waveton of tail was just came running around the long piece of mine."
"We don't know why. Tell us about it. Explain"
"Our tadpole’s tail, it is the bubbles in spreading overall. And here is the head and tail, too. Post also located here, but this tail was is spread thinly in the soap bubble is I'm. Earthlings, thinly spread where there is nothing, so is just called "vacuum". And pointing to where the head "material [M] there" and just are calling."


「何となく分かった気がするわ。その『真空』と地球人が呼んでいる場所には、私(マトンちゃん)の尾と、エネルグトンの尾と、ウェーブトンの尾とが重なっているんだってことなのね」
「そういうことだよ。地球人にはね、我々の頭の部分しか感じ取ることが出来ないんだ。次元の低い連中だから」
「私達と同じような次元で暮らしているのじゃあないの、地球人は?」
「地球に住んでいる人や生物はね。四次元空間しか認識できないのだよ。あとは空想するしか方法がないんだ。
無理やり小さな世界を4次元サイズの物差しで測ると、我々の頭の位置さえ正確につかむことも出来なくなる。そこで不確定性原理とかいう不可解な屁理屈で誤魔化すし、
望遠鏡とかいう手段を使ってミルキーウェイ銀河のもっと先を測ろうと一生懸命になっても、数字の桁が大きくなるばかりで、何時まで経ってもいっこうに我々の尾の長さが測れないという訳だよ」
「地球人は四次元世界に縛り付けられて生活しているのだから、無理もないさ。
ところでエネルグトン、前に『シャボン玉のような宇宙の限界の膜に、マトンちゃんの頭が通るか通らない位の小さな穴がある』っていってたけど、あの穴は本当にあるの?それを見つけるために、ちょっと冒険してみたのだけどね」
「あるんだよ。確かに1個はある」
もう少し分かるように説明してよ」
"Learning' you. Place the vacuum, and the Earth is calling that overlap tail I (maton-Chan) and energton’s tails and the tail of the waveton are overlapped"
“You are right. He can feel a part of our heads but can’t feel splashed over the world. In low-dimensional."
"Live in the US and the same dimension not of Earth people?"
"People who live on the Earth and bio's. They are aware of only four-dimensional space. But they imagine there is no way I'm. Not be forced small world measure with the measure of 4-dimensional scale and even the position of the head of our grasp precisely. It's so unfathomable to the length of the tail of our also become hard and inexplicable quibble said the uncertainty principle acceptable, said the telescope means more over the Milky Way to measure increases the digits only, but also that."
"It is not unreasonable, because it is tied to the 4-dimensional world, are living. BTW energton, but said "there are small holes much pass through membranes of the limits of the universe, such as bubbles, mamed in his head' ago that hole is really? I tried a little adventure to find it" "is it's. Is certainly one.”
 "You'll tell a little bit more."


 Think about energton from formal occasions and began to speak.
"Waveton is what "light" to tell the truth. It should be called Photon. I'm speaking in terms of the world ‘Earth’, is in the wave and solid at the same time also that. With broadly cannot create the world, because God, C the speed of light in Earth words [of 300,000 Km/sec.] and He determined. So, I have little energy on the Waveton lent, then Waveton is quickly that he could out of the Milky Way instantly."
“ It is the film limits its limitations of the soap bubbles like that."
"You are not supposed to answer yet, ‘open only one hole’. It could open somewhere if I reach the hole, right? Tell us, because it’s not rarely happen in rare cases, you said before.”
「分かったよ、教えてやるよ。兎に角自由に飛び回っていることだ。そして偶然その穴を発見した時に、その穴に向かって一心に(ためらわずに)進むのだよ。我々に神様が与えて下さった光の速度Cで進むのだよ。ほんのちょっとでもずれると、本人は真っすぐ進んでいるつもりでも曲がってしまって、気が付いたら元の場所に戻っていたという結果になる。
 私の経験で話すと、その穴は4年の倍数の周期で移動している。だから、4の倍数年、即ち、4,16、64100年、400年、1000年、2000年、4000年毎に同じ場所に巡り戻ってくるらしい。
"Alright, I'll tell you. It's just free flying. And you are looking forward to when by chance discovered the hole toward the hole in the intently (without hesitation). It's proceeding at speed of light God gave to us. Just turn off even for a moment, and it bent even if you are going straight away, and you were back to your original location. Talking with my experience at that hole has moved in multiples of 4-year cycle. So multiples of 4, i.e., 4,16,64,100 years, 400 years, 1000, 2000, 4000 years every, in the same location around come back seems to be.

 地球には、その穴の通り道みたいなものがあって、地表面のある特定の地域で通り道が交わっている。その場所では、16年毎に、奇跡とか不思議な現象が頻発しているのだよ。
その特殊な場所に関しては地球人も記録を数多く残しているから、歴史書を注意深く読めば誰でも『ああ、あの場所だなって分かる。
 だから、その場所で、4の倍数年で待っていれば、探し回らなくても「穴」の方からやってくるという訳らしいよ」
「そういう話しなら、そろそろ地球人の誰かが見つけてもいいはずだわね。何時、誰が気が付くのかしら?」
「興味津々だね」
「今日はもう遅いから、続きはまた今度ということにしよう。お休み」
 2016 7/26 大山宏
 In certain areas of Earth, but passage of the hole like a surface intersects the path. In its place, 16 it's every frequent phenomenon of miracle and wonder. Anyone know, "Oh, there's the hole' have left many earthlings record comes to that particular place and then carefully read the history books. So, you shouldn't go around and serch for the hole, and you wait in multiples of 4, where the hunting."
"Such talk if, find someone who'd be done! I wonder if in time, who found herself?"
"Interest is curious"
"late today and then continue also to that now. Good night."
 2016 7 / 26 Hiro. Oyama


 宇宙に興味をお持ちのご父兄の方々へ。

このお話しシリーズは、純粋に現代科学に立脚して組み立てています。例えば、アインシュタインの「光速一定の原理」や「一般相対性原理」などにも矛盾しない形で、あなた方が日頃不思議に思っておられることを、児童生徒にも直感で分かるような形で童話化したものです。
 登場人物の名前について、少しコメントしておきます。
エネルグトンとは、エネルギーを代表する子供です。通常は〔E〕という記号で表現されます。
ウェーブトンとは、波〔波動子〕のことです。光子と言ってもいいでしょう。普通この光子の進むスピードは、〔C〕という記号で表されます。
マトンちゃんという女の子は、物質〔Matter〕を代表しています。記号は〔M〕です。
 この3者の間には、E = MC^2 という関係が成立しています。
他にも、エネルガトン・ウェービトン・マミートンなどという登場人物が出て来ますが、頭文字が、その子の性質を表しているのだとお考え下さい。
 この童話は、シリーズで逐次、お届けしようと思っております。
 For you parents and brothers, who are interested in the universe.
This talk series is purely based on modern science, is assembled. For example, it is made by intuition you know to the children that you are always wondering who is consistent with principles of the speed of light constant Einstein and "general relativity", such as in fairy tales.
 For the names of the characters leave a little comment.
Energton is a leading energy child. Usually the [E] is represented by a symbol.
Waveton
the wave [wave child] of that. The end may say the photon. Speed usually forward of this photon is [C] that is represented by the symbol.
Girls maton-Chan
substance [Matter] are represented. Symbol [M] is.
 During this three-way, E = MC^2 that have been.
Please be comes to such as energaton waviton Mommy-ton.., characters other than the initials represent the nature of the child.
 I believe this fairy tale, series sequential, delivered in trying.
 from Hiroshima in Japan, thank you.

|

« 宇宙最大のミステリー2 なぜ左巻きばかり?Universe's biggest mysteries 2. In this world why left-handed but more?陽電子は無理矢理作らないと出来ないのは何故?負時間は地上の何処に存在?虚数時間の前に負時間の世界を探すべき!E (negatron) just there. Of the Positron is forced to make impossible? Negative time where? Imaginary time? | トップページ | 光は1秒間に円筒の周りを7回転半しか出来ない?【5-3】貴方の周りの時空間も曲がっている!"Light cannot only 7.5 turns per second around the cylinder? Have bent time and space around you too! »

R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73619290

この記事へのトラックバック一覧です: E=MC~2 素粒子( particle.光の粒 light-pieces )物語 【5-2】 energton, waveton and maton are tadpoles of universe.:

« 宇宙最大のミステリー2 なぜ左巻きばかり?Universe's biggest mysteries 2. In this world why left-handed but more?陽電子は無理矢理作らないと出来ないのは何故?負時間は地上の何処に存在?虚数時間の前に負時間の世界を探すべき!E (negatron) just there. Of the Positron is forced to make impossible? Negative time where? Imaginary time? | トップページ | 光は1秒間に円筒の周りを7回転半しか出来ない?【5-3】貴方の周りの時空間も曲がっている!"Light cannot only 7.5 turns per second around the cylinder? Have bent time and space around you too! »