K・・・・・・・・・氷惑星の解説

2015年11月18日 (水)

ノアの箱船事変をウィキペディアが認知。→久々に天体Mです。

 ノアの箱舟は「箱船」と書くのが正しいのですよ。
舟とは、笹舟のような小型の舟を指します。イメージ的には「手こぎボート」のイメージです。
ジャンク船や大型漁船以上の大きさの〔ふね〕は、「船」と書くのが現代世界の常識なのです。
 その〔ふね〕舟・船・議論は兎も角として、
ウイキペディアが「灼熱の氷惑星(高橋実著)」を、とうとう認知してくれた様子です。
必要箇所を転載させて頂きます。

灼熱の氷惑星』(高橋実著、原書房1975年発行、現在絶版)にノアの大洪水の原因について天文学的見地から仮説・検証を行っている。約3000年周期で地球を訪れる地球とほぼ同じ大きさの)で組成された彗星「天体M」によるものと記述されている。
 地球軌道に近づくにつれ、「天体M」は水の天体となり、地球に接近した時には大音響と共に地球に約600京トンの水をもたらした。
その洪水(津波)は直撃地点付近で8750メートルとなり、地球全域を覆い、地球上の海面を100メートル以上上昇させた事が原因であるとし、さまざまな洪水伝説との類似点も検証している。
 地球は、惑星としてはあまりにも水が多く、その原因として著者は「天体M」を仮説として考えた。現在は地球に向かって来る後半の1500年以内に相当するものであると記述されている。・・・。

 要約(概要)としては、まずまず穏当で差しさわりのない説明がなされており、一安心です。でも、高橋実氏は天国で、ちょっと不足顔 をしておられることでしょうね。

『・・・疑似科学の一種であり、飛鳥昭雄などはこの説を継承している』との最後の文章はいただけません。 ”疑似科学”とは何ですか?調べる気にもなりません。
漢字から推測すれば、『疑い深く、似せの科学』という意味らしいですが、そんな認識しかこの人はお持ちではないのでしょうか。
お頭の程度が知れますよ。せっかく時間を掛けて『灼熱の氷惑星』をお読みになったのに、もったいないです。
 あの本は純粋科学の書です。
物理や数学に立脚した非の打ち所のない科学の書物です。ギルガメシュの叙事詩などとは本質的に異なるのです。
 もし『飛鳥昭雄と同類の疑似科学する者』としたいなら、もっと大御所はわんさか世の中にはおられますよ。貴方ご自身の目で見てご覧なさい、大勢見付かりますから。
その大御所中の大御所は、プレートテクトニクス信者プルームテクトニクス(仮説)論者でしょうね。あのプルーム仮説論者こそ疑似科学者の名前を与えられるにふさわしき人達ですよ。 もし科学する心(こころ)がおありなら、ちょっとその本をめくってみられたら納得できることでしょう。

 辛口(からくち)のお説教はこのくらいにして、折角ですから、久々に『灼熱の氷惑星』以降の進転具合をお話しましょう。
1)、高橋実氏は『灼熱の氷惑星』の調査研究中に、あのサハラ砂漠の膨大な砂が、天体Mから)と一緒に持ち込まれたものだ!という発見をなさったのでした。

2)、続編の『氷惑星の謎』では、【石炭が何故地球上の各地にまるで集積場の如くに野積みされているのか】という謎解き(科学的な推論・論証)もなされていますし、

3)、【サンゴ礁が何故、千メートルも2000メートルも積み上がっているのか】という謎解きや、【太平洋などに散らばる平頂海山の謎解き】、
ハワイ島などが海洋底から1万メートル高みにまで熔岩を吹き上げつつあるのか】などの謎解きなどもなさっているのです。

続きを読む "ノアの箱船事変をウィキペディアが認知。→久々に天体Mです。"

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

地震・火山の真因⇔「地学の教科書は書き換えられるべき!」

 昨日(2015/09/19)に、「氷惑星の謎(高橋実)第三部」の一部を、転載させて頂きました。
約40年前に出版され、一大センセーションを巻き起こした本「灼熱の氷惑星の続本ですが、ここ(第三部の最初の数ページ)にハッキリと『地震を引き起こすマグマが出来た訳』が論破されていたではないですか。
 今日は、その”近年になって活発化しつつある火山活動と地震の真因”に関して、天体M説を改めて(小・中学生にも分かりやすくでもって)説明したいと思います。

 実は、近年、申し分のない証拠が観測できるようになったのです。
その証拠とは、地震波トモグラフィーの観測結果なのです。
以下の観測図は、地震波トモグラフィーに関する「ある本」のコピーですが、改めて転載させて頂きます。

 高橋実氏は故人ですが、もし生きておられてこの絵をご覧になったなら、こ踊りしながら『我が意を得たり』と仰ったことでしょう。
この絵は、先日の「氷惑星の謎、第三部」の最初の数ページにその物ずばり!が書かれていたのですからね。
Photo
 天体Mはフランス領ポリネシア辺りに頭突きをくらました後、小笠原海溝辺りで地球から脱出して行った、という明確な証拠になっていますね。
どうして学者先生かたがたは、この小中学生でも分かる明確な観測データを”高橋実説(天体M説)”の明快な証拠として認められないのでしょうか。
 頭(おつむ)が堅すぎるか、意固地としか思えませんね。
〔Ⅰ〕、天体Mが侵入して来た方向が核-マントル境界まで、真っ赤っ赤で高温になっています。
〔Ⅱ〕、衝突直後は地殻まで真っ赤っ赤だったのですが、地表のすぐ近くは冷えて、黄化しています。
【ここまで地表が冷えるのに、2000万年かかっているのです。それ位、地球内部が冷えるのは遅れる。,ハワイ諸島ホットスポット移動速度激変の証拠(次図)を参照。】
〔Ⅲ〕、マントル内に同心円状に高温部が幾層も観測されていますが、これら各層は、数億年前の、天体M衝突の、各衝突毎の、残留温度溜まりに対応しています。
【この過去の残留温度溜まりがあるところに、天体Mが頭突きを食らわしたので、核-マントル境界附近まで、一気に真っ赤っ赤になったのでした。
 小笠原海溝の下部に青黒い帯があるのは何か?という質問ですか。
これは、2億年以前の過去太平洋の海底が、地下に押し込められた、という明確な証拠なのです。

続きを読む "地震・火山の真因⇔「地学の教科書は書き換えられるべき!」"

| | コメント (0)

2014年8月31日 (日)

地球規模での大事件

カイン追放以降での大事件を列挙すると、
1)ノアの方舟事件
2)バベルの塔崩壊事件
3)ソドムとゴモラ滅亡
4)紅海にエジプト軍が呑み込まれた事件
の4つでしょう。
ノアの方舟事件は説明するまでもありませんが、当時の人々の9割以上を滅亡させたという古今東西で最大の事件です。
次の「バベルの塔事件」では塔崩壊自体よりも、『民族が飛散し民族ごとに違う言語をしゃべりだした』ことの方が重大です。
3番目の[ソドムとゴモラ滅亡]は、堕落がひどいので〔神がかった人2〜3人が原爆みたいな破壊手段で街を滅ぼした〕という事件です。
4番目が紅海事件であり〔ユダヤ民族(数十万人以上)は歩いて紅海を渡り、後から追って来たエジプト軍隊は海に呑み込まれ滅亡した〕という事件です。
それを実体験した数十万人の人々にとっては衝撃的事件ですが、地球規模でみると、最後の紅海事件が最も小規模です。
『〔1>2>3>4〕と規模が小さくなってる』という意味です。
言葉を換えると、
人類文明への影響度で見ても過去に遡るほど重大事件が起きているのです。
 聖書が記録している人類世界史では、
アダムとイブの三男が増え広がって現在の世界人口数十億人に至っていることになっていますが、大きな疑問が残ります。

 カインはアダムとイブの長男です。
次男はアベルですが、カインはアベルを殺害して追放処分になりました。
創世記のノアの方舟事件の前に、
『誰でもカインを殺す者は倍の復讐を受ける。』
『カインの6代目レメクのための復讐は 77倍。』
だと約束されていたのですから、
ノアの箱舟事変でもカインの子孫は地上のどこかで生き残っていたはずです。

 大洪水の後、ノア達が箱船を出て見たら、自分たち以外に生き残りの人々がいたらしくて、四大文明の2つ(エジプト文明、メソポタミア文明)が近隣に興っていた。
ノア子孫はモーセの時代以前に3回もエジプトに寄留させてもらっていたのです。
メソポタミア地方でも寄留していたのです。
 ですから、ノアの方舟事件の記録で、
『すべて生き物は皆死んだ』と書いてあったのはローカル記録であるのは明らかです。

続きを読む "地球規模での大事件"

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

人類の脳を大きく育てたのは誰か?

  種類         頭蓋容積(cc)
 テナガザル        87~ 130
  チンパンジー     320~ 480
   ゴリラ        340~ 685
アウストラロピテクス  435~ 600
   直立猿人      835~ 900
    北京原人     915~1225
ネアンデールタール人 1300~1610
     現生人類    1000~2000

 かくも脳容積が異なるとは、何かのきっかけがなければ無理でしょう。
当初私は、神様という宇宙人が遺伝子操作手術 でも行ったのではないかと考えていました。
 しかし、灼熱の氷惑星を読んだ以降は、「氷惑星の直接衝突でそれまでの生き物がほとんど全て死滅し、新たな過酷な環境が地球上にもたらされた。その厳しい環境に必死で耐えて来たわずかな生き残りが、自己改革を努め大発展の結果が現在の爆発的な発展に繋がって来ているのだ」。
と、考えるようになっています。

 ノアの洪水程度では、かなりの生物は死ぬけれど、ほとんどの種は生き残る。脳の急激な変化発展は(種の大発展は)、氷惑星の直接衝突のみにて起こり得るのではないでしょうか?
 現生人類をここまでに育てたのは、氷惑星であった。その氷惑星を含む大自然の営みを、人は”神”と呼び、恐れ敬って来たのではないか!

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

ネアンデールタール人の絶滅と、現生人類の出現?

 洪積世にはヨーロッパを中心に4回の氷河が地球を襲い、最後の第四氷河期到来時にネアンデルタール人は絶滅した、と歴史の参考書にある。
第一期~第四期のサイクリックな氷河期が氷惑星の直接衝突によってもたらされたと考えると、第四氷河期の氷がもたらされた時に、ネアンデルタール人は滅び去り、
以降、現生人類がマンモスと戦いつつ現代の人類に発展して来たことになります。

Photo_3
今は、中段のデータに着目しよう。《 下図 》
Photo
現生人類の出現(3万年前~)に相当する第四氷河期~現代までの図。約2万3千年時点で大半の氷は融けて一気に気温は上昇したが、その後も細かな気候変動が学問的には認められるらしい。

ギリシャの哲学者ソロン(紀元前6世紀の人)はエジプトを訪問し、エジプトの神官から次のような話を聞かされているという。
”ソロンよ、あなたは一つの洪水についてしか知って居られないが、このような洪水はその前にもたくさんあったのです。私たちの文明は他国民のそれのように、これまでにしばしば天から降りて来た雨水によって滅び去っているのです。”

 一つの洪水とは、ノアの遭遇した洪水のことですが、「その前にも沢山あった」とエジプトの神官は話しています。その洪水はノア以前という話です。この中緯度大気の温度変化図では2万年以降にも、細かな気温の落ち込みが数回観測記録されてます。
 これから推論すれば、ノア異変は、今から約1万年前の落ち込みが相当 するのでしょう(もしくは8千年前の平たん部か、6千年前の落ち込み部が相当?)。
 それ以降、地球軌道内に3千年毎に氷惑星が入り込み、無視できない気候変動を地球に与え続けて来ているらしい事、それらの観測記録を知っていて、エジプトの神官は、
このような洪水はその前にも沢山あったのです」としゃべったのでしょうね。

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

北極海の成立時期 1億年?3億年?10億年前? 地図遊び

灼熱の氷惑星殿、・・・地図遊びを続けましょう。

Photo_6 この絵地図は前にお見せしました。アリューシャン列島も「ヒマラヤ地形」に似ている!として紹介しました。

昨日、北極海を含めて「カナダ~シベリア」付近に広大に広がる平坦地(大陸棚)が、氷のブルーザーの仕業(仕事)らしいと、説明しました。

今日はその両側「アラスカ・北米ロッキー山脈近辺・カムチャッカ・シベリア近辺」に拡がる3億年前頃に出来たらしい地形に関して成因を想像してみましょう。

この辺りは、天体Mが左右両方向に噴出させた土石流スプラッシュが造り出したものらしいのです。Photo_7

天体Mは左側から右方向に進んで来ますので、最初に地球に接触するのは、Paと書いてある辺りですが、その方向から進入してきて、この絵のように、綺麗に地球に沿って氷殻片(氷塊)が並ぶのは不自然ですね。

時間を逆戻りさせて天体Mを約200秒ばかりバックさせて考えると、最初に地球に激突した氷隗は天体MのPb近辺の氷壁(氷塊)であったことは、想像に難くないでしょう?

それがそのまま現在の位置まで地球表面を素直に移動したというよりも、むしろ、

『(自分の進行方向の直前に、次々と氷殻が地球に衝突して来るので、それに邪魔されて)、大量の土石流と一緒に左右に押し流されている確率が遥かに高い。』と考えるのが自然でしょう。

そうなのです。直接衝突時には天体Mの両サイドには、氷塊を含んだ大量の土石が地球を抑え込みつつ移動しているのです。その量は、天体M内に頭を突っ込んでいる地球の"部分体積"に匹敵します。

単純に高さで見積もると(地球半径の2割としたら) 1200Km。 これが左右±10倍の広さに「鶴翼の陣」を張っていたとしても、厚さ60Km! 成層圏の厚さを遥かに超える厚さ(ボリューム)です。この膨大な土石(&氷塊)群が地球引力で引きつけられつつ移動しているのですから、その痕跡が地表に残らないはずはありません。

この観点でもっと広い地域を探してみましょう。

続きを読む "北極海の成立時期 1億年?3億年?10億年前? 地図遊び"

| | コメント (0)

2009年8月22日 (土)

氷のブル-3 褶曲山脈                地図遊び

灼熱の氷惑星殿、・・・昨日の続きです。今日は、氷のブルドーザーが造る構造を「地図遊び」と対応させるところまで、やってみましょう。2_2

天体Mが地球に向かってゆっくりと正面から近づいて来た時、氷殻(氷塊群)は、地球に沿って、図のように素直に並ぶでしょう。

クロコダイル氷殻の隙間からは土石流スプラッシュが吹き出しますが、地球の重力に引きつけられて附近を取り囲んで行きます。

続きを読む "氷のブル-3 褶曲山脈                地図遊び"

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

氷のブルドーザー 地図遊び

灼熱の氷惑星殿、・・・昨日スライドで、サハラ砂漠を造ったスプラッシュのスライドを見て頂きました。凄いスプラッシュが地球を直撃していたでしょう? あれはニアミス(間接衝突)でしたが、今日は、直接衝突に関して(故高橋実氏に代わって僭越ながら私が)解説をしましょう。

1_2 「氷惑星の謎」という続編で使われている図です。いきなりこの絵を見せてもさっぱりでしょうが、

1)、右上の氷の壁の内部が、氷惑星の水圏です。
2)、下側に地球があり、人が立って"氷惑星の氷殻"が突っ込んでくるのを見上げています。立っている場所は、インド洋の辺り。
3)、Pと書いてあるポイントが、ヒマラヤの最高峰点(Peak)。Bは海溝の底(Bottom)。実縮尺で描くとこの位の高低差しかない。

概略もこのような形で、氷惑星の氷殻が、ヒマラヤ山脈を造ったと説明されています。

初めてこの絵を御覧になった方には「眉つばもの」と思われたかもしれません。実はこのために、あらかじめ「地図遊び」を実行していたのでした。再録しましょう。

インド洋上空からヒマラヤ山系を大観した図でしたね。Photo_2 1_3

大観図に対応するインド北部の地図でしたね。

ヒマラヤ山脈の向こう側の平べったい地形が、最初の絵の「氷の壁」が地球に押し付けられつつ形成されたものであると思考実験をされたのでした。

昨日お見せした「スライド」を再録しましょう。

2

これは、ニアミス衝突の絵でしたが、ヒマラヤ山脈は「直接衝突」のケースです。

このスライドから推して知るべしで、氷の壁は周囲は、土石流のスプラッシュで厚く覆われていた(押さえつけられていた)のだな、と、納得して頂けたでしょうか?

続きを読む "氷のブルドーザー 地図遊び"

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

スライド ノア異変(沖縄博)

灼熱の氷惑星殿、・・・「サハラ砂漠」の発見までの紹介が終ったところで、一息いれましょう。次のスライドは、続編「氷惑星の謎(高橋実著)」の最初に登場するものです。

1

1、2,3,4,5と進むに従い、氷惑星がアラビア半島上部に近づいて来て、スプラッシュが地球にむかって突出を開始する。

続いて、6~13と続きます。

2 6 : スプラッシュの第一陣が地球に届いた所。

7、8 : 地球の正面に来ました。1コマが30秒です。

9、10、11 : 物凄いスプラッシュを地球に浴びせながら、サハラ砂漠上空に向かいます。

12、13 : 大西洋方面に過ぎ去って行きます。

最初のスライド1から最後のスライド13まで、360秒(6分間)です。迫力ありますね。

続きを読む "スライド ノア異変(沖縄博)"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-2 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・ | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学 | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽