U・・田舎の生活・・大人の童話

2019年10月 4日 (金)

母の身体が引き起こしたハンガーストライキ事件【part3】民生委員の特命任務 It was a hunger strike incident caused by my mother's body.

 父とは違って母は女社長と周りの人々から呼ばれるくらいにしっかりした人でした。旧豊栄町の教育委員を2期8年勤め、更生保護婦人会のボランティア活動を若い頃から実行しながら我々兄弟姉妹3人を育ててくれました。Unlike my father, my mother was a strong enough person to be called by the president of the woman and the people around me. He worked as an education committee member for two periods and eight years in TOYOSAKA town, and raised three of our brothers and sisters while volunteering for the Rehabilitation Women's Association from a young age.
 20数年前に父が亡くなった時、その母は、
「現行法律通りに我が家の財産が分割(分散)されるのは好ましくない。姉と弟は相続放棄しなさい」と言って、長男の私に田地田畑や家屋の一切の相続登記手続きを指示したのでした。50万円余り登記費用がかかりました。父の残した預貯金はZEROだ、との事でした。(母は実家から相続を受けてちょっとした資産を持っていましたが、父の所有物ではないのでそのままとなった経緯もありました)。
When it’s 20-years ago; my father died, my mother said, "It is not good for the Oyama family's property to be divided. The elder sister and the younger brother said, "The inheritance abandonment" was said, and it instructed the inheritance registration procedure of all Denchi-dennpata田地田畑fields and the house to me of the eldest son. More than 500,000 yen cost of registration. My father's savings were ZERO. (My mother inherited it from her parents' house and had a small asset, but it was not my father's property, so there was a history of it being left as it was.)
 今から考えると、この亡父の財産相続に関して相続放棄をさせられた姉夫婦と弟夫婦とは、何か釈然としない感情をいだいたのかもしれません。 母が老人ホーム:ドエルに入居を決めたとき、その時母が保持していた預貯金の通帳は、姉の管理下に入ったのでした。・・・

続きを読む "母の身体が引き起こしたハンガーストライキ事件【part3】民生委員の特命任務 It was a hunger strike incident caused by my mother's body."

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

『どっちが北朝鮮?』民生委員の特命任務【part2】"The Special Mission Story of the Civilian Committee”

 あれは確か、東北大震災のボランティアから帰って来た頃だったと記憶しています。弟(智雄)に携帯電話やメールでやり取りしていた時だった。智雄が手のひらを返したようにものすごい権幕で『あのメールは削除しろ。』としつこく言い出したのであった。ブログ「どっちが北朝鮮?」という記事が許しがたい、と思ったらしい。
I remember that when I came back from volunteering for the Tohoku Earthquake. It was when i was interacting with my brother; Tomo, via cell phone and e-mail. As if Tomo had returned the palm of his hand, he said, "Delete that email. It was said persistently. Blog "Which is North Korea?" It seems to have thought that the article was unforgivable.
 くそ真面目な私にはその意味がチンプンカンプンであった。『正直に自分と義兄とのやり取りを書いて、どっちが北朝鮮?(私ではないでしょ?)』と、読者に問いかけている内容に、怒り心頭に達したらしいのです。段々と当時の事を思い出して来たぞ。)
The meaning was ‘chimpun-kampun’ to me what was serious. "I honestly wrote about my interactions with my brother-in-law, which is North Korea? (It's not me, is it? And, it is said that it reaches the anger mind to the content which is asking the reader. I've been reminded of that time.
弟が「澄子母さんを博一兄さんは人質にして事を進めている」と言い張るので、「長男の留守中に(長男の私には内緒で)母さんを老人ホーム:ドエルに入れたのは姉夫婦でしょ。母さんを人質に取っているのは姉夫婦であって、私ではないと思うんだけど、皆さんはどう思いますか?」というブログ記事に、「どっちが北朝鮮?」とタイトルを付けたことが、ヒンシュクを買っているらしかった。
Because the younger brother insists, "With Sumiko mother, Hiro elder brother: YOU are advancing the thing", "It is an elder sister married couple to have put mother in the nursing home; Doel in the eldest son's being quiet while the eldest son is away.' It's my sister and I who are holding my mother hostage, and I don't think so, but what do you think? In the blog post, "Which is North Korea?" It was like buying ‘Hinshuku’ that I put the title.
「あの記事を消さないなら、兄さんとは金輪際絶交です。ついでに大人の童話のカテゴリー記事全部を削除すべきです」という強硬意見に、私はたじたじとなって(意味がよく分からないままに)、それらの記事を自分のブログから削除したのでした
"If you don't erase that article, you're going to have a golden circle with your brother. Incidentally, the category articles of adult fairy tales should be deleted" to the hard-line opinion, I was to be a tout (without knowing the meaning), and deleted those articles from my blog.
後で誰かから伝え聞いた話によると、義兄は「母さんがドエル東志和に入ってくれたので、自分は豊栄に通うことは必要無くなった」と言われたそうで、それ以降、豊栄町の我が家には一切、顔を出されなくなったのでした。私は『母さんがそれで満足ならそれでいいや』と割り切って、以降の7年半、1~2週間毎に、ドエルに通って来たのでした。
According to a story I heard from someone, my brother-in-law said, "My mother joined Doel, so I didn't need to go to Hou-you-en", and after that, I couldn't show my face to my home in Hou-you-en town. I cut it off and said, 'If my mother is happy with it,' I went to Doel every seven and a half or two weeks.
 ドエルの母さんの部屋には写真が一杯張り出されていました。その多数の家族写真中には、私(博一)が写り込んでいる写真が一枚もなかったのでした。《 いよいよ思い出して来たぞ》。その苦情を弟(智雄)にしゃべり、姉夫婦にとりなしを頼んだ直後の電話で、「博一兄さんは澄子母さんを人質に取っている」⇒「どっちが北朝鮮?」議論になったのでした。
Doel's mother's room was full of pictures. There were not a single photograph of me in many of the photographs. I'm finally remembering. The complaint was told to his younger brother, Tomo, and on the phone immediately after he asked his sister and his wife to take her mother, "Hiro is taking Her mother hostage" ⇒ "Which is North Korea?" It became a discussion.
 母さんが姉夫婦に愚痴をこぼしたらしい。その愚痴とは、「博一や。あんたにはきっと良い人が現れるから、私のために久美子とは離婚してくれ」と再三頼んだにもかかわらず、博一は『夫婦が離婚するかしないかは夫婦二人で決める事です。たとえ母さんの希望でも、それには答えられない』と主張している。私はあの嫁には我慢が出来ない。この我が家に私が居なければ、先祖から続く田地田畑や家屋の維持管理を博一はやってくれるはずだ。ここを出て行きたくはないけれど、もうろくする前に老人ホームに入りたい、と姉夫婦に愚痴を言ったらしい。
It seems that mother complained to her sister and her husband. The is Hiro and. Even though she asked her to divorce Kumiko for me because you'll have a good person, Hiro said, "It's up to the couple to decide whether or not to divorce. Even if it is mother's hope, it is insisted that it is not possible to answer it. I can't put up with that bride. If I don't stay in this house, Hiro will do the maintenance and management of the rice fields and houses that follow from my ancestors. It seems to have complained to the elder sister married couple that it wanted to enter the nursing home before it was already fragile though it did not want to go out of here.
 それを聞いて姉夫婦は「私たちの住んでいる尾道の老人ホームを探してあげましょう」⇒「尾道はいやだ。豊栄町からそれほど離れていない老人ホームに移りたい」⇒「分かりました。探して見ましょう」ということで義兄が走り回った末にドエル東志和を見つけて来たそうです。⇒「こりゃあ良い。私の自由意志で入居を決めたことにする」ということで、向島に隣接する岩子島でボランティア中の博一に母から電話がかかって来たのでした。今から8年前の8月1日の突然の転居連絡でした。
The elder sister married couple heard it, and "Let's look for the nursing home in Onomichi where we live" ⇒ "Onomichi is unpleasant. I want to move to a nursing home that is not far from TOYOSAKA town. Let's look for it, so i found Doel Higashi-shiwa at the end of my brother-in-law ran around. ⇒"This is good. I decided to move in of my free will." It was august 1st from now on.
 驚いた長男博一は、別居中の妻久美子と連絡を取り合って、彼女の実家で所有の軽トラックを借りて、岩子島から二人で豊栄に引き上げて来たのでした。しかし、その一か月後には結局、離婚になってしまった。その離婚届には土屋民生委員さんの立会人署名をいただいたのです。
私は離婚直後から婚活を全国展開して再婚に至りました。土屋民生委員夫妻は大変喜んで下さって、再婚祝いまで頂いたのです。離婚から4年が経過していました。
The eldest son Hiro who was surprised contacted wife Kumiko who was separated, and it had been pulled up from Iwashi-island by the light truck of possession in the parents' house to TOYOSAKA by two people. However, it has become a divorce after all after one month. The signature of the meeting person of the Tsuchiya consumer committee was gotten to the divorce report. After my divorce, I developed my marriage nationwide and remarried. Mr. and Mrs. Tsuchiya were very pleased, and it was possible to have it to the remarriage celebration. Four years had passed since the divorce.
 私と比べて11歳も若い妻でした。1年半の間に2度もヨーロッパ旅行に連れて行き、『もう何が有ってもこの人を離さないぞ』と思っていました。
しかし、北欧の8日間の旅から帰って来てから1ヶ月後にある事件が起き、その4か月後には2度目の離婚に至りました。この時の離婚届の書類にも、土屋民生委員夫妻に署名をいただいたのでした。「もうこりごりだ。3度目の結婚届け書には署名しないからな」と土屋民生委員様がおっしゃったお気持ちはよく分かります。
She was eleven years younger than me. I took him on a trip to Europe twice in a year and a half and thought, 'I'm not going to let this person go no matter what's there.' However, an incident occurred a month after they returned from an eight-day trip to Northern Europe, and four months later they divorced for the second time. The signature was gotten to the document of the divorce report at this time by Mr. and Mrs. Tsuchiya. "It's a mess. I'm not going to sign my third marriage report."
 それでも博一は3度目の結婚を目指して地道な婚活を続け、現在に至っています。
その間、土屋民生委員夫妻に対しても「誰かよい人がおられましたら仲人のほどよろしく!」とお願いし続けているのでした、母澄子が『きっと博一には良い再婚相手が見つかるよ』という言葉を信じ続けて!
Nevertheless, Hiro continued his steady marriage to the present day with the aim of getting married for the third time. In the meantime, Tsuchiya Consumer Committee member and his wife also said, "If there is a good person, thank you so much for the matchmaker!" I continued to ask, "I'm sure Hiro will find a good remarriage partner" continue to believe!

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

民生委員の特命任務物語【part1】"The Special Mission Story of the Civilian Committee”

 One day, there was a small card in my mailbox. "I'm a civil commissioner in your district. If you have any problems, please feel free to call us. Yuko Tamori TEL:090-5267-xxxxx"
 ある日のこと、我が家の郵便受けに小さなカードが入っていました。「私はあなたの地区の民生委員です。何かお困りのことがありましたら気軽にお電話下さい。田森夕子 TEL:090-5267-xxxxx」
このカードはそれから毎月のように我が家の郵便受けに入っていた。「いらっしゃらなかったので、・・・」との走り書きメモも毎回添えてあった。有難く思ったし、『親切な民生委員だな』と好感を持った。
This card was then in my mailbox every month. "I didn't come, so...“; was accompanied by a scribbled note every time. I was grateful, and I liked it, saying, 'You're a kind civilian commissioner.'
 忙しく飛び回っている私(博一)だって、たまには自宅に居る時もある。(明るくて若い女性でもあり)会えた時には大いに雑談もはずんだ。私が書いた短編小説を渡して読後感想を求めた事もあった。 その不在カードは何枚も溜まっていった。
 ある日(必要があって)その電話番号を回した。
 I'm so busy flying around that I sometimes stay at home. When I met her, she was a bright, young woman, and she had a lot of chat. I gave a short story that I had written and asked for your impressions after reading it. The absent card accumulated many. One day I turned the phone number around.
「ある人が困った状況にあるんだが、至急来てほしい」と話すと、30分後にその女性は飛んで来てくれた。
『・・・、その人のお名前は?』
「名前は言えない。こういうケースでは即、警察に電話するのか?」
『場合によります(ケースによっては警察に連絡します)』と笑っている。結局、その名前は明かさなかった。障害者のお子さんを乗せて来て(車内に待たせている)民生委員であり、両手も少し不自由な様子であった。
"A person is in trouble, but I want you to come as soon as possible," the woman said, and after 30 minutes, the woman flew in.
“What's his name?”
"I can't say the name. In a case like this, are you going to call the police about that? "Depending on the case (I'll contact the police in some cases)," she laughs.
In the end, I didn't give the name. She was a civilian committee (it is made to wait in the car) putting her child of the physically handicapped person, and her both hands seemed to be a little inconvenient.
「ボランティアなんだろ。大変だね。もし私で良かったら交代してあげますよ」とも助言してあげた。何日後かには「あなたには民生委員のボランティアは無理だと思う。旦那さんやお子さんを大切にしてあげなさい」と電話で助言してあげたこともあった。 "You're a volunteer, aren't you? Looks tough. If it's okay with me, I'll take turns." A few days later, I said, "I don't think you can volunteer for the Civilian Committee. Take good care of your husband and your child."
 ある日を境に、プツリと縁が切れ、その民生委員への電話連絡は不可能となった。
緊急事態にもかかわらず、何度電話を掛けても繋がらないのであった。ほとほと困って他の地区の民生委員に相談し、その人から掛けてみて頂いたが、やはり繋がらないのであった。
 One day, the relationship broke out, and it became impossible to contact the civilian committee by phone. In spite of the emergency, no matter how many times I called, I couldn't connect. It was not connected still though it consulted the civilian committee in other districts, and it hung from the person.
A year and a half has passed since the phone call disappeared, and it was time for the reelection of the Civil Service Committee. I had offered the intention of the candidacy to the relational source, and it was asked at all, "Will you do the next civilian committee?" The contact (even if it waited for half a year) did not reach me at all. I thought, 'It is mysterious though the shortage of the assembly member and the chronic shortage of the civilian committee are nationwide.'
 電話がつながらなくなって以来1年半が経過し、民生委員改選の時期になった。
 私は立候補の意志を関係筋に申し出ていたのだが、一向に「次期の民生委員をやってくれないか?」という連絡は(半年待っても)いっこうに私に届かないのであった。『市町村議員の成り手不足、民生委員の慢性的不足は全国的であるにも関わらず、不思議だな』と思った。《 続く:continue the next.》

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

尾ひれが付く噂(うわさ)話(救急車・パトカー)

 田舎では、うわさ話があっという間に伝達されます。今日はその情報伝達の仕組みについてお話ししましょう。
まずは、救急車がサイレンを鳴らして、村中を走ったとします。
そのサイレン音を聞いた村人は、その行先をあらゆる手段を使って聞きまくります。「どこの家に行ったのか?誰が運ばれたのか?」
「どこに搬送されたのか?」
「彼はどんな持病を持っていたのか?」
個人情報や秘密なんて存在しないのです。村が幾つか集まって町を形成していますが、その町が4000人の住民がいたとして、そのうわさその日の内に全町内を駆け巡り、知れ渡ってしまうのです、なんせ暇な人ばかりなのですからね。
 救急車のサイレン音でその状態ですから、パトカーサイレンを高らかに鳴らして走り過ぎればそれどころの騒ぎではありません。
近所の人に根掘り葉掘り聞きまくり、どんどんと話しが盛り上がって尾ひれが付いていくのでした。
 実例ですか?
ありますよ、つい最近、私がその被害にあったのです。病院から退院して出て来たら、村中どころか住んでいる町中の人々から「大丈夫ですか?」と声を掛けられました。
図書館司書の方と偶然あった時のまず一発目の言葉が「元気になられたのですか?」でした。『どんな情報が飛び交っていたのか』と探ってみると、「パトカーに逮捕されて、警察に連れていかれ、その後精神病院に入院されていたのでしょ。」という反応が返って来ました。
3か月と半月、病院に閉じ込められていました。えらい目に会いました。右翼の連中に・・・」と事情説明をしようとするとさえぎられ、「警察官だったのでしょ。貴方は警察官を右翼の連中と間違えただけですよ。病気は完治したのですか?薬は飲み続けなければいけませんよ」と続くのですかららちがあきません。
こういう時の対処方法はいたずらに事情説明を試みるのではなく、静かに時が解決してくれるのを待つのが一番いいらしいです。

 話に尾ひれが付いていく過程の解説です。
別に隣人が喋りまくった訳ではないのです。ただ単に質問に見聞きしたことに邪推(じゃすい個人的見解)をホンのちょっぴり加えただけの話なのです。あとは伝え聞いた人々が適当に、その内容をふくらませて伝達していくのでした。
 話の発展方向は決まっています。
悪い方に尾ひれが付いた方が うわさ話としては面白いと相場が決まっています。良い方向への話なんて、門口からちっとも出て行きませんが、悪いうわさは千里の道を走るのでした。

 どうして良い方向への話は門口からちっとも出て行かないか分かりますか?
セライがあるのです。周りの人が幸福になっていくのが妬ましいのです。周りの人が不幸になっていけば、『あれよりは自分の方が幸せだな』と、どうしても思ってしまうらしいですな。
心当たりがあなたにもあるでしょ?

「どうして3か月余りも精神病院に閉じ込められる羽目に陥ったのか」という質問ですか?
それはね、長くなるからその内にお話しすることにしましょう。今日はここまで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

キツネとタヌキの争い。( 大人のイソップ )

 仲の良いキツネタヌキがいました。普段は仲良く遊んでいるのですが、時々喧嘩(けんか)になります。どちらが勝つと思いますか?
タヌキの坊やは『10回の内、1,2は、ずるいことをしてもいいんだ』と、教え込まれています。
キツネの坊やの方は『 100回の内、1,2回は、ずるいことをしてもいいんだ』と、親から教え込まれています。
 この2匹の坊や(キツネとタヌキ)は一緒に仲良く遊んでいるのですが、急に取っ組み合いの喧嘩(けんか)を初めるのです。
その頻度(ひんど)は、5日毎に1回 ぐらいの割合なのでした。
 最初の内はタヌキ坊やが謝って仲直りし、また仲良く遊んでいます。その内に大喧嘩になります。タヌキ坊やはキツネ坊やを、許しません。キツネ坊やは結局、遊び仲間から追い出されてしまいました。
 キツネ坊やは、『 あれだけ許してあげたんだから、たまにはいいじゃないか』と思いつつ、さみしそうに去って行きました。
(
大人のイソップ、おしまい)  大山宏

続きを読む "キツネとタヌキの争い。( 大人のイソップ )"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月31日 (水)

スズメバチの駆除騒ぎ ( 嫁姑争いの真因?)

真夜中の3時妻が突然言い出した,「お父さん、雀蜂(スズメバチ)の駆除をしようよ」
眠かった。覚めやらぬ意識の中で考えた。『昨日も、一昨日も、大雨でやれなかった。今日には岩子島(いわしじま)に帰る。・・・、確かに今起き出して駆除をするのが一番いいかも・・・、』
 やおら夫は起き上がって スズメバチ駆除 の準備を始めた。身体はまだ眠っている、意識もまだ布団の中にある。 トイレ・煙草を済ませ、厚手の服・手袋・メッシュ付き帽子・・と、探し始めた。
 10数年前にスズメバチに刺されて亡くなった人(元町長)の記憶が鮮明に残っている。慎重には慎重を重ね万全の態勢を取らなければならないと、自分自身に言い聞かせつつ、厚手の服を探す。
妻は「雨合羽が良い」という。『雨合羽は駄屋(だや)にあれば有るはず・・』
妻「実家の合羽を借りてくれば良かった!」 夫『夜中に取りに行ける訳ない。(関係無い事を口走るな)!』とは思ったが、口には出さなかった。
 夫「厚手の手袋を!」、妻「これが良い!」と、薄手のゴム手袋を渡す。夫「その下に軍手を嵌めたいのだ。」、妻は女性用ゴム手袋と薄手の女性用軍手を差し出す。『 まあそれでもいいか 』、と夫は妥協した。
 夫が梯子(はしご)を運び始める。 妻「その梯子(はしご)じゃ たわない(届かない) のじゃない?」
答えるのは面倒であった。梯子を伸ばして蜂の巣の付近に掛け、登って行く。真夜中ではあるが、巣の周りに数匹の蜂が既に動めいている。 妻は無防備のまま、その直ぐ傍で懐中電灯を照らしている。
 夫「 危ないから、離れて居ろ!」 妻は数歩下がる。 夫「もっと下がれ!」 妻は2、3歩後退する。「 もっともっと遠くへ離れていろ(消えて居なくなれ)」
 妻は懐中電灯を持ってってしまった。 夫は手探りで 土壁の巣口に向かってスプレーを噴射した。何匹かの蜂は既に辺りを飛び廻りつつあった。
 1000円もした蜂取りスプレー缶は、あっという間に空 になった。『土壁の巣口を塞ごう』と思った。駄屋(だや)に戻り、ガムテープを探す。粘着力の弱いテープしかない。
妻に向かって「ガムテープは?」 妻「そこにあるじゃない」 夫「(それは粘着力が弱いんだ)。ガムテープは?」 妻「 それしかないわよ 
 結局、夫は自分で見つけてしまった

 一段落して「もう一度寝直そう」ということになった。妻は布団に潜り込む。煙草を吸い終えて『 さあ、消灯して 』と思ったら、スズメバチが一匹部屋の中を飛び回っている!
スズメバチだ!スズメバチが飛んでいる」
「ウソー、それは違うわよ・・」(妻は見ないで言っている
スズメバチだ。大きな蜂だ!」 妻が疑いの眼(まなこ)で起きて来た。
「近寄るな。あっちへ行ってろ!」
 スズメバチ専用のスプレー缶は既に空だ。結局、蠅たたきで飛び回っているスズメバチを叩き落とした。
 夫は寝付けなかった。起き出して梅酒を一杯引っ掛け、煙草を吸い直しても寝られなかった。
真剣勝負の真っ最中に、妻が天真爛漫の振る舞い を付近でする。結婚以来数十年間、それは変わっていない。「これが離婚騒動(嫁・姑争い)の真因なのだが、・・・」
 外に出て煙草をふかしていると、朝6時を告げる村のサイレン が鳴った。
 2011828日 

続きを読む "スズメバチの駆除騒ぎ ( 嫁姑争いの真因?)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

原罪とは?( 大人のイソップ )

 原罪とは、相手の立場に立って考えることが出来ない,悲しい人間の性(さが)のこと を言います。
 この性(さが) は、現代人の誰もが多かれ少なかれ持っいる性質であり、歴史をたどれば、『カインがアベルを殺した兄弟喧嘩(旧約聖書)』に行き着きます。

 この性質(血:DNA) が、それ以降現代まで連面と引き継がれている模様です。それをキリスト教世界では『原罪 』 と呼んでいるらしいのです。

 三浦綾子さんの『氷点』を読んで、大山宏はそう感じたのでした。
ちょっと,真面目に,書き過ぎましたか?(大人のイソップ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

誰が真犯人かは、刑事は直ぐに目星が付けられる!

 数ヶ月ぶりに、妻と夫は枕を並べて布団に入った。
妻「・・、あれは宏さんが原因でああなったのよ」

『熟年離婚騒動の原因は夫の宏にある!』と暗に、また言っている。

夫「・・・、テレビの刑事物語でね、刑事は直ぐに犯人の目星を付けるだろう? 誰が真犯人か、刑事には瞬間的に分かるんだ。複数犯であっても瞬間的に目星が付けられるのだけど、分かる?」
妻「分からない。何故?、どうして?」
夫「ある事件が起こった時、その事件後に誰が一番得をしたのか?誰と誰が得をしたのかと考えれば、容疑者は、瞬間的に絞り込めるのだよ」
妻「ああ、なるほど、ハハハ」
夫「下手に63年間も無駄飯は食って来ていないよ。38年間連れ添って来た間がらだ。改めて言うよ。俺について来なさい。悪いようにはしないよ。」
妻「それを聞いて安心した。おやすみ」

夫「・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 太平洋プレート瞬間移動の証拠を発見 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics" a 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。Meteorite hit much, not about the destruction of dinosaurs. a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・・ボランティア記 x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト 心と体 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 民生委員」介護師」看護師」保健師」目指すべき未来 福祉行政改革と大統領制への移行提案 童話:浜辺のキツネ 趣味 音楽