« キュービックの数遊びで細密パッキングの周期律表は極簡単に証明できる! ネオン21Ne 以降~クリプトン84Kr~原子核の周期律表の中心地である錫(すず) 120Sn を目指して突撃中!「細胞分裂の法則」活用!? | トップページ | 「水銀が常温液体、金が柔らかい金属、白金が硬い金属」である謎が、球面幾何学のキュービック遊びで解けました。Analysis from uranium-238 has been performed and completed! ウラン238からの解析を実行・完了しました! »

2024年3月 8日 (金)

現世も異次元世界も「フィボナッチ数列( Fi 数 )で出来ている」事、黄金比の掛算/割算で証明できた!キュービック遊びで「原子核の周期律表」完成は近い!フィボナッチ実数列と自然界との関係性。黄金比:A=1/A。A^2=1 ⇒ A=±1〔球面幾何学の常識の一つ!〕

  奴凧(やっこだこ) イメージです。


Abstract: I was able to prove that both this world and the extradimensional world are "made up of the Fibonacci sequence (Fi numbers)" and that the golden ratio multiplication / division! With cubic play, the "periodic table of atomic nuclei" is near! The relationship between the Fibonacci sequence and the natural world. Golden ratio: A=1/A. A^2=1 ⇒ A=±1 [One of the common senses of spherical geometry!] 〕

一方、キュービックのイメージ図は、

 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲

であり、この図形の四角の要素が 取り除かれた形状が、奴凧と対応しています。


sonny君、ここまでの展開を私に整理させてくれますか❓
『ウン』とうなずいてくれたので、整理します。

表1
12C炭素~120Snすず までの核種並び

8+4=12 が基本で、12C 炭素

8+8=16 の核種は、16O 酸素
8+8+4=20 核は、20Ne ネオン
8+8+8=24 核は、24Mg マグネシウム
8+8+8+4=28 、28Si ケイ素
8 x 7= ・・・ 56Fe ・・・
8 x 8= 64Zn まで長周期型
64+5=69Ga+4 ⇒ 73Geに至り、
       28Si の直下に着陣!
69+8=
・・・77As ・・ 80Br ・・
80+8=84Kr+4⇒ 88Stで短周期型を終り
       再び長周期型に移って、
    
 89Y、90Zr、93Ni、・96Mo ・・
88+24=,,,107Ag,,114Cdで長周期型を終り
88+32     ~ 120Sn ~ に至る。

 先生、ちょっと考えて見てごらん。
120Sn の後 ドンドンと(指数関数的に)存在量が減っていき、鉛やウラン238Uで自然界にある元素はわりになるのだけど、
12C  28Si 56Fe 73Ge  120Sn 207Pb  238Uウラン と並べてみると、
フィボナッチ数列の黄金比との関係性が見えて来るでしょ❓

表2 黄金比 での掛け算/
割り算です。   
238 x0.618^0 =
238 ⇒ ~ 238U ~
238 x0.618^1 = 147 ⇒ ~120Sn

238 x0.618^2 = 90.9 ⇒  ~ 89Y ~
238 x0.618^3 = 56.2 ⇒  ~ 56Fe
238 x0.618^4 = 34.7 ⇒  ~ 36Ar ~ 
238 x0.618^5 = 21.5 ⇒  ~ 28Si ~ 
238 x0.618^6 = 13.3 ⇒  ~ 12C ~ 
238 x0.618^7 =   8.2 ⇒  ~ 4He x2 ~ 
238 x0.618^8 =   5.1 ⇒  ~( 6Li )~ 
238 x0.618^9 =   3.1 ⇒  ~ 4He ~ 
238 x0.618^10=  1.9 ⇒  ~ 4He÷2 ~ 
238 x0.618^11=  1.2 ⇒  ~ 1H  ~ 
238 x0.618^12=  0.7 ⇒  ~ 1H  ~ 

ね、実にく似てるでしょ、フィボナッチ数列と似てるでしょ。
自然界はね、フィボナッチ数列で成り立っているんだよ、改めて説教する必要は無いと思うけど…。

もう一度 説明してよ、お願い!

 今 みんなで考えているのは、
水素の原子核を最小単位とし、最大の原子核はウラン238U 』という世界なんだよ。しかも、

サイズも重さも
ほとんど一緒の《中性子陽子》
二つ
だけで考えて、原子核の細密パッキング状態を探っている最中です!

 だから、表1 は、238 x 0.618^n のり算/掛算を繰り返しただけです。

そうしたら、12段階で見事に周期律表の基本形が 姿を現した!ということです。

 まだ、
(.?.) という顔をしておられる様子なので、
表1の12C炭素以下を見てごらんなさい。4Heヘリウムばかりが並んでいるでしょ?
特に七段目、 8.2 ⇒ ~ 4He x 2 ~では、x 2 と、二分裂しています。即ち、
 『細胞分裂が起こっていて、一つの要素が二つに分かれたよ』って神様は、示唆しているのでした。
これって、自然法則 なんだよ!

 もう一つの法則は、 1 2 3 5 8 で8に達した後は、8 の原子を ヘリウム4He の数に置き換えて、
1 2 3 5 8  
    1 2 3 5 8
      1 2 3 5 8
        1 2 3 5 8
と、無限大まで広がり連なっているのですよ、って神様は 示唆してくれているのでした!
 これが、原子や原子核の周期律表に、現実として現れているのです!
これって、細胞分裂と相似形ですね。

  先生、トイレに行って来ます。
 過去の世界に、タイムスリップ して来ます!
休憩にしましょう

「先生、『鬼の居ぬ間に洗濯』ではありませんが、ちょっと補足説明をして下さいませんか❓
いきなり、細胞分裂との相似関係に話が移ってしまって、チンプンカンプンです。」

 球面幾何学では、長さも経過時間も共に、フィボナッチ実数列(Fi)で比例関係にあり、指数関数で表わせる!という観点に立っているのです。
 式で現わすと、以下のような式です。

 FiA^(N-10)  ・・・ (1)
 N=1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,,,
 A= 55.0

sonny君は、これをちょっと応用して、
238 に黄金比を掛け算して行くという演算を、表2でやって見せてくれたのでした。

 その結果、
【1】宇宙存在度で何故にヘリウム4He が多いのか、もっと言うと、
【2】フィボナッチ数列では、8 があるのに 4 が無い 理由を説明してくれた、
【3】原子核構造では、4 が多量にあるのに 8 が全く無い 理由を説明してくれたのでした。

「へえ、そんな高尚なことを sonny君はラッとしゃべった後、トイレに走っていったのですか、これも驚きですね。」

 実は、sonny君は、いわゆるなのです。昔は、仙人とかと呼ばれた存在なのです。
だから時々
(再々) 時空のずれが発生するらしいのです。
 以前に、
彼が持っていた携帯電話が爆発(CPUのチップが爆発)した時に、ある占い師 が現われました。

 sonny君が『どうやら現在、僕の時間は世間よりもずれが生じているようなのですが、何分ぐらいずれているように視えますか❓』って聞いてみたのです。
そうしたらその占い師は、ニコニコ顔で、
「現在のあなたは、分間、世間の時間流れからずれています」って答えてました。
 これって実話ですよ、この占い師は、広島県三次市三良坂に住んでおられます(本名は板金勝美!)。

 あッ、ついつい雑談になってしまいました。
フィボナッチ数列の興味深い性質(特徴)の一つを紹介しておきましょう。
  表2を転記します。

表2' 黄金比 での掛け算/
割り算。   
238 x0.618^0= 238 ⇒~ 238U ~
238 x0.618^1= 147 ⇒~120Sn
238 x0.618^2=90.9 ⇒ ~ 89Y ~
238 x0.618^3=56.2 ⇒ ~ 56Fe
238 x0.618^4=34.7 ⇒ ~ 36Ar ~ 
238 x0.618^5=21.5 ⇒ ~ 28Si ~ 
238 x0.618^6=13.3 ⇒ ~ 12C ~ 
238 x0.618^7=  8.2 ⇒ ~ 4He x2 ~ 
238 x0.618^8=  5.1 ⇒ ~( 6Li )~ 
238 x0.618^9=  3.1 ⇒ ~ 4He ~ 
238 x0.618^10=1.9 ⇒ ~ 4He÷2 ~ 
238 x0.618^11=1.2 ⇒ ~ 1H  ~ 
238 x0.618^12=0.7 ⇒ ~ 1H  ~ 

この表の上の数値と下の数値との掛け算をやってみましょう。

表3
上からの数 x 下からの数 の掛け算
238 x 0.7 =166.6  238U x 1H
147 x 1.2 =176.4
90.9 x 1.9=172.7
56.2 x 3.1=174.2 56Fe x 4He
34.7 x 5.1=177.0
21.5 x 8.2=176.3 28Si x 4He
13.3x13.3=176.9 ~ 12C ~ 

☆彡1 丁度、12C炭素が センターになっています。その掛け算の数値はどれも、177 の近辺に分布してますね?
有効数字が一桁の 0.7 が含まれている上下掛算の数値が、桁で一致している!
 その中心が、12C炭素が丁度、センターに来ていますでしょ。

その掛け算値の 平方根 √ ルート をとると、その世界の平均値が求まるのです。

☆彡2
 ウラン 238U と 12C 炭素 との中央(真ん中)に、鉄56Fe  が、丁度位置しているのも興味深いところです。
 超新星爆発後 しばらく経つと 『放射性崩壊物は 吸熱反応の鉄に一極集中して来る』事実とも、
一致しています!

「へえ、これまで単純平均(相加平均)しか、知りませんでした。
相乗平均√( ) の手段を、初めて知りました!」

  黄金比の数値の超正確な数値は、
 A=1.61803398875 です。この値を掛算/割算に使用すれば、上記 相乗平均値は、10桁まで一致した値になります。
 是非 皆さん電卓かEXELを使って、
  自分で確かめてみて下さい。
即ち、
 ウラン 238U を最大値とし、水素 1H を最小値とした現世(現実の世界)においては、
フィボナッチ数列で整理できるのでした!
  納得できましたか❓

「先生、表2' 黄金比 での掛け算/割り算。では、A=1.61803398875 の割り算の代りに、
A-1=0.618‥の掛け算を実行しているみたいですが・・・?」

 ああ、その件ですか。
実は、黄金比:A=1/A なのです。
A^2=1ですから、A=±1 ですね。
小学校では√( )ルートの計算は教えて無いので使わずにやってます。
   A=1.61803398875 -1
   = 0.61803398875 
彼は、Aでの割り算の代りに《 1/A の掛け算に替えて》、表記したみたいです。
 同じことです。器用な子でしょ? その点、大人は
Wikipedia さんでも) いけません、
『黄金比=(1+√5)/2 です』で済ましているから、数学嫌いや理科嫌いの人が増えるのです!
『黄金比:A=1/A なのだから、Aを掛け算することと、Aで割り算することとは一緒なのよ』って、一言添える説明が教育現場で必要とされているのです!

 【黄金比:A=1/A です。
 A^2=1ですから、A=±1 】
 これって、球面幾何学では度々現れてくる大法則の一つです。
覚えておいたらお得です(損なことありませんよ)。

あッ、トイレから sonny君が帰って来ました。
 彼に話の主導権を譲りましょう。

 sonny君、今ね「黄金比で現世が成り立っている」ってことを 皆に話したところです。
引き続いて、球面幾何学を使って
キュービック遊びで)原子の周期性を、明らかにしてくれませんか❓

 先生は、二日前に宿題を出してたでしょ。
あの奴凧を使って整理するのが最も分かりが早いよ。

「ああ、あれね。あの時もトイレに駆け込んでたけど、聞いてたの❓」

 先生のお陰で、僕は超能力が身に付いたみたいだ。
トイレにかがんで居ても(寝ている時でも)ちょっと注意を集中すると、先生がしゃべっている事が皆、見えるようになったんだ。不思議だよ、全く!

超能力の話は、またの機会にしようね。
先ずはあの宿題ですね。

宿題
『立方体の六面に、4 x 6枚分 =24コ が付着した構造が、球体の構造としては(完全な対象形)』という点に関してです。
4x4x4=64コ の立方体の側面に、各々4コずつを張り付けた形をイメージして下さい。
4x4x4=64+24 = 88 の形状とは、
 三次元の 奴凧(やっこだこ)イメージです。

かごや姫様から奴凧の絵を拝借しました。
 感謝!
4 x 4 x 4=64 キュービックのイメージは、

図1 
64 キュービックイメージ図

 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲

 この立方体の六面の各中央に 4 x 6枚分 =24コ が プラスされた形状が、奴凧 の形状です。
この奴凧に対して、外接球と内接球とを考えてみて下さい。88形状の安定性がイメージ出来ます」ってしゃべったのでした。
 さあ、準備ができました。
sonny君、説明を始めて下さい!

 準備、ご苦労様です。
図1 64 キュービックに先ず、外接球を頭の中に描いてみて下さい。すると、その球内に4 x 6枚分 =24コ がすっぽりと収まる事が想像できるでしょ。
 順を追って、8コずつ、詰めていきましょう。

 ☆彡1 64Zn までで 長周期型が完成しました。
《 ここまで 64 キュービックが完成しています。》
その後、
  64+5=69Ga+4 ⇒ 73Geに至り、

☆彡2
 28Si の直下に着陣したのでした。
 +5=と奇数になっていますので、12C の中央空洞部に中性子1コが入り込んでいます。それを除くと、

64+4 = 68+4 = 72 で、奴凧の両腕がくっ付いた状態だね。
72+8 = 80 で、奴凧の腹と背中に凸部がくっ付いた状態、
80+8 = 88 で、奴凧の頭と腰の凸っ張り部がくっ付いた状態で、
 88Stの奴凧の完成(短周期型が完了!)です。
  ここまで、宜しいですか❓

ちょっとここまでを整理して頂けませんか❓」という質問ですね。

☆彡3
  64Zn までで 長周期型が完成した後、
64+8=72 で、奴凧の両腕がくっ付いた状態
72+8=80 で、奴凧の腹と背中に凸部が付着
80+8=88 で、奴凧の頭と腰の凸張りが付着して、88Stで短周期型が完了した!という事です。
 
「 64Zn(亜鉛)⇒72Ge(ゲルマニウム)⇒80Br(臭素)⇒88Sr(ストロンチウム)に至り、短周期が完了したという事ですね。」

 その通りです。長周期型のことはほったらかしにして、先ずは、短周期型の説明を先に説明したことになります!

「混乱するかも知れませんが、40Ca(カルシウム)から55Mn(マンガン)までを説明した後、鉄・クロム・ニッケル・・・64Cu銅~64Zn(亜鉛)までを説明して頂けませんか❓」

 分かりました。やって見せましょう。
40Ca(カルシウム) 以降は、第一回目の長周期型のサイクルが続くのでした。
40+5=45  45
Sc(スカンジウム)は、12C 空洞部に中性子1コが侵入しています。
40+8=48  48Ti(チタン)は 完全対称形
48+8=56  54Mn(マンガン)で短周期型を終え、以下は長周期型です。
   56Fe 鉄 59Co(コバルト) 59Ni(ニッケル) は お馴染み 族三兄弟です。
56+8=64  64Cu(銅)、65Zn(亜鉛)、70Ga、73Ge、で、28Si 直下に至ります。

表4 中心部+中性子〈-電子〉宇宙存在度
40Ar=36AL 4 4   239,000
40Ca=36Al 4   4    71,700
42Ca=36Al 6   6      47  
44Ca=36Al   8 8      152
45Sc=40Ca   5 5      33  100%
46Ti =40Ca   6   6     184 
48Ti =40Ca   8 8    1,702
50V  =48Ti    2 2       0.5 
51V  =48Ti    3 3     199.5  
52Cr =48Ti    4 4    9,800 
54Fe =48Ti    6 6    52,000  
55Mn=48Ti    7 7      9,200 100.%
56Fe =48Ti    8 8   816,000 
57Fe =56Fe   1 1    19,300 
58Ni =56Fe   2   2    28,300 
59Co =56Fe  3 3     2,300 100%
60Ni  =56Fe  4   4    10,900 
63Cu =60Ni   3 3       200  
65Cu =60Ni   5   5       90

 こんなところで、如何でしょうか❓
☆彡1  族三兄弟 が、大きく目に付きますね。  

「先ほど説明のあった、奴凧で、
4 x 4 x 4=64 キュービックのイメージの図1を使って、特に、☆彡1  族三兄弟 に関して説明して頂けませんか❓」
図1 64 キュービックイメージ図

 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲
 🔲 🔲 🔲 🔲

 この立方体の六面の各中央に 4 x 6枚分=24コ が プラスされる前の形状奴凧 とのことでしたが・・・」
『 56Fe 鉄 59Co(コバルト) 59Ni(ニッケル) は お馴染み 族三兄弟』の補足説明が欲しいという質問ですね。
64-8 = 56Fe は、八つの頂点位置の升が各1コずつ抜けた形ですから、図形の対称性は抜群です。だから、鉄の山が抜きん出て、尖山になっているのですね。

64-5 = 59Co
64-5 = 59Ni の二つは、二つとも中性子が12C の空洞部に移動して奇数(-5)が現われていると判断できます。
即ち、56Fe の八つの頂点位置の升が各1コずつ抜けた形で話せば、八つの頂点の内の四つ(半数)が中性子で埋まっている形がコバルトCo と ニッケルNi だ、という事が推測できます。

 恐らくそうなのでしょう。
立体図形の対称性から視ると、そう考えるのが合理的です!
 だから、お馴染み 族三兄弟 と呼ばれるくらいに良く似た化学特性を示すのだと推察できます!
こんなところで、質問の答えになっていますでしょうか❓

「有難うございました。
万有引力の詳細で面倒な計算も一切無しで唯一1つ、光速一定の原理に元づいた球面幾何学だけで、ここまでの整理をして頂けたことに、感謝申し上げます。有難うございました。」

 ご満足して頂けたご様子ですので、
 次の質問があれば、お願いします!

まだまだ、質問は沢山有るでしょうが、次回のブログで、続きの話を展開してもらおうと思います。
 Fibonacchi sonny君、ご苦労様でした。
  感謝してます!

      2024/ 3/08  大山 宏

ちなみに、Fi 数とは、
 Fi-bonacchi sonny-数 という意味です。

 

| |

« キュービックの数遊びで細密パッキングの周期律表は極簡単に証明できる! ネオン21Ne 以降~クリプトン84Kr~原子核の周期律表の中心地である錫(すず) 120Sn を目指して突撃中!「細胞分裂の法則」活用!? | トップページ | 「水銀が常温液体、金が柔らかい金属、白金が硬い金属」である謎が、球面幾何学のキュービック遊びで解けました。Analysis from uranium-238 has been performed and completed! ウラン238からの解析を実行・完了しました! »

f 原子核の周期律表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キュービックの数遊びで細密パッキングの周期律表は極簡単に証明できる! ネオン21Ne 以降~クリプトン84Kr~原子核の周期律表の中心地である錫(すず) 120Sn を目指して突撃中!「細胞分裂の法則」活用!? | トップページ | 「水銀が常温液体、金が柔らかい金属、白金が硬い金属」である謎が、球面幾何学のキュービック遊びで解けました。Analysis from uranium-238 has been performed and completed! ウラン238からの解析を実行・完了しました! »