KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部

2015年9月23日 (水)

T8 陸上に残ったもの・・水成岩、大理石、水晶、ダイヤモンドも

「氷惑星の謎(高橋実著)」 第Ⅲ部(最終章)
4 陸上に残ったもの(マグマの残留)

《 大ヒマラヤ山塊への考え方 》
 『大きな褶曲山脈を造った圧力の正体が---』 と 私はさらに考えを続ける。
『もし本当に第10図のようなものであるならば、その同じ原理は、陸上すなわちイマの大陸塊の上での、大きな褶曲構造にも当てはまるはずだ。』
 実際、海を干し上げてしまって、海と陸との本質的(?)な違いがそんなにあるものでは無い、と分かって来た今では、広い大陸の上で天体Mが大きな造山作用を行うチャンスがあった---と考えてもよい訳である。Photo_4
 第10図の説明の中で、チラチラと私が持ち出したヒマラヤ山系などは、どうもそのような陸上での造山作業の結果であるようにも見えて来るのである。
 ヒマラヤ山系の南面の斜面---それは実に雄大きわまりない斜面であることが、地図の上ではよく分かるのであるが---これも前出のコーリ(氷)のブルドーザーの図に示したPBの斜面に相当するようなのである。
 だとすると、ガンジス川の流れる大平野は、同じ図のTPの斜面---つまり大海溝の斜面ではないのか? と思われて来る。
 「でもそこは、斜面にはなっていないではないか? 鏡の如く平坦な平野ではないか?」 と、読者は問われるであろう。
 さあ、そこの所の説明であるが、私はここが厚い堆積層 で埋められて、平野になったのではないか?とも考えるのである。
 つまり、私は読者の皆さんに、私がずっと前に この書物の初めの方に出しておいた”隠れ海溝”の話(第Ⅱ部)を思い出して頂きたいのである。
 そこでは、大量の堆積物が海谷を埋め尽くして見かけの上で表面を平坦にしてしまったのではないか? と考えておいた。
 陸上でも、同じことが起こるのではないか?
陸上に落とされた 膨大な量の堆積物(註=落とされた という表現が、私の立場での、堆積物の実体に対する成因観を示しているわけである)が、海溝に相当するような地溝とか、その他地上の凹所を広く埋め尽くしたのが、イマの陸上の大平原なのではないか?

続きを読む "T8 陸上に残ったもの・・水成岩、大理石、水晶、ダイヤモンドも"

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

T7 大海溝・大褶曲山脈は同時に、僅か1分間で造られた。

氷惑星の謎(高橋実著) 第Ⅲ部 3-3 より転載させて頂いています。
難解ですが、頭の体操にはもってこいの素晴らしい内容で読み応えがあります。
 この情景が頭に描けるなら、あなたの頭脳もノーベル文学賞級です。

3 氷のブルドーザー
《 超大仕事 》
 地球の前額部(第7図)が天体Mの熱い氷殻を、物凄い速度で破砕しながら通過してゆく時に現われる先頭部破砕点での圧力は、すでに述べたように、2000万気圧~3000万気圧に達している---と推定される。
 読者はこの超高圧力を受けた地球の部分(表面)が、何らかの変形を受けた---とは考えられないであろうか?
 私は、ずっと以前から、この氷殻の圧力が地球の上の大褶曲山脈と大海溝を造ったのではないか? という疑念にとらわれ続けていた。
 しかし、なかなか容易には、そのメカニズムを解明することはできなかった。
 『 メカニズムとは何か?』
まあ、むずかしく言ってみれば、”圧力をかけただけでは、仕事 にならない”という原理であるのである。
 仕事 というのは、エネルギーのことなのである。
圧力 というものには、それに面積をかけると全体の になるのだが、この力で物を、ある距離だけ動かさなければ、仕事をしたことにならないのである。
分かり易く言うと、山を動かす のである。褶曲山脈 を、何者が造ったにしろ、造る時には、山を シワ寄せ している訳である。
ブルドーザーが土地造成をするときに、土を一方に片寄せて、土の山盛りを造るように、
天体Mの堅固な、厚い(厚さは100Kmもある)氷殻が、大陸塊の端を押すようにして(註=この黒強調部分の表現が誤りであったか、または、誤ったイメージを誘発するものであることは、あとで説明する)褶曲山脈を造ったのに違いない---と私は考えた。
 この考えに私は1年ほど執着していた。
だが、どうも納得のゆくように力の働いたときのメカニズム(氷の位置や、力の方向、ならびに諸物質の 動き の方向や速度など)が解けないのである。
 私は、この問題での「原点」に当たる所の第7図に何度も立ち戻って考えた。それから、私は意地になって、もう一度詳細に”先頭部破砕点”と仮称している氷殻の最高圧力部の 動き を計算してみた。
 そうしてようやく、私の考え違いに気がつくことが出来た。それと同時に、ほとんど全部の疑問も解け始めたのである。

続きを読む "T7 大海溝・大褶曲山脈は同時に、僅か1分間で造られた。"

| | コメント (0)

2015年9月21日 (月)

T6 ハワイ島・海山・海膨・海盆・海嶺・・・読み物としても面白い

氷惑星の謎(高橋実著)第Ⅲ-3-2 を転載させて頂いています。
原書房さん、復刻版をよろしくお願い致します。

2 乱舞のあと

《 海嶺・海膨・海山の出現 》
 ”白いガウンを着た地球”に対する大手術(整形美容手術?)の経過はようやく判った。大熔融層は広さ数1000Km四方に及ぶ広大な表面を、黒い始原堆積物におおわれた肌から「岩石の肌」に変えた。大熔融層の表面は「岩石」に変わったのだ。---冷却して。
 地球にしてみればこの美容手術のあとを誰かに見てもらいたかったかもしれない。だが大熔融層ができたあと、その広大な表面には「超氷河」が載せられていた。あたかも大手術のあとの発熱する皮膚を冷やし続ける大氷嚢のように--。
 地球は なおも”白いガウン”を着けたまま、手術台の上で静養し続けていた。いや何と、その後10数億年近くもの間、静養し続けていた。

 手術(皮膚の手術)は一回きりではなかった。およそ40回ほど受けた施療のうち約70%は直接の皮膚の手術であった(註=全衝突40回のうち30%が間接衝突で、あとの70%は直接衝突であるという見方による。既述の確率計算を参照)。
 一回の手術のあとは、およそ3億年ほど経過すると、完全な、堅い、かつ厚い岩石層に冷え固まるのであったが、そうなる前に地球は引き続いて1億年に2回という頻度で、手術を受けていた。そのうちの1.4回が皮膚の手術で、0.6回が別の手術(間接衝突)であったが---。
 とにかく一回の手術面積は地球のイマの海の面積の40分の1くらいに当たるのであるから、何十回も手術を受けないと、全表面積の皮膚を整形し直すという訳にはゆかないのであった。
 そんな訳で、とにかく地球は なおも長い間、ベッドに横たわり続けていた。そうして、一回の手術が終わるごとに大氷嚢を取りのけたり、ほうたい を取り除いてみたりして、起き上がって鏡を見て、手術のあとをホレボレと見直す---といったロマンチックな病院関圧は出来なかったのであった。
 こうして、ほうたいを取り除けても見ずに、連続数十回の大手術を受けていたのである。手術の予後の経過は、しかしながら必ずしもうまくは行かなかった---らしい。鏡のごとく平坦な「岩石の皮膚」をつくることが、天体Mの目的であったのかどうか よくわからないが、それが目的であったのなら、手術の結果は少々デコボコであった。
 大氷嚢(超氷河)の載せ方が、必ずしも均一ではなかったらしいのである。そのため順調にゆけば手術後3億年くらいで、平坦で堅固な不動の岩石層として固まるはずの所が、まだ下の方まで冷え切らないうちに様々な形や、様々な規模の不均等な圧力を受けることになった。
 こうして大海嶺海膨海山ができた---如くに見える。天体Mは、自分の手術の結果を”さあごらん下さい”と誇らしげに見せるほどには好結果が得られず、地球のゴキゲンを損じるかもしれぬと見て、ちゅうちょしたのかも知っれない。
 そのため大手術のあとを、全部海で覆い隠したのかもしれない。

 大海嶺や海膨や海山は、それぞれ地形の規模から言っても、かなり違う。
それらは皆同じ熔融層からできたものと考えるにしても、その物性や力学などの関与の仕方は、少しずつ、規模や大きさなどで異なっている---と私は考える。

次に、私の考え方をメモ的に記しておく。

続きを読む "T6 ハワイ島・海山・海膨・海盆・海嶺・・・読み物としても面白い"

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

天天体Mの出現で、火山噴火の説明(地学の教科書)が引っ繰り返る)

氷惑星の謎(高橋実著)第Ⅲ部「3章 天体乱舞」--より転載させて頂いています。
難解な箇所ですので、お急ぎの方は、明日(2015/9/20)の当ブログ記事の方を先にお読み頂いた後に、この項をお読みいただく方が分かり易いかと思います。

1 熔融層の仮説

《 広さ数千Kmにわたる溶融層 》
 広い”前頭部”に数百万気圧の高圧が100秒間以上もかかり、深さ(厚さ)100Kmにも及んで岩石層を熔かしてしまったので、一切が数千Kmにも及ぶような、広い広い溶融層”ができた---。
というのが、私の新しく到達した仮説なのである。計算を進める前に、読者にも分かりやすいことから概略を述べてみよう。
 「それは、何処で、できたのだ?」
出来た場所は、ほとんど地球の全域といってよさそうである。ただし、約0回にわたる直接衝突によってであるが。つまり、(イマの)海にも山にも---という意味である。
 しかし、イマの陸地部分---ムカシのデコボコ部分---にできたものは、形が違う(註=褶曲構造の中に溜まったような形)と見て別項に述べることとし、ここで”熔融層”と呼ぶのは、広大な海洋盆の地域にできたものと考えて頂く。
そこは平坦で広大な地形である。場所は太平洋が最も多く、次いで大西洋それからインド洋にも、出来ていたであろう。
 「それはいつ頃に出来たのだ?」
できた時期は主として20億年前ごろから、数億年前ごろまで--と考える。
 「なぜ、数億年前ごろにはできなくなったのだ?」
答えは「海」ができてしまったから--と言うべきであろう。
地球の表面が「海」で、平坦というよりはツルツルになってしまった。摩擦力も何も働かなくなった。だから、直接衝突は依然としてあるにはあるがもうこのような熔融層は出来なくなった。
 つまり、熔融層ができたのは、地球の地肌が露出していた頃の話なのである。

「イマは、その溶融層はどうなっているのか?」
冷えて岩石層になっている--。
  まあ、以上が熔融層の概略概念である。

《 熔融計算 》
「熔融層なんてものが、本当にあったのかしたネ--?」と誰しも考えるであろう。
私のエネルギー検算を次に述べておく。検算に使った数値をご覧になれば、私の考えている溶融層の実体が分かると思うので、その意味で数値を示しておくに過ぎない。読者はおっくうがらずに気楽に見ておいて頂きたい。

続きを読む "天天体Mの出現で、火山噴火の説明(地学の教科書)が引っ繰り返る)"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽