« 2019年9月 | トップページ

2019年10月

2019年10月19日 (土)

個人情報保護法の弊害。スパコンはあなたの全てを把握してる。秘密なんてありえない時代ですよ!Evils of the Act on the Protection of Personal Information. The supercomputer knows everything about you. It's an age when there can't be any secrets!悪法は即廃止に!

 法律は出来た途端に悪者に逆利用されるもの、というのは文科系大学で教わるまでもない常識ですが、個人情報保護法は百害があって一利も良いことが無い法律の典型例でしょう。大至急、国会で取り上げて、法律廃止にすべきでしょう。消費税を下げるよりも遥かに大きな経済効果を生じ、平和にも役立つことでしょう。
 It is common sense that the law is used in reverse by bad guys as soon as it is possible, but it is common sense that it is not even taught by a university of education, but the Act on the Protection of Personal Information is a typical example of a law that has 100 harms and is not good at a profit. It should be taken up in the Diet as soon as possible and repealed the law. It will have a much greater economic effect than raising the consumption tax, which will also be useful for peace.
スパコンビッグデータとして我々の一挙手一投足をすでに把握しているのです。防犯にも防災にも役立つように活用すべき時代なのです。河合あんり議員、森本真治議員、あなた方国会議員が超党派で取り組むべき仕事のひとつとして、お働き下さい。・・・

続きを読む "個人情報保護法の弊害。スパコンはあなたの全てを把握してる。秘密なんてありえない時代ですよ!Evils of the Act on the Protection of Personal Information. The supercomputer knows everything about you. It's an age when there can't be any secrets!悪法は即廃止に!"

| | コメント (1)

2019年10月15日 (火)

「成長の限界」の中で我々が取り得る方策。The measures we can take within the limits of growth. The use of nuclear weapons only speeds up the destruction of mankind!核兵器は人類滅亡を速めるだけ!

 ローマクラブが出版した「成長の限界(1972年)」からかれこれ50年が経過します。人類はあの警告(天然資源枯渇・人口過剰・・・によって、人類は成長の限界に達する)に対して対処できつつあるのでしょうか? 正直なところ、ローマクラブの予測通りに成長の限界を迎えようとしている模様ですね。今日はこの問題を皆さんと一緒に考えてみましょう。Fifty years have passed since the "Limits of Growth" published by the Roman Club (1972). Is human beings being able to cope with that warning (the depletion of natural resources, overpopulation, etc.) will allow humans to reach the limits of growth? To be honest, it seems that the Roman club is trying to reach the limit of growth as predicted. Let's think about this problem with you today.
【1】人口問題:相変わらず人間は指数関数的に増え続けていて、そろそろ100億人を突破しそうな様子です。Population problem: Humans are still increasing exponentially, and it looks like it's about to exceed 10 billion people.
【2】天然資源:新たな鉱脈の発見・新エネルギー開発などはありましたが、レア―メタル獲得競争の真っ最中ですね。
Natural resources: There were discoveries of new veins and new energy development, but we are in the midst of a rare metal competition.
【3】地球の外に資源を求めようとする宇宙開発競争:お金ばかりかかって、投資効率は非常に悪い様子です。宇宙空間にまで戦場を広げて常時その心配をしなければならない時代に突入しています。Space race to seek resources outside the earth: It costs money and investment efficiency seems to be very bad. We are entering an age when we must expand the battlefield to outer space and worry about it all the time.
【4】食糧問題:地球の砂漠化・異常気象などもあって、難民キャンプやアフリカでは餓死者は一向に減少しそうにありません。・・・ Food issues: The number of people who starve to death is unlikely to decrease at all in refugee camps and Africa due to the desertification of the earth and abnormal weather.
All of this was predicted to be simulated at the supercomputer at that time 50 years ago.
これら全てが50年前に当時のスパコンでシミュレーション予測されていた事なのですよ。
 このような状況下で安倍総理が「年間2%の経済成長」政策を推進しようとしても、破堤してしまうのは火を見るよりも明らかです。先日台風が関東や東北を襲い、多大な被害が出ましたが、あれもマクロ的な目で見れば、ローマクラブ「成長の限界」の予測線上から逸脱してはいないのでした。Even if Prime Minister Abe tries to promote the "2 percent annual economic growth" policy under such circumstances, it is more clear than seeing the fire that he will break the bank. The other day, typhoons hit Kanto and Tohoku, and a great deal of damage was caused, but in a macro-eye, they did not deviate from the prediction line of the Rome Club's "limit of growth".
The world is established in binary Binary BINARY. More to the point, Fibonacci's number of rules have made the world repeat its rise and fall. It is what all mankind is required to aim for a stable society with a clear awareness of this. It is time to move forward toward world peace (a permanent peace that does not seek new growth) without being misled by the words of non-false scientists.
 この世の中はバイナリーという2進数で成立しています。もっと言うとフィボナッチ数列ルールで世の中は栄枯盛衰を繰り返しているのです。これをハッキリと自覚して、安定な社会を目指すことが全人類に求められていることなのです。
似非(偽)科学者の言に惑わされることなく、世界平和(新たな成長を求めない恒久平和)を目指して歩を進めるべき時なのです。・・・ ・・・

続きを読む "「成長の限界」の中で我々が取り得る方策。The measures we can take within the limits of growth. The use of nuclear weapons only speeds up the destruction of mankind!核兵器は人類滅亡を速めるだけ!"

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

河井あんり(案里);森本真治議員 公職選挙法の改正提案, a bipartisan opportunity to work on welfare administration reform!超党派で福祉行政改革に取り組むチャンスです!溝手顕正

さわり:・・・社会福祉協議会 ⇒ 土日祝祭日は全休ですし、朝9時から夕方5時までしか電話に出てくれない年間で通して見れば(8300時間中の2000時間ですから)4分の1しか対応してくれない
お年寄りや子供たちは真夜中にだって腹痛や腰痛などを訴え始めるのです
介護が突然に必要となるのが福祉行政です。その負担が全て、民生委員・救急病院・警察・・にかかってくる。 要介護者の近隣に住んでいる民生委員は常時24時間体制で活動せざるを得ない状態!
『民生委員は
ボランティアだ。やって当たり前!?』がまかり通っているのです。
最近はボランティア募集を
公人が澄ました顔して呼びかけています。そうではなくて、
公人まず、ボランティア活動に一個人として率先して参加すべきなのです。そうすれば「私も私も!」とボランティア参加者は増えて来るのです!
この民生委員に「名前だけ貸すよ。電話連絡をするだけならやってあげますよ」の人がなってもらっては
地区住民の皆が大変困る!
個人情報保護法を逆手に取って、自分が持ち歩いている携帯電話を着信拒否!に設定しているふとどきな公人(おおやけの人)までいるのです!
Social Welfare Council? Saturdays, Sundays and national holidays are closed, and only from 9 a.m. to 5 p.m. If you look at it throughout the year, it's 2,000 hours out of 8,000 hours, so only one-fourth of it will be supported.
《 本文は以下 》
 財政再建が声高に叫ばれています。その財政再建のポイントが福祉行政改革にある、という認識はお持ちでしょうか? 私は広島県民です。その声を聴いて頂きたくてメールしました。是非取り組んで頂きたい事を箇条書きに致します。
 Fiscal reconstruction is being called out loudly. Do you have any recognition that the key to fiscal reconstruction lies in welfare administration reform? I am a resident of Hiroshima Prefecture. I emailed you to hear the voice. I will be a bullet that I want you to work on by all means.

【1】公益特養(老人ホーム)の収容ベッド数を、他県に先駆けて大至急倍増する事。⇒( 追加投資なくして)福祉行政の効率は2倍増 or.3倍増 が確実です。
 The number of beds in the public interest special care nursing home will be doubled as soon as possible ahead of other prefectures. ⇒ The efficiency of the welfare administration (without additional investment) is sure to double or.3 times.

【2】民生委員を赤青シール方式で地区民が選ぶ組織に変更する事( 江戸時代の岡っ引きという特命任務を外し)地区民のために24時間体制でボランティア奉仕活動が出来る人材を、地区民の投票形式で選出する事。 To change the civil service committee to the organization chosen by the district people in the red-blue seal system (remove the special mission of Oka-pull in the Edo period) to elect the human resources who can do volunteer service activities in a 24-hour system for the district people in the form of a vote of the district people.
【3】各種選挙の投票を義務化する事。投票を棄権したら、5000円の罰金を取るように公職選挙法を改正する事。⇒ 国政選挙の投票率は95%以上(もしくは99%以上)へと激変すると同時に、各種の選挙費用が10分の1以下に圧縮されることでしょう。
 To make voting compulsion various elections. Amend the Electoral Law to take a 5,000 yen fine, if one abstains from voting. ⇒ The turnout in national elections will change dramatically to 95% or more than 99%, while various election costs will be reduced to less than one-tenth.
 《 詳細です。》
他省の行政改革に比べて福祉行政改革に
数倍の困難さがあります。理由の第一は、
1日の労働時間が8時間(年間で2000時間)であるのに対して、福祉行政は、24時間体制(365日年中無休)で取り組まなければならない事に起因しています。労働時間短縮で祝祭日を増やせば増やすほど、福祉の仕事は逆に、その分だけ仕事量が増えてしまう、のが実情なのです。
It is detailed. Compared to administrative reforms in other ministries, welfare administrative reform is several times more difficult. The first reason is that the working hours per day are eight hours (2,000 hours per year), whereas the welfare administration must work 24 hours a day (365 days a day). The fact is that if you increase the number of holidays by shortening the working hours, the amount of work on welfare will increase by that amount.
【1】15年前?から整備が始まった公益特養は、まるで天国のようなゆったりとした施設ですが、高齢者100人当たりわずかに人しか入居できないという、有って無きが如き施設です。常に年待ち年待ちの状態で、たとえ申し込みをしていても、生きている間に入居できるかどうかわからない状態であり、『コネのある人だけが恩恵を受ける施設』と陰口が民の間で交わされています。 The public interest special provision that began maintenance 15 years ago is a facility that is as if it is a heavenly facility, but only three people per 100 elderly people can move in. We always wait six years and wait seven years, and even if we apply, we don't know if we can move in while we are alive, and there is a backroom between the people as a facility where only people with connections can benefit from it.
⇒ ベッド数を倍増して『少々狭くはなりましたが、希望者は申し出て下さい。即、入居が可能です』となれば、老人を抱えている全世帯の人々は大歓迎!となるのです。その地区の介護を要する高齢者が一か所がに集まってくれれば、炊事も洗濯も夜間の世話も全てが合理化できるのは明らかです。福祉業務効率が2倍増、3倍増になるというのはこのことです。

続きを読む "河井あんり(案里);森本真治議員 公職選挙法の改正提案, a bipartisan opportunity to work on welfare administration reform!超党派で福祉行政改革に取り組むチャンスです!溝手顕正"

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

母の身体が引き起こしたハンガーストライキ事件【part3】民生委員の特命任務 It was a hunger strike incident caused by my mother's body.

 父とは違って母は女社長と周りの人々から呼ばれるくらいにしっかりした人でした。旧豊栄町の教育委員を2期8年勤め、更生保護婦人会のボランティア活動を若い頃から実行しながら我々兄弟姉妹3人を育ててくれました。Unlike my father, my mother was a strong enough person to be called by the president of the woman and the people around me. He worked as an education committee member for two periods and eight years in TOYOSAKA town, and raised three of our brothers and sisters while volunteering for the Rehabilitation Women's Association from a young age.
 20数年前に父が亡くなった時、その母は、
「現行法律通りに我が家の財産が分割(分散)されるのは好ましくない。姉と弟は相続放棄しなさい」と言って、長男の私に田地田畑や家屋の一切の相続登記手続きを指示したのでした。50万円余り登記費用がかかりました。父の残した預貯金はZEROだ、との事でした。(母は実家から相続を受けてちょっとした資産を持っていましたが、父の所有物ではないのでそのままとなった経緯もありました)。
When it’s 20-years ago; my father died, my mother said, "It is not good for the Oyama family's property to be divided. The elder sister and the younger brother said, "The inheritance abandonment" was said, and it instructed the inheritance registration procedure of all Denchi-dennpata田地田畑fields and the house to me of the eldest son. More than 500,000 yen cost of registration. My father's savings were ZERO. (My mother inherited it from her parents' house and had a small asset, but it was not my father's property, so there was a history of it being left as it was.)
 今から考えると、この亡父の財産相続に関して相続放棄をさせられた姉夫婦と弟夫婦とは、何か釈然としない感情をいだいたのかもしれません。 母が老人ホーム:ドエルに入居を決めたとき、その時母が保持していた預貯金の通帳は、姉の管理下に入ったのでした。・・・

続きを読む "母の身体が引き起こしたハンガーストライキ事件【part3】民生委員の特命任務 It was a hunger strike incident caused by my mother's body."

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

『広島カープの緒方監督が辞任!』の緊急ニュースに接して思った事。

 NHKのバラエティー昼番組の最中に緊急字幕が流れた。”広島カープの緒方監督の辞任”会見の報道を見ながら、ふと、思った。
誰が見ても『今年のカープ不振は緒方監督の責任ではない』と判断します。丸選手を巨人に引き抜かれ、数々の主力メンバーの不振にあえぎつつ、良くあそこまで戦って来た!というのが実感です。クライマックスシリーズ進出を逃したのだって、投手の防御率がジョンソンわずかに上回った時点で降板したのが決定的だったのです。降板しないであのまま投げていれば阪神は敗れて、広島カープがクライマックスシリーズに進出できていたのです!誰の眼にも明らかな事だと映ったのでした
 クリントンがトランプに敗れた3年前の事件を改めて引き合いに出すまでもなく、世の中の出来事って、本当にわずかな差で大きく激変していくのですね。 ただ今我が家の天空で雷を伴った雨が降り出しました。これが良い方向に世の中動いて行く前兆なのか、その真逆の前兆なのかは、天の采配に寄りますが、どちらであっても、受け入れるべきなのでしょう。私はあらゆる人事を尽くし静かに待っております。あなたも祈っていて下さいね。
《 コメント 》
 鬼玄播の再放送番組「歴史ヒストリー」を見ました。良い番組は再放送を見ても、心を打つものが存在します。あの時の主役は西郷と酒井玄播でした。そして二人とも明治の時代を最後まで見届ける事は叶わなかったのでした。
 天命とはそんなものです。それでも二人の果たした役割の大きさは未来永劫伝えられるべきものです。 同様に、緒方監督の果たして下さったお仕事の評価も、廃れることなく未来へと伝えられることでしょう。ご苦労様でした。 大山宏
 
投稿: 酒井玄播を偲ぶ 2019/10/ 01/ 16:06

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

『どっちが北朝鮮?』民生委員の特命任務【part2】"The Special Mission Story of the Civilian Committee”

 あれは確か、東北大震災のボランティアから帰って来た頃だったと記憶しています。弟(智雄)に携帯電話やメールでやり取りしていた時だった。智雄が手のひらを返したようにものすごい権幕で『あのメールは削除しろ。』としつこく言い出したのであった。ブログ「どっちが北朝鮮?」という記事が許しがたい、と思ったらしい。
I remember that when I came back from volunteering for the Tohoku Earthquake. It was when i was interacting with my brother; Tomo, via cell phone and e-mail. As if Tomo had returned the palm of his hand, he said, "Delete that email. It was said persistently. Blog "Which is North Korea?" It seems to have thought that the article was unforgivable.
 くそ真面目な私にはその意味がチンプンカンプンであった。『正直に自分と義兄とのやり取りを書いて、どっちが北朝鮮?(私ではないでしょ?)』と、読者に問いかけている内容に、怒り心頭に達したらしいのです。段々と当時の事を思い出して来たぞ。)
The meaning was ‘chimpun-kampun’ to me what was serious. "I honestly wrote about my interactions with my brother-in-law, which is North Korea? (It's not me, is it? And, it is said that it reaches the anger mind to the content which is asking the reader. I've been reminded of that time.
弟が「澄子母さんを博一兄さんは人質にして事を進めている」と言い張るので、「長男の留守中に(長男の私には内緒で)母さんを老人ホーム:ドエルに入れたのは姉夫婦でしょ。母さんを人質に取っているのは姉夫婦であって、私ではないと思うんだけど、皆さんはどう思いますか?」というブログ記事に、「どっちが北朝鮮?」とタイトルを付けたことが、ヒンシュクを買っているらしかった。
Because the younger brother insists, "With Sumiko mother, Hiro elder brother: YOU are advancing the thing", "It is an elder sister married couple to have put mother in the nursing home; Doel in the eldest son's being quiet while the eldest son is away.' It's my sister and I who are holding my mother hostage, and I don't think so, but what do you think? In the blog post, "Which is North Korea?" It was like buying ‘Hinshuku’ that I put the title.
「あの記事を消さないなら、兄さんとは金輪際絶交です。ついでに大人の童話のカテゴリー記事全部を削除すべきです」という強硬意見に、私はたじたじとなって(意味がよく分からないままに)、それらの記事を自分のブログから削除したのでした
"If you don't erase that article, you're going to have a golden circle with your brother. Incidentally, the category articles of adult fairy tales should be deleted" to the hard-line opinion, I was to be a tout (without knowing the meaning), and deleted those articles from my blog.
後で誰かから伝え聞いた話によると、義兄は「母さんがドエル東志和に入ってくれたので、自分は豊栄に通うことは必要無くなった」と言われたそうで、それ以降、豊栄町の我が家には一切、顔を出されなくなったのでした。私は『母さんがそれで満足ならそれでいいや』と割り切って、以降の7年半、1~2週間毎に、ドエルに通って来たのでした。
According to a story I heard from someone, my brother-in-law said, "My mother joined Doel, so I didn't need to go to Hou-you-en", and after that, I couldn't show my face to my home in Hou-you-en town. I cut it off and said, 'If my mother is happy with it,' I went to Doel every seven and a half or two weeks.
 ドエルの母さんの部屋には写真が一杯張り出されていました。その多数の家族写真中には、私(博一)が写り込んでいる写真が一枚もなかったのでした。《 いよいよ思い出して来たぞ》。その苦情を弟(智雄)にしゃべり、姉夫婦にとりなしを頼んだ直後の電話で、「博一兄さんは澄子母さんを人質に取っている」⇒「どっちが北朝鮮?」議論になったのでした。
Doel's mother's room was full of pictures. There were not a single photograph of me in many of the photographs. I'm finally remembering. The complaint was told to his younger brother, Tomo, and on the phone immediately after he asked his sister and his wife to take her mother, "Hiro is taking Her mother hostage" ⇒ "Which is North Korea?" It became a discussion.
 母さんが姉夫婦に愚痴をこぼしたらしい。その愚痴とは、「博一や。あんたにはきっと良い人が現れるから、私のために久美子とは離婚してくれ」と再三頼んだにもかかわらず、博一は『夫婦が離婚するかしないかは夫婦二人で決める事です。たとえ母さんの希望でも、それには答えられない』と主張している。私はあの嫁には我慢が出来ない。この我が家に私が居なければ、先祖から続く田地田畑や家屋の維持管理を博一はやってくれるはずだ。ここを出て行きたくはないけれど、もうろくする前に老人ホームに入りたい、と姉夫婦に愚痴を言ったらしい。
It seems that mother complained to her sister and her husband. The is Hiro and. Even though she asked her to divorce Kumiko for me because you'll have a good person, Hiro said, "It's up to the couple to decide whether or not to divorce. Even if it is mother's hope, it is insisted that it is not possible to answer it. I can't put up with that bride. If I don't stay in this house, Hiro will do the maintenance and management of the rice fields and houses that follow from my ancestors. It seems to have complained to the elder sister married couple that it wanted to enter the nursing home before it was already fragile though it did not want to go out of here.
 それを聞いて姉夫婦は「私たちの住んでいる尾道の老人ホームを探してあげましょう」⇒「尾道はいやだ。豊栄町からそれほど離れていない老人ホームに移りたい」⇒「分かりました。探して見ましょう」ということで義兄が走り回った末にドエル東志和を見つけて来たそうです。⇒「こりゃあ良い。私の自由意志で入居を決めたことにする」ということで、向島に隣接する岩子島でボランティア中の博一に母から電話がかかって来たのでした。今から8年前の8月1日の突然の転居連絡でした。
The elder sister married couple heard it, and "Let's look for the nursing home in Onomichi where we live" ⇒ "Onomichi is unpleasant. I want to move to a nursing home that is not far from TOYOSAKA town. Let's look for it, so i found Doel Higashi-shiwa at the end of my brother-in-law ran around. ⇒"This is good. I decided to move in of my free will." It was august 1st from now on.
 驚いた長男博一は、別居中の妻久美子と連絡を取り合って、彼女の実家で所有の軽トラックを借りて、岩子島から二人で豊栄に引き上げて来たのでした。しかし、その一か月後には結局、離婚になってしまった。その離婚届には土屋民生委員さんの立会人署名をいただいたのです。
私は離婚直後から婚活を全国展開して再婚に至りました。土屋民生委員夫妻は大変喜んで下さって、再婚祝いまで頂いたのです。離婚から4年が経過していました。
The eldest son Hiro who was surprised contacted wife Kumiko who was separated, and it had been pulled up from Iwashi-island by the light truck of possession in the parents' house to TOYOSAKA by two people. However, it has become a divorce after all after one month. The signature of the meeting person of the Tsuchiya consumer committee was gotten to the divorce report. After my divorce, I developed my marriage nationwide and remarried. Mr. and Mrs. Tsuchiya were very pleased, and it was possible to have it to the remarriage celebration. Four years had passed since the divorce.
 私と比べて11歳も若い妻でした。1年半の間に2度もヨーロッパ旅行に連れて行き、『もう何が有ってもこの人を離さないぞ』と思っていました。
しかし、北欧の8日間の旅から帰って来てから1ヶ月後にある事件が起き、その4か月後には2度目の離婚に至りました。この時の離婚届の書類にも、土屋民生委員夫妻に署名をいただいたのでした。「もうこりごりだ。3度目の結婚届け書には署名しないからな」と土屋民生委員様がおっしゃったお気持ちはよく分かります。
She was eleven years younger than me. I took him on a trip to Europe twice in a year and a half and thought, 'I'm not going to let this person go no matter what's there.' However, an incident occurred a month after they returned from an eight-day trip to Northern Europe, and four months later they divorced for the second time. The signature was gotten to the document of the divorce report at this time by Mr. and Mrs. Tsuchiya. "It's a mess. I'm not going to sign my third marriage report."
 それでも博一は3度目の結婚を目指して地道な婚活を続け、現在に至っています。
その間、土屋民生委員夫妻に対しても「誰かよい人がおられましたら仲人のほどよろしく!」とお願いし続けているのでした、母澄子が『きっと博一には良い再婚相手が見つかるよ』という言葉を信じ続けて!
Nevertheless, Hiro continued his steady marriage to the present day with the aim of getting married for the third time. In the meantime, Tsuchiya Consumer Committee member and his wife also said, "If there is a good person, thank you so much for the matchmaker!" I continued to ask, "I'm sure Hiro will find a good remarriage partner" continue to believe!

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ