« 文部科学省殿、大学入試に関する抜本策を提案しましょう。そのポイントは、創造的な学生が合格しやすい制度に改める事です。Rumi. Oyama | トップページ | 『とんど祭り』は遠い祖先から伝えられた神事。"Tondo Matsuri" is a Shinto ritual handed down from a distant ancestor. 門松・しめ飾り・書初め・・・を夜中に燃やして,天に返すという村の一大行事でした! »

2020年1月22日 (水)

文化財指定の動き。東広島市豊栄町清武2463 大山宏邸。へその館、はんや、カヤノキ(800年) エノキ(1200年) 里道

 昨日(2020. 1/21)、東広島市教育委員会の方4名の方々が、我が家を視察に来られました。出席者は以下の通り。
竹下俊治先生:広大教育学部研究科(植物・樹木)
佐藤大槻先生:広大総合博物館学芸職員(建物・)
石垣敏之様:東広島市教育委員会 生涯学習部 文化課
吉野健志様:同上(日本史。国学院大学)
豊栄町 郷土史研究会メンバー
 飛谷氏、古本氏、北村氏、大山宏
以上、8名にて、9:00~11:30の間に、以下、6点の実地検分がなされました。
【1】榎(エノキ)樹齢推定:1200年、樹高:30メートル
【2】栢木(カヤノキ)樹齢:800年 樹高:25メートル?
【3】かやぶきの館(多聞):江戸時代に浅野家家老が地方巡視のための宿泊施設。この館に宿泊して地元民の意見・要望などを「多く聞く館」であったとのこと。
【4】はんや(繁屋?:田畑の中に立てられた作業小屋)
【5】里道(昔の国道):90 cm、残留長さ100 m
【6】蓮教寺の「あすなろの木」の現状調査(枯れかけている)

 東広島市教育委員会からの正式な訪問ということで、前日までの掃除は大変でした。池に溜まった落ち葉を猫車20杯分搬出したり、草抜きや庭の落ち葉の掻き出しなどで、大汗を流した次第。
当日は、二段梯子(はしご)を隣接する木にかけ、庭水準高さ15メートルのところから真下にメジャーをぶら下げておきました。竹下先生は、大きなバッグを担いだまま、その段梯子を登って、エノキの大木の勇姿を撮影して下さいました。
(本日、12メートル付近から太い命綱を垂らしておきました。元気のある見学者には、二段梯子を登り切った後も更に上方によじり登って、樹齢1200年の榎(えのき)大木の姿を楽しむことができます。
また、周辺の道路を周遊して頂くことで、遠景を楽しむことができます。背後の山は「大平山」です。大平山の向こうに「観光農園:リンゴ園」や「オオサンショウウオ(はんざき)」の生息地もあります。私は昨年、オオサンショウウオの産卵時のテレビ撮影に時間、参加させて頂きました。
TEL:080-6559-6060 に電話くだされば、邸内の御説明をさせて頂きますし、宿泊も、かやぶきの館(水洗設備完備;アルミサッシの大ガラスで防寒対策)で可能です。この館は江戸時代には浅野家家老が住民からの意見や要望を多く聞くための宿泊施設でした。里道からの入口は荘重な門であり、見ごたえがあります!
 午後から授業がある、とのことでゆっくりとはして頂けませんでしたが、郷土史研究会のメンバーとの交流も盛んにして頂き、有意義な時間を持つことが出来ました。
 文化財登録審査結果は、1~2か月後には、報告して頂けるそうです。待ち遠しい限りです。

|

« 文部科学省殿、大学入試に関する抜本策を提案しましょう。そのポイントは、創造的な学生が合格しやすい制度に改める事です。Rumi. Oyama | トップページ | 『とんど祭り』は遠い祖先から伝えられた神事。"Tondo Matsuri" is a Shinto ritual handed down from a distant ancestor. 門松・しめ飾り・書初め・・・を夜中に燃やして,天に返すという村の一大行事でした! »

年初未明より突如、各省庁/市町村役所/警察庁内で行革がスタート」カテゴリの記事

コメント

若すぎる(笑)行きますよ。
 ⇒ 待ってます!TEL 080-6559-6060
宿泊OK。バーベキューパーティーOK!です。

投稿: 美しすぎる白山です | 2020年2月21日 (金) 15時15分

 拝啓、先日は突然美しい桜に魅了され、御無礼致し、お声を頂戴いただき、本当にありがとうございました。榎(えのき)の大樹に圧倒され、樹木の生命良くが伝わり感動しました。
 平素は地域のコミュニケーション活動等、ご活躍を書面から拝読し貢献されて居られること、心から経緯をいたします。これからも御身体に十分留意くださいまして、ご活躍をお祈りいたします。
ご返事が大変遅れたことをお許しください。
 本当に有難うございます。 敬具
令和2年4月11日  広 大山様 たたら弘
《 A3サイズに大きく引き伸ばされた写真2枚が同封されていました。SAEDAどいう写真館で引き伸ばされた模様ですが、この2枚だけで、3000円~4000円+郵送料:1000円!》

 たたら様、セミプロ級の素晴らしいお写真をお送りくださり、有難うございました。頻繁に寝起きしている部屋の正面に飾らせて頂き、食事の度毎に(出入りする度毎に)眺めさせて頂いています。正直なところ『ここまでの存在感をあの榎(エノキ)は持っていたのか!』と、見る度に感動しております。
 この1か月は、あの榎の周囲の環境整備に汗を流しました。
榎の立っていた場所の背後(10メートルくらい上方)の枝払いを行いました。枝払いと言っても、2段梯子を掛け、更にその上に別の梯子を樹に括り付けて足場を作り、直径20~30センチメートルもある枝を数本切り落としたのです。地上に枝が落ちるまでに約2秒かかり、地響きがするのでした。多田羅様たちが写真を撮って下さった榎の空が大きく開き、明るくなりましたよ。
 また、お時間を作って頂き、樹齢1200年の勇姿を見てやって下さい。お待ちしてます。 電話番号が記載されていませんでしたので、まずは公開メールでのお返事となりました。同文を呉市内神町1-58まで送らせて頂きます。返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。
 粗方、環境整備が終了した頃から、「腰」をやられて、大判の絆創膏の世話になっております。自分では若い若いと思っていますが、私も72歳です。天から与えられた身体は大切に使っていこうと、改めて思っております。皆様も御身体お大切に! 広 大山(ひろおおやま)
 

投稿: 多田羅(たたら)弘様よりお手紙頂戴! | 2020年4月27日 (月) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文部科学省殿、大学入試に関する抜本策を提案しましょう。そのポイントは、創造的な学生が合格しやすい制度に改める事です。Rumi. Oyama | トップページ | 『とんど祭り』は遠い祖先から伝えられた神事。"Tondo Matsuri" is a Shinto ritual handed down from a distant ancestor. 門松・しめ飾り・書初め・・・を夜中に燃やして,天に返すという村の一大行事でした! »