« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月26日 (金)

美しき山々「スイス・アイガー」のNHK映像を見ながら天からの贈り物を想う。

『フィボナッチ坊やはいい名前だね』のコメントを寄越して下さったのは佐藤勝彦博士ですね、今 気が付きました。『真は美なり、美は真なり』の心情が伝わって来ました。感謝です。真の量子力学の再構築を宜しくお願い致します。2019/ 8/ 8 Hiro. Oyama
 美しき世界の山々「スイス・アイガー」のテレビ映像を見て、ふと、灼熱の氷惑星の筆者:高橋実氏の言葉を思い出した。『アルプスの山々も、ヒマラヤの山々に限らず、高い山々は皆、尖っている。あの形は、氷という固体群で削る事でしか、形成し得ない。』という意味の事を述べておられたのです。『少々、我田引水が過ぎるかな?』と私は思っていたのですが、スイス・アイガーの山々のテレビ映像を見ていて『なるほど、確かにな』って思ったのです。昭和新山のように(あるいはコニーデ火山のように、)大地から押し上げても、あの急角度の鋭く尖った急斜面の高い山々は出来上がるはずがないのです。その斜面(断面)にはハッキリと地層が観測されるのですよ。もし風雨や川によってあの山が築かれたとした場合には、この痕跡(蛇行の後とか、柔らかい層が削られた痕跡)が残っていなければならないにもかかわらず、それがあの高い山々には認められないのです!

 辛うじて氷河が削った痕としてU字谷が散見されますが、それが真実としたならば、その氷河の元の氷の厚さは、数千メートルの山の高さの数倍以上があった事が容易に想像できます。「この、もの凄い量の氷が氷惑星から地球表面に移動して来た!」という事を認識せざるを得ないでしょ。
どうしてこんな単純な力学が、高名な物理学者諸氏には理解できないのでしょうか
 無理ない事ですね、私自身が、美しき世界の山々「スイス・アイガー」の映像を見るまで、高橋実説を少々疑っていたのですからね。
数年前に私は、北欧8日間の旅で、スウェーデン・ノルウェーに沢山存在する氷河湖やU字谷を見学しました。あの時、『この大地の上に数万メートルの氷が積もっていたんだ』という確証を得ていたのですが、忘れていました。
アルプス山脈(ヒマラヤ山脈・マッキンリー・・・)の槍を立てたような山々の形は、硬い氷で切削して初めてあの形になるんだよな、って改めて思ったのです。

 地球の外に、地球の成因/生命の起源/太陽系の成因・・・を求めなくても、あなたの身近に、その証拠は五万と転がっているのですよ。要は、その自分の👁目👁でみたものを使って論(仮説)を組み立てるか否か、という事でしょう。
 アルプスの山々の映像を見ながら、改めてそう思いました。2019/ 7/26 Hiro. Oyama

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

投票が義務化された時の投票アドバイスと投票のノウハウ Advice of mandatory voting, voting know-haw.

 投票が義務化された時の、投票のアドバイス投票のノウハウとを紹介しましょう。
今回の選挙でも、ある高等学校に仮設投票所が設置されたそうです。投票が義務化されれば、可能な限りの仮説投票所は全国に設置されるでしょう。海外からも投票が行われるように便宜は図られることでしょう。
そこで、これまで投票を棄権して来た人々にアドバイスです。
And advice were made compulsory voting, voting and vote here. In the election is high school seem established makeshift polling stations. Will be established nationwide, mandatory voting hypothetical polling places as much as possible. To vote from overseas facilities will be furthered. So the advice is people ever came to abstain from voting.
【1】自分や自分の家族の中で、一番困っている事に対して明快な解決策を提示してくれない政党(党首/党員)以外を選ぶ事
【2】あなたが、戦争という人殺しがイヤならば、『トランプ大統領の片棒を担ぐような政党』は選ばない
[1] Select a non-party (party leaders and rank-and-file party members) does not present a clear solution for myself or my family in the most trouble. [2] If you hate war is murder, "trump the President's take part, such as political parties, any thing.
【3】★消去法で残ったABC3人の内、誰を選んでいいのか判断しかねる場合、鉛筆を転ばせて決めれば良いのです。
★消去法で2名が残ったのならば、コインをポケットから取り出して、その裏表で決めればいい。
★名前には偶数か奇数しか存在しませんから、「あなたの名前」のひらがな文字数で決めても良い。
[3] ★ If you cannot decide who to choose in the ABC three people remained in the process of elimination, pencil, 転basete, andwhat is. ★ If you remained in the process of elimination two coin out of his pocket and can decide on its sides. ★ Decided in hiragana characters in your name from the even-numbered or odd-numbered only exist in name, even better.
【4】誰に投票して良いのか全く分からない場合には、白票を投じる
簡単でしょ。投票所に足を運んで、【1】~【4】のいずれかを実行すれば、罰金5000円は払わなくて良いのです
[4] Things you absolutely don't know better who to vote, cast a blank vote. It's simple. In the polling stations visited, [1]-[4] is if you perform one, good pay 5,000 yen fine. Let me explain a little. Base is given by process of elimination.
 少し説明しましょう。基本は消去法です

続きを読む "投票が義務化された時の投票アドバイスと投票のノウハウ Advice of mandatory voting, voting know-haw."

| | コメント (1)

2019年7月12日 (金)

「投票を棄権すると罰金を取る」ように憲法改正しては如何ですか?"To abstain from voting and fine to take the" constitutional amendment to how do? Voter turnout was 48.8%. More than half of all people have abandoned the duty Wonderland! 投票率が48.8%だった!?全国民の半数以上が義務を放棄している不思議な国!

要旨 2019/ 7/23 参院選の投票率は、48.8%だったそうです。有権者1億人の半数:5千万人が投票場に足を運んでいないのです
先ほど、NHKの時事公論では、投票率が低かった理由を色々と喋っていましたが投票しなかった人の責任放棄を正当化/弁護するのに主眼が置かれているように感じました。選挙権は国民の権利であると同時に義務であるという事を、日本国民は忘れてしまっている模様!《NHKの論説委員でさえも、あのような杓子定規な評論しかできないのですからね》。
Editorial 7/21 election turnout was 48.8% is unlikely. Half of the voters who 100 million: 50 million people not coming to vote for. I felt so focused on the justification and justify abdication of responsibility of the people who were talking earlier, voter turnout was low in the current affairs of NHK public opinion, why I did not vote for. Citizens ' rights is the right to vote and at the same time obligation that Japan people wont have forgotten! "not only in the NHK's editorial board that such a pedantic critic is the moment".
 以下に述べるように日本国に取っては『選挙に参加しなければ、罰金を取る』という制度に変更するのが良いでしょう。これなら憲法改正までは必要なくて、選挙法の改正で済むはずです。今度の衆議院選挙の投票日にも十分間に合います。『一票の格差が3倍もあるのは違憲である』という議論以前に『選挙の義務を放棄している国民の非を問うべき』だとは思いませんか。
 次回の衆議院選挙では投票所に長い行列が出来ている情景が目に浮かぶように感じています。
令和元年 7月23日 (ひろおおやま:大山宏)
 It would be good to change the country Japan the system "take the fine if you do not participate in the elections" as described in the following. If it don't need to amend the Constitution, should avoid in the revision of the election law. With the upcoming House of representatives election polling day even in the last 10 minutes.  I don't think to ask that people have abandoned the duty of the election's "one vote difference are three times as unconstitutional, that discussed earlier. Feel comes in the first scene of the next House of representatives election made a long queues at polling stations.
  2019 July 23, Hiro. Oyama
詳細 令和元年7月21日は参院選の投票日です。皆さん、投票所に足を運びましょう。『どうせ行ったって無駄だよ。時間の無駄!』とか『棄権するのも国民の権利!』なんて屁理屈を言ってないで『実質的に人殺しの戦争駆り立てられないであろう方向に少しでも近い政党』へ投票しましょうね。白票(何も書かないで投票する事)でも意味があるのですよ。
 インターネットで調べてみると、『投票を棄権すると、罰金を取る』という国もかなり存在する様子です。「現政権に投票しないと罰金を取る」では民主政治ではありませんが
、『投票所に足を運ばないと、課税される』という制度を敷いた場合には、投票率は一気に、 95%~99%にまで向上する様子です。
 It seems quite there country "take the fines and to abstain from voting," and look on the Internet. "Take the fine and not vote for the current Government" system "holds true to the polls and be taxed' case is not democracy, that is how to improve dramatically, up to 95-99% turnout.
立候補しても、ある程度の票が得られなければ迷惑料(300万円?600万円?)を国へ納める制度になっています。『投票を棄権すると罰金を取る』という選挙制度改正を憲法改正議論の目玉にしては如何でしょうか?

 消費税を10%に上げるか上げないかの議論よりも、
はるかに建設的な議論になるのではないでしょうか。
 政治の合理化にもなりますでしょ。
  《 comment コメント-6 comment 》
 政治に「タラれば(仮定法過去形)」はあり得ないのですが、クリントンとトランプとが争った大統領選挙において、もしも米国で投票が義務化されていたならば、クリントンは圧勝していたのです。そして、
この3年間のヒットラーが如きトランプの強引で世界を不安のどん底に陥れる政策を、アメリカ国家は実行していなかったのは明白です

 Politics, "Tara is carried (subjunctive past tense)" is was swept Clinton in the presidential election impossible, Clinton, playing cards, and fought if in the United States vote are mandatory was if it is.  And plunge into the depths of anxiety world, assertive three years Hitler like Trump policy is obvious to did not run the United Nations.
 This should vote mandate (fine policy) highlights of the next election both the United States and Japan as big reflective material would. Our United States people think "I need to visit to the polls than Clinton to win' the foot did not carry to the polls and find out what great remorse. We'll make obligatory vote YOU.
Hiroshima Oyama
 これを大きな反省材料として、米国も日本も、投票の義務化(罰金政策)を次の選挙の目玉にすべきでしょう。『私が投票所に足を運ばなくてもクリントンは勝利するだろう』と思って投票所に足を運ばなかった米国民の皆様、大反省をして下さいね。懲りたでしょ、投票を義務化しましょうよ。 Hiroshima Oyama

続きを読む "「投票を棄権すると罰金を取る」ように憲法改正しては如何ですか?"To abstain from voting and fine to take the" constitutional amendment to how do? Voter turnout was 48.8%. More than half of all people have abandoned the duty Wonderland! 投票率が48.8%だった!?全国民の半数以上が義務を放棄している不思議な国!"

| | コメント (2)

2019年7月 9日 (火)

【後編】「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記」 To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part 2】by Hiro. Oyama

6月24日の夜は、天草諸島からフェリーで島原半島に渡った直後の海岸でテントを張ろうとしましたが、思いのほか風が強くて、テントが動くのでした。数十メートル、テントを移動し、海に向かってオカリナを奏上。月は既に下弦の月となり、出発から15日が経過したのが分かります。・・・
2019/ 6/24 Night : On the coast of Shimabara Peninsula, crossed by ferry from Amakusa Islands put up our tent, but surprisingly strong wind was moving tents. And move the tent several tens of meters, the Lady Ocarina toward the sea. May already be waning Moon, you can see departure after 15-days.・・・

続きを読む "【後編】「福祉行政改革と大統領制への移行と」を推進する旅日記」 To promote administrative reform and the presidential transition and journey diary【part 2】by Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »