« 『広島カープの緒方監督が辞任!』の緊急ニュースに接して思った事。 | トップページ | 河井あんり(案里);森本真治議員 公職選挙法の改正提案, a bipartisan opportunity to work on welfare administration reform!超党派で福祉行政改革に取り組むチャンスです!溝手顕正 »

2019年10月 4日 (金)

母の身体が引き起こしたハンガーストライキ事件【part3】民生委員の特命任務 It was a hunger strike incident caused by my mother's body.

 父とは違って母は女社長と周りの人々から呼ばれるくらいにしっかりした人でした。旧豊栄町の教育委員を2期8年勤め、更生保護婦人会のボランティア活動を若い頃から実行しながら我々兄弟姉妹3人を育ててくれました。Unlike my father, my mother was a strong enough person to be called by the president of the woman and the people around me. He worked as an education committee member for two periods and eight years in TOYOSAKA town, and raised three of our brothers and sisters while volunteering for the Rehabilitation Women's Association from a young age.
 20数年前に父が亡くなった時、その母は、
「現行法律通りに我が家の財産が分割(分散)されるのは好ましくない。姉と弟は相続放棄しなさい」と言って、長男の私に田地田畑や家屋の一切の相続登記手続きを指示したのでした。50万円余り登記費用がかかりました。父の残した預貯金はZEROだ、との事でした。(母は実家から相続を受けてちょっとした資産を持っていましたが、父の所有物ではないのでそのままとなった経緯もありました)。
When it’s 20-years ago; my father died, my mother said, "It is not good for the Oyama family's property to be divided. The elder sister and the younger brother said, "The inheritance abandonment" was said, and it instructed the inheritance registration procedure of all Denchi-dennpata田地田畑fields and the house to me of the eldest son. More than 500,000 yen cost of registration. My father's savings were ZERO. (My mother inherited it from her parents' house and had a small asset, but it was not my father's property, so there was a history of it being left as it was.)
 今から考えると、この亡父の財産相続に関して相続放棄をさせられた姉夫婦と弟夫婦とは、何か釈然としない感情をいだいたのかもしれません。 母が老人ホーム:ドエルに入居を決めたとき、その時母が保持していた預貯金の通帳は、姉の管理下に入ったのでした。・・・

 Considering from now on, the elder sister and his brother, who were forced to give up their inheritance regarding the inheritance of this late father's property, may have had some kind of uneasy feeling. When my mother decided to move into a nursing home: Doel, the bank book of the savings that my mother kept at that time was under my sister's control.
 あれから7年半が経過し、母が昨年8月に入院したのでした。どこも治すところが無くなって、退院するように言われた時、ドエル東志和は、「食物が自主的に取られないような人は、帰って来てもらうことは出来ない。他の病院なり介護施設なりを探して下さい」と冷たく通告したのでした。母が受けた衝撃は想像に余りあります。母の身体はそのショックから、食物をいよいよ受け付けなくなってしまったのでした
Seven and a half years have passed since then, and my mother was hospitalized in August last year. When he was told to leave the hospital because he had nowhere to heal, Doel Higashishiwa said, "People who can't take food voluntarily can't come back. Look for other hospitals and nursing homes." The impact my mother had on me was too much for my imagination. My mother's body was so shocked that she could finally accept food.
 私が本永病院に駆け付けた時、母は「私の部屋に連れて帰って」と紙にまで書いて何度も訴えました。
「よし分かった。お母さんは寝たきりのお婆ちゃんを13年間介護してあげた。母さんにできたことが長男の博一に出来ない事はない。お母さん専属の介護士(アッシー君)になってあげるよ」と涙ながらに約束したのでした。
When I rushed to Motonaga Hospital, my mother wrote on paper that she would take me back to my room and appealed many times. All right, i got it. My mother cared for a bedridden woman for thirteen years. There is nothing that my eldest son, Hiro, can't do what her mother has done. I'll be your mother's full caregiver, ‘Assi-kun’, and I'll do it with tears.
 澄子の願いを叶えて運動のスタート時点から「男のお前に介護なんか出来る訳がない。いい恰好をするな」という意見の嵐にさらされました。その嵐の中で、ふと、『公的支援が得られるならば、楽になるのは間違いない』と、藁にもすがる思いで公益特養:豊邑園を訪問したのでした。 From the start of the movement to fulfill Sumiko's wish, "There is no reason to be able to take care of you as a man. Don't look good." In the storm, i visited HOUYUUEN, a public utility special school, with the thought that it would be easier if public support was obtained.
 それ以降の事件の推移は既にお話し済みですが、母の預貯金と健康保険手帳とは姉が管理/運用しており、老人ホーム:ドエルの親権者も姉だけになっていました。私は、母が豊栄町内に帰って来れる(少なくとも外泊/外出で豊栄町の空気が吸いに帰って来れる)ように、署名運動まで起こして努力したのですが、母の人生最後の願いは叶う事はありませんでした。外泊はおろか外出さえもドエルと姉は許さなかったのでした。
 I've already talked about the changes in the case since then, but my sister's savings and health insurance handbook were managed and operated by my sister, and the custodian of the nursing home, Doel, was the only one who was in custody. I tried to wake up to the signature movement so that my mother could come back to TOYOSAKA town (at least by staying/going out to get the air back to breathe), but my mother's last wish of life never came true. Doel and the elder sister did not permit even going out not to stay overnight.
『母は生きながらにして千の風になって豊栄町に遊びに来てくれている』と私は思う事にしています。
『どっちが北朝鮮?』と周囲に問うまでもなかったのでした。8年前から、否20数年前の父の死亡時点から、現在の母の運命は定まっていたと科学的には解釈できるのでした。 《 続く。Continue. 》
I make it to think, 'My mother comes to Toyosaka town in the wind of a thousand while living.' Which is North Korea? It did not have to ask surroundings. Eight years ago, from the time of her father's death 20 years ago, it was scientifically interpreted that her current mother's fate had been decided.《 Continue.》

|

« 『広島カープの緒方監督が辞任!』の緊急ニュースに接して思った事。 | トップページ | 河井あんり(案里);森本真治議員 公職選挙法の改正提案, a bipartisan opportunity to work on welfare administration reform!超党派で福祉行政改革に取り組むチャンスです!溝手顕正 »

U・・田舎の生活・・大人の童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『広島カープの緒方監督が辞任!』の緊急ニュースに接して思った事。 | トップページ | 河井あんり(案里);森本真治議員 公職選挙法の改正提案, a bipartisan opportunity to work on welfare administration reform!超党派で福祉行政改革に取り組むチャンスです!溝手顕正 »