« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月28日 (土)

"未来への金曜日"のグレタさんへ。To Greta on Friday for the future. The brunt is different. It's bad for a similar non-scientist and a politician who's trying to take the initiative.  矛先(ほこさき)が違うのですよ。似非科学者とそれを利用して主導権を握ろうとしている政治家連中が悪いのです。ご参考:小泉進次郎議員殿

ゴルゴ13さいとうたかよりグレタ嬢へ
日本の大人の漫画「ゴルゴ13」SPコミックス162巻の
海の鉱山』というマンガを読んでごらんなさい。
死の商人(これの多くはユダヤ人なのですが)、21世紀の現代社会においても大活躍しているのが分かりますよ。
 From "Golgo 13's Saito-Takao" to Miss Greta. Read the Japanese adult manga "Gorgo 13" SP Comics 162 and the manga "Mine of the Sea". The merchant of death (many of these are Jews) can see that it is also very active in the modern society of the 21st century.
その漫画ゴルゴ13の中で、西欧の政治家の多くは死の商人とグルなのであって、『CO2で地球温暖化が起こっている』なんてちっとも信じていないことが示唆されていますよ。
 
最近の日本のはやり言葉に『半ぐれ(半分だけぐれん隊の意味)』というのがありますが、・・・
《 以下本文 》

Miss Greta,
I heard your speech at the United Nations.  I respect your ability to act and execute. However, there is a slight difference in perception. "As the seawater temperature went up first, CO2 was later released into the atmosphere from the seawater!" is a scientific fact. In the Kyoto Protocol and the Paris Agreement, European scientists were only deliberately trying to use false data for politics.
 グレタさん、国連での演説を聞きました。あなたの行動力・実行力に敬意を表します。
 但し、ちょっと認識違いがあるのです。
「海水温度が先に上がったので、海水からCO2が大気中に後追いで放出された!」のが科学的な事実なのです。
京都議定書においてもパリ協定でも、ヨーロッパ人の科学者が意図的に嘘のデータ(偽科学)でもって、政治に利用しようと目論んでいただけなのですからね。
 あなたの主張は少し修正された方が良いでしょう。
『原因と結果とを偽った偽(にせ)科学でもって、政治を動かそうとした政治屋と、似非科学者こそ非難されるべき』なのです。
「世界中の皆さんを混乱の極みに陥れた、似非科学者連中は懺悔して、間違いを認めて真の政治への助言をして欲しい!」
と、あなた(グレタ)さんは、叫び直せば良いのです!きっとあなたはそう訴え直して下さることでしょう。陰ながら応援しています。Hiro. Oyama
 You'd better correct your claim a bit. It is only a politician who tried to move politics by the false science which misrepresented the cause and the result and the non-scientist should be criticized. "I want you to confess to the non-scientists who have plunged you all over the world into chaos, admit your mistakes and give you real political advice!" I'm rooting for you in the shade. Hiro. Oyama
投稿:
グレタ嬢へ  2019年9月28日 (土) 00時20分
小泉進次郎殿へ、CO2と温暖化、どっちが先? Which of the carbon dioxide (CO2) and global average temperature (T) changed first? It is a mistake of the cause and the result! 原因と結果の取り違えでしょ!
http://oyamahiroshi.cocolog-nifty.com/blog/cat74144853/index.html

続きを読む ""未来への金曜日"のグレタさんへ。To Greta on Friday for the future. The brunt is different. It's bad for a similar non-scientist and a politician who's trying to take the initiative.  矛先(ほこさき)が違うのですよ。似非科学者とそれを利用して主導権を握ろうとしている政治家連中が悪いのです。ご参考:小泉進次郎議員殿"

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

民生委員の特命任務物語【part1】"The Special Mission Story of the Civilian Committee”

 One day, there was a small card in my mailbox. "I'm a civil commissioner in your district. If you have any problems, please feel free to call us. Yuko Tamori TEL:090-5267-xxxxx"
 ある日のこと、我が家の郵便受けに小さなカードが入っていました。「私はあなたの地区の民生委員です。何かお困りのことがありましたら気軽にお電話下さい。田森夕子 TEL:090-5267-xxxxx」
このカードはそれから毎月のように我が家の郵便受けに入っていた。「いらっしゃらなかったので、・・・」との走り書きメモも毎回添えてあった。有難く思ったし、『親切な民生委員だな』と好感を持った。
This card was then in my mailbox every month. "I didn't come, so...“; was accompanied by a scribbled note every time. I was grateful, and I liked it, saying, 'You're a kind civilian commissioner.'
 忙しく飛び回っている私(博一)だって、たまには自宅に居る時もある。(明るくて若い女性でもあり)会えた時には大いに雑談もはずんだ。私が書いた短編小説を渡して読後感想を求めた事もあった。 その不在カードは何枚も溜まっていった。
 ある日(必要があって)その電話番号を回した。
 I'm so busy flying around that I sometimes stay at home. When I met her, she was a bright, young woman, and she had a lot of chat. I gave a short story that I had written and asked for your impressions after reading it. The absent card accumulated many. One day I turned the phone number around.
「ある人が困った状況にあるんだが、至急来てほしい」と話すと、30分後にその女性は飛んで来てくれた。
『・・・、その人のお名前は?』
「名前は言えない。こういうケースでは即、警察に電話するのか?」
『場合によります(ケースによっては警察に連絡します)』と笑っている。結局、その名前は明かさなかった。障害者のお子さんを乗せて来て(車内に待たせている)民生委員であり、両手も少し不自由な様子であった。
"A person is in trouble, but I want you to come as soon as possible," the woman said, and after 30 minutes, the woman flew in.
“What's his name?”
"I can't say the name. In a case like this, are you going to call the police about that? "Depending on the case (I'll contact the police in some cases)," she laughs.
In the end, I didn't give the name. She was a civilian committee (it is made to wait in the car) putting her child of the physically handicapped person, and her both hands seemed to be a little inconvenient.
「ボランティアなんだろ。大変だね。もし私で良かったら交代してあげますよ」とも助言してあげた。何日後かには「あなたには民生委員のボランティアは無理だと思う。旦那さんやお子さんを大切にしてあげなさい」と電話で助言してあげたこともあった。 "You're a volunteer, aren't you? Looks tough. If it's okay with me, I'll take turns." A few days later, I said, "I don't think you can volunteer for the Civilian Committee. Take good care of your husband and your child."
 ある日を境に、プツリと縁が切れ、その民生委員への電話連絡は不可能となった。
緊急事態にもかかわらず、何度電話を掛けても繋がらないのであった。ほとほと困って他の地区の民生委員に相談し、その人から掛けてみて頂いたが、やはり繋がらないのであった。
 One day, the relationship broke out, and it became impossible to contact the civilian committee by phone. In spite of the emergency, no matter how many times I called, I couldn't connect. It was not connected still though it consulted the civilian committee in other districts, and it hung from the person.
A year and a half has passed since the phone call disappeared, and it was time for the reelection of the Civil Service Committee. I had offered the intention of the candidacy to the relational source, and it was asked at all, "Will you do the next civilian committee?" The contact (even if it waited for half a year) did not reach me at all. I thought, 'It is mysterious though the shortage of the assembly member and the chronic shortage of the civilian committee are nationwide.'
 電話がつながらなくなって以来1年半が経過し、民生委員改選の時期になった。
 私は立候補の意志を関係筋に申し出ていたのだが、一向に「次期の民生委員をやってくれないか?」という連絡は(半年待っても)いっこうに私に届かないのであった。『市町村議員の成り手不足、民生委員の慢性的不足は全国的であるにも関わらず、不思議だな』と思った。《 続く:continue the next.》

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

蜘(くも)の糸にからまった赤とんぼ。I found a baby dragonfly stuck in a spider thread.

 寝床の中で気になった、先ほどから台所の方で何やら音がする? 蛾や蝶のような大きな音でもないし黄金虫の音とも違う。『気のせいか』と思いながらそのまま惰眠をむさぼっている内に忘れてしまった。I was worried about it in my bed, I heard some noise in the kitchen from the other day. It is not a loud sound like a moth and a butterfly, and it is different from the sound of the golden insect. I forgot it while i was devouring my sleep while thinking as 'Is it because of my imagination?'
しばらくして『遅い朝飯でも食べようかな』と思いつつ台所に行き、朝飯の準備を始めた。『やっぱり、気のせいではなかった、物陰に何かがいる!』 物音を頼りに探している内に、赤とんぼがバタバタやっているのを発見した。After a while, I went to the kitchen thinking,' and started preparing breakfast. "After all, there is something in the shade that was not because of my mind!" I found a red dragonfly fluttering while I was looking for a sound.
 カエルやバッタの侵入には慣れっこだが赤とんぼは初めてであった。面倒だが付近の物を取り除いて赤とんぼの羽をそっとつかみ、からまったくもの糸を丁寧に取り除いて、逃がしてやった。・・・It was the first time for a baby to invade a frog or grasshopper. It was troublesome, but I gently grabbed the feathers of the baby dragonfly to remove the stuff in the vicinity, carefully removed the thread from it, and let it go.・・・

続きを読む "蜘(くも)の糸にからまった赤とんぼ。I found a baby dragonfly stuck in a spider thread."

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

公益特養:豊邑園の謎. The mystery of TOYOSAKA-Garden

 博一は歌いながら『あらッあそこに座って聞いておられる小柄なお婆ちゃんは最近どこかで見かけた人だぞ。誰だったかな?』と思ったが、直ぐには思い出せなかった。12曲をみんなで歌う慰問公演であった。毎年恒例の豊邑園慰問公演なので、ほとんどの人の顔には見覚えがあった。歌の合間にふと、『ああ、あれは元町長さんの奥方だ』と、思い出した。『年齢は確か今年で103才のはずだ。四年前の市会議員選挙の時には98歳だったが、長女娘への支援を呼びかけて町内を隈なく歩き回ったすこぶる活発で元気なお婆ちゃんだ!』と思い出した。
 Hiro sings, "The petite old woman who is sitting there and listening is the person who has seen somewhere recently. Who was it?’ he thought, but he couldn't remember it right away. It was a consolation performance in which 12 songs were sung together. Because it was the annual HOUYUUEN consolation performance, most people's faces were familiar. It recalled, 'Ah, that is the wife of the former mayor' by chance between the songs. "I'm sure she's 103 this year. She was 98 years old at the time of the municipal assembly election four years ago, but she was a very active and energetic old woman who walked around the town calling for support for her eldest daughter! It recalled.
 『それにしても、表情が硬い。ニコリともしないでこちらをみておられる?』と不思議に思いつつ、博一は歌い続けた。
 不思議なことに、握手会の時にはそのお婆ちゃんは居なかった。『早々にひきあげたんだな。後日、挨拶に自宅の方に立ち寄ってみよう』とあの時思ったが、そのままになっていた。それをふと思い出して博一はハンドルを左に切った。
 呼び鈴を押すと若奥さんが出て来られた。
"Even so, her expression is stiff. Is she looking at us without going with Nikkori-smile? Hiro continued to sing while wondering. Strangely enough, the old woman was not there at the handshake meeting. 'She pulled it up early. Later, he thought, "Let's stop by at home to say hello," but it was as it is. It was recalled by chance, and He cut the steering wheel to the left. The young wife came out when the doorbell was pushed.

続きを読む "公益特養:豊邑園の謎. The mystery of TOYOSAKA-Garden"

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

限界集落内にて「電動車いす事故」発生。 An electric wheelchair accident occurred in a marginal village.

 山間の故郷に帰って来たのは今から10年前であった。その時父は既に亡くなっており、残された母が先祖伝来の土地と建物とを維持管理してくれていたのでした。その母も今から8年前に遠く離れた老人ホームに転出し、一人宏は人家がまばらになったその村に取り残されて久しい。 It was ten years ago that I came back to my hometown in the mountains. At that time, my father had already passed away, and my mother had maintained the ancestral land and buildings. His mother also moved to a nursing home eight years ago, and he has been left behind in a village where his family has become sparse.
 築山を兼ねた裏山を含めれば、かれこれ五百坪はあろうかという、かなり大きな屋敷ですが、幸いにも隣りにはお婆ちゃんが住んでいて、元気に暮らしておられました。そのお婆ちゃんや残り少なくなった近所の人々と会話できるのが、宏の楽しみでありました。
 Fortunately, the grandmother lived next to it, and it lived energetically though it was a considerably big residence whether there was 500 ‘tsubo坪’ of this if the back mountain which also served as ‘tsukiyama(Garden-mountain)’ was included. It was Hiro's pleasure to be able to talk with the old woman and the people in the neighborhood who had become few.
 隣りの家との間には深い溝がありました。隣りのお婆ちゃんが最近、電動車いすを購入した!宏は出歩く事を薦めていたが、電動車椅子での買い物や散策も「良い事だ」と激励したのでした。小柄で活発なそのお婆ちゃん、嬉しそうに向こうの田んぼや裏山の畑まで、その電動車いすで毎日野良仕事に出かけていました。
 There was a deep gap between the Home next door. The grandmother next door recently purchased an electric wheelchair! The small, active old woman went out to the field of the rice field in the other side happily and the field in the back mountain every day in the electric wheelchair.
 ある日、宏は自宅の前にある長くて深い溝が気になり出した。『この溝に、もしお婆ちゃんの車椅子が突っ込んだら、ただでは済まないぞ』と、宏は思った。思ったら即、行動に移すのが宏の性格であった。
 One day, Hiro. started to worry about the long, deep ditch in front of his home. Hiro. thought, 'If grandma's wheelchair rammed into this ditch, it was not sorry for free'. It was Hiroshi's character to put it into action at once when thinking.
 宏はホームセンターから縦30x横60x厚さ10㎝ のコンクリートブロックを90枚買い込んで来て、長さ数十メートルも続く道沿いの その深い溝に蓋(ふた)をしたのでした。「これで大丈夫だよ」とお婆ちゃんに話すのを楽しみにしていたのですが、どういう訳か、お婆ちゃんの姿を急に見かけなくなったのでした。
 Hiro. bought 90 concrete blocks of 30x wide 60x thick 10cm from the home center and put a lid on the deep ditch along the road that lasted tens of meters in length. I was looking forward to telling my grandmother that this would be all right, but for some reason, I couldn't see her suddenly.
 見かけなくなって一週間も経ったころであったか、突如、峠向こうに住んでいる親戚のおばちゃんが訪ねて来て、「明日は報恩講だけど、隣のお婆ちゃんは居られないから、お寺さんは隣家を飛ばしてあなたのところに向かわれる。そのつもりをしておいて」と言われました。
何かあったのですか?病気事故にでもあわれたのですか?」と聞いても、教えては頂けなかった。
It was not seen, and it was time when it had passed for as much as one week or suddenly the aunt of the relative who lived in the pass side visited, and it was said, "The next grandmother is not able to exist though it is a reward lecture tomorrow, and the temple is made to fly the next house and to go to you. I'm going to do that." Did something happen to you, or did you get sick or have an accident? Even if it heard, it was not possible to teach it.
報恩講を済め、村人総出で行う共同掃除作業を終えた後も、お婆ちゃんは帰って来ませんでした。
不思議なことに、それでも毎朝、新聞配達のバイクの音は規則正しく聞こえてくるのであった。
『新聞や郵便物がポストにたまってしまっては、泥棒にも直ぐに住人の居ないのがバレてしまうが・・・』と宏は心配になった。そこで思い切って宏は、お婆ちゃんの家に様子を伺いに行ってみた。

続きを読む "限界集落内にて「電動車いす事故」発生。 An electric wheelchair accident occurred in a marginal village."

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

HAYABUSA2(はやぶさ2)が持ち帰る石の分析結果から明らかになる事。will be revealed from the analysis of the stone brought home. It will also be evidence that the celestial body M exists.天体Mが実在する証拠にもなることでしょう。

 With 10-years, the success of Falcon 2 is a feat and a blessing. However, even if the stone less than 1gr brought back hard is analyzed, it is expected that the mystery of the origin of the life will only deepen.
 For some reason,

 10年の歳月をかけて成し遂げたハヤブサ2の成功は快挙と祝福されるべきものです。但し、苦労して持ち帰ったその1gr未満の石を分析しても、生命の起源の謎は深まるばかりではないか、と予想されます。何故かと言えば、

【1】アポロ計画で月の石を大量に持ち帰って分析しても、地球の地殻物質と大差がなかった。生成年代にも差が認められなかった。月にも無数の隕石が降り注いだはずですが、生命の痕跡は確認されたとは報告されていない。
 Even if a large amount of the stone of the moon was brought back by the Apollo program and it analyzed it, there was not a big difference from the crust material of the earth. There was no difference in the generation age. Countless meteorites should have fallen on the moon, but no trace of life has been reported.
【2】月を取り巻く大気はありません。地球には大気があり、「大昔から地球に降り注いできた無数の隕石は、どれもこれも凄い熱に晒された」はずです。地球にふりそそいだ隕石の方が、月に降り注いだ隕石に比べて格段に条件が悪いのです。

 There is no atmosphere surrounding the moon. There is an atmosphere on the earth, and "The countless meteorites which have fallen on the earth since ancient times were exposed to terrible heat" all of which should have been exposed to great heat. The condition is much worse than that of meteorites that have poured into the earth, compared to meteorites that have fallen on the moon.
【3】ハヤブサ2から持ち帰った石の中から生命起源を示唆する長い炭素の鎖は発見されたとしましょう。その炭素鎖が大気圏突入の高熱にさらされることなく、地上にソフトランディングする必要があるのですが、現代科学者はその方策を未だに見出していないのです。謎は深まるばかり?という結果になるのでしょう。

 Let's say that a long carbon chain that suggests the origin of life was discovered from the stone brought back from Falcon 2. The carbon chain needs to make a soft landing on the ground without being exposed to the high heat of atmospheric entry, but modern scientists have yet to find a way to do it. Will the mystery only deepen?
 そこで思い出して頂きたいのです。

今からかれこれ50年近く前に、高橋実氏が予言解明された「氷惑星:天体M」「灼熱の氷惑星」の事を思い出してみるべきではないでしょうか。3000年周期で地球の公転軌道と交差する氷惑星です。運行の過程で水素も酸素も集め、表面を氷殻で覆われているのです。運行途中で集めた”大量の隕石”を氷漬けで運んでいるはずです。そしてその天体Mは水や氷と一緒に(ソフトに)地表に置いて行った可能性が大きい!
I want you to remember there. Shouldn't we recall the prophecy of "Ice Planet M: Heavenly M" and "The Scorching Icy Planet" nearly 50 years ago? It is an ice planet that intersects the earth's orbit in a 3,000-year cycle. In the course of the operation, hydrogen and oxygen are collected, and the surface is covered with ice shells. You should be carrying a large amount of meteorites collected in the middle of the operation in ice. And, the heavenly body M is likely to have been left on the surface of the earth with water and ice.
 ハヤブサ2が地球に送り届けてくれる岩石の中に、生命起源らしき炭素鎖が確認されるのを願っています。それと同時に、氷惑星が1億年に2回位の割合で、地球と半球衝突を繰り返していたことの傍証にもなっているのでした。

 高橋実氏の名誉復活を認めるべき時期に来たのではないでしょうか。
 We hope that the carbon chain, which seems to be the origin of life, will be confirmed in the rock that falcon 2 sends to earth.  At the same time, it was also a sign that the ice planet had repeated lysis with the Earth at a rate of about twice a million years.
 I think it's time to recognize the reinstatement of Mr. Minoru Takahashi....

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »