« 2020年9月 | トップページ

2020年10月

2020年10月27日 (火)

河野行革大臣、小泉環境大臣殿へ。ゴミポイ捨て対処策、防犯対策のための法制度強化に尽力を!

河野行革大臣、小泉環境大臣殿への提案です。
ゴミポイ捨て対処策、防犯対策のための法制度強化提案の件

  
 法制化に際してのポイントは3つです。
(1)ビン・缶・プラスチックごみ容器・製品の全てに、製造番号(通しナンバー)の明記を義務付ける。
(2)販売店のレジでは、販売した製品の製造番号(通しナンバー)の記録を義務付ける。
(3)ゴミの不法投棄があった場合には、ビッグデータとして蓄えられた製造番号(通しナンバー)から、誰が捨てたか履歴が追えるようにする。《見つからないと安易にポイ捨てした人を法令通りに、高額の罰金を科す。》

経緯:
 我々、豊栄町民は、20年前から町内美化の一環として、道路周辺や町内各地の清掃作業に尽力してまいりました。しかし、一向に「ポイ捨てゴミ」「産業ゴミの不法投棄」が後を絶ちません。これまでは(面倒な捜査なので)市役所も警察関係者も、この様なめんどうで煩雑な調査は中々やろうとはしてもくれませんでした。殺人事件が起こったら、このような調査(証拠探し)は当然のごとく行われるのです。コンピュータの処理能力は20年前に比べて数百万倍にまで向上しています。時代に合ったゴミ投棄防止策をシステム化すべきです。
 防止効果はテキメンに現れて来て、海も山も、公園も海岸も、あっという間にきれいになること請け合いです!
ビンや缶や製品には、捨てた本人の指紋がべたべたにくっついているはずです。ゴミを捨てる時に、ティッシュペーパーやハンカチで指紋をふき取るような手間なことは普通しません。《指紋をふき取る暇(ひま)があれば、ゴミは自宅に持ち帰ります。確信犯は製造ナンバーさえも削り取るのかもしれませんが、そんな不届き者からは罰金もたんまり取り、実名を公表すればいいのです。》
 この法改正が行われた直後から、あっという間に、ビックリするほど、日本は美しさを取り戻せるでしょう。併せて、
《個人情報保護法の弊害》を徹底的に取り払うべく、例えば、
ex1.
すべての道路に併設してあるカメラは防犯カメラ・防災カメラとして、全データを常時活用してよいという法改正。
ex2.
公衆浴場の風呂おけ・洗い場の部屋にはNGだが、脱衣場には死角の無いように、防犯カメラを取り付けて、ビッグデータとして活用できるように制度化しておく…)などの法改正を行っておけば、不審火、盗難、迷宮入り事件なども、大きく減少し、明るい社会の実現に大きく貢献できるものと、確信しております。
国を挙げて、ゴミ捨て情報のデジタル化を計り、海や山、道路周辺地域の美化と安全性の確保に御尽力をお願い致します!

          20201030  叩き案作成

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

遮光器土偶は何故、あんな大きなスノーゴーグルを身につけ、完全防護服を身にまとっているのか?

Wikipediaによると、 遮光器土偶 (しゃこうきどぐう)は、縄文時代につくられた土偶の一タイプ。一般に「土偶」といえばこの型のものが連想されるほど有名な型である。目にあたる部分がイヌイットエスキモーが雪中行動する際に着用する遮光器(スノーゴーグル)のような形をしていることからこの名称がつけられた…
 とのことです。そればかりではありません、遮光器土偶は、完全防護服をまとっているのです。コロナ騒ぎの真っ最中にあって、私は、ふと、『縄文時代に度々現れていた宇宙人は、背丈はあまり高くなくて、まるで子供のような人であったのではないか』と考えるに至ったのです。その理由は、
【1】『新型コロナウイルス対策で、医療関係者が防護服やフェイスシールドを身にまとっている姿が余りにも似ている』という事。
【2】遮光器土偶は主に東北地方から出土し、縄文時代晩期のものが多い。一方で遮光器土偶を模倣した土偶は、北海道南部から関東中部地方、更に近畿地方まで広がりがある。(Wikipedia)
 イヌイットもエスキモーも、2、3万年前の縄文時代から連綿と続いている縄文人の子孫なのです。ですから、第四氷河期を乗り越えて来た人々(縄文人)を教育指導する立場にあった生き残りのエイリアンが、あがめられまつられ続けて来た証しのように思えて来たのです。
そう言えば、聖書の中に登場するエイリアン(宇宙人:外来者:異邦人:神々)も、あの荒涼とした砂漠地帯においても、妙に水での手を洗いを強要し、幕屋を設けさせて、当時の人々との接触に物凄い神経を使っていました。ほとんど病的なまでの衛生観念を持っているのでした。
 では、その高度の文明と衛生観念を持っていたエイリアン(先住民)が何故、人数が激減していったのかな?

続きを読む "遮光器土偶は何故、あんな大きなスノーゴーグルを身につけ、完全防護服を身にまとっているのか?"

| | コメント (1)

日本学術会議のメンバー6人を外した張本人を「KJ法」で探ってみよう。

2020/11/04 今、国会で質疑応答の真っ最中ですが、菅総理も国語音痴なのでしょうか?質問にちっとも答えないで恣意的な過去の主張を繰り返しておられます。日本って本当に不思議な政治がまかり通っているのですね。今日は、中学生高校生の皆さんに協力して頂きながら、日本学術会議のメンバー6人を外した、
張本人KJ法(カード書き出し手法)で探ってみましょう。
【1】張本人が菅総理ではないことだけは明確だよね。何故なら菅総理は『外されたメンバー6人の名前を知らされていなかった』って明言しているのだから。
【2】誰と誰が外されたか、その人達のこれまでの発言をみれば、張本人が分かる(推定できる)はず!
【3】芦名定道(京都大教授 ・キリスト教学)
宇野重規(東京大社会科学研究所教授・政治思想史)
岡田正則(早稲田大大学院法務研究科教授・行政法)
小沢隆一(東京慈恵会医科大教授・憲法学)
加藤陽子(東京大大学院人文社会系研究科教授・日本近現代史)
松宮孝明(立命館大大学院法務研究科教授・刑事法)の6人だってよ。
【4】 なあんだ、6人が6人とも、自民党政権に異議を申し立てている面々じゃないか!
【5】106人の科学者の中には理系の学者さんもいるのでしょ。理系・文系の比率はどうなっているのかな?
【6】半々ぐらいだと思うよ。大学の教授数の比率になっているはずだよ。
【7】もし、アインシュタイン(理系の学者)が現代日本で平和運動を始めたとしたら、日本学術会議のメンバーから外されるのだろうか?
【8】きゃつらはやりかねないね。時の政権に取って耳の痛い発言をする連中は兎に角、排除したいのさ。
【9】コロナ対策では、科学者の助言に従うしかなかった。江戸の敵(かたき)を長崎で討とうとしているのじゃないかな?

続きを読む "日本学術会議のメンバー6人を外した張本人を「KJ法」で探ってみよう。"

| | コメント (1)

« 2020年9月 | トップページ