x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告)

2019年9月14日 (土)

公益特養:豊邑園の謎. The mystery of TOYOSAKA-Garden

 博一は歌いながら『あらッあそこに座って聞いておられる小柄なお婆ちゃんは最近どこかで見かけた人だぞ。誰だったかな?』と思ったが、直ぐには思い出せなかった。12曲をみんなで歌う慰問公演であった。毎年恒例の豊邑園慰問公演なので、ほとんどの人の顔には見覚えがあった。歌の合間にふと、『ああ、あれは元町長さんの奥方だ』と、思い出した。『年齢は確か今年で103才のはずだ。四年前の市会議員選挙の時には98歳だったが、長女娘への支援を呼びかけて町内を隈なく歩き回ったすこぶる活発で元気なお婆ちゃんだ!』と思い出した。
 Hiro sings, "The petite old woman who is sitting there and listening is the person who has seen somewhere recently. Who was it?’ he thought, but he couldn't remember it right away. It was a consolation performance in which 12 songs were sung together. Because it was the annual HOUYUUEN consolation performance, most people's faces were familiar. It recalled, 'Ah, that is the wife of the former mayor' by chance between the songs. "I'm sure she's 103 this year. She was 98 years old at the time of the municipal assembly election four years ago, but she was a very active and energetic old woman who walked around the town calling for support for her eldest daughter! It recalled.
 『それにしても、表情が硬い。ニコリともしないでこちらをみておられる?』と不思議に思いつつ、博一は歌い続けた。
 不思議なことに、握手会の時にはそのお婆ちゃんは居なかった。『早々にひきあげたんだな。後日、挨拶に自宅の方に立ち寄ってみよう』とあの時思ったが、そのままになっていた。それをふと思い出して博一はハンドルを左に切った。
 呼び鈴を押すと若奥さんが出て来られた。

続きを読む "公益特養:豊邑園の謎. The mystery of TOYOSAKA-Garden"

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

限界集落内にて「電動車いす事故」発生。 An electric wheelchair accident occurred in a marginal village.

 山間の故郷に帰って来たのは今から10年前であった。その時父は既に亡くなっており、残された母が先祖伝来の土地と建物とを維持管理してくれていたのでした。その母も今から8年前に遠く離れた老人ホームに転出し、一人宏は人家がまばらになったその村に取り残されて久しい。 It was ten years ago that I came back to my hometown in the mountains. At that time, my father had already passed away, and my mother had maintained the ancestral land and buildings. His mother also moved to a nursing home eight years ago, and he has been left behind in a village where his family has become sparse.
 築山を兼ねた裏山を含めれば、かれこれ五百坪はあろうかという、かなり大きな屋敷ですが、幸いにも隣りにはお婆ちゃんが住んでいて、元気に暮らしておられました。そのお婆ちゃんや残り少なくなった近所の人々と会話できるのが、宏の楽しみでありました。
 Fortunately, the grandmother lived next to it, and it lived energetically though it was a considerably big residence whether there was 500 ‘tsubo坪’ of this if the back mountain which also served as ‘tsukiyama(Garden-mountain)’ was included. It was Hiro's pleasure to be able to talk with the old woman and the people in the neighborhood who had become few.
 隣りの家との間には深い溝がありました。隣りのお婆ちゃんが最近、電動車いすを購入した!宏は出歩く事を薦めていたが、電動車椅子での買い物や散策も「良い事だ」と激励したのでした。小柄で活発なそのお婆ちゃん、嬉しそうに向こうの田んぼや裏山の畑まで、その電動車いすで毎日野良仕事に出かけていました。
 There was a deep gap between the Home next door. The grandmother next door recently purchased an electric wheelchair! The small, active old woman went out to the field of the rice field in the other side happily and the field in the back mountain every day in the electric wheelchair.
 ある日、宏は自宅の前にある長くて深い溝が気になり出した。『この溝に、もしお婆ちゃんの車椅子が突っ込んだら、ただでは済まないぞ』と、宏は思った。思ったら即、行動に移すのが宏の性格であった。
 One day, Hiro. started to worry about the long, deep ditch in front of his home. Hiro. thought, 'If grandma's wheelchair rammed into this ditch, it was not sorry for free'. It was Hiroshi's character to put it into action at once when thinking.
 宏はホームセンターから縦30x横60x厚さ10㎝ のコンクリートブロックを90枚買い込んで来て、長さ数十メートルも続く道沿いの その深い溝に蓋(ふた)をしたのでした。「これで大丈夫だよ」とお婆ちゃんに話すのを楽しみにしていたのですが、どういう訳か、お婆ちゃんの姿を急に見かけなくなったのでした。
 Hiro. bought 90 concrete blocks of 30x wide 60x thick 10cm from the home center and put a lid on the deep ditch along the road that lasted tens of meters in length. I was looking forward to telling my grandmother that this would be all right, but for some reason, I couldn't see her suddenly.
 見かけなくなって一週間も経ったころであったか、突如、峠向こうに住んでいる親戚のおばちゃんが訪ねて来て、「明日は報恩講だけど、隣のお婆ちゃんは居られないから、お寺さんは隣家を飛ばしてあなたのところに向かわれる。そのつもりをしておいて」と言われました。
何かあったのですか?病気事故にでもあわれたのですか?」と聞いても、教えては頂けなかった。
It was not seen, and it was time when it had passed for as much as one week or suddenly the aunt of the relative who lived in the pass side visited, and it was said, "The next grandmother is not able to exist though it is a reward lecture tomorrow, and the temple is made to fly the next house and to go to you. I'm going to do that." Did something happen to you, or did you get sick or have an accident? Even if it heard, it was not possible to teach it.
報恩講を済め、村人総出で行う共同掃除作業を終えた後も、お婆ちゃんは帰って来ませんでした。
不思議なことに、それでも毎朝、新聞配達のバイクの音は規則正しく聞こえてくるのであった。
『新聞や郵便物がポストにたまってしまっては、泥棒にも直ぐに住人の居ないのがバレてしまうが・・・』と宏は心配になった。そこで思い切って宏は、お婆ちゃんの家に様子を伺いに行ってみた。

続きを読む "限界集落内にて「電動車いす事故」発生。 An electric wheelchair accident occurred in a marginal village."

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

磐梯山サービスエリアにて。(ノッツェ婚活)の姉さんへ

帰り道の「磐梯山SA」にて(薄汚い格好で)放心状態で椅子に座っていたら、年若い奥さんに声をかけられた。
その方の御家族の一人は亡くなられたとの事。
「・・・でも、私なんか幸せですよ。五体満足の遺体で、やすらかな顔の綺麗な遺体で見つかったのですから。」
「・・・本当に遠くから、ボランティアに駆けつけて下さって有難うございました」

私の眼から急に涙が噴き出した。
そうなのだ、この一言で私は救われた。
 東北被災地に来た甲斐があった。
おせっかいではなかったのだ』と思った。


ノッツェ婚活のお姉さんへ
「ちょっと正直に書き過ぎましたか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

岩手県のリアス式海岸沿いに南下移動

海岸沿いに南下した。『通りがかり』なんだからと、碁石海岸・黒崎神社あたりの半島を廻って見た。のんびりと良い骨休めとなった。
梅の里みたいな所もあり、切り立ったリアス式海岸には津波の跡は見当たらなかった。

それでも海岸に降りてみると舟の残骸や木の大木などが打ち上げられていた。そんな海岸で、若い人の運転免許証入りの財布を拾った。
「多分被災されて亡くなられた方なのだろう」と、最寄りのポリボックスに届けておいた。

ちょうど激しい雨が降っていた。
警察官に「ここ(ポリボックス)内で炊飯させて欲しいんだが、、」と聞いてみた。「駄目」の一言!
『やっぱりお役所なんだ、この非常時であっても。』

 宮城県亘理町で数日間 、ボランティアを行った。宮城県亘理町で数日間 、ボランティアを行った。ここでは、ボラセン(ボランティアセンター)組織がしっかりしていた。但し、車の中で寝ることや自炊生活に変わりはなかった。
 限界だと思った。
出発前には3ヵ月ぐらい頑張るつもりだったが、限界を感じた。
 関東あたりなら一旦帰って出直すという手はある。
 しかし、広島との行き来は無理。
 年老いた田舎の母の事も気掛かりであった。
1年前まで暮らしていた相模原経由で帰ろうかとも思ったが(経済的な面から)断念し、帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月30日 (水)

料理が苦手な私が作った料理「肉肉野菜炒め」

水も電気も無い(自衛隊が提供してくれた風呂だけが有難かった)気仙沼ボラセン(:ボランティアセンター)に1週間余り滞在の後、東北自動車道を北上した。

途中、雪で覆われた岩手山の姿が美しかった。家内と二人で平泉辺りを散策する夢を語りあった事も思い出された。しかし今はそれどころじゃない。一路北へ。八戸を目指した。

八戸は、津波はそれほど高くはなかったらしい。
ウミネコが繁殖する岬の神社を訪れてみた。
 足の踏み場が無いほどにウミネコが戯れている。別世界に来たような錯覚を覚えた。
 海岸線沿いに岩手県山田町まで下って来た。
 そこで改めてボラセン登録。

活動内容はドカチン作業が主だ。縁の下に数え切れないほど潜って泥搔き作業をした。
1回だけ料理補助者として、(この料理が苦手の私が) 「肉肉野菜炒め」なるものを作った。やまいも"大根おろし"でする経験もした。何せ30食分ですからね、摩り下ろすだけでも大変ですよ。
どういう訳か(自分の作った料理は食べさせてもらえず)、調理後に、新たに自分の為の夕食を別に作らなければならなかった。

1日だけボラセン休み日があった。
親しくなった友と一緒に近くの海岸を車で散策した。蝦夷鹿 リス が道端でノンビリしていた。

 山田町には10日位居ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

海の家での生活  雪が舞っていても何故か心が暖かい

 私の場合両方の家族から離婚を迫られて、丸9ヶ月間逃避生活を海傍で過ごした訳でしたが、海は暖かさが満ち溢れていました。暇にまかせて海岸清掃(ボランティア)を行いながら、朝日夕日の美しさに見とれました。

 風が強い日も雪が舞う日も、何故か心が温かかったのを覚えています。近所のおじさん達おばさん達が大根や玉ねぎ、白菜、などや、獲れたての魚などを食べろ食べろと持って来てくれました。
 雪の舞う暗闇の中で米を研ぐ時も、何故か心は暖かかったのを覚えています。

 そんなある日(3月11日)、あの東北大震災のニュースが、あの東北大震災のニュースが、[ねじれたテレビ画面]を通して報道されたのでした。私は何か複雑な気持ちでした。
『 このままこの瀬戸内海でボランティアしていていいのだろうか?』
『 同じボランティアなら(海岸の清掃なら)、本当に困っている東北の地で、ボランティア活動すべきではないか。』

 しかしニュースでは「よそ者は来るな。来るな」と再三放送を繰り返していたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

老いらくの恋 永遠の青年 イメージ人

 若い頃のようには行かない。行くはずもない。
婚活を初めてまだ
10日経ったか経たずか?
ノッツェ姉さんの指導に従い、訳も分らずに、5名の方に申し込んだ。
 その日の内に2名の方からお断りのお返事があった。
 3日後には3人目の人からお断りが来た。ショックだった。

 いくら気が若くて『永遠の青年よ!』と思っていたって歳である。
若い人達を押しのけてまで、我武者羅に頑張る気はない。
でも寂しい。
38年間の人生全てを失ってしまって、一人自分自身のためだけに食事の準備を続けるのは苦痛であった。
 もう婚活も止めようかとも、思った。

続きを読む "老いらくの恋 永遠の青年 イメージ人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

ジイ(G)です。皆さん元気にご活躍のことと思います。

 ライフセービングの皆さん今晩は!広島県に帰って来て既に1週間になります。その節は皆さんに大変お世話になりました。挨拶に田舎に帰った時、パソコンで『チームSOS』を検索したらいくつかの記事がキックできました。
 写真をキックしてみたら、何と、岩手県山田町災害ボランティアセンター玄関前での写真じゃあないですか!びっくりしましたし、懐かしくもありました。あの時刻、私は数十メートル奥で寝ていたのでした!
 朝方、豊田さんから電話をもらい、『山田町ボラセンにいます』と答えた直後に向こうから豊田さんが歩いて来ておられたのには、自分自身の目を疑いました!
 その折りに、『大使』さんの紹介を受けましたが,昨夜手塚治虫の漫画を読んでいて、『マグマ大使』から付けられた愛称だ、と確信できました。なんと身体の大きさも顔の表情も、ぴったり一致してるじゃないですか!宜しくお伝えください。
 久々に私のブログ『光世界の冒険、大山宏』に三件の記事を追記しておきました。東北に持ち込んだ手塚治虫の漫画や、川口カイジの漫画「沈黙の艦隊」は、ピスタチオ安田さんの指導の下、学校体育館の避難所に寄付させていただきました。これも良い思い出になりました。感謝です!皆さん元気で活躍ください!
 岩子島(いわしじま)の大山宏より。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

私が東北にボランティアに行った意味

 お早うございます。坊主頭の大山宏です。
無事広島県の岩子島(いわしじま)に帰り着きました!
短いお付き合いでしたが有難い出会いでした!
尾道に着いて図書館に立ち寄り、手塚治虫の図書を数册借り寝床の中で読んでやっと気が付きました!
私が東北にボランティアに行った意味が!
 どうやら『自分が生きていること、人間である事を確かめたくて』、被災地に飛び込んで行ったようでした。
ちなみにそれを気付かせてくれた漫画は『火の鳥(復活編)』あなたなら読まれたことがあるでしょうが、ロビタという人間の記憶を持ったロボットでした。
 瀬戸内海でのんびりやっています。元気にご活躍ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 太平洋プレート瞬間移動の証拠を発見 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics" a 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。Meteorite hit much, not about the destruction of dinosaurs. a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・・ボランティア記 x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト 年初未明より突如、各省庁/市町村役所/警察庁内で行革がスタート 心と体 成長の限界 the "Limits of Growth" 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 時間Timeが進む回転方向と、Timeが遅れる回転方向。 民生委員」介護師」看護師」保健師」目指すべき未来 澄子の部屋 福祉行政改革と大統領制への移行提案 童話:浜辺のキツネ 趣味 音楽