Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫

2016年4月20日 (水)

内藤正典著「トルコ:中東情勢のカギをにぎる国」を読んで。イスラム国とは。Hiro. Oyama

 今年(2016年)の2月に大刷発行の新刊書です。私はこの書を図書館借り出して読み始めたのですが、引き込まれるようにして半分くらい読んだところで、近所の文具店に電話をかけました、「『トルコ:中東情勢のカギを握る国』という新刊書が出ているが、この本を至急取り寄せて下さい」
「ISBN番号は何番になっていますか?」
「ISBN?何それ?どこに書いてある番号?」
「本の裏表紙に書いてある番号ですよ。それが分かると一発で本の発注が出来るのです」
「ああ、分かった。ISBN978-4-08-781601-3、って書いてあるよ」
「了解。ああ、分かった。ついこの2月に発刊されている本ですね。内藤正典さんが著者であり、1500円」
「そうだ。今図書館から借りて来て読んでいる途中だけど、手元に置いておきたいほど良い本なので取り寄せておいて下さい」
「分かりました。2~3日の内に届きますよ」
「よろしく」

 という電話発注をしたのでした。
後半部を読み進める内に、電話手配をして良かったと、確信しました。
中東情勢に関する政治問題の解説書ですが、実に生き生きとした文章であり、説得力があるのです。
私は、これまで聖書やマホメッドの伝記などを通して中東のことを理解しているつもりでいたが、テレビ報道に惑わされて、ちっとも本質が分かっていなかったのを自覚できたのでした。

 少しだけ、書かれている内容紹介をしましょう。
イスラム国」の台頭の背景
これが、アフガニスタンへの軍事介入⇒フセイン政権の打倒が直接原因であったことが明確に(分かり易く)論述されているのでした。

更に、「邦人人質事件」という項では、
『2015年の1月下旬、湯川遥菜氏と後藤健二氏の2人が「イスラム国」によって殺害されるという痛ましい事件が起きた』のですが、この事件を実に公平な立場でもって、
『どうして後藤健二氏も、ヨルダン空軍のパイロットも、ヨルダンに囚われていた女性死刑囚も(3人共)殺害されるにいたったのか』ということが、目の覚めるような筋道で理路整然と述べられているのでした。(安倍政権も形無しです)。
 現在は「イスラム国と言ってはいけない」ことになっていて「IS」と呼ぶように報道規制(指導)が成されている中で、中東国際政治の第一人者である内藤正典は、堂々と「イスラム国」という言葉を使って、中東の国際政治を語っておられるのでした。

続きを読む "内藤正典著「トルコ:中東情勢のカギをにぎる国」を読んで。イスラム国とは。Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

"Jews: Supreme wisdom (Dr. Maejima)" the philosophy is interesting.「ユダヤ人:最高の知恵(前島誠)」は面白い! Hiro. Oyama

"Jews: Supreme wisdom (Dr. Maejima)" the philosophy is interesting.
「ユダヤ人:最高の知恵(前島誠著)」は面白い哲学書です。
If I am not for myself, who is for me?
If I care only for myself, what am I?

 我が家の本棚を眺めていて、茶色に変色した小さな本が目に留まりました。表題の 「ユダヤ人:最高の知恵」という哲学書です。玉川大学教授である前島誠氏が1994年に三笠書房から発行なさった本ですが、表題のイメージとは違って、内容は至って平易で面白い哲学書です。
 夢中で読みました。実に正直に書かれています。著者の生き様(生きる姿勢)をそのまま本になさった感があり、特に、二人のお子さんの教育姿勢に気持ち良い感動を覚えました。
言行一致の生き様とはこれを言うのかな、とも思えました。
 本の紹介がてら、ブックカバーの後ろの紹介記事を、転載させて頂きます。

この“ユダヤ人最高の知恵”の何を学び、今、あなたはどう生きるか?
*
人に迷惑をかけるな、常識はずれの行動などもってのほか---こんな思い込みで自分を縛って生きていないか?
5000
年の年月を超えて脈々と生き延びてきたユダヤ人哲学。
その英知が、あらゆることに対応できる自分の生き方を、新鮮かつ強烈な価値観を教えてくれる。
人間的魅力と強さを生み出すための「最高の鍵」がこの一冊の中にある!*

 やぶ睨みのコメントですが、私はこの書を読んで、「ユダヤ人は、旧約聖書は神の書というよりも、神話という文学書&道徳書の位置づけで大切にしているらしい」と思った次第です。敬虔な祈りも捧げてはいますが、現実主義を第一に考えて生きてこられた模様です。

一つだけ、腹を抱えて笑った内容を転記させて頂きます。
英語は外人さん向けに翻訳してあげました!

 Choose mushrooms with the "Galilee 2 nights 3 days trip" about 15 years ago, for the first time visited the country of Israel, boarded the tourist bus from Jerusalem. Guides were really knowledgeable Jews seems to be his name Eliezer, past the mid-30s. All guide this country's many professional men, history and archaeology, its contents fully satisfactory levels of explanations for. The Eliezer across the story, in the description.
 15年ほど前、初めてイスラエルの国を訪ねたときのこと、“ガリラヤ2泊3日の旅”というのを選んで、エルサレムから観光バスに乗り込んだ。ガイド氏の名はエリエゼル、30代半ばを過ぎたと思われるいかにも博識のユダヤ人だった。この国のバスガイドはすべて男性、歴史や考古学の専門家が多く、そのため説明のレベルも十分に満足できる内容のものである。そのエリエゼルが説明の中で、こんな話をはさんだ。
 The Ten-commandments was originally the Five-commandments and he began to speak with a serious expression. Deliberated with God or give it any race.
 Originally called the Romania people, God said. "Romania who'll give you five-commandments" they asked him. "Oh Lord, what is it?" he replied. "Thou shalt not steal thy---this is one of them." they said. "The decline. It is very unreasonable to our order.”
 十戒はもともとは五戒であった、と彼は真面目な顔つきで話し始めた。神はどの民族にこれを与えようかと思案した。
 最初に呼ばれたのはルーマニア人、神は言った。「ルーマニア人よ、お前たちに五戒を与えよう」彼らは問うた。「主よ、五戒とはなんですか」神は答えた。「汝盗むなかれ
---これがそのうちの一つだ」彼らは言った。「ご辞退します。我々にはとても無理な注文です」

続きを読む ""Jews: Supreme wisdom (Dr. Maejima)" the philosophy is interesting.「ユダヤ人:最高の知恵(前島誠)」は面白い! Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

ひろさちや「釈迦」と手塚治虫「ブッダ」の違い。読書のノウハウとは?Hiro. Oyama

 表題(タイトル)「釈迦」に惹かれて「ひろさちや著」の分厚い新刊書を図書館から借りて来た。読み始めて思ったことを書きます。
第一の感想は、
『これほど読み応えのない本には初めて出合った』というところです。
まず人は買ったとしても積読されるだけでしょう。二度と開きたくない本の筆頭とも言えるでしょう。
私が小さい頃に母から教えられた読書のノウハウは、
1、「手に取って、まずザーッと流し読みする」
   心に感じるものがなければ、それっきり(積読)。
2、「あとがきを読み、更に、前書きをじっくり読み直す」
 あら、と思うところがあれば、「2回目を精読してみる」
心に感じるものがなければ、それっきり(積読)。
心に響くものがあれば、
3、「辞書や関連図書を参考にしつつ、3回目をじっくり読み直してみる」
という方法であった。

 これでいくと、ひろさちや「釈迦」はお粗末限りないところで、ザーッと読み通すこともなくて読む気がしなくなりました。手塚治虫のマンガ「ブッタ(全8巻)」は、ものすごく印象的で、3回どころか、私は6~7回読み直しています。「火の鳥」などに至っては図書館で借りるものがない時には、借りてくることにする位に読んでいますので、数え切れない位読んだのに、
ひろさちや著の「釈迦」は1回目の流し読みさえする気がしなくなったのでした。

 何がそうさせるのでしょうか。
一言で言えば、「宗教を扱いながら、心が不在の哲学書」ということ。
『自分は仏教哲学者であり、読者のあなたよりも沢山知識があるぞ』という不遜な態度が随所ににじみ出ている鼻持ちならない書物ということ。

大乗仏教と小乗仏教の解説がなされていますが、『それがどうしたの?何が言いたいの?』と問いたくなるのが、さちひろや著の「釈迦」でした。

 丁寧に索引が設けられているので、イエスの項(ページ)を開いて読んでみました。
P105~P108
《イエスはお答えになった「『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』と書いてある」》・・・と引用しながら、「悪魔の誘惑は、政治からの誘惑である。」と我田引水の屁理屈を展開して、悦に入っておられる。創価学会の批判でもしたかったのかと、呆れてしまう。

続きを読む "ひろさちや「釈迦」と手塚治虫「ブッダ」の違い。読書のノウハウとは?Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

空飛ぶ広報室(有川浩著)を読み終えて

 数か月(1年前)にテレビ放送のあった「空飛ぶ広報室」の新刊本 が図書館で目にとまった。
テレビが面白かったので借りて読んでみたら、これが凄く面白かった。
久々に泣けました!

 不慮の事故でP免に。夢断たれた若き戦闘機パイロットの今。
と、副題にありますが、
至る所で笑ったり、泣いたり、うなったり、の繰り返しでした。
自衛隊への理解と報道の在り方について、これほどダイレクトに我々一般人に理解を促す本はないであろうと思います。

 是非、ご一読をお勧めします!

|

2013年1月 6日 (日)

YASHA(夜叉)は面白い!吉田秋生著(YOSHIDA AKIMI)

 マンガ、夜叉の1,2巻を読みました。最初は取っ付きにくかったけど、少し読み進むとどんどんと引き込まれて一気に読めました。実に興味深い!

 まだ読んでいない方にはお勧めのマンガです!
何を扱っているか、と言えば、今から20数年前に、まだ遺伝子操作の研究が始まったばかりの頃、双子の兄弟が遺伝子操作を受けて誕生していて、超能力者がに成長し、苦悩しつつ旧人類(我々人間)の中で生きて行く姿を描いている。

 捕え方は極自然で、無理がない。何の抵抗感も無くその遺伝子操作問題の知識も習得できます。
お勧めの漫画です。これから近くの図書館に行き、第3巻~第6巻を借りて来て読みます。
取りあえず、

 その「夜叉」に挿入されている引用文が特に興味深かったので、コピー紹介させて頂きました。

 キリスト教は、イサクとりべカの双子の息子 エサウとヤコブの物語により、双子のタブーの核心に関わっている。聖書には、二人が隊内にいる時から対立関係にあったと描かれているが、これは双子によくあるモティーフである(中略)

 原始的社会の中で双子が生まれれば、双子の一方は常に、超自然界の自然界への介入と見なされる。
超自然的(他者)の際立った登場として、
双子の一方はマナ(魔的な力)に満ち満ちている。
それは接触するには危険すぎるので、排除されねばならないと考えられていた。驚くほど恣意的に、2人の内1人は生かされ、他方(「他者」)は殺される。(中略)

 DNAの二重螺旋はおそらく、われわれ近代の神話における究極の《双子》と言えよう。対であることは、あらゆる欲望と分離を生じさせる暗号である。
《双子》がわれわれの祖先に大昔このかた畏怖されてきたとすれば、それは今日でも形は違えど同じ事である。

   「双子と分身」-〈対なるもの〉の神話 -
     ジョン・ラッシュ、著
     佐伯順子、訳

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

淀川長治:「愉快な心になる本(皆さん、こんにちは)より

 映画解説でおなじみの淀川長治氏は(明治42年)4月10日 生まれで (平成10年)11 月11日に亡くなられたそうですが、氏の著書に「愉快な心になる本」 という著書がある。
暇がてら本棚から引っ張り出して読んでいて、その明快なお話に心打たれたので転載します。
 「学ぶことがまだいっぱい」 という項目です。
 40になっても50になっても、人のいうことを聞かぬ人がある。
とくにこれが、少し自信が鼻にかかった人 に多い。鼻にかかったとはいい過ぎだが、自分は良くできたしっかり者と信じている人に思わざる”かたくなさ”がある。
 これが20歳の初めごろとなると、あきれるばかりに人のいうことを聞かぬものが多い。
学問というものは経験を粉にしてすりつぶし、そのエキスを取り出して丸薬にしたものだと思う。経験と経験の積み重ねから生まれる常識を馬鹿にしてはいけない。
これはドイツのある学者の言葉だが、学問とか常識とかいうものは ”生きもの”なのである。
 書物と頭の中だけにあるものではない。
 社会の中で学問が生きることでそれは価値が生まれる。

 40歳で人のいうことに対し[聞く耳もたぬ] では、自信もたいがいにしてもらいたいということになるし、第一それは非常に危険 でもある。 さらにこれが中年の婦人となると、それが日常の会話の中に めもくらむ壮観 となって現れることもある。
 相手の話をそれもまた道理 と受けとめる余裕もなく、矢継ぎ早に自分の意見、あるいは訴えをのみ、息つく暇も無く述べている。これは聞いていてむさくるしく、また少し下品でさえもある。

 人は他人の欠点を発見することには熱心だが、自分の欠点を探すことには不熱心である。
 このような学者の言葉を聞くにつけ、私たちは「人から学ぶ」ということにもっと謙虚でなくてはならぬと思う。

 質問しながら実は相手の返答をすこしも聞いていない人がある。それは質問ではもはやなく、自分の疑問への自信とでもいいたい不可思議な非常識 である。
 神は残酷というか、あるいはこれが人間に与えたもうた業とでも申そうか、人間が少しばかり人間がわかってくるころといえば、それは70歳をも過ぎたこととなってくる。人間が人間を知るころには、皮肉にもあの世からお迎えがくるころとなる。思えばそれが卒業とでもいうのであろうか。
 70になってそろそろ人間がわかりだすのだから、20歳くらいではまだ何もわかるわけはない。

 私(大山宏)は現在64歳であり、70には届いていないので、まだ人間を分かる歳には至っていない。大いに反省させられる文章でした。
 このような辛口の随筆ばかりではありません。淀川長治氏は別の項目では、利他主義の主張 を懇切丁寧になさっておられますし、氏自身、生涯結婚することなく、独身 を貫かれた人でした。
 あのスクリーン解説時の笑顔は、忘れることはありません。
  「さよなら、さよなら、さよなら」

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

横山光輝のマンガ「史記」は必見よ!

 史記 を読んだことありますか?2000年前に司馬遷 という人が書いた歴史書です。それを読んで感動し自分のペンネームを「司馬遼太郎」とした話は、彼のネーミング秘話として有名です。
 漫画世界では「横山光輝」 が11巻にまとめ、その名の通り「史記」 として書いています。「三国志」や「狼の挽歌」なども傑作ですが、最高傑作マンガとして、私はこの「史記」 を推薦します。

 10何年かぶりに図書館でこの「史記(横山光輝)」を借りて来て読み直しています。大半のストーリーは覚えていますが、中には全く忘れていて『こんな内容有ったっけ?」と、苦笑しながら読んだ箇所も多くて、苦笑しつつ読んでいます。

 今日読んだ箇所(第3巻)の中で特に感動を得たのは、秦が領土を拡張していく時期を描いた第16話「長平の大合戦」でした。秦の猛将:白起 が登場する部分です。
白起 は連戦連勝で負け知らずの猛将であり、最後の戦いでは捕虜40万人を(提供する食糧が無いので)生き埋めにするということまでしたそうです。始め頃からの戦いで殺した兵士の数は百万人とか、、

秦の猛将:白起 は捕虜40万人虐殺以降は、[後の秦の始皇帝の祖父]の要請にもかかわらず戦いに参加せず、秦は負け続け となるのです。始皇帝は白起に自決(自殺)するように指示します。白起は静かに自決して果てて行くのでした。

 何に感銘したかを一言では言い表せられませんが、
何事も、一人勝ちはいけませんな、やり過ぎは身の破滅の繋がる、、なんていう多くの教訓を教えてくれました。
 大抵の図書館のマンガコーナーに、「史記」 は置いてあるようです。手に取って読んでみて下さい。


 

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

アトンの娘[ツタンカーメンの妻の物語(里中満智子)]は圧巻でした。

 私は漫画愛好家の一人ですが、少女漫画は嫌いでした。理由もなく揺れる心、男心を弄ぶような女性心理が嫌でした。東広島市福富町図書館で、つい手に取って読んでみたのが「ギリシャ神話(里中満智子)」でした。それで興味を持ち、今回「アトンの娘」 を読んでみました。中々良かった!

 『手塚治虫の哲学感を引き継いだのは、あるいは里中満智子さんではなかったかな』と、勝手ながら想像しています。

 「ツタンカーメンの棺に入れられていた花束」に関しては、私も印象深く覚えています(テレビ放映で見ただけですが)。

続きを読む "アトンの娘[ツタンカーメンの妻の物語(里中満智子)]は圧巻でした。"

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

BLack_Jack[ 20年目の暗示 ] 地球(大地)は女性名詞

 何度も読んだことのある手塚治虫のマンガ;ブラック・ジャックですが、先日図書館で見つけて借りて来ました。その中に、[ 20年目の暗示 ]がありました。
外科医であるブラック・ジャックの指が動かなくなる という大変ショッキングなストーリーです。子供の頃に受けた暗示(後催眠暗示)が原因であったという。

 私は暗示にかかり易い人間らしい(特に女性からの暗示に弱い)。この歳になるまでの63年間に、数限りない女性や男性から騙されて(?)来ました。ある年齢からは自分自身で積極的に暗示をかけて病気や怪我から脱出した事も何度もありました(実際に、治るんです、足の痛みも、胃や腸の痛みも治ってしまうのです)。

 それに気が付いたのは観音高等学校2年生の春でした。1年生の春から近所の有名な眼医者に通い続けていたのでしたが、一年経ってもその「結膜炎」という”眼が赤くなる病気”は治りません。
不審げに「何故治らないのか」と問う私に対して、その有名な眼科医は、「本人が治ろうとしていなければ病気は治らないのですよ。」と教えてくれました。

 以後、病院に通う事はピッタリと止めました。そして一心に「治るんだ。治るんだ!」と自己暗示をかけ続けたのです。そしたら、本当に治ってしまったのでした。それから後は”推して知るべし”で、私は”医者嫌いの病院嫌い”で数十年間通して来ました。それで何とか事が行くから不思議なもんです。

 私が大学4年生の時、あるグループ活動(映画サークル)仲間で旅行に出かけたことがありました。その車の中で、友達から「貴方は、何時も何かを守ろう守ろうとしている!」と指摘されたことがありました。そんなこと考えたこともなかったので印象深く覚えています。

 確かに自分がそれまでにやって来た事、それ以降もこの歳(63)になるまで実行して来た事を振り返ってみると、常に「何かを守ろう守ろう」として来ています。「攻撃は最大の防御」ということも、ある時点からハッキリと意識していました。『お前は土足で他人の懐に飛び込んでくるから嫌いだ。』と嫌悪される事も度々でしたが、これも「何かを守ろう」とする一つであったのかもしれません。

 この暗示(深層心理に焼き付けられた暗示)がいつ頃私の脳に刻まれたのか?
 「額にシワを寄せて猫背に座った」一枚の古い写真がアルバムにあります。それが私だという(とても2歳の子供の表情には見えない)。この頃であろうと思った。その頃、大火傷をしたとのことであった。

 その物心つかない頃の私を、母はそれこそ必至でかばい守り育てて 来てくれたのであろう。『3人の子供の中で、最も教育が難しかったのは宏だ。』と、母が話したこともあった。確かに母親の言うことは絶対であった。

 今、その母は、老人ホームに入ってしまった。妻や子供達からも兄弟姉妹からも私は見放されて、一人片田舎で暮らしている。今さら何も守ろうとするものが無い現実に気が付いた?

 傍らに、World_Ocean(Replogle)の地球儀がある。それを見ながらふと、『僕の地球を守って』という少女漫画のことを思い出した。地球(大地)は女性名詞ですね。やっぱり私は女性に弱いらしい。

 大山宏 2011,10,16

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

秋風の吹く 短歌 俳句 狂歌 (あだち充)の世界

昨年は 母がまだいたこの母屋
      今年は一人、秋風の吹く

還暦を 過ぎて未だに我妻は
      少女マンガの世界に遊ぶ

妻去りて 一人『タッチ』や『H2』の
       (あだち充)の世界を学ぶ

丸頭(がんとう) 2011/10/10 大山宏

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽