« Continuation. 木星の大赤斑の原因とは? Jupiter's great red spot causing? Succeeded in integrating science and astrology. 自然科学と占星術との融合。 | トップページ | Very large neutron star explosed, formed the Milky Way. 超巨大中性子星の爆発で銀河系が出来た。今から46億年前に昔太陽系(≒中性子星)が爆発して現在の太陽系が出来た! Old solar (≈ neutron star ) exploded, could the solar system! »

2019年3月 7日 (木)

The effect of planets for extreme weather events.異常気象に対する惑星の影響。木星・土星・小惑星の影響が大きい。Jupiter Saturn Asteroids impact Great.

概要:特に本年(2018)、世界各地で異常気象が発生して大問題になりました。この異常気象の原因が負太陽(実像)の影響であることを、中学高校生に分かる形で論述してみました。
Summary: in particular this year (2018), experiencing abnormal weather conditions throughout the world, became a major problem. I tried essay in the form know that negative Sun (real) is the cause of the abnormal weather in junior high school.

 復習の意味を込めて、土星が描いている楕円の形をA4用紙上に描いてみましょう。最初に紙の中ほどに、十字印の点を打ち、その点を通る横線を引きます。次に、土星の近日点と遠日点とをプロットして行きます。
 Let's draw a ellipse review meaning, Saturn is portrayed on A4 paper. Draws a horizontal line passing through the point, first beat the cross marks the point in the middle of the paper. Then go plot Saturn's perihelion and Aphelion.
1】土星の近日点距離は1,350,000,000Kmなので、から左側に、135mm離れた所に点Aを打ちます。が太陽の位置であり、近日点Aが左側に位置しています。
 Strikes A perihelion distance of Saturn is 1,350,000, 000Km, cross points from 135 mm on the left side. Cross point is the position of the Sun, perihelion A is located on the left side.
2】土星の遠日点距離は1,504,000,000Kmなので、から右側に、150.4mm離れた所に点Bを打ちます。そして、点Aと点Bとを結んで線分ABとします。《この線分ABが、土星が描く楕円の長径になります》。そうしておいてから、おもむろにコンパスを取り出して、
 Aphelion distance of Saturn is so 1504000, 000Km, cross points to the right, 150.4 mm away from point B beats. And the line segment AB and struck between point A and point B. "Ellipse drawing line segments AB, Saturn diameter." Then, slowly remove the compass,
3にコンパスの針を立て、点Aの距離に芯の先を合わせて円O1を描きます。コンパスの開き角が変わらないように注意しながらコンパスを抜き、その針の先を点Bに移動します。そして、線分ABの上に十字の印を書きます。二つのが出来ました。最初の方が第一焦点なので、F1と名前を付けます。後で描いたは第二焦点なので、名前をF2とします。まだそこには光を放つものは何もありませんが、取り敢えず、F2を中心として、左と同じ大きさの円O2を描いておきます。
 さてその次に、

 Cross point stood the needle of the compass, draw a circle O1 points a fit to the core. Compass angle does not change so carefully unplug the compass, the needle moves to point B. Then write the sign of the cross on the line segment AB. Could be two cross points. It is the primary focus, so give the F1 and the name. Cross point drawn after a secondary focus F2 and the name. Still emit the light there is nothing but the F2 as the center left and should draw the same size circle O2. Now and then the
4】コンパスの針の先を点Bに移して、コンパスで〔BF1〕の長さを写し取ります。再度、コンパスの尖った針の先をF2点に移動して大きな円弧を描き、円O1との交点つを定めます。交点〔PP'〕が求まりました。その半径のままでコンパスの針の先をF1点に移動して同様に〔QQ'〕を決定します。
 Point B moved the needle of the compass, compassBF1of length of pencil lead from a pen. Go F2 point to needle-pointed compass again, drawing large arcs and defines the intersection of circle O1 2. Intersection [P, P '] obtained I. As the radius of a compass needle move F1 points, as well as [Q, Q '] will decide.
 コンパス半径をもう少し大きくして、同じ操作【3】【4】を繰り返して行きます。そうすると、P,Q,の並び(点群)はひとつの楕円カーブ上に並びます。これが、土星が描いている楕円軌道の形です。
 第一焦点F1には本物の太陽S1が位置しており、第二焦点F2には負太陽(実像)S2が位置しているのでしたね。両者の中央点P0を中心として、S1,S2,土星D1,負土星D2の4つが回転運動をしているのでした。
 The compass RADIUS slightly larger and will repeat the same operation [3] [4]. The points P, Q, of the sequence (point clouds) hits on an elliptic curve. It is a form of this depicts Saturn orbit.
 First focus F1 located real Sun S1, second focus F2 located negative Sun (real) S2, so you know. We had two central point p0 as S1, S2, Saturn D1, D2 negative Saturn four have rotational motion.

 さて、ここで問題です。『S1S2間の距離はどれくらい(如何ほど)でしょうか?』
 答えは簡単です。F1F2間の距離と同じなのですから、150.413515.4mm即ち、1.54Kmですね。これって、地球の公転半径(1.5Km)とほぼ同じですね。ということは、土星が地球に最接近した時(会合時点)では、土星D1に対応する負太陽(実像)S2は、地球の極近くに存在していることになります。土星は木星に次ぐ大きさ(重さ)を持っていますから、その影響が地球表面に現れて来てもちっとも変ではありません。異常気象の原因の一つだと言えるでしょう。
 Well, here is the problem. "Distance (S1S2) between how much (wreslter) in great?'
 The answer is simple. Is the same as the distance between the (F1
F2) and then 150.4135=15.4mm, 154 million Km to go. It's like Earth's orbital RADIUS (150 million Km).  It becomes negative Sun Saturn D1 when the Saturn was closest to the Earth (meeting point) for real S2 exists very near the Earth. Also has Saturn next to Jupiter size (weight) from its influence on the Earth's surface appeared recently is not at all funny. I say that one of the causes of the abnormal weather.
『木星が太陽系の中で最大の惑星だから、木星が最接近する場合には、もっともっと大きな影響が地球にあるであろう』と考えるのは自然な発想です。木星の場合のF1F2間の距離は、81.874.37.5mmでした。即ち、0.75Kmです。これは地球の公転半径(1.5Km)のジャスト半分です!だから、先日(2018)に撮影された日の出前の「天の川銀河」写真に、負太陽(実像)を通過した無数の重粒子群の飛跡が写っていたのでした!
2018
年に世界各地で異常気象が起きた理由が納得ですね。滅多に自然災害が起こらない広島県で集中豪雨が発生したのも木星の大接近が大いに関係していたのです。北海道で起こった地震も無関係とは言えないでしょう。
 Think of ", if the closest approach to Jupiter because Jupiter is the largest planet in the solar system, would be to have a more significant impact' is a natural. Jupiter if F1 = distance between the F2 was the 81.8-74.3=7.5mm. It is namely the 75 million Km. This is the half of the Earth's orbital RADIUS (150 million Km) just! so I've reflected countless heavy particles passed the negative Sun (real) "Milky" photo was taken recently (in 2018) Sunrise before the track!
 It is a convincing reason for abnormal weather conditions throughout the world by 2018. It is also occurs in natural disaster does not happen rarely in Hiroshima Prefecture torrential approach of Jupiter had much to do. Probably not, unrelated Quake in Hokkaido in Japan.

『土星による負太陽(実像)は、地球の極近くにできるのだろう?だったら、もっと大きな影響があってしかるべきではないか』という声が聞こえて来ました。当然です、あります。但し、負太陽(実像)はなだらかな広がりを持った大きな実像なのです。これは前後数年から十数年の間に世界各地で起きる異常気象と関係している模様です。エルニーニョ・ネニーニョ現象とか、大型台風やハリケーンなどの異常気象を引き起こしているのではないでしょうか。
 
"Saturn negative Sun (real) can be very close to Earth's will? I or not will have a much bigger impact, should be ' that hearing a voice. Course is a must. However, is the large image with a rolling expanse of negative Sun (real). This is a pattern associated with extreme weather events happen throughout the world during the ten years from around a few years. Isn't causing abnormal weather conditions, such as El Nino, Ne Nino, Typhoon or Hurricane?
『火星は地球に一番近い惑星です。大きさは地球の10分の1ぐらいですが、火星が接近した時の影響についても検討して下さい』という質問がありました。やってみましょう。
火星の近日点距離は1.381AU206,600,000Km、遠日点距離は1.666AU249,200,000Kmですから、引き算すると42,600,000Km 即ち、0.4Km(4千万Km)です。地球の公転半径(1.5Km)4分の1程度です。ギラギラと光っている太陽と重なっていて、夜明け前の天の川銀河写真でも判別は非常に困難でしょうが、テクニシャンの写真家なら重粒子飛跡を写せるかも知れません。火星が地球に接近する会合周期は687(2)であり、撮影のチャンスは、木星や土星に比べて低い、と思われます。
 
"Mars is the planet closest to the Earth. Please consider the effect of time is 1 minutes of the Earth, Mars approached, that there was a question. Let's do it. The perihelion of Mars 1.381 AU = 306,600, 000 Km, Aphelion distance so you subtract 1.666 AU = 249, 200,000 Km and 43,600, 000 Km, 40 million Km away. It is about one-quarter of Earth's orbital RADIUS (150 million Km). Overlap with the sun shining and glistening, Dawn may set heavy ion track photographer but a technician if, even before the Milky Way Galaxy photo identification is very difficult. Meeting cycle approaching the planet Mars is 687 days (about 2 years) and taking chances is low compared to Jupiter and Saturn, it seems.
『天王星や海王星に関しては如何ですか?』という質問ですか。
計算するまでもなく、天王星に関しては、負太陽(実像)は、地球や火星の位置よりも木星に近い辺りに出来そうですから、地球への影響はほとんどありません。海王星冥王星に関しても同様です。
 
"How about Uranus and Neptune is? ' Is the question. Little impact on Earth from Uranus, negative Sun (real) will likely make closer to Jupiter than the positions of Earth and Mars around, not to calculate. Neptune and Pluto are similar.
 天王星や海王星の影響を考える以上に重要なのは小惑星の影響でしょう。火星と木星との間には、小惑星が数千個から数万個存在しています。大小様々ですが、総重量では木星を上回っている模様です。これが、地球の近辺に負小惑星(実像)を作り出している可能性は十分に考えられます。
 Further considering the influence of Uranus and Neptune is an important impact of asteroids. In between Mars and Jupiter and the asteroids from thousands tens exist. It seems is a small variety in the total weight exceeds Jupiter. Could create negative asteroids (real) in the vicinity of the Earth, is probably enough.
 先日のレポートで「木星の大赤斑は負太陽の射影である事、太陽黒点は、惑星の影の射影である事」を報告しました。太陽黒点は大小様々であり、大きくは11年の周期で大変動しますが、日単位や月単位での変動は、案外、小惑星の影の射影である可能性も否定できません。天文観測にお詳しいどなたか、調査してみて下さいませんか?
 今日はここまでとしましょう。
 2018 10/25 Hiro. Oyama (ひろ.おおやま)
 Jupiter's great red spot in the projection of negative Sun, sunspot is the projection of shadow planets, are reported in a recent report. Variation in daily and monthly sunspot the size varied with the upheavals in the 11-year cycle is larger, but cannot be denied unexpectedly, the projection of the asteroids' shadow may also.  You could try researching on astronomical observation, anyone?  So long and so far today. 2018 10 / 25 Hiro. Oyama

|

« Continuation. 木星の大赤斑の原因とは? Jupiter's great red spot causing? Succeeded in integrating science and astrology. 自然科学と占星術との融合。 | トップページ | Very large neutron star explosed, formed the Milky Way. 超巨大中性子星の爆発で銀河系が出来た。今から46億年前に昔太陽系(≒中性子星)が爆発して現在の太陽系が出来た! Old solar (≈ neutron star ) exploded, could the solar system! »

a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している!」カテゴリの記事

コメント

Why mercury Venus abnormally high temperatures in.
 水星金星が異常に高温になっている理由が納得です。
負火星(実像)が地球公転半径(1.5億Km)の25%位置に実在するとの事ですが、その辺りは水星が公転していますね。地球公転半径の40%位置が水星公転位置ですから、負火星(実像)は水星と太陽の間で、水星に近い場所です。水星が高温になるのはただ単に太陽に近いという事だけではなかった様子ですね。
 Mercury Venus is abnormally high temperature why are pleasant. Mercury revolves around things and negative Mars (reality) exists at 25% of the Earth orbital RADIUS (150 million Km) is. Position 40% of Earth orbital RADIUS is Mercury orbit from negative Mars (real) is closer to mercury, between mercury and the Sun. It wasn't just the mercury becomes hot but just close to the Sun that it seems.
 ということは、負木星(実像)や負小惑星(実像)群の位置は金星が公転している位置ということになります。これまで金星が『どうしてあれほどに高温(500度以上?)なのか不思議でしたが、木星や小惑星群に対応する負太陽(実像)が近辺に実在しているのなら、異常高温になっている理由が納得できます。これは凄い発見ですね。真にコペルニクス的大転換ですよ。貴方がレポートしてくれたことに感謝とエールを送ります。サンキュー。Jupiterより。
 It is at negative Jupiter (real) or negative (real) asteroid orbiting Venus where it. So far Venus is "why so hot (above 500 degrees?) They can be convinced if the negative Sun (real) corresponds to Jupiter and the asteroid are nice, but exists in the vicinity of abnormal high temperature why. This is a great discovery. It is truly a Copernican revolution. You report that sends thanks and Ale. Thank you. More than Jupiter.

投稿: 水星金星が異常高温な訳だ | 2018年10月25日 (木) 03時35分

文章を読みました。気候異常の原因という難しい問題についての知識があまりないですが、ここは大山さんが書いてある文章を読んだ後、コメントというより、感想を書きます。日本語で説明しにくいですので、英語で書かせていただきます。【日本語訳は大山宏が付記しました。】
In recent years, extreme weather has become more and more frequent.What are the main causes of climate change? At a time when technology is evolving, we still don't have enough capacity to control and predict climate change, or even to figure out the real causes of climate change.
Most scientists believe that we humans are responsible for global warming, the change of sulfide aerosol concentration, the change of land cover and land use, and so on.
 近年、極端な天候はより頻繁になっています。気候変動の主な原因は何でしょうか? 技術が進化するときに、我々 は、〔制御したり、気候変動予測や気候変動の真の原因を把握するための十分な容量〕をまだ持っていません。ほとんどの科学者は、私たち人間が、地球温暖化、土地利用と土地利用の変化、硫化エアロゾル濃度の変更を担当し、などなどと考えています。
But,Chinese scientists have long discovered the impact of planets on the Earth's climate. Luan Juqing is a legendary old man who has devoted himself to the study of astronomical meteorology for more than half a century. He published his forecast in the press, and 10 years later, he predicted severe floods in the middle and lower reaches of the Yangtze River in 1999 and severe droughts in the Yellow River basin as cheduled.
 まあせいぜい、中国の科学者が地球の気候上の惑星の影響を発見したくらいです。 ルアン Juqing はよりも半世紀の天文気象の研究に彼自身を捧げてきた伝説的な古い男です。彼はプレスでは、彼の予想を公開し、10 年後、彼は中間および低い深刻な洪水長江流域、cheduled として黄河流域で 1999、深刻な干ばつに達すると予測しました。
Chongzhen's drought map is very similar to Guang Xu's drought planet. the two years are 237 years apart, which is the cycle of the five planets. Chongzhen drought is such a celestial phenomenon, Guang Xu's drought is such a celestial map, what does this mean? Is it understandable: as long as there is such a celestial phenomenon, there will be a severe drought? If there is a similar celestial phenomenon, there is a similar weather?
 Chongzhen の干ばつマップ、徐広の干ばつの惑星に似ています。2 年は 237 年離れて、5 つの惑星のサイクルであります。Chongzhen 干ばつは、このような天体現象、徐広の干ばつは天体のようなマップ、これはどういう意味でしょうか。 その(この徐広干ばつと天体現象との不思議な一致)は理解が可能です。: 深刻な干ばつがある限り、このような天体現象、か。同じような天体現象、同じような天候があるのですからね。
This is Luan Juqing's research ideas. He summed up a great deal of information and finally came up with it. The above conclusions. He has also predicted earthquakes, sunspot eruptions and so on in the press, all of which have been surprisingly accurate.
But does the movement of the planets affect the Earth's climate, and how much? It is worthy of in-depth study by scientists.
 これ(以下)はルアン Juqing の研究アイデアです。彼は大量の情報をまとめた、最終的にそれ(干ばつと天体運行との関連性)を思い付きました。上記の結論に示した如くに!。 彼はまた地震、すべての驚くほど正確なされているマスコミに黒点噴火(太陽黒点?)を予測しています。 『惑星の動きは地球の気候に影響を与えるが、どのくらいか?』これは科学者によって詳細な検討に値するです。

 毛慧敏(もうけいびん)さん、早速のコメント有難う。貴女は立派な科学者であると確信しました。オオサンショウウオだけの研究テーマに満足なさるのは、まことに勿体ないです! 是非、豊栄町清武2463番地の大山宏邸を訪れて下さい。友達も連れて来て下さるならもっと良い。かやぶきの館を提供しますよ。そこで合宿をなさる事も可能です。私もこの合宿に参加させて下さい。私の70年間に天から与えられた知識/知恵/叡知をあなた方と共有できれば素晴らしい。 ちなみにかやぶきの館は江戸時代の建造物ですが、母澄子父哲雄とが水洗トイレを付設しています。夏は涼しくて快適です。訪れてくれる日をお待ちしています。
 さて、「異常気象に対する惑星の影響・・・」の記事に関して、中々どうして中国内部の最新の科学記事をよく読んでいますね。私の記事との関連性を外さずに、短い文章で書いてあり、有難く拝読させて頂きました。
 あなたの友達にも、私のブログ「光世界の冒険(大山宏)」を紹介してくれませんか。ジャンルは広範囲に渡っていますので、どの分野の記事であっても、タイムリーに返信させて頂きます。
 最後に、日本語があれだけしゃべれれば十分ですよ。電話で話していて「頭の回転が速い人だ、とすぐ分かりました」。私は英語と日本語でブログを公開していますが、あなたは中国語&英語でブログを書き、それを日本語に自動翻訳して、「ロゼッタストーン」の如くにコメントしてくれると有難いです。「ロゼッタストーン」は3ヵ国言語を並べて書いてあるのは知ってますね。あれを読者のために実行するのです。一気に読者が増えるのは体験済みです。その記事も暇を見つけて読んでみて下さい。早々、大山宏

投稿: 毛慧敏 | 2019年1月30日 (水) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The effect of planets for extreme weather events.異常気象に対する惑星の影響。木星・土星・小惑星の影響が大きい。Jupiter Saturn Asteroids impact Great.:

« Continuation. 木星の大赤斑の原因とは? Jupiter's great red spot causing? Succeeded in integrating science and astrology. 自然科学と占星術との融合。 | トップページ | Very large neutron star explosed, formed the Milky Way. 超巨大中性子星の爆発で銀河系が出来た。今から46億年前に昔太陽系(≒中性子星)が爆発して現在の太陽系が出来た! Old solar (≈ neutron star ) exploded, could the solar system! »