« 小説・評論・短編紹介 | トップページ | 自殺未遂--記憶喪失(大人のイソップ-7) »

2018年10月13日 (土)

A close relationship between [原子とフボナッチ実数列]の間の密接な関係 "atoms and Fibonacci real column".

 電卓で正の数字Aを一定の数で割り算していったら、どんな世界が見えてくると思いますか? 宇宙の姿が見えて来るのですよ。
実際にやって見ましょう。電卓は携帯電話にもくっ付いていますし、パソコンのEXELが身近にある人は、それでもいいですよ。
数字Aとしては、何でもいいですが、フィボナッチ数列の一つである「55」としてみましょう。
それを、黄金比 = 1.618 で割り続けるのです。
 If Calculator a positive number in a certain number of dividing by, see what kind of world are we? Here comes the appearance of space. Let's look at it. Calculator is hanging around on the phone, now EXEL and the PCs closer to those who are still good!. Let's take as an as number A, what the heck is the one of the Fibonacci number "55". Is it continues divided by the golden ratio = 1.618.

 55  ÷1.618 = 33.99
33.99÷1.618=21.01
21.01÷1.618=12.98
12.98÷1.618= 8.025
8.025÷1.618= 4.96
4.96 ÷1.618= 3.065
3.065÷1.618= 1.895
1.895÷1.618= 1.171
1.171÷1.618= 0.7237
0.7237÷1.618=0.4473 であり、少数点以下を四捨五入すれば、フィボナッチ数列の並び、
〔34、21、13、8、4、3、2、1、1〕が出て来るのでした。
でも、
小数点付きの実数でみた時には、幾らでも小さい数字が算出できます。
 Rounded to the nearest decimal point the sequence of Fibonacci numbers, [34, 21, 13, 8, 4, 3, 2, 1, 1] was coming out.
But you can calculate upon real numbers with a decimal point in terms of how much lower numbers.

0.4473÷1.618=0.276
0.276 ÷1.618=0.171
0.171 ÷1.618=0.1055
0.1055÷1.618=0.0653
0.0653÷1.618=0.0403
  ・・・     ・・・・    ・・・・
 計算機が電池切れになるまで、小さな値を答えとして返してくるのでした。
フィボナッチ数列は、四捨五入した時に、0.5未満の数字は考えない、扱わない〔存在しないとする〕という世界の話だったのです。
 
原子の種類に関しても、フィボナッチ数列は厳然と存在するのです。計算してみましょう。
一番軽い原子は水素Hです。原子量〔重さ比〕は約1.0082です。
天然に存在する一番重い原子は、ウランUであり、〔重さ比〕は238、次はトリウムで、〔重さ比〕は、232です。
 I had little value as an answer back until the computer battery.  Don't number less than 0.5 at Fibonacci numbers were rounded, not [shall not] that was the story of the world is. For type of atom, the Fibonacci sequence is and exists.
Want to do a calculation. Hydrogen is the lightest atom. Atomic weight "weight ratio] is about 1.0082 is. Which is the heaviest naturally occurring Atomic uranium U, [weight ratio] is is 238, thorium, [weight ratio], is 232.

 238  ÷1.0082=236.1 ⇒ 236
236.1÷1.0082=234.1 ⇒ 234
234.2÷1.0082=232.2 ⇒ 
232
232.4÷1.0082=230.3 ⇒ 230
という風に、一つ置きに、数字が出て来ます。この辺りの重い原子核は、世の中に存在出来るかどうかは、確率50%だということになります。
そのままずーっと割り進んで、原子量120番辺りを見てみましょう。すると、
 Wind that comes to numbers in one place. To say whether or not the heavy nucleus around here that can exist in the world a probability of 50%.
Intact without-I and often, take a look at the atomic weight 120-around. And then,

 120 ÷1.0082 = 119.1 ⇒ 119
119.1÷1.0082 = 118.1 ⇒ 118
118.1÷1.0082 = 117.1 ⇒ 117
という具合に、順番に頻出しますから、世の中の存在数は、確率100%だと言えます。
これが更にすすんで、
55鉄・ニッケル・コバルトなどがある世界を計算してみると、
 From and so frequent in the order in which the presence of the world's 100% true. It proceeds further, 55 iron-nickel-cobalt, such as the math world, and
  55 ÷1.0082 = 54.55 ⇒ 55
54.55÷1.0082 = 54.11 ⇒ 54
55.11÷1.0082 = 53.66 ⇒ 54
53.66÷1.0082 = 53.23 ⇒ 53
53.23÷1.0082 = 52.80 ⇒ 53
『 鉄やコバルトなど、が誕生直後に生き残る確率は、200%の頻度ですよ。』って、フィボナッチ坊やは語っているのです。
 "Such as iron, cobalt odds of surviving immediately after birth is 200 percent." the Fibonacci boy is telling.
 This is the atomic weight of sodium and neon signs neon around [relative weight ratio] 20th and

 これが、ナトリウムやネオンサインのネオン辺りの原子量〔相対的な重さ比〕20位になると、
 20  ÷1.0082 = 19.83 ⇒ 20
19.83÷1.0082 = 19.67 ⇒ 20
19.67÷1.0082 = 19.51 ⇒ 20
という具合に、四捨五入の具合によって、5~7個の原子が世の中に生まれ得ることになる。
更には、炭素の辺り〔原子量:重さ比=12〕では、9~12個の出現頻度、
 ヘリウム辺り〔原子量=4〕に組み込まれるフィボナッチ実数値の頻出頻度は、30個に達します。
 By condition and to rounded condition, 5-to 7 atoms get born into the world. Furthermore, around the carbon [atomic weight: weight ratio = 12], 9-12 frequency, helium [atomic weight = 4] to Fibonacci values included frequent frequency has reached 30.
 もっと進んで、宇宙創世(ビッグ・バン)の直後には、3重水素3Hは、41倍も生まれていました。
 更に、陽子と中性子が1つづつくっ付いただけの重水素2Hは、62倍のフィボナッチ数頻出頻度と電卓は教えてくれます。
 More advanced space flight (Big Bang) immediately, triple hydrogen 3H was born 41 times.
In addition to protons and neutrons 1 one lighting up deuterium 2H only with a Fibonacci number of frequent rate 62 times and calculator will tell.

 そして最後の水素原子核ですが、その頻出頻度は、57回とカウントされるのでした。
 それ以下、即ち、割り算した値が、0.25~0.499の間に入るフィボナッチ実数も50~60個程度存在しますし、「0」に限りなく近くに存在する実数列は無限大あるのです。
これらの頻出頻度でもって、ビッグバンの時に宇宙空間中に、創出されていたのでした。
 And is the last hydrogen nuclei, but frequent frequency is 57 times and was counted. Under it, namely, dividing Fibonacci real value within the foreseeable future enters during the 0.25~0.499 even 50-real columns and there are about 60 pieces, located near to the '0' is infinitely large pieces. I was in these frequent often, had been created in space, during the big bang.
『それは単なる推測の域ではないか? どうやってフィボナッチ実数列と宇宙空間にある物質の頻出頻度とが関係すると証明出来るのかという質問ですね。
 お答えしましょう。
 "It is not mere speculation? Or frequent frequency of how is outer space with the Fibonacci real substance and the relation can be proved? "  It is the question. Let's find out.
『既に100年も前から、全宇宙空間の中には、この程度の比率で原子核が存在しています』という詳しい表が「理化学辞典」という本に掲載されています。
このデータを用いて上記フィボナッチ実数列との密接な対応関係を説明すれば、それが物理化学数学の証明にもなるはずだ、というのが私の回答です。
 Detailed table "from a hundred years ago, during the whole space this at a ratio of nucleus exists" that appeared in a book called dictionary of chemistry.
My answer is that once explained the close relationship with the preceding Fibonacci real columns using this data, it is, which should be on the physics and chemistry mathematical proof.

 更に質問ですか?何々?
『そんな、100年前から分かっていることなら、遠の昔に分かっていることなのだろう?』という疑念ですか。
 調べてはいませんが、フィボナッチ数列と原子核の宇宙存在度との関係を調べた論文はありません。もしあれば、ウィキペディアで簡単に検索できるはずです。検索しても見つからないのですから、そんな突飛な研究をした人はいなかったということです。
 Further question do? What we? "That far to know if you know so much, from 100 years ago, would be?" Doubt it is.
Paper does not examine, studied the Fibonacci sequence and nuclear and cosmic abundances. If Wikipedia should be searchable easily. Is that no one was so outlandish research because none of the search.


 「算術フィボナッチ」を覗いて見ませんか?
Category: take a peek Fibonacci mathematics articles.
 「数占いって不思議な世界」のご紹介。
Category: "what Numerology's mysterious world" of the jump to introduce the article.
 やさしい「フィボナッチ実数列」の応用編。
Category: "what Numerology's mysterious world" of the jump to introduce the article.

|

« 小説・評論・短編紹介 | トップページ | 自殺未遂--記憶喪失(大人のイソップ-7) »

a CATIA 裏技 3Dノウハウ CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.「相対性原理」の真髄。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1199928/73590948

この記事へのトラックバック一覧です: A close relationship between [原子とフボナッチ実数列]の間の密接な関係 "atoms and Fibonacci real column".:

« 小説・評論・短編紹介 | トップページ | 自殺未遂--記憶喪失(大人のイソップ-7) »