« 「拉致家族を全員返還してくれたなら(前提条件無く即)平和条約締結の用意がある」と明確にアピールすれば、日朝韓3国平和条約が実現!Gave back all of a family abduction (no prerequisites immediately) the peace treaty "and moves forward as the result, mutual non-sggression,Kim Mun ASO Taro's."太陽と風"作戦 | トップページ | 【後編】「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記」 To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part 2】by Hiro. Oyama »

2019年6月24日 (月)

「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記【前編】(ひろ おおやま) To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part I 】by Hiro. Oyama

 6月21日、良い事をした後は、好事が続く?
 急にトイレ(大きい方)に行きたくなり、探しましたが見つかりません。付近の人々に聞いたところ、『山を少し登ったところに養護老人ホームがある。あそこなら朝のこの時間でも開いているだろう』とのことで、迷いながらもそこに到着。 2019/ 6/21 After the good thing, followed by practice!
 Want to go the toilet (whichever is greater) to suddenly, but no found. I've heard people around, "so far up a mountain in nursing homes. Open even at this time of the morning there would be, with you.” But lost has arrived at that location.
 気持ち良くなったところで、旅の目的「オカリナ演奏の御奉仕をしながら、福祉行政改革&大統領制移行への教宣活動」のことを話しました。責任者の方が熱心に聞いて下さいました。ついつい調子に乗って聞かれるままに「私は物理学者なのですが、実は懇意にしている占師の示唆によると、私は14年後にノーベル物理学賞を受賞することになるのだそうです」と話しても、納得顔(?)をされていました。空になったペットボトル4本に水を分けて頂き、その老人ホームに別れを告げたのでした。
 臼杵市だったと記憶しています。
 Feeling better, in the travel Purpose; "Welfare reform, while I serve you the Ocarina & Professor Sen activity to move to a President of Japan" of told them that. Officer who was listening intently. Left inadvertently on the condition and asked to talk according to the suggestion of fortune tellers have to actually know I'm a physicist, it is my will to be awarded the Nobel Prize in physics, 14 years after it said pleasant face (?) Would have been. 4 bottles emptied into the water I had bade farewell to their homes. Remember the Usuki-city said.
 佐伯市に入っても好事は続いたのです。偶然に見つけた包括支援センターの人々が暖かく対応して
下さり、佐伯市の福祉行政の実情を詳細に知る事が出来たのです。21世紀のナイチンゲールの応援の方も宜しく!」と伝えても、違和感はありませんでした。大分県の人々の人情の篤さを感じ、九州一周の幸先良いスタートとなりました。
 その日は宮崎県日向市の海岸でテントを張りました。
 It is a practice continued well into the city. It is able to found a chance to support people warm response to the facts of Saiki city Welfare Administration for more. "Best regards as the Nightingale of the 21st century!" Was told, no discomfort.  And the feeling of the people of Oita Prefecture, Kyushu around head start. That day it pavilioned in the coast of Hyuga city of Miyazaki Prefecture.
 6月22日宮崎県の海岸線に沿って南下
 今から50年前にこの海岸は自転車で走ったはずなですが、ほとんどその記憶がありません。多分、道が新しくなったのでしょう。堀切峠・鬼の洗濯板・鵜戸神社・・・名前にはかすかな覚えがあるのですが正直、『こんな景色だったっけ』という具合です。会う人々は素朴で暖かく、福祉行政の為政者と民衆との間にさほどのずれは無いように感じました。
2019/ 6/22 I went south along the coast of Miyazaki Prefecture. Now 50 years ago in I coast rode my bicycle should be, but almost no memory. Maybe a new way because of. Hokkiri-pass, Demon's washboard, Udo-shrine... is faintly memorable name is honest, "this landscape was?". I felt like people you meet are all simple and warm, no much difference between people and statesmen of the welfare.
 この日は、地元の人から教わった串間市の海岸でテントを張らせて頂きました。これ以前もこれ以降も、ほとんどの公園には公共の水洗トイレが準備されており、快適な野宿を繰り返すことが出来ました。夕食後も朝食後も海岸で草刈り作業を実行し、オカリナを練習する毎日でした。
 On the shores of Kushima-city, taught the locals this day was let floored tent. I could repeat the homeless comfortable also later than in most parks public toilets are being prepared. It was after dinner well after breakfast in Coast repeatedly to mowing the Ocarina to practice every day.
 6月23日鹿児島湾を一周。
桜島ってこんなに大きな外輪山を持ってたの?阿蘇の外輪山と比べて数倍も大きいじゃないか!』と感動しました。私は学生時代に磯公園から見た桜島しか、知りませんでした。勘違いの最たるものは『鹿児島湾を囲むすべてが鹿児島市』と思っていたのですが、垂水市・福山町・国分市・霧島市・隼人町・加治木町・姶良町・が桜島を取り囲んでいたのでした。あの日は汗が噴き出すような熱い日でしたが、1週間後にこの地域が集中豪雨に見舞われる、なんて想像にも及びませんでした。人情の篤さは大分県・宮崎県と同じです。この日は、阿久根市直前の山中で、テントを張らせて頂きました。テントの有難さは、蚊よけ、蟻よけ、虫よけです。時にはムカデだって付近にいるのでした。
2019/ 6/23 I've circled this day Kagoshima bay.
"SAKURA-Jima(Cherry Island) got such a big Somma? Compared to the ASO Caldera, or no it's great times!" And was impressed. I didn't cherry island seen from the Beach Park school days only. Pyromancer mistake is "all around the Kagoshima Bay Kagoshima City ' and thought the Tarumizu-city, Fukuyama-city, Kokubu-city, and Kirishima-city, Hayato-Cho, Kajiki-Cho, AIRA-Cho, surrounds the Sakura-jima since.
 6月24日、天草群島⇒長崎県へ。
 旅の目的の一つとしてキリストの福音メッセージを伝える使命を感じていました。私の左胸には生まれながらの大きなあざがあります。4年前の夏に突然、そのあざがうずき出して赤く腫れ『不思議なことだな』と思っていました。天草群島にフェリーで渡った直後から、キリスト教会の十字架が目に付くと、どうしてもそちらの方向に足が向かうのです。プロテスタント教会、カソリック教会の区別なく訪問しました。
 2019/ 6/24 Crossing by ferry in the Amakusa Islands, Nagasaki Prefecture carried out missionary activities.
 Mission tell the Gospel message of Christ as one for the purpose of the trip was felt. Born big bruises on my left breast. In the summer of four years ago, suddenly, tingling and bruising out redness and swelling, "strange," thought. It is with the cross of Christ Church on the ferry across the Amakusa Islands immediately after, and go in the direction of just there. Regardless of the Protestant churches, the Catholic Church has visited.
 人々の反応はハッキリと2つに分かれました。疑いのトマスという諺から話始めて、最初は皆さん「見ないで信じる者です」と仰るのですが、メッセージを伝えると、素直に喜ばれる方々疑いの虜になっていかれるばかりの方々との2種類にハッキリと分かれるのでした。『私が強要する事ではない。メッセージを伝えるだけ』と割り切り握手を交わして去ることを繰り返しました。
握手をしてみると、一瞬の内にその人の心が伝わって来るから不思議です。嘘でもいいから握手は力強くやるのがいい手の暖かさ(熱さ)だけでもその人の心の内は、相手に伝わっていくのでした。
 People's reactions are clearly divided into two. From saying no doubt Thomas story, starting at first everyone was clearly divides into two kinds and people become obsessed with and convey the message is saying that you see are those who believe without seeing "pleasing to people and no doubt, just go." Shouldn't I compel. Just tell me the message. "And reiterated that, shaking hands and leave. It is strange because come moment in that person's mind and try to shake hands. Believe can do powerful handshake. It was transmitted to the opponent in the minds of the men hand warmth (heat) alone.

 6月11日~14日(朝)尾道市にて海岸清掃で三泊四日
 東広島市内での啓蒙活動(草の根運動)は地元の人達にお任せして、私は東広島市以外の地区の現状調査と啓蒙活動にチャレンジすることになりました。
 出発は6月11日の昼過ぎでした。寝袋を2つ、テント、毛布3枚と炊事道具一式と米7升を車に積み込んでの出発でした。その日は尾道の向島に隣接する岩子島(
いわしじま)にテントを設営しました。その場所に足掛け4日間滞在することになります。 2019/ 6/11 ~6/14(morning)  I had 4 days 3 nights in a beach cleanup in Onomichi-city.  Activities in Higashi-Hiroshima City (grassroots) is local: to let people of Toyosaka, Hiroshima, I became a challenge in OUT of Higashi-Hiroshima city districts, research and educational activities. Departure was 6/11 afternoon. Sleeping bags, a tent and 3 blankets and cooking utensils was loaded into the car kit. Iwashi-jima Island adjacent to the Park in the day, I set up the tent. A foothold-4 day staying in place.
その間、テント設営場所付近のごみかたずけと鎌(かま)を使っての草刈りに汗を流したのでした。
愛媛県に渡る直前に尾道社会福祉協議会を訪れて、ボランティア保険(350円)をかけておきました。1年間有効です。万一(億が一)右翼連中に狙われて崖から突き落とされた場合、その保険金は豊栄町に全額寄付して頂くように、土屋民生委員の奥様にお願いして置きました。
(遺言書は整えていませんが、土屋民生委員様、よろしくお取り計らいのほど、お願いいたします)。
During that time, garbage around the tent set-up location who borrowed and I've sweated in the mowing with a sickle. Before the cross in Ehime Prefecture, visited the Onomichi Social Welfare Council, over the insurance volunteers (350 yen). It is valid for one year. If (millions of) pushed off a cliff and is targeted to the right-wing party, the insurance money Toyosaka, donated to and would like to ask Commissioners Tsuchiya put you. (Not prepared wills, Tsuchiya consumer members, as well as managing, thank you).
 6月14日(夜)~15日
 昼過ぎの出発時から雨がパラついていました。
しまなみ海道を渡り、愛媛県の松山市を目指したのでした。 庄原市の牧師から、「北条アライアンス教会を訪ねては…」という助言をいただいたので、立ち寄ってみました。教会には鍵がかかっていましたが、近所の教会員様のご配慮で、会堂内で雨露をしのぐことができたのでした。 2019/ 6/14(night)~6/15 From the early afternoon departure time was raining.
 
Cross the Shimanami-Kaido was aimed at the Matsuyama city, Ehime Prefecture, Japan. From the pastor of the shōbara city, "Visit Hojo Alliance Church..." that advice, so I stopped. Took the key to the Church, but in consideration of the Church in the neighborhood, had managed to beat the rain in the Hall of the people.
私は典型的な晴れ男であり、後にも先にも、雨にたたられたのはこの1日だけです。梅雨時にも関わらず、3週間のこの旅行中は、毎日汗が噴き出るほどの快晴に恵まれたのでした。 天の采配とは不思議なもので、雨に降られた愛媛県北条市の夜は、教会の中で眠ることができたのでした。感謝の意味を込めて、オカリナを1時間演奏させて頂きました。
I was a typical sunny is man, though, was cursed by rain after just one day. I was blessed with fine weather trip in 2 weeks the daily sweat gushing, even though during the rainy season. Strange things in the heaven of the Hōjō, Ehime, got caught in the rain, sleep in the Church that once was. Meaning of gratitude, Ocarina was be played per hour.
 15日の朝、松山市にある公益特別養護老人ホームに入園なさっておられた副牧師(90才)を訪ねました。初対面でしたが、感動の対面となりました。「『ベッド数を倍増し抜本的な行政改革を図るべき。日本は大統領制に移行すべき』という主張を全面的に支持します」という力強いお言葉を、数時間後に携帯電話に頂きました。
The next morning, Special public interest in the Matsuyama city visited the Assistant pastor was who do enroll in nursing homes (90-year-old). But I had met him face to face for inspiring. See "number of beds double sweeping administrative reforms should seek. Japan should be moved over to the Presidency, that will fully support the claim "that received strong words.
 6月16日 私の誕生日です。71才になりました。
この日、愛媛県愛南町久良の神社でご厄介になりました。再婚相手(2番目の妻)の故郷であり、昨年10月には20名以上の方々から、『澄子の願いをかなえて』署名活動にご協力頂きましたそのお礼と今後の活動への協賛のお願いをするために、一泊したのです
早朝出発前には、さい銭箱の中にそれ相応のお金を納めさせて頂きました。(あいにく万札しかなかったので
909円の小銭を納めたのですが、占い師の板金勝美さん、この数字に何か意味がありますでしょうか?)
 6/16 is my birthday. At the age of 71.
On this day, in the shrine of Hisayoshi of Ehime, I could sleep. Home's second marriage (his second wife), your cooperation and support in the petition in October last year from more than 20 people, "Sumiko wishes come true". It is asking for support to its appreciation and future activities for the night. Had we paid the money early in the morning before departure into an offering (saisen-bako) it's a good. (Between 10,000 meat tags but no liberated 909 Yen coin is of psychics, Katsumi, this number may mean something in great?)

 6月17日
足摺岬経由で高知県に入りました。途中で何度か図書館を探しました。自分のブログをチェックするためです。しかし、NG.の連続です。 こうなると意地になって、高知県立図書館を目指して渋滞の道路を行き来しました。工事中でもあり、日曜市でもあったのです。
やっとのことでたどり着けて、30分間の閲覧を許されました。 図書館司書の女性が優しかったので、『家に持ち帰って家族の方々と読んで、なるほどなって思ったら貴女の出来ることをして下さい』と言いつつ自作のリーフレット(投票率を80%以上にする秘策)を渡しました。 『出来ることをする。後は神様が選ばれる事!』と心は軽やかでした。
2019/ 6/17 Entered the via Ashizuri Cape, Kochi Prefecture. Scoured the library several times on the way. It is to check out your blog. However, NG. It would mean, shuttled between road traffic aimed at the Kochi Prefectural Library. Is under construction. Now finally some, was allowed to read for 30 minutes. Friendly female librarians "to take home and families read, more please can you if you ' and passed leaflets (secret voter turnout to 80% or more) to say. "You can do that. After God has chosen! " And the heart was light.
 6月18日 室戸岬に到着。初めての室戸岬でした。
 岩場にサンダル履きで行ってずりコケ、海水パンツでむき出しの太ももをフジツボの殻で、こんかぎりすりむきました。出血がひどくて少々困惑!海水で傷口を洗って放置。 海での傷は膿まないのです。
室戸岬の灯台は岬先端の高台になり、そこに上る道路は絶景です。なお、360度が見渡せる展望台は少し内陸に入った高台にあり、一度は行って見る価値があります。 その日は、徳島県との境を接する小さな漁村でテントを張りました。地元民と仲良くなるコツは、簡単です。草刈り清掃の作業をすれば良いのです。村人はみんな素朴で親切です。リーフレット「大統領制への移行提案」を機会ある毎に手渡しました。

 Arrived in Muroto-MISAKI. Muroto Cape for the first time.
In sandals, Twitter rock Moss, short on bread bare thighs with her shell konnkagiri surimukimashita. Bleeding badly, a bit puzzled! left, wash the wound with seawater. It isn’t wound in the sea. Lighthouse is at the end of the road which climbs up there is great. Located on a hill inland a little gazebo, 360-degree views over the city and worth going once.
It pavilioned in the tiny fishing village that day that border with Tokushima prefecture. Make friends with local people will trick is easy. It is weed cleanup work to do. The villagers all simple and helpful. Handed a leaflet, "proposal to transition to the Presidency at every opportunity.
 6月19日

 一路、鳴門の瀬戸を目指して北進中に、小さな教会を発見!
立ち寄って
みましたが不在でした。『キリストは既に再臨された模様です』のメモ書きを添えて、参院選への投票を促すリーフレットを置き手紙して置きました。この日は香川県の海岸でテントを張りました。勿論、お米を鍋で炊いての自炊です。旅館と外食生活を繰り返していたのでは、経済が成り立ちません。 一昔前までは旅は野宿が大原則です。修行と考えること!苦行だとは考えないことです
2019/ 6/19 Found a small church in the North head straight towards Naruto-Seto! stopped it was absent. "Christ is the pattern the Lord already ' placed a Letter. The Leaflet to encourage voting for the House of Councilors election, with notes. On this day it pavilioned in Kagawa Prefecture's coast. It is, of course, rice cooked in a pot for cooking. I repeated the Inn and restaurant life is not economic. Until a decade ago travels principle is homeless. Practice and think! and austerity. it's not!
 6月20日

 一気に愛媛県を横断して、佐多岬の先端(三崎港)からフェリーで大分県の佐賀関でテントを張ることになります。途中で何度か、「オカリナを吹かせて頂けませんか?」奉仕活動を試みました。しかし、どういう訳か、愛媛県内では、断られることが多かった記憶が残りました。ひどい時には「乞食/押し売り/お断り」とインターホンで冷たくあしらわれたこともありました。 『田舎と比べて都会では、老人ホームで働く人の心が冷たいのかな?』とも感じた次第です。
2019/ 6/20 Once crossed, Ehime Prefecture, pitch a tent in the saganoseki, Oita Prefecture, by ferry from the tip of Cape SATA (Misaki Harbour). Along the way several times, "Would you pleasant for me to play Ocarina?" An attempt was made to do volunteer work. However, it tended to be refused for some reason, in Ehime Prefecture, memories remained. It was also terrible when beggars and high-pressure selling refuse coldly snubbed intercom. "Who works in a nursing home in the city, compared to the country's heart is cold I?' At least is really cool.
 6月21日
 朝4時過ぎにテントの中が少し明るくなりました。飛び出して見ると東の海(水平線)や空の色が刻々と変化していき、朝日が顔を覗かせて来ました。地元の人々によると、『元旦にはこの海岸線にはすらりと人が並んで朝日を拝んでいる』のだそうでした。大分県の海岸は瀬戸内海に面しており、太陽は海から昇って来るのでした、夏にも冬にも!
 
トイレはありませんでしたが、気持ちの良い休憩所でした。朝日をあびながらの草刈り作業も気持ちが良かった!朝の散歩者が多かったのも、印象に残りました。
 2019/ 6/21 4 am after now inside the tent a little brighter. And look out East Sea (horizon) or empty color changing with changes, I glimpse the Sun. That was according to the locals 'on new year's day on this coastline lined with slender people, worshiping the Sun'.  The Oita coast in the Seto Inland Sea facing the Sun coming up from the sea since the summer and winter! It was the toilet wasn't a pleasant resting place.
Nice colorful Sun weed work! in the morning were the best.

|

« 「拉致家族を全員返還してくれたなら(前提条件無く即)平和条約締結の用意がある」と明確にアピールすれば、日朝韓3国平和条約が実現!Gave back all of a family abduction (no prerequisites immediately) the peace treaty "and moves forward as the result, mutual non-sggression,Kim Mun ASO Taro's."太陽と風"作戦 | トップページ | 【後編】「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記」 To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part 2】by Hiro. Oyama »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「拉致家族を全員返還してくれたなら(前提条件無く即)平和条約締結の用意がある」と明確にアピールすれば、日朝韓3国平和条約が実現!Gave back all of a family abduction (no prerequisites immediately) the peace treaty "and moves forward as the result, mutual non-sggression,Kim Mun ASO Taro's."太陽と風"作戦 | トップページ | 【後編】「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記」 To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part 2】by Hiro. Oyama »