« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月24日 (月)

「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記【前編】(ひろ おおやま) To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part I 】by Hiro. Oyama

 6月21日、良い事をした後は、好事が続く?
 急にトイレ(大きい方)に行きたくなり、探しましたが見つかりません。付近の人々に聞いたところ、『山を少し登ったところに養護老人ホームがある。あそこなら朝のこの時間でも開いているだろう』とのことで、迷いながらもそこに到着。 2019/ 6/21 After the good thing, followed by practice!
 Want to go the toilet (whichever is greater) to suddenly, but no found. I've heard people around, "so far up a mountain in nursing homes. Open even at this time of the morning there would be, with you.” But lost has arrived at that location.
 気持ち良くなったところで、旅の目的「オカリナ演奏の御奉仕をしながら、福祉行政改革&大統領制移行への教宣活動」のことを話しました。責任者の方が熱心に聞いて下さいました。ついつい調子に乗って聞かれるままに「私は物理学者なのですが、実は懇意にしている占師の示唆によると、私は14年後にノーベル物理学賞を受賞することになるのだそうです」と話しても、納得顔(?)をされていました。空になったペットボトル4本に水を分けて頂き、その老人ホームに別れを告げたのでした。
 臼杵市だったと記憶しています。
 Feeling better, in the travel Purpose; "Welfare reform, while I serve you the Ocarina & Professor Sen activity to move to a President of Japan" of told them that. Officer who was listening intently. Left inadvertently on the condition and asked to talk according to the suggestion of fortune tellers have to actually know I'm a physicist, it is my will to be awarded the Nobel Prize in physics, 14 years after it said pleasant face (?) Would have been. 4 bottles emptied into the water I had bade farewell to their homes. Remember the Usuki-city said.
 佐伯市に入っても好事は続いたのです。偶然に見つけた包括支援センターの人々が暖かく対応して
下さり、佐伯市の福祉行政の実情を詳細に知る事が出来たのです。21世紀のナイチンゲールの応援の方も宜しく!」と伝えても、違和感はありませんでした。大分県の人々の人情の篤さを感じ、九州一周の幸先良いスタートとなりました。
 その日は宮崎県日向市の海岸でテントを張りました。
 It is a practice continued well into the city. It is able to found a chance to support people warm response to the facts of Saiki city Welfare Administration for more. "Best regards as the Nightingale of the 21st century!" Was told, no discomfort.  And the feeling of the people of Oita Prefecture, Kyushu around head start. That day it pavilioned in the coast of Hyuga city of Miyazaki Prefecture.
 6月22日宮崎県の海岸線に沿って南下
 今から50年前にこの海岸は自転車で走ったはずなですが、ほとんどその記憶がありません。多分、道が新しくなったのでしょう。堀切峠・鬼の洗濯板・鵜戸神社・・・名前にはかすかな覚えがあるのですが正直、『こんな景色だったっけ』という具合です。会う人々は素朴で暖かく、福祉行政の為政者と民衆との間にさほどのずれは無いように感じました。
2019/ 6/22 I went south along the coast of Miyazaki Prefecture. Now 50 years ago in I coast rode my bicycle should be, but almost no memory. Maybe a new way because of. Hokkiri-pass, Demon's washboard, Udo-shrine... is faintly memorable name is honest, "this landscape was?". I felt like people you meet are all simple and warm, no much difference between people and statesmen of the welfare.
 この日は、地元の人から教わった串間市の海岸でテントを張らせて頂きました。これ以前もこれ以降も、ほとんどの公園には公共の水洗トイレが準備されており、快適な野宿を繰り返すことが出来ました。夕食後も朝食後も海岸で草刈り作業を実行し、オカリナを練習する毎日でした。
 On the shores of Kushima-city, taught the locals this day was let floored tent. I could repeat the homeless comfortable also later than in most parks public toilets are being prepared. It was after dinner well after breakfast in Coast repeatedly to mowing the Ocarina to practice every day.
 6月23日鹿児島湾を一周。
桜島ってこんなに大きな外輪山を持ってたの?阿蘇の外輪山と比べて数倍も大きいじゃないか!』と感動しました。私は学生時代に磯公園から見た桜島しか、知りませんでした。勘違いの最たるものは『鹿児島湾を囲むすべてが鹿児島市』と思っていたのですが、垂水市・福山町・国分市・霧島市・隼人町・加治木町・姶良町・が桜島を取り囲んでいたのでした。あの日は汗が噴き出すような熱い日でしたが、1週間後にこの地域が集中豪雨に見舞われる、なんて想像にも及びませんでした。人情の篤さは大分県・宮崎県と同じです。この日は、阿久根市直前の山中で、テントを張らせて頂きました。テントの有難さは、蚊よけ、蟻よけ、虫よけです。時にはムカデだって付近にいるのでした。
2019/ 6/23 I've circled this day Kagoshima bay.
"SAKURA-Jima(Cherry Island) got such a big Somma? Compared to the ASO Caldera, or no it's great times!" And was impressed. I didn't cherry island seen from the Beach Park school days only. Pyromancer mistake is "all around the Kagoshima Bay Kagoshima City ' and thought the Tarumizu-city, Fukuyama-city, Kokubu-city, and Kirishima-city, Hayato-Cho, Kajiki-Cho, AIRA-Cho, surrounds the Sakura-jima since.
 6月24日、天草群島⇒長崎県へ。
 旅の目的の一つとしてキリストの福音メッセージを伝える使命を感じていました。私の左胸には生まれながらの大きなあざがあります。4年前の夏に突然、そのあざがうずき出して赤く腫れ『不思議なことだな』と思っていました。天草群島にフェリーで渡った直後から、キリスト教会の十字架が目に付くと、どうしてもそちらの方向に足が向かうのです。プロテスタント教会、カソリック教会の区別なく訪問しました。
 2019/ 6/24 Crossing by ferry in the Amakusa Islands, Nagasaki Prefecture carried out missionary activities.
 Mission tell the Gospel message of Christ as one for the purpose of the trip was felt. Born big bruises on my left breast. In the summer of four years ago, suddenly, tingling and bruising out redness and swelling, "strange," thought. It is with the cross of Christ Church on the ferry across the Amakusa Islands immediately after, and go in the direction of just there. Regardless of the Protestant churches, the Catholic Church has visited.
 人々の反応はハッキリと2つに分かれました。疑いのトマスという諺から話始めて、最初は皆さん「見ないで信じる者です」と仰るのですが、メッセージを伝えると、素直に喜ばれる方々疑いの虜になっていかれるばかりの方々との2種類にハッキリと分かれるのでした。『私が強要する事ではない。メッセージを伝えるだけ』と割り切り握手を交わして去ることを繰り返しました。
握手をしてみると、一瞬の内にその人の心が伝わって来るから不思議です。嘘でもいいから握手は力強くやるのがいい手の暖かさ(熱さ)だけでもその人の心の内は、相手に伝わっていくのでした。
 People's reactions are clearly divided into two. From saying no doubt Thomas story, starting at first everyone was clearly divides into two kinds and people become obsessed with and convey the message is saying that you see are those who believe without seeing "pleasing to people and no doubt, just go." Shouldn't I compel. Just tell me the message. "And reiterated that, shaking hands and leave. It is strange because come moment in that person's mind and try to shake hands. Believe can do powerful handshake. It was transmitted to the opponent in the minds of the men hand warmth (heat) alone.

続きを読む "「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記【前編】(ひろ おおやま) To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part I 】by Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »