U・・田舎の生活・・大人の童話

2017年1月18日 (水)

尾ひれが付く噂(うわさ)話(救急車・パトカー)

 田舎では、うわさ話があっという間に伝達されます。今日はその情報伝達の仕組みについてお話ししましょう。
まずは、救急車がサイレンを鳴らして、村中を走ったとします。
そのサイレン音を聞いた村人は、その行先をあらゆる手段を使って聞きまくります。「どこの家に行ったのか?誰が運ばれたのか?」
「どこに搬送されたのか?」
「彼はどんな持病を持っていたのか?」
個人情報や秘密なんて存在しないのです。村が幾つか集まって町を形成していますが、その町が4000人の住民がいたとして、そのうわさその日の内に全町内を駆け巡り、知れ渡ってしまうのです、なんせ暇な人ばかりなのですからね。
 救急車のサイレン音でその状態ですから、パトカーサイレンを高らかに鳴らして走り過ぎればそれどころの騒ぎではありません。
近所の人に根掘り葉掘り聞きまくり、どんどんと話しが盛り上がって尾ひれが付いていくのでした。
 実例ですか?
ありますよ、つい最近、私がその被害にあったのです。病院から退院して出て来たら、村中どころか住んでいる町中の人々から「大丈夫ですか?」と声を掛けられました。
図書館司書の方と偶然あった時のまず一発目の言葉が「元気になられたのですか?」でした。『どんな情報が飛び交っていたのか』と探ってみると、「パトカーに逮捕されて、警察に連れていかれ、その後精神病院に入院されていたのでしょ。」という反応が返って来ました。
3か月と半月、病院に閉じ込められていました。えらい目に会いました。右翼の連中に・・・」と事情説明をしようとするとさえぎられ、「警察官だったのでしょ。貴方は警察官を右翼の連中と間違えただけですよ。病気は完治したのですか?薬は飲み続けなければいけませんよ」と続くのですかららちがあきません。
こういう時の対処方法はいたずらに事情説明を試みるのではなく、静かに時が解決してくれるのを待つのが一番いいらしいです。

 話に尾ひれが付いていく過程の解説です。
別に隣人が喋りまくった訳ではないのです。ただ単に質問に見聞きしたことに邪推(じゃすい個人的見解)をホンのちょっぴり加えただけの話なのです。あとは伝え聞いた人々が適当に、その内容をふくらませて伝達していくのでした。
 話の発展方向は決まっています。
悪い方に尾ひれが付いた方が うわさ話としては面白いと相場が決まっています。良い方向への話なんて、門口からちっとも出て行きませんが、悪いうわさは千里の道を走るのでした。

 どうして良い方向への話は門口からちっとも出て行かないか分かりますか?
セライがあるのです。周りの人が幸福になっていくのが妬ましいのです。周りの人が不幸になっていけば、『あれよりは自分の方が幸せだな』と、どうしても思ってしまうらしいですな。
心当たりがあなたにもあるでしょ?

「どうして3か月余りも精神病院に閉じ込められる羽目に陥ったのか」という質問ですか?
それはね、長くなるからその内にお話しすることにしましょう。今日はここまで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

浜辺のキツネ-7 ( 乞食とボランティアの境目 )

 初老のキツネは時々「けちんぼう」と呼ばれた。青年時代には「吝嗇家(りんしょくか)」「渋ちん」「どけち」・・とも呼ばれた。同じ事である。

 「何でも捨てるのはもったいない。」とまず思う。『何かに活用できないか?』と常に考える。生まれついてからの(物心付いてからの)習性であり、それを製品開発という自分の仕事にも生かして来た。

 今、東北でボランティア活動をしていて当惑したのであった。ともすると自分自身が乞食(こじき)と区分け出来なくなる のだった!

 どちらも収入は零(ゼロ)。生き抜くためにケチケチ戦略を実行する。腐ってない限り、手にした食物は食べる。風呂には”ただ(無料)”でなければいつまでも入ろうとしなくなる。 もちろん、着た切り雀(すずめ)。・・・

 「志(こころざし)が違う!」と言いたいであろう。しかし、被災者の内に見え隠れするもの(エゴ?)が、ともすれば その思いを打ち砕く!
「私はどうしてここ東北の被災地にわざわざやって来たのだろうか?」と、キツネは悩んだ。

『 瀬戸内海の小島に帰ろう。 この辺りがボランティアの限界なのかも知れない。』 そのように 初老のキツネは思った。

 被災地の一つである宮城県亘理町を離れて高速道路に乗った。来る時はつぼみだった辺りの桜の花は散ってしまい、葉桜が緑を競っていた。
磐梯山近くのサービスエリアだったか、初老のキツネは気抜けしたようにぼんやりと辺りを眺めていた。

 その時、放心状態の薄汚い初老キツネを見た中年ウサギ が、声をかけた。
「 ボランティアなさっていたのですか?」
「 ええ、そうですが、、?」
「 それは本当に御苦労さまでした。有難うございました。私の家族も一人、この震災で亡くなりました。でも、私なんかまだいい方です、行方不明であった家族が五体満足な遺体 として見つかったのですから。
 今も行方不明の方々が、1万人近くおられます。その方々に較べれば、私なんかは幸せです。
 遠路はるばるボランティアに駆けつけて下さって、本当にありがとうございました。」

 これを聞いた初老キツネの眼から、おもわず涙があふれ出した。
『 この一言でいい。この一言で私は救われた!』
『遠い瀬戸内海の小島から わざわざ来た甲斐があった!』と思ったのだった。

「大人のイソップ(浜辺のキツネ)」
  通読感謝!2011,9,06 大山宏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

浜辺のキツネ-6 ( トマトの風評被害 )

 相馬中村神社に「トマトを収穫してくれ」との電話が入って来た。風評被害で出荷できずに困っているとのことだった。

即座に、青年キツネ達 が2台のバンに乗り会わせて出動していく。場所は、福島第一原発事故現場から半径30Km圏内(南相馬市)だ。初老キツネ も少々緊張気味。

 海岸沿いの道々は、まるで戦場跡でも見るが如く であった。訪ね尋ねてたどり着いた広い場所には大きなビニールハウス が10数棟、平行設置されていた。

 蒸し暑いハウスの中で収穫作業が始まる。コンテナ籠10箱は、じきに一杯となった。
ビニールハウス内は家の中と一緒で、放射能の影響はほとんど無いはずなのに、突然福島県産のハウス物トマトまで 売れなくなる。
風評被害に関して薄々は聞いてはいた。しかし、実際に現場で作業をしてみると、生産者の苦渋苦悩は痛いほど伝わって来る。

 過去のトイレットペーパー騒ぎ、災害直後の株価の暴落、放射能被害・汚染を極度に(病的に)避けようとする異常反応に、現代社会のもろさ・あやうさ を、ハウス物トマトを収穫しつつ、初老キツネは危惧した。

 「県外に出荷出来ないものは、県内で消費すればいいじゃないか」との趣旨だった。収穫したトマトは、近所の幼稚園や非難場所となっている小・中学校などに希望に沿って配って歩いた。
 何処でも大変歓迎されたのだった。

 誰かが損をすれば、誰かが得をしているらしいこの世の中。初老狐は『火事場泥棒 や、暗躍する(白昼堂々と歩いている?)死の商人 憎い!』と、改めて思った。

大山宏「大人のイソップ」 -- 続く --

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

浜辺のキツネ-5 ( いきなりのボランティア活動 )

 瀬戸内海の小島から東北被災地までは、高速道路でも1日半はゆうにかかる。ガソリン代はもちろんのこと、高速料金も自前だ。
気の毒がって途中のインターチェンジでは、詳細な全国道路地図を「ただ」でプレゼントされた。

 東尋坊を過ぎ、新潟を目指して走る。日本海沿いに走る東北道は、車も少なく、アウトバーン並みに飛ばせる。海に沈む夕日が美しい!
初老のキツネは、自分の行動力に久々の満足感を感じながら走った。
あの時は自転車だったが、ヨーロッパ大西洋の海を横目に走ったオランダの西海岸や、アイセル湖を仕切る大堤防(ダイク)のことを思い出しつつ走り続けた。

 新潟から福島県に抜ける途中で、夜になった。雨が降っていた。10時過ぎ、誰もいない休憩所近くの空き地に駐車して寝た。

あくる朝起きて見ると、自分の眼の前には雪壁 が連なっていた。付近一帯は銀世界!、寒いはずであった。寝袋二枚でなければ凍死 していたかも、、?

 磐梯山を横目に走った。会津磐梯山は雪 に覆われていた。『 そろそろ、ガソリンを補給しなければ、、』と、ガソリンスタンドに立ち寄る。

「今日の分は既に売り切れました。次の補給タンクローリーがいつ来るかわかりません」。
 初老キツネは急にあせった。『 まだ予備タンクにはガソリンが入っていない。被災地に近づけば近づくほどガソリン補給は困難になっていくはずだ。・・・』

 幸いにも、次のサービスエリアで給油はなんとか出来た。
ほっと、胸をなでおろした。

 相馬市に入った。口コミ情報で得た「相馬中村神社」を目指して走る。
『 この辺りのはずだがな、。』と、思いつつ携帯電話をかけてみる。

「今、何処にいる?、そこから何が見える?」
「お堀と、小学校か中学校の建物が見えます」
「ちょっとの間、そこから動かないで待ってて下さい。」

 しばらくして古風な学校らしき建物から、一人の青年キツネ がこちらに向かって歩いて来た。
「今、被災者の集団移転準備 の真っ最中なのです。突然で申し訳ないが、手伝ってくれますか?」

 いきなり、ボランティア活動が始まった。
初老キツネは結局、昼食を取り損ねてしまった。
 (むしょうに)熱厚の油揚げ入りうどんが食べたかった。

大山宏「大人のイソップ」 -- 続く --

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

浜辺のキツネ-4 ( いざ、東北被災地へ2000Km )

 四国八十八カ所巡りのほんの入り口で(否、四国に渡る直前で)、居ついてしまった。実に居心地が良かった。地元のタヌキ達は、皆ニコニコしていた。「玉ねぎ を食え」「ワケギ をあげる。このキャベツ も食べて!」「ジャガイモ は好きか?サツマイモ は?」「缶コーヒーを飲め」・・と、誰れ彼れなく勧めてくれる。

「お主が居てくれるだけで、付近にゴミを捨てる奴(ふとどき野郎)が激減した」とのことだった。

 近所の畑の草抜きも手伝った。タヌキ親父がゴミ捨て場としていた海岸の出っ張りも、片づけさせてもらった。初老キツネの故郷と比べれば、まるで天国と地獄だった。

 そんなある日(3月11日)、東北大震災 が起こった。悲惨な状況が毎日、長時間、テレビやラジオで報道された。

 報道を見る度に、初老キツネは居心地が悪くなった。
『 こんな所でボランティアしてていいのだろうか?どうせ同じボランティアなら、最も必要とされる東北で やるべきではないか?』
一方で報道アナウンサーは、「今、現地にはボランティアに飛び込まないで下さい」と繰り返している。

 悶々とした日々が3週間過ぎた3月末、意を決して準備を始めた。
インスタントラーメン20食分、即席カレーライスパック10食分、大盛り焼きそば10食分、手持ちの白米15Kg、、鍋、フライパン、携帯ガスコンロとガスボンベ缶6本、、寝袋2つ、雨合羽に長靴、ゴム手袋、軍手、熊手、ジョレン、鎌(かま)、、折りたたみ自転車、持ち運び用ガソリンタンク、、、

 タヌキ親父 :「 ワケギ を好きなだけ持って行け!」
有難く、頂戴した。
 あばら家 軒下の桜のつぼみ は、少し膨らみかけ始めていた。

 大山宏「大人のイソップ物語」 -- 続く --

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

浜辺のキツネ-3 ( 刺さった釣り針 )

 すっかりその島が気に入った初老のキツネは、正が日の3日間をその浜辺で過ごした。四国八十八カ所めぐり に改めて旅立つにあたり、何かお礼がしたかった。
『 やくざでも、一宿一飯の恩義 を感じる。ましてや初老の私がしない訳にはいかない』。

 改めて周囲を見廻すと、釣り人が捨てて行ったゴミで、海岸 ごみだらけ であった。『 そうだ、これを掃除してあげよう!』

 自分が運転して来た車から草刈り機を取り出し、付近の草を刈り始めた。
ものの5分もしない内に、草刈り機が回転しなくなる?
見れば釣り糸が幾重にも絡まっていた。
数分毎に回転が止まり、巻き付いた釣り糸を取り除く。次第に乱暴な取り除き作業になっていく。

 『 痛い!』 鋭い衝撃が手に走った。
見ると小指の付け根に太い釣り針 が食い込んでいた。
『 取れない。困ったぞ。』

 向こうの砂浜に釣り人が数人たむろしていた。走り寄って「抜いてくれ」と頼んだ。
あずってもあずっても釣り針が取れない。終いには「病院に行った方がいい」と言いだす。
「 冗談じゃない。今日は1月4日だぞ。病院なんか開いてない。たったこれっポッチのことで病院なんて勘弁してくれよ。何とか取り除いてくれよ」

 そうこうする内に、軽トラック が通りかかった。 『 しめた。地元の方だ。』
車の中から年配の たぬき親父ヌーっと 現れた。
「釣り針がここに刺さってしまった。何とかなりませんか?」
「・・、ペンチは持っているか?」
「 あります。」と、車の中からペンチを取り出して差し出す。
「 眼をつむってろ!」

 一瞬だった。見事に刺さっていた大きな釣り針は取れていた。
は直ぐに止まる。海での怪我は膿んだりしない。」
「ありがとうございました。」

「何してたんだ?」
「草刈り機に絡まったゴミを取り除いていて、グサリっと刺さったのです」
「ああ、お前か。あそこの海岸に草刈り機を投げてあったので、不審に思っていたのだ」。
「(3日間、お世話になったので)一宿一飯のお礼にと、海岸の掃除をしてました」。

 気を良くしたタヌキ親父は言った。
「何処から来たか?何処に行こうとしているのか?」
「四国八十八カ所巡りに向かう途中です。ここ数日、この浜辺でお世話になりました」
「(急ぐ旅ではなさそうだな)あの部屋を貸してやる。ゆっくりして行け。家賃はいらない。俺の海の家 だ。付近を暇な時に掃除してくれればそれでいい。トイレはあそこだ。水はこの蛇口から使え。電気も自由に使っていい!」

 願ったり叶ったりであった。

大山宏「大人のイソップ」 -- 続く --

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

浜辺のキツネ-2 ( 大人のイソップ )

 拝殿の中には神社世話役のタヌキ数匹 が上下(かみしも)姿で居並んでいた。御札を押し頂いた後、暇なキツネ は世話役タヌキ連中を相手に、
「昔、この社を訪ねたことがあります、、、」
「世界的に有名となった安芸の宮島(厳島神社)は当神社の分家だと、15年前に聞いた」ことなど、話に花を咲かせたのだった。

 昼飯時となった。
「一緒に、弁当を食べませんか?」
「いいですね。御一緒させて頂きます」。

「そのお神酒を、私にも飲ませて下さいませんか?今日は、車は運転しませんので」
 紙コップに注がれたお神酒を皆で楽しんだ。(最近はくまのおまわりさん”がうるさくて、正月の参拝者には、くず湯 が振る舞われるだけだ)。

「向こうの山のお寺( しょうじょう寺 ?)を訪ねてみられましたか?」とタヌキの親分格 が問いました。
「いいえ、まだです。除夜の鐘 は聞こえませんでしたが、お寺もあるのですか?」
「この神社ほどではないが、由緒正しき お寺ですよ。地図を書いてあげましょう」

 初老キツネ は更に尋ねました。
「あの向こうに見事な岩山 がありますが、あそこに登ってみたいのです。どの辺りから登れるのでしょうか?」

 懇切丁寧に、登り口や尾根道 を教えてもらったキツネ は、登ってみました。『 素晴らしい景色、流石は瀬戸内海国立公園!』

 360度の大パノラマであった。北向こうに尾道水道 が横たわり、西向こうの備讃瀬戸水道には、大型船・小型船がひっきりなしに 行き来している。南向こうには しまなみ海道 の因島大橋 が大きくゆったりと横たわっている。

 初老キツネ は、暖かな日差しの中で、感動しました。
『 ここには神様が住んでいる!』 そう思った。
『 日本国はやっぱり神社の神が住む国だ!』

 真冬ではあるけれども暖かな日差しの中で、流浪の旅 途中の初老キツネはそう思ったのでした。

-- 大山宏「大人のイソップ」 -- ( 続く )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

浜辺のキツネ-1 ( 大人のイソップ 物語 )

 瀬戸内海のとある小島に、厳島神社 という古い社(やしろ)がある。その小島にタヌキ達が寄り添って住む 小さな集落 があった。夏が来るたびに、ウサギ・ムササビ・ヌートリア・イノシシ・キツネ・・などが海水浴にやって来て、昔は大変にぎやかだった。

 今はさびれてしまったが、それでもタヌキの住人達は神社を大切に守りつつ、ささやかに暮らしていました。

 暮れも押し迫ったある年の大晦日(おおみそか:12/31)、一匹の初老キツネ が流れ着いた。明日は正月だというのに、その社には人っ子一人見当たらない。『 さびれたもんだ 』と思いつつ、その夜は近くの海岸で一夜を明かした。野宿だ。

 小雪の舞う寒い寒い夜を明かしたキツネは、朝日を浴びて眼を覚ました。『毎年の恒例だ。初詣をあの神社で済まそう。』と、そのキツネは思った。

 出かけて見ると、その社(やしろ)の境内はウサギ・キツネ・タヌキ・イノシシなど大勢であふれていた。社(やしろ)の前には、大きな焚火が景気良く焚かれている。キツネは冷えた身体を温めようと、その焚火を囲んだ集団に加わって行った。

「・・、年始の御札を頂きたいのですが、いくら位お包みしたら宜しいでしょうか?」
「”3枚”ぐらいでいいんじゃないの?」
キツネはビックリした。『流浪の旅の最中に、”3枚”は痛い出費だ』。
それでもキツネは清水の舞台から飛び降りる思い で、”2枚”を紙に包み、拝殿に上がって行った。

(続く)  2011,9, 5  大山 宏 記

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

キツネとタヌキの争い。( 大人のイソップ )

 仲の良いキツネタヌキがいました。普段は仲良く遊んでいるのですが、時々喧嘩(けんか)になります。どちらが勝つと思いますか?
タヌキの坊やは『10回の内、1,2は、ずるいことをしてもいいんだ』と、教え込まれています。
キツネの坊やの方は『 100回の内、1,2回は、ずるいことをしてもいいんだ』と、親から教え込まれています。
 この2匹の坊や(キツネとタヌキ)は一緒に仲良く遊んでいるのですが、急に取っ組み合いの喧嘩(けんか)を初めるのです。
その頻度(ひんど)は、5日毎に1回 ぐらいの割合なのでした。
 最初の内はタヌキ坊やが謝って仲直りし、また仲良く遊んでいます。その内に大喧嘩になります。タヌキ坊やはキツネ坊やを、許しません。キツネ坊やは結局、遊び仲間から追い出されてしまいました。
 キツネ坊やは、『 あれだけ許してあげたんだから、たまにはいいじゃないか』と思いつつ、さみしそうに去って行きました。
(
大人のイソップ、おしまい)  大山宏

続きを読む "キツネとタヌキの争い。( 大人のイソップ )"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月31日 (水)

スズメバチの駆除騒ぎ ( 嫁姑争いの真因?)

真夜中の3時妻が突然言い出した,「お父さん、雀蜂(スズメバチ)の駆除をしようよ」
眠かった。覚めやらぬ意識の中で考えた。『昨日も、一昨日も、大雨でやれなかった。今日には岩子島(いわしじま)に帰る。・・・、確かに今起き出して駆除をするのが一番いいかも・・・、』
 やおら夫は起き上がって スズメバチ駆除 の準備を始めた。身体はまだ眠っている、意識もまだ布団の中にある。 トイレ・煙草を済ませ、厚手の服・手袋・メッシュ付き帽子・・と、探し始めた。
 10数年前にスズメバチに刺されて亡くなった人(元町長)の記憶が鮮明に残っている。慎重には慎重を重ね万全の態勢を取らなければならないと、自分自身に言い聞かせつつ、厚手の服を探す。
妻は「雨合羽が良い」という。『雨合羽は駄屋(だや)にあれば有るはず・・』
妻「実家の合羽を借りてくれば良かった!」 夫『夜中に取りに行ける訳ない。(関係無い事を口走るな)!』とは思ったが、口には出さなかった。
 夫「厚手の手袋を!」、妻「これが良い!」と、薄手のゴム手袋を渡す。夫「その下に軍手を嵌めたいのだ。」、妻は女性用ゴム手袋と薄手の女性用軍手を差し出す。『 まあそれでもいいか 』、と夫は妥協した。
 夫が梯子(はしご)を運び始める。 妻「その梯子(はしご)じゃ たわない(届かない) のじゃない?」
答えるのは面倒であった。梯子を伸ばして蜂の巣の付近に掛け、登って行く。真夜中ではあるが、巣の周りに数匹の蜂が既に動めいている。 妻は無防備のまま、その直ぐ傍で懐中電灯を照らしている。
 夫「 危ないから、離れて居ろ!」 妻は数歩下がる。 夫「もっと下がれ!」 妻は2、3歩後退する。「 もっともっと遠くへ離れていろ(消えて居なくなれ)」
 妻は懐中電灯を持ってってしまった。 夫は手探りで 土壁の巣口に向かってスプレーを噴射した。何匹かの蜂は既に辺りを飛び廻りつつあった。
 1000円もした蜂取りスプレー缶は、あっという間に空 になった。『土壁の巣口を塞ごう』と思った。駄屋(だや)に戻り、ガムテープを探す。粘着力の弱いテープしかない。
妻に向かって「ガムテープは?」 妻「そこにあるじゃない」 夫「(それは粘着力が弱いんだ)。ガムテープは?」 妻「 それしかないわよ 
 結局、夫は自分で見つけてしまった

 一段落して「もう一度寝直そう」ということになった。妻は布団に潜り込む。煙草を吸い終えて『 さあ、消灯して 』と思ったら、スズメバチが一匹部屋の中を飛び回っている!
スズメバチだ!スズメバチが飛んでいる」
「ウソー、それは違うわよ・・」(妻は見ないで言っている
スズメバチだ。大きな蜂だ!」 妻が疑いの眼(まなこ)で起きて来た。
「近寄るな。あっちへ行ってろ!」
 スズメバチ専用のスプレー缶は既に空だ。結局、蠅たたきで飛び回っているスズメバチを叩き落とした。
 夫は寝付けなかった。起き出して梅酒を一杯引っ掛け、煙草を吸い直しても寝られなかった。
真剣勝負の真っ最中に、妻が天真爛漫の振る舞い を付近でする。結婚以来数十年間、それは変わっていない。「これが離婚騒動(嫁・姑争い)の真因なのだが、・・・」
 外に出て煙草をふかしていると、朝6時を告げる村のサイレン が鳴った。
 2011828日 

続きを読む "スズメバチの駆除騒ぎ ( 嫁姑争いの真因?)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 太平洋プレート瞬間移動の証拠を発見 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics" a 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。Meteorite hit much, not about the destruction of dinosaurs. a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・・ボランティア記 x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト グルメ・クッキング・介護・ 心と体 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 福祉行政改革と大統領制への移行提案 趣味 音楽