« 村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy. | トップページ | 宇宙最大のミステリー2 なぜ左巻きばかり?Universe's biggest mysteries 2. In this world why left-handed but more?陽電子は無理矢理作らないと出来ないのは何故?負時間は地上の何処に存在?虚数時間の前に負時間の世界を探すべき!E (negatron) just there. Of the Positron is forced to make impossible? Negative time where? Imaginary time? »

2018年6月12日 (火)

銀河の重心点は大昔から未来永劫まで変化しない!Gravity point of the Galaxy from a long time ago does not change until eternity! "Singular point" "gravity in the galaxies" 銀河のブラックホールは銀河の重心点に存在する(特異点)そのもの!

結論:光速一定の原理「C≡⊿L/t=Const.」から考えれば、「特異点」は、以下のように定義されます。即ち、特異点とは『時間の変動⊿t と距離変動⊿Lとが限りなくZEROに近い状態』である。∴特異点とは『モノの重心点そのものである』。
 Conclusion: the principle of the constant speed of light " C≡⊿L/t=Const." from if you think the word: "singularity" is defined as in the following. Namely, singularity is the state: "Both time change t and distance change L are very close to the ZERO State ' is. Singularity is just the "Center of gravity point of the matter itself '.

 銀河の重心点は
大昔から未来永劫まで変化しない!
大昔から
とは天地創造の時点からという意味です。
未来永劫までとはその字の通り、100億年先、1,000億年先、9,999億年先まで変化しませんという意味です。
もの凄く断定的な言い方 でブログを書き始めましたが、これは物理的にも数学的にも正しいと証明できるのです。簡単です。中学高校生にも分かるようにお話しましょう。
 The center of gravity of the Galaxy from a long time ago does not change until the forever! From ancient times is from the time of creation. Forever and never does not change 10 billion years ahead, 100 billion years and 999 billion years as its characters, that is. What is provable and began writing a blog in a very assertive way, but physically and mathematically correct this. It is easier. As you can see in the junior high school students want to do proof.
 銀河を論じる前に、まずは、中性子星の爆発に関して考えましょう。
質問:『中性子星爆発の前後で、重心点Pに変化が生じるか?』
 答えは、いいえ〔No!〕です。

1)真っ二つに分裂したのなら、重心点Pから等速度で真反対の方向に離れて行くだけでしょ。⇒重心点Pに変化は生じません。
2)質量:M1と質量:M2 という2つの破片に分裂した場合でも、作用反作用の法則で考えてみれば明らかなように、M=M1+M2 の重心点Pの位置に変化は生じませんね。
3)同様に、時間差を置いてM2⇒M3+M4に分裂しても、移動中のM2の重心点P2に変化は生じません。⇒従って、M=M1+(M3+M4) = M1+M2 の重心点Pに変化は起きない!
4)更に、Mが5つに分解しても、50個に分解しても 500個に分解しても、M重心点Pに変化は起きません!
∴中性子星が大小様々な無数個の破片(星くず)に分裂〔爆発〕しても、M重心点Pに変化は生じません。
中性子星爆発の前後で、重心点Pに変化が生じない』という証明が済みました。
Before discussing the Galaxy first, think about the explosion of the neutron star.  Question: "neutron star explosion before impact centroid point p, after?' Answer is no [No!] is.
1) just split in half if in the opposite direction away from the center of gravity point P at uniform velocity.
makes no changes to the centroid point P.
2) it if it thinks in the law of action and reaction, even if divided into mass: M1: M2 mass two pieces is clear no change in the position of the center of gravity point P of M = M1 + M2.
3) put the time difference as M2
split M3 + M4, M2 moving Center of gravity point P2 no change. Therefore, change does not occur in the center of gravity point P of M = M1 + (M3 + M4) = M1 + M2.
4) break 500 M further apart for five and the separation of 50, Center of gravity point p of M change happens!
 
split into a neutron star or large debris (Stardust) [explosion], no change to the center of gravity point P of M. "Neutron star explosion earlier, after no change in the center of gravity point P ' that was proved.
 次に、銀河に関して話を進めましょう。
銀河は島宇宙とも呼ばれています。銀河は何千億個以上も大宇宙内に観測されるそうですが、ほとんどの銀河は孤独 なのです。中には衝突中の銀河もあるにはありますが、この衝突中の話は後回しにして、小宇宙空間に島宇宙がたった一つだけ存在しているケース ほとんどですから、このケースに関してまず、考えてみましょう。
 Secondly, moving on for the Galaxy. The Galaxy also called Island universe. Observed in the universe billions more than the Galaxy is the Galaxy of the most lonely. The Milky Way collision in located in microcosm space in island universe is only one case is almost to talk during this conflict, then let's first, regarding this case.
〔1〕小宇宙空間に島宇宙がたった一つだけ存在しているケース
 銀河にも重心点Pが存在します。その重心点に巨大なブラックホールがあるはずだ!ということになっています。ブラックホールがあるかないかの議論は別にして、多くの銀河は渦を巻きながら回転しています。まるで薄いディスクの様な状態で回転しています。
 回転しながら、100億年、1,000億年と経過する内に、☆星々☆が互いに引き合って、中央付近に寄り集まって来ます。途中で中性子爆発を起こす★星★もあります。しかし、その重心点P2も、銀河の中央〔重心点P〕付近に次第に寄り集まって行きます。(これに気が付いてアインシュタインは『マズイ!宇宙項を追加して、つじつま合わせをしておこう』と、あの時思ったらしいですね)。
[1] case Galaxy microcosm space exists only one island universe in Center of gravity point P. That gravity should be a giant black hole!" that has become. Many galaxies are running swirling, apart from the discussion of whether or not the black hole.  In a State such as thin disk rotating. Passed 10 billion, 100 billion, while turning in stars act on each other, in the middle of the coming year. Make a neutron blast on the way star also. However, its center of gravity point P2 is the Galaxy's central [Center of gravity point P] go gradually got near. (In this Einstein "bad! seemed to add to the cosmological', seems to be thought that it is).
 兎に角、1,000億年も 9,999億年も、という長い年月が経過する内には、銀河の重心点Pの小さな領域に島宇宙(銀河を構成する諸々の恒星)は一極集中していくのです。
そうして、ついには、その小さく一点に集中したエネルギー体が突然大爆発を起こして、新たな時代が幕開けするのでした。これがいわゆる「天地創造」と言われるものです。
 如何ですか、暗黒物質や暗黒エネルギーという言葉を使わないで、ミニビッグバンが論理的に語れたでしょ。(^o^) 。ビッグバンは大嘘ですが、銀河の再生や中性子爆発では、いわゆるミニビッグバンが語れるのです。
 その間ずーっと、銀河の重心点Pは変化しなかったですね。天地創造以降も(天地創造以前も)、銀河の重心点Pは変化しないのです。
 It is in anyway, 100 billion years expires 999 billion years is a long time in a small area in the center of gravity points P Galaxy Island universe (to configure Galaxy of stars) 1 concentration and will. And, finally, that converges the smaller energy body is suddenly caused the explosion, but a new era of curtain open did.  It is this referred to the so-called "Creation". What is dark matter and dark energy term without big bang mini has logically made? (^o^). Is the big bang is a big lie, but playing for the Galaxy and neutron blast that talk about the so-called big bang mini. Meanwhile It was did not change gravity points P Galaxy. Creation does not change gravity points P Galaxy (before the creation too), since it is.
〔2〕島宇宙が二つだけ存在しているケース
 島宇宙U1と島宇宙U2とが存在し、各々の重心点がP1、P2だったとしましょう。
島宇宙が唯一ひとつだけ存在する〔1〕の例では、重心点Pが慣性運動をしていても、基準がありませんから、評価のしようが無かったのですが、島宇宙が二つになると、慣性運動を相対性原理で捕らえることが出来るようになります。即ち、島宇宙U1の速度ベクトルV1と島宇宙U2の速度ベクトルV2とが存在し、各々の重心点P1、P2が、ベクトルV1,V2方向に慣性運動をしている、と記述出来ることになるのです。
[2] each of the center of gravity was P1, P2, and there exist only two island universe case Island space U1 and U2 Island universe and. Island universe exists only one [1] of can be to evaluation criteria there is no example, Center of gravity point P have inertial motion is no island universe becomes two, inertial motion capture in the principle of relativity. In other words, can write and present velocity vector V1 Island universe U1 and U2 Island space speed vector V2, to inertial motion vectors V1, V2, but their center of gravity points P1, P2, and is.
Photo
 これは、船の衝突に関する絵です。船の形がベクトルに似ているので、例として分かりやすいでしょう。慣性運動をしている船同士がこのような位置関係にあれば、衝突の危険性があるのですが、その衝突確率が非常に小さいことは経験上知っていますね。船同士の場合は海の上という平面上での話です。島宇宙二つが各々慣性運動をしている場合には、上下方向へのずれオフセット)があるので、恒星同士・惑星同士・銀河同士が衝突する可能性はほとんどないのです。
 This is a picture of ship collision. And because the shape of the ship is similar to the vector example, easy to understand. Is there risk of collision between the ships have inertia, if such positions, the collision probability is very small that is preventable. If the ships is talking on the plane on the sea. Space Island one is unlikely because if you each have a inertia has vertical deviation (offset), stellar, planets, and galaxies collide.
(2‐1)『島宇宙U1と島宇宙U2との間には、万有引力が働くから衝突しやすいのではないか』という質問ですか。
 鋼鉄船と鋼鉄船の間にも万有引力は働いていますよ。しかし、『船同士が引き合って衝突に至った!』なんて話は聞いたことがないでしょ。それくらい、万有引力は小さいのです。
 "Easy-to-hit from work between the island universe U1 and U2 Island universe, gravitation is not?" that question? Universal gravitation works between the steel and steel ships. However, the "ships Act, led to a crash! ' I heard the story! Is it the smaller gravitation.
(2‐2)『現に、銀河同士が衝突している証拠写真は何枚も雑誌に掲載されているじゃないか』という質問ですか
 数千億個の銀河を調べてみて、高々数十枚の衝突現場写真が見つかっただけの話でしょ。衝突確率を計算すれば、数千億÷数十 =百億 なのです。1億円の宝くじに当たる確率(1千万人に1人ぐらい?)よりも遥かに小さいじゃないですか。
 Question, "are many photographic evidence, that the galaxies will collide Magazine listed it's not?'? Check out the hundred billion galaxies, we found dozens of crash scene photos were. Calculate the probability of collision. 500 billions ÷ 50 = 10 billion is. Probability of winning the lottery of 100 million yen (10 million people around one?) Even better is not it less far.
(2‐3)『銀河は巨大なんだぞ。あの大きな銀河が衝突している事例が数十枚見つかっているのを無視して議論するのは可笑しい』という抗議ですか。
 「銀河衝突事件の真相」というお話をしました。覚えていますね。銀河はスカスカ なのです。宝くじに当たる確率で銀河同士が偶然に衝突したとしても、お互いの身体の中を亡霊の如くにエネルギー体がすり抜けて行くだけって皆さん納得してたじゃないですか。
 "I'm a huge galaxy. Funny and neglect have found dozens of cases that large galaxies are colliding, to discuss the new ' that is the protest.
 To say the truth of the Galactic collision, you remember. It is a lean of the Milky Way. Like ghosts through each other's bodies have clashed with the milky way each other by chance with probability of winning the lottery, it's only ride through energy body is what everyone is convinced you are not.

 この〔2〕項のまとめです。
 島宇宙が複数個存在していたとしても、その各々の島宇宙は等速度の慣性運動をしているだけであって、進路ベクトル(V)は全く変化しません
 This [2] is a summary of the section. Island universe had existed several pieces and even the island universe of their respective inertial motion velocity of just the direction vector (V) does not change at all.
〔3〕『銀河重心点ブラックホールとの関係について教えて下さい』という質問ですか。
―― お答えします。
 銀河の中心には必ずブラックホールがあります。そのブラックホールのサイズはシュワルツシルト半径でもって一般的に現わされるのですが、太陽ブラックホールサイズの数百万倍から、数千億万倍以上まで、大小様々です。銀河の質量に正比例してブラックホールは存在する、ということに、学問世界では認められています。
 一方、『銀河という小宇宙は、長い年月をかけて重心点Pに向かって収斂していき、ある時点で突然に爆発して、栄枯盛衰を繰り返していく』というお話をしてきました。しかしその間、重心点Pは等速の慣性運動をしているだけなのです。
 次の表は、シュワルツシルト半径で現わしたブラックホールのサイズと銀河の重力圏のサイズとを並べてみた表です。
〔3〕Is the question "tell me about the relationship between gravity points P Galaxy and black hole'?
―― The answer. Always black hole in the center of the Galaxy. Is generally shown in the Schwarzchild RADIUS is the size of a black hole, but millions of times the Sun black hole size, 0 times, size range is from.  Directly proportional to the mass of the Milky Way, black holes exist, that are recognized in the academic world. On the other hand, "microcosm galaxies over time, converge toward the center of gravity point P at suddenly to explode and repeated ups and downs ' that has been the story.  However, during that time, have inertial motion velocity of Center of gravity point P is just that.
 The following table is the table showed the Schwarzchild RADIUS,
black holes and Galactic gravitational sphere sizes and Jonny.

Black_hole
 太陽のブラックホール(シュワルツシルト半径)は3Kmであり、太陽の重力圏の半径は0.106Ly(レイヤー)です。
 地球のブラックホール(シュワルツシルト半径)は9mmであり、地球の重力圏の半径は約300万Kmです。地球が身近で分かりやすいですね。ブラックホールってこの位:0.000009Km、小さいのですよ。《 太陽の質量になれば(その質量比を掛け合わせれば)太陽のブラックホールサイズが3Kmだと算出できます。》
 Black hole Sun (the Schwartzchild RADIUS) is 3 Km, radius of the solar gravitational sphere is 0.106 Ly (layer). Black holes in the Earth (the Schwartzchild RADIUS) is a 9 mm, about 3 million Km is the radius of the Earth's gravitational sphere. Earth is close at hand, it is easy to understand. Small black hole this place is. "You can calculate it if the mass of the Sun (its mass ratio if) Sun black hole size is 3 Km."
銀河でも、銀河団でも超銀河団であっても、ブラックホールサイズはこの程度に小さいのです。しつこいですが、繰り返します。
 地球の半径は 6,370Kmであり、その地球のブラックホールのサイズはわずか9mm=0.000009Kmという小ささなのですよ。その同じ比率でもって、銀河・銀河団・超銀河団ブラックホールが存在しているのです。
 納得できなければ、地球の重心点を中心に半径9mmの球を思い描いてごらんなさい。『それは重心点と実質的に同じだ!』と考えて一向に差し支えないでしょ。
 銀河であっても同じです、銀河のブラックホールとは、銀河の重心点そのものであったのです!
 もっとはっきりと言ってしまいましょう。
銀河のブラックホールとは、銀河の重心点に存在する重心という特異点そのものであった、ということです。
 Also in the milky way, galaxies also, supercluster of galaxies, even black hole size to this extent is small.  Again,. Smallness is just 9 mm is the size of the black hole of the Earth is the Earth's RADIUS is 6370 Km.  Black holes in the galaxies and Galaxy-supercluster of galaxies exist in the same ratio, it is. If you disagree, the center of gravity of the Earth mainly 9 mm radius sphere envision the look.. "It's practically the same and gravity!"  You think that he can afford to.  Galaxy is the same no matter and black holes in the Milky Way Galaxy Center of gravity point in it is! Let's say more clearly. That was the singular point itself is the center of gravity in gravity of galaxies and black holes in the Milky Way is.

特異点( Singular Point )の定義( definition )
結論:光速一定の原理「C≡⊿L/t=Const.」から考えれば、「特異点」は、以下のように定義されます。即ち、特異点とは、『時間の変動⊿t と距離変動⊿Lとが限りなくZEROに近い状態』である。∴特異点とは、『モノの重心点そのものである』。
Conclusion: the principle of the constant speed of light " C≡⊿L/t=Const." from if you think the word: "singularity" is defined as in the following. Namely, singularity is the state: "Both time change t and distance change L are very close to the ZERO State ' is. Singularity is just the "Center of gravity point of the matter itself '.
無限大・無限小の定義:「これ以上大きい数は考えないことにしましょう。これ以下の小さい数は考えないことにしましょう」との関係で定義するならば、特異点は、フィボナッチ実数列の最初の数《0.000・・・0001》に該当する。
Definition of the infinite and infinitely small: "Let's not think is larger than this number. Let's not think small number less "with defined in relation to, Singularity is first few Fibonacci real" 0.000... 0001 "to true.

|

« 村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy. | トップページ | 宇宙最大のミステリー2 なぜ左巻きばかり?Universe's biggest mysteries 2. In this world why left-handed but more?陽電子は無理矢理作らないと出来ないのは何故?負時間は地上の何処に存在?虚数時間の前に負時間の世界を探すべき!E (negatron) just there. Of the Positron is forced to make impossible? Negative time where? Imaginary time? »

fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73641776

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河の重心点は大昔から未来永劫まで変化しない!Gravity point of the Galaxy from a long time ago does not change until eternity! "Singular point" "gravity in the galaxies" 銀河のブラックホールは銀河の重心点に存在する(特異点)そのもの!:

« 村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy. | トップページ | 宇宙最大のミステリー2 なぜ左巻きばかり?Universe's biggest mysteries 2. In this world why left-handed but more?陽電子は無理矢理作らないと出来ないのは何故?負時間は地上の何処に存在?虚数時間の前に負時間の世界を探すべき!E (negatron) just there. Of the Positron is forced to make impossible? Negative time where? Imaginary time? »