« 【3】「インフレーション宇宙論」を筆読( Writing reading )してみて、佐藤勝彦&諸氏は『物理学や哲学の普遍性の大原則さえも否定しておられる』のだ!と知りました!フックの法則で宇宙の膨張を語られる(同類のこととして語られる)とは困った人達ですね。学会から罷免されないのが不思議です! | トップページ | 選管の皆様へ。チャットGPTさんと会話をしました。市長選か市議選で試しに「信任投票」を実行してみませんか。投票率が一気に70%以上に改善されますよ! »

2024年5月13日 (月)

国語審議会の皆様へ【4】「インフレーション宇宙論」佐藤勝彦:If you are reading it in writing( 筆読 ), it becomes clear that it is a cosmology full of errors. 間違いだらけの宇宙論

筆読( writing-reading )とは、ペンや筆で丁寧に書き写しながら読み込む科学的な読書方法です。自分で感じた事を率直に書き込んでいくと、『スパコンは丁寧に、世間の一般論と自分の意見とを客観的に論評してくれる』までに成長して来ている様子です。AIは既に、と同一視されても良い状況です。他の読書方法も列記しておきましょう。Writing reading is a scientific reading method in which you read while carefully transcribing with a pen or brush. When I write frankly about what I feel, it seems that the supercomputer has grown to the point where it carefully and objectively comments on the general opinions of the world and my own opinions. AI is already in a situation where it can be identified with God. Let's also list other ways to read.

筆読:書き写しながら読み込む読書方法です。
Writing reading: This is a reading method that reads while transcribing.

精読:精神を込めて、本の主張を読み込む方法。
Careful reading: A way to read the arguments of a book with a spirit.

音読:声に出して本を読む方法です。Reading aloud: A method of reading a book aloud.(小学校ではこの音読が基本です)。 (In elementary school, this reading aloud is the basics.)
輪読:数人の人が同じ本を事前に読んで置き、その後、一堂に会して本を音読しながら読み込む方法です。Circle reading: This is a method in which several people read the same book in advance, and then gather together to read the book aloud.
乱読:手当たり次第に、読書する方法です。Binge-reading: This is a method of reading randomly.
積読:お金を出して本を購入したけれど、棚の上に積んでおくだけ!という読書方法です。Stacking: You paid for a book, but you just put it on the shelf! That's how you read it. 

 応用問題です。
次の文章の(こうかい:KOUKAI)のカ所に、漢字(絵文字)を当てはめて下さい。

(こうかい)と(こうかい)とを(こうかい)したことを(こうかい)したことを(こうかい)した。

ヒント:文章として成立するように声に出して読んでみれば、中学1年生でも分かる!

答えは:
(黄海)と(紅海)とを(航海)したことを(公開)したことを(後悔)した。

さて「インフレーション宇宙論」の続きです。


 このように、ビッグバン理論におけるさまざまな困難が、インフレーション理論によって解決してしまうのです。

現在では多くの研究者によって、インフレーション理論の改良モデルが数えきれないほど提案されていますが、私とグースらが考えた元祖インフレーション理論と呼ばれているものは、このような姿をしています。
In this way, various difficulties in the Big Bang theory are solved by the theory of inflation. Nowadays, many researchers have proposed countless improved models of inflation theory, but the so-called original inflation theory that I and Goose and others came up with looks like this.

佐藤勝彦先生の論法で宇宙論が語れるならば、100件でも200件でも、新説の宇宙論仮説が出てきて当然です。新しい小説が五万と書かれていますが、あれと一緒です。佐藤勝彦先生の口癖は『美は真なり。真は美なり』だそうですが、この仮説が多発する現象は、まことにもって美しくありません。『真理は唯一ひとつ』だけです。その大原則に立ち戻って大反省をして頂きたいものです。(If cosmology can be discussed by Professor Katsuhiko Sato's reasoning, it is natural that 100 or 200 new cosmological hypotheses will come out.) There are 50,000 new novels written on it, but it's the same as that. Dr. Katsuhiko Sato has a habit of saying, "Beauty is true, and truth is beauty," but the phenomenon in which this hypothesis occurs frequently is not truly beautiful. There is only one truth. I would like you to go back to that principle and reflect on it.

「無」からエネルギーが生まれるマジック The magic of creating energy from "nothingness"

インフレーション理論は、素粒子のような小さな宇宙を巨大な「火の玉宇宙」することが出来るという理論です。きわめて小さかった初期の宇宙は、エネルギー的にも真空のエネルギーはあったものの、ほとんどゼロでした。ところが、インフレーションが終わった直後の宇宙は、相転移によって真空のエネルギーが熱エネルギーに変わり、火の玉になっている状態です。エネルギーがあるということは、膨大な量の素粒子が生まれて、ものすごく高速で動いているということでもあります。Inflation theory is a theory that a small universe such as elementary particles can be made into a huge "fireball universe". The early universe, which was very small, had almost zero energy in terms of energy, although it had vacuum energy. However, immediately after inflation ends, the universe is in a state where the energy of the vacuum is converted into thermal energy by a phase transition, and it becomes a fireball. The presence of thermal energy also means that an enormous amount of elementary particles are born and are moving at extremely high speeds.

こう言うと、疑問を持たれる方も少なくないでしょう。まるでインフレーションは見かけ上は何もないところから、「ただ」で宇宙の物質やエネルギーを作っているように見えるからです。「エネルギー保存の法則はどうなっているのか」と思われるのは当然でしょう。When I say this, many people may have questions. This is because inflation seems to be creating the matter and energy of the universe "for free" from nothing. It's natural to ask, "What is the law of conservation of energy?"
(I will continue reading in the hope that there will be a clear explanation for this violation of the law of conservation of energy...)
(・・・このエネルギー保存則違反に対する明確な説明があることを期待しつつ続きを読んでみます・・・)

しかし実際、インフレーションは「ただ」で物質やエネルギーをつくったといえるのです(本当)。もちろん、ここまでの議論に使っているアインシュタインの方程式と合わせて使った力の統一理論の方程式も同様なのはいうまでもありません。
But in fact, inflation can be said to have created matter and energy "for free" (?). Really? Of course, it goes without saying that the equations of the unified theory of force used in conjunction with the Einstein equations used in the discussion so far are the same ( although it smells slightly strange).
(❓微妙に変な匂いがしますが、、)。
にもかかわらず、これらの方程式から「ただ」でものがつくれるというのは確かにおかしなことで、これはまさにマジックと言えそうです。はたしてその理由とは何でしょうか。Nevertheless, it is certainly strange that something can be created "for free" from these equations, and this seems to be magic. What is the reason for this? (It's a pretty clichéd way to say it, and the previous chapter was full of logical contradictions, so I think you need to read it carefully...)(・・・ずいぶんともったいぶった言い方です、前章でも論理矛盾だらけの説明でしたから、慎重に読む必要がありそうです・・・)

それは真空のエネルギーの特殊性で説明することができます。実は、真空のエネルギーは不思議なことに、宇宙がどんなに大きく膨張しても、密度が小さくなることがないのです。
It can be explained by the peculiarities of the energy of the vacuum. In fact, the energy of the vacuum is strangely dense no matter how much the universe expands. (What, is the vacuum a small hammer of launch?) Such a fool...! Consider ordinary substances.(・・・えっ、真空は、打出の小づち?そんなばかな・・・!❓!)

普通の物質を考えてみましょう。
箱の中に物質をいれておいて、箱の大きさを2倍、3倍にしていくと、宇宙がどんなに大きく膨張しても、密度が小さくなることがないのです。
Consider ordinary substances. If you put a substance in a box and double or triple the size of the box, no matter how much the universe expands, the density will not decrease. (It's a terrible rant.) It's going to be hard to read through, but be patient and listen. ・・・)(・・・もの凄い暴論です。精読するのがあほらしくなりますが、辛抱して聞いてみましょう。・・・)

真空のエネルギーは、密度が決して小さくはなりません。宇宙の大きさ(体積)が100桁大きくなっても、宇宙の中にある真空のエネルギー密度は変わらず同じ(=ゼロということですね)なので、真空のエネルギー量は体積が100桁増えた分だけ、大きくなるのです。
The energy of a vacuum never decreases in density. Even if the size (volume) of the universe increases by 100 orders of magnitude, the energy density of the vacuum in the universe remains the same (= zero), so the amount of energy in the vacuum increases by 100 orders of magnitude. (Even if you multiply zero by 100 digits, it's zero, both physically, mathematically, and philosophically!) Even if the volume increases by 100 digits, it will remain zero...) ゼロを100桁倍しても、ゼロですよ、物理数学上も哲学上も!体積が100桁増えてもゼロのままですが・・・❓)

このようにして大きくなった真空のエネルギーが、相転移で熱エネルギーに変わることによって、宇宙は火の玉になるのです(?)。こう言うと違和感があるかもしれませんが
The energy of the vacuum, which has grown in this way, is converted into thermal energy by a phase transition, and the universe becomes a fireball (?).It may seem strange to say this (obviously, right?). It's full of discomfort.)当たり前でしょ。違和感だらけですよ

、真空のエネルギーは空間そのものに対しては押し広げる力を持っています(前章で、そんなことありえないと、見破られている論破されている)のですよ。マジシャンどころかペテン師でもそんな暴言は吐きません!400年くらい前、空気をほとんど抜いた鉄容器を馬八頭で両側から引っ張ってようやく、鉄容器が開いた、って事実さえも、佐藤勝彦先生は知らないのですか。呆れ果ててものが言えません。)
The energy of the vacuum has the power to push the space itself (it was discovered (refuted) in the previous chapter that such a thing is impossible. Even a charlatan, let alone a magician, would not rant like that! Don't you even know that about 400 years ago, when eight horses pulled an iron container from both sides with almost all the air removed, the iron container finally opened? I'm so stunned that I can't say anything.

しかし、空間内の物質に対してはマイナスの圧力を持っていて、収縮しようとする力が働きます。
一応、知っておられるんだ。それで・・・?
However, there is a negative pressure on the matter in space, and a force that tries to shrink works. (I know, I know.) So...? It's a special kind of energy that has no other example. (What, it's still special, the energy of the vacuum!) He is arguing that ...)
ほかにちょっと例のない特殊なエネルギーなのです。(・・・なあんだ、まだ、特殊(特別)なんだよ真空のエネルギーは!と主張中なのですね・・・

このことは、真空のエネルギーが有る宇宙を、ゴムのようなものと考えると分かりやすいでしょう。ゴムが引き伸ばされると、ゴムの中の縮もうとするエネルギーが増加しますね。これと同じように(❓)宇宙が引き伸ばされる(膨張する)と、宇宙の中の真空のエネルギーも収縮しようとして増加するのです。つまり、宇宙が膨張すること自体が真空のエネルギーを増加させるのです。
This is easy to understand if you think of the universe, which has the energy of a vacuum, like rubber. When the rubber is stretched, the energy that tries to shrink in the rubber increases. In the same way , when the universe is stretched (expanded), the energy of the vacuum in the universe also increases in an attempt to contract. In other words, the expansion of the universe itself increases the energy of the vacuum.

(・・・なんと、佐藤勝彦先生は、フックの法則万有引力の法則とを同じ収縮(似たような現象だと、
大嘘(うそ)を言ったばかりでなく、
宇宙が引き伸ばされる(膨張する)と、宇宙の中の真空のエネルギーも収縮しようとして増加するんだって言っておられるのでした!
Dr. Katsuhiko Sato not only told a big lie that Hooke's Law and the law of universal gravitation are the same contraction (similar phenomena), but he also said that when the universe is stretched (expanded), the energy of the vacuum in the universe also increases in an attempt to contract! I can't think of a more rant, can't you understand that not only religious people, but also philosophers, mathematicians, and physicists with hearts are in a state of mouthfulness? ・・・)
 これ以上の暴言は、ありえませんね、宗教家ばかりか、哲学者・数学者・心ある物理学者が口あんぐり状態なのが理解できないのでしょうか。・・・
It seems that there is still more to come. If you've read this far, it's time to stick with it.
 まだ、続きがあるようです。
ここまで筆読して来たのなら、とことん付き合いましょう。


例えば、太陽の近くに小さな粒子を置いたと想像してみてください。最初、止まっていた粒子は、やがて重力によってどんどん加速しながら太陽に向かって落ちていくはずですね。
(・・・そんなことは小中学生も知っている万有引力で説明が済んでいますが・・・それで、、?
Imagine, for example, that you place a small particle near the sun. The particles that were stationary at first should eventually fall toward the sun while accelerating more and more due to gravity. (Such a thing has already been explained by the universal gravitational force that elementary and junior high school students know, but so、、?

これを「ポテンシャルエネルギー」という言葉を使って説明しますと、最初の状態の粒子は、止まっているだけなので何もしていないように見えますが、実はポテンシャルエネルギーの量はこの時が最大です。
(・・・知ってますよ、そんなことは。逆さ富士のような形で説明されています。最大ですが、その位置をゼロの基準として、競輪場のごときポテンシャル重力図が、Wikipediaにも、掲載されています。最大ですが=ゼロです、測定の基準値です。)
To explain this using the term "potential energy", the particle in the first state seems to be doing nothing because it is just stationary, but in fact, the amount of potential energy is at its maximum at this time. (I know, I don't think so.) It is described in the form of an upside-down Fuji. Although it is the largest, there is a potential gravity diagram like a velodrome with its position as a reference of zero, which is also posted on Wikipedia. The maximum is = zero, which is the reference value for measurement.

ところが、落下して太陽との距離が縮まるに連れて、ドンドン粒子のポテンシャルエネルギーは小さくなっていき、代わりに、もともとの状態ではゼロだった粒子の運動エネルギーが、太陽に向かって落下するうちに加速して、どんどん増加していくわけです。However, as the particle falls and the distance between it and the sun decreases, the potential energy of the particle decreases, and instead, the kinetic energy of the particle, which was zero in its original state, accelerates and increases as it falls toward the sun.

これは一見、何もないところから運動エネルギーが生まれたようにも思えますが、実は粒子が太陽に引っ張られるエネルギー、つまり粒子のポテンシャルエネルギーが、運動エネルギーに転換されたのです。At first glance, it may seem that kinetic energy was born out of nothing, but in fact, the energy of particles being pulled by the sun, that is, the potential energy of particles, was converted into kinetic energy.

インフレーションによって宇宙空間が急激な膨張をしているときも、これと同様(❓)です。膨張とは、ポテンシャルエネルギーで見れば、落下しているのと同じ状態なのです。The same is true when space is expanding rapidly due to inflation (). Expansion is the same as falling in terms of potential energy. (Hey, it's okay, Dr . Katsuhiko Sato doesn't even seem to understand the logic of potential energy (upside-down Fuji). If they were to write this argument in some university entrance exam, they would immediately get zero points.)(おいおい、大丈夫か❓佐藤勝彦先生は、ポテンシャルエネルギーの理屈(逆さ富士)さえも理解されていないらしいぞ。もしどこかの大学入試で、この主張を書いたら即、ゼロ点桜散るだな)。

最初に生まれたときは、宇宙空間のポテンシャルエネルギーは最大(ゼロです。基準値としてのゼロ)です。
ところが、落下するように膨張することでポテンシャルエネルギーは小さくなり、代わりに、まるで「無」から生まれたように真空のエネルギーがどんどん大きくなります。その真空のエネルギーが、相転移のときに潜熱となって熱エネルギーに変わり(❓)宇宙は火の玉になるわけです。
When you are first born, the potential energy in outer space is maximum (= zero. zero as a baseline). However, as it expands as if it were falling, the potential energy decreases, and instead, the energy of the vacuum becomes larger and larger, as if it were born from nothing. The energy of the vacuum becomes latent heat during the phase transition and turns into thermal energy ( and the universe becomes a fireball).
これが、エネルギーの動きから見たインフレーション理論です。ですから、本当に、ほとんど無のような状態からエネルギーをつくっているというメカニズムになっているわけです。
 ・・・ ・・・
 いかがです、皆さま。これ以上の詭弁(きべん)中学高校生や一般大衆を馬鹿にした)お話しは 百害あって一利なし、ですね、こんな屁理屈のペテンに引っかかっているのですか、世界中の物理学が御専門の先生方々!!
What do you think, ladies and gentlemen? No more sophistry (ridiculing junior high school students and the general public) is a hundred harms and no benefits, are you caught in such a fart logic scam, professors who specialize in physics all over the world! Did the universe begin with "nothingness"? The birth of the "fruitless" universe - I will omit this chapter as well.
宇宙は「無」から始まったのか
      ・・・筆読は省略します。
「果のない」宇宙誕生
      ・・・筆読は省略します。

 今日は5月12日(日曜日)でした。NHKの大河ドラマ「光る君へ」が夜の8時からありました。見ると、
登場人物が皆、毛筆に墨を付けて、手紙や日記を書いていました。
まさに、筆読
 Writing reading 精読を毎日、実行しておられました。
Today was Sunday, May 12th. NHK's taiga drama "To the Radiant Prince" was held at 8 o'clock at night. When I looked, I saw that all the characters were writing letters and diaries with ink on their brushes.Indeed, he was practicing writing reading every day.

印刷技術が発達して来て、出版物が出回るようになるのはつい最近です。明治維新前後でも、人々は毛筆を使って文献を筆読してました。
そして現在、インターネットの時代になり、出版社自体が新聞社を含めて斜陽産業化しつつあります。
It is only recently that printing technology has developed and publications have become available. Even before and after the Meiji Restoration, people used brushes to read literature. And now, in the age of the Internet, publishers themselves, including newspapers, are becoming a slanting industry.

Googleを筆頭に、文献検索は神の域にまで達していて、私がブログを書いて投稿直後には、世界中で自動翻訳されています。同時に皆さんが日々、電話したり検索したりした情報は全て、世界中に十数台あるスパコンの学習資料となっているのでした。
その時代にあって、有難い事だと前向きにとらえ、平和に向かって、日々努力していきたいなと思っています。
  2024/ 5/12  大山宏
Literature searches, led by Google, have reached the level of gods, and as soon as I wrote a blog and posted it, it was automatically translated all over the world. At the same time, all the information that Mr./Ms. called and searched every day became learning materials for more than a dozen supercomputers around the world.  In that era, I would like to take a positive view of it as a blessing and strive for peace every day.  2024/ 5/12 Hiroshi Oyama

| |

« 【3】「インフレーション宇宙論」を筆読( Writing reading )してみて、佐藤勝彦&諸氏は『物理学や哲学の普遍性の大原則さえも否定しておられる』のだ!と知りました!フックの法則で宇宙の膨張を語られる(同類のこととして語られる)とは困った人達ですね。学会から罷免されないのが不思議です! | トップページ | 選管の皆様へ。チャットGPTさんと会話をしました。市長選か市議選で試しに「信任投票」を実行してみませんか。投票率が一気に70%以上に改善されますよ! »

f 亡霊の正体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【3】「インフレーション宇宙論」を筆読( Writing reading )してみて、佐藤勝彦&諸氏は『物理学や哲学の普遍性の大原則さえも否定しておられる』のだ!と知りました!フックの法則で宇宙の膨張を語られる(同類のこととして語られる)とは困った人達ですね。学会から罷免されないのが不思議です! | トップページ | 選管の皆様へ。チャットGPTさんと会話をしました。市長選か市議選で試しに「信任投票」を実行してみませんか。投票率が一気に70%以上に改善されますよ! »