« フィボナッチ坊やが語る『オタマジャクシ宇宙論』の目次。Table contents of “Fibonacci Sonny talks about tadpoles’ universe theory”. | トップページ | 光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit". »

2018年9月 8日 (土)

“木星の大赤斑は負太陽の射影 Great red spot on Jupiter by 'negative Sun' projection"

正しさの証明「負太陽の実在」「光速一定の原理」「楕円軌道の第二焦点位置に★暗黒物質★を発見Correctness proof of “the existence of ‘negative Sun’” "principle of the speed of light constant" " there exists a (dark-matter)★ in the second focal point of elliptical orbit
 木星大赤斑ってご存知ですか?今から
350年前に発見された目玉みたいな斑点であり、木星表面上の()のことです。
 Jupiter's big red spot you know?? At spot like the eyeball, discovered 350 years ago from now, on the Jupiter's surface (Vortex) of is. Came with a photo from Wikipedia.
Jupiters_great_red_spot
 1664年に発見されたこの大きな渦は、当時は木星赤道の北部に位置していました。現在は写真の通り、赤道の南に位置しています。『1665年から1713年まで、および、1831年から現在までの間は断続的に観測されている。しかし、1714年から1830年までの間は観測されていない』とウィキペデイアは語っています。更に不思議なことに、近年の20世紀以降は、年々その大きさが縮小していることが明らかになっており、その縮小ペースは約930Km/yearまで加速している、とのことです。光速一定の原理に基づいて検討してみると、この大赤班は負太陽の射影らしいということが明らかになって来ました。今日はそのお話です。要は、
周期6日程度でこの大赤斑は回転している」ということが、中学高校生に納得できる説明になればいいのでしょ。簡単です、早速やってみましょう。

 Big Eddy was discovered by Robert Hooke in 1664, and it was located to the North of the equator of Jupiter at the time. Now for street photography, located in the South of the equator. "From 1665 to 1713 and from 1831 until the current has been observed intermittently. But do not observe the period from 1714 to 1830, and says Wikipedia. It has become clear that more strangely, since the 20th century in recent years, its size has been shrinking, the pace is accelerating up to about 930Km/year, and is. And look at the speed of light constant on the big red spot, negative Sun projection seems to be come become clear. It is the story today.
In short, it is in period 6 days orbiting the big red spot, junior high school students can understand the description better? It is easy, so let's add it.
『先生、質問です。負太陽って何のことですか?太陽のにせものですか?』
偽物(にせもの)ではありません。本当にそこに存在している実像です。見えないからといって手や指をそこに置くと火傷(やけど)するしUFOに乗ってその場所に行くと、UFOもろとも蒸発してしまうのです。私は会社勤めをしていた38年間、光源の研究開発に携わっていました。毎日のように、負太陽(疑似光源)を観察していました。38年間ズ~っと毎日、負太陽(疑似光源)の観察研究をやっていた、と言っても言い過ぎではないのです。『やさしい光ランプ技術』お話を覗いてみて下さいね。今日は、ランプという小さな世界ではなくて、実際に存在する太陽実像、宇宙のお話です。
では、始めましょう。
"Sir, is the question. negative Sun is what? Is it 'pseudo Sun'?' No. It isn’t pseudo, nor Fake. It is a reality there really exists. Burns said from the invisible and put there hands and fingers, and aboard a UFO, go to that location and will evaporate with UFO's. I was involved in research and development of light had a corporate job for 38 years. Like every day, was observed negative Sun (negative light). 38th annual series-was and is not an exaggeration to say every day, observational study of negative Sun was doing. Please talk about 'easy light lamp technology'. It is a story of sunshine reality actually exists today at the small world of light, not the universe. Let's take a look.
 地球を含めて惑星は全て、太陽を中心として回っています。木星も楕円軌道を描きつつ回転しているのです。楕円には二つの焦点がありますね。第一焦点第二焦点の2つです。私たちが常日頃目にしている太陽は第一焦点に位置していて、その第一焦点の周りを地球も火星も土星も木星も、大きな楕円軌道を描きつつ運行しているのです。でも、ちょっと考えてみてごらん。楕円ってフットボールのような形をしているでしょ。第二焦点の位置にも★星★がないと、あんな長細い形にはなりそうにないでしょ。『焦点がたった一つなら、卵型の軌道になるのじゃないかな?』って思いませんか?

 Earth, including all the planets are around Sun as the Center. Draw an elliptical orbit Jupiter while it is spinning. There are two focus ellipse. There are two primary focus and the secondary focus. It is located the primary focus we're seeing daily the Sun, Earth, Mars, Saturn are Jupiter, drawing large elliptical orbit around its primary focus. But you think look. It’s shaped like a football oval? Secondary focus position star not as such long narrow shape you won't?" Not maybe be focused if only one egg-shaped orbit?" Don’t you think?
 先生はね、しつこい性格をしているので、アインシュタインの相対性理論”光速一定の原理”に基づいて検討してみたのです。そうしたら、木星の楕円軌道の第二焦点位置にも負太陽(実像)が存在していて、その負太陽本物の太陽の周りを回っていた、ってことが分かったのです。
『先生、地球も楕円軌道を描いていて、負太陽(実像)が存在しているのですか?ちっとも〈あそこに有る〉ようには見えないんですが・・?』
 Teacher(me), unrelenting character has, based on Einstein's theory of relativity "speed of light constant principle" study, an elliptic orbit with Jupiter II negative Sun, revolves around the real Sun, and negative Sun (real-figure) exist in the focus position I found out that it is.
"negative Sun (real) will have the teacher an Earth orbit to draw? no" there "there doesn't look like I'm-and? '

 あのね、光線ってのは目に飛び込んで来たときだけ、『光っている』って感じられるのですよ。ギラギラと光っている太陽の同じ方向に存在する負太陽を見ようとしても、重なっていて(太陽がまぶしくて)見えないのです。でもね、最近はCCDカメラが高精度化してきたので、プロの写真家が、『なるほど。確かにそこに負太陽あるんだ!』と思える証拠写真がインターネット上で出回るようになりました。《夜明け前に天の川銀河を高精度カメラで写してみると、そこに負太陽(実像)から光子が沢山たくさん放射されているのがCCD写真に写っています》。ああ、この話をしてたら長くなりますから、先を急ぎましょう。
 That, is Ray's is "glowing" we feel only came to my attention when I'm. Bright sun (the Sun is dazzling) overlap and negative Sun in the same direction, even the invisible. But, lately CCD camera, high-accuracy and has been so professional photographer is "indeed. I'm sure there a negative Sun!" Photographic evidence seems to now hit on the Internet. "Dawn is pictured ago the Milky Way Galaxy try copy with high precision camera and there from the negative Sun (real) photons lot lot emissions is CCD". From longer if I was Ah, with this story, let's jump to the destination.
 太陽系の中で一番重たい星は太陽だってことは皆さん知っていますね。ではその次に重い星は何という☆星★ですか?
木星です!、3番目に重い星は土星で~す。』
 よく知ってますね、その通りです。木星が太陽の次に重い星です。ウィキペディアデータで計算すると、太陽のブラックホール半径は3Kmであり、木星のブラックホールサイズは2.86Kmです。木星は太陽と比べるとちょっと小さいだけで、似通った大きさの星だと分かります。宇宙の果てから観測すると、『太陽木星は紛れもなく連星だな』って観測されるのです。
 In the solar system at heavy star Sun coz, you know that. But then the heavy star what say? star ? "Jupiter!, Saturn's third heaviest star to be. "Well you know, you are right. Jupiter is the Sun then is the heaviest star. With Wikipedia data to calculate the black hole radius of the Sun, 3 Km and the Jupiter's black hole size is 2.86 Km. I know Jupiter compared with the Sun a little small but similar stars. It is measured from the end of the universe, "Sun and Jupiter are undeniably binary that is observed.
『先生、質問!連星って何ですか?』
 連星とはね、あまり離れてはいない2つの星が、互いにお互いの周りを回っている兄弟星のことです。遠く離れたところから観測すると、重なった時には暗い星に見え、重なっていない時には明るい星がそこに存在しているように観測されるのです。
見ている方向に一直線状に並ぶと、連星の相手の光を自分の身体()で隠すことになるでしょ。だから、重なった時には暗く見えるの。
"Sir, question! What does binaries mean?'
 Refers to the sibling stars is not binary, too much away from the two stars orbiting around each other together. It is observed there exists a bright star when observed from far away, and looks to the Dark Star, do not overlap. Will be line in the direction you're looking, and binary star's light to hide in their bodies (stars). The look so dark sometimes overlapped.

『先生、それはパルサーのことですか?』
そうです。パルサーは典型的な連星(兄弟星)です。通常のパルサーは、兄星も弟星も共に強烈に光っているので、その増減効果は顕著です。でも、弟星の温度が低くて地球や月のように自分では光を発しない場合にも、連星って呼べるのです。太陽が兄星とすると、木星は弟星です。
但し、遠い宇宙の果てから太陽と木星という連星を観測しても、11.9年に1回しか重ならないので、『ホンの一瞬だけ届いてくる光が小さくなったかな』って観測されるだけなのです。もしも太陽のすぐ近くを回っている水星の位置に木星があったら、これは立派なパルサーですよ。お互いの周りをもの凄い勢いで回りながら周囲に光や微粒子を振りまいていることになるのですからね。
 "Teacher, it is a pulsar that?'
 It is. Pulsar is a typical binary (Brothers-star). Because normal pulsar brother star also brother stars with intense sparkling effects that increase or decrease is noticeable. However, the brother stars temperature is lower, of the Earth and the moon to emit light on their own when the binary is called. Big brother stars and the Sun and Jupiter is the brother stars.
 However, it is only observed "light of coming just for a moment It was smaller?' not even when observing from the distant universe binary the Sun and Jupiter, 11.9 years to overlap only once since. Jupiter had the position of mercury around the Sun close to if this is a Pulsar respectable. It'll get to be around each other around in charges around the particles and light makes us.
『先生、変な質問ですが、もし水星が太陽と同じくらいの重さがあったとしたら立派なパルサーなのでしょ。その場合、地球や火星や土星木星などの軌道は、どんな風な軌道を描くのですか?変な質問でごめんなさい。』
 素晴らしい質問です!
但し、みんなにも分かりやすいように、質問を次の様に変更しましょう。
現在の水星と太陽の質量を足して2で割った質量を持つ2つの星が向かい合って(連星として)お互いの周りを回っていた場合、他の惑星(金星地球火星木星土星天王星海王星・・・)の軌道はどの様な状態に変化するのでしょうか?」という質問に答えるのと一緒ですね。ハッキリとお答えしましょう
"Teacher, is a strange question, but if you had the weight of the mercury and the Sun as a pulsar respectable right. In this case, such as Earth, Mars and Saturn Jupiter orbit is what is going to draw? Weird question I'm sorry. "
Is a great question! However, comprehensible to everyone, so let's change to question. "Face to face with mass divided by 2 and add the mass of the Sun and mercury in the current two-star was spinning around each other as a (binary), on other planets (Venus Earth Mars Jupiter Saturn Uranus Neptune...) of the orbit varies in what State would?" It is together and answer the question. Let me say clearly.

 先に答えを言います。現在の惑星軌道には全く変化はありません。火星も土星も木星もいずれの惑星も、現在の楕円軌道を描きつつ回転運動を続けるのです。
 別の子供が質問の手を上げました、
『先生!だったら、今度は太陽と水星金星地球火星の全ての重さを足して2で割った2つの星が、現在の水星の公転半径と同じ距離を保ちながら高速回転運動をしていた場合に、木星の軌道にどんな変化が現れるのか、正確に教えて下さい。』

 Says the answer to. The current planetary orbit no change. Draw the current elliptical orbit Mars, Saturn, Jupiter is one planet, while continue the rotation. Another child raised the question in hand, "teacher!, if you had a fast rotational motion while keeping the distance divided by 2 and add all the weight of the Sun and mercury Venus Earth Mars now two stars is the same as the orbital radius of mercury present in the Tell, precisely what changes appear in the orbit of Jupiter.'
 強烈な質問が飛び出して来ました。お答えしましょう。
その時にも、木星の軌道には変化が現れないのです。もっというと、土星天王星海王星冥王星に至るまで、現在の楕円軌道は微動だにしないのです。この授業参観には御父兄の方々が多数ご参加されています。数学や物理学がお得意の御父兄の方もいらっしゃるでしょう。子供たちのために是非計算なさってみてください。きっと次の授業参観日にご報告下さることを期待しつつ、「負太陽」のお話に戻りましょう。
 It came out of intense questioning. Let's find out.
There are no changes in Jupiter's orbit at that time too. It is said more, ranging from Saturn Uranus Neptune Pluto, the elliptical orbit of the current budge does not. Many of our parents participate in this classroom visitations. Parents are adept at math and physics? Do you calculate for our children to come. Hope you will inform me: a parents' day, while back to talk about negative Sun.

 授業中の皆さんには補足的に、もう少し分かりやすい答え方をしましょう。
即ち、『地球を含めて地球よりも内側にある惑星のことを内惑星と呼ぶのですが、内惑星重心点P唯一ひとつしか存在しませんもしも、地球よりも外にある外惑星(火星木星土星・・・)が等速運動(一定のスピードでの慣性運動)をしていたとしたら、外惑星の軌道は全て、重心点Pを中心とした円運動(慣性運動)をします。その半径は外惑星の個々の公転半径と一致します。』これに対して異議を唱える物理学者はこの世の中に存在しません。
 How to answer to everyone in the class a bit more familiar with in the supplemental. Namely, "to the Earth than inner planets including Earth in is referred to as planets, in does not exist, but only one center of gravity point P of the planet. Outside if located outside the Earth more than planet (Mars Jupiter Saturn...) and velocity (inertial motion at constant speed) then out of all the orbits of the planets are the center of gravity point P using circular motion (inertia). Its RADIUS is outside match the orbital radius of the individual planets. "Physics of dissent against it does not exist in this world.
『先生、質問です。惑星はハレー彗星を含めて楕円軌道を描くのでしょ。だったら円運動ではなくて、楕円を描くという楕円軌道の話をしてくれないと、納得できないのですが・・?』
 子供たちは本当に素晴らしい感性を持っているのですね。お答えしましょう。
皆さんは、画びょう📌2つと紐(ひも)輪とを使って楕円を描いたことがありますね。中学生なら、コンパスを使って第一焦点⇒反射点⇒第二焦点への距離が等しくなるような点を沢山描いて(プロットして)楕円が描けることを習って知っています。
 復習をしましょう。
"Sir, is the question. Draw an elliptical orbit planets including Halley's Comet? Were is unconvinced and don't talk about in elliptical orbits rather than circular motion, to draw an ellipse, and?'
 I have really great sensitivity to children. Let's find out. I have you and tack
📌 two painted oval using the strap ring. Junior high school students use the compass first focus reflection point They know, learning how to draw a lot of distance to the secondary focus is equal respect (plot), draw an ellipse. Let's review.
 まずは、木星の楕円をA4用紙上に描いてみましょう。最初に、紙の中ほどに、字印のを打ち、その点を通る横線を引きます次に、木星の近日点と遠日点とをプロットしていきます。
1】木星の近日点距離は742,800,000Kmなので、から左側に、74.3 mm 離れた所に点Aを打ちます。が太陽の位置であり、近日点Aが左側に位置しています。
2】木星の遠日点距離は818,300,000Kmなので、から右側に、81.8 mm離れた所に点Bを打ちます。そして、点Aと点Bとを結んで線分ABとします。《この線分ABが楕円の長径になります》。そうしておいてから、おもむろにコンパスを取り出して、
 First, let's draw an ellipse Jupiter on A4 paper.  Draws a horizontal line passing through the point, first to beat cross signs point in the middle of the paper. Secondly, we plot Jupiter's perihelion and Aphelion.
 [1] Hits A perihelion distance of Jupiter is 742, 800000 Km, cross point to the left, 74.3 mm away from. Cross point is the position of the Sun, perihelion A is located on the left side.
 [2] Hits the point B to the Aphelion distance of Jupiter is 818,300,000 Km, cross points from 81.8 mm on the right side. And the line segment AB and struck between point A and point B.
the line segment AB major length diameter. Then, slowly remove the compass,
3にコンパスの針を立て、点Aの距離に芯の先を合わせて円O1を描きます。コンパスの開き角が変わらないように注意しながらコンパスを抜き、その針の先を点Bに移動します。そして、線分ABの上に十字の印を書きます。二つのができました。最初の方が第一焦点なので、F1と名前を付けます。後で描いたは第二焦点なので、名前をF2とします。まだそこには光を放つものは何もありませんが、取り敢えず、F2を中心として、左と同じ大きさの円O2を描いておきます。《 ついでですから、線分ABの中点にも同じ大きさの円O0を描いておきましょうね》 さてその次に、
 [3]
Cross point stood the needle of the compass, draw a circle O1 points a fit to the core. Compass angle does not change so carefully unplug the compass, the needle moves to point B. Then write the sign of the cross on the line segment AB. You now have two cross. It is the primary focus, so give the F1 and the name. Cross point drawn after a secondary focus F2 and the name. Still emit the light there is nothing but the F2 as the center left and should draw the same size circle O2. "Next draw keep same size circles O0 so to the midpoint of the line segment AB." Well then,
4】コンパスの針の先を点Bに移して、コンパスで〔BF1〕の長さを写し取ります。再度、コンパスの尖った針の先をF2点に移動して大きな円弧を描き、円O1との交点つを定めます。交点〔PP'〕が求まりました。その半径のままでコンパスの針の先をF1点に移動して同様に〔QQ'〕を決定します。
 コンパス半径をもう少し大きくして、同じ操作【3】【4】を繰り返して行きます。そうすると、P,Q,の並び(点群)はひとつの楕円カーブ上に並びます。これが、木星が描いている楕円軌道の形です
最初に(ついでに描いた中央の円O0短径)と、この楕円カーブは接していますね。
[4] B moved the needle of the compass, compass [B-F1] of length ballpoint pen. Go F2 point to needle-pointed compass again, drawing large arcs and defines the intersection of circle O1 O2. Intersection [P, P'] obtained you. As the radius of a compass needle move F1 points, as well as [Q, Q'] will decide. The compass RADIUS slightly larger and will repeat the same operation [3] [4]. The sequence of points hits on an elliptic curve. It is a form of an elliptic orbit with Jupiter portrays this is.
 First (depicting the central circle O0: miner diameter) and it is elliptical trajectory curve.

 この操作は、天文学が専門の先生が描いても、物理学や数学の先生が描いても一緒のカーブになります。コンピュータに自動描画させても同じ楕円を描いて「これ以上の正解は有りません」と言いつつ答えを返してきます。
 This action drew astronomy Professor, a teacher of physics and mathematics will be along the curve. Draws the same ellipse also make drawing on the computer and say 'No more correct "answer back.
 以上は中学校の幾何の復習でした。
★これはやってみれば、小学生にだって描き出せる楕円の描き方なのですよ。
木星に限らず惑星は正直者ですから、何年も何十年もかかって、この楕円軌道上を運行しているのです。ハレー彗星もこの法則で太陽系内の時空間を80年一日の如くに運行しているのです。
 質問してくれたAさん、『・・・太陽と水星金星地球火星の全ての重さを足して2で割った2つの星が、現在の水星の公転半径と同じ距離を保ちながら高速回転運動をしていた場合に、木星の軌道にどんな変化が現れるのか?』という疑問を、勇気を持って発言してくれたAさん、これで納得できましたか?
 Review of the geometry of the junior high school was over. It is a way to draw ellipse on elementary school children's ability to create if you try it. Regardless of Jupiter, planet is an honest person, too, is operated on an elliptical orbit, it takes decades.  It is operated by Halley's Comet also like 80, day time and space within the solar system in this law. Stacey asked me, "what if you had a high speed rotation while maintaining 2 stars... all the weight of the Sun and mercury Venus Earth Mars, divided by 2 is the same as the orbital radius of mercury present in Jupiter's orbit appears any change?" That could convince in this questionable courage, he said, it's A?
 休憩に入る前に、ここまでのまとめをしておきましょう。
自分よりも内側にある惑星(内惑星)重心点Pを中心として、全ての外惑星は楕円軌道を描きつつ運行しているのです。これを覚えておいて下さいね。ちょっと休憩(コーヒータイム)にしましょう。
  休憩中の雑談です。
『先生、真にしつこい質問ですが、よろしいでしょうか?
先ほど先生は、内惑星外惑星とに分けて、内惑星の総重心点Pの周りを外惑星は全て楕円軌道で回ってます、って子供たちに話されてたでしょ。あれに関する質問です。冥王星だけを外惑星とし、その他の全ての惑星を内惑星として扱った時にも、あの話は成立するのでしょうか?』
 ええ、その場合にも、外惑星の冥王星は、現在の運行状態を続けることが、ニュートン力学の範囲内でも成立するのです不思議でしょ
 Keep a summary before going into the break. Than their inner planets (in the planet) of is Center of gravity point p, mainly out of all the planet while elliptical orbits operates. Please keep this in mind.  Hey let me break (coffee break). This is a chat during a break. "Sir, is truly a nagging question?? Earlier teacher is in planet out on separate planets, in total Center of gravity point P of a planet around outside all planets are revolving in an elliptical orbit, it was spoken to the children's. It is a question about that.  Only Pluto outside the planet, all the planets and the other in are sometimes treated as a planet, that story would? ' Yes, in that case, even outside of Planet Pluto, you keep current navigation exists even within Newtonian mechanics. Strange, isn't it?
冥王星はご存知のように、海王星の内側にまで食い込むような楕円軌道を描いているのですよ。それでも、太陽系の総重心点Pを中心とした楕円軌道を忠実に描くのですか?』
 はい、その通りです。ハレー彗星を見てごらんなさい。天王星や海王星のはるか遠くからやって来て、太陽や地球の直ぐ近くにまで大接近したあと、また海王星や冥王星の軌道を越えたはるか遠くまで、飛んで行くのです。そしてその軌道を計算してみたら、何と、やっぱり楕円軌道であったのです。詳細な天文観測で確認できています。
 "It portrays make inroads into the inside of Neptune you know of the elliptical orbit Pluto is.  Draws an elliptical orbit but centered on the total Center of gravity point P of the solar system do?' Yes, you are right. Look at Halley's Comet. It is far beyond, approached very near the Sun and the Earth, until, coming from far away Uranus and Neptune, as well as Neptune and Pluto's orbit and fly. And when calculating its orbit if and what It an elliptical orbit was is in. This is confirmed in detailed astronomical observations.
『不思議ですね。宇宙にはカイパーベルトとかいう星くずが集まった地帯があって、そこから偶然に(偶々)地球がある辺りに向かって落ちて来るのが彗星だと聞いたことがありますが、あれは嘘の話なのでしょうか?』
 ハッキリ言って、あの彗星の巣だとか、流れ星の巣だとかいうのは嘘(空論)ですね。考えてもみなさい。冥王星はいずれ海王星と合体して「冥海王星」になりますが、その軌道は、冥王星の現在の軌道と海王星の現在の軌道とを足して2で割ったような軌道になるはずでしょ。違いますか?
 カイバーベルトの星くず同士が衝突合体したとしても、その合体した星は、カイパーベルト内からは決して抜け出せないことは自明です。衝突前の2つの星の重心点
P1と衝突合体後の重心点P2とはどうあがいても同じとしか言いようがないのです。
"It is strange. Have heard of Comet's zone gathered Stardust said Kuiper on universe, from accidentally (happened) Earth come down towards the area that lies about so great?"
⇒ To be frank, because of that Comet's nest, nest of shooting stars is a lie (theory). Please, think. Pluto and Neptune, both in (the) incorporated into the "Neptune's dark", but should become its orbit is added with Pluto's current orbit of Neptune's current orbit divided by 2? Different from or? Even after merging the Stardust Khyber belt, the United Star was never mired in the Kuiper belt that is self-evident. Center of gravity point P1 2 star before the collision and is not the same as you say top and center of gravity point P2 after the collision coalescence.

『なるほど。その点は理解できました。もう一つ聞いても、よろしいでしょうか?
外惑星楕円軌道を取ることは理解できました。内惑星として太陽系全ての天体は勿論の事、太陽系内のすべての星くずや彗星などを含めた全重量が太陽系の総重心点P01極集中しているとしましょう。その場合に、例えばハレー彗星は、やっぱり、正確に楕円軌道を描くことになるのですか?』
"Hmmm. You understand that point. Also another thing to hear? Outside could understand taking the elliptical orbit the planet. In the planet as course all solar system bodies, let's assume you have a total weight, including all the Stardust in the solar system, comets unipolar centralization in total Center of gravity point P0 of the solar system. In that case, e.g. Halley's Comet is, precisely is more likely to draw an elliptical orbit? "
 ええ、その通りですよ。太陽の重力圏内においては、太陽が属する全ての星くずは楕円軌道を描いています。昔太陽が爆発したのは
46億年前ですが、あれから46億年もの長い歳月が経っているのです。爆発当時の放射性元素も全て消滅し軌道が交錯した不安定な星くず同士も合体しあって、現在では、星と星とが衝突する可能性はZEROだと言ってもいいくらいに減少しているのです。
 Yes, that's right. All Stardust belong within the gravity of the Sun the Sun drew an elliptical orbit. 4,600,000,000 years ago is used the Sun exploded, but since 4,600,000,000 years is has been a long time. Declining to say that ZERO could be combined with unstable Stardust with all radioactive explosion at that time and then disappear, a complicated trajectory, collide and stars and now, as good as is.
 それでも極まれに正面衝突するケースが出て来ます。どのくらいの割合かということを、例を持ってお話しましょう。地球は非常に特殊な星であって、火星程度の星10個ぐらいが衝突合体して出来たのですが、46億年以降も1億年に1回ぐらいの確率で、半面衝突(正面衝突ではなくて地球半径分だけずれたオフセット衝突)が起きています。その証拠が、地球のしわ山脈や海溝)として刻まれています
その1億年に1回地球に半面衝突する惑星も、衝突後は衝突前とほとんど変化しない
(ほとんど同じ)楕円軌道を描いて運行しているのです。ああ、このお話は今回のテーマ「負太陽の影が大赤斑です」という主題とは直接の関係を持っていませんので、またの機会にお話しましょう。
 さて、皆さんが待っておられるので、教室の方に戻りましょうか。
 Comes to head-on collision but still very rare, cases. Have a case or what proportion of that, talk about Facebook. Is the Earth is a very special star merging with Mars stars about 10, was in probability of 1 to 100 million in 4,600,000,000 years later, half occurring collisions (offset collision rather than a head-on collision, all Earth RADIUS). The evidence is engraved as a wrinkle of Earth (mountains and trench).
It is an elliptical orbit and 100 million years once one side colliding planets are colliding with Earth after the collision before and rarely changed (pretty much the same), that runs from.  Oh, this story does not have directly related with the theme of "negative Sun shade is the big red spot" as a theme, so also the opportunity to talk about let. Now, everyone is waiting, so let's get to the classroom.

 皆さんお待たせしました。授業を再開しましょう。
前の授業で、「太陽が2つあって連星として)互いの周りを回転しあっている時、周りに存在する全ての惑星は、連星の回転中心P0を中心とした楕円軌道を描くという事をお話しました。木星も例外ではなくて、連星の重心点P0を回転中心とした楕円軌道を真っ正直に移動しています。
 ここで質問です。2つあった連星(2つの太陽)の一方が突如無くなったことを想定して下さい。その後の木星はどんな軌跡を描くでしょうか?
 答えを先に言ってしまいましょう。ちょっとだけサイズが変化しますが、やっぱり元の楕円と相似形の楕円を描くことになるのです。
 You guys are waiting for was. Let's start with the next class. In the previous lessons, "tell you that all the planets exist around the Sun had two, as the (binary) and spinning around each other and then draw an elliptical orbit centered on binary revolution Center P0 did.  Jupiter is no exception, and the rotation Center of gravity point p0 of the binary orbit to move seriously. Here is a question. Assume that suddenly lost one of two binary (two solar). Jupiter and then draws what path?
 Answers to let's say. It will be just a little smaller, but still the original ellipse and polygon ellipse to draw is.
『先生、ちょっと宜しいですか?
太陽が2つある場合には、第一焦点と第二焦点の各々に太陽があるので納得できますが、太陽がたった一つになった場合には、焦点がひとつに変わったのだから、その惑星(木星)の軌道は、楕円とは限らないのじゃあないですか?』という素朴な質問が、御父兄の方から声が上がりました。お答えしましょう。

"It's turned into one focal point, if it makes sense, if the teacher, Sun has two each of the primary focus and secondary focus in Sun, the Sun was only one from the orbits of the planets (Jupiter) is not necessarily an ellipse are not? ' Simple questions that have been raised from the parents. Let's find out.
( ★書き下ろし中★2018/09/08 8:18)Hiro. Oyama
  次の話は頭の体操ですよ。
 遠い太陽系の外から太陽系の惑星が見えるところまでUFOに乗って宇宙人がやってきました。UFOに乗っているのは、あなたですよ。あなたがそのつの惑星を見ると、木星が太陽の側にありました。どうやら木星は遠日点の辺りを運行している様子でした。
あなたがひと眠りしてからぱっと目を覚まし、見ると木星は反対側に移動していました〔木星は太陽の側を運行していたのです〕。しかも木星の運行状態をよくよく観察すると、近日点ではなくて遠日点に相当するところを運行しているように見えたのです。変だなって思いながらまた瞬きをしてみました。すると、木星の位置が近日点付近を運行しているのが分かりました。『あれ、さっきのは何だったのかな。楕円の軌道が二つあるように見えたぞ』ってUFOに乗っているあなたは思ったのです。
 This thought experiment is a brain teaser. To look from the outside in the distant solar system planets of the solar system, aboard a UFO and aliens has arrived. You are on a UFO. You see that eight planets, Jupiter was on the right side of the Sun. Apparently, Jupiter was operated on Aphelion around. Suddenly woke up from your NAP, and Jupiter was moving on the other side [of Jupiter was operated on the left side of the Sun]. It is seemed that operates rather than operational conditions of Jupiter and to observe closely and perihelion, Aphelion corresponds to. That's strange that I also tried to blink. Then found Jupiter's position runs near the perihelion. "That's is what was. Seemed to be an elliptical orbit is two." You thought you are aboard a UFO.
 そこであなたは、はっと気が付いて、スクリーン上に映し出された二つの楕円が重なるように画面を操作して見ました。すると、どういう訳だか楕円の第二焦点にも太陽が光っていることが分かりました。そこでUFO搭乗者のあなたは、『ははー、分かったぞ。正(陽)の太陽負(陰)太陽の2つがそこに存在しているのだな。確かに存在しているわな』って思ったというお話です。
 So you are startled with care, saw working the screen was projected on the screen two ovals overlapping. Then I found that the reason the sun shines in the secondary focus of the ellipse. So your UFO occupants are "is-, I've got it. That's two negative Sun with a positive Sun glowing in fact exist there. Do indeed exist, it is a story that I thought.
 時間の観念を頭から外して、単純に図形の概念だけで宇宙を観測すると、こういう現象が観測できるのですが、あなたは宇宙人の眼で太陽系を眺めることが出来ましたか?
『先生、私は宇宙人になって見ることが出来ませんでした。どうしたらそういうことが分かるのですか?』
実はですね、似たようなことを、ガリレオガリレイも経験したのです。彼が手作りの望遠鏡をのぞいて見ると、昨夜見た時と、今夜見ている時とでは、四つの衛星の分布とは大きくことなっていたのです。毎夜毎夜観測していると、四つの衛星が各々2つ一組(ペアー)の楕円を持っているように見える、という錯覚を覚えるのでした。そこでペアーになっている楕円を頭の中で重ねてみたのです。すると、その楕円の第二焦点と第一焦点の位置に木星本体が行ったり来たりして見えたのです。時によると、第一第二の焦点の両方に、木星があるようにも思えたのです。
 You can view the solar system in the eyes of the alien's head off the idea of time and simply observe the space shape concept alone, such phenomena can be observed, but?
"Sir, I couldn't look at it as an alien. Is how do we know it?'
 In fact is experienced, well, looks like Galileo Galilei. It is the last night with his homemade telescopes to look at and when he has seen tonight, was getting larger and four satellite distribution. Has observed every night every night, and four satellites was to memorize an illusion it seems like each have two 1 pair ellipse. So is the ellipse which pair tried repeatedly in his head. Then, it is at a secondary focus of the ellipse and the primary focus back and forth to Jupiter itself, appeared. It is said that when both the focus of the first second, Jupiter will be sounded.
 これと同じ話(思考実験)は、何日か前に生徒には話したので、生徒の皆さんはニコニコ顔をしていますね。ご父兄の方々が不思議そうな顔をしておられる様子ですので、別の角度からお話ししましょう。生徒の皆さんは復習のつもりで聞いて下さいね。
 I told this same story (thought experiment) that some days ago to students, so students smiling face have. With parents who wonder how so let's talk from different angles. Students will listen with the intention of reviewing it.
 楕円の第一焦点に太陽(点光源)があって、四方八方に光を放射状にばらまいていました。その楕円はフットボールのような回転楕円面の形をしていました。第一焦点から放射状に出た光は、〔楕円反射面なのですから〕反射後には全ての光子は、第二焦点に集まって来ます。
そして、その楕円の第二焦点で実像負太陽〕を作ったと思ったら、そのまま楕円の第二焦点を通過
(素通り)してまた楕円面で(+3回)反射されて、反射後の光子は全て、第一焦点〔太陽がギラギラと光っている点)に集光していきます。
実はこれで、エネルギーの帳尻は合っています。出て行った光が舞い戻って来ただけなのですから、差し引きゼロです。

 Sun (point source), the primary focus of the ellipse was sprinkling light radiating in all directions. Has been the oval shape of the ellipsoid surface, such as football. The light radiating from the primary focus [is an elliptical reflector] come together all the photons are secondary focus is reflected. And the secondary focus of the ellipse real [negative Sun] also reflected by ellipsoid surface, and if you made a secondary focus of the ellipse pass and all the reflected photon is primary focus (point bright sun) in will continue focusing. To tell the truth in this energy balance is right. It just came back light went out from is offset.
 ところがこの回転楕円体の中に★星★があったらどういう現象が起こるでしょうか。
その★星★に光子群の一部は吸収されてしまい、その部分が欠落した反射光として、太陽のある位置に舞い戻って来ることになります。欠落した部分は太陽表面の温度が下がります。再度出射して行く光子群の内、欠落部分からの光は暗いでしょ(光子数密度が低くなっているでしょ)。そうすると、楕円軌道反射面で反射された光子群は、第二焦点に再集結してみると、欠落部分に相当する負太陽像実像)は暗くなっています。このサイクルを何千回も何百万回も繰り返していくと、太陽表面の温度は、その部分にだけ集中してその部分の温度はドンドン下がって行きます。
 惑星はじっとしてはおらず、太陽の周りを公転しています。ですから、太陽表面にできた温度の低い部分は段々とその位置が動いて行くことになります。

 However during this spheroid star if what happens? The star to absorbed part of the Photon Group and will be coming back at the Sun as the reflected part is missing. It decreases the temperature of the Sun's surface is the missing piece. Again emits Photon Group go shines in the dark from lack of light (photon number density is low, right?), right. negative Sun image real photon is reflected in an elliptical orbit reflectors, try reunion in the secondary focus, and corresponds to the missing part is dark. Repeated thousands of times million times this cycle and temperature of the Sun's surface by concentrating only on the part the goes banging down is part of the temperature. The planet still is not, revolves around the Sun. So, lower part of the temperature on the surface of the Sun will gradually move its position.
 木星に関しては公転周期が11.9年です。但し、木星が11.9年経って元の位置に戻って来てみると、地球は木星が一周するよりも一回余り多く太陽の周りを回っています。地球時間で1回転した時点で木星の位置は、11.9111年の位置にあります〔1年分だけ遅れた位置に木星はいます〕。木星で吸収されて表面温度が下がる箇所は後退していき、終いには地球からは見えない位置に回り込んでいくのでした。そして年月が経つと、反対側からその温度の低い箇所が姿を現して来るのでした。
 そしてその大きな黒点部分が太陽表面の同じ位置に来たので経過した年月を数えてみると
11年が経っていた!太陽黒点の総面積が最大となる周期は約11年だな』と、近代人は知ったのでした。
 When it comes to Jupiter orbital period is 11.9 years. However, Jupiter is 11.9 years and try to come back to its original position, Earth circling Jupiter is more than 1 times too many, going around the Sun. At the time of the revolution in earth hour Jupiter's position as the 11.9 - 1 ≈ located 11 years [Jupiter is located only 1 year late]. You go back wherever it is absorbed in the Jovian surface temperature drops, turns invisible from the Earth to the end position. And as the years went by, and from the other side come up where the temperature is low. And that big black part of the Sun's surface had been counted the years, it came to the position after 11 years. It was learned of modern man "With the total area of sunspot maximum periods about 11 years, ' said.
『ちょっと待ってよ、先生。木星の公転周期は11.9年なのでしょ。話を簡単にするため、小数点以下を四捨五入して木星が太陽の周りを1周する時間は12年でしょ。12年の間に地球は太陽の周りを12回転しているんじゃないのですか。先生は〔地球が1回だけ余分に回っています。13回転しています〕って言ったけど、どうして1回余分に地球は回る事になるのですか?訳が分かりません!』
"Wait a minute, Sir. The orbital period of Jupiter is 11.9 years of it? Time to 1 around the Sun Jupiter rounded decimal places for easier to talk about 12 years? It is not during 12 years of the earth around the Sun 12 rotating? He [extra around the Earth once. 13 is rotate] I said, but why 1 extra earth around will do? I don't know why! "
 面白いことに気が付きましたね。説明しましょう。
1日は、太陽が真南に来る(南中)位置で決められているのです。その基準で時間の単位(//時/分/秒)が定義されているのです。この時間単位で測ってみたら、木星が太陽の周りを一周するのに12年かかるのです。
12という数字を時計の短針の動きに置き換えてみると分かりやすいでしょう。そして、時計の長針の動きが地球の動きだ、って考えることにしましょう。 そうすると、あなたも気が付いたように、短針(木星)が1回転した時に長針(地球)12回転しています。先生が嘘を言ったのかな?いいえ、本当に地球は13回転しているのですよ。それが分かるためには、その丸い時計を太陽系の真ん中置いてみれば一目瞭然なのです(納得できるのです)
 You have noticed a funny thing. Let me explain. It is determined by position 1, comes the Sun the South. Unit of time is the standard (year/day/hr./min/sec) is defined. It is to circle Jupiter around the Sun, measured in time units after 12 years. Easy-to-understand and put a 12 hour hand of the clock movement. And the movement of the minute hand of the clock is the movement of the Earth, we think. To do so, (as you noticed), woke up to the hour hand (Jupiter) one revolution at 12 rotating the (Earth). Told your teacher lie in it? Is No, the Earth is spinning really 13. Is obvious if it sees in the middle of the solar system put the round clock to know if (it is acceptable).
1】短針(木星)が、時計の1時の方向を指しました。その時に長針(地球)は、まだ正午(12)の方向を指しているでしょ。木星地球とが会合する(重なる)ためには、長針と短針とが重ならければなりません。長針が短針と重なるためには、5分余りの時間が必要ですね。
 Short-hand (Jupiter), but pointed to the clock 1 o'clock. At that time long-hand (Earth) is still pointing to the noon (12 o'clock) direction, right? If the minute hand and hour hand and heavy to meet (overlap) between Jupiter and Earth must not. Time of 5 minutes more is required overlaps with the hour hand second hand.
23時になりました(その時計の二本の針が3時の位置を指しています)。長針と短針で出来る角度は90度になっています。長針が短針に追いついて重なる(会合する)ためには、15分余りの時間が必要です。その状態〔木星と地球と太陽とが一直線状に並んだ状態〕にするには、太陽系の上に置いた丸い時計を90度時計方向に回転してみればいいでしょ。 (Watch two needle points to the 3 o'clock position). Angles in the hour hand and the minute hand is at 90 degrees. To (meet) for keeping up with, the hour hand minute hand and overlap time of 15 minutes is required. The State [Jupiter, Earth, and Sun line adjacent to each other] to the round clock placed on the solar system by 90 degrees more clockwise rotated to the right look good, right? Similarly、同様に、
36時間が経過した時、夕方の6時になったとき、時計の針は真反対側を指しているでしょ。長針が短針よりも半周分遅れているのですから、丸い時計を180回転した状態が、木星と地球とが会合した状態だと分かりますね。
 At six in the evening when the clock hands are pointing to the opposite side. State had met in Jupiter and Earth rotation round clock 180-degree right hand more than half minutes late because State! and you know it.
4】さあ、再び、時計の長針と短針の方向が12時の方向を指しました。その時あなたは、丸い時計を《時計の針が進む方向に》+1回余分に回転しているでしょ。木星が太陽の周りを1周する間に、地球は1回余分に回っている事、納得出来ましたか?
 Now, again, the direction of the hour hand and minute hand pointed 12 o'clock. At that time you will round clock in the "hands of the clock forward" +1 more rotating? During the 1-rotate around the Sun Jupiter was convinced things are turning over once the Earth?
 アラビア人かどうかは分かりませんが、古代の人は、木星が南中するのに12年かかることから、1年≡12か月という時間単位を定めた模様ですね。これが60進数の発明されたきっかけなのでしょうね。占星術師や星占いを馬鹿にしてはいけませんよ。   Though culminates Jupiter is ancient, but I'm not sure whether Arabs or from 12 years,(1-year 12-months) is determined that 12-hour pattern. I guess a chance invented this number 60 decimal.
Don't be fool to astrologers and astrology.

星占いで「大会合の年には不吉なことが起こる」という話を聞いたことがあるでしょう。大会合とは、夜空を見上げた時に、火星・木星・土星・・・などが一緒の夜空に見える珍しい時期をそう呼びます。〔星々が大会合するという意味です。肉眼で見える惑星で速度が遅い方の2つ(土星と木星)の公転周期の最小公倍数で大会合周期は決まっているはずです。どなたか後で調べてみて下さい。暇な人はお金を払って星占い師にでも聞いてみて下さい〕。その中で一番大きくて一番重たい惑星は木星です。その木星の公転周期から地球の1年(一回転)を引き算すると11年であって、太陽黒点の総面積が最大になる周期の11年と一致していた!もっというと、地球外惑星の影が太陽表面上に黒点という形で射影されていた!という事です。
 In the horoscope that spoke to large meetings, bad things will happen. During large meetings and looked at the night sky, Mars, Jupiter and Saturn... call it uncommon time looks in the sky together. Means that a big meeting the stars”. University meetings cycle should be decided in the least common multiple of the orbital period of the two slowest speed in the planets visible with the naked eye (Jupiter and Saturn). Check out later?  In its biggest and most heavy planet is Jupiter. Coincided with the 11-year cycle when you subtract the year of Earth (rotation 1) from the Jupiter's orbital period in 11 years, to maximize the total area of sunspots! Said more extraterrestrial shadow of the planet was being projected in shape of sunspots on the solar surface! " is.
 どさくさに紛れて、太陽黒点の位置や大きさが外惑星の射影であったことを証明してしまいました。授業参観の最中ではありますが、ご意見をお持ちの御父兄の方は、どうぞ遠慮なく思う所を述べて下さい。
 皆さん納得されたご様子なので、これからいよいよ、「木星の大赤負太陽射影である」というお話に移りましょう。授業終了ベルが鳴りそうなので、少し急いでお話します。
 Under the cover of confusion, the position and size of the sunspot out was proof that the projection of the planet. Middle School Open House, should be opinions note hesitate thinking that parents have. You guys looked like you were convinced, so let's move on to the story "Jupiter's big red spot negative Sun projection" that finally. Since the end of the bell rang it in a hurry, talk more.

 木星の自転周期は《
9時間 55.5分》だとWikipediaに出ていました。何と10時間で1回転するという猛スピードで木星は自転していたのですね。もの凄いスピードです。
地球は
24時間で1回転というゆっくりとした自転速度です。おまけに、木星の半径は、地球の半径と比べて11倍も大きいのです。2.4x11=26.4 26倍以上のスピード!よちよち歩きの赤ちゃんと中距離ランナー位の違いがあります。
 木星はガス惑星
(ガスを主成分とする惑星)ですが、もちろんその中心には固体の核があります。地球の大気は大地と一緒に自転しています(そうでなければ、地球は毎日が暴風雨です!)。ガス惑星の大気の自転スピードは、中心核が10時間に1回転していることを意味しているのです。
9 hr.+55.5min." is Jupiter's rotation period and was out on Wikipedia. It was Jupiter rotates at the speed in anything 10 hours after a single rotation that is. Charges is the speed. Is the Earth a slow rotation speed of rotation in 24 hours / day.
Moreover, compared to the radius of Jupiter, the radius of the Earth, it is 11 times larger. 2.4x11=26.4 26 x or more speed! toddler babies and there are differences of middle distance runner.
 Jupiter is a gas planet, but of course solid core in the Center. Earth's atmosphere rotates with the Earth (if not, Earth is the daily storm!). Is the rotation speed of the gas planet's atmosphere i.e., core 10 hours 1 rotating.

 この環境下にあって、木星の大赤斑は、6日程度の周期で回転しているのです。不思議だとは思いませんか? 何故不思議かと言えば、中心核や木星を取り巻く大気が0.4日で1回転しているその環境下にあって、大赤斑は、我関せずという風に、6日もかけてゆっくりと動いているのです。それも、木星の大赤斑が発見されて以降の350年間も、ズ~とその存在が確認され続けているのです。この事実だけでも『木星の内部に原因があるのではない。木星を取り巻く外部環境がその大赤斑を引き起こしている』という予想が付くでしょ。
今日に至るまで、何故、誰もその事を指摘しなかったのか不思議なくらいです。

 It is in this environment, Jupiter's great red spot turns in a period of 6 days. Strange don't you think?? 0.4 on the atmosphere surrounding the core, Jupiter, I do wonder why a somersault under the great red spot, we do not related and is moving slowly, over a 6. Discovered Jupiter's great red spot, 350 years later, ‘Non-relation with me’ and is continuing and confirmed its existence. This fact alone "doesn't cause inside of Jupiter. The environment surrounding Jupiter, causing its great red spot ', that is expected, right? Until today nobody did not point out that is a wonder.
 以降のこの父兄参観授業では、『大赤斑の原因が実は、負太陽が実在していて、その影が木星表面に投射されたものであった』という説明を致します。あともう少しです。最後まで御静聴のほど、宜しくお願い致します。
 次へ続く。continue next

 Since parents' class will "the cause of GRS (Great Red Spot) and to tell the truth, the real negative Sun and shadow is cast on the surface of Jupiter that was' description. It is a bit more. Thank you for you, the more of your attention until the end.
( ★2018/09/09 10:33★)Hiro. Oyama

|

« フィボナッチ坊やが語る『オタマジャクシ宇宙論』の目次。Table contents of “Fibonacci Sonny talks about tadpoles’ universe theory”. | トップページ | 光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit". »

Light 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない星★が存在している!」カテゴリの記事

コメント

  miyamoより。
 木星が太陽系の惑星の中で最も質量の大きな星であることや太陽になり損なった星というのは知っています。ただ今回のような大赤斑とか疑似太陽というような話は初めて聞きました。その意味では大変興味深いです。
 Know is damaged and Jupiter planets of the solar system in most of the mass of big stars and the Sun Star. 'Pseudo Sun' and "great red spot" just like this story is heard for the first time. It is very interesting in that sense.
  miyamoさん、コメントありがとう。
 疑似(負,陰)太陽は太陽系の中に実在しているのです。観察対象をランプ世界に移すと、負太陽は疑似光源という言葉に置き換えられるのです。
 Thanks for comments. It is suspected the 'negative Sun' exists in the solar system.  It is observed into the light world and 'negative Sun' is replaced with the word "false light".
 今回のお話しシリーズは、「アインシュタインの相対性原理(光速一定の原理)」の応用編なのです。『難しい言葉を一切使わない』で、相対性原理を説明しようとしています。その内に、『なあんだ、非ユークリッド幾何学やリーマン幾何学とはそんな単純なことだったのか。宇宙空間は球面幾何学の世界なんだ!』って子供たちが納得してしまうことを目指しています。
 This talk series is the "Einstein's principle of relativity (the speed of light constant principle)" variation. In "without any difficult words, has tried to explain the theory of relativity. In its "what was such a simple thing, non-Euclidian geometry and Riemannian Geometry. Outer space is spherical geometry world's!' That aim could persuade their children.

投稿: 負太陽≒陰光源、陰太陽! | 2018年9月 8日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/74164430

この記事へのトラックバック一覧です: “木星の大赤斑は負太陽の射影 Great red spot on Jupiter by 'negative Sun' projection":

« フィボナッチ坊やが語る『オタマジャクシ宇宙論』の目次。Table contents of “Fibonacci Sonny talks about tadpoles’ universe theory”. | トップページ | 光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit". »