« 竹内薫,村山斉殿へ 宇宙には主系列星で論じられる宇宙とパルサーで論じられ得る宇宙の二つが存在。Two stable states in the universe. One can be discussed in terms of main-sequence stars and the other can be discussed in terms of pulsars. Both can be discuss with Confocal scanners quadratic curve. パルサー爆発後? | トップページ | 佐藤勝彦/村山斉/竹内薫/諸先生へ。一般相対性理論は正しいが、特殊相対性理論は”詭弁”であることの証明。 »

2024年1月 5日 (金)

村山斉殿 佐藤勝彦博士へ 電子の動きを球面幾何学で考えれば If the movement of electrons is considered in spherical geometry (non-Euclidean geometry, angular coordinate system), even elementary and junior high school students can intuitively understand it. 小中学生にも直感で理解できます!

 風船の中に13個の玉を閉じ込めてみました。中段に7つ、上と下にそれぞれ3個が積みあがっています。
3+7+3=13 これに該当するのは炭素13C です。  I tried 13 balls trapped balloon. In the middle and seven under respectively three masonry has risen to. 3+7+ 3=13 carbon 13C is applicable. In the middle of the seven, is difficult to understand, so I'll show you a model photo, next. 
中段に7つ、というのが分かりにくいので、そのモデル写真を、先にお見せします。
Photo 赤い球を中心に6つの緑色の玉が密着して並んでいます。
この上に乗せられる玉の数は3個です。どうあがいても3個しか同サイズの玉は乗せられません。下側にも、密接してくっ付けられる玉の数は3個です。これが風船(次の図)の中に、13個の玉を詰め込んだものでした。


4個がくっ付いた核は、がっしりとしていて見るからに安定性が良さそうでしょう?151204_1657011

Photo これが風船の中に13個の玉を詰め込んだ時の最も安定した状態です。13C という構造を覚えて下さいね。
 以上は、8年前に書いたブログ記事の さわり でした。The following figure: Six green balls are lined up in close contact with the red sphere at the center.The number of balls that can be placed on this is 3. No matter how you try, you can only put 3 balls of the same size on it. On the underside, too, the number of balls that can be closely attached is three. This is the most stable state when 13 balls are stuffed into a balloon. Please remember the structure of 13C. It is in a stable state next to 4He, which has 4 balls attached to it. ・・・
 The above is the beginning of a blog I wrote 8 years ago.

《 以下、が今回の本文です.》
 電子はスピンを持っています。
即ち、回転(自転)しているのです。時計回りで+方向の回転をしているのが〈+電子〉であり、数学回り(左回転)しているのが〈ー電子〉です。
空間上に〈+電子〉と〈ー電子〉とが存在すると、あっという間に合体して、質量がほとんど感じられない状態になります。
Electrons have a spin. In other words, it is rotating. The "+ electron" is the one that rotates in the + direction clockwise, and the "-electron" is the one that rotates mathematically (rotated left).When there are "+ electrons" and "-electrons" in space, they quickly merge and become almost imperceptible.

〈ー電子〉が二個だけ空間上に存在すると、仲良く寄り添って同一方向に平行運動するのです。運動エネルギーは、ペアーを組んでますから(当然ながら)電子2個分だけのエネルギーを持っているように、観測されるのでした。
このような量子力学的な現象を、球面幾何学で分析してみましょう。When only two electrons exist in space, they move in parallel in the same direction. The kinetic energy was observed as having the energy of only two electrons (naturally) because they were paired.Let's analyze such a quantum mechanical phenomenon with spherical geometry.

 中段に七つの原素、上下に3っづつで合計13個のこの形に球面座標を当てがって、回転させてみましょう。
回転軸としては、先ずは上下につらぬく様に設定してみます。

その回転軸で60°回転してごらんなさい。すると、回転後の図形が回転前の図形とピッタリと重なりますね
逆方向に60°回転(逆回転:-60°)回転させてごらんなさい。
 これまた、元の図形と一致して区別がつかない!
同様なことが起こる回転軸は、この原素の集合体(原子核)では
6x2+1=13本あります。その13本の内のどの方向に回転振動させたとしても、元の構造体と区別が付きません!Let's apply spherical coordinates to this shape, which has 7 elements in the middle and 3 at the top and bottom, for a total of 13 elements, and rotate them.As for the rotation axis, first set it up and down.Rotate 60 degrees on that axis of rotation. Then, the shape after rotation overlaps perfectly with the shape before rotation.Rotate 60° in the reverse direction (reverse rotation: -60°). This is also indistinguishable in agreement with the original figures!The axis of rotation in which the same thing occurs is in this assembly of primordial elements (atomic nucleus).6x2+1=13. No matter which direction of the 13 strands are rotated and vibrate, they are indistinguishable from the original structure!

 原素も(原子も原子核も)、E=MC^2 というエネルギーを持っており、周囲に電磁波という振動エネルギーを発散させていますが、各々の原素から発散された振動エネルギーが総体として釣り合っている状態がもっとも安定であり、エネルギー順位が低い安定した状態なのです。サイズ的にみても、最も小さい直径を持った球体です。
古典力学ではこの状態を共振状態だ!と称していました。

 銅線の中を電子が移動するのが電線ですね。
電池の±端子に銅線をつなぐと、電流が流れる(〈電子〉が動く)のですが、我々の住んでいる世界では電子のほとんどが〈-電子〉です。(ものすごく沢山ある〈+電子〉は通常ではこれまた天文学的数だけある〈-電子〉と合体して、お寝んねしている)。
Primordial elements (both atoms and nuclei) have an energy of E=MC^2 and emit vibrational energy called electromagnetic waves around them, but the state in which the vibrational energy emitted from each primordial element is balanced as a whole is the most stable, and the energy rank is low. In terms of size, it is the sphere with the smallest diameter.In classical mechanics, this state is a resonant state! It was called.

 その電子が銅線の中に1個だけ存在している状態を想像してください。
この〈-電子〉は独りぼっちなので不安なのです。『この世の中に私一人しかいないのかな?』って周囲に働きかけたいのですが、何せ独りぼっちの球体なので、自分がどこにいるのかどういう運動をしているのかさえも全くわかりません。

その時、向こうの方から自分と比べて真反対の回転をした粒子〈+電子〉がやって来ました。
『やあ、待ってました!』とばかり,一緒に遊ぼうとした瞬間に合体してしまって余分な電磁波エネルギーを周囲に捨ててしまって、消えてなくなりました。
Imagine that there is only one electron in the copper wire.This "-electron" is anxious because it is alone. I want to work with the people around me, wondering if I'm the only one in this world, but I'm a lonely sphere, so I don't even know where I am or what kind of exercise I'm doing.At that time, a particle (+ electron) came from the other side that rotated in the exact opposite direction compared to me."Hey, I've been waiting for you!", and the moment I tried to play with them, they merged and dumped excess electromagnetic energy around them, and they disappeared.

 そりゃあそうでしょ、〈-〉と〈+〉とが一緒になれば、その瞬間に〈0⃣〉になっちゃいます。余分な運動エネルギーを他へ放り出し、お互いが持っていた振動エネルギーさえも打ち消し合ってしまったのですから、完全に昏睡(こんすい)状態のねむりに入ってしまったのです。
 これを哲学的に言えば、無 の境地 です!
この 無 の境地の連中が周囲にはわんさか居るのですが、気配はすれども姿は見えず、です!
That's right, if "-" and "+" are put together, they become "" 0⃣ at that moment. They threw out the excess kinetic energy to the other, canceling out even the vibrational energy that they had with each other, so they went into a complete coma. Philosophically speaking, this is the state of nothingness! There are a lot of people around me in this state of nothingness, but I can't see them!

 そこに、神様が「ちょっと起きて少しは運動をしなさい!」とばかり、小さな光子エネルギーをぶち当ててきました。
眠りから覚めた〈電子〉さんは、慌てて動き出そうとしたのですが、何せ身体は完全な球体なのです。『どうすりゃ運動できるんだ?』とおもった瞬間に、『ああ、そうか!体をねじればいいんだ、回転してしまえばいいんだ!』と悟って、
上半分を左回りに、下半分を時計回りにひねってみたのです。
その直後に、〈-電子〉は現世(時間が進む世界)に、〈+電子〉は〈過去の世界:時間Tのベクトルが負(-)〉の世界へと去って行ったのでした。
Then God just said, "Get up and do a little exercise!" and threw a small amount of photon energy at me.When he woke up from his sleep, he hurriedly tried to move, but his body was a perfect sphere anyway. The moment I thought, 'How can I exercise?' I thought, 'Oh, yes! You just have to twist your body, you just have to spin around!' I realized,I twisted the top half counterclockwise and the bottom half clockwise.Immediately after that, the "-electron" left into this world (the world in which time advances), and the "+ electron" went to the world of "the past world: the vector of time T is negative (-)".

 先ほどの神様は周囲で寝ていた〈電子〉も多数、叩き起こされた模様で、周囲には沢山の〈-電子〉がわんさかいました。
〈-電子〉は周囲を漂っているもう一人の〈-電子〉のひとりと引き合って、同じ方向に進んでいくことになりました。
どういう訳か、同じ左回りの電子(-電子〉同士は馬が合うのです。
それは例えれば、左二つ巴 のごとくに、うまくバランスし共振できるのでした。気が付くと〈左二つ巴〉の連中は周囲に沢山いて、足並みをそろえて同じ方向へと進んでいくのでした。
 これを我々が見ると、電流が流れている!と称しているのです。
It seems that the god mentioned earlier was also awakened by many "electrons" who were sleeping around him, and there were many "-electrons" around him. The "-electron" was drawn to one of the other "-electrons" floating around and went in the same direction. For some reason, horses match each other with the same counterclockwise electron (-electron).It was like a left-hand two-way match, and it was able to balance and resonate well. Before I knew it, there were a lot of people on the left side around me, and they were moving in the same direction in unison.  When we look at this, there is an electric current flowing! It is called that.

質問1『過去へさかのぼる如くに消えて亡くなった〈+電子〉の動きを教えてください』という質問ですね。
 良い質問です。
Question 1: "Please tell me about the movement of [+ electrons] that disappeared and died as if going back in time." Good question.

 過去に消えて行った〈+電子〉は、右手系の世界で活動し動いているのです。それはまるで鏡の中の世界なのです。
地球の台風の動きから想像をたくましくすればいいでしょう。
北半球では台風は左回りをしていますが、南半球での台風は逆回り:即ち右回りに見えるでしょ、上空から見れば。北極を(+:上)とすれば、南極は(-:下)です。電磁波の流れも北極(+:上)から南極の方向(-:下)に向かって流れています。同様に、鏡の中の東の方から流れ込んで来た空気は、時計回りに逆回転して、上空(-方向)へと登っていくのです。
The "+ electrons" that have disappeared in the past are active and moving in the world of the right-hand system. It's like a world in a mirror.You can use the movement of typhoons on the earth to make your imagination stronger.In the Northern Hemisphere, typhoons turn left, but typhoons in the Southern Hemisphere appear to be in the opposite direction, that is, clockwise. If the North Pole is (+: top), then the South Pole is (-: bottom). The flow of electromagnetic waves also flows from the North Pole (+: top) to the South Pole (-: bottom). In the same way, the air flowing in from the east in the mirror rotates in a clockwise direction and climbs upward (-direction).

 まだ、納得できませんか?
赤道面にを置いたことにして、北極点に向かう〈+ベクトル〉を考えてごらんなさい。そのベクトルを北半球で頻繁に使っているXYZ座標系で表すと、南極点に向かうベクトルは〈-ベクトル〉ですね。
同様に、北半球での〈上方向〉は、鏡の中では〈下方向〉として映りこんでいますでしょ。
更に言うと、時間軸Tの流れていく方向も南半球では鏡の内部にあって右巻きベクトルですよ!ということです!
 納得!でしょ?
 
Still not convinced?Suppose you put a mirror on the equatorial plane and think of a "+ vector" toward the North Pole. If we express the vector in the XYZ coordinate system, which is frequently used in the Northern Hemisphere, the vector toward the South Pole is the "-vector".Similarly, the "upward direction" in the Northern Hemisphere is reflected as the "downward direction" in the mirror.Furthermore, the direction of flow of the time axis T is also inside the mirror in the southern hemisphere and is right-handed! It means! Consent! Right?

即ち、過去の世界に消えた〈+電子〉は、南半球の座標系で活躍していた!ということです。
ここまでの議論で、
【1】〈+電子〉が活躍している世界は南半球の座標系内であったこと。その〈+電子〉のエネルギーは北半球座標系内では、鏡の中の亡霊(波動エネルギー体)として、存在していた。《ほんのちょっぴりだけ、+電極と-電極とが分離していた(これを分極と称しています》。
【2】〈-電子〉が活躍する世界内には、亡霊(幽霊:影)のように、〈+電子〉の世界が重なっている!
【3】宇宙論議になるとすぐに、複素数の議論になってしまいますが、実は、複素数を持ち出す前に、現世に影のように重なっている!【マイナス:-】世界の存在を議論・理解すべきである事!
In other words, the "+ electrons" that disappeared into the past world were active in the world of the southern hemisphere! It means.In the discussion so far,[1] The world in which "+ electrons" are active is the southern hemisphere.[2] In the world where "-electrons" are active, the world of "+ electrons" overlaps like ghosts (ghosts: shadows)![3] As soon as it comes to the discussion of the universe, it becomes a discussion of complex numbers, but in fact, before bringing up complex numbers, they overlap like shadows in this world! 【Minuse:-】We should discuss and understand the existence of the world!
 I've been advocating this for the past 8 years on this blog [Adventures in the Light World], but I wonder if it's time for some of you to raise your voice and say, "I see, that's right."I would like to ask you to bow down.
2024 1/05 Hiro. Oyama

 8年も前から、このブログ【光世界の冒険】上で主張し続けていることですが、そろそろ何方か「なるほど、その通りだね」って、声をあげて下さいませんか。
伏して、お願い申し上げます。
2024 1/05 大山宏

 ある人から抗議の声が届きました。
過去へさかのぼる如くに消えて亡くなった〈+電子〉は、南半球に瞬間移動して、南半球内で活動しているのですか? まだ納得できません!』との抗議の声が寄せられて来ました。

  お答えします。
 その南半球に瞬間移動した〈+電子〉を赤道面に設置した鏡に映しこんで見てごらんなさい。そうすると、北半球でさっきサヨナラして別れたばかりの〈-電子〉とほとんど重なる位置で(まるでのように)重なっているでしょ。
ということは、【1】〈+電子〉が活躍している・・・の書き方がまずかった!。
   訂正文章は以下。
【1’】〈+電子〉が活躍している世界は南半球で設定される反転座標系内で活動しています。反転座標系は北半球にも伸びていますから、実際には〈+電子〉は、〈-電子〉の影として一緒に移動していることになるのです!

 言葉を代えますと、
南半球で設定した球面座標系は南半球にまで広がっているし、北半球で球面座標系も北半球にまで広がっていて、互いに重なっている!という事です。
あなたの実像には、影のように寄り添っている虚像が、重なっている!という事です!

特殊相対性理論は”詭弁”であることの証明。

読者からの コメント
 パウリが発見した「排他原理」があります。 これも、数学回りである〈-電子〉と時計回りの〈+電子〉とが重なりあっている状態であり、自分の身体をねじってみて初めて自分の存在が認識できる事実を示しています。
(-1/2)スピン+〈+1/2)スピン=〔0〕 と符合してます。

素粒素子の球体(元素)に 二つの安定状態の席があるとして、その一方の席が埋まっている時には他方の席を〈電子〉が占めることはできませんよ、という排他原理を良く説明できています。
 ああ、逆ですね。この実態(状態)に気が付いた量子力学者が後で排他原理と命名したのでした。

  力を運ぶボゾン
 すべての粒子が半整数のスピンを持っているわけではない。中には、整数(1,2,3, 5, 8,13,21,,, )のスピンを持つ粒子あります。整数のスピンを持っているボゾンには排他原理が働かす、同じ空間とエネルギーレベルを占めることが出来ます。

 このようなボゾン粒子には、電磁気の力を運ぶ光子(電磁波:亡霊であり重さは感じられない)も含まれる。符号の異なる電荷が引き合う(同符合の電荷は反発する)のは、光子が電荷間を行き来してエネルギーを運んでいるからです。
 一方、半整数スピンの粒子はフェルミオン(フェルミ粒子)と名付けられてます。


投稿: ボゾン; 半整数スピン粒子:フェルミオン
2024/01/15  ボゾン様、投稿感謝!

特殊相対性理論は”詭弁”であることの証明。

| |

« 竹内薫,村山斉殿へ 宇宙には主系列星で論じられる宇宙とパルサーで論じられ得る宇宙の二つが存在。Two stable states in the universe. One can be discussed in terms of main-sequence stars and the other can be discussed in terms of pulsars. Both can be discuss with Confocal scanners quadratic curve. パルサー爆発後? | トップページ | 佐藤勝彦/村山斉/竹内薫/諸先生へ。一般相対性理論は正しいが、特殊相対性理論は”詭弁”であることの証明。 »

f 竹内薫 ファインマン」カテゴリの記事

コメント

 パウリが発見した「排他原理」があります。 これも、数学回りである〈-電子〉と時計回りの〈+電子〉とが重なりあっている状態であり、自分の身体をねじってみて初めて自分の存在が認識できる事実を示しています。
 (-1/2)スピン+〈+1/2)スピン=〔0〕 と符合してます。
最小素粒素子の球体(電子)に二つの安定状態があるとして、その一方が現実世界にある時には他方はその席を占めることができませんよ、という排他原理を良く説明できています。

 力を運ぶボゾン:整数(1,2,3, 5, 8,13,21,,, )のスピンを持つ粒子もあります。このような粒子には、電磁気の力を運ぶ光子も含まれる。異なる符号の異なる電荷が引き合う(同符合の電荷は反発する)のは、光子が電荷間を行き来してエネルギーを運んでいるからです。
一方、
半整数スピンの粒子はフェルミオン(フェルミ粒子)と名付けられてます。ご参考になれば、幸いです。

投稿: ボゾン; 半整数スピン粒子:フェルミオン  | 2024年1月15日 (月) 15時10分

村山斉殿 佐藤勝彦博士へ 電子の動きを球面幾何学で考えれば If the movement of electrons is considered in spherical geometry (non-Euclidean geometry, angular coordinate system), even elementary and junior high school students can intuitively understand it. 小中学生にも直感で理解できます!: 光世界の冒険(大山宏)
wlzwtrhpkc http://www.gk55c8x181829iut4wr1fy6889wpx8jds.org/
<a href="http://www.gk55c8x181829iut4wr1fy6889wpx8jds.org/">awlzwtrhpkc</a>
[url=http://www.gk55c8x181829iut4wr1fy6889wpx8jds.org/]uwlzwtrhpkc[/url]

投稿: wlzwtrhpkc | 2024年6月 6日 (木) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹内薫,村山斉殿へ 宇宙には主系列星で論じられる宇宙とパルサーで論じられ得る宇宙の二つが存在。Two stable states in the universe. One can be discussed in terms of main-sequence stars and the other can be discussed in terms of pulsars. Both can be discuss with Confocal scanners quadratic curve. パルサー爆発後? | トップページ | 佐藤勝彦/村山斉/竹内薫/諸先生へ。一般相対性理論は正しいが、特殊相対性理論は”詭弁”であることの証明。 »