« “木星の大赤斑は負太陽の射影 Great red spot on Jupiter by 'negative Sun' projection" | トップページ | 電場も磁場も時間軸Tが伸縮したもの!Discovered; electric field, magnetic field, are distortion concerned about time T, similar to the gravity field completely! 重力場の歪みと完璧な相似形! »

2018年9月 9日 (日)

光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit".

正しさの証明:"負太陽実在'"光速一定の原理'
"楕円軌道の焦点位置に★暗い星★を発見。
"Correctness proof of “the existence of ‘negative Sun’” "principle of the speed of light constant"

Why elliptical orbits of satellites and planets. 衛星や惑星の軌道が楕円になる訳 》という記事に対して、『・・・ということは、このブログ記事は、逆に『光速一定の原理』が正しいことを証明したことにも、なっているのですな。凄い that it is contrary to principles of the constant speed of light is correct that this blog is great. Great』というお褒めの言葉を頂きました。その一方で、 画びょう📌2つと糸輪と鉛筆で楕円が描ける事と光速一定の原理との関係が今一つ理解できません』という質問も聞こえて来ました。
 今日は、このテーマに関して考えてみましょう。

"It's Great! '  I received the word of praise. On the other hand, "tack 📌 two, thread ring and pencil draw an oval' relation to "the principle of the light constant' cannot understand one ' that I hear questions. Today, let's think about this theme.
まずは、楕円の図形上の特徴からお話しましょう。
楕円は第一焦点P1と第二焦点P2という二つの焦点を持っています。そして楕円カーブ上の任意のの名前をQとします。すると、
1P1QP2に至る長さが常に一定となります。同時に、
2Qで楕円に接する接平面を考え、その法線をNとすると、その法線N線分P1Q〉,〈QP2とでなす2つの角度が一緒になります。ですから、
 First, we'll feature on the shape of the ellipse let. Ellipse is the first focal point P1 and the second has a focus on P2 two focus. And name of any point on the elliptic curve over Q. Then,
[1] (P1
QP2) on the lead length is constant and always. At the same time,
[2] N, its normal to the tangent plane tangent to the ellipse in Q and normal N, and line 2
:〈P1Q〉〈QP2and in angle of the two will be together. Therefore,
3】第一焦点から出発した光は、接平面Qで反射した後は、全て第二焦点P2に集まって来ます。逆もまた真です。
 さて光は地球の周りを7.5 回転するという速度(C:スピード)を持っています。これが常に一定であることを原理として定めた式は、以下の(1)式で表わされます。
 C   L / t = const. 一定の値。・・・(1)
 〔=進んだ距離÷進むに要した時間 〕です。
[3] Light departed from the primary focus is reflected in the welding plane Q all the second coming there to focus P2. The reverse also is true. Have now, turn around the globe 7.5 light speed speed (C). Is determined as the principle that it will remain constant over time (1) the following are represented by the expression.
C
 L /t = constant value. --(1) 
 [
’distance travelled’÷’time proceeding’] is.
(1)
アインシュタイン以前の考えでは、⊿ Lはともかくとして、進むに要した時間⊿ tは常に静かに安定して流れているものだ、というモノでした。これに対してアインシュタインは(2) L   t も共に変動するものである、と考えました。
そして、『光に関しては、C   L / t の比が一定であればよい。光速一定の原理とはそういう性質を時空間TXYZは持っている。その様に時空間は歪んでいるのだ』と考えたのです。これが相対性原理の根本思想です。
(1) before Einstein's idea (t apart from L), time to go Delta thought that t is stable and quiet, flowing, the. For Einstein (2) Delta L also delta realized that, even with changing things. And "when it comes to light, (C≡⊿L /t) with a constant ratio any better. Such a character have space between TXYZ and the principle of the constant speed of light. Of travelers that space-time is warped, and thought.” This is the fundamental thought of the principle of relativity.
従来の考え(1)
は大昔から現代までの一般的な時空の概念であり、上記で述べた楕円の性質は全て成立します。但し、どういう訳か楕円の第二焦点に当然あってしかるべき質点が、何処をどう探しても見つからないのでした。これは児童生徒に取ってとても不思議なことなのです。私も中学1年生の頃からずーっと不思議に感じていました。
 これに対してアインシュタインの光速一定の概念を使うと、先のブログで紹介したように惑星軌道楕円の第二焦点位置に暗い星(負太陽)という質点が現実に存在する』って分かって来たのです。
 Conventional ideas (1) from the ancient elliptical nature to the present General spatio-temporal concepts as described above are all true. However, had somehow oval No. 2 focus course, appropriate degree where searching for what is missing. This is a very strange thing students take is.  Since I even when I was a junior high school 1st grade-I and felt strangely. To contrast with the concept of the speed of light constant of Einstein, introduced in earlier blog "planetary orbit ellipse second focusing on mass of dark Star (negative Sun) exists in reality" I came to know it is.
 さてその時、楕円の性質【
1】【2】【3】が果たして成立するのか?という問題があります。ケプラーの面積速度一定の法則もちょっと適用が困難です。何故なら∵時間軸が伸び縮みしているのですからね。高校3年生で習う微分積分の概念も、そのままでは使えません。ましてや理数系の大学で出て来る偏微分方程式とか常微分方程式とかいう頭の痛くなるような概念なんて、もっての外という状態なのですよ。 でも心配は不要でした。楕円の性質【1】【2】【3】を直接証明すればいいのでした。簡単です。やってみましょう。
 Now at that time, the nature of oval [1] [2] [3] is really established?? that there is a problem. Laws of Kepler's area rate constant is little difficult application. Because is to stretch the time axis from it. High school in third grade, learn calculus concepts are not intact. It is absolutely unthinkable that State's head comes out of math and science and partial differential equations, ordinary differential equations, such as what concepts. But the worry was unnecessary. The properties of the ellipse [1] [2] [3] it proves directly so. It is easier. Let's do it.
《 証明 》
 まずは、楕円の特徴の【
1P1QP2に至る長さが常に一定、という【1】に関してです。
 C   L / t = const. 一定の値。・・・(1)  なのですよ。Lに比例して所要時間tが正比例で伸びているのです。だから、如何に時空間が歪んでいたとしても、【1P1QP2に至る長さは常に一定、でしょ。その場所毎でC   L / t = const. が成立しているのですから、当然、全行程の長さも一定であることは明らかです。
 同様に、2つの焦点間距離〈P1P2〉に関しても、如何に時空間が歪んでいたとしても、その場所毎でC   L / t = const. が成立しているのですから、一定です。出来上がった楕円は、Cの大きさに比例してサイズが変化するだけです。地球上で実測値として観測される定数C30万Km/sec であった場合も成立するし、C3万Km/sec であった場合でも楕円軌道は相似形になるだけです。C300万Km/secであっても、C3000万Km/secであったとしても、(1)式は成立しています。
証明、終り
 "Proof",  [1] the characteristics of an ellipse, (P1QP2) length is always constant, [1] about is. C ≡⊿L /t = constant value. ... It is (1). Delta proportional to L time delta is where t is growing in direct proportion. So, how was twisted by time and space and even [1] P1 Q length to P2 is always constant, huh.  At each of its locations C≡⊿L /t = const... that has been approved it is then, of course, constant in length all the way is clear. Similarly, focal length between the twoP1P2, in each of its locations and also how distorted space-time was C   L / t = const. has established a constant is. Finished ellipse is proportional to the magnitude of the C, only the size changes. Constant C= 300,000 observed as measured on the planet may not be Km/sec, and C = 30,000 is only similar elliptical orbit even if Km/sec. C= 3 million, even Km/sec C= 30 million also with Km/sec, (1) formula has been approved.
 "Certification, the end."

 アインシュタイン思想の光速一定の原理は、時間軸の矢が伸び縮みしないものという大昔からの各種法則をそっくり内包したものだったのです。

言葉を換えると、球面幾何学(非ユークリッド幾何学・リーマン幾何学)は、ユークリッド幾何学を内包しています、と言えるのでした。
 この世の中は、球面幾何学で成り立っていたのです、あなたも私も地球宇宙大宇宙も!
 It is a principle of the speed of light constant of Einstein's thought was that involves various types of laws that do not stretch the arrow of time immemorial and.  It was said with other words (non-Euclidian geometry, Riemannian Geometry) spherical geometry, Euclidean geometry involved.
 It is in the world was made up of spherical geometry in you also in our Earth, in microcosm also in macrocosm too!


  discusion 議論 Discusion
『何でこれが"光速一定の原理"の正しさを証明
できたことになるのか?』という質問が、別の人から舞い込んできました。お答えします。
 
太陽系内に存在する全ての惑星ハレー彗星を含む星くずもすべて、太陽系の唯一の重心点P0第一焦点とする楕円軌道を描きながら公転していることが、これまでのレポートで明らかになりました。同様に、天の川銀河系内の何千億、何万億と存在する恒星がすべて、楕円軌道を描いて運行している、ことが明らかになったのです。
"How will anything ever proved the correctness of the "principle of the constant speed of light"?' Coming from another question. The answer.
 Orbiting around an elliptic orbit with everything, including all the planet in the solar system, Halley's Comet or the Stardust also, only Center of gravity point P0 in the solar system to the primary focus in this report revealed. It is revealed that draws an elliptical orbit, all stellar, as well hundreds of billions in the milky way, and many exist billion, operates.

 更に今回、上記1ページ足らずの説明で「第一焦点を出射した光が楕円軌道面にて反射後に必ず第二焦点に集まり、その全光路の長さが一定だ」ということが「光速一定の原理」だけで証明されたのです。
 このことは言い換えると『光速一定の原理が、何千億、何万億という
天文学的な数だけ存在する楕円軌跡でもって証明された』ことになるはずです。
これ以上明確な物理/数学に基ずく証明はあり得ません。『
そうではない。それは原理を証明したことにはなっていない』とおっしゃるなら、反証を堂々と述べてもらえませんか? 待っております。
 繰り返しになりますが、

アインシュタインが原理とした「光速一定の原理」とは、『閉じた系の重心点P0からの距離Lに正比例して、その場所場所での時間Tは伸び縮みしている』という文章と等価なのでした。今回、あの(証明が極めて困難な)光速一定の原理が、全ての天体の運行(楕円軌道)によって保証されたことになるではないでしょうか。
Further description of less than the above page 1 "primary focus out shone a light elliptical orbit plane at reflection after always to first focus on the optical path length is constant" that is proved only in the principle of the constant speed of light. In other words this is "principle of the constant speed of light, hundreds of billions, using the elliptical trajectory of several tens of coward proved" that should be. No more definite physical / mathematical based drop is proving impossible. "It's not. It is not proved the principle, and if you tell me you said imposing disprove?  We are waiting for. It was an equivalent and the principle of the constant speed of light again, Einstein's principle was "to stretch its location at time T is proportional to the distance L from the centroid point P0 of the closed system ' that sentence. This time, that in principle proved extremely difficult, the speed of light constant is guaranteed by all the celestial navigation (an elliptical orbit) in a not?.

|

« “木星の大赤斑は負太陽の射影 Great red spot on Jupiter by 'negative Sun' projection" | トップページ | 電場も磁場も時間軸Tが伸縮したもの!Discovered; electric field, magnetic field, are distortion concerned about time T, similar to the gravity field completely! 重力場の歪みと完璧な相似形! »

Light 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない星★が存在している!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/74126964

この記事へのトラックバック一覧です: 光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit".:

« “木星の大赤斑は負太陽の射影 Great red spot on Jupiter by 'negative Sun' projection" | トップページ | 電場も磁場も時間軸Tが伸縮したもの!Discovered; electric field, magnetic field, are distortion concerned about time T, similar to the gravity field completely! 重力場の歪みと完璧な相似形! »