« 「重力波検出実験」は国家予算の浪費” Gravitational wave detection experiments" is a waste of budget!Light is a transverse wave and keep claiming it is now is a suicidal Act of you..「光は横波だ」と主張し続けるのは今となっては自殺行為ですよ。 | トップページ | Why elliptical 楕円 orbits of satellites and planets. 衛星や惑星の軌道が楕円になる訳。PS. Found photos captured to PS, sun light, subatomic particles and particles go into the pseudo Sun. »

2018年8月23日 (木)

Black hole ブラックホールの正体 Identity. World consists of binary. 2進数[2進法]で成り立つ世界。

 ブラックホールには2種類の定義があります。
その一つは【
1】光さえも脱出できないという真に黒くて小さな穴、という定義です。2つ目は【2】そのサイズを相対性原理で規定したホール半径(シュワルツシルト半径)内の事を便宜上ブラックホールと称しているものです。この二つの定義は、いつも混同して用いられ,一般大衆の混乱と議論を巻き起こしつつ、現在に至っているのです。
  例えば,『太陽のブラックホールのサイズは半径が3Kmである。地球には半径9mmのブラックホールがある,・・・』、という時のブラックホールは【2】によって定義されています。しかし、光さえも脱出できないという真に黒くて小さな穴という【1】定義のブラックホールは存在しないのです。故ホーキング博士も『ブラックホールは存在しません』と晩年には堂々と発言しておられました。これは【1】定義のブラックホールのことでした。
 今日は、この問題をニュートン力学で中学/高校生にも分かるように整理してみましょう。

 Black hole has two definitions. One of them is [1] light even is truly black, small holes, called definition that cannot escape. The second one [2] is one thing within a radius of hole the size specified in the principle of relativity (the schwartzchild RADIUS) for convenience called black hole. It is always confused these two definitions used for generating controversy and confusion of the general public, has been.
For example, "3 Km is the radius of the black hole of the Sun. On Earth is the black hole of RADIUS 9 mm,... " that when black holes [2] by has been defined. However, the light also is truly black, said the small holes [1] definition that cannot escape a black hole does not exist. Also late hawking "black hole does not exist" in his later years and said he was.  This is [1] definition of black holes could. Let's organize so today this issue know junior high school in Newton.

 形を持つ物体には必ず重心点
Pが存在します。
数多の銀河にも、各々の重心点
Piが存在します。
太陽系内にも、地球内部にも、にも重心点があります。今地球の重心点を
P1とし、月の重心点をP2とします。そして、地球と月とを合わせた重心点をP0としましょう。
地球も月もP0を中心として回転しているのです。
①、アポロ宇宙船のように月に着陸して地球を観測すると、地球は月の重心点P2を中心として回転しているように観測されます。
②、地球上から月を観測すると、月は地球の重心点P1を中心として回転しているように観測されます。しかし、地球と月の両方から少し離れた位置で両者を観測〔第三者の立場で観測〕すると、
③、地球も月も、共に
P0を中心として回転していると計測されるのです。
 Having the shape object always exists centroid point P. Each center of gravity point Pi also has numerous galaxies. Within the solar system and on Earth, on the center of gravity. Now the center of gravity of the Earth and then P1, and P2 the gravity of the moon. And let P0 and the gravity on Earth and the moon. It is the Earth and the moon rotates around the P0. (1), to land on the Moon for the Apollo spacecraft to observe the Earth, and the Earth is spinning as the heart / center of gravity point P2 observed. (2), to observe the Moon from the Earth, and Moon is spinning as the global center of gravity point P1 is observed. However, observed both in a position away from both the Earth and the moon [observed by independent third-party], (3), and the Earth and the moon rotates around the P0 is measured is.
 一見矛盾したように思えますが、ニュートン力学ではそうなっています。
早い話が、①②③は、地球と月の質量
(重さ)同じだったと仮定して考えれば納得がいきますよ。この仮定の下では、P0(P1P2)/2でしかあり得ないでしょ。③は文句なく正しいし、①も②も正しいのは自明です。
 実際には、地球の質量(重さ)M1であり、月の質量(重さ)M2であって、〔第三者の立場〕で正確に観測すると、(M1M2に比べて莫大に大きいので)、月が地球の周りを回っている!と観測されるのです。この時、P0は、地球の中心点(重心点P1)極近いところ位置しています。
 非常に単純化してアインシュタインの相対性理論を説明しました。ここまでは納得ですか?
 Sounds like the seemingly contradictory, but so is in Newtonian mechanics. An early story is (1) (2) (3), mass (weight) of the Earth and the Moon were the same, and that you think will be pleasant!. Under this assumption, P0 = (P1 + P2) / 2 only and not you. (3) is not complaining right then (1) also (2) also is correct self-explanatory. Fact that mass (weight) of the Earth is M1, M2 is mass (weight) of the Moon, [Party] in accurate observation and (M1 over M2 big), so moon orbiting around the Earth! and is observed.  At this time, P0 is located at the very close of the Earth's center point (Center of gravity point P1). Very simplistic, and Einstein's theory of relativity explained. Here is pleasant?
では次に,銀河の回転に関して考えてみましょう。
一つの銀河は、孤独な存在であり、広い宇宙空間にポツンと存在していて、あたかも剛体であるかのように唯我独尊状態で存在しているのです。
『そんなはずは無い』という人は、天文台に出かけて行って、話を聞いてごらんなさい、「銀河の大きさを1つの単位として計測すると、その単位の数千倍とか数万倍の距離だけ飛行しないと隣の銀河には到着しません。それ位銀河は孤独な存在なのです」と答えてくれます。「まあ、数千万組とか数億組の銀河ペアの中には、何組か衝突中に見えるほど接近した組はありますが、それは非常に稀な状態であり、基本的に銀河は孤独な存在なのです」ってしゃべってくれます。

 まあここでは、銀河は孤独な存在であり、宇宙空間にポツンと唯我独尊状態で静かに回転しているのだと、今は考えて下さい。
  Now, consider the rotation of the Galaxy. It is one Galaxy is a lonely existence, alone and exist in large space, rigid if it were to exist in superior condition. "It's not' who go to the Observatory, please, listen to the story" does not arrive in the next Galaxy galaxies to measure as a single unit, and do not fly away thousands of times of the units and tens of thousands of times. That Galaxy is a lonely existence. "and answers.  Pair approached Galaxy pair well, number 10 million set millions pairs of several seen during the conflict there, it is a very rare condition and it is basically a solitary existence Galaxy will speak. Well, the Galaxy is a lonely existence, 's space alone with the self-righteous rotated quietly and think now.
 その銀河の重心点をP0、銀河の総質量(総重量)M0としましょう。そして、その銀河中のある恒星の質量(重さ)M1とし、残りの質量をM2だと仮定します。〔M0M1M2〕ですよ。そして、M1の重心点をP1M2の重心点をP2だとしましょう。
すると、先ほど〈地球と月〉の回転運動と同じ話が出来上がって来ます。
即ち、①、恒星M1に着陸して銀河M2(M0M1)観測すると、銀河M2は恒星M1の重心点P1を中心として回転しているように観測されます。
②、銀河M2から恒星M1を観測すると、恒星M1銀河M2の重心点P2を中心として回転しているように観測されます。しかし、着目している銀河から少し離れた位置で両者を観測〔第三者の立場で観測〕すると、
③、銀河M2恒星M1も共にP0を中心として回転していると計測されるのです。
そして、銀河M0は恒星Miが数億個も数十億個も含まれている集団なので、実際には銀河M2の重心点P2と銀河M0の重心点P0とは実質的に同じです。〔M2M0P2P0〕。
 先ほどの〈地球と月〉の回転運動と全く同じ話でしょ。
 Let M0 and P0 the Galaxy's total mass (gross weight) gravity of the Galaxy. And suppose a galaxy of stellar mass (weight) to M1 and M2 with rest mass. [M0 = M1 + M2] is. And let's say gravity M1, gravity M2, P1, P2. Then comes done earlier and rotational movement of the Earth and the Moonsame story.  Namely,
(1), by landing star M1 to observe galaxies M2 (= M0
M1) and Galaxy M2 is spinning as the heart center of gravity point P1 stellar M1 observed.
(2) the observed stellar M1 from Galaxy M2, stellar M1 is spinning as the heart center of gravity point P2 of the Galaxy-M2 are observed. However, observed a little farther from the Galaxy is based on both [observed by independent third-party],
(3) the measured Galaxy M2 also stellar M1 with rotating focus p0 is. And the collective millions too few 1 billion units contains a stellar Mi Galaxy M0, so in fact Galaxy M0 and M2 Galactic center of gravity point P2 centroid point P0 and the practically identical.  [M2
M0, P2 P0].
 Exactly the same as the rotational motion of "the Earth and the moon? Just talking about it?

検討1銀河M2の重心点に光りも抜け出せないほど巨大な質量をもった星がありますか?有りませんね。有るのは、質量M2(M0)に該当する重心点P2(P0)だけでしょ。
Study-1) Do you have a star with a mass so mired in even light on the gravity of the Milky Way M2 large? No!. There's a mass M2 ( M0) in corresponding Centre of gravity point P2 ( P0) just right.
検討2この話の中に光りも抜け出せないほど巨大な質量をもったブラックホールが必要でしたか?(ブラックホールの存在を仮定する必要性は皆無でしたね)
Study-2) or stuck also shine in this story about a huge massive black hole was needed? (Need to posit the existence of black holes was none at all.)
『でもしかし、です、先生。村山斉教授に限らず、佐藤勝彦博士他、お歴々の世界中の物理学者が、太陽の中心には半径3Kmのブラックホールが存在する、数多の銀河の中には、太陽のブラックホールの何百万倍もの巨大なブラックホールがあるものもある!って、宇宙論の本の中に書いておられますよ。あれは寝言だったのですか?』という質問が飛び出して来ました。 お答えしましょう。
 "Even though the teacher. Regardless of Professor Hitoshi Murayama, Katsuhiko SATO, physicists around the world of the authorities is at the heart of the Sun black hole of RADIUS 3 Km exists, there is a huge black hole millions of black holes in the solar times in many galaxies, while others have!, They are writing their books on Cosmology. they were sleep? ' The question came out. Let's find out.
 これまでお話してきた〈地球と月〉〈銀河M2と恒星M1〉のお話は、最初の定義【1】光さえも脱出できないという真に黒くて小さな穴、という定義でのブラックホールは、必要ありませんでした。
世界中の理論物理学者諸氏が巨大なブラックホールが存在する
(有る)とおっしゃっているのは、【2】の定義を使って[シュワルツシルト半径]を見積もった上で、その数値に相当するような巨大なもの(物質)がそこに存在するはずだ!とおっしゃっているだけなのです。ですから、晩年に故ホーキング博士が『ブラックホールは何処にも存在しません』とおっしゃっておられたのが、正解なのです。
 We've been talkingthe Earth and the Moon? 〉〈Galaxy M2 and M1 startalks are the first definition [1] light and even in truly black, small holes, and that definition cannot escape the black hole wasn't needed. (There is) the theoretical physicist clans in the world a huge black holes exist, [2] of which corresponds to that number evolves the schwarzchild RADIUS using the definition are huge (substance) ought to reside there! They are only said. Therefore, later told the late Dr. hawking "black hole does not exist anywhere, and the answer is.
 ちなみに、【2】の定義に基づいて[シュワルツシルト半径]を見積もってみると太陽には半径3Km 地球の中心部には半径9mmブラックホールがあると算出できます。天の川銀河にも巨大な【2】定義のブラックホール[シュワルツシルト半径]が[単純な質量比例計算]で算出できるのです。中学高校生の皆さんにも解るように、私はニュートン力学の範囲内で、【1】定義のブラックホールは存在しないことを説明(証明)してみせたのです。
 By the way, [2] of it estimates the schwarzchild RADIUS based on the definition, Sun is 3 km away, you can calculate is the black hole of RADIUS 9 mm is at the heart of the Earth. In the Milky Way Galaxy [2] a huge black hole of defining the schwarzchild RADIUS is determined under a simple mass proportional calculation, it is. As you can see in junior high school students, within the range of Newtonian mechanics I, [1] is defined black holes showed explained (prove) that does not exist.
 もっと興味深い事があるのですよ。もう少し辛抱して聴けますか?
大きく2つあります。その1つは「銀河M0を質量(重さ)が等しい2つに分けて考えてみる」ことです。もう一つは、[-:マイナス]の質量を持った物質を仮定すると便利です、というお話です。
まずは、「銀河M0を質量(重さ)が等しい2つに分けて考えてみる」という検討です。
 There are more interesting things. Bear with me a little bit more, you can listen to?
 There two major. One of these is "Galactic M0 is divided into equal mass (weight) and thinking". Another thing is [
: minus] explanation is that it is useful to assume substance with mass. The first is study thought the Galaxy M0 is divided into equal mass (weight).
検討3銀河M0を真っ二つに分けて各々の重心点をP1,P2とすると、P1P2とは重ならず、銀河の大きさLの数分の1の距離を持つことは明らかですね。即ち、(1/2)M0の質量を持つ2つの重心点P1,P2が大きく離れて存在することが想像できるでしょ。そのP1,P2がその距離を保ちながら、回転しあっているのが想像できます。これは、最初に議論した〈地球と月とが同じ質量だったと仮定したお話〉と一緒でしょ。二つの重心点P1,P2は、元の銀河の重心点P0を中心に、回転しているのは明確です。
 真っ二つに分かれた天体の運動を考えてみれば、その回転中心には、ブラックホールを必要としません、ってことが納得できるでしょ。
Study-3), It is clear that with a fraction of the Galaxy's size L distance Galaxy M0 into two, each of the center of gravity to the P1, P2, and (P1 and P2) none overlap. In other words, you can imagine far enough apart for two mass
(1/2)M0centroid points P1, P2, and exists. Can you imagine that even while maintaining that the P1, P2, turn. This was first discussed q assumed was the same Earth, Moon and mass we talk? with?  Two gravity points P1 and P2 is clear Center of gravity point p0 of the original Galaxy spinning in the Center.
 You can understand if you think the movements of celestial bodies split, in the center of rotation, the black hole does not require, that.
検討4[-:マイナス]の質量を持った物質を仮定すると便利!
今一度、『銀河中のある恒星の質量(重さ)M1とし、残りの質量をM2だと仮定した』お話です。〔M0M1M2〕ですよ。そして、M1の重心点をP1M2の重心点をP2だとします。
 二つの重心点P1,P2は、元の銀河の重心点P0を中心として回転しています。即ち、互いに引き合って安定な回転運動を続けているのです。ということは、小さな恒星M1と巨大な銀河M2(=M0-M1)とが対峙して、対等に引き合いつつ回転という等速度運動を行っていることが分かります。
Study-4) [: negative] of useful assuming the matter with mass!
 Once again, talk about "assuming the Galaxy stellar mass (weight) to M1 and M2 for the rest mass ' is. [M0 = M1 + M2] is.
 And the gravity of the M1 with gravity M2, P1, P2. Center of gravity two points P1, P2, rotates around the centroid point P0 of the original Galaxy. I.e., for each plane stable keeps rotating. It reveals that faced small stellar M1 and a huge Galaxy M2 (= M0M1), comparable to being in rotation velocity movement.
 この運動の状態は、{ M1と同じ質量の恒星が、重心点P0の対象位置〈真反対側〉に存在していて、M1とバランスしつつ等速度回転運動をしている}として分析計算するケースと一緒です。
ということは、何十億という恒星の集まりである銀河M2(=M0-M1)が総体としてP1位置に及ぼしている総合作用とは、『重心点P0の対象位置〈真反対側〉に存在していると仮定した〈M1〉が、恒星M1に及ぼしている作用』と同一と見なせる、ということになります。
即ち、∴何十億という恒星の集まりである銀河M2(=M0-M1)が総体としてP1位置に及ぼしている総合作用力は、『P1の位置に[-:マイナス]をM1にくっ付けた《負のM1物質》
と同じだ!』ということになります。当然〔 M1(M1)=0 〕です。そして、〔 M1+M2 = M0 〕の式も当然、成立しています。
 Status of this exercise is with case analysis calculation and {target position of Center of gravity point P0 opposite-side that stars of the same mass as the M1, M1 and balanced rotation velocity}. It's "action was assumed to exist in the target location of the center of gravity point P0 opposite-side [M1] had stellar M1' interaction research group called what 1 billion of Galaxy M2 (= M0M1) as a whole has had on the P1 position. And will be considered to be identical, that. Namely, General force group called what 1 billion of Galaxy M2 (= M0-M1) as a whole has had on the P1 position "in the P1 position [: minus]"M1 quality of the negative "found in the M1 with the same! ' to be said. Of course [M1 + (M1) = 0] is. And [M1 + M2 = M0] of expression is, of course, exist.
 この論理は物理/数学的に、更には心理学/哲学的に大変応用力の豊富な論理だと考えられます。
例えば、ある1つの世界W0を想定して、あなた自身W1あなた以外のものW2の2つに分けます。〔W2W0W1〕ですよ。
W0
の中でW1W2とは密接な作用を及ぼしあっているのですが、W0は実質的に閉じた世界なのです。この仮定の下では、W2の全ての総合作用は、あなたW1に[-:マイナス]を付したものになっている事を意味していることになります。
 This logical, physical and mathematical, to psychology and philosophically very rich logical application considered. For example, assuming a one world W0, you own W1 and non-split into two W2. [W2 = W0W1] is. It is a world virtually closed W0, in W0 (W1 and W2) and even affect close interaction is. Under the assumption that all the General action of the W2 you in W1 [: negative] will mean things supposed to be attached.
 日本国内だけで考えても、その通りですし、W0を地上世界全体だ、と仮定しても成立しています。それどころか、W0を太陽系全体だ、と仮定しても成立するし、W0を天の川銀河全体だ、と仮定しても、W0W1W2(あなただけを取り除いた世界)はあなた:W1にマイナスを付したものです、ということが物理/数学的に成り立っているのです。
 相対性原理で物事を考察してみると、こんな事実も分かって来るのです。面白いでしょ。 この続きは次のお話で!。Hiro. Oyama(ひろ.おおやま)
 W0 is the entire terrestrial world, thinking only in Japan is the street and assume functions have been established.  W0 is the Milky Way Galaxy, formed to assume the contrary, W0 is the entire solar system, and assuming also W0W1 = W2 (world you just removed) you is that it is:W1 affixed to the physical / mathematical is built. Come know and study the things in the principle of relativity, this fact is. Funny, isn't it? Hiro. Oyama  continue to the next blog
PS.
コンピュータの内部計算は2進数(binary numbers)計算であり、コンピュータは馬鹿正直に上記の計算を実行しているだけなのです。実質的に世界を〈囲碁勝負の世界〉に限定すれば、プロ棋士を打ち負かす囲碁のゲームソフトが出来るのです(実際に、囲碁さえもコンピュータが連勝するようになりました)。株の世界でも同じです。世界平和が関連する全ての情報を入力してやれば、世界平和ソフトが出来上がって来るのは想像に難くありませんでしょ。21世紀って、そういう時代なのですよ。2018/08/23
PS. Calculations within one computer (binary numbers) count, only the computer running calculations above on the throne. We beat the Grandmasters? Q world of ‘GO’ game" limited the world substantially” if you ‘GO’ game (actually, ‘GO’ and even now to win the computer). World stocks are the same. World peace soft need, type all information related to world peace if it is not hard to imagine isn't it?
 21st century what that age is. 2018/08/23

|

« 「重力波検出実験」は国家予算の浪費” Gravitational wave detection experiments" is a waste of budget!Light is a transverse wave and keep claiming it is now is a suicidal Act of you..「光は横波だ」と主張し続けるのは今となっては自殺行為ですよ。 | トップページ | Why elliptical 楕円 orbits of satellites and planets. 衛星や惑星の軌道が楕円になる訳。PS. Found photos captured to PS, sun light, subatomic particles and particles go into the pseudo Sun. »

a 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない★星★が存在している!」カテゴリの記事

コメント

『衛星の一般軌道は楕円だぞ。天体現象の一般的な説明にはなってないじゃあないか』という抗議の声が届いて来ました。 お答えします。"General orbit's ellipse. General description for Astrophysics is not good,’ that voices of protest have received. The answer.
 現実としては月と地球の距離も±5%程度変化しており、惑星や衛星は、おっしゃる通り楕円軌道です。更にはハレー彗星などに至ってはかなり細い楕円軌道です。ですが、小中学生の知識の範囲内でやさしく説明するために、あえて円軌道〔星と星の間の距離は一定〕だとして説明しました。楕円軌道を仮定する場合には、重力に逆らった加速度運動を仮定しなければなりません。この説明は少し難度が高いでしょ。最初に「ニュートン力学を使って」と断りましたが、説明の中では、加速度運動が生じないように、円軌道の話に留めたのでした。それでも、説明(証明)の正当性は変わりません。
 As reality, and the distance of the Earth ± 5% to evolve, as you say is planets and moons orbit. It is further, Halley's Comet was quite thin elliptical orbit. Is dare to gently explain within knowledge of elementary and middle school students in circular orbit [constant distance between the star and the star] is then explained. If you assume an elliptical orbit, gravity-defying motion should be assumed. This is something of a higher difficulty? It was initially declined with Newtonian mechanics but in descriptions avoid acceleration, yet it's orbit. Still, correctness of description (certificate) will not change.
 もし、楕円軌道に固執されるならば、本文中の「円軌道」の言葉を、「P0を第1焦点とする楕円軌道」を描くという言葉に置き換えれば、そっくりそのまま、物理学的に正しい論説となっていますよ。考えてみて下さい。
 あなたが質問してくれたお陰で、良いことに気が付きました。
 If you replace the words that will stick in an elliptical orbit, then draw "orbit P0 to the No.1 focus" word "orbit" in the body of the completely intact, right in the physics articles.  Please consider.  Thanks to you who ask, I was good.
 コペルニクスが死に至るまで思い悩んでいたことがあるのです。その悩みとは、『アリストテレスの周転円(天動説)計算の方が、コペルニクスの地動説に基づいた計算よりも精度が高かった事でした。それはコペルニクスを含めて当時の人達が『惑星は完全な円軌道を描く』と信じて疑ってはいなかったことに起因しています。
 このブログの説明は、『何故、周転円を組み合わせる天動説計算の方が、地動説説明よりも精度が勝っていたのか』という説明にもなっています。これも「頭の体操」として考えてみると興味深いでしょう。
 勇気を出して抗議/意見を述べてくれたこと、本当に感謝しています。 大山宏
 There is that had worried until Copernicus's death. The trouble and "Aristotle epicycle (Ptolemaic) calculation is a precision higher than calculations based on the Copernican theory was. Believe it is including the Copernicus who "draw a perfect circular orbit planets' suspects, is due not to. Description of this blog is to explain is why combined the epicycle Ptolemaic theory calculations, than the Copernican theory prevailed accuracy?.  Would be interesting as a brain teaser thinking this, too. Courage that you said protests and opinion, really appreciate. Hiro. Oyama

投稿: 惑星運動は楕円軌道だぞ | 2018年8月23日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/74083746

この記事へのトラックバック一覧です: Black hole ブラックホールの正体 Identity. World consists of binary. 2進数[2進法]で成り立つ世界。:

« 「重力波検出実験」は国家予算の浪費” Gravitational wave detection experiments" is a waste of budget!Light is a transverse wave and keep claiming it is now is a suicidal Act of you..「光は横波だ」と主張し続けるのは今となっては自殺行為ですよ。 | トップページ | Why elliptical 楕円 orbits of satellites and planets. 衛星や惑星の軌道が楕円になる訳。PS. Found photos captured to PS, sun light, subatomic particles and particles go into the pseudo Sun. »