KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯

2009年10月22日 (木)

太平洋下の断裂帯&海膨の成因(3) Pacific has big bulges and Fracture zones.

 以前に「隕石衝突も無くて、ゆっくりと静かに全球面に均一にあるマグマオーシャンが冷え固まった場合」に関して検討しました。その条件の下では「玉ねぎ構造」が出来るという結論でした。 そして昨日、「東京ドーム天井と似たような巨大な建造物が地殻冷却過程で出来るのだ」というお話をしました。
 東京ドーム天井は大きさをイメージして頂くために挙げましたが、実際の「海膨」は数万倍以上の大きさなのです。石を積み上げた構築物という意味では(アーチ構造)を例示すべきでしょう。
 石を積み上げて造ったアーチ橋をイメージして頂いて、そのアーチ円弧の半径を数Km⇒数十Km⇒数百Km⇒数千Kmと大きくしてみて下さい。(アーチの高さは元のままですよ)。
 崩落事故は何時起こっても不思議はないでしょう

 Previously explored for meteorite collisions are, slowly and quietly to the whole sphere uniformly a magma Ocean cold hardened. It was a conclusion that can be 'onion structure' under the conditions. And yesterday, the talk that Tokyo Dome ceiling  and looks like a huge building I can throughout the Earth's crust cooled.
 To envision the big Tokyo Dome ceiling is raised, the "rise" of the actual magnitude of tens of thousands of times more than is. Mean built of stacked stones (arch structure) will be demonstrated. And image built a stone arch bridge arch arc RADIUS Km tens of kilometers hundreds of kilometers please try increasing and several thousand Km. (The height of the arch is intact.) No wonder what happened the collapse?
 4000Km x 1万Kmの東太平洋【マグマオーシャン域】の何処から崩落事故は起きるでしょうか
 
答え:「周辺部から起きる。特に±2000Kmの両側から崩落事故は起きる」模様です。
 
 何故か?

続きを読む "太平洋下の断裂帯&海膨の成因(3) Pacific has big bulges and Fracture zones."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean.

 昨日の続きです。今日はイースター近辺の「巾4000Km x 1万Km」マグマオーシャンの横巾方向の冷却に関して構造分析を”頭の体操”でやってみましょう。 条件を再録しておきます。
 It is a continuation of yesterday. Today in the vicinity of Easter "width 4000 Km x 10000 Km" Let's do the analysis in "head gymnastics" for the horizontal width of the magma Ocean cooled. Leave reprinted the condition.

(1)マグマオーシャン域】イースター島近辺に左右幅  4000Km、南北幅  1万Kmの領域。 表面温度  1001℃、 数百キロ深い所の温度  1300℃程度 (1) [Magma Ocean area]: depends on the Easter Island near area width: 4000 Km, width: 10000 Km. 1001 ° C, several hundred kilometers deep temperature: surface temperature 1300 ° C degree
(2)その他の場所:表面温度:100℃程度、数百キロ深い所の温度:1100℃程度。マグマオーシャン域の表面温度が1001℃⇒1000℃に1度だけ下がると、637Km深さの【地殻層1】が固化します。更に1度温度が下がると、【地殻層1】は999℃になり、その下の【地殻層2】は 1001℃⇒1000℃になって、固化します。順次、1度下がる毎に、【地殻層1】⇒998℃、【地殻層2】⇒999℃、【地殻層3】⇒1000℃になって固化。・・・となって行きます。
(2) [other places]: surface temperature: temperature 100 ° C degree, several hundred kilometers deep, 1100 degrees Celsius. [Magma Ocean area: the surface temperature is 1001 ° C down once to 1000 ° C and 6.37 Km deep layer in the crust 1 solidifies. Even once the temperature drops, and crustal layer 1 is to 999 ° C and beneath earth's crust layer 2, 1001 ° C to 1000 ° C, and solidifies. Each successively lower once the crust layer 1 998 ° C, crustal layer 2 999 ° C, crustal layer 3 to 1000 ° C, and solidifies.・・・  And go now.
 【マグマオーシャン域の横巾は4000Kmですので、わずか1度冷えただけで、4000Km x 0.0000090.036Km縮みます。1000℃⇒100℃程度まで温度降下すると、0.036Km x (1000-100)32Kmどなりますが、この32Kmの縮みが±2000Kmの両端でのみ発生するのではないことは、昨日の縦方向縮みの場合と同じです。
 最終的には、32Kmの縮みが「地殻のしわ」となって現れてくるはずです。そのしわのピッチ、現実の海底地形から逆に推測しましょう。  

続きを読む "太平洋海底の断裂帯解析(2) Origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

太平洋海底の断裂帯解析(1) Analysis of the origin of the fracture zone in the seabed of the Pacific Ocean.

 昨日の頭の体操で、「隕石衝突も無くゆっくりとマグマオーシャンが冷却すれば、地球地殻は玉ねぎ構造になる。」という結論が得られました。 今日は その続きですが、太平洋の東半分だけマグマオーシャン状態であって、[ 他のプレート地殻は既にかなりの温度にまで冷えていた ] という条件で考えてみましょう。
 In yesterday's mental gymnastics, "no meteorite slowly cooling magma Ocean, Earth crust will onion structure." the conclusions were drawn. Today that picks up where the magma Ocean State in only the eastern half of the Pacific Ocean, on the condition that [other plate tectonic already considerable temperature was cold, consider.
 暗算がし易いように、条件をもう少し絞りましょう。
(1)、【マグマオーシャン地域】 : イースター島近辺に左右幅 : 4000Km、南北幅 : 1万Kmの領域。 表面温度 : 1001℃、 数百キロ深い所の温度 : 1300℃程度
(2)、【その他の場所】 :表面温度 : 100℃程度、数百キロ深い所の温度 : 1100℃程度。 この条件でスタートしましょう。
その他の場所】 では既に地殻が冷え固まっており、イースター島付近の「4000Km x 1万Km」領域だけ、(何らかの理由で)マグマオーシャン化していた。とします。
 Hand a little bit more conditions, subtracting a so easy to do mental calculations.
(1) [magma Ocean area]: Easter Island near the area of the side width: 4000 Km, width: 10000 Km.
 1001°C, several hundred kilometers deep temperature: surface temperature 1300 °C.
(2), [elsewhere]: surface temperature: the temperature of about 100°C, several hundred kilometers deep, approx. 1100 °C. Let's start with this condition.
[Elsewhere] is already the crust cools and solidifies, near Easter Island "4,000 Km x 10,000 Km" area only had of magma Ocean on (for some reason). we suppose.

 マグマオーシャン表面温度が1001℃⇒1000℃に1度下がると、(昨日同様に)6.37Km(地球半径の1000分の1)の【地殻層1】が固化します。 その後更に、1度温度が下がると、【地殻層1】は999℃になり、その下の【地殻層2】は、1001℃⇒1000℃になって、固化します。順次、1度下がる毎に、【地殻層1】⇒998℃、【地殻層2】⇒999℃、【地殻層3】⇒1000℃になり固化。・・・となって行くのは、昨日と同様です。
 Magma ocean surface temperature is 1001 °C down 1 ° to 1000 °C and (yesterday as well as the)6.37Km(Earth radii 1/1000) of the crustal layer 1 solidifies. And then once the temperature drops, the crust layer 1 is to 999 °C and beneath earth's crust layer 2, 1001 °C to 1000 °C, and solidifies. Each successively lower once the crust layer 1 998 °C, crustal layer 2 999 °C, crustal layer 3 to 1000 °C and solidifies. ... Getting going is similar to yesterday.
 【その他の場所】に関しては、既に地下数十キロ範囲は固化していて、温度もそれほど高くないので伸び縮みは無視しましょう。その「4000Km x 1万Km」の凹地の中で、マグマオーシャンが冷え固まって行く過程を考えるのです。
 【マグマオーシャン地域】の縦幅は1万Km(緯度で言えば±45°巾)ですので、わずか1度冷えただけで、1万Km x 0.000009=0.09Km も縮むのです。1000℃⇒100℃程度まで温度降下すると、0.09Km x (1000-100)=81Km だけ南北方向に縮まる事になります。
 長さ1万Kmの凹地の中で、両端だけに81Kmの半分ずつの「(40Km巾の)深い溝が出来るでしょうか?
[Other places] for the already tens of kilometers underground range is solid and the temperature is not so high, so let's ignore the contraction.  The "4000 Km x 10000 Km" of the thinking process of depressions in the magma Ocean cools and solidifies to go.
[Magma ocean areas: the vertical size is 10000 Km (latitude in
± 45 ° width) is so cold just once, just 10000 Km is shrinking even x 0.000009=0.09Km.  1000 °C temperature drops up to 100 degrees Celsius and 0.09 Km x (1000-100) = 81 Km in the North-South direction shrinks it.
 10,000 Km long depressions in the can ends only in the deep groove of (40 Km width) of each half of the 81 Km?

 まあ、常識的に考えても、数Km巾の「深い溝」が10本程度出来て、短冊状になるという所でしょう。 この短冊状地殻の巾は、1万Km÷10=1000Kmです。 果してこの1000Kmという数値は、現実的な値なのでしょうか?( 地図で調べてみましょう。)
 Well, even thinking Km width of trenches is 10 degree will be made from the strips of. The width of the strips of crust is 10000 Km / 10 = 1000 Km away. As one numerical value of 1000 Km is a realistic value? (Look at the map. )
Photo
 This map is a bathymetric map of the off the West coast of North America (Northeast Pacific). Several big transversalis (Escarpment) are conspicuous.
 この地図は、北米大陸の西岸沖(東北太平洋)の海底地形図です。大きな横筋(断裂帯)が数本目立っています。北から、From the North,
1【メンドーシノ断裂帯】Mendocino fracture zone
2【マレイ断裂帯】Murray fracture zone
3【モロカイ断裂帯】Molokai fracture zone
4【クラリオン断裂帯】Clarion fracture zone
5【クリッパートン断裂帯】Clipperton fracture zone
6【名無しの権兵衛断裂帯】fracture zone of no-name
この6本の断裂帯の平均間隔は、1000 Kmです
1000Km毎に「深い溝」が出来るというのは、無茶苦茶な結論ではないようですね!) もう少し詳しく調べてみましょう。
6 this fracture zone of the average interval is 1000 Km. (For every 1000 Km "gap" that is not a ridiculous conclusion it seems!)
 Let's take a little closer look.
 隣り合う大断裂帯の中には、4本~8本の小断裂線が認められます。これを平均5本とすれば、小断裂線の平均間隔は、200Km(±100Km)ということが分かります。
 南半分を調べて見ましょう。
 Adjacent major fracture zones in the 4-8 small shear fracture lines are permitted.  This means if five, average interval of small shear line is 200 Km (± 100 Km) that you can see. Look in the southern half.
Photo_2
 一番上の目立つ断裂帯は、6【名無しの権兵衛断裂帯】です。
 左右両側から諸島(海山)群が迫って来ている辺りまでの傾向は、北米西岸沖の傾向とほぼ一致した「小断裂帯の並び」が認められます。
 それ以下に関しては、総巾≒3600Kmの中に、「中位の断裂帯」が 18本程度 等間隔で存在しているようです。平均ピッチは200Km
Fracture zone is visible at the top of the 6 [gonbei fracture zone of the no-name].
 Around the Islands (seamount) group is coming from the left and right sides of the trend are admitted small fracture zone of the sequence coincided with trends in the North American West Coast. For less total width ≈ 3600 Km in the "medium fracture zone" is 18 degree at regular intervals, so there. The average pitch is 200 Km.

1)北アメリカ西岸沖の断裂帯は、大きな本の断裂帯小さな断裂線(200Km間隔)で成立。The escarpment of the North American West Coast consists of big six fracture zone and little shear line (200 Km distance).
*2)一方、南米沖では、中規模の断裂帯が,200Km間隔で存在する、という差があります。しかし、「Km巾の「深い溝:断裂帯」が10本程度出来て、短冊状になるという所でしょう」という予想は、オーダーとして間違っていなかったと判断出来ます。
 There is a difference, on the other hand, at intervals there, medium-sized fracture zone, 200 Km off the coast of South America, but "few Km width" deep grooves: fracture zone "10 strips made of this degree, which will." It can be considered not as wrong as the order expected.
 南米沖(イースター島以南)海底には、東太平洋海嶺が走っており、太平洋プレートが西に、ナスカプレートが東に向かって移動しているとされる地域です。
 大袈裟に宣伝されてはいますが、その境界(中央海嶺位置)は明確ではない のが分かります。
(まさかと思われる方は最新の海底地形地図を
Google検索して自らの目で確かめて下さい。遥かに断裂帯の方が支配的と納得されるでしょう。)
 この断裂線に直交する細かい”しわ構造”分析に関しては明日やりましょう。 大山
 And runs through East Ridge on the ocean floor off the coast of South America (South of Easter Island), the Pacific plate to the West, the Nazca plate moving eastward and the area is. Is advertised exaggerated, although its boundaries (Center-ocean ridge) is clear but not know. (Believe it or not and submarine topography map of the latest Google search would seem to be, please check with our own eyes. You understand that much of fracture zone is dominant. ) I'll do it tomorrow for fine wrinkles structure analysis perpendicular to the shear fracture line. Hiro. Oyama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

マグマオーシャンが冷却し,地球の地殻が形成される姿を想像。Imagine the magma Ocean cooled the Earth's crust is formed.

 頭の体操で、地球の地殻の出来方の研究してみましょう。
 地球は40億年前に、マグマオーシャン(熔融マグマ)で被われていました。
それが冷却して地殻が形成され、人が住むに至った訳です。今日は、隕石衝突も無くてゆっくりと静かにマグマオーシャンが冷え固まった場合について、考えてみましょう。
 Brain Twister, let's study the Earth's crust can be better. The Earth is 4 billion years ago, was covered in a magma Ocean (molten magma). Is reached people, crust is formed by cooling it. Consider if nothing today, meteorite impact, cold hardened magma Ocean slowly and quietly.
『 ゆっくりと静かに冷却すれば、ガラス玉みたいな完全球が出来るだろうな。』ということは、誰が考えても容易に想像が付きますね。隕石衝突も全くなかった場合には、クレーターも出来ません。 数億年かけて非常に静かにゆっくりと冷却させるのですから、完全球の地球型惑星が出来上がります。
 熔融マグマの熱が逃げて行く場所は というと、球表面 しかありません。この熔融マグマは1000℃位の温度で、冷え固まると言われています。1300℃では、熔融状態です。
"That will make full spherical glass beads like if cooled slowly and quietly." That's who think that transparency is easily. If absolutely no impact, not even. You end up having full spherical Earth-type planet is cooled very quietly and slowly, over millions of years. Where fleeing the heat of molten magma and said, not only the surface of sphere. Molten magma at a temperature of 1000 ° C and freeze chill said. At 1300 ° C, is a molten state.
 最初に、マグマオーシャンの表面温度が、1001℃で一定だったとしましょう。1度冷えて表面層が固まるとすると、極薄い【地殻層1】が まず出来ます。 更に1度温度が下がると、【地殻層1】の温度は999℃になり、その直下の【地殻層2】の温度が1000度になって、固まります。 更にもう1度温度が下がると、【地殻層2】の温度が999℃となり、その直下の【地殻層3】の温度が1000度になって、固化します。
 ここで面白い事が起こり始めます
 The first 1001 at constant magma ocean surface temperature was. Once cooled and hardened surface layer and thin crust layer 1 first of all you can. Even once the temperature drops, and crustal layer 1 of 999 in temperature and that beneath the crust layer 2 of hardens and become a 1,000 temperature. Further temperature falls again, and crustal layer 2 of 999 temperature and that beneath the crust layer 3 of temperature 1000, solidifies.
 Here at funny things start to happen.

続きを読む "マグマオーシャンが冷却し,地球の地殻が形成される姿を想像。Imagine the magma Ocean cooled the Earth's crust is formed."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 3Dノウハウ CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.「相対性原理」の真髄。 | a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | a 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない★星★が存在している! | a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! | a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ | a. 地図(地形・場所)当て遊びです。Lied cheated in the section "plate tectonics"。 プレートテクトニクス嘘(うそ) | a. 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡。【目次】、2012、2015、2018 | a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | a・・ 種の起源と大陸移動説 | Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・「ヨシュア記」 | Bible・・「出エジプト記」 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」 | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・創世記1章~20章、天地創造 | CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 | easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. | easy やさしい相対性の説明  | easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | easy 数占いって不思議 | easy 算術フィボナッチ | easy 簡単な相対性原理説明 | electron spin-time Bode's law 「電子スピン時間」を使って「ボーデの法則」: 高精度化に成功しました! | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは | f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini | fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 | g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 | Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) | Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation | Heat-island 建白書・緊急報告 Phenomenon.Drastic measures against, 抜本対策: Emergency Report | K1・氷惑星(★ 目次 ★) | K2・灼熱の氷惑星(二章) | K3・灼熱の氷惑星(三章) | K4・灼熱の氷惑星(四章) | K5・灼熱の氷惑星(五章) | K6・灼熱の氷惑星(六章) | KⅡ氷河・海水準・海進・海退 | KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 | kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・・氷惑星の解説 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 | o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 | o 「ヘボン式分析」 フランス語 ドイツ語 英語 中国語 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon | o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 | o 「音声意図学」ヘボン式分析 | o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! | o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー | Political dynamics 政治力学 Trump to give up nuclear weapons know-how.ノウハウ | President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima & Nagasaki. 2016/09/19 発信 | R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 | R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | R・・「楽器達のお昼ね会にて」 | S ・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper PK 念力 | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 | T 心…自殺未遂、刃物 | T 心の科学・言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | UFOを見る家系・・ 澄子の回想 | U・・田舎の生活・・大人の童話 | V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) | W・・自転車1:ヨーロッパ縦断の旅(前編) | W・・自転車2:ヨーロッパ縦断の旅(後編) | x. 同棲・週末婚・結婚生活 | x. 婚活ノウハウ | x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) | Y 昆虫記・古墳の科学的分析 | Y 月報 ジャイアントインパクトで月が地球から飛び出した!「エデンの園があった場所」 | Y 短編 Magic-Hand Time-Slip 「奴隷の手」「時空間疾走」 | z the Nobel Prize 「ノーベル賞はあなたでも狙える!」 | z 「へその館」;高樹のぶ子評 | z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 | z 「小鳥」「てるてる坊主」 「網戸(英訳付)」 | z 短編「新 ガリバー旅行記」 スケーリング」哲雄講演メモ | おすすめサイト | グルメ・クッキング・・・介護・・ | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽