« フィボナッチ坊やが語る『オタマジャクシ宇宙論』の目次。Table contents of “Fibonacci Sonny talks about tadpoles’ universe theory”. | トップページ | 村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy. »

2018年6月 9日 (土)

第四章、月は地球の重力圏内で遊んでいる!Chapter IV a month are playing within Earth's gravity!

 41地球重力圏、太陽重力圏の大きさ
 
“時間軸の矢の伸び縮み”と“重力”とは同じもの
The magnitude of the Earth's gravitational circle. The size of the solar gravitational circle. The contraction of the time axis and the same thing as gravity!
  地球の重力圏と太陽の重力圏に関してフィボナッチ数列ルールを使って検討しています。『月は地球の重力圏内にあって地球の周りを回っている』という常識にあった重力圏の定義が導けました。ウィキペディアは重力圏の定義を至急訂正すべきでしょう。
Summary: We are considering using Fibonacci sequence rules for the gravitational sphere of the earth and the gravitational sphere of the sun. The definition of the gravitational circle was in common sense that the moon was around the Earth within the gravity of the Earth. Wikipedia should immediately correct the definition of the gravitational circle.

 前回 このブログで、『時間が1秒経過したと思ったら、実際には0.33秒しか進んでいなかった』として地球のブラックホールのサイズが9mm だと求まりました。
 Last time, in this blog, "I thought after the second time, is in fact only 0.33 seconds did not spread' 9 mm is the size of the black holes in the Earth and obtained.
 Also, the magnitude of gravity is proportional to the mass of the star. Using the law of universal gravitation, we have confirmed that the radius 9mm corresponds to the size of the black hole in the gravitational field of the sun: 3Km.
 また、《重力の大きさはその星の質量に比例する》という性質〔万有引力の法則〕を使って、半径9mmが、太陽の重力場におけるブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径:3Km〕に対応することも確かめました。
  mass of Sun( 太陽 ) M11.989×10^30 kg
 mass of earth( 地球 )M25.972×10^24 kg
  M1/M2 = 0.333 x 10^6 = 333 x 10^3
  ∴ 9mm x 333,000 = 3,000,000mm =3Km
 と確かめたのでしたね。We certified like that.
 この相似形の関係を保ちつつ、0.000000000445secの時間の進み遅れが得られる3Kmに対応する半径をYとして求めてみましょう。
While maintaining this similarity, let's look at the radius corresponding to the 3 km of 0.000000000445 sec time delay.
  Y0.000000000445sec = 3Km x 0.33sec
    ∴ Y2,225,000,000Km = 22.25Km
この22.25Kmという距離が、0.000000000445secの時間の進み遅れと対応しています。そこで(逆に)、〔0.000000000445sec〕が誤差範囲内の〔0.000000000001sec 〕に収まってしまう距離〔太陽の重力圏〕を求めてみましょう。
 Corresponds to lead-lag time of 0.000000000445 sec 2225000000 Km away.
Therefore (Conversely), [0.000000000445 sec] within the range [0.000000000001 sec] to distance manipulators [solar gravitational sphere] Let's start by asking.

    ――― Table-1 ―――
太陽の重力圏計算》《the gravitational sphere of the sun
 Distance from the Sun Time’s delay
 太陽からの距離   時間の進み遅れ
22.25Km  ⇔   0.000000000445sec
x4.17= 92.8Km  ÷4.17= 0.000000000107
x4.17387Km   ÷4.17= 0.000000000026
x4.171613Km  ÷4.17= 0.000000000006
x4.176730Km ÷4.17= 0.0000000000015
x1.5 =10,000Km   ÷1.5 = 0.000000000001
最小単位を誤差0.000000000001秒に合わせました。Minimum unit is adjusted to 0.000000000001sec.
 Solar gravitational sphere is 1,000,000,000,000Km obtained I.
太陽の重力圏は10,000Kmだと求まりました
太陽から地球までの距離は、1.5Kmです。 10,000Km÷1.5Km = 6700 〉なのですから、太陽の重力圏は、地球の公転半径の6700の距離までに及んでいると見積もられます。
 150 million Km is the distance from the Sun to the Earth. [1000000000000 Km ÷ 150 million Km = 6700 q's, and the solar gravitational sphere that extends up to the distance of about 6,700 times the Earth's orbital RADIUS is estimated.
 
refferance 参考までに、
天王星、海王星の軌道半径は、次の値です。

The orbital radius of Uranus
 天王星の公転半径:2,871,000,000Km= 29Km Neptune's orbital radius 海王星の公転半径:4,495,000,000Km= 45Km
全ての太陽系惑星は、太陽の重力圏内の極狭い範囲に すっぽりと埋まり込んでいるのが分かります。 All solar system planets are completely filled with a very narrow range of gravity within the sun.
6700ではイメージし難いでしょうから、%表示で表現してみせましょう。1÷67000.00015 = 0.015%〕ですよ。太陽の重力圏の重心点から、わずか0.015%だけ離れたところを、地球は動き回っているのです
 [1 ÷ 6700=0.00015 = 0.015%] is. It is the Earth and the Moon is moving away from the center of gravity of the solar gravitational sphere only 0.015%.
 この事を、別の言葉で表現すると、以下のような文章になります。
『太陽の重力場の中で、地球の公転位置(1.5Km)のところに小さな特異点〔ミニブラックホールとみなせるような極小の時空間の歪みがあって、その極微のミニブラックホール内部で地球や月が、動めいているのでした。』
 Expressing this in other words is the following sentence.
"In the gravitational field of the Sun, Earth's orbital position (150 million Km) where small singularities [minimum space-time mini black hole and can be regarded as such] of mini black holes in the Earth and the Moon hide a motion so that. '

 以前のブログで、『GPS計測システムでの最小時間単位0.000000000001secの誤差範囲内に時間の伸び縮み具合がおさまってしまう距離(地球の重力圏)は、半径約290Kmである』と求めています。これを太陽の重力圏10,000Kmと較べると、
 290Km÷10,000Km0.000003  0.0003% 地球の重力圏がいかに小さいかということが分かりますね。
 In a previous blog, we are looking for a distance (the gravitational circle of the Earth) that will shrink in time within the error range of the minimum time unit 0.000000000001sec in a GPS measurement system (approx. 2.9 million kilometers).
 This is the gravitational circle of the sun. Compared, 2900000 Km
0.000003 0.0003%
  You can see how small the gravitational sphere of the earth is.
 この0.0003%という数値は、ブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径〕での割り算: 9mm÷3Km0.000003 0.0003% の計算でも得られるのです。
「宇宙は相似形」なのですから当然です。重力があるという事と、時間軸が伸び縮みしているという事とは、同じことだという事、納得出来ましたか。
 The number of 0.0003% is divided by the size of the black hole in the Schwartz radius: 9mm/3 Km = 0.000003 0.0003% calculation.
This is the similarity. The thing that there is gravity, and the thing that the time axis is contracted is the same thing, and did you consent?

 まとめです。Summary.
(1)
フィボナッチ数列ルールを使って整理すると、色んなサイズの宇宙の時空間が皆相似形であると分かる。
 When you organize using the Fibonacci sequence rules, you can see that the time space of the universe of various sizes are all similar.
(2)
GPS衛星での時間の進み遅れの値を使って、地球の重力圏の大きさも、太陽の重力圏の大きさも、フィボナッチ数列ルールで求めることが出来る。
 Using the value of the time delay in GPS satellites, the size of the gravitational sphere
  of the earth and the magnitude of the gravitational circle of the sun can be requested
  by the Fibonacci sequence rule.
(3)
、重力圏の大きさは、その星のブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径〕に比例する、という計算からも求めることができる。
 The magnitude of the gravitational circle can be calculated proportional to the size of the black hole of the star [Schwartz silt radius], too.
 時間というベクトルが質点から放射状に出射していて、時間軸が伸び縮みしているという事と、アインシュタインの時空間が曲がっているという事とは同じだったのです。
 It was the same thing that the time space of Einstein and the time of the vector arrow had gone out radially from the quality point, and the temporal axis contracted, and it bent.
 剛体の重心点に質量は集中しているとして力学が扱えます。星の質量が分かると同じように剛体の質量は分かりますので、どの程度その物体に近づけばその物体質量の影響が現れるかを算出することができるような環境が整って来たように思います。
 Moreover, the Milky Way is a movement (rotation) like one rigid body. There is a center of gravity in the Milky Way, and it can be guessed that the arrow of the time axis emits radially from the center of gravity.
また、銀河も1つの剛体であるかの如き動き(回転)をしています。銀河にも重心点があり、その重心点から時間軸の矢が放射状に出射していると推測できます。
次回は、銀河系やお隣のアンドロメダ銀河に関して、重力の及ぶ範囲(重力圏)を計算してみましょうNext time, let's calculate the range of gravity (gravitational circle) for the Galaxy and the Andromeda galaxy next door.
           2017 5/10
Question? Please.質問ですか。どうぞ。
「ウィキペディアで『重力圏』をキーワードにして検索すると『(太陽に対する)地球重力圏の半径はおよそ26kmとなる』と出ていました。大山宏さんが導かれた値『地球の重力圏は半径約300Kmである』とは大きく異なるのですが、どう解釈したらいいのでしょうか?」
 When I search the "gravitational circle" in Wikipedia as a keyword, it came out that the radius of the Earth's gravitational sphere (for the sun) would be approximately 260,000km. Mr. Hiro. Oyama's value is very different from the gravitational sphere of the earth, which is approximately 2.9 million km in radius, but how should we interpret it? "
 Good question. I’ll reply.
的を突いた良い質問です。お答えしましょう。
我々はこれまで、『時間というベクトル矢が質点から放射状に出ていて、時間軸の矢が伸び縮みしている』ことを検討して来たのです。その検討の結果、『アインシュタインの時空間が曲がっている』という主張と時間軸が伸び縮みしている事とは同じことだったと導き出せたのでした。
 We are now considering that the vector arrow of time is radiating from the quality point, and the arrow of the time axis has shrunk.
As a result of the examination, it was able to lead to the insistence that "Einstein's time Space is crooked" and the thing that the time Axis was contracted was the same thing.

 月までの距離は38kmであることはご存知でしょう。地球の重力圏が26kmであったら、月は地球の重力圏外にあることになってしまうでしょ。それでも月は地球の周りを回っていることを説明するためには、3体問題というもの凄く分かり難い説明をしなければならなくなるのです。実際にウィキペディアでは、その屁理屈が書かれていますが、これは一般人の理解をはるかに越えたものです。
 You know that the distance to the moon is 380,000km. If the gravitational sphere of the Earth is 260,000km, the moon will be outside the gravity of the Earth. But in order to explain that the moon revolves around the Earth, it is necessary to explain the three-body problem very hard. In fact, Wikipedia has a quibble, but it's beyond the public's comprehension.
 そんな説明をわざわざする代わりに、『現実に月は地球の周りを回っている』という我々のイメージに合った重力圏の定義をすべきなのですウィキペディアには『…、複数の天体がある場合に、特定の一天体の及ぼす重力による影響が他の天体による影響の総和よりも卓越する領域を、その天体の重力圏と言う。重力は遠距離力であって無限遠まで到達するから、1つの天体のみで重力圏を考えることは意味がない』って書いてあったでしょ。
 この定義の方が間違っているのです
 Even if you don't bother explaining that, we should define a gravitational circle that fits the image of the moon actually turning around the earth. Wikipedia says, "... when there are multiple celestial bodies, the gravitational effects of a particular celestial body are more prominent than the sum of the effects of other celestial bodies," said the celestial sphere of gravity. Since gravity is a long distance force and reaches infinity, it is meaningless to think of the gravitational circle only with one celestial body.” It was written.
 This definition was wrong.
 我々はGPS衛星に積んである時計の遅れ進み0.000000000445秒を使って、ウィキペディアの、『1つの天体のみで重力圏を考えることは意味がない』との主張が間違いであることに気が付いたのです。
 ウィキペディアさんは早急に「地球の重力圏は半径約300Kmであり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています」という説明文に訂正なさるべきなのです。
 We use the delay of the clock which is piled on the GPS satellite, using 000000000445sec, and the claim It is meaningless to think about the gravitational zone only by one celestial bodyof Wikipedia, we noticed that the claim was a mistake.
As soon as Wikipedia says, "The gravitational sphere of the earth is about 3 million km in radius, and the moon is around the Earth in its gravitational range," and should be corrected.


42月の重力の影響が及ぶ範囲、スウィングバイ航法〔月の重力圏〕宇宙旅行。
 
Moon's gravity area, Swing-by, Space travel.
  『ウィキペディアさんは早急に「地球の重力圏は半径約290Kmであり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています」という説明文に訂正なさるべきなのです。』という文章をブログに掲載したら、クレイムが付きました。そこで、月の重力の影響が及ぶ範囲をフィボナッチ坊や流儀で求めてみたのです。
 "Is Wikipedia's should you corrected soon description going around the Earth within its gravity, is the Earth's gravitational sphere is about 2900000 Km radius." That was the claims if a sentence is posted on the blog,.
 So it is effect of the Moon's gravity was requested in the Fibonacci-boy style.

(moon)の質量M3 = 7.36 × 1022 Kg
地球(earth)質量M25.972 × 10^24 kg と、ウキペディアWikipediaに出ています。
 M3/M2 = 7.36 × 1022 Kg÷5.972 × 10^24 kg
       = 1.23×10-2 
この数値を、地球の重力圏半径290Kmに掛け算すれば、月の重力圏(重力の影響が及ぶ範囲)は求まります。290Km1.23×10-2 = 3.6Km が月の重力圏だということになります。随分と小さな半径であり、地球の重力圏【半径290Km】の中にすっぽりと埋まり込んでいるのが分かりますね。このフィボナッチ流儀の重力圏定義の方が宇宙旅行には便利でしょ。
 This number, multiply in the Earth's gravitational sphere RADIUS 2,900,000 Km Moon gravity area (range of gravity) is obtained will. 2,900,000 Kmx1.23×10-2 = 3.6 Km on gravitational sphere that is. As you can see in the Earth's gravitational sphere [2,900,000 Km radius: crowded buried completely, and with a very small radius. Gravity defined Fibonacci method more convenient to travel in space?
 例えば、地球をロケットで出発してしばらくの間は地球の重力支配の下で飛んでいますが、月からの距離が月の重力圏【半径3.6Km 】内に入ると、地球の重力のことは忘れて、月との相対運動だけを考えればいいのですからね。
 For example,
depart Earth in a rocket, under Earth's gravity in flying for a while, but I'll forget about Earth's gravity and distance from the Moon enters the Moon's gravity [36000 Km radius] within the only relative motion and may think.
 これが、現在のウィキペディアさんの定義:(太陽に対する)地球重力圏の半径はおよそ26kmとなる』では、何が何だか分からないでしょ。
『それがどうしたと言うの?月までの距離は38kmあるのに26kmに何の意味があるの?』ということになってしまいます。
 月ロケットが出発する前の航路計算の時にも、26kmという値がちっとも役に立たないでしょ? 
『太陽・地球・月の3体問題』を解いて導かれた結果らしいですが、こんな複雑な定義は早急にウィキペディアを訂正すべきです、と話したのでした。
 This is Wikipedia's current definition: "be around 260000 km is the radius of the Earth gravity to (Sun)' right now, you don't know what.
"What did it say? 380,000 km is the distance to the moon have 260,000 km, mean anything? '
 
 It would take it.
 When they calculate the route prior to departure a moon rocket, 260,000 km values at all useless? "3 pieces of Sun-Earth-Moon problem" was talked about and is led and solve the results, but this complex definition should be corrected Wikipedia soon.

 アインシュタイン思想では、『2つの天体(地球と月)重心点が太陽の周辺を等速度で動いているのであって、月旅行をする時には太陽のことを考えなくてもいいです』という事になるのですから、便利で分かりやすいでしょ。
 Einstein thought that "the gravity of the two objects (the Earth and the Moon) solar moving at uniform velocity are good to think that the Sun in time to travel to the Moon, even if ' that is to be useful and easy to understand, right?
 アンドロメダ銀河まで、ロケットで旅行することを考えてみましょう。その場合には、ただひたすらアンドロメダ銀河を目指せばいいのです。
 確かにその航路上には様々な星が存在しますが、燃料節約のスウィングバイ航法に活用する場合を除き、その星の重力圏内に入らなければいいのです。そして、天の川銀河を抜けると星々がほとんどなくなります。約200Kmの区間は、星に遭遇することもなく、退屈な旅になるのでした。
 Consider that the Andromeda Galaxy away in a rocket. It is in that case, just just the Andromeda Galaxy aimed at Nice. Gravity within walking distance of the stars do not like unless you use swing-by navigation fuel economy certainly exists many stars on its route, but it is. And almost no stars out of Milky Way Galaxy. Without 2 million km intervals encountered star had become a tedious journey.
 "As the swing-by navigation?" Is the question.
 『スウィングバイ航法とは?』という質問ですか。
ウィキペディアには、以下のように出ています。
スイングバイ(英: swing-by)とは、天体の万有引力を利用して宇宙機の運動方向を変更する技術。天体の公転運動を利用することで宇宙機を増速あるいは減速することができる。…
Wikipedia is out as below
. Gravity assist (English: swing-by) and celestial gravitation to change the direction of motion of the spacecraft technology. By using the orbital motion of the celestial spacecraft, acceleration or deceleration to can. ...
 
 要するに、スウィングバイ航法とは
地球の引力圏を抜け出るまでは月の万有引力を利用してロケット速度を増し、太陽系を抜け出るまでは、惑星の万有引力を利用してロケット速度を速める。そして、銀河系を抜け出るまでは、恒星の公転運動を利用することでロケット(宇宙機)増速するという航法のことです。
 そして、アンドロメダ銀河内に入ったら逆に、恒星の公転運動を利用して宇宙機を減速していくのです。こうすると、燃料節約ができるのです。
 In short, by using the gravitation of planets until the increased rocket speed until out of the gravitational influence of the Earth swing-by navigation and using the universal gravitation of the Moon, out of the solar system, rocket speed.
 And the rocket (spacecraft) to increase speed until out of the Milky Way Galaxy using the orbital motion of the stars in the navigation.
And once in the Andromeda Galaxy, using the orbital motion of the stars is to slow down the spacecraft.
 It is possible, and fuel savings.

discussionディスカッション4-2-1 Discussion
 スウィングバイ航法の適切な説明になっていますね。同時に、重力圏の定義はフィボナッチ流儀の定義が便利であり、理にかなっているのが納得できました。早急に、ウィキペディアさんは『重力圏の定義』を、フィボナッチ流儀に改めるべきだと私も思います。
月の重力圏は月の中心から半径3.6Kmである。地球の重力圏は半径約290Kmであり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています』なるほどね。これは便利ですね!
    投稿:八尾
| 20176 61049
  It is an appropriate description of the swing-by navigation. At the same time, Fibonacci style definition is useful in the definition of gravity, was convinced that makes sense.  Wikipedia's definition of gravity in Fibonacci style should change soon. Moon gravity area is 36000 Km radius from the center of the moon.
Earth's gravitational sphere is about 2900000 Km radius, going around the Earth within the gravity of the Moon! I see. Hope this is useful!

43銀河の重力圏,「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均Galaxy's gravity is too large?  "Fibonacci space fun"  geometric mean. 

44時間軸の矢等時間面に直交してる! アインシュタインがこの世に残した思想とは? Arrow of time is orthogonal to the Equivalent-surface of time.
  アインシュタインの思想:『時空間は曲がっている(歪んでいる)』という思想を玉ねぎの皮に例えて小中学生にも分かるように説明しています。時間軸等時間面に直交しているのがイメージできると思います。
Summary: Einstein's thought: "bent time and space (distorted) ' of thought compared to the skin of an onion, in the elementary and middle school students, can be explained. The arrow of time, I think that image is orthogonal to the Equivalent surface of time.

 E
MC^2 で知られるアインシュタイン時空間の概念を完全にひっくり返したのです。『時空間は曲がっている、歪んでいる。』どころの話ではないのですよ。
 これまで「幾何学」と言えば、3次元空間の図形をイメージして扱う学問でした。彼は、この3次元空間に追加して時間軸を持ち込んだのではなくて、まず時間軸を真っ先に設定し、その時間という次元と3次元空間とを同列に扱うことを提唱したのです。
 Einstein, who is famous by E=MC^2, he tipped the concept of the space-time completely.
"Time and space is bent and distorted." Things in it is not talking about.
Was ever put "geometry" and the 3-d shape a handle. He proposed that, rather than add Time in 3-dimensional space but time brought first and set the time first and foremost, on a par with the dimension of time and 3-d.

 時間軸の矢は質点から出射し、空間長さ比例で伸び縮みしながら広がっていると、彼は述べたのです。この「時間軸が伸び縮みしながら」という概念が世の学者先生たちには、中々受け入れてはもらえないのでした。「GPS衛星の時計の進み遅れのデータで時間軸が伸び縮みしている」現実を目の当たりにしている現在でも、相も変わらず宇宙論議に、地球上で体感する等間隔の時間流れのイメージ(流儀)を引きずっておられるのでした。
 Time's arrow from mass shoot out, and spread out, and stretch in the spatial length proportional said he. This concept of "time stretch while" scholars ahead of the world wouldn't have accepted to teachers, they did. They are trailing space discussion, experience on the planet, have witnessed reality "in the lead-lag of GPS satellite clock data time stretch" now but still equally spaced time flow image (style).
 その最たるものは、『光速度C30Km/sec で一定だ』という100年前の経験則でした。ブラックホールの中に光は引き込まれてしまう。➡ならば、その引き込まれた光の速度は30Km/sec 未満であろう。』ということさえも彼ら物理学者は推察できないのです。
 Exemplified the "speed of light C is 300,000 Km/sec at certain ' that was the rule of thumb of 100 years ago. "Light into the black hole. If the speed of light was drawn 300,000 Km/sec will be under. "That it even is not suggested by physicists.
137億光年の辺りにある銀河も光を発しているはず。➡その辺境の銀河のところに移動してみると、やはり137億光年の半径を持つ宇宙空間が存在しているはずだ』という素朴で自然な発想もできないで、ビッグバンというまやかし論議を100年間も続けて来ておられるのでした。《その延長線上の暗黒物質・暗黒エネルギーに至っては論外というべきしろものです。》
 改めて申しますが、超新星爆発や銀河宇宙の誕生時の爆発は否定していません。
 
それらの爆発は言うなれば、ミニビッグバン呼ばれるべきです。恒星進化論の中での爆発もミニビッグバンと呼ばれるべきでしょう。
 "Should be shining Galaxy located around the 13,700,000,000 light years. is there space and try to move its frontier Galaxy so far still have a 13,700,000,000 light year radius should be' that was not rustic, natural conception, the fake debate big bang that for 100 years keeps coming up they are. It should be said the extension line dark matter and dark energy are out of the question forever.Once again my name is doesn't negate the supernova and the explosion at the birth of the Galactic universe. Saying those explosions, it should be called the big bang mini. Should be known as the big bang mini explosion in stellar evolution.
 これらの小宇宙爆発と、137億光年のサイズに該当するビッグバンとは次元が全く違うのです。大宇宙に始まりも終わりもありません。アインシュタインは相対性理論の中で、そのことをくどいくらいに主張しているのです。もうそろそろ気が付かないと、UFOに乗って我々を見ている〔先史以前に地球上に居住していた先住民である〕エイリアンたちに愛想をつかされてしまいますよ。
 The big bang a true microcosm of these explosions and the Big Bang of the size of 13,700,000,000 Ly have different dimensions. Also beginning in the universe, no end. Is the Einstein theory of relativity in the claim again as that. Soon notice a UFO ride, they are looking at; Aliens; whose indigenous people lived on Earth ago the prehistoric; who will be in disgrace.
 さて、時間軸の矢に直交するを考えてみましょう。
時間軸の矢は質点(重心点)から放射状に出射していますから、3次元空間内に無理矢理に描けば、同心球面という玉ねぎのような絵が描けます。無理矢理に描くと言った理由は、『時間軸(時間場)の方が3次元空間よりも先に存在していたのに、後から出来た3次元空間の中に時間場の絵を描いた』ので無理やり描いたと言いました。まあ、順序が逆になったのは仕方ないとして、先を急ぎます。
 Consider the surface, perpendicular to the arrow of time. The arrow of time is from the mass (gravity) radiating out can be released from a forced draw in 3-dimensional space, the concentric spherical onions picture drawn. Impossible draw a forced rhyme or reason, "painted a picture of time during a 3-dimensional space is the time axis (time field) that existed ago the 3-dimensional space, but was later" so compulsively drew and said.
 Well, to reverse the order that it is unavoidable and then speed away.

 玉ねぎの皮は何重にも同心球面が重なっていますが、この球面と時間軸のとは直交しているのです。この面のことを等時間面と呼ぶことにしましょう。この等時間面上に点P1つプロットします。その点Pを通り、時間軸の矢の方向に長さの変化分⊿Z等時間面内に⊿X,Yの3つを設定します。すると、そこに3次元座標〔⊿X,Y,Z〕ができますでしょ。
これが、我々が身の回りで感ずる4次元空間なのです。この時、時間軸は⊿Zと重なっているのです。
 AS the skin of an onion is multiply overlapping concentric spherical, the skins of onion sphere (time-sphere) and arrows (time-axis) are with orthogonal. This aspect of, let's call it ‘equal-surface of time’. On this sphere surface (time-sphere) plot one point P. Through the point P, in the direction of the arrow of time shift length of Z, and on this surface X, Y three sets. Then there 3-dimensional coordinates [X, Y, Z] you can. We feel with this is the 4-dimensional space. At this time, is the time(T) is overlapping to Z.
 地球儀を思い浮かべてごらんなさい。
我々はこの地球儀という極薄い玉ねぎの皮の中で生活しているのですが、 [X, Y, Z] はイメージできますね。そして時間軸の矢は⊿Zと完全に一致しているのだと、察しの良いあなたなら納得できるでしょ。
X方向に進んでも、⊿Y方向に進んでも、ある一定時間後には球面を一周してしまいますね。
 では、⊿Zの方向に進んだら(飛び上がったら)どうなるでしょうか。
 Please imagine the globe. We live in this earth a thin onion skin, and the image: [X, Y, Z] you can imagine. And the arrow of time match to Z perfectly, and can tell you if you can convince you. Moving to the X direction or Y direction, you would be around the sphere in a certain time. If you proceeded in the direction of Z (If you jump up)?
 ⊿Z方向には時間軸のが重なっていますから、⊿Zの方向に移動するということは今まで住んでいた等時間面とは少しだけ時間の進み具合(T)が速い隣りの等時間面内に移ることになります。勢いをつけて飛び上がったのですが、次第に勢いが失われて地上に戻って来ます。
もし、地上面がそこになければ、深い谷底に向かって放物線軌道でダイビングすることになりますし、深い谷底もそこに存在していなければ、地球の重心点を焦点とする楕円軌道で半永久的に回り続けることになるのです。
 これが人工衛星の軌道であり、月が地球の周りを周回するゆえんでもあるのです。
 As arrows of the time axis overlap on the Z-direction, so to move in the direction of Z that ever lived means to transfer at another time-sphere (another equal-surface of time): the progress of time only a little bit faster than ever. Back on the ground, build momentum and jumped, but gradually lost momentum.
 If the ground surface is more likely to keep around indefinitely in an elliptic orbit with Earth's gravity to focus and to be out there, dive in parabolic orbit toward the bottom of a deep ravine, there does not exist even the bottom of a deep ravine. It is also a reason why this is a satellite's orbit, and the Moon orbiting around the Earth.

 話が飛んでしまいました。
今の場合、時間軸の矢の伸び縮み具合(T)Z方向への長さの伸び縮み具合(Z)とは完全に比例しています。即ち、⊿Zも⊿Tも共に、地球の重心点からの距離に正比例して伸び縮みしているのです。
 常識的に考えて、X方向への長さの伸び縮み具合(X)も、Y方向への伸び縮み具合(Y)も共に、⊿Zに比例しているのは経験的に知ってますね。《同じ物差しで測っているでしょ》。
ということは、等時間面内という世界に於いては、〔⊿T,X,Y,Z〕の4者は皆正比例の関係になっているということです。
 Flying I was talking about. Now if the contraction so the arrow of time (T) and contraction so long to the Z-direction (Z) and is in proportion to the full. Namely, both Z and T that stretch, too, directly proportional to the distance from the center of gravity of the Earth is.
 Think with common sense, X-direction of the length contraction so (
X), elasticity condition to the Y direction (Y) also both, you know empirically is proportional to Z. "Are measured by the same yardstick."? Said that, in the world of time in-plane [T, X, Y, Z] of is that all 4 visitors are directly proportional relationship.
 地球は半径が6370Kmもあるような馬鹿でかい球面ですから、X,Y軸が曲がっているとは思ってもいないでしょ。でも実際にはカーブしている(曲がっている)のでした。その曲がり方はほんのわずかなものなので、あなたの住んでいる地域内(等時間面内)では、等間隔の目盛り(物差し)を充てても、ちっとも不便なことはないのです。あなたの身近にある30㎝の物差しやメジャーで縦横高さを測って3次元空間を認識しているのでした。
 No you don't think: X axis, Y axis is bent, for the Earth is a sphere the Humongous idiot RADIUS is 6370 km. But is actually curved (bent) so. Turn those few things, so you live in the area (in equivalent surface) is administered equally spaced scale (ruler), you cannot feel wrong-image. Your measuring aspect height is 30cm ruler and measure in close, it was aware of 3-dimensional space.
 時間の伸び縮み(T)に関しても、地球の重心点からの距離(半径)に比例して起こっているのです。この事実を最初に発見したのがアインシュタインです。
 GPS衛星の時計の進み遅れの調整で実用化されているのは常識になっています。
そうであっても、アメリカでも日本でも地上の何処に行っても『時間が伸び縮みしている』なんて思えないでしょ。地下に穴を掘っても、飛行機に乗って移動しても、『時間が伸び縮みしている』なんて思えないでしょ。
 原子の世界を覗いてみても、そこに『同じ時間が流れている』としか思えないのです。
 Time contraction (T), is proportional to the distance (RADIUS) from the center of gravity of the Earth, even going on. "It is Einstein first discovered this fact. Has become a common sense in the lead-lag of GPS satellite clock adjust practical."
 You don't so much, America or Japan where ground "takes the contract'. You don't see it "that stretch time" aboard the plane dug a hole in the basement too, even when you move. Try look into the world of the atom, also there "runs the same time' but you think "runs the same time'.

 ですから、つい100年前まで、『時間は場所にかかわらず一定で流れている』という経験則が物理学の基本になっていたのです。これがニュートン力学の世界観なのです。この世界観は大昔からありましたが、ニュートンが整理して見せただけだ、とも言えるのでした。そして今から100年前に、アインシュタインが『時間軸のが伸び縮みしている。時空間は曲がっている(歪んでいる)』ということを発見し、相対性原理として発表したのです。 
     
  2017 6/26 Hiro. Oyama
 Therefore, it is only until 100 years ago, "regardless of where time is constant, running' rule of thumb had basic physics. This is the world of Newtonian mechanics. Showed Newton organized this world view was from a long time ago, but only, at least they can say so. And from now, 100 years before Einstein "to stretch the arrow of time. Bent time and space (distorted) ' it is discovered that, as a principle of relativity announced.

45重力圏と重力場との違い。月と地球は連星?逆さ富士のすそ野。
 Difference between gravity and gravitational field. Moon and Earth's triple?
 The foot of upside-down Mt. Fuji.    2017623  Hiro. Oyama
 
 小学生の児童を相手に、フィボナッチ先生が、連星の軌道や、その重力圏のお話しをしています。逆さ富士も出て来るし、相撲の土俵の例を引きながら、重力圏と重力場の違いを面白おかしく話しています。 Elementary school children to the Fibonacci teacher binary orbits and gravitational sphere talk has. Come out upside-down Fuji and, citing the example of the sumo ring funny talk about difference between gravity and gravitational field.

 以前に、人工衛星を二つに分けて考えて、その衛星が地球の周りを回ることをアインシュタイン思想で説明しました(第3章 人工衛星の心?)。衛星の近日点通過時点速度Vの大きさによって、その衛星が楕円軌道を回るのか、双曲線軌道をたどっていくのかの違いが現れるのでしたね。今日は、「連星」に関してその軌道がどうなるのかという話をしようと思います。
 Einstein's thought discussed ago dividing into two satellites that the satellite rotates around the Earth第3章 人工衛星の心?Artificial satellites in mind and the mind?" ). It was a difference depending on the satellite perihelion passage at speed V, around an elliptic orbit with its satellite, or hyperbolic trajectory to follow. I'm going to talk about that today, "binary" its orbit if it comes.

  連星とは、質量(重さ)の似通った星同士が、お互いの周りを高速で回っている“兄弟星のことです。月は地球の周りを回っている衛星ですが、厳密に言えば連星なのです。ただし、月の質量は地球に比べて充分に小さいので、地球の重力圏の中で楕円軌道を描いて回っているのです。
『月が円軌道ではなくて、楕円軌道を描いている証拠は?』という質問ですか?
満月が時期によって大きく見えたり、小さく見えたりするって聞いたことがあるでしょ。実際にそれを見た人もいるでしょう。あれがその証拠です。
大きく見えているときが、地球に近づいているときです。小さく見えているときが、地球から離れている時期なのです。
 This is the sibling stars orbiting around each other at high speed stellar binaries similar mass (weight). It is a binary is a satellite around the Moon around the Earth, but strictly speaking. However, it is around, because the mass of the Moon is small enough compared to Earth, drew an elliptical orbit in the Earth's gravitational sphere. "The evidence rather than the Moon orbit, an elliptical orbit?" Is the question? You have heard of full moon seem bigger depending on the time and the. There are people who actually saw it. That is the evidence. This is when are readily apparent when approaching the Earth. It is the time away is less visible from Earth.
  さてここで問題です。
 月の質量が地球と同じぐらいの重さだったら、その軌道はどうなるでしょうか?
答えを先に言ってしまうと、から見れば、地球私の周りを回っている』ことになるし、地球から見れば俺の周りを回っている』ということになります。実際に月に着陸したアポロ宇宙船から見ると、月の周りを地球が回っていました。
 世の中すべて、相対的なものなのですから、立場によってそう見えるのです。
今は、月の質量が地球と同じぐらいの重さだったら、という条件で考えています。
その場合は、月から見ても地球から見ても円軌道を描いていることになります。
 Now here is the problem. If the weight of the mass of the Moon is similar to Earth, its orbit will do? Would say the answer to the "if it sees from the earth around me around' thing and, that "if it sees from the Earth, the Moon around me around'. Around the Moon from the Apollo landing on the Moon actually was around Earth. It is because all the world is a relative position it seems. On the condition that now the mass of the Moon and Earth as much weight, then, are thinking. It depicts a circular orbit at that time seen from the Moon, seen from Earth.
 夜空に沢山の星(恒星)が輝いていますが、その多くは連星なのだそうです。
質量が同じくらいの2つの星がもの凄く近い距離に位置していて、互いの周りをもの凄いスピードで回転し合っているのです。でもこの回転現象は、月と地球とがお互いの周りを回っている現象とそっくり(相似形)なのです。
 Plenty of stars (Sidereal) is shining in the night sky, but many of them are binary in it. It is fit and spinning at located at the mass star as two extremely close distance, around each other's charges. Rotation this month and with the Earth and orbiting around each other phenomena like (polygon) of is.
 もっと単純化して、月の質量と地球の質量とが全く同じだったとしましょう。
その2つの天体の重心点は月と地球のちょうど中間点にあるでしょ。
その中間点を中心にして、2つの天体は円軌道を描くことしか出来ないでしょ。
 実際には2つの天体の質量には差があるので、地球は極小さな楕円軌道を描き、 月は大きな楕円軌道を描いているということになるのです。
 More simplified, mass, and the mass of the Earth was totally the same. Gravity point of the two celestial Moon and Earth just a halfway point. By focusing on the middle point, not only draws circular orbit two celestial bodies. Is that actually has difference in the masses of the two bodies, so drew a tiny elliptical orbits Earth, depicts a large elliptical orbit.
 Einstein teacher is further considering the relative rotation of the "it's bent time and space where the mass around. I'm just objects moving in the gravitational field ", explained to 100 years ago.

 アインシュタイン先生は、この相対的な回転運動の現象を詳細に検討した上で、「質量のあるところの周りの時空間は曲がっているのだよ。その重力場の中で物体は運動しているだけだよ」って、100年前に説明したのです。
 重力場って何?」って質問?
 "What is gravity?" What question?
 「重力場って何?」って質問が出たので、先にお答えしておきましょう。
今、大きな星がたった一つだけ宇宙空間にあったとします。
その星からは時間軸のが放射状に出射しているのです。その星の重心点から放射状に時間軸の矢が出射していて、遠い遠い宇宙の端まで影響を及ぼしているのです。このことを「場が張られている。重力の影響らしいので、その場のことを重力場(引力場)と呼ぶことにしましょう」という約束事をしたのです。
 "What is gravity?" So to answer questions, so keep. Now, big star was only one space. From the star time axis arrows radiating out is coming. At arrow of time axis radiating from the center of gravity of the star is having an impact until the end of the far distant universe. This "is a field. Let us because it seems to be the effect of gravity, the gravity (gravity field) called "that is a promise.
 重力は肉眼では見えません。ましてや「時間軸の矢が伸び縮みしています」って言っても、だれもそれを見ることは出来ないのです。でもそんな「場」(すり鉢状の遊び場逆さ富士イメージ遊び場)が広がっていて、その遊び場の中で星々は運動しているのでした。
 Gravity is not visible with the naked eye. It is not possible to do and say "the arrow of time is stretch", who see it. However spreading such "place" (cone-shaped playground: playground of the upside-down Fuji image), because the stars are moving in their playground.
 連星の話に戻りましょう。
2つの連星の運動が、連星の重心点を中心に張られている遊び場の中で起こっているのです。『その遊び場は何が作っているのか』って言えば、2つの星が共同して作っているのでした。自分たちが張っている遊び場の中で、自分たちが回っているのですから面白いでしょ。
 Back to binary. It is happening in the movement of two binary gravity spied around playgrounds. Was made jointly by two stars is what is making the playground? Because you are turning their playgrounds have put themselves in the interesting, isn't it?
  太陽系には、水星・金星・地球・火星・木星・土星・・・と衛星がありますが、太陽とこれらすべての衛星の総質量の重心点が太陽の中心点近くにあるのです。他と比べて太陽の質量が断トツに大きいから、太陽の中心点とほとんど同じ位置に、太陽系の重心点があることになるのです。
 連星では2つの星が自分たちの遊び場を作っていましたが、太陽系では、太陽・水星・金星・地球・火星・木星・土星・・・のみんなで、遊び場〔重力圏〕を作っているのです。
 In the solar system, mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter and Saturn--and have satellite, but Sun and those is Center of gravity of the total mass of all satellites are near the center of the Sun. Is that compared to other solar masses flocked to large, from almost the same position as the center of the Sun, is the center of gravity of the solar system. In binary 2 star was making their own play area, but in the solar system, Sun, mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter and Saturn--everyone in the playground [gravity] that are making.
『先生、今さっきまでは重力場って言ってたのに、急に重力圏という言葉に切り替わったよ。違いは何?』という質問が出て来ました。
 お答えします。
 重力場っていうのは、遠い遠い銀河の果てまで届いている(わずかな影響がある)というものです。スポーツ'すもう'に例えれば、土俵のを描かない状態です。
 "I teacher, now said gravity until a while ago, but rapidly switched to the word" gravity ". What's the difference?' The question came out.
The answer. Is the gravitational field that have arrived to the ends of the galaxy far & far is that (there is a slight impact). It is a State if sports 'Sumo' perspective, not draw a circle of the ring.

 それに対して重力圏という時には、『(はっきりとした限界はないのだけれど)この辺りまでで遊ぶことにしましょう』という土俵のを描いておくことを意味しています。
宇宙船に乗って天王星・海王星・冥王星のそばを通り過ぎると、『長い時間かけて旅しても、ちっとも星らしきものに出会わない』という状態になります。アンドロメダ銀河の近くに来るまでその何もない状態が続くのです。
 It in time for the gravity "(though not clearly stated limits), going to play in this area," that is meant to draw the circle of the ring. Aboard the spacecraft passed by Uranus, Neptune and Pluto, and "over an hour long encounter at all stars supposed to be well traveled, ' that becomes. It is nothing but State continues until the nearby Andromeda Galaxy.
 確かに重力場は無限のかなたまで続いているのですが、「まあ、この辺りまでを遊び場だということにしましょうか」という範囲を決めた方が遊びやすいでしょ。
その範囲の事を重力圏という風に決め事をしました。
具体的には、GPS衛星の時間の進み遅れで決めるのが分かりやすかったのです。その時間の進み遅れ具合が誤差の範囲内に収まる範囲を重力圏と定めたのですよ。
 このような定義をして改めて調べてみたら、天の川銀河の重力圏も、アンドロメダ銀河の重力圏も、銀河団という銀河の集団の重力圏も、頃合いの大きさに定義できたことになっていた。というわけなのです。
 Easy-to-play decision? “Well, until around playground that range is certainly has been beyond the infinite is the gravitational field”, isn't it? The range of things in terms of gravity positioning thing. It is easy to understand, decide in advance of GPS satellite time. Targeted gravity and go late so that time falls within the range of error range. Such definitions, I dug the gravitational sphere of the Milky Way Galaxy and gravitational sphere of the Andromeda Galaxy, gravity area of the Group of galaxies that are time not's was supposed to be defined on the size. It is so.
 ああ、チャイムが鳴ってしまいました。
 今日の授業で覚えておいてほしいことを、もう一度いいます。
連星では2つの星が2人の遊び場を作っていましたが、太陽系では、太陽・水星・金星・地球・火星・木星・土星・・・のみんなで、遊び場〔重力圏〕を作っている事! たった一人で遊んでいる場合には重力圏ではなくて、唯我独尊(ゆいがどくそん)という重力場の中で遊んでいる、と使うのが適当なのです。
 これだけ覚えておいてくれればいいです。
 2017 6/6 Hiro. Oyama
Oh, it rang the chime. Remember in today's class is once again. 2 star was making two playgrounds in the binary is in the solar system, Sun, mercury, Venus, Earth, Mars, Jupiter and Saturn... everyone in the playground [gravity] are making things! It is suitable for use if you are playing alone is not a gravity and are playing in the gravitational field of a superior. You would remember it.
PS重力場とか重力圏のイメージは、「逆さ富士のイメージですよ」と先月のブログに書きました重力という時には、裾野(すその)地球の裏側まで滑らかに広がっている状態を指しています。
重力という時には、裾野が、まあ関東地方一円というところでしょうか。名古屋辺りまで滑らかな裾野が続いている』と考えてもいいのかもしれません。
PS
Image of gravity or gravity wrote a blog last month "it is image of Mt. Fuji".  When gravity is supporting (that) is halfway around the world smoothly indicates the condition has spread. In the gravity zone when range is Kanto region where well? You may think "continues supporting a smooth to the Nagoya area'.

|

« フィボナッチ坊やが語る『オタマジャクシ宇宙論』の目次。Table contents of “Fibonacci Sonny talks about tadpoles’ universe theory”. | トップページ | 村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy. »

Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73619327

この記事へのトラックバック一覧です: 第四章、月は地球の重力圏内で遊んでいる!Chapter IV a month are playing within Earth's gravity!:

« フィボナッチ坊やが語る『オタマジャクシ宇宙論』の目次。Table contents of “Fibonacci Sonny talks about tadpoles’ universe theory”. | トップページ | 村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、【4‐6】 The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy. »