« 銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは? | トップページ | black hole ブラックホールの大きさ(シュワルツシルト半径)は算術で簡単に計算可能!【3-6】 Schwarzschild RADIUS can be calculated by arithmetic. Minimum time units in the GPS measurement system. »

2018年6月 7日 (木)

剛体の重心点からの距離比例で時間軸の矢が出射!←GPS衛星の時間遅れ。【3-5】 An arrow of the time axis is emitted by the distance proportional from the center of gravity

 剛体重心点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしながら出射しています。この事実に関してフィボナッチ数列ルールを用いて、分かりやすく説明しています。「GPS衛星側の内蔵時計は毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むように調整されている」というデータを用いてブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径〕が求められる、というお話の第1です。
Summary: The time-axis arrows are stretched out proportionally to the distance from the center of gravity of the rigid body. The Fibonacci sequence rules are used to explain this fact clearly. The first story is that the size of the black hole is required by using the data "the built-in clock on the GPS satellite side is tuned to advance only 4.45 seconds of 100 billion minutes per second."

 
地球の中心からの距離Lに比例して時間軸の矢が出ているのですが、この時地球の大きさがどうしても気になるのです(邪魔なのです)
 思い出してごらんなさい。
万有引力を計算する時、あるいは剛体に働く遠心力や向心力を計算するときには、「その剛体の大きさは無視して、単純に全質量が重心点の1点に集中している」って扱って来たではないですか。
 At this time, the size of the earth becomes anxious by all means though the arrow of the time axis is out in proportion to the distance L from the center of the Earth (it is obstructive). Remember. When calculating the universal gravitation or the centrifugal force or the power to work in a rigid body, "the size of the rigid body is disregarded, and the whole mass is simply concentrated at one point of the center of gravity".

 地球の引力の影響や時間軸の伸び縮みを検討するときには、地球の大きさは無視して『全質量が地球の重心点の1点に集中しているのだ!』と考えても一向に差し支えないでしょ。太陽からの引力の影響や時間軸の伸び縮みを検討する時には、太陽の大きさは無視して『太陽の全質量が重心点に集中しているのだ』って考えましょうよ。
 When considering the influence of the Earth's gravitation and the contraction of the time axis, the size of the earth is ignored, and the whole mass is concentrated at one point of the center of gravity of the earth! It's no harm in thinking. When considering the influence of gravity from the sun and the contraction of the time axis, let's think of the size of the sun as "the whole mass of the Sun concentrates on the center of gravity."
 藪から棒に、いきなり書き始めましたが、今日は「剛体の重心点からの距離L比例で、時間軸のが伸び縮みしている」ということを検証してみましょう。
 I started writing from the bushes to the poles, but today, I'll try to verify that the time axis is shrinking in the proportional distance from the center of gravity of the rigid body.

 最近はGPSシステムが整備されて、非常に精度良く時間軸の伸び縮みが計測できるようになりました。全く同じGPS装置を2つ作り、一方を地上に、他方を衛星軌道に乗せて測り比べるのですから、精度は抜群です。
 Recently, the GPS system has been maintained, and it is possible to measure the contraction of the time axis very accurately. The accuracy is excellent because it makes two exactly the same GPS device, and it compares one on the ground and the other on the satellite orbit and measures it.

 ウィキペディアには次の様に時間軸の伸び縮みが出ています。
『全地球測位システム(GPS)では、GPS衛星が地上へ正確な時間を伝達することで、地球上の正確な位置を測定している。しかし人工衛星は重力源である地球から離れた衛星軌道上を周回し、地上に比して重力ポテンシャルが高い環境にあって、その分地上よりも時間の経過は早い。このため、衛星側の内蔵時計は毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むように調整されている。』
 On Wikipedia, the time axis stretches out as follows. In the Global Positioning System (GPS), GPS satellites measure the exact location of the Earth by transmitting the exact time to the ground. However, satellites orbit on satellite orbits away from the Earth, which is a gravitational source, and have a higher gravitational potential than on the ground, and the time is faster than on the ground. For this reason, the built-in clock on the satellite side is adjusted to advance only 4.45 seconds of 100 billion minutes per second.

  この毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むという数値を使用させて頂きましょう。
GPS
衛星基準で考えると,地上では時間の進みが速くなる  毎秒0.000000000445sec分だけ1秒に近づいていくということです
 Let me use the numerical value that it slows down only 4.45 seconds of 100 billion minutes this every second. In terms of GPS satellite standards, on the ground, the time progresses faster. every second 0.00000000445 only one second.

  GPS衛星の高度は、20200Kmだそうです。地球の重心点からの距離は6378Km(赤道半径)です。これを足し算してGPS衛星は26578Kmの半径を持って回っていることになります。
 26578Km
÷6378Km4.17
GPS satellites are turning around the earth in the height (20200km) position from the ground. The distance from the center of gravity of the Earth is 6378Km (the Earth's equatorial radius), so if you add these two, it will be the distance to the GPS satellites measured from the center of gravity of the Earth.
26578Km÷6378Km4.17 

the distance from the center of gravity
  重心点距離  時間の進み遅れ
(1秒に近づく)
          the time progresses faster
         6378Km        0.000000000445sec
 
÷4.17= 1529Km    x4.17= 0.000000001856
 
÷4.17 366.8Km  x4.17= 0.000000007738
 
÷4.17 87.96        x4.17=  0.00000003227
 
÷4.17 21.09        x4.17= 0.0000001346
 
÷4.17 5.058        x4.17= 0.0000005611
 
÷4.171.213        x4.17= 0.000002340
 
÷4.17290.9m     x4.17= 0.000009757
 
÷4.17= 69.76m      x4.17= 0.00004069
 
÷4.17=16.73m     x4.17= 0.0001697
 
÷4.17= 4.012m     x4.17= 0.0007075
 
÷4.17= 962.1mm   x4.17= 0.002950
 
÷4.17= 230.7mm  x4.17= 0.01230
 
÷4.17= 55.33mm   x4.17= 0.05130
 
÷4.17= 13.27mm   x4.17= 0.2139sec
 
÷4.17= 3.182mm   x4.17= 0.8921sec
 
÷4.17= 0.763mm  x4.17 = 3.720sec
 重心点からの距離が3mm以内に入ると、時間の進みが1秒を超える?➡時間が過去に戻ることはない. この近くには、ミニブラックホール(地球に)存在していて、その半径〔シュワルツシルト半径〕が310mmぐらいであることを示唆しています。
 If the distance from the center of gravity is within 3mm, the time goes by more than one second. Time never goes back to the past. The above table suggests that there is a mini black hole (on the Earth) and that its radius is about 3 to 10mm.

 太陽には半径3Kmブラックホールがあると言われています。仮に地球ブラックホール〔シュワルツシルト半径〕が9mmであるとして、太陽ブラックホール〔シュワルツシルト半径:3Km〕と比較をしてみましょう。
 It is said that there is a black hole of a radius of 3Km in the sun. Let's compare it to the black hole of the Sun, the "Schwartz silt radius: 3 km", assuming the black hole of the Earth is a 9mm.

On Wikipedia〔ウィキペディア〕
the muss of Sun is
   太陽質量M11.989×10^30 kg
the muss of the earth is
   地球質量M25.972×10^24 kg
なので(then,)
 M1/M2 = 0.333 x 10^6 = 333 x 10^3
∴ 9mm x 333,000 = 3,000,000mm 3Km

 引力は質量に比例するのですから、質量比M1/M2換算を実施してみました。すると太陽のシュワルツシルト半径の3Kmという値が出て来ましたよ。
「太陽に関するシュワルツシルト半径は約 3Km である」とウィキペディアに明確に記載されていますが、ブラックホールと現世との境目シュワルツシルト半径だと学問世界では規定しているのでした。
 Because gravitation is proportional to the mass, I tried to implement the mass ratio M1/M2 conversion. Then, it came out of the value of 3Km of the sun Schwartz silt radius. "The Schwartz's radius of the sun is about 3Km," Wikipedia said, but it was clearly stated in the study world that the boundary between black hole and this world was the Schwartz radius.

 Here's a list of things you've found so far.
ここまでに分かったことを箇条書きにしておきましょう。
〔Ⅰ〕地球内部に、9mmミニブラックホールが存在している。
  There is a 9mm mini black hole inside the earth.
〔Ⅱ〕太陽内部に存在するブラックホール
(3Km)と、地球内部にあるミニブラックホールとは、相似形である。

 The black hole (3 Km) that exists in the sun, and a mini black hole (9mm) inside the earth is a similar shape.
〔Ⅲ〕ブラックホールの大きさは、単純な質量比計算で換算可能である。

 The size of the black hole can be converted by a simple mass ratio calculation.
〔Ⅳ〕重心点からの距離
L比例で時間軸フィボナッチ数列的に伸び縮みしている。

 The time axis in the distance L proportional from the center of gravity has been stretched to the Fibonacci sequence.
 質問ですか?question? please.
26578Km(GPS)÷6378Km(地表)4.17倍という数値を掛けたり割ったりした計算と、フィボナッチ数列の性質を使った計算、との関連が分かりません」という質問ですか。
"26578 Km (GPS) ÷ 6378 Km (ground) = The calculation that multiplied or divided the number of times, and the calculation using the nature of the Fibonacci sequence, I do not know the relationship between" question. To answer.

 お答えします。
下の図のように、大きい方と小さい数字とを上下から順に掛け算してごらんなさい。 As shown in the figure below, multiply the large and small numbers in order from the top and bottom.
重心点距離   the distance from the center of gravity
         6378Km   
 
÷4.17= 1529Km    x 0.763mm = 1167.
 
÷4.17 366.8Km  x 3.182mm = 1167.
 
÷4.17 87.96        x 13.27  = 1167.
 
÷4.17 21.09        x 55.33  = 1167.
 
÷4.17 5.058        x 230.7  = 1167.
 
÷4.171.213         x 962.1  = 1167.
 
÷4.17290.9m     x 4.012m = 1167.
 
÷4.17= 69.76m      x 16.73m = 1167.
 
÷4.17=16.73m    ―↑
 
÷4.17= 4.012m     ――↑
 
÷4.17= 962.1mm ―――↑
 
÷4.17= 230.7mm   ――――↑
 
÷4.17= 55.33mm  ―――――↑
 
÷4.17= 13.27mm  ――――――↑
 
÷4.17= 3.182mm  ―――――――↑
 
÷4.17= 0.763mm ――最上部へ――↑
 掛け算した値は、1167.で、全て同じ値になります。この性質は、フィボナッチ数列ルールとして先日紹介しましたね。要するに4.17という数字で割り算を繰り返した数値の並びはフィボナッチ数列(実数列)の並びになっているということです。
 The multiplied values are 1167, and all are the same value. I introduced this character the other day as a Fibonacci sequence rule. In short, the sequence of numbers that repeat the division with the number 4.17 is a sequence of Fibonacci real columns.
 時間の遅れ進みに関しても、やってみましょう。
As for the delay of time, let's do the same calculation.
   the time progresses faster
          0.000000000445sec
x4.17= 0.000000001856 x 3.720 = 6.90x10^(-9)
x4.17= 0.000000007738 x 0.8921 = 6.90x10^(-9)
x4.17= 0.00000003227 x 0.2139 = 6.90x10^(-9)
x4.17= 0.0000001346 x 0.0513 = 6.90x10^(-9)
x4.17= 0.0000005611 x 0.0123 = 6.90x10^(-9)
x4.17= 0.000002340 x 0.00295 = 6.90x10^(-9)
x4.17= 0.000009757 x 0.0007075=6.90x10^(-9)
x4.17= 0.00004069 x 0.0001697 = 6.90x10^(-9)
x4.17= 0.0001697
 ---↑
x4.17= 0.0007075
 ――
x4.17= 0.002950
 ―――↑
x4.17= 0.01230
 -――――↑
x4.17= 0.05130
 ―――――↑
x4.17= 0.2139
  ――――――↑
x4.17= 0.8921
  ―――――――↑
x4.17= 3.720
   ―――最上部へ―↑
 時間の遅れ進みについても、フィボナッチ数列ルールが成立しているでしょ。一定になる理由は明確です。4.17 という数値を同数回掛けているだけですからね。
 The Fibonacci sequence rules have been established for the time delay. The reason for the constant is clear. We are just multiplying the number 4.17 a few times.
似たようなことを小学校で習ったことありました。
We learned something similar in elementary school.
 When calculate the
1+2+3+4+5+6+7+8+9+10 = 55
を計算する場合には(1+10)x5=55って計算すればいいんだ」って、先生が教えてくれたでしょ。
 "(1 + 10) x5 = 55 should be calculated," The teacher taught you.
 "When calculating from 1 to 100, (1 + 100) x50 = 5050, the answer will come out soon if you calculate." The same thing, the Fibonacci boy just showed it.

1から100まで加える計算のときには
(1+100)x 50=5050 と、計算すればすぐに答えが出て来る」って教わったでしょ。あれと、同じようなことをフィボナッチ坊やはやって見せただけです。
  4.17という数値をかけ続けた数値の並びもフィボナッチルールに従っているし、
4.17
という数値で割り続けた数値の並びもフィボナッチルールに従っている。
 重心点からの距離も、時間遅れの数値も、共にフィボナッチ数列で整理して、計算を楽にしたのです。同時に、このフィボナッチの性質を使って、時間というの伸び縮み半径比例で生じていることを示したのでした。
 The sequence of numbers multiplied by the numbers (4.17) also follows the Fibonacci rules, and the sequence of numbers divided by the numbers (4.17) also follows the Fibonacci rules.
 Both the distance from the center of gravity and the time delay were arranged with Fibonacci numbers to ease the calculation. At the same time, using the nature of this Fibonacci sequence, I could explain that the expansion of the time Arrow was caused by the proportional radius.

 もう一つ面白いことを教えてあげましょうか。
最終的に、時間遅れが1秒になる距離を求めたかっただけでしょ。その距離を〔X〕とすれば、
6378Km * 0.000000000445sec = X * 1sec
なので、X = 2.84mm だって,すぐ答えが出て来たのです。
 Shall I teach you another interesting thing?
In the end, I just wanted to find out how long the delay would take a second. If the distance was [x], the answer came out immediately because it was
6378Km * 0.000000000445sec = X * 1sec
 and x = 2.84 mm (about 3mm).

 時間の進み具合が1秒になってしまったと思ったら、実際には0.33秒しか進んでいなかった、として計算すると、
6378Km * 0.000000000445sec = X * 0.33sec
X = 2.84
÷ 0.33 = 8.6mm 9 mm
If you think the time has passed for one second, it's actually only 0.33 seconds,
6378Km * 0.000000000445sec = X * 0.33sec
X = 2.84 ÷ 0.33 = 8.6 mm ≈ 9 mm

 地球内部にあるブラックホールの大きさ
(半径 9 mm)と、太陽の中心部に存在するブラックホールの大きさ(半径 3Km)とは一対一対応している様子です(相似形になっています)この半径のことを、シュワルツシルト半径と学者先生たちは呼んでおられる様子です。
 The size of the black hole in the Earth (9 mm radius) and the size of the black hole in the center of the Sun (3Km radius) corresponds to one-to-another (similarity-shaped). This radius, Schwartz silt radius and scholars are calling.  Until today.

|

« 銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは? | トップページ | black hole ブラックホールの大きさ(シュワルツシルト半径)は算術で簡単に計算可能!【3-6】 Schwarzschild RADIUS can be calculated by arithmetic. Minimum time units in the GPS measurement system. »

F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73587299

この記事へのトラックバック一覧です: 剛体の重心点からの距離比例で時間軸の矢が出射!←GPS衛星の時間遅れ。【3-5】 An arrow of the time axis is emitted by the distance proportional from the center of gravity :

« 銀河同士の衝突事件の真相【3-4】 Talk about the truth of the collision between galaxies, in a parents meeting.:暗黒物質の正体とは? | トップページ | black hole ブラックホールの大きさ(シュワルツシルト半径)は算術で簡単に計算可能!【3-6】 Schwarzschild RADIUS can be calculated by arithmetic. Minimum time units in the GPS measurement system. »