« 液体は皆、細密パッキング構造を形造っているらしい。It seems that all liquids form a miniature packing structure. Was "Iroha Karuta" a plaything given to humanity by aliens?『いろはかるた』は宇宙人が人類に与えた遊び道具だった? | トップページ | ゆらぎの世界とフィボナッチ数列との密接な関係。I discovered the close relationship between the world of fluctuations and the Fibonacci sequence. 村山斉先生への手紙ブログの出し忘れ(2012年)を発見し発信! »

2024年3月15日 (金)

「Qは絵文字」遊びで フィボナッチ数列の黄金比が導き出せた!スパコンもタジタジか? Principle of constant light speed = Spherical Geometry. 原子核内は細密パッキング構造!球面幾何学で捉えると立方細密も六方細密も一緒!

Photo_35

 ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」に興味の方は、ここをクリックすると瞬間移動できます。

原子核内は細密パッキング構造!球面幾何学で捉えると立方細密も六方細密も一緒!・・・

要旨:この度、核の周期律表を「光速一定の原理=球面幾何学」で整理でき、核内構造が明確化(簡素化)できました。
従来の原子の周期律表も、この観点を加えて再整理されるなら、きっと中学高校生たちにとっても大人の人々にとっても有意義なテーブルになると思います。皆様のご尽力を期待しています!
Abstract: This time, I was able to organize the periodic table of the nucleus with the principle of constant speed of light = spherical geometry, and I  was able to clarify (simplify) the structure in the nucleusIf the conventional periodic table of atoms is reorganized with this point of view, I am sure that it will be a meaningful table for junior high and high school students as well as adults.  I look forward to your efforts!
図2
 6 x 6 x 6 = 216 細密パッキング
い ろ は か る 
は 宇 宙 人 が 
類 に 与 え  遊
び 道 具 だ  た
! 細 密 パ ッ キ
ン グ ! Q は 絵 文字です~

図3 8 x 8 x 8 = 512 細密パッキング
い ろ  に  え  ち
り ぬ  を  が  た
れ そ  ね  ら  う
い の お く  ま  ふ
こ え て あ さ き  め
み し え い も せ  う
ん と 並 べ て み る と
Q が 絵 文 字 だ と 分 かる~

☆彡1 1回り大きな球面は、
  前の升一辺の個数をNとすると、
N x (N+1) x 3+1 を、前の升個数に加算したものとなっている。
☆彡2 角から4Heを除いて見る(8x1=8)とコーナーの1ヵ所から引算(8ヵ所あるので8を引き算)してみたら、 4He ~ 238U までの原子核との対応関係が出て来た!
1 x 1 x 1= 1 = 
2 x 2 x 2= 8 =  1+ 1 x 2 x 3+1      8 - 8=   0  4He 2つに分裂した!
3 x 3 x 3=  27 = 8+ 2 x 3 x 3+1    27-8=   19    ~ 20Ne ネオン~ 
4 x 4 x 4= 64 =  27+ 3 x 4 x 3+1  64-8=   56    ~ 56Fe ~
5 x 5 x 5=125 = 64+ 4 x 5 x 3+1    125-8= 117    ~ 120Sn すず ~
6 x 6 x 6=216 =125+ 5 x 6 x 3+1   216-8= 208   
  ~ 208Pb  
7 x 7 x 7=343 =216+ 6 x 7 x 3+1   343-8 x 13 = 239  ~ 238Uウラン ~   13コとは、角から1段+3段+9段=13コを取り除く事を意味しています!
8 x 8 x 8=512 =343+ 7 x 8 x 3+1 
9 x 9 x 9=729 =512+ 8 x 9 x 3+1

解説1)「上記 図1,図2,図3 は分の1のサイズ」での検討です。外接球面は、八つの頂点を持つ立方体の中に治まっています。この球面内では、
中心から対辺に至る経路の長さ(即ち、光路長)と到達までの時間とが一定です。
光速一定の原理】そのものが、球面幾何学には内包されていたのでした。

解説2) 中性子や陽子が抜け出したり入り込んだりして〔総数が前後することによって〕起こるのが同位体です。
核内の中性子から電子が1コ飛び出せば、中性子⇒陽子と変身します。総数は同じで化学的な性質は変化するのです。
従来の原子の周期律表を分かり難くしていたのは、この同位体でした。

解説3) この度、核の周期律表を「光速一定の原理=球面幾何学」で整理できて、核内構造が明確化(簡素化)できました。
従来の原子の周期律表も、この観点を加えて再整理されるなら、きっと中学高校生たちにとっても大人の人々にとっても有意義なテーブルになると思います。皆様のご尽力を期待しています!

質問です。表題に『黄金比とフィボナッチ実数列・・・』と銘打ってあるのですが、ちっとも本文中で触れられていません。どういうことでしょうか❓」という質問が寄せられました。

 以下に、この10数年間で人気抜群の記事を参照して頂きたいのですが、簡単に、
「音階」に秘められているフィボナッチ実数列の不思議【5-1】 Wonders of the Real-Fibonacci-Progression kept in scale of Music. Hiro. Oyama: 光世界の冒険(大山宏) (cocolog-nifty.com)
のエッセンスを抜書きし、下記 ↓ しておきましょう。

・・・、フィボナッチ数列の大きい方から順番に割算をしてみるのです。
610
÷1.618 = 377.008・・・
377
÷1.618 = 233.003・・・
233
÷1.618 = 144.004・・・
144
÷1.618 = 88.998・・・
 89÷1.618 = 55.006・・・
 55÷1.618 = 33.99・・・
 34÷1.618 = 21.01・・・
 21÷1.618 = 12.978・・・
 13÷1.618 =  8.0346・・・
8÷1.618 =  4.9443・・・
5÷1.618 =  3.090・・・
3÷1.618 =  1.854・・・
2÷1.618 =  1.236・・・
1÷1.618 =  0.618・・・
1÷1.618 =  0.618・・・
 ・・・、右に並んだ数値が整数になるように値を四捨五入してご覧なさい、どれも皆、フィボナッチ数列になっているのが分かります。・・・という事です。

今回の原子核内も、フィボナッチ実数列で支配されている事が証明できたのでした。 改めて、
「音階」に秘められているフィボナッチ実数列の不思議。をクリックしてお読み頂けること、願ってます。

 あっと、今気が付きました。
  1÷1.618 = 0.618 ・・・ (1)
の重要な性質に関して、コメントしておきましょう。
実は、黄金比:Hi を掛け算することと、1/Hi で割り算することとは同じ(等価)なのでした。
 Hi=1.618 とすると、1/Hi =0.618 である!って
(1)式に出てますでしょ。
電卓で、1.618 x 0.618 を計算してみて下さい。
 答えは、1.000 ですよ、って 電卓は即座に答えてくれますよ。
  これ、役に立つ法則の一つです!
   早々、 大山宏

| |

« 液体は皆、細密パッキング構造を形造っているらしい。It seems that all liquids form a miniature packing structure. Was "Iroha Karuta" a plaything given to humanity by aliens?『いろはかるた』は宇宙人が人類に与えた遊び道具だった? | トップページ | ゆらぎの世界とフィボナッチ数列との密接な関係。I discovered the close relationship between the world of fluctuations and the Fibonacci sequence. 村山斉先生への手紙ブログの出し忘れ(2012年)を発見し発信! »

f 核融合 sonny」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 液体は皆、細密パッキング構造を形造っているらしい。It seems that all liquids form a miniature packing structure. Was "Iroha Karuta" a plaything given to humanity by aliens?『いろはかるた』は宇宙人が人類に与えた遊び道具だった? | トップページ | ゆらぎの世界とフィボナッチ数列との密接な関係。I discovered the close relationship between the world of fluctuations and the Fibonacci sequence. 村山斉先生への手紙ブログの出し忘れ(2012年)を発見し発信! »