Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」

2009年5月27日 (水)

第20話、”光源の見かけの面積と指向特性の関係”a story about "the relationship between the apparent light area and directional characteristics".

It is shape the directional characteristics of the area of this apparent. "Apple shape", another feature that θ = 20-please remember that COS (θ) curve was a little roughly 30 ° orientation, such that. (Remember the Pythagorean theorem is felt questioned. It is looked at from an angle cylinder length is "longer" than the height of the cylinder. )
 まずは、白熱電球・シールドビーム・ハロゲン電球に共通して使用される『フィラメント光源』に関して、「指向特性がどのように形成されるか」に関して説明しましょう。
お手元に電球があれば、ちょっと虫眼鏡で拡大して見て頂けるとすぐ分かる事ですが、フィラメント光源は、弦巻バネ(つるまきばね)のように"コイル状の形"をしています。全体としては、円柱形状をしていますので、軸方向から見た"みかけの面積"が小さくて、「リンゴのように北極・南極の方向がくぼんだ指向特性」が得られるのです。
Your bulbs, there little with a magnifying glass expanded look at us and you can tell it is a filament light source, ‘Tsuru- maki’ to spring (hung reeling spring) "coiled shapes". It is seen from the direction as a whole, has a cylindrical form, so "apparent size" small, "in the Apple direction of Arctic and Antarctic sunken directivity'.

続きを読む "第20話、”光源の見かけの面積と指向特性の関係”a story about "the relationship between the apparent light area and directional characteristics"."

| | コメント (0)

2009年5月23日 (土)

第19話、”デザイナーが目指す絵・弁理士さんが喜ばれる絵”Picture designer's vision. A picture that pleases Attorney's.

 あるデザイナーの方から教えて頂いたことです。「・・、丸いランプの絵を正確に(真円に)描いても、丸くは見えないのです。車のデザインの中では、少し釣り目に描いて初めて、丸く見えるのです。」
 もっともなお話で、今でも記憶に残っています。あえて理屈を付け加えると、「人間には、目の錯覚というものがあり、デザイナーさんは、その錯覚さえもうまく取り込み、融合した絵を理想としておられるらしい。」と感じたのです。
 特許庁の方が好まれるというのもあります。それは、『構成部品が全て一枚の絵に収まっており、少し歪んでいたとしても、全てが書き表されている絵(ある特許事務所の方)』なのだそうです。
It is from a designer who capped it. "-The invisible drawing accurately round lamp on the (circular) or round. It is visible for the first time round, in the design of the car, a little drawn to fishing. "However the story, still remains in memory. And dare to add "human, there is an optical illusion designer and I, well take the illusion even included the fusion design ideals and with that seems to be. "And it is felt. There pictures are preferable to patent. It is in "components and fits all picture was slightly distorted, but all are represented writing picture (one of the Patent Office), it seems.
 特許の世界は、絵画でいう"ディフォルメ(誇張)"が珍重される世界!という気がします。

続きを読む "第19話、”デザイナーが目指す絵・弁理士さんが喜ばれる絵”Picture designer's vision. A picture that pleases Attorney's."

| | コメント (0)

第18話、”ホイヘンスの原理”光の粒子説・波動説。Here I talk about theory of wave-particle theory of light, and "Huygen's principle" that will.

 Distribution of luminous intensity, light to capture particles and (assumed) organised, 1 reflex system, pretty much accuracy good behavior can be expressed. 1 times reflection Huygens (Netherlands of the 17th-century physicist) standing in the standpoint of the wave theory, are well explained. "Out their secondary waves, centered on all the points on the wave of fronts: these 2 next wave" envelope surface "as obtained." hat is in principle, describing the phenomena of reflection (refractive index).
 私がこの歳になるまでの20年間、悩み続けている事があります。それは、『 2回反射方式のヘッドランプシステムでは、計算予測値以上に"光利用率(光活用率)"が落ちるらしい。』という事実についてです。
その原因の一つには、「アンダーコート溜まり(*1)による反射面のゆがみ」というものがありますが、こればかりではないらしいのです。大げさに言うと、光の粒子性・波動性の相克に起因する問題らしいのです。
  今日はその事に関して少し話してみます。
 配光シミュレーションは、光を粒子と捕えて(仮定して)成り立っており、一回反射システムでは、かなり精度良くその振る舞いを表現できます。この一回反射現象を、ホイヘンス17世紀のオランダの物理学者)は、波動説の立場に立って、うまく説明しています。
ひとつの波面上の全ての点が中心となってそれぞれ二次波を出し、次の波面は、これら二次波の”包絡面”として得られる。」という原理でもって、反射(屈折)の現象を説明したのです。

続きを読む "第18話、”ホイヘンスの原理”光の粒子説・波動説。Here I talk about theory of wave-particle theory of light, and "Huygen's principle" that will."

| | コメント (0)

第17話、”楕円の形と大きさ(F値)”It is a story about "an elliptical shape and size (F-number)".

 That the earth rotates around the Sun, in its primary focus the Sun. It is called "perihelion" "Aphelion" the closest thing to the farthest distance between Earth and the Sun at (an elliptical orbit) that is in distance of the Sun from the "perihelion" the perihelion distance, comprehensible to our designers to evaluate the size of the ellipse is. It is the number it's called "F" value as the local jargon. Ago we talk about that special 1 form of the elliptic paraboloid is. Apparently F value = focus (FOCUS) way if you remember this, and convincing?
 以前にお話した”画鋲2ヶの周りに描いた楕円(第13話)”を、思い出して下さい。 その絵を変化させてみましょう、 あなたの絵では、画鋲の間隔は、どの程度にしていましたか? 7cm? 9cm? この寸法の事を、"焦点間距離"と呼びます。
 この焦点間距離を、少し短くして(画鋲の間隔を狭くして)、もう一度、楕円を描き直してみて下さい。 どのように図形は変わりましたか? 少し大きくて、丸みを持った楕円に変わったでしょう?
 もっともっと画鋲間隔を詰めて(一方の画鋲にくっ付く位までに、もう一方の画鋲を近付けて押し立て直し)、再度楕円を描いてみて下さい。 ほとんど"円"に近い楕円が出来ました。 この程度の楕円軌道で、地球は太陽のまわりを回っているのです。 『 2本の画鋲を全く一致させて立てたなら(:画鋲1個にしたなら)、焦点間距離=[ ゼロ ]で、完全な円です!』

続きを読む "第17話、”楕円の形と大きさ(F値)”It is a story about "an elliptical shape and size (F-number)"."

| | コメント (0)

第16話、”疑似光源は、焦点近傍に配置する!”"Simulated light source is placed near a focal point!" about the story.

 Elliptical reflectors are used headlamp in what case? It is mainly simulated light source image [= specular image, is being used to "produce a light source other than the original location if". Reflective surface of this elliptical, even rules that put a light near the focus, remains. Today's talking points, "even ellipsoid, parabolic in terms including picture "false light", "light" is what should be placed in the focal point. "That is the point. Especially about the simulated light source (can't see the actual limitations), this thing came close, forget (neglect) they tend to be.
 ヘッドランプ
などの灯具の中には必ずと言っていいほど、”楕円という反射面”(短くして"楕円面"とか、単に"楕円"とか呼ばれます)や、”放物という反射面”が、用いられています。 何故、そのような反射面が用いられるのか、原点に立ち返って考えてみましょう。 
 エジソンが白熱電球を発明した時、その電球は部屋の中央付近にセットされ、人々はそれを見つめておられた様子でした。 見ても目が痛くない位に"暗いランプ"でした。それでも人々は” 明るい。明るい!”と驚嘆しつつ、その発明を喜んだのでした。(子供向けの本では、そのような挿絵で紹介されています。)
 現代のハロゲン電球とかHID電球を、その当時に持ち込んで点灯したとしたら、人々は(エジソン電球の時と同様に)その電球を見つめることが出来たでしょうか? まぶし過ぎて(目が眩んで)、とても賞賛どころではなかったと思います。
 室内照明という照明改善には、大きくの方向がありました。
(1)、光源の見かけの大きさを適度に大きくして、見ても眩しくないようにする。(例えば、一般家庭用の白熱電球にフロストがかかっており、ガラス球全体が、光って見える。)
(2)、光源を何かで隠して、室内に居る人の眼に直接光線が飛び込まないように工夫する。

続きを読む "第16話、”疑似光源は、焦点近傍に配置する!”"Simulated light source is placed near a focal point!" about the story."

| | コメント (0)

第15話:”放物面の面白さ”についてのお話です。"Parabolic surface interest" about the story.

All of the paraboloid is similar! "Release of some salt plates are long and slender in terms of a flat. They are everyone's leaning on! ' Might have seemed, in fact, all similar is. It is the biggest features this is different from the 'oval'. People who think lying is parabolic focal length: F = 5, F = 25 parabolas and put the parabola of the F = 5 Please look at expanding five times. Finds the perfect match.
 楕円の特殊な一形態である放物面には、色々と、面白い性質があります。 今日はその幾つかを紹介することを通して、放物面の理解を深めて頂きましょう。
まず、言葉の意味ですが、放り投げられた物が描く奇跡、という意味で、”放物”という名前が付けられたのはご存知でしたか? 語源はともかくとして、実際には、空気抵抗があるので、放り投げられた物は、幾何学で定義された如くには軌跡をたどらず、最後には、一定スピードで地球の重力方向に引き寄せられていくのです。
 野球で、外野深くに飛んだ打球が、伸びきれずに”ストン”と落ちるのは、現実と、数学上の定義との差を如実に示している好例です。 しかし、光学の世界では、”放物”という言葉の定義と、現実との差はほとんど無く、実質同じと扱っていいようです(同じとして扱いましょう)。
(1)、世の中に存在する全ての放物は相似形!
『 そんな馬鹿な。 細長いものもあるし、お皿のように扁平なものもある。 それらが、皆、相似形だなんて!』と、思われたかも知れませんが、実は、全て相似形 なのです。 ( これが、"楕円"とは異なる、最大の特徴点なのです。)
 嘘だと思う人は、焦点距離:F=5の放物線と、F=25の放物線とを描いて置いて、F=5の放物線を、5倍に拡大して見て下さい。 ぴったりと一致するのが分かります。

続きを読む "第15話:”放物面の面白さ”についてのお話です。"Parabolic surface interest" about the story."

| | コメント (1)

第14話、”難題から光明を見出す法”(KJ法の紹介)Introduction to ‘Find the light from the challenge of "KJ method.”’

「一人KJ法」のポイントは、100枚のラベルを書くことです。関連のありそうな事実らしき事を100枚書き出してみるのです。 20枚くらいなら誰でもすぐに書けますが、100枚は大変です。 最後は、絞り出すようにして紙面上に表してみるのです。 その後、同じ事象を表している(意味している)もの同士を、"想念"によって集合/分類しつつ、それらの関連性を検討していくのです。
"One KJ method" of points is write a 100 sheets of labels. It is and has a related thing, try exporting your event 100. 20 as anyone can write to 100 copies is difficult. It is to squeeze out the last, expressed on paper. Ones (mean) represent the same event and then getting together by the "thoughts" and classification and will consider the relationship between them is.
 昔、誰かから、『 アフリカのホッテントットとかいう人達の頭の中には、数が、1つ、2つ、3つ、しか無くて、3つ以上は、沢山(たくさん)、沢山で済ますのだそうだ。』 と聞いたことがあります。( 事実かどうかは知りません。もしそうでなかったなら、ホッテントットさんゴメンナサイ。)
 現代人の我々も似たようなもので、数こそ10億でも38兆でも、数えられますが、複雑に絡み合う問題では、たとえ2つであっても、『 あちらを立てればこちらが立たず。』 と、苦労します。 まして、3つ以上が絡む問題では、日常生活においても、頭を抱え込んでしまうことが多々あります。
 このような時私は、紙に書き出し・並べ直して見るという方法で、切り抜けることにしています。 今日は、その難題解決法(KJ法)について、御紹介しましょう。 私がこの”KJ法”を知ったのは30年以上前でした。 3日間の泊まり込み研修会で教わったのです。
 その方法とは、『 5~6名を1グループとして、各自に20枚の紙片を配り、設定テーマ(悩み)に関して 事実らしき事象 を書いてもらって、それをグループ内で"想念"でもって整理していく。』 というものでした。
 これを、第1日目、第2日目(2回)、第3日目と、合計4回重ねるのですが、研修会の終わり頃には、参加者全員の顔が光り輝き、難題解決方向に一丸となって動き出せる状態になっていたのでした。
 以降私は会社内において、研究テーマは勿論、対人関係、整理整頓などのクリーンUPグループ活動において、難問に遭遇した時には、このKJ法で解決方向を探り出し、切り抜けてきました。 数名で実行した事も何度かありましたが、多くの場合は、自分一人で、『 一人KJ法 』 を行ってきたのです。
 そのやり方の”ノウハウ”をお教えしましょう。
「一人KJ法」のポイントは、100枚のラベルを書くことです。 関連のありそうな事実らしき事を、100枚書き出してみるのです。 20枚位なら誰でもすぐに書けますが、100枚は大変です。 最後は、絞り出すようにして紙面上に表してみるのです。 その後、同じ事象を表している(意味している)もの同士を、"想念"によってくっ付け合い・分類しつつ、それらの関連性を検討していくのです。
 数時間かかりますので、やり始めるまではちょっと躊躇するのですが、終わった時には毎回、「やって良かった」という満足感で満たされ、創始者である文化人類学者の川喜田二郎先生に対して、感謝の気持ちで一杯になるのです。
"だまされた"と思って、"だめで元々"と思って、トライして見て下さい、悩みの淵に貴方が立たされて居る時には、、。
-------------------------------------------
PS、(1)、数学的に見た100枚の意味は、『 書き出しミスの1枚が存在する確率を、1%以下にする。』 という事です。 (2)、心理的に見た100枚の意味は、『 最初の20枚には、無意識の内に避けている重要事項も、100枚を無理矢理書き出す内に、自然の内に絞り出されて来る。』 という事 らしいです。

| | コメント (0)

第13話、”楕円という反射面”"ellipse reflector". Hiro. Oyama

Seems to be being taken in elementary school the following ways as a way to experience the curve of ellipse (surface). We also returned to the innocence and experience. (Strictly, is a brain teaser. Kook is if you actually do in front of people, to lose a friend. If you still do want to in your own home give quietly and alone. )
楕円という曲線(曲面)を体験する方法として、小学校では以下のような方法が取られているらしいです。 我々も童心に返って、体験してみましょう。

 あくまで、頭の体操です。実際に人前でやったら変人扱いされて、友達を失うでしょう。 それでもやってみたければ、自分の家で一人こっそりと、やって下さい。)
① 毛糸でも、服の修理用の木綿糸でも結構ですが、糸を25cm位の長さに切り取り、輪を作ります。
② 画用紙に、画鋲(2ヶ)を適当な間隔をあけて、紙の上に押し立てます。
③ その画鋲(2ヶ)に、輪を引っ掛けて、鉛筆の芯の先で、その輪を"ピン"と張りながら 鉛筆を回して(動かして)行くのです。
 そこに描かれて出来る曲線が、”楕円”という曲線です。 2ヶの画鋲の位置が”焦点”です。楕円には、第一焦点と第二焦点があるのですが、画鋲がその位置を示しています。
一方の画鋲を取り払って、そこに豆電球を置き、鉛筆の芯で描き出した曲線に沿って、アルミホイール(銀紙)を立てると、豆電球の光は、”楕円面”で反射された後、もう一方の画鋲の所に集まってくるのが分かります。
この現象のことを”集光”と呼びます。そこに出来る光像が、反射光像です。
(1) ring to create a yarn is fine in clothes for the repair of cotton yarn, yarn cut to 25 cm in length. (2) paper, thumbtack (2 months) after an appropriate interval, press onto the paper.  (3) where the pencil lead, hooked ring that thumbtack (2 months), the circle 'PIN' and (move), rotate the pencil lined with go. Curves can be drawn there is a curve of the 'oval'. Pushpin two position is a "focal point". In secondary focus, with a primary focus on the ellipse is thumbtack shows its position. You know flock to the other tacks, then curve get rid of Pushpins on the other hand, put the bulb in there, provided the starkest illustration of pencil, alloy wheels (foil), and the light bulb is reflected "ellipsoid".
This phenomenon is known as the "focusing". Image can be there is a reflected image.

続きを読む "第13話、”楕円という反射面”"ellipse reflector". Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

第12話、”2軸楕円”-そのイメージ説明。"2-axis elliptical", describing the image;"自由曲面" (freeform surface)

 今日は、最近頻繁に耳にされている(と想像される)“自由曲面”(フリーフォームサーフェス)に関してお話します。10年以上前から色々な方がトライされ、様々な“自由曲面”が存在し、実際のヘッドランプ設計業務にも生かされて来ています。
CATIA
V5導入以降、私の色々と試行錯誤した結果、以下に述べるような、広義の意味の”2軸楕円”が、使いやすいと思いましたので、紹介させていただきます。ちょっと複雑ですが、お付き合いをお願いします。 先に、例を示しましょう。
Today, recent often being heard (and imagined) talk about "free surfaces" (freeform surface) will. And try various people from more than 10 years ago, exists in various "free surface" is coming is present in the actual headlamp design business. I thought broadly defined since the introduction of the CATIA-V5, my variety trial results, described below, such as "2-axis elliptical" is easy to use, so let me introduce. Is a little complex, but thank you for hanging out with. First, here is an example.
2(イメージはこんなものですが) 縦断面にも横断面にも楕円曲線”が現れる複合楕円面のことを広義の意味で2軸楕円”と呼んでいます。色んな種類があります。
(1)
、{凸レンズ}のプロジェクターシステムで用いられる反射面
(2)
、{凹レンズ}システムで用いられる反射面
(3)
、{1回反射}で"拡散光帯"を作り出す反射面
(4)
、{ファントム(2回反射式システム)}での反射光像の形を整える反射面 などです。

続きを読む "第12話、”2軸楕円”-そのイメージ説明。"2-axis elliptical", describing the image;"自由曲面" (freeform surface) "

| | コメント (0)

2009年5月22日 (金)

第11話、”反射率・透過率・吸収率・全反射。a story about "reflectance, transmittance, absorption rate and total internal reflection."

First, let's review the "amount" of the reflected luminous flux for the reflection of the normal.
 まず、普通の反射に関して、反射光束の
""に関して説明しましょう。 プラスチックの板が手元にありましたら、取り出してみて下さい。無ければガラス板でもなんでも良いのですが、兎に角、ざらつきの少ない板 なら、何でも結構です。その板は、鏡を見る如くに正面から見ても、自分の顔も周囲の景色も、ほとんど映りません。 しかし斜めにして(極浅い角度で)見ると、「周囲の景色や、他の人の顔が、映って見える」 のが確認できます。
(1)
表面反射  この事は、通常の反射(表面反射)では、直角に入射した場合に較べ、『 斜めに入射した光は、反射率が高くなる  事を、示しています。 入射角度が大きくなるほど、この傾向は顕著で、鏡の反射率に近づいて来るので、映って見える のです。 これが通常の反射(表面反射)です。
(2)
内面反射  これに対して、透明な物質には、もう一つ"内面反射"というものが存在し、ちょっと趣き(傾向)が変わっています。 『 斜めに入射した光は、反射率が高くなる傾向 は同じなのですが、ある角度を越えて光が入射した場合には、その全ての光(光束量)が反射するのです。 この現象が"全反射"です。
(3)
全反射と臨界角  全反射は、スネルの法則( Sinθ2/Sinθ1 =   屈折率 )でもって、その臨界角が計算できます。・・・
Plastic plate you have on hand, try out. Not even glass is fine for anything, but anyway, less textured plate if anything is fine. The Board is like a mirror to is viewed from the front of your face around does little. But can be found at an angle, look at the (very shallow angle) and "face of the surrounding landscape and is reflected in the visible. (1) reflection this incident perpendicular to the normal reflections (reflection), compared to when the "light incident at an angle the reflection rate increases", shows. Large incident angle, are reflected in this trend is notable, comes closer to the reflectivity of the mirror, so the visible. Is this the usual reflection (reflection). (2) internal reflection, and there is "internal reflection" another transparent material, and little has changed (the trend) is.  "That same high reflectance of light incident at an angle that is, if the incident light angle across to reflect all the light (luminous flux). This phenomenon is the "total internal reflection". (3) Total internal reflection and critical angle of total reflection is the Snell's law (2 Sin θ and Sin θ 1 = n; refractive index) in the critical angle can be calculated. ...

続きを読む "第11話、”反射率・透過率・吸収率・全反射。a story about "reflectance, transmittance, absorption rate and total internal reflection.""

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽