« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月 9日 (火)

熱中症対策:小中学高校ではマスクは不要!In elementary and junior high schools, no masks are required. The patient with coronavirus is the one to be able to understand. 幼稚園/保育所でもマスクは不要!コロナウイルスキャリアー(罹患者)は心当たりがあるものです。Know-Haw for Peace 2020/ 8/6(原爆の日)

 マスク不要論者より一言!
『マスクをかけていると、熱中症になりやすい』は、誰もが理解できるところですが、現在は、マスクを掛けていないと「非国民」とののしられ、非難される状況です。その集会の参加者の全員がコロナウイルスに感染していなければ、どのような3密状態であっても、クラスター発生源にはなりません。これは自明の理です。

Everyone can understand that wearing a mask can be understood by everyone, but now it is a situation in which "non-citizens" are accused of wearing a mask. If all of the participants at the meeting are not infected with coronavirus, no matter what three dense states, they will not be the source of the cluster. This is a self-explanatory reason.
 大体において、コロナウイルスのキャリアーは、正直に吐露させれば『私はあそこで感染した可能性がある』と、内心では感じているのです(その自覚があるのです)。その人は、出かけなければいいのです。全国民がその気になって『自分はコロナウイルスのキャリアーの可能性がある』との自覚がちょっとでもあると思い当たる節があるときは、外出をしなければいいのです。
In general, the carrier of coronavirus feels in ward that if you are honest, "I'm in danger of being infected there," The person has to go out. When there is a clause in which the whole nation thinks that it is likely to be in the nature and 'I am a career of the coronavirus', it is necessary to go out when there is a clause which thinks that it is also a little.
 病院内にはコロナウイルスキャリアーはうじゃうじゃいます。だから、罹患率が非常に高くなるのです。これも自明の理であり、そこでお仕事をしなければならない人々は、使命感で働いています。当然のことながら、完全防護服で臨んでいますが、それでも、大変な罹患率です。お気の毒です。
The coronavirus carrier is in the hospital. That's why the prevalence is so high. This is also a self-evident principle, and the people who have to work there are working with a sense of mission. Of course, we are facing full protection, but it is still very morbid. I'm sorry.

 病院内と同様に、罹患率が高いのはキャバクラなど、夜の接待業です。これは国内に限らず、各国で共通しています。これまで、スキンシップが挨拶の第一歩であり、気に入れば同じベッドで一夜を過ごすのが当たり前である業界です、昼間のレストランと比べても、2桁以上高い感染率になるのは、小中学生にだって理解出来る事です。
As in hospitals, the high prevalence is the night entertainment industry, such as cabaret. This is common not only in Japan but also in each country. Until now, it is an industry where it is natural for skin-ship to be the first step in greeting, and if you like it, it is natural to spend the night in the same bed, compared to the restaurant in the daytime, it is understandable even to elementary and junior high school students that the infection rate is higher than double digits.
 キャバレーやクラブに行って誰にあったか、を覚えていない人は皆無です。止むに止まれず同行したなら、尚更、その記憶はありますから、その人は少なくとも2週間は外出を控えればいいのです。家族とも、距離をおいて接すればいいだけのことです。自分が罹患している(どこそこのキャバクラに行った事実を秘密にしたい、個人情報保護法で守られたい)と思っている不届きものが、街中をうろついているのが問題なのです。
No one remembers who went to cabaret or club and who it was. If you accompany him without stopping, he has to refrain from going out for at least two weeks because he has the memory. It only has to be treated with the family at a distance.

It is a problem that the unreachable one who thinks that I want to keep the fact that I went to the cabaret there is kept secret, and wants to be protected by the personal information protection brain is wandering.
 ですから、小中学高校では、マスクをかける必要も無いし、昼食も今まで通りにワイワイ騒ぎながら、食べればいいのです。校庭で、これまで通り天真爛漫に遊べばいいのです。
それでも不幸にして小中高の学校で感染児童が出た場合には、その親と周囲の人々、教職員を即、疑い、徹底的に調査し断罪するべきなのです。

Therefore, there is no need to wear a mask in elementary and junior high schools, and you have to eat lunch while making a fuss as before. All you have to do is play in the schoolyard as before. Still, if an infected child appears in a school of unhappiness, the parents, the people around them, and their teachers should be immediately suspicious and thoroughly sin.
 コロナウイルスを何処で拾ってきたかは、本人には自覚がありますから、昔の特高警察よろしく、締め上げればいいのです。個人情報保護法なんて悪法を捨てて、ビッグデータを徹底的に活用すれば、すぐにその証拠は出て来るのです。
 個人情報保護法の弊害を取り除くのが今一番やるべき施策であり、国民皆に、一億総ざんげ方式で、マスクを強要するのは、愚の骨頂であることを理解すべきです。そして、子供たちをマスクから解放してやるべきです。これまで通り、マスク無しで、自由に遊ばせてやればいいのです。
The person in question is aware of where he picked up the coronavirus, so I'll give you an old high-level police regards, just tighten up. If you throw away the law of personal information protection, and make a thorough use of big data, the evidence will come out immediately.
 It should be understood that it is the best measure to be done now to remove the evil of the personal information protection law, and to compel the mask to all the people in the 100 million total scheme is the essence of foolishness. And we should release the children from the mask. As always, you have to play freely without a mask.
 繰り返しますよ。マスクを国民全体に強要するのは、マスクや医療防護服で一儲けしようと試みている死の商人(安倍総理とその周辺・・・)の輩(やから)であることを、もう皆も知るべきです。
マスクをしている人は『私は何となくコロナウイルスに掛かている人間です。近寄らないでくださいというという、コロナ文化になるのが、近未来の姿なのではないでしょうか。

I'll repeat. Everyone should know that forcing masks to the whole nation is short for the death merchants (Prime Minister Abe and his surroundings) who are trying to make a profit with masks. The person wearing the mask said, 'I'm somehow a person who's been on the coronavirus. Please don't get close to it."

| | コメント (1)

2020年6月 6日 (土)

「澄子の部屋」プロジェクトチーム立ち上げのお願い。梶永部長・細谷課長様へ。Know-Haw for Peace 2020/ 8/6(原爆の日)

 梶永部長、先日はコロナウイルス対策でお忙しい中、「澄子の最後の願いを叶えて」運動に関する第三回目の会談に応じて頂き、有難うございました。いささかお疲れの御様子に、お手数をおかけしていること、『申し訳ない』とも感じております。御自愛ください。
さて、実質40分間の会議の中での合意事項を、まとめさせて頂きました。
【1】小山澄子の様子を伺うべく、市役所の方から出向いて頂く件
「…コロナウイルス対策で外来者との面会は現在出来ない状態でしょう。条件が整い次第、実行することを、お約束します。」
【2】市役所に送られてきた150万円の寄付の件。
「役所は予算で動いています。その予算に従って公募⇒入札で施策実行をしております。とりあえずお返ししますので、豊邑園の方に直接御寄付されるのが近道でしょう」
「これまでの経緯もあって、非常に険悪ムードです。寄付を申し出ても受け取っては貰えない(門前払いを食らう)ことでしょう」
議論の末、(豊邑園に寄付を持ち込む時には、市役所の責任者が立ち会い、後見人役と助言を頂ける)というような雰囲気を感じ取り、高垣市長(50万円)多田副市長(50万円)梶永部長(50万円)合計150万円の寄付金は、返還されました。
【3】コロナ対策、福祉行政改革、役所内業務改善・・・を同時並行で効果的に推進する件
隣の三次市の福祉施設内で集団感染(クラスター)が発生し多くの教訓を得ました。今後、細谷課長・水野係長などと密な報連相を行い、適宜、梶永部長との会合も持って頂けるというお約束を頂きました。
 一晩、枕と相談してみました。改めて、・・・

続きを読む "「澄子の部屋」プロジェクトチーム立ち上げのお願い。梶永部長・細谷課長様へ。Know-Haw for Peace 2020/ 8/6(原爆の日)"

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »