« Black hole ブラックホールの正体 Identity. World consists of binary. 2進数[2進法]で成り立つ世界。 | トップページ | Easy talk やさしいお話 about Light & lamp technology.「光ランプ技術」の目次 contents. »

2018年8月26日 (日)

Why elliptical 楕円 orbits of satellites and planets. 衛星や惑星の軌道が楕円になる訳。PS. Found photos captured to PS, sun light, subatomic particles and particles go into the pseudo Sun.

正しさの証明「負太陽の実在」「光速一定の原理」「楕円軌道の第二焦点位置に★を発見」
Correctness proof of “the existence of ‘negative Sun’” "principle of the speed of light constant" " there exists a (dark-matter) in the second focal point of elliptical orbit”
 “Please tell me why satellite's orbit becomes elliptical. It is why the orbit of the planet is not egg-shaped?.”

『衛星の軌道が楕円になる訳を教えて下さい。なぜ惑星の軌道が卵型ではないのですか?』という質問が舞い込んで来ました。
お答えしましょう。アインシュタインの相対性原理を使って考えると、簡単に答えが出て来るのです。 早速やってみましょう。

Let's find out. It is think of Einstein's theory of relativity with the come out really easy to answer. So let's add it.
 以前に、『Black hole ブラックホールの正体 Identity. World consists of binary. 進数で成り立つ世界』というお話をしましたね。あの時、『ある1つの世界W0を想定して、あなた自身W1あなた以外のものW2 の2つに分けます。
W2W0W1〕ですよ。 W0の中でW1W2とは密接な作用を及ぼしあっているのですが、W0は実質的に閉じた世界です。この仮定の下では、W2 あなたに及ぼす全ての総合作用は、あなたW1 に[-:マイナス]を付したものになっている事を意味しています』と、お話しました。あの考えを使えば、あっという間に楕円軌道が導き出せるのです。 
This logical, physical and mathematical, to psychology and philosophically very rich logical application considered. For example, assuming a one world W0, you own W1 and non-split into two W2. [W2 = W0W1] is. It is a world virtually closed W0, in W0 (W1 and W2) and even affect close interaction is. Under the assumption that all the General action of the W2 you in W1 [: negative] will mean things supposed to be attached.’ It was the talk. Using that idea was that during the derivation of an elliptical orbit is.
 衛星や惑星の軌道を考えるに当たって、[地球と月]あるいは[太陽と火星]などを例に持ち出してはちっとも面白くありません。何故かというと、その軌道が楕円というよりも軌道に近いでしょ。ですからここでは、〔ハレー彗星M1と、太陽系からM1だけを取り除いた総質量M2(M0M1)〕の話にしましょう。ハレー彗星はご存知のように太陽系を横断するような大きな楕円軌道を描いていますから、より現実的なお話となることでしょう。
 Upon considering the orbits of satellites and the planets, the Earth and moon, or in cases brought under the Sun and Mars, such as is not at all interesting. And why say, its orbit is elliptical rather than circular orbit close? So here is [M1 Halley's Comet and the solar system entire M2 (M0M1)] of let's talk. Depicts a large elliptical orbits to cross the solar system as you know Halley's Comet from the story more realistic.
 太陽系はハレー彗星も含めて一つの閉じた世界を構成しています。ハレー彗星の質量M1は、太陽系全体の質量M0に比べて無視しても差し支えない位に小さな値ですが、式で正確に表現すれば、
M1M2M0 〕でした。そして〈M1,M2,M0〉の各々の位置を〈P1,P2,P0〉だとします。これら三つの質点しかない条件(実際には M2 ≈ M0 なので∴二つの質点〈P1,P2しか存在しないという条件)の下で、ハレー彗星M1が楕円軌道を描くことを証明できればいいのです。アッと驚くような正解が、アインシュタインの相対性原理を使って、以下のように導き出せるのです。
 Solar system including Halley's Comet, and consists of a closed world. Place compared to the entire solar system mass M0 ignoring mass M1 of Halley's Comet is not necessarily small value is accurately represented by the expression, [M1 + M2 = M0] did. And on each of the q M2, M1, M0? q P1, P2, P0]. Not only the mass of these three conditions (M2 ≈ M0 because not only the mass of two terms) of is I can prove that, under draw an elliptic orbit with Halley's Comet M1. The answer surprised with a derivation of in less than half a page of the following using Einstein's theory of relativity, is.
 物質M1と物質M2とは互いに相互作用を及ぼし合いながら運動を続けているのです。その運動を考える時、
M1に[-:マイナス]を付した物質〔-M1M1に重なっていると考えるのでしたね。同様に、
M2に[-:マイナス]を付した物質〔-M2M2にピッタリと重なっていると考えることができます。
《この4つの物質(M1,M1,M2,M2)が4つ共、銀河の重心点(P0)を中心とした回転運動をしていることを忘れないで下さいね。》

 物質〔-M2〕が存在する位置P2は太陽系の重心点P0に対して対象位置にありますが、ハレー彗星M1の質量が極小さいので、P2 ≈ P0です。即ち、太陽の位置はハレー彗星が如何なる動きをしていても、外見上は不動に見えます。
 これに対して、ハレー彗星の位置P1は、大きく劇的に変化します。
 Is the mass M1 and M2 substances continues to exercise while interacting with each other. When thinking about the movement M1, [-: negative] substance attached [-M1] was because they think that overlap on the M1. Similarly, m2 [-: negative] substance attached [-M2] can think of overlapping and M2.
Don't forget that these four substances (M1,-M1, M2,-M2), centered on the center of gravity point P0 of the Galaxy rotation.
 Substances [-M2] present position P2 is the target location for the point P0 in the solar system, but Halley's Comet M1 mass is extremely small, so P2 ≈ is a P0.
 Namely, even any movement Halley's Comet is the Sun's position, apparently looks fixed. In contrast,
 Halley's Comet position P1 varies significantly and dramatically.

 ハレー彗星が太陽M2に最も接近した時(近日点)を考えてごらんなさい、すると、最も遠い位置にあった時(遠日点)と比べて太陽の真反対側ハレー彗星M1が位置しているでしょ。
太陽M2は実質的に不動なのですから、太陽系の重心点位置P2が一緒になるように、点対称位置まで太陽重心点P2の位置をシフトさせてごらんなさい。〔-M2の存在する位置P2は、(ハレー彗星が描いている)楕円の第二焦点の位置になっているでしょ。
この時空間旅行にあなたはついて来れましたか?瞬時にハレー彗星の公転周期80年の半分:40年を一気に瞬間移動したのですが、ちょっと休憩(コーヒーブレイク)しましょう。》
 休憩中の雑談です
「先生が仰る瞬間移動(時空間旅行)に付いて行けなかったのです。どういう意識を持てば、ハレー彗星の軌道が見えるようになるのですか?」
 どの程度拡大して観るか、というのがポイントなんですよ。遠い宇宙から天の川銀河の中を覗いて行って太陽を発見しました。よく見ると、その(or)側辺りにハレー彗星が見えています。その位置は遠日点でした。その次の瞬間に目を開けて見たら、ハレー彗星が、近日点の位置に移動していた更に(40年寝ていたことにして)目を覚ますと、元の位置である遠日点にハレー彗星は舞い戻っていた そこで2つの楕円が重なるように、片方の楕円をシフトしてみると、太陽M2'が楕円の第二焦点位置に存在していることが分かるでしょ。と陽(+、)の2つの太陽が重なっていたのです。
「なるほど。確かにその左右楕円も見えたし、その第二焦点に負太陽M2'が光ってます!」
 あなたも立派に宇宙人の仲間入りですよ。さあ、授業に戻りましょう。

 Think when Halley's Comet was closest to the Sun M2 (perihelion), then over time was the farthest point (aphelion), Halley's Comet M1 is located on the opposite side of the Sun. From Sun M2 is virtually immobile. together solar system Barycentric point position P2 point symmetric position of the solar Center of gravity point P2 shifting look.. [-M2] of the present position P2 are a secondary focus of the ellipse (portrays the Halley's Comet) position?.
"Thank you about this space-time travel? Instantly Halley's comet's orbital period 80-year half: for 40 years suddenly moved in a moment..., but, take a coffee break time, a little."

 This is a chat during a break.
"Go say teacher moments (space travel) could not go with.
 Do I have a sense of what the orbit of Halley's Comet looks like you?" It's expanding the extent to which a watch or a point. Go look in the Milky Way Galaxy from the distant universe, discovered the Sun. Look closely at the Halley's Comet looks like right(or left) around here. The location was the GM. Halley's Comet is at perihelion had moved, when you opened the eyes in a moment if! even Halley's Comet which had returned to the Aphelion (to 40 years, were sleeping) and waking up in the original position. Therefore, overlap two ellipses oval one shifted to try and pseudo Sun M2' second oval you know will be the focal point.
"Hmmm.
 Certainly seemed the two (right and left) ovals, and then to the secondary focus negative Sun M2' shines!"
You are royally joined the ranks of the aliens. Come on, let's get back to the classroom.
 皆さん、さあ授業を再開しましょう。まだ目を白黒させておられる様子なので、補足説明をしておきます。

1】「太陽を楕円の第一焦点としてハレー彗星は楕円軌道を描いている」と、我々は耳にタコが出来るくらいに聞かされています。楕円には2つの焦点がありますが、ハレー彗星の軌道の第二焦点位置には何もこれまで見当たらなかったでしょ。その第二焦点位置には、物質〔M2〕が存在していたのです。これって大発見でしょ?何故なら∵古今東西を見回してみても、この事実を指摘した人が皆無だから。∵
 So still eyes black and white let he be the answer. [1] Sun as the primary focus of the ellipse is Halley's Comet elliptical orbit that Octopus enough to listen to hear. There are two focus ellipse, but 2 of the orbit of Halley's Comet in focal point was not found so far nothing!. The second is the focal point material [-M2] was there. This major discovery?
Because people try looking around the now and then East and West also pointed out this fact is none at all.
2】もう少し丁寧に説明しましょう。
ハレー彗星
M1(太陽系からハレー彗星を除いた)物質M2とは、あたかも連星の如くに運動しているのです。
M2も太陽系の重心点P0を中心に回転しています。その半径は〔P2-P0〕で回転しているのです。但し、M2M1に比べて莫大に大きいので、ほとんど動いた様には見えません。これに対して、ハレー彗星M1の位置P1は、太陽M2真反対側に移動したり40年後には元の位置に舞い戻って来たりしているのです。ですから、近日点での太陽M2の位置を第一焦点だとすると、遠日点に対応する楕円の第二焦点位置にはM2〕という亡霊太陽が位置していた!ということです。
 A little care to explain. Halley's Comet M1 and is campaigning material M2 (excluding the Halley's Comet from the solar system) and, though like binary. M2 also revolves around Center of gravity point p0 of the solar system. Its RADIUS is [P2-P0], it is spinning. The traveler (:M2) however, because M2 is big compared to the M1 ran almost invisible. In contrast, Halley's Comet M1 position P1 moved to the opposite side of the Sun M2 is after 40 years to come back to its original position. So the ellipse relative to Aphelion in perihelion the Sun M2 position's primary focus and the second focal point, [-M2] that shades the Sun was located!" is.
3あなたが楕円を描く時、
まず画びょうを
2用意して白い用紙上に突き立て、そこに糸の輪をかけて鉛筆の先でピンと糸の輪を張りながらぐるりと一周させて描くのでしたね。私は今回、加速度とか面積速度などの難しい用語を用いないで、楕円を描いてみせたのです。もっと言えば、時間Tの概念を用いないで、純粋に幾何学(図形概念)だけを使って《衛星や惑星が楕円を描く》ということを説明してみせたのです。
惑星の軌道が卵型のようにはならないで、第二焦点必要とするあの不思議な軌道〔楕円軌道〕上を、惑星や衛星が描くと分かったのです。地球から遠く離れたハレー彗星の付近には、太陽の質量
(正確には太陽系の総質量)に相当する重心点P2' が存在していて,そのP2' P0を中心として回転していたのです。納得できましたか?
 When you draw an ellipse "first tack two rays on the white paper, there over the loops of yarn around round pencil away and tension the loops of yarn tightly, while the draw'. I showed this time, draw an ellipse instead of using terms such as acceleration or velocity area is. Worse, instead of using the concept of time T purely alone geometry (shape concept) that "planets and satellites to draw an ellipse." explained showed is. In egg-shaped orbit of the planet is not a strange orbit that requires a secondary focus [orbit] is found to draw the planets and moons. Halley's Comet away from Earth's second solar masses at the focal point (exactly the total mass of the solar system) to corresponding Centre of gravity point P2 was rotates P0 is. We convinced?
『質問です、先生
衛星や惑星の軌道が卵の様な形にはならないで、楕円のような形になるのは何となく理解出来ました。でも、楕円では〔第一焦点⇒反射点⇒第二焦点に至る長さ〕が常に一定なのでしょ。常に長さが一定だってことはどうやって証明されるのですか?』

 実に良い質問ですが、このブログ記事は長くなりましたので、簡単にさわりだけ説明しておきましょう。
"Question is, teacher. Is shaped like an oval egg shape the orbits of satellites and the planets will not, somehow, I understood. But in an oval [primary focus reflection point length leading to the secondary focus] is always constant, isn't it? Is always the length constant is how do you prove?"
 Is a very good question, but this blog post is longer, so let me explain depicted as easily.

4】アインシュタインの相対性原理の本質は、『質点(上記の例では太陽の質点)からの距離Lに正比例して時間軸Tの矢が伸び縮みしている』ということに有ります。これは、光速C一定の原理と同じことを意味しています。式で書けば、
 
C≡⊿L/t = const. 一定の値。
 〔=
進んだ距離÷進むに要した時間 〕です。
 この事を今回の話に置き直すと、太陽M2の重心点P2からの距離Lに正比例してその付近の時間軸Tは伸び縮みしています、という事なのです。
 現実として
GPS衛星は、この法則に従がって地球上に住んでいる我々のために常時、地上時間の進み遅れをチェックし、誤差を修正してくれているのです。
第一焦点⇒反射点⇒第二焦点に至る長さが常に一定』になるのは実は、光速C一定の原理と同じことなのです。
即ち、ハレー彗星が運行する極近くに位置している亡霊太陽が四方八方に向かってを放っていたとして、そのは全て〔仮想の楕円軌道反射面で反射されて〕太陽
M2まで届いています(第一焦点⇒反射点⇒第二焦点に至る長さが常に一定だという事!)。その現実を、アインシュタイン思想を使うだけで《中学校で習う幾何学図形だけを用いるだけで》説明できたことを意味しているのです。
 詳しくは、また次の機会にお話しましょう。
 2018/08/25 Hiro. Oyama
 The essence of Einstein's principle of relativity "directly proportional to the distance L from the mass of a point mass (Sun in the above example), arrow of time axis T is the oscillating" means? This means that the same principle of the constant speed of light C.  Expressions in [ C   L / t = const. : distance travelled / time forward] is. Directly proportional to the distance L from the gravity of the Sun M2 and says what it means, is to stretch around the time axis t.  Reality as GPS satellites, this law following I is working at all times, and check the earth hour lead-lag. "Primary focus reflection point length leading to the secondary focus is always constant ' to be, is the same thing with the principle of the constant speed of light C.  Namely, Halley's Comet is radiated in all directions and all, the light is [is reflected by the reflective surface of the virtual] can prove to reach Sun m2, using Einstein's thought of.  For more information, also talk on the occasion of the next Facebook. 2018 / 08 / 25 Hiro. Oyama
 緊急速報太陽から発射された光や素粒子/微粒子が太陽吸い込まれた後、再び出て来ている様子を捕えた写真を発見しました。何と、今月(2018/09)Windows-10の初期画面がその証拠写真だった!のですよ。その写真は、日の出の1~2時間前の写真であり、天の川の星々が画面全体に鮮明に写っているカラー写真です。あらっと思ったことを箇条書きにしましょう。
 Found photos captured to PS, sun light, subatomic particles and particles go into the negative Sun. What the initial screen of the Windows-10 of the month(2018/09) was evidence photos! of!. The Sunrise 1-2 hours before the stars of the Milky Way featuring vivid full-screen color photos. Oh my goodness I and thought that your bulleted list.
1-1】最初に『流れ星の軌跡かな?』と思えるほどの長い輝線点列でした。点列ですよ。物差しで長さを測ると48mmです。輝点の数は21個です。画面右側にハッキリと存在しています。
 First "I wonder if shooting star trails?" It was so long sequence of emission points. Is a sequence of points. It is 48 mm and measure the length with ruler. The number of spots is 21. To the right of the screen clearly exists.
1-2】『他には、似た輝線点列はないか?』とよく見ると、画面左端に半分画面の外に飛び出しつつある輝線点列がありました。その長さは20mm、輝点の個数は13個です。
 "The emission points to other, similar missing?' And look closely at the screen left half had jumped off the screen while the emission point column. Its length is 20 mm, 13 is the number of spots.
1-3】薄い軌跡ですが、輝点点列が中央付近にもありました。CCDカメラの解像度の限界付近であり、点の個数は約30個、長さは物差しで測って約27mmでした。この3本の平均波長λは、λ2.0mm/個数で揃っています。
 Light trails is glaring point was near the Center. Is near the limit of resolution of the CCD camera, was about 27 mm length measures approximately 30 points with the measure. This average wavelength λ is λ ≈ 2.0 mm as well as in the number.
2】上記3本の輝点点列と同類ではないかな、と思われる極薄い飛線が十数本存在していて、それらは全て、昇りつつつある太陽の存在する方向に向かっているのです。『あたかも、太陽から直接放射されたらしき重い素粒子の飛行する姿』と私には思えました。
 Above three spots thin fly line seems to be akin to a sequence of points is not a lot of books exist, they are all rising rate while is going to present some Sun. It seemed 'appearance to fly such heavy subatomic particles once as the direct radiation from the Sun' with me.
3】天の川銀河が鮮明に点群として写っている写真なのです。『他に飛線と判断できる線分は無いか?』と探して見ると、線分の長さが12mmで、中ほどに輝点を持った無数の飛線が存在しています。その無数の短い飛線は全て「太陽と地球との中間地点に向かっている、もしくは、中間地点(負太陽)から飛行して来ました」という姿と方向性を持っているのでした!
 It is the Milky Way Galaxy is clearly a picture as a point cloud. "Not be fly line and other lines?' Look at and, and the length of the line 1-there are countless flying lines 2 mm, with a spot in the middle. It could have headed to the halfway point between the Sun and Earth, or came flying from the midway (negative Sun) appearance and direction of all the myriad short fly lines are!
 CCDカメラが高精度化して、ド素人の我々が面白いことを発見できる時代になりました。 専門家が上記観点でもって写真分析してみれば、「確かに、重い素粒子が飛行する姿です。そう判断するのが最も確からしい」というお墨付きを頂けそうです。
 すごい時代になりましたね。ニュートンさんも、アインシュタインさんも、開いた口がふさがらない、という態度で、天国で眺めておられることでしょう。
CCD high precision camera and amateur we have interesting things can be found. Experts, photo analysis in the above point of view "is certainly flying heavy subatomic particles.
 So to determine the most probable "that is as well as the seal of approval. Wow now days. Newton's, stance struck speechless with Einstein's open, that will be in heaven that he looked at.
reference タイの天の川
©Mr. Coler. Potographer/Momat/Getty Images
木星の大赤斑が6日に一回周転する訳》へ飛ぶ
Jupiter's great red spot causing? 》Jamping

|

« Black hole ブラックホールの正体 Identity. World consists of binary. 2進数[2進法]で成り立つ世界。 | トップページ | Easy talk やさしいお話 about Light & lamp technology.「光ランプ技術」の目次 contents. »

a 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない★星★が存在している!」カテゴリの記事

コメント

《この4つの物質(M1,-M1,M2,-M2)が4つ共、銀河の重心点(P0)を中心とした回転運動をしていることを忘れないで下さいね。》
《Don't forget that these four substances (M1,-M1, M2,-M2), centered on the center of gravity point P0 of the Galaxy rotation.》
というのがポイントですね、なるほどね。亡霊太陽(ーM2)が実際にハレー彗星の遠日点付近に実在していたとは、驚きです!
Point is say well, I see. Sun shades (-M2) is actually real close to Aphelion of Halley's Comet, which is amazing!
 うん?ということは、このブログ記事は、逆に『光速一定の原理』が正しいことを証明したことにも、なっているのですな。凄い!
Yes? that it is contrary to “principles of the constant speed of light” is correct that this blog is great. Great!

投稿: 亡霊太陽が第二焦点に! | 2018年8月29日 (水) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/74099620

この記事へのトラックバック一覧です: Why elliptical 楕円 orbits of satellites and planets. 衛星や惑星の軌道が楕円になる訳。PS. Found photos captured to PS, sun light, subatomic particles and particles go into the pseudo Sun.:

« Black hole ブラックホールの正体 Identity. World consists of binary. 2進数[2進法]で成り立つ世界。 | トップページ | Easy talk やさしいお話 about Light & lamp technology.「光ランプ技術」の目次 contents. »