趣味

2012年7月26日 (木)

満ち潮と引き潮とを覚える。もやい結びは眼をつむってでも結べ

 瀬戸内海で舟を操る原則は、満ち潮と引き潮での潮の流れをまず覚えること!
原則満ち潮は下関側から大阪方向に向かって流れ、引き潮はその逆の流れだ。

 但し例外は二つと覚える。一つ目の例外は、入り江になっている場所の多くは反流となっている事。
沖合は原則通りの流れでも湾内の沿岸部は逆の流れ(反流)となっていることが多い。ですから、流れに逆らって沿岸付近を舟で進むより、思い切って沖合に漕ぎだしてから潮の流れに沿って(潮に乗って)進む方が遥かに楽に目的地に着きます。

 初めの内は、沖合に大きく漕ぎ出すには恐怖の方が先に立ち、中々勇気が要りますが、逆流で苦労すると、『納得!これは楽で気持ち良い!』と分かります。

 瀬戸内海には島が大変多いですが、島の廻りは潮の流れが複雑です。野球ボールの後ろに渦流れが出来ますがそれと似たような流れはあるものと心得、それを上手く使うのです。

 瀬戸内海には橋も多く掛っています。その橋は海峡に掛っているのですから潮の流れは激しいと心得る。
それまで満ち潮流れであったものが、満潮を境に急に逆潮に変化して、岬や岩場を越えられないという事態にはショッチュウ出くわします。その時には時間にゆとりがあれば「潮待ち」するのが良い。

 とにかく、穏やかだった海に急にザワザワして来たら、潮の流れが逆になる兆向として要注意!
 沖合にも常に気を付けておく習慣はすぐ身に着きます、一度痛い目に会うとね。

 漁師さんは、満潮干潮時刻を常に把握して漁に出られていますし、天気の事風の事など毎日良く把握して船を運航されておられます。
最後に、今日の満潮時刻が12時だったとしたら、次の日の満潮時刻は約50分遅れるのは常識ですし、満潮は日に2回、干潮も日に2回あるぐらいは常識として知っておくべきでしょうね。

 くれぐれも、海上保安庁のお世話になることのないようにしましょうね。
付近に居られたモーターボートの助けを借りるようでは、櫓を漕ぐ船の男意気が泣きますよ!

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

櫓を漕ぐ舟のコツ(ノウハウ)

 まずはギッちらギッちらの櫓の漕ぎ方ですが、初めは短く持って漕ぐのがいいようです。その方が真っ直ぐ進み易い。慣れて来ると段々と長く持って試してみるとよい。
急流(逆潮)に会ってどうしてもその岩場を越えなければならない場合には、短く持ち換えて一生懸命漕ぎまくるのです。短く持つと方向のコントロールがたやすいし、常に舟に推進力を与え続けることが出来ます。

 これを長く持って岩場の逆流を進めようとしたら、大変です。方向は定まらないし、ちょっとした力の具合で岩にぶつかりそうになるし、支え金具から櫓が外れて大変な事態になりそう。
 自転車なら止まればそれまでで、別にバックさせられる事は無いのだけれど、舟では止まったら最後、逆潮に押し流されてあっという間に沖合にまで流される事態になります。それはもう必死ですよ!

 櫓を長く持ってゆっくり漕ぐのは潮の流れに乗って漕ぐ場合です。この場合の漕ぎ方は押しは櫓の角度だけ気を付けつつほとんど力を加えないで押し上げ、引きは体重を乗せつつ引き寄せるのです。その時体重を乗せて弾き寄せている間も舟がほぼ真直ぐに前進するように微妙に力加減を調整すると良い。

 まあ何とか、上手くなるもんで、昔の人はそれは良く研究して、櫓の構造を考えたものだと、感心しますよ!

| | コメント (0)

2012年7月24日 (火)

櫓漕ぎボート(舟)は面白い!

 この1週間の間、親しくなった海辺の方から「櫓漕ぎ舟」を借りることが出来、毎日数時間づつ櫓を漕ぐ練習をしました。大変面白い!初めは舟が進まない!その内進み出すが、右か左にどうしても曲がって行く。
 ともするとすぐに、櫓が支え金具から外れてしまい、てんてこ舞いになる。それでも1日立つと、何とか真直ぐに進むようになる。

習うより慣れろとやっている内に、何とかなるもので、段々欲が出て来てついつい冒険癖が頭をもたげて来て、ついつい遠出をしてしまう。
『あの島まで行ってやろう、ぐるっと廻ってきてやろう』とか、『あの岬の向こうに見える因島大橋の下まで行って見てやろう』とかついついね。

で、帰りに逆潮にあったり、向かい風に傷めつけられたりと、酷い目に合う!しかしそれでも楽しいよ。漕ぎ方にも色々コツがあるようです。陸上での車に例えれば、自転車みたいなものですね。
漁師さんの漁船も含めて最近はほとんど櫓で漕ぐ舟は見当たらなくなって、モーターボートばかり目立ちます。でも、スピードばかりを楽しんでもすぐ飽きてしまいそうな気もしますが、持てないヒガミかな?

 言っておきますけど、私は船舶二種の免許は持ってますよ、念のため(無いのはお金だけ)。ちなみに二種免許を取るには13万円掛ります。近い内に小さなエンジンは欲しいな、非常用に!
 そうそう、燃費ですが、自動車とモーターボートではどちらが燃費良いか知ってますか? 自動車の方が燃費は数段良いようです。自転車と櫓漕ぎ舟とでは自転車の方が距離は稼げるようです。でも、舟でチンタラチンタラは最高ですよ!

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

ゲームの理論で解く「婚活ゲーム」 : Nozze社が勝ち続ける!?

 ゲームの理論 というのがあるのをご存知ですか?
これを一般の人に説明するのはかなり難しい。しかし、
そこを何とかして見せるのが、大山宏の腕の見せ所です。

 題材は「(お馴染みの)婚活」! これなら数学に興味ない人でも、読んでみる気になるでしょう?
  それでは始めますよ。

 日本には今、婚活大手4社があり、切磋琢磨で大収益を上げるべく競い合っているのは御存じの通りです。それを A社、B社、C社、N社 の4つとします。

 婚活参加費用は、4社とも、18万~36万円/人です。(嘘だと思ったら試しに聞いて御覧なさい。インターネットで調べても分かりますョ。)

 男性と女性とで、参加料金に差があるのでしょうか?
実際にあるのです。
考えてもみなさい、合コンで例を取ってみてもあきらかですね。女性の方が安く設定されている現実があります。
合コンの場合、大体、男性4000円なら、女性はその半分の2000円設定ですね。

 差を付ける理由は二つです。

1)、女性の酒豪はほとんどおらず、男性が酒のほとんどを飲むから( 最近この理由は崩れつつある、?)

2)、女性は『 そんな欲丸出しのハシタナイ会には参加したくない。』と、参加してこない傾向がある( 昔は有ったのです、この傾向が!)

 男性としては、多くの魅力ある女性が集まって来ない合コンには参加してもつまらないので、合コン幹事に、
 「女性を安くしてでも、集めろ!」 とシツコク要求する。
その結果、
 「女性参加費用は、男性の半分だ」となるのです。

 婚活にもそれが影響して、A社、B社、C社の3社は、
 男性入会費用は【36万円程度】に、
 女性入会費用は【20万円程度】に設定しておられます。

ところが、N社は特別な料金体系なのです。
男・女とも、入会費用は【20万円+α】なのです!
 このゲーム、どの社が勝つと思います?

そうなのです、
N社が業界一の栄冠に輝くのです!(実際に実績がそうなっているから、文句の付けようがないでしょ!)

『その理由は何か?』 当然の質問です。

 考えてもみなさい、合コンとは条件が違うのです。婚活会社は「酒」を出す訳ではない(交際が始まれば、会食費用から何から男性持ちになるだけで、それは婚活会社の収益には無関係ですね。)

2)の理由が根拠を失う訳は少々複雑ですが、説明しましょう。

 日本であっても他の国であっても、男女の比率はほぼ、5:5です。
女性入会希望者に男性の料金を知らしめる必要はサラサラありませんから、A社、B社、C社微々たる違いで、『我が社の方が安いですよ』と、ドングリの背較べ をしています。

女性は(一般的に言って)計算高いですから、
「男性と女性比率はどうなってますか?」という質問を発して、
「男:女=4:6です」との答えを聞くと、
 即座に、
『なんだ、男が少ないのか。それじゃ、申し込んで来る男が少ないんだな。少々の金額差なんて意味が無い!』と、すぐ看破ってしまう。

そこにN社が、「当社の比率は、男:女=6:4です。男性の方が多いのです」と、さりげなく説明すると、女性はN社に飛びつくのです。
その結果、N社には女性の参加希望者が殺到し、ゴールインするカップルが急増するという訳です。

男性入会希望者に対しては、N社は当然、
「他社の半分の料金ですよ」とささやきます。
そして「カップル成立率が当社は業界ナンバー1です!」 と胸を張って説明します。
 男性入会希望者も、N社に殺到 することになります。

 N社には相当に頭の良い人(頭脳明晰な人)がいたのですね。

さて、ここからが問題です。
《 今後は料金体系はどうなるのでしょうか?》

この予測が、「ゲームの理論」で出来るのです。
            どうなると思いますか?

答えは簡単です。A社、B社、C社の3社は、戦略の間違いに遅れ馳せながら気が付き、N社に横並びの形で、男女同額の料金体系を敷くことになるのです。

でも、「時すでに遅し!」
 N社には実績No1が厳然とありますから、N社に男性も女性も、殺到し続けるのです。

 これが、ゲームの理論 なのです!
  分かりましたか?

続きを読む "ゲームの理論で解く「婚活ゲーム」 : Nozze社が勝ち続ける!?"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式「音声意図学」:フランス語・ドイツ語・英語・中国語・日本語・アラビア語・古語 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-2 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・ | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学 | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽