T 地図(地形・場所)当て遊び

2015年9月17日 (木)

あなたの地図帳で分かる天体Mの侵入方向と、各プレート移動速度との対応

 昨日と一昨日、インドネシア沖で起こった天体Mの重衝突事件について、侵入方向が「北北東」に向かっている という図を示しました。
ヒマラヤ褶曲山脈系についても、侵入方向は、どう見ても「北北東」に見えます。
一方、ノアの箱舟異変の時の天体M侵入方向は、「西」向きです(高橋実説)。
 今日は、
地図帳に爪痕として残っている天体M侵入方向を、整理してみましょう。
 分かりやすい事件から列挙してみましょうね。
 ノア異変 : 西向きで侵入。
太平洋異変: 西北西向きで侵入。
ヒマラヤ異変: 北北東向きで侵入。
アンデス異変: 東北東向きで侵入。
北アメリカ異変: 北東向きで侵入。
ジャワ異変 : 北北東向きで侵入。
大西洋異変 : 向きで侵入。
シベリヤ異変: 向きで侵入。
アリューシャン列島異変: 向きで侵入。
モンゴル異変: 向きで侵入。
オーストラリア東岸異変: 西向きで侵入。
ペルシャ湾異変: 北東向きで侵入。
マリアナ海溝異変: 北西向きで侵入。

 地形上で目立つ所は、以上ですが、どういう訳か、南向きで侵入がありませんね。東西方向と北向きばかりです。〔 あえて南向きを、地図帳や地球儀などで探せば、カリブ海異変【南西向きの侵入】が上げられそうですが、南向き侵入が皆無なのはちょっと不思議です。〕
そこで、
例の「世界のプレート移動速度図」をもう一度見てみましょう。Photo_2
実に見事!南向きに移動している場所はほとんど無いですね。
わずかに南極近くに超低速度の矢印が一ヶ所(右下隅に)あるだけです。
 これらから解かる事。
〔Ⅰ〕、天体M侵入方向と、現在の各プレート移動方向とは見事に対応している。
〔Ⅱ〕、天体Mは実際にあって、地球地殻を20億年かけて整形手術して来た。
〔Ⅲ〕、環太平洋で地震が多いのは、一番最後の天体M直接衝突が太平洋で起こったからである。【日本が地震大国である訳です】
〔Ⅳ〕、太平洋異変の一つ前に起こった天体M直接衝突は向きであり、インドプレート・オーストラリアプレート・アラビアプレートに、向きの移動速度を与え、同時に、アフリカプレートに向きの回転を与えた。

続きを読む "あなたの地図帳で分かる天体Mの侵入方向と、各プレート移動速度との対応"

| | コメント (0)

2015年9月16日 (水)

天体M構造も地図帳で確認可能・・氷惑星の侵入方向と爪跡半径

 昨日(2015/9/15)に、フットボール型の潜水艦構造地形 が、地球表面に爪跡として残されている事、その代表格はタクラマカン砂漠だ。というお話をしました。
今日は、そのような地形が何故できたのか? について、まずお話しましょう。
この”フットボール型の潜水艦構造地形”は、見た目には小さく見えますが、強烈な彫刻が地球に”ほどこされた”証拠なのです。
 何故なら、
天体Mのコア(中心固体部分)が、地表面を削り取った(あと)だからなのです。
地球と同サイズ程度の天体M(氷惑星、ニビル?)が地球と直接衝突した時、もし、地球と同程度の重さがあったなら、地球に水や氷を与えるのではなくて、
逆に地球の物質をもぎ取って行ってしまいます。
 ですから、地球に水や氷が移動し続けるためには、コア重量は地球の重さの8分の1程度であるはずなのです。
コアの重さ(大きさ)が、小さ過ぎてもいけません。
小さ過ぎると、太陽から遠い位置にある水素(H)や酸素(O)を沢山集めてくることが不可能になるからです。
コア重量は地球の重さの8分の1程度がちょうど良いと計算されます(高橋実説)。
重さが8分の1ということは、球(コア球)の直径は、地球直径の半分です。
  球体積の式は、V=(4/3)πr^3 でしたね。
(1/2)x(1/2)x(1/2) = 1/8 : 8分の1 思い出しましたか。

この重いコアの周りにの溶け込んだが大量に有って、全体としては地球と同程度の直径を持っているのが、天体Mの構造なのです。
そして、寒い寒い太陽系の外側まで旅して水素・酸素(水)を集めて来るので、その表面には、厚さ数10Kmの(氷殻)が出来ているのです。
その様子は、地球コアを包むマントル(液体)の周囲に地殻(固体の層)があるのと似ています。

 地球と天体Mとが直接衝突する場合、ほとんどの衝突は氷殻部分と衝突します。
ニアミス衝突(このニアミス事件がノアの箱舟事変)の場合には、混じりのだけが大量に地球に移動してして来ています。
 氷殻で衝突する時には、数10Kmの厚さの氷殻の下にも、地球は頭を突っ込むのですが(中は液体の水なのですから)、地球表面に皺(しわ)痕跡を残す整形手術は、割れた氷殻群で行なわれるだけです。
 その結果が、
ヒマラヤ山系など、全世界の褶曲山脈が出来て来た!という訳です。

ニアミス衝突や直接衝突 があるのなら、天体Mのコアにぶつかるという重衝突 も起こったのではないか』と、考えられるでしょう? YES、起りました。
数10回の天体Mとの衝突の内の何回かは、実際に重衝突だったのです。
そしてその証拠が、フットボール型の潜水艦構造地形、として、地球表面に記録されたという訳なのですよ。
 コアは固体(球)ですが、サイズが小さい(1/2)です。
ですから、深くてハッキリとした削り痕を地球表面上に残したのでした。
 この重衝突の証拠の一つが、タクラマカン砂漠だった。
数億年~数10億年前の古い時代の衝突だったので、タクラマカン砂漠ゴビ砂漠には草が生えだして来ています。一方、極最近できたサハラ砂漠には、
見渡す限り砂だらけ!”という状態が見えるという訳です。

 もう一つの重衝突の例は、インドネシア沖のスンダ海溝が造られた時の衝突ですが、
Photo_3時代が現代に比較的近いためもあって、爪跡半径が2800Kmという超大型の大地構造を造ると同時に、南シナ海というフットボール型の潜水艦構造地形  を爪跡として残したのでした。これが、【天体Mのコアとの衝突:重衝突】の2例目です。

爪跡半径の中心点がちょうど、南シナ海の中央辺りにあるのも、数値計算で意味のある数値となりそうです。 計算の得意なあなた、ちょっと検討してみてくれませんか。

続きを読む "天体M構造も地図帳で確認可能・・氷惑星の侵入方向と爪跡半径"

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

キトラ古墳の天文原図が作成された国と県・・・〔北緯34±1度〕

 2015年7月15日、NHKニュースで、キトラ古墳の天文図が、
世界最古の天文図であることが報道されました。
その報道の中で、
国立天文台の相馬充助教は、5つの星の位置と年代によって、
僅かに変わる地球の自転軸の傾きを照らし合わせ、
AD400年頃に観測された星空と推測。
 観測された場所について、相馬助教は、
        「北緯34度付近」と推測されました。

 この天文観測がなされた場所は、キトラ古墳の天文図が発見
されて以降、色々と仮説が提出されており、インターネットでも、
中国の北京だ、韓国のソウルだ、云々カンヌンの激論が交わさ
れて来ましたが、これは、”北緯38度附近”という時代推定され
ていた時代でのお話でした。
 今回、「北緯34度付近」が最も確からしい と科学的に証明
されてしまったので、世の中が引っ繰り返りそうな雰囲気です。
私もその議論に加えて頂くことにしましょう。
 結論(私の仮説)を先に申しましょうか。
いやいや、それは後回しにして、まずは、北緯34度±1度の
範囲内の目ぼしい都市名を列挙するところから始めましょう。

まずは、中国ですが、北京:北緯40度でNG.
            南京:北緯32度でNG.
           上海:北緯31度でNG.
タイユワン(太原):北緯37.5度で、NG.
   シュイチョウ(徐州):北緯34.5度で、○
 ピンチンシャン(平頂山):北緯33.5度で、○
       シーアン(西安):北緯34.3度で、○
それより西は、山々山にて⇒チベット高原⇒カラコルム山脈です。

では、韓国では、ソウル:37.7度で、NG.
     プサン(釜山):35.3度で、NG.
    モクポ(木浦):34.8度で、○
      ヨス(麗水):34.8度で、○
 だけであり、北緯34度線は、チェジュ(済州:朝鮮)海峡の真上
を走ってます。
天文図が遠く、中近東辺りから伝わって来たとしてみて、
    テヘラン(イラン):36度で、NG.
   バクダッド(イラク):33.5度で、○
   ベイルート・ダマスカス:33度で、○ のあとは、
地中海の真ん中を走って、チュニジアに上陸して、
           チュニス:37.5度で、NG.
アルジェリアの首都(アルジェ):37度で、NG.
であり、
         モロッコの首都(ラバト):34度、○
 を過ぎると、大西洋の大海原の上です。
ついでに、アメリカ大陸上では、
コロンビア、アトランタ、フェニックス、ロスアンゼルス
を通って、太平洋に出てしまいます。
 まさか、あなたは、
「ロスアンゼルスで天文図が書かれた」とは仰らないでしょうが、・・・。
モロッコとも言えないでしょうね。
サハラ砂漠北部のアトラス山脈内でもあり得ません。
バクダッド(イラク)、ベイルート(レバノン)、ダマスカス(シリア)だなんて仮説を立てると、相当苦しい古代史の珍説を展開していくことになるでしょう。
 韓国のモクポ(木浦)や、ヨス(麗水)でも、同様ですし、
中国のシュイチョウ(徐州)、ピンチンシャン(平頂山)でも証拠探しには苦労することでしょう。中国史で唯一知られているのは、シーアン(西安)ですが、古代に天文台があったとは聞いたことがありません。
ところが、
北緯34度に文化が芽生えていて、しかも沢山存在する国が、
        もう一つ残っているのです。

続きを読む "キトラ古墳の天文原図が作成された国と県・・・〔北緯34±1度〕"

| | コメント (1)

2012年1月 1日 (日)

日本近海の深い所の随所に「川の浸食地形」有り!

まず、以下の地形をご覧下さい。この地形(地図)は、何処だと思いますか?

Photo_2

『瀞八丁(とろはっちょう)かな?』
『それとも岐阜の山奥の地図かな?』と、思われたでしょう?
 実はこれ、海の中、それも日本海溝の地形なのです。
(左上隅に、千葉県の房総半島が認められるのが明確な証拠ですね)。
どう見ても川(水)の侵食作用が盛んな時に出来る地形でしょう?
 日本の周りは、こんな海底地形で取り囲まれている
のです。
もう一枚、お見せしましょう。

Photo_3
(上辺に渥美半島・浜名湖・御前崎・伊豆半島が並んでいますから、この地形は東海沖海底地図ですね。)

続きを読む "日本近海の深い所の随所に「川の浸食地形」有り!"

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘

 プレートテクトニクスはどれも縦断面図 で説明されています。だからごまかされる のです。Google(グーグル)海底マップ地図をインターネット検索してみて下さい。地図遊びに慣れた小中学生なら、誰でも直ぐに学者/先生方の間違いに気が付きますよ。

 開けて見ましたか?
Google(グーグル)海底マップ地図
(小中学校の地図帳でもいいですよ、開いて見て!)

「何処を見たらいいのか」だって?
何処だっていいのです、至る所にあるのですから。と言っては不親切ですので、着眼点を教えてあげましょう。
「Google海底マップ(or 地図帳)の中で、大きな円弧地形 を探すのです。」

「コロンビア・エクアドル・ペルー」 が一望できるように拡大(縮小)してごらんなさい。そこにはアンデス山脈円弧に沿って、海岸近くに深い海溝円弧が分かるでしょう?

「ベーリング海」付近を出してごらんなさい。そこにアリューシャン列島 アリューシャン海溝 とが、接近円弧として観えるでしょう?

カムチャッカ半島から南に千島列島と千島・カムチャッカ海溝」が接近円弧として分かるでしょう?

その眼で見れば、「日本列島さえも、円弧状なのだ」と分かるし、それに沿って海溝列が認識できるでしょう?但しこの場合には(成因時期が別なので)伊豆諸島をちょっと無視して観るのです。

 沖縄のある南西諸島と南西諸島海溝 も 並列円弧ですし、オーストラリア東岸のグレートディバイディング山脈とその沖の深い凹み(海溝)の並びだって、並列円弧地形でしょう?

 こんな具合に観て行くと、1枚の世界地図の中に「半径1000Km級の円弧地形が30ヶ所も40ヶ所も、数分以内に見つけられます。小学校の夏休みの宿題にしても非常に面白いテーマになりそうです。(Googleでなくても、小中学生なら地図帳か地球儀でも調査資料は充分です)。

 何を言いたかったか。
 この近接円弧地形を半径方向で縦断面を取れば、さも,もっともらしく,度々,登場するプレートテクトニクス説明図が現れてくるのですが、そこに落とし穴が待っていた。悲しいかな断面図で考え出された理屈だったのです。

 通常、縦断面図は、「その地形が厚み方向にずーと続くもの」ということを読者に与えてしまう傾向があるのです。しかし現実には地球サイズでは円弧であった。見事に綺麗に山脈と海溝とが並列に走った円弧状の地形であった。

 これを、小中学生(あるいは高校生)諸君に指摘されれば、学者先生方々はタジタジになるのです。 嘘だと思ったら、夏休みの自由研究テーマとして取り上げて見て下さい。
 来年の夏休みが楽しみですね。

 大山 宏

PS、山脈と海溝とが並列円弧状に並ぶ円弧地形は、同サイズ程度の球同士がぶつかって初めて出来る地形なのです(灼熱の氷惑星の高橋実さん、そうですよね。)

| | コメント (2)

2011年8月19日 (金)

大西洋の爪痕(最初の割れ目は如何なる力で?)

灼熱の氷惑星殿、・・・中央大西洋海嶺が気になり出しました。この地割れは一体いつ頃出来たものなのでしょうか? 5億年前でしょうか? それとも10億年前なのでしょうか? もっともっと前?

1 学校で使われる地図帳からのコピーです。大西洋の真ん中を「中央大西洋海嶺」が大胆に走っています。

 大西洋はウェゲナーが「大陸移動説」を唱えた場所として有名な場所ですが、最近の定説(プレートテクトニクス・プルームテクトニクス)によりますと、この場所が、開いたり閉じたりしているとの事ですね。

 閉じたのは、今から5億年以上前の事、再び開き出したのは2億年位前との事、ですが、開いたり閉じたりしているのですから、閉じた時の印が、何処かに残っているはずですね。

 それが南北に弓形に連なる「中央大西洋海嶺」という訳です。この見解には、ほとんどの学者先生は異論ないところでしょう。(そうでなければ、南北アメリカ大陸東岸と、アフリカ・ヨーロッパの西岸とは、どうあがいても くっ付けられませんから)。

 2億年以降現在まで、大西洋は拡大傾向にあり、今も年間数㎝ずつ拡大しているのが宇宙からもGPS観測データーとして確認されているそうですが、2億年前には閉じていた、その前は開いていた。

 そのずーと前(10億年前?)は閉じていたのでしょう。その10億年前には「中央大西洋海嶺」なる大きな溝は、あったのでしょうか? 何かのきっかけで、溝ができたのでしょうね。 そのきっかけを造ったのが、「スーパープルーム」だとのことですが、この説、何か説得力に欠けている気がしませんか?

続きを読む "大西洋の爪痕(最初の割れ目は如何なる力で?)"

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

アフリカ大地溝帯の対象性

灼熱の氷惑星殿へ、・・・ アフリカプレートの対象性が見つかりました。大地溝帯は、最近出来つつあるように言われていますが、大昔に出来たひび割れ が元々あったのですね。対象線は、タンガニーカ湖に連なる円弧の中心対象線です。

まず、地図を見てみましょう。
Photo_2 更に、この近辺の鳥瞰図がありましたので、それも地図帳からコピーしてみました。
Photo_3  タンガニーカ湖からアルバート湖まで、ホントに綺麗に湖が「円弧状」に連なっているでしょう?
 その円弧をウガンダを越えてエチオピア付近まで伸ばして行った所にも、湖があります。
 逆方向に(南方に)伸ばして行ったところにも湖があります。南と北に位置するこの辺りの地形、なんとなく似ている と思いませんか?

 更に、タンザニアからソマリア北端(紅海南端)辺りに向かって、大きな円弧状に、山塊が連なっているのが判りますね?
 その延長方向にアラビア半島の南端の海岸線に繋がっていると思えませんか?

 また、エチオピア近辺の山並みを見ると、その近辺から紅海に向かって流れつつシナイ半島に連なる地割れの線が想像付くでしょう?(これも容易に推定できますね)。

 もし地形の対象性が存在するならば、この紅海に連なっていく地割れ線が、対象位置にあるはずです。

Photo  有りました! 南アフリカの喜望峰の海岸に連なっていく地割れ線だったようです。

 皆さん「マダガスカル島は現在離れているけれど、元はアフリカと くっ付いていた。」という話を聞いたことがあるでしょう? どうやらその地割れ線は、タンガニーカ湖成立時点での一連の地割れと同時期に出来ていた模様ですね。(マダガスカル島とアラビア半島とが対応している!)

 話は元に戻って、対象軸(中心線)ですが、対象軸は「タンガニーカ湖円弧の中心点を通り、円弧両端線分に直交する方向」とするのが妥当なところです。(描き込んではありませんが、貴方の心眼で、東南東方向線を引いて見て下さい)。

 地球儀や地図の縮尺から計ってみると、その曲率半径は、約1000Km です。【皆さんも自分の目で、確認してみて下さい】(今後の話の中で、この曲率半径(R=1000Km)が出て来ます)。

続きを読む "アフリカ大地溝帯の対象性"

| | コメント (0)

2011年1月15日 (土)

G04 太平洋海底にもヒマラヤ山脈と似た地形(地図遊び)

灼熱の氷惑星殿へ、・・・海底にも、「ヒマラヤ山脈と似た地形」が有りました!Photo_13

この場所は説明するまでもありませんが、インドネシアの南西部に沿って存在する、世界一大きな(長い)と認められた「インドネシアの沖にある海溝」です。

オーストラリアプレートとユーラシアプレートとの境になっている 「少し古い海溝」ですが、この形、その眼で見ると、「ヒマラヤ地形」そのものですね。
南西方向の宇宙から進入してくると、先日の絵(ヒマラヤ大観図)と大差なく見えるでしょう?
Photo_14
スマトラ島・インドネシア島・・がヒマラヤ山脈とそっくりであり、且、ネパール付近の山波が、ボルネオ島にぴったり対応している辺りは、驚くばかりの一致度とは思いませんか?
この観点で見ると、(小規模ですが)ベトナムを南北に連ねる山脈の形まで、それらしく思えて来ますね。
この場合、ベトナム沖の大量の堆積物を取り除いてみる(海底探査してみる)と、「日本海溝クラスの深い海溝」が、きっと現れて来るのでしょうね。
Photo_15
これは どこか 分かりますか?
九州・四国・紀伊半島が覗いているので、地図が時計回りに90度回転させてあるのが分かります。
「フィリピン沖プレート全体」を捕らえた海底図です。
規模は小さいけれど、立派な「ヒマラヤ地形」になっているでしょう?
この地域を海上保安庁水路部は詳細に測量されていました(1971)
その図を並べてみました。
1971
揚子江などから流れ出した大量の「堆積物」で、相当埋められてはいますが、それら堆積物を(頭の中で)取り除いてみれば、これも、立派な「ヒマラヤ地形」という事が分かりますね。

次の図は、ちょっと変わった海底地形図です。上記2例と同じ地域を宇宙の彼方から、測定してあります。

続きを読む "G04 太平洋海底にもヒマラヤ山脈と似た地形(地図遊び)"

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

G03 この地図は何処でしょうか?(地図当てゲーム遊び)

灼熱の氷惑星殿へ、・・・先日宿題を出しておきました。今日はその「答え」からです。

Photo_7

分かりましたか?

そうです。南米大陸を90度反時計回りに回転した地図ですね。

キューバやパナマ・ユカタン半島など中南米が入っているので分かりやすかったですね。

この地域だって、宇宙船内から見れば、「ヒマラヤ大観図」と似たように(大差なく)描けるでしょう?しつこいですが、再録します。Photo_12

ちょっとだけ「海面」を上昇させれば、手前の大平原は「海」になりますから、そっくりさん地形でしょう?

では、次の図形は何処でしょうか?

続きを読む "G03 この地図は何処でしょうか?(地図当てゲーム遊び)"

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

G02、地図(地形図・場所)当てゲームで遊びながら研究を

灼熱の氷惑星殿へ、・・・地図(地形・場所)当て遊びを開始しましょう。

この図は何処でしょう?
2
そうです。インド北部のヒマラヤ山脈辺りの地図です。
( 先日、御紹介しました。)
御手間を取らせないように、前日の絵2枚を再録しておきます。

Photo_3

西独(ドイツ)の地図でしたね。

この2つは、山の表現方法が違うだけで、同じものです。(高橋実氏が、ドイツの地図を参考に作成されたのでしょうから全く一緒と考えて下さい)。

Photo_4

上記の地図をインド洋上空の宇宙実験棟から観測すると、雲がなければ、3枚目の「大観図」のように見える!

ということでした。

高さ方向は10倍程度に拡大表示されている様子ですが、大きさのイメージは非常に掴みやすいですね。

まるで宇宙から火星サイズ(~地球サイズ)の物体が、飛来して来て接触事故を起こしたような図(地形)に思えませんか?

続きを読む "G02、地図(地形図・場所)当てゲームで遊びながら研究を"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽