« 【5-6】1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できる。Bending of light through 1φhole. 物質の表面引力。重力場。 | トップページ | 第3章 人工衛星の心?Artificial satellites in mind and the mind?" … Their curves and bends along the arc going' not going at all. »

2018年6月30日 (土)

ソクラテスの妻:the Socrates' wife 「Q」は絵文字 Fibonacci universe フィボナッチ宇宙論の「あとがき」PostScript

 『ソクラテスの妻が天下最大の悪妻であることは?』という議論を、朝飯を食べながら我が新妻としました。
どうして悪妻なの?」
「働かないで、議論ばかりしているからだよ」
「たまには、ソクラテスソクラテスの妻も働いていたのでしょ。どうやってお金を稼いで来ていたの?」
「道路っ端にござを敷いて、目の前に茶碗を置いておいて、通りがかりの人に議論を吹っ掛けるのさ。『もし、お主が私との議論に勝てば、私の全てを差し上げる。命を取るなり、奴隷にするなり勝手にしなさい。その代わり私が勝てば、この茶碗の中にいくばくかの持ち金を入れて立ち去りなさい』ってね。」
「それって乞食じゃあないの?乞食は職業じゃあないわよ

「乞食も立派な職業だよ。知らなかったのかい?現代は平和な世の中だよ、その種の乞食が沢山いるじゃあないか。その議論とか評論だけで飯が食っていけるんだから。
大学教授しかり。牧師や神父様しかり。お寺の坊さんも学校の教師だってその類だよ。本当に平和な世の中だよ。」
「・・・」
"Would be a bad wife Socrates's wife's biggest world?', while eating a breakfast discussion with my wife. 
"Why a bad wife?"
"Have just discussed do not work, because I"
"Right once in a while, Socrates also worked. Was how come earns you money? "
"Road was paved roads on the edge's giving arguments to the passer-by, putting Bowl in front of him, "If you win in discussion with me, I give you everything of mine. Take my life, and that the slaves to liberty. Instead, if I win, this Bowl while some have money, go away '

"It's beggars? Pauper's profession you said."
“It's the beggar a respectable occupation. Do you not know? Today is a peaceful world. There are many beggars that kind of good. I'm in debate and critique only rice to eat.
 University Professor, Yes. Pastors and priests like Yes. Priest of the temple is that of school teachers. It's really peaceful world.”
「・・・」
 Here was this story was certainly the story started. "When you are in the world [0: ZERO] and [1] but does not exist. Try painting a picture in the world.
 0,1,」
"Just drew it in words. Draw in 3D, I'm saying."
" I don't know that.”

確か、こんな話だった、話のきっかけはこうだった。
「この世の中は、〔0:ZERO〕と〔1〕しか存在しないのだ。その世界の絵を描いてみろ」
 0,1,」
「それは言葉で描いただけだろ。3次元空間的に描けって言っているんだ」
わかんないわよ、そんなこと
 "It's a simple story. It can draw only one ball. The inside of the bulb and [point
・・・] clogged. Not exist on what is outside the sphere of being. It is the appearance of the world.
“Why could I say like that”

「簡単な話だよ。球を一つだけ描けばいいのだ。球の内部はぎっしりと〔点・・・〕が詰まっている。球の外部は何にも存在しないのさ。それが世界の姿なのだ」
「どうしてそう言えるのよ?」
「実際にそうなっているからだよ。地球という球体を考えてみろ。中はぎっしりと何かが詰まっているだろう。その球体の外にはスカスカで軽い気体しか存在していない。重さや密度で比べたら何にもない〔まるで〈0〉〕の状態だろう?」
"Is it really because It is. Think of the earth sphere. In it there fulfilled with something-many? But outside its sphere of light, lean gas does not exist. If you compare in weight or density to what not [as [0] would be? "
"Earth has mountains, valleys and very rough? Not very sound in the sphere.”
"But damn. It's a perfect sphere. The height of Mt. Everest 8848 m, the depth of the Mariana Trench is 10,000 meters not just a little. At most ± 10,000 m; virtually no difference between the high and low only
±10 Km. It's distance from the Earth's North Pole South Pole a 10,000 Km just. It's decided m units to be so. This is the international standard units.
10,000 Km 1/4 for the arc + 10000 m is 1 / 1000th and not only. It's mean on paper Cup draw exactly the picture of a ball, pencil line, both Everest and the Mariana Trench all contained within it.”
“Certainly it is!”
"You now dare draw "that the world sphere' in English?"

「地球には山や谷もあって、凸凹だらけじゃあないの。とても球体には思えないわ」
ところがどっこい完全な球体なのだよエベレストの山の高さは8,848m、マリアナ海溝の深さは1万メートルちょっとしかない。高々±1万メートル=±10Kmだけしか高低差はない。それに対して地球の北極点から赤道までの長さは1万Kmジャストなんだ。そうなるようにメートルの単位を決めたのだ。これは国際標準単位なのだよ。
 1万Kmの1/4円弧に対して、±1万mの誤差しかないとは、1000分の1だ。画用紙一杯に球の絵を正確に描けば、鉛筆の線の中に、エベレストもマリアナ海溝も皆、含まれてしまうという訳だ。」
「納得!」
「今度は英語で『世界が球体であること』を描いてみろよ?」
This world is really round sphere.
「アルファベット:ABCでその形を描いてごらん、と言っているのだよ」
“Alphabet ABC draws its shape, as saying.”
“Then it’s
Q, isn’t it”
Certainly Yes! The world’s Shape isQ.”
「それなら、〔〕だわね。」
大正解!〔が世界を表している。」
「それってダジャレ?(Kidding me?)
「いや、実際にそれが実体を表現しているのだよ。説明してみせようか?」
「やれるものならやってみせて」
"It's unpleasant, in fact it represents the entity. Show explain? "
 "Show you can do anything"

「[Q] what's expressed by ancient people trying to escape a tadpole is only one ball emoticons. Drew in the case [q], also painted by the numbers [9] in will be tadpole-shaped.
"Notice quietly without escaping a tadpole is also hopefully in the way the State is〕 that's important.”
"Yes, yes! 〕 of draw, You notice You'll stuck in a lot of little present inside the invisible point, chock full of that State, and〔●〕though. Only borders with the outside world is〕 andemoticons that ball was. "
"That〕 from the small tadpoles [q] States that itching and now just leave out or not? [Q] of picture is it. I see.

 Then the tiny tadpoles [q] is the picture after the riders? "
「[Q]
って絵文字は、球からオタマジャクシが1匹だけ、逃げ出そうとしている状態を古代の人が表現した絵文字なのだよ。小文字で描いても〔q〕、数字で描いても〔〕でオタマジャクシの形をしているだろう」
「その言い方でいけば、オタマジャクシが1匹も逃げ出さないで静かに寝静まっている状態が〔〕ということなのね」
 その通り!〔〕の内部には目に見えない小さな存在〈点〉が沢山詰まっているのだけど、その点がぎっしり詰まって寝静まっている状態を描くと、〔●〕なんだな。外界との境界だけを表現したのが〔〕であり、〔〕が球という絵文字だったのだよ」
「その〔〕から、小さなオタマジャクシq〕が今まさに出ようか出まいかとしていてうずうずしている状態が〔〕の絵文字って訳ね。なるほど。
じゃあ、その小さなオタマジャクシq〕が抜け出たあとの絵はどうなるの?」
「それは〔●〕から、目に見えないような1個の点〔 .〕を引いたような絵なのだけど、それは〔●〕としか描けないんだよ。無限大∞から1を引き算してもやっぱり∞ということだ」
「ということは、小さなオタマジャクシが抜け出た直後のを描くとしたら、
q〕と描けば良い訳か」
「そこまで理解できれば、立派なソクラテスの妻だよ、君は!」
「一銭にもならない議論に明け暮れてないで少しは外に出て、お金を稼いで来てちょうだい。
 はい、朝食はここまでよ」
         おしまい。

 2016 5/26  Hiro. Oyama (大山宏)
"It means that from
〔●〕, subtracted invisible one point〔.〕of such pictures, but it is〔●〕as you can't draw. Infinity from even by subtracting 1 still infinity that's "
" then if I paint the picture which a small tadpole has been just escaped from a picture
〔●〕, and [Oq] is some good draw "
"To understand the good Socrates's wife's so you"
 "Without discussing such as stupid discussion( getting not even 1 penny), out a little bit, come make money, please. Yes, breakfast is now over "it.
  The END
 2016  5/26  Hiro. Oyama
 あとがき 
 かれこれ2年前のある日、英語で調べものをしていたとき、突然目の前に「ソクラテスの妻」という日本語が目に飛び込んで来ました。ビックリして読んでみると、結構面白おかしく「オタマジャクシ宇宙論」が、そこに展開されていたのでした。
 それ以降、私はブログを書く時、出来る限り数行毎に英語訳を併記するという習慣を身に付けました。2倍以上手間のかかる作業ですが、その効果は抜群で、日本語を得意としない外国人からのキック率が飛躍的に伸びました。
それ以前は、日本人の読者が90%〔外国人の読者が10%〕であったのに、それが逆転して、外国人の読者が90%〔日本人の読者が10%〕へと激変したのでした。
オバマ大統領へのお手紙」をブログ上で書き送った時には、ブログ炎上に近い状態になりました。
 あの大統領選挙の投票日前に、オバマさんが「核の先制不使用の宣誓」を暗殺されることを覚悟の上で実行して下さっていたならばクリントンさんが当選したでしょう。
そして、現在の世界情勢は全く違ったものになったであろうことは、想像に難くありません。『本当にささいな判断の違いで、世の中は劇的に激しく変化するものだな』と、私は今も感じています。
 そんなことを思い出しながら、この本の出版を思いつきました。
ブログは発信した瞬間に全世界に届くという、もの凄いコミュニケーション媒体です。と同時に、興味のない人は全く読んではくれない、という極端さも持ち合わせています。
学問上の文献扱いもされていません。やはり本として固定されたものにしないと、効果は薄いと感じます。
 この本は、私がブログに書いてきたアインシュタイン思想:「光速一定の原理」E=MC^2 に関するものを集め整理し、本の形にまとめた物です。
 アインシュタインが相対性原理と宇宙方程式を編み出してから、100年以上が経過しました。しかし、彼の思想は、物理学がご専門の学者さんのほとんどが理解されておらず、暗黒物質・暗黒エネルギーがあたかも存在するかの如き主張の図書が氾濫しています。
 最新の現代宇宙論は宗教化しているのです。
『一般大衆は、こんな難しいことは理解できないだろう。信じなさい、さらば救われん』式で、自分たちの空想物語を大衆に押し付けているようであり、ここを是非改めて頂きたいとの想いに至って、この本をまとめました。
 本の内容や筋道を構成するに当たって、大変ありがたい友の協力を頂きました。本文中で、「miyamoさん」とのニックネームで登場する人です。
 この人との出会いも、まったく不思議な縁で、私が1年半前に入院していた同じ病院に偶然彼も入院して来たのでした。
病院では「碁がたき()」でしかなかったその彼も、私と前後して退院してきた後は、私と宇宙論議を交わすようになりました。
慶応大学の文学部出身であるにもかかわらず、なぜか彼は私よりも最新宇宙論に詳しいのでした。有り難かった!
『まさにこの出会いは奇蹟だな。』と、今でも思い、本当に感謝しています。
  この本は、物理学上の最近100年の「勘違い、光速一定の原理の解釈違い」を正そうとする本ですが、中学高校生が直感で理解できるものを目指しました。科学童話の形にすることで、一般大衆の方にまず読んで頂けることが必要だったのです。
 また、段落毎に英文訳を付け、2ヵ国語の本を目指しました。
世界の多くの方々にも読み親しんで頂けることを願っています。
明治維新以来、どうも日本人は欧米の文物ばかりを気にしていて、日本語の論文や大衆の意見には耳を傾けてくれない傾向にあります。そういった方には、外国で読み親しまれることにより、注目して頂けるかと期待しています。
 共に、良い未来世界を築き上げていきましょう。
 2018
年 211 ひろ.おおやまHiro. Oyama
PostScript
 Nearly 2 years ago, when I was researching in English, the word "Socrates's wife" written in Japanese jumped into my eyes. I was surprised and read the article, then I knew quite amusingly that "Tadpoles Universe Theory" had been developed there.
 Since then, I've got a habit to write a blog adding English translation in every paragraph. Though it took time and efforts more than twice as much as before, it effected the kicking rate outstanding, because it is good to increase dramatically foreign readers who are not good at Japanese language. The earlier ratio of Japanese readers had been 90% [foreign readers: 10%], then it is reversed, the ratio was shifted to 90% for foreign readers [Japanese readers: 10%].
 When I wrote a letter to President Obama on the blog, it caused a blog ablaze, I was forced into a mental hospital, although I was not assassinated,
Mrs. Clinton would have won the presidential election if President Obama declared, without afraid of being assassinated, "the oath of non-preemptive-use of nuclear weapons" before the voting day. And it is not hard to imagine that the current world situation would have changed completely. "Discretion really very little difference, the world is changing dramatically and violently' I feel even now.
 While thinking about such a thing, I came up with the publication of this book. Blog is an amazing communication medium that reaches the whole world at the moment of sending out. However, it is a means of message communication that people who are not interested do not read. It is not treated as academic literature. After all, I understood, unless it was fixed as a book, the effect was light.
 This book is a collection of articles in my blog regarding to Einstein thought, "Principle of constant speed of light", E=MC^2, which are organized into a book form.
 100 years have passed since Einstein devised Principle Relativity and Principle Space. However, his thought is that most of the professional physicists don't understand, and the books of allegations as if dark matter and dark energy are present are over-flooded.
 The latest modern cosmology theory is nearly religious. Just like "The general public cannot understand such a difficult thing. Believe it, and you will be saved", they are pressing their fantasies to the masses. I wrote this book to the feeling that "I want you to change this situation."
 In constructing the contents and the plots of this book, I received the cooperation of a very much appreciated friend Mr. Yasuhiro Miyamoto, who appears with a nickname "miyamo-san" in the text.

The encounter with the friend was also quite a mysterious edge. He came in the hospital two months after I was admitted to the hospital on 4th October 2016. In the hospital, he was only "a rival opponent of Go", then was discharged back and forth from me. And we came to discuss the universe. He had graduated the Literature Department of Keio University, but he was more familiar with the latest cosmology than I was. I think even now that this encounter is a miracle. I really thank him very much.

 This book is, let me repeat it, a book that tries to correct the misunderstanding of physics for 100 years, "mistakes in interpreting the principle of constant light velocity."
 I aimed at the book that even elementary and junior high school students can understand the principle with intuition. Because it was necessary for the general public to be able to read it first. That was to make it a science fairy tale.
 In addition, English translation was added for each paragraph, for we aimed at a book of bilingual. I hope that many people around the world will be familiar with reading it. Since Japanese people are concerned only with Western civilization, they tend not to care Japanese papers nor public opinion, so I am dreaming that Japanese people would also pay attention to this book by fame in foreign countries.
 Let's build a good future world together.
  2018 2/11 Hiro. Oyama
 参考文献
 1
」サンテクジュペリ作、「星の王子さま」The Little Prince【日英対訳】
 2
」村山斉著「宇宙は本当にひとつなのか」BLUE BACKS 講談社
 3
」郡和憲著「宇宙はどのような時空で出来ているのか」P104-105 ベレ出版
 4
」竹内薫著「99.9%は仮説。思い込みで判断しないための考え方」光文社新書
 5
」堀源一郎著「相対性理論で宇宙をみる」NHKブックス
 6
」湯川秀樹・片山泰久・福留秀雄共著「素粒子」岩波新書
 7
」主婦の友社編「宇宙のしくみ」監修:高柳雄一“137億年の謎に迫る!”
 8
Newton別冊「人類永遠の難問に最新物理学が挑む宇宙はどうやって誕生したのか」
 9
」高橋実著「灼熱の氷惑星。地球との接触でノア大洪水が再襲来!!」原書房
10
」高橋実著「氷惑星の謎」原書房
11
」『ホーキング、宇宙を語る。ビッグバンからブラックホールまで』早川書房
12
」岩波書店「岩波理化学辞典:第3版」Ⅻ:元素の存在度、Xa:核種の質量と存在比」
13
」旺文社エアリアマップ世界地図帳」日本図書館協会全国学校図書館協議会選定図書
14
」藤本武助著「改著:流体力学」() 養賢堂版
15
」渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)著「置かれた場所で咲きなさい」幻冬舎
16
」高田明和著(浜松医科大学名誉教授)著「『一秒』禅」成美文庫
17
」広中平祐著「学問の発見」佼成出版社
18
」ダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店
19
」江田島市立能美図書館発行「『小鳥』第11号       
20
」新堂進著「マンガで読む相対性理論。理科がニガテでも大丈夫」秀和システム
21
宇根豊著「農は過去と未来をつなぐ(田んぼから考えたこと)」岩波ジュニア新書
 2018 8/08 Hiro. Oyama ひろ.おおやま)

|

« 【5-6】1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できる。Bending of light through 1φhole. 物質の表面引力。重力場。 | トップページ | 第3章 人工衛星の心?Artificial satellites in mind and the mind?" … Their curves and bends along the arc going' not going at all. »

S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc.」カテゴリの記事

コメント

私の子供は高校の英語の先生してるのよ。宏さんの「ソクラテスの妻」を読ませたら、『英語も中々良く出来てる』って感心してたわよ。そうそう、ネイティブが近くの喫茶店で働いているの。彼に今度読んでもらってみてあげる。どんな反応するかしらね。楽しみよ!山根茜
Of my child is doing high school English teacher. I was impressed "English in this well-done' that you, read Socrates's wife's. Oh yes, native works in a coffee shop near the. To him now I try you'll read. Any responses? I'm looking forward! Yamane Akane

投稿: Akane | 2018年5月 6日 (日) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73066219

この記事へのトラックバック一覧です: ソクラテスの妻:the Socrates' wife 「Q」は絵文字 Fibonacci universe フィボナッチ宇宙論の「あとがき」PostScript :

« 【5-6】1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できる。Bending of light through 1φhole. 物質の表面引力。重力場。 | トップページ | 第3章 人工衛星の心?Artificial satellites in mind and the mind?" … Their curves and bends along the arc going' not going at all. »