« 限界集落内にて「電動車いす事故」発生。 An electric wheelchair accident occurred in a marginal village. | トップページ | 蜘(くも)の糸にからまった赤とんぼ。I found a baby dragonfly stuck in a spider thread. »

2019年9月14日 (土)

公益特養:豊邑園の謎. The mystery of TOYOSAKA-Garden

 博一は歌いながら『あらッあそこに座って聞いておられる小柄なお婆ちゃんは最近どこかで見かけた人だぞ。誰だったかな?』と思ったが、直ぐには思い出せなかった。12曲をみんなで歌う慰問公演であった。毎年恒例の豊邑園慰問公演なので、ほとんどの人の顔には見覚えがあった。歌の合間にふと、『ああ、あれは元町長さんの奥方だ』と、思い出した。『年齢は確か今年で103才のはずだ。四年前の市会議員選挙の時には98歳だったが、長女娘への支援を呼びかけて町内を隈なく歩き回ったすこぶる活発で元気なお婆ちゃんだ!』と思い出した。
 Hiro sings, "The petite old woman who is sitting there and listening is the person who has seen somewhere recently. Who was it?’ he thought, but he couldn't remember it right away. It was a consolation performance in which 12 songs were sung together. Because it was the annual HOUYUUEN consolation performance, most people's faces were familiar. It recalled, 'Ah, that is the wife of the former mayor' by chance between the songs. "I'm sure she's 103 this year. She was 98 years old at the time of the municipal assembly election four years ago, but she was a very active and energetic old woman who walked around the town calling for support for her eldest daughter! It recalled.
 『それにしても、表情が硬い。ニコリともしないでこちらをみておられる?』と不思議に思いつつ、博一は歌い続けた。
 不思議なことに、握手会の時にはそのお婆ちゃんは居なかった。『早々にひきあげたんだな。後日、挨拶に自宅の方に立ち寄ってみよう』とあの時思ったが、そのままになっていた。それをふと思い出して博一はハンドルを左に切った。
 呼び鈴を押すと若奥さんが出て来られた。
"Even so, her expression is stiff. Is she looking at us without going with Nikkori-smile? Hiro continued to sing while wondering. Strangely enough, the old woman was not there at the handshake meeting. 'She pulled it up early. Later, he thought, "Let's stop by at home to say hello," but it was as it is. It was recalled by chance, and He cut the steering wheel to the left. The young wife came out when the doorbell was pushed.

「お母さんは、今は能良の里でデーサービス中です。最近骨折してお世話になることになりました。毎週火曜水曜はそこで寝泊まりさせて頂いています」
"My mother is currently in ‘Nora-no-sato’ for a day service. She has been able to get a break recently and be indebted there. Every Tuesday and Wednesday, she sleep there."
“It's Friday today, but is she going somewhere?”
「?今日は金曜日ですが、どこかにお出かけですか?」
「今日は主人の仕事の都合上、特別に1日延長サービスを受けているのです」
"Today, due to my husband's work, I'm receiving a special one-day extension service."
"Was that so? By the way, where is Noh's village located?"
“It's right next to HOUYUUEN.”
“OK. I'll take a peek.", and leaved
「そうでしたか。ところで能良の里ってどの辺りにあるのでしょうか?」
「豊邑園のすぐ近くです」
「分かりました。覗いてみます」と言って別れた。
 しかし探せども、探せども、その「能良の里」がみつからないのであった。通りがかりの人に聞いても『知らない』『知りません』の連続であった。終いには軽トラックに乗ったお爺さんを捕まえて聞いて、漸く『豊邑園の同じ敷地内に能良の里があるんだ』と分かった。『豊邑園のすぐ近く』という代わりに、『豊邑園に隣接する建物ですよ』と言って欲しかったな、と、博一は一人笑ってしまった。
 However, the "Village of Nora" was not found even if it searched. It was a continuation of 'It did not know' and 'It did not know' even if it asked the person of the passing. At the end, I caught the old man in a light truck and listened, and gradually found that there was Nora's village on the same site of HOUFUUEN.
Hiro laughed alone when he wanted him to say, 'It's a building adjacent to HOUYUUEN' instead of 'It's just around the corner'.
 「先日、慰問で歌をうたわせて頂いた者です。103歳のお婆ちゃんに会いに来たのですが、」⇒「ああ、あの蝶ネクタイを付けておられた方ですね」とジェスチャー付きで答えてくれて、直ぐにお絵描きさんの最中のお婆ちゃんに声を掛けに行ってくれた。
歩いてくる足取りはしっかりしていた。杖も不要の様子だった。
"The other day, I was the one who sang a song at the comfort for you. I came to see the 103-year-old grandmother, and she answered with a gesture, "Oh, you're wearing that bow tie," and immediately went to talk to the old woman in the middle of the drawing. The gait which walked was steady. The cane seemed unnecessary, too.
"Are you feeling well?”, with shaking hands.
「元気にしてる?この園に入れて良かったね」と、手を握りあって挨拶を交わした。
「・・・。澄子さんは幾つになられた?元気にしてるかい?」
「私のお母さんは今年95歳です。それなりに元気にやっています。お婆ちゃんは今年幾つになられたのだったかな?」
「103歳を半分過ぎた」と両手の指で示しながら、明るく答えてくれた。
「4年前の市会議員選挙の際には、お婆ちゃんはわざわざ東志和まで私の車に同乗して、お母さんの居るドエルまで会いに行ってくれたのを覚えてますか?」
「覚えている。あの時は有難う。会えて嬉しかった!楽しかった」と表情を崩された。 ・・・
“・・・。 How many things has You Got About Sumiko? Is she fine?”
“My mother is 95 this year. She's doing fine in her own way. How many old are you there this year? "
“I'm half way past 103," she replied cheerfully, showing off her fingers.
"Do you remember that during the municipal assembly election four years ago, the old woman went all the way to Higashi-Shiwa on my car to see my mother, Doel?" "I remember. Thank you for that time. It was nice to meet you!” ・・・
「お母さんは車いすべったり生活ですが、お婆ちゃんは足腰もしっかりしている様子なので、近いうちに、もう一度会いに行ってくれませんか?」
「ああ、いいよ。また澄子さんに会いたい。迎えに来てくれ」という話になった。
別れ際に、お絵描きさんをしていたテーブルに座ると、自分の目の前の紙をサッと取り、私に差し出された。見ると、ほとんど完璧に仕上がった塗り絵であった。
 博一は、それが、『澄子母さんのところに連れて行ってくれ』という承諾書であり、パスポートなんだな、と思えて有難く受け取った。
 何やらお家の事情もありそうなので、『いつ行くべきか、ドエル東志和までの外出をご家族の方に許可していただけるのかどうか』は不明ですが、いつかふたりが旧交を温めることができるようにしてやりたいと思いつつ、博一は豊栄園をあとにしたのであった。(続く)  2019/ 9/14 Hiro. Oyama
"My mother is living in a car, but you seems to be on your feet well, so will you go and see her again soon?"
"Oh, it's ok. I want to see Sumiko again. Come and pick me up." When I parted, she sat down at the table where she was drawing, and she took the paper in front of her and offered it to me. It was a coloring book which was almost completed when seeing.
Hiro received it thankfully because it was a consent form 'Take her to Sumiko mother', and it was a passport. There seems to be some circumstances of the house, too, "When should I go, whether you can allow the family to go out to Doel Higashishiwa", but I want to make it possible for the two of them to warm up the old friendship someday, Hiro left The HOUYUUEN Garden. 2019/9/14 Hiro. Oyama

|

« 限界集落内にて「電動車いす事故」発生。 An electric wheelchair accident occurred in a marginal village. | トップページ | 蜘(くも)の糸にからまった赤とんぼ。I found a baby dragonfly stuck in a spider thread. »

x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 限界集落内にて「電動車いす事故」発生。 An electric wheelchair accident occurred in a marginal village. | トップページ | 蜘(くも)の糸にからまった赤とんぼ。I found a baby dragonfly stuck in a spider thread. »