« 光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit". | トップページ | ドプラー効果には2種類あり!Doppler Effect in the two !!, at parent's day. 父兄参観日にて。 »

2018年9月12日 (水)

電場も磁場も時間軸Tが伸縮したもの!Discovered; electric field, magnetic field, are distortion concerned about time T, similar to the gravity field completely! 重力場の歪みと完璧な相似形!

 電場磁場も時間軸Tが伸縮したものでした。その姿は重力場の歪みと完璧な相似形であることが明確になって来ました
どうしてそんな大それた事が言えるのか』という意見を頂きました。お答えします。 It was both electric field and magnetic field had stretched the time axis T. She came clear a perfect similarity with the gravity distortion! 'So why say anything?' "says! The answer.
 電場には±電荷が存在し、磁場にも±磁荷というものが存在しています。しかし、こと重力場にはこれまで『重さの元(質量:positive-mass:+Sun)しか見当たらない。しかもその上に、遠い銀河の果てまで重力場が広がっている??』というジレンマに、古今東西の(世界中の高名な)物理学者が頭を悩ませて来ていたのです。

 The electric field ± charge exists, in the magnetic field ± magnetic charge that is there. However, that in the gravitational field so far "not only the original weight (mass: positive-mass: + Sun). And that the gravitational field is spreading to the distant galaxy?? " Dilemma that the now and then East and West (world famous) is a physicist who was struggling coming in. 今回、負太陽(negative-mass:-Sun)の実在性が証明/確認できました。これで重力に関しても正負(±)が存在することが分かり、電場、磁場と数学的に全く一緒になる!と分かってきたのです。それどころか、これまで電子(電荷)や素粒子の動きは電磁場の中で論じられてきていたのに代わって『重力場の一部として、電場や磁場が重畳しているだけではないか』とまで考えられるようになってきたのです。 今日は、この「物理学の根幹を揺るがす」ようなお話しを中学/高校生向けに父兄参観日形式で、やさしく語ってみましょう。
This certificate / check was negative Sun (negative-mass:Sun) reality. In polarity (±) for gravity, electric field, magnetic field and mathematically be all together! and is known to have. To the contrary, so far e (charge) and particle movement in the electric and magnetic fields been discussed was "as part of the gravitational field are superimposed electric and magnetic fields are not alone? ' and, on behalf of until is has been considered.
Today, this "shakes the Foundation of Physics" as talking about junior high school and high school students parent visitation day form at the Let's talk softly
.

まずは、次の絵を小学校の理科の教科書で見たことがあるでしょう。この絵は何の絵ですか?
 
First, the following picture seen in elementary school science textbooks. What is this picture?
Npolespolerule
『はい、先生。それは磁石の上に紙を乗せて、上から鉄粉をばらまいた時の写真です。』
 その通りですね。このように磁場っていうモノは、流れを持っているのでしたね。磁石のN極から出発してS極に向かって流れている、という言葉の約束事(ルール)になっています。では、次の絵は何の絵ですか?
"Yes, Sir. Pictures distributed the iron from the top, put the paper on the magnet it is.'
That's right. In this way, is the magnetic field have something called flow. Departs from the N-pole of a magnet, flowing toward the S-pole, the term commitments (rule); Then, the following picture is what?
Pole_pole
『はい、先生。それは電荷が一つだけポツンとあったときに、その電荷が周囲に及ぼす影響をマンガで描いたものです電場っていうのじゃなかったかな?』
 その通りです。これは電場の絵です
放射状に四方八方に電荷の影響が及んでいる絵ですね。でも、電荷-電荷の2つが余り離れていない位置にあると、次のような絵になります。

"Yes, Sir. It is the effect around its charge when it was only one charge, depicted in the manga.
 That electric field, wasn't it??"
 You are right. This is a picture of the electric field. It is radiating in all directions ranging effect of charge. But charge + and
will be painting like: and there are two types of charge.
Polepolerule
これって、最初の磁場の絵「磁石の上に鉄紛をばらまいたときの絵」と一緒ですね。一方で、(電場/磁場に対して) 重力場っていうものがあります。
物を放り投げた時に、放物線を描いて落ちて行くという重力の働いている場所のことです。月が地球の周りを回っているのは地球が重力場を張っているからなのでした。
 This is picture of the magnetic field first told "when a magnet on iron powder scattered across paintings". On the other hand, there is one's gravitational field (electric and magnetic fields for). It is where going off when you threw things into a parabola that gravity works. I had linked the Earth gravitational field from a moon orbiting around the Earth.
2_quadratic_curve
 図4(Fig-4)には、電場/磁場/重力場の姿を共焦2次曲線線、共焦2次曲線面の概念を使って、まとめておきました。
 共焦2次曲線とは、2つの焦点(F',F)を共有する楕円と双曲線のことです。
特徴としては、各楕円と各双曲線とが常に直交していることにあります。
Figure 4 (Fig-4), electric field and magnetic field and gravitational field of Confocal scanners second curve plane, confocal scanners quadratic curved surface concept using the together I.
 Confocal scanners quadratic curve: two foci (F ', F) oval to share and hyperbolic features: each Oval shape and each Hyperbola and is always orthogonal.

共焦2次曲面作り方 Quadric with focus to make
1楕円X軸を中心線として各楕円を180°回転。
回転楕円体が4枚完成! 図では楕円が4本あるので
、4枚の「等時間面(閉曲面)
」が出来上がります。
1) Oval: to rotate each ellipse centered X-axis 180°. Completing the four rotational ellipsoid. Because the figure is an ellipse four, 4-" time aspects (equivalent-time-closed-surface)" you can get.
2
双曲線Y軸を中心軸として、各双曲線を1°毎にステップ的に回転します。360x4=1440本の「時間軸Tの矢」が出来上がります。出来上がった1440本の「時間軸の矢」は全て、4枚の「等時間面」と直交しています! 
2) Hyperbolic: with Y-axis as the rotating axis, each hyperbolic 1 ° per step in to rotate. 360 x 4 = arrows of time vector (T) 1440 curves you can. Each arrow curve of time vector (1440 curves) completed all 4-"equivalent-time-surface" is orthogonal!

この図4は、棒磁石の上に紙を置き、上から鉄粉を撒いた図1(Fig-1)や電気力線分布図2(Fig-2)と非常に良く似ているように見えますが、
  実は、重力場を描いた図なのですよ。

 少し説明を加えましょう。
F',Fの位置に、高速で回転しているパルサー(兄弟星)があるのです。そして、その周囲(四方八方)に、素粒子や光子(光量子)を沢山放出している図なのです。50億光年から100億光年もの遠いところに実在しているパルサーを、皆さんに見えるように拡大して正確に描いた図なのです。
『どうしてそう言い切れるのか?』ってあなたは心の中で思ったでしょ。直感で納得できる方法があります。どうするか?

 It is looks similar to figure 4 place the paper stick magnets on iron filings sprinkled on Figure 1 (Fig-1) and electric lines of force distribution figure 2 (fig-2) very well, but in fact, a picture of the gravity field. Add a little description.
F',Fof the pulsar is spinning at high speed at the (sibling stars) is. And is a figure around (all directions), releasing a lot of particle and photon (photon). It is a precisely drawn by expanding from 5 billion 10 billion light-years away looks to pulsar. "Or say why?" What you thought in your mind you. There are acceptable in intuitive ways. What to do?
F',F間の距離を限りなくZEROに近づけてみれば、その星(パルサー)から放射状に光が放散されている図になってしまうでしょ。
この図は、先に挙げた図1図2図3のどれに一番近いかっていうと、実は、図左半分の赤丸の中に十字の印を書いた図に一番近いのです。
もっというと、図の+と-の距離を無限に大きくしたならば、⇒ 図2が、
F',F間の距離を限りなくZEROにした絵()と同じ形になるのです。F',Fyou figure if the distance between the zero close, from the Star (pulsar) radiating light dissipate has become. This is the closest to figure what a closest to any of the above figure 1 figure 2 Figure 3 Figure 4 and actually wrote the sign of the cross during the red circle on the left side of Figure 2.
Rather more, and Figure 3 + andof the distance to infinity if,  ⇒ Fig. 2 shows Figure 4F',Fdistance between infinitely to ZERO in the picture (fig. 4) and the same form is.

『先生、質問ですパルサーってなんだったっけ。忘れちゃった。もう一度話してくれませんか?』
 いいですよ。パルサーっていうのは、太陽みたいな質量(重さ)の大きな星2つ、もの凄く近い距離で、お互い同士が相手の周りを超高速で回っている兄弟星の事です。余りにも高速で回っているので、遠目には一つの星のように見えるのです。でも、星と星の間には少しだけ距離が開いているから、地球から望遠鏡で観測すると、光の強さが倍半分にも変化するという変光星のことなのです。図4で近い近いといってもF',Fの距離は開いているでしょ。だから、その兄弟星が地球方向に重なった時には、相手の星の光を邪魔しちゃうでしょ。だから、重なった時には、光が地球に届く量が小さくなったり大きくなったりするのよ。
 パルサーに関しては、こんな説明でいいかな?
"Sir, is the question.
What was the pulsar? I forgot it. Do you speak again?' That's ok. Pulsar is a large mass (weight) of Sun-like stars two extremely close distance, brother star each other turns at high speed around the opponent. It is too fast, because looks like a star in the distance. However, variable light intensity changes half times between stars and stars open just a little bit away from observing with a telescope from Earth, and that it is. In Figure 4 because it F',F for open distance. So let Starlight's when the Brothers star in Earth, darn it. So, reduces the amount of light reaches the Earth during the overlapping and to grow. Pulsar, by such an explanation?
『先生、ありがとう。思い出したわ。先日の授業で木星が太陽の直ぐそばにあれば、立派なパルサーて先生が話したあのことね。了解です。』
 さて皆さん、図に於いて、星ととの距離を無限に大きくした図の左半分と、図4のF',Fの距離を無限に小さくした図は一緒の絵になる、という話はその位にして、図4の絵(重力場の絵)に戻りましょう。
"Sir, thank you. Reminded me of it. In class the other day, Jupiter is in the location of the Sun, because a pulsar respectable teacher did that. Roger.'
 Now, ladies and gentlemen, and in Figure 3 + stars and
stars left half of the picture infinitely large, the distance between the stars and Figure 4F',Fof the distance with the infinitely small, the figure in the picture together would talk as much, and then back to picture 4 picture (picture of the gravity field).
 図4には、二つの聞きなれない言葉が注釈として書いてあります。「時間軸の矢」と「等時間面」という聞きなれない言葉です。聞きなれないのは当然です、私が勝手に作り出した言葉なのですから()。まずは、「等時間面」という言葉から説明しましょう。これは玉ねぎの皮みたいな薄い層なのです。我々が暮らしている地球に例を取ってお話しするのが分かりやすいでしょう。厚みは高々±1Kmくらいかな。でも、地球の赤道から北極までの距離1万Kmに比べると、±1万分の1くらいの薄い層なのです。《実際には玉ねぎの皮よりももっともっと薄いでしょ》。だからその層の中では、時間の進み遅れの具合が全く感じられません。
 In Figure 4, there are two unfamiliar words. "Arrow of time" and ""equivalent time" that is unfamiliar. Course is unfamiliar, I coined the term without permission it is (laughs). First, "and time" that explain words. This is the thin layer like the skin of an onion. Easy is to talk about taking a case to the Earth we live? Thickness ± 1 Km, maybe. But compared to the distance from the Earth's equator to the Arctic 10000 Km, ± is a thin layer of about 1 / 10000. "More than the skin of an onion more and more thin!". So in that layer, lead-lag time is not at all feel.
 一方、GPS衛星が周回しているところの層と比べると明らかに、地球上の時間の進み具合とは異なっているのです。GPS衛星が周回している層の時間は明らかに我々地上に住む人々とは異なっているのです。GPS衛星は、その時間の進み具合を常時監視し調整して我々に知らせてくれているのです。そのGPS衛星が周回している玉ねぎの皮みたいな薄い層と、我々の住んでいる玉ねぎの皮のような層との間には、無数の薄い層(等時間面)が密着しつつ無数に重なっているのです
 It is compared with the layer of orbiting GPS satellites, on the other hand, obviously, different and getting along with your time on Earth. Time of orbiting GPS satellites are obviously we are different from the people who live on the Earth. GPS satellites are monitoring the progress of the time adjust, me to we is. It is like the skin of an onion that GPS satellites are orbiting a thin layer and layers, such as the skin of an onion in our lives during the thin layer of myriad, overlapping.
『先生、そうはおっしゃっても、図4はパルサーという兄弟星の絵ですよ。地球は等時間面で玉ねぎの皮で覆われている、なんて、絵が違い過ぎて想像もできないのですが、、?』という疑問の声が、どこかから聞こえて来ました。
 そうですね。それでは、重心点Pのお話しをしておきましょう。
"Teacher, say so, Figure 4 is a picture of the Brothers star called a pulsar. Earth, etc. in time terms is covered with the skin of an onion is too much difference between painting and can't imagine is the?'  The question I hear from somewhere. Let's see. So let's talk about the center of gravity point P let me.
 地球の重心点P0は唯一ひとつしか存在しませんね。そこでこの地球を真っ二つに分けて半分の重心点をP1とし、もう一方の重心点をP2とします。すると、P1P2の丁度中間地点がP0 になってますね。そして、そのP0を中心として玉ねぎの皮が球面状に何層にもわたって(何千層にも何万層にも)重なっている!って考えて下さい。
その玉ねぎの皮はどれも皆、完全な球面ですね。

 Center of gravity point P0 of the earth does not exist but the only one. So this earth into two more half of Center of gravity point P1 and P2 and the center of gravity in the other. Then the points P1 and P2 exactly halfway between P0 is in it. And P0 that mainly the skin of an onion in spherical layers over (in thousands to tens of thousands of layers) overlapping! you think. The (each) onion skin is a perfect sphere, isn't it?
 一方、図4の方も、距離F',F限りなく小さくすると、回転楕円面だと思っていたものが、完全な球面になることになって、地球の玉ねぎの皮と同じになってしまうでしょ。
地球を真っ二つに分けて2つの兄弟星だと考えても、等時間面の分布は全く同じ形になるのです。我々は、その薄い「等時間面」の皮の中で暮らしているのですよ
 納得して頂けたとして、先を急ぎましょう。
 続くContinue to the Next blog.

On the other hand, also shown in Figure 4, the distance
F',Fsupposed to be infinitely small to the ellipsoid surface and was wondering what a complete sphere, globe onion skin become the same.
Even though the Earth into two, two brothers stars, is the distribution of "equivalent time" will be exactly the same shape.
 We are that thin "equivalent time" of is living in the skin. You're then speeds away.
   Continue to the Next blog.

|

« 光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit". | トップページ | ドプラー効果には2種類あり!Doppler Effect in the two !!, at parent's day. 父兄参観日にて。 »

a 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない★星★が存在している!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/74200913

この記事へのトラックバック一覧です: 電場も磁場も時間軸Tが伸縮したもの!Discovered; electric field, magnetic field, are distortion concerned about time T, similar to the gravity field completely! 重力場の歪みと完璧な相似形!:

« 光速一定の原理と惑星楕円軌道との関係。 Correctness proof "the existence of negative Sun","principle of the speed of light constant'"★dark-star★ in the Ⅱfocal point of elliptical orbit". | トップページ | ドプラー効果には2種類あり!Doppler Effect in the two !!, at parent's day. 父兄参観日にて。 »