« 大自然は「百億総ざんげ方式」で人類に反省を促しておられる?Nature is encouraging humanity to reflect on the "100 billion total total scare system".文明の栄枯盛衰もフィボナッチ数列ルールで発生!The rise and fall of civilization is occurring in Fibonacci sequence rules. 2020/ 8/6 | トップページ | 国政選挙で 34.1% turnout in national elections? When you have to make voting mandatory and fine!⇒投票の義務化・罰金性をすべき時!無責任な国民の非を攻めよ!最近の日本放送協会NHKの堕落ぶり。玉音放送。Know-Haw for Peace 2020/ 8/6(原爆の日) »

2020年4月11日 (土)

医学の発達も好し悪し?The development of medicine is also favorable and bad, and medical expenses increase exponentially. 指数関数的に医療費は激増していく。Know-Haw for Peace 2020/ 8/6(原爆の日)

《Comment コメント Comment》
「2億円の薬がある」とのNHK報道がありました。しかも、『それを保険適用にする』との事ですが、お笑い沙汰!です。医療崩壊以前に、世界経済崩壊が起こってしまいますよ。医師会も厚生労働省も、少しは頭を冷やして下さい。自分の頭で考えるべきです。
There was a report that there was a medicine of 100,000,000 yen. Moreover, it is a comedy though it is said, 'It applies it to insurance'. Before the collapse of health care, the global economy will collapse. Both the Medical Association and the Ministry of Health, Labor and Welfare should cool their heads a little. You should think with your own head.
『何が間違っているか?』ですが、「人間みな平等」をはき違えている事! ⇒ 2億円の薬を2歳の子供に施すぐらいなら、新たにもう一人、子供を産み直す方を大自然は推奨しているはずです。この事が理解できない人は、豆腐の角に頭をぶつけて死んだほうが世のため人のためでしょう。
 延命治療にあくせくする暇があるなら、ボランティア活動でもやられた方が、頭の整理になりますよ。

What's wrong? However, it is that "all human beings are equal" are different! ⇒ If you're going to give 200 million yen of medicine to a two-year-old child, you're going to have to give a new child back to life. If you don't understand this, it's better for the world to die by bumping your head into the corner of the tofu.  If you have time to treat life-prolonging, you'll be able to organize your head if you're done with volunteer activities.
 結論です、2億円の薬は大金持ちの道楽に使わせればいいのであって、保険適用なんて、国家財産の浪費です。即、辞めて下さい!
投稿: 2億円の薬がある!?それを保険適用するとはお笑い沙汰! | 2020年5月14日 (木) 01時40分
In conclusion, 200 million yen of medicine should be used on the road of the rich, insurance application is a waste of national property. Please quit immediately! Post: There's $200 million in drugs!? It's funny to insure it! | Thursday, May 14, 2020
( 本文 ) 
 大昔から時の権力者が「永遠の命を得るべく延命治療に躍起となる」のはよく知られていますが、近年に於いては一般人が延命治療を考える時代になって来た模様です。一概に悪いとは言えないことなのですが、延命治療に努力すればするほど医療費はうなぎのぼりに指数関数的に)激増していくことをあなたはご存知ですか?
It is well known that the people of power of the time "are eager for life-prolonging treatment in order to obtain eternal life" from a long time ago, but in recent years it seems that the age has come to think about life-prolonging treatment for the general public. It's not bad at all, but did you know that the more you strive to treat life-prolonging life, the more the medical expenses will increase exponentially( exponentially) to the eel?
 卑近な例でお話ししましょう。植物人間と化した人の生命維持装置を取り外すのは、そのご家族の経済が破堤した時となっています。残された家族が経済的に行き詰まってもなお、その植物人間化した人を支える義務はありえないでしょ。生命維持装置を外されたからといって恨んで枕元に立つなんてことはあり得ないのです。体のいい殺人であることには変わりないのですが、社会的にも倫理的にも許されていることなのです。
Let me give you a sneaky example. It is only when the family's economy collapses to remove the life support device of a person who has become a plant human. Even if the families left behind are financially stuck, there is no obligation to support the plant humanized person. It is impossible to stand by the bedside with a grudge just because the life support device was removed. It's still a good-looking murder, but it's socially and ethically acceptable.
むしろ『何時(明日朝?)意識を取り戻すかもしれないじゃないか』と、生命維持装置を外すことに反対する人々こそ心得違いをしておられるのです。

 新型コロナウイルス騒ぎで「重症患者の命を救うことが最優先だ」とされるのは正論なのですが、『そのためには、医者も家族も取り巻く周囲の人々が経済的に破堤するまで奉仕するべきだ』と声高に叫ばれているのには一種の矛盾を感じています。これが戦争中ならば、重傷者で先の命が知れている人は「ごめんなさい」として、助かる人を救助することに頭を切り替えたでしょ。

Rather, only those who oppose removing life support equipment are misbehaving when they may come back to life.  It is a straight argument that "saving the lives of critically ill patients is the first priority" in the new coronavirus uproar, but i feel a kind of contradiction in being shouted out loudly, "For that, doctors and families should serve until the people around them are financially destroyed." If this were a war, those who were seriously injured and knew their lives ahead would have switched their heads to rescue the saved, saying they were sorry.
貧乏な人は延命治療の権利はない。金持ちだけが延命治療の権利があるというのもお金主情主義の屁理屈のような気もしますが、現代の延命治療は天井無しの膨大な費用と手間がかかるのですから、貧困層にまで現代医療を拡大すれば、経済は一挙に崩壊するのです。適度なところで妥協をしないことには、文明は危ない!というところまで来てしまいました。
"A poor person has no right to life-prolonging treatment. Only the rich have the right to life-prolonging treatment" because it feels like a fart of money-lord-spirited, but modern life-prolonging treatment costs a huge amount of money and labor without a ceiling, so if you expand modern health care to the poor, the economy will collapse all at once. If you don't compromise in a reasonable place, civilization is dangerous!
 すべてがそうだとは言いませんが、医療行為のほとんどは対処療法なのです。熱が出ているから解熱剤を投与する』『肺の機能が低下しているから人口心肺装置で血液に酸素を送り込む食事が取れないので、栄養点滴で生かす』・・・皆、対処療法でしょ。大自然の栄枯盛衰の営みに対して、対処療法の積み重ねに努力し続けることに、大いなる矛盾を感じる日々を過ごしています。
I'm not saying everything is the case, but most of the medical practice is coping therapy. "I administer antipyretics because i have a fever", "I send oxygen to the blood with the depopulation cardiopulmonary device because the function of the lungs is decreasing", "I can't get a meal, i use it with a nutritional drip" ... everyone is a coping therapy. I spend my days feeling a great contradiction in continuing to work hard to deal with the accumulation of coping therapy against the activities of the rise and fall of nature.
因みに私は医者嫌い&薬大嫌いの人種ですが、国民健康保険には入っていて、毎年25万円くらいを支払っています。現在の実年齢は72歳ですが、年間所得も450万円以上であり、納税も言われるがままにはたしています。税金を支払えるだけの収入があったことを有難く思っております(この事を確定申告の度毎に、白色申告の手続きを手伝ってくれた税務署員に話しています)。
By the way, I hate doctors and hate medicine, but I am in the National Health Insurance and pay about 250,000 yen every year. The current real age is 72 years old, but the annual income is 4.5 million yen or more, and taxes are tens of thousands of yen. I am grateful that I had enough income to pay my taxes.(I'm talking to the tax office clerk who helped me with the procedure of the white declaration every time I file a tax return.

|

« 大自然は「百億総ざんげ方式」で人類に反省を促しておられる?Nature is encouraging humanity to reflect on the "100 billion total total scare system".文明の栄枯盛衰もフィボナッチ数列ルールで発生!The rise and fall of civilization is occurring in Fibonacci sequence rules. 2020/ 8/6 | トップページ | 国政選挙で 34.1% turnout in national elections? When you have to make voting mandatory and fine!⇒投票の義務化・罰金性をすべき時!無責任な国民の非を攻めよ!最近の日本放送協会NHKの堕落ぶり。玉音放送。Know-Haw for Peace 2020/ 8/6(原爆の日) »

成長の限界 the "Limits of Growth"」カテゴリの記事

コメント

 「2億円の薬がある」とのNHK報道がありました。しかも、『それを保険適用にする』との事ですが、お笑い沙汰!です。医療崩壊以前に、世界経済崩壊が起こってしまいますよ。医師会も厚生労働省も、少しは頭を冷やして下さい。自分の頭で考えるべきです。
『何が間違っているか?』ですが、「人間みな平等」をはき違えている事! ⇒ 2億円の薬を2歳の子供に施すぐらいなら、新たにもう一人、子供を産み直す方を大自然は推奨しているはずです。この事が理解できない人は、豆腐の角に頭をぶつけて死んだほうが世のため人のためでしょう。
 延命治療にあくせくする暇があるなら、ボランティア活動でもやられた方が、頭の整理になりますよ。
 結論です、2億円の薬は大金持ちの道楽に使わせればいいのであって、保険適用なんて、国家財産の浪費です。即、辞めて下さい!

投稿: 2億円の薬がある!?それを保険適用するとはお笑い沙汰! | 2020年5月14日 (木) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大自然は「百億総ざんげ方式」で人類に反省を促しておられる?Nature is encouraging humanity to reflect on the "100 billion total total scare system".文明の栄枯盛衰もフィボナッチ数列ルールで発生!The rise and fall of civilization is occurring in Fibonacci sequence rules. 2020/ 8/6 | トップページ | 国政選挙で 34.1% turnout in national elections? When you have to make voting mandatory and fine!⇒投票の義務化・罰金性をすべき時!無責任な国民の非を攻めよ!最近の日本放送協会NHKの堕落ぶり。玉音放送。Know-Haw for Peace 2020/ 8/6(原爆の日) »