easy 数占いって不思議

2016年5月13日 (金)

無限大と無限小の掛け算?答えは?Multiplication of infinite and infinitesimal and the answer would be what value? Hiro. Oyama

 『無限大と無限小の掛け算?』答えは?
Multiplication of infinite and infinitesimal and the answer would be what value?

 Infinity [maximum world] and would come into sight to multiply the numbers together with the infinitely small (nano world) and what kind of world do?
 Today the talk!
Let's say the answer at the beginning.
 I was totally there leaning on his world. In mathematics, infinity is [] is represented by symbols. On the other hand, is infinitesimal [1 / ] and represented. So infinity infinitesimal x = 1 so.
"A mere number of play," and seemed to be.
 But think it is, this is a discovery of the prize.

 無限大〔極大世界)と無限小(極微世界)との数値同士を掛け算すると、どんな世界が見えて来ると思いますか?
 今日はそのお話しをしましょう。
初めに答えを言って置きましょうね。
 全く相似形の世界が広がっているのでした。

 数学では、無限大は〔という記号で表記します。
一方、無限小の方は〔1/∞〕と表すのです。
ですから、無限大x無限小=1なのでした。
『なあんだ、単なる数遊びか』と思われたでしょう。
 しかし違うんだな、これはノーベル賞級の発見なのですよ。

 では、本論に入ります。
フィボナッチ数列ってのはご存知ですね。ダビンチコードで超有名になった数列です。
【1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233】
という具合に、永遠に大きい方に連なっている数列(フィボナッチ数列)です。
取りあえず今、233を無限大とし、1を無限小の数だとしてチェックしてみましょう。
 So in this paper.
Fibonacci sequence that's, you know. It is a progression became very famous in the da Vinci Code. [1
123581321345589144233] and is a perpetual accompanies greater numbers (Fibonacci sequence).
 Hasten now, 233, infinity and then one infinitesimal number, let's check.

1x233=233  1±0.147 
2x144=288  1±0.0598 
3x 89=267 ⇔ 1±0.022 
5x 55=275 ⇔ 1±0.0074 
8x 34=272 ⇔ 1±0.004 
13x21=273 ⇒ 1±0.
21x13=273 ⇒ 1±0.
34x 8=272  1±0.004 
55x 5=275  1±0.0074 
89x 3=267  1±0.022 
144x2=288  1±0.0598 
233x1=233  1±0.147 

 この程度の掛け算は小学生でも暗算でやってのけますが、ちょっと不思議な事が分かります。
わずか12個しか存在しない数の中で、大きい方と小さい方から順番に掛け算しただけなのに、12個中の10個までが±6%以内に収まっているではありませんか!
端っこは精度が落ちる様子なので、もっと大きい数字同士でやり直してみましょう。
 This multiplication of a requires mental arithmetic in elementary school, but it is a bit strange!
 Only number does not exist but only 12 pieces in the larger multiplied in order from lowest to have up to 10 of 12 ± 6% within?!

Let's try by edge, accuracy, so larger numbers.

 13 x 6765 = 87945 1±0.0012 
 21 x 4181 = 87801 1±0.00046 
 34 x 2584 = 87856 1±0.00017 
 55 x 1597 = 87835 1±0.00007 
 89 x  987 = 87843 1±0.00002 
144 x 610 = 87840 1±0.00001 
233 x 377 = 87841 1±0. 
377 x 233 = 87841 1±0. 
610 x 144 = 87840 1±0.00001 
987  x 89 = 87843 1±0.00002 
1597 x 55  = 87835 1±0.00007 
2584 x 34  = 87856 1±0.00017 
4181 x 21  = 87801 1±0.00046 
6765 x 13  = 87945 1±0.0012

Number 8 below to get rid of the maximum 6765 number [very large] as dealing with multiplication of 14 teams came fits better than the 0.1 . As one of the fundamental properties of the Fibonacci sequence, we multiply by order and from a smaller number from the larger, multiplied by the number that all 1.00 would have.
 8以下の数字を取り払い、 6765 を最大数〔極大数〕として扱うと、14組の掛け算結果が全て、0.1%以内に収まって来ました。
フィボナッチ数列の基本的な性質の一つとして、大きい方からの数値と小さい方からの数値とを順番に掛け算していくと、その掛け合わせた数値は全て、1.00になるのでした。

 その昔、「インド人が〔ZERO:〕を発見したという有名な話がありますが、フィボナッチ坊やは、最大数と最小数を順番に掛け合わせていくと、「全て〔1.00〕になる」という法則を発見した模様です。
 The old "India people [ZERO:0] there “ is a famous story that found, and the minimum and maximum number to be multiplied by order Fibonacci boya, "all [1.00] in which" that seems to have found the law.

続きを読む "無限大と無限小の掛け算?答えは?Multiplication of infinite and infinitesimal and the answer would be what value? Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

貝は静かに物語る『この世の中は右ネジ方向に進んでいる」と。Shells are quietly telling "in the world is going to the right screw" with.

 2018/09/23 トップ記事として改めてご紹介しています!
 1,1,2,3,5,8,13,21,34,…フィボナッチ数列黄金率を「ダビンチ・コード(ダンブラウン)」では真正面からとり込んでおり、それで有名になったのですが、本来、フィボナッチ数列は、4次元世界、もっと言えば、時間軸を加えた四次元世界に現われてくる法則なのです。
 
 1,1,2,3,5,8,13,21,34,…:Fibonacci sequence and golden ratio in the da Vinci Code (Dan Brown) and driven from the front, it became famous for the original, Fibonacci says 4-dimensional world, more, It is the law appear in the four-dimensional world time axis is added.
 
 それを無理矢理に、2次元世界に押し込めようとしたのが絵画であり、時間軸を取り除いた3次元世界に押し込めたのが彫刻です。”黄金率”が絵画や彫刻に多く見付かるのは当たり前と言えばその通りです。
 
 時間軸が取り除いかれた3次元世界の中で、もっとも優秀な作品は、ピラミットなのです。あの重量感で、四次元世界の真理、静かに物語っています。

続きを読む "貝は静かに物語る『この世の中は右ネジ方向に進んでいる」と。Shells are quietly telling "in the world is going to the right screw" with."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

ピラミッドは積み上げるほど、綺麗な形(四角すい)に近づいていく!?

 昨日は、フィボナッチぼうやが、「ダビンチ・コード」の作者ダン・ブラウン氏顔負けの発見をしたという”お話”をしました。
少し、おさらいをしておきましょう。

段式台形ピラミッド・・・はかりの針は、13
                13 = 3x3+2x2 ±0
段式台形ピラミッド・・・はかりの針は、21
                   21 = 4x4+2x2 +1
段式台形ピラミッド・・・はかりの針は34
                34 = 5x5+3x3 ±0 
段式台形ピラミッド・・・はかりの針は55
               55 = 6x6+4x4 -1
段式台形ピラミッド・・・はかりの針は89
            89 = 7x7+6x6+2x2 ±0 
段式台形ピラミッド・・・はかりの針は144
                  144 = 12x12 ±0  

  このようにして、ぼうやはフィボナッチ数列を見つけ出したのでしたね。
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,987,1597,2584,4181,6765,10946,17711,28657,46368,75025,121393,・・・

 ぼうやは 九九の足し算の式を書いていましたね。
例えば、「 13 = 3x3+2x2 ±0 」というふうにね。
ぼうやはなぜ±0 や +1,-1 なんて記号を後ろに付けているのか分かりますか。
 そうですね。フィボナッチ数列の各数を、整数の2乗の形で整理してみたら、±1だけ、調整する必要があったのですね。
 でも不思議! その±1の調整は、最初の5段までだけで、
7段式台形ピラミッドでは、12x12=144 という単純な式でおさまっちゃった!
って、ぼうやは言っているのです。
  確かめ のため、続きをやってみましょう。

段式台形ピラミッド
を築くと、針は144。
             144 =55+89 = 12x12 ±0  
段式台形ピラミッド・・・はかりの針は233。
 233 =144+89 = 12x12+6x6+2x2 ±0
段式台形ピラミッド・・・はかりの針は377。
   377 = 233+144 = 19x19+4x4 ±0
10段式台形ピラミッド・・・はかりの針は610。
 610 =377+233= 24x24+5x5+3x3 ±0
・・・ ・・・
と、どこまでやっても、綺麗(きれい)に、整理できて、皆、±0 と式を置きなおすことができるでしょ。
要は、最初の数段だけ凸凹があっただけで、後は、3つぐらいの整数の2乗の足し算式でフィボナッチ数列は、置きなおすことが出来るということ!
尖んがってはいますが、きれいなピラミッド(四角すい)にドンドン形が整っていますね。
 次は、この尖んがりを低くしてみましょう。
ピラミッドの高さを半分にしてみましょう。)
  あなたなら、どうしますか?

続きを読む "ピラミッドは積み上げるほど、綺麗な形(四角すい)に近づいていく!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

フィボナッチぼうやがノーベル文学賞を受賞?←モナリザも顔負け。黄金比も・・・

 ダビンチ・コードで一躍有名になったフィボナッチ数列
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,・・・
、を小学生フィボナッチぼうやが発見していて、ノーベル文学賞の候補に上がっていたという嘘のような”お話”です。
 彼は、正月遊び用のサイコロを’たくさん’おもちゃ屋さんから買い集めて来て、それでピラミッドを築くという遊びをやっていたのでした。
段々と高いピラミッドを築くようになり、おもちゃ屋さんから買い込んでくるサイコロの個数が増えていきました。お金も、うなぎ上りに増えていき、お小使いはどんどん少なくなって行きます。
買ったサイコロを家に持ち運んで来る量も、どんどん増え、重くなって運ぶのも、大変です。
そこで、フィボナッチぼうやは『一体、どんなふうに、重さが増えていってるのだろう』と思って、台所から、お母さんが料理に使う秤(はかり)を持って来て、
 その秤の上で、ピラミッドを築いてみました。

最初に、個だけ秤に乗せてみました。針はを指しました。
その上に個目のサイコロを載せると、針はを指しました。
その上に個目のサイコロを載せると、針はを指しました。
当たり前ですね。
 でも、そのビルディングのようなピラミッドのは、なんだかグラグラ して、今にも倒れそうでした。
そのフィボナッチぼうやは、『塔は2段までしか積んじゃいけないんだ』と思いました。
 そこでぼうやは、
個のサイコロ四角に並べ、その四角の台の上に、個だけサイコロを積むことにしました。 今度はグラグラしていません。針はを指してます。
その2段式ピラミッドの上には、更にサイコロ乗せても、安定しています。
  《 階建てビルディングの出来あがりです。》
   秤(はかり)の針はを指しています。

『 5+3 = 8 だな。』と、フィボナッチぼうやは頭の中で”足し算”をやりました。
『この背高のっぽのピラミッド(塔)はどこまで高く出来るのかな?』と考えて、次の研究が始まりました。
 2階建てビルの頂上から3個のサイコロを下ろし、それに更に、5個を追加していくと、
段式ピラミッドが出来ました。
 見ると、秤の針は13を指し示していました。
『 8+5 = 13 だな。』と、フィボナッチぼうやは暗算 をやっています。
『これってまるで、ユカタン半島にある台形ピラミッド遺跡みたいだな。』と、ぼうやは以前に見た絵本のことを思い出しました。
段式台形ピラミッドを築くと、針は21を示しています。
『 13+8 = 21 だからな。すぐ上その上を足し算すれば、針の指すが分かるんだ。サイコロピラミッドの重さ も示しているんだ。』と、ぼうやは納得します。

段式台形ピラミッド

 13 = 9+4 = 3x3+2x2 ±0 でもあるんだ。
段式台形ピラミッド
 21 =16+4+1=4x4+2x2 +1 
      と、なんだか訳の分からない計算(掛け算と足し算)も
             ぼうやはやっています。
段式台形ピラミッドを築くと、針は34を示しています。
 34 = 13+21
   = 25+ 9 = 5x5+3x3 ±0 
段式台形ピラミッドを築くと、針は55を示しています。
 55 = 21+34
   = 36+16+4-1 = 6x6+4x4 -1
段式台形ピラミッドを築くと、針は89を示しています。
 89 = 34+55
   = 49+36+4 = 7x7 +6x6 +2x2 ±0 
段式台形ピラミッドを築くと、針は144を示しています。
 144 =55+89 = 12x12 ±0  

  このフィボナッチぼうやが、ノーベル賞候補に挙がった理由が、もうあなたにはお解かりになったでしょう?
数学のノーベル賞「フィールズ賞候補」にも、名前が挙がったとかいう噂(うわさ)も一時期聞きましたよ。
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,・・・
 まだ気がつきませんか?
直前の2つの数値を足し算したら、次の数値になっているのが、フィボナッチ数列なのです。例えば、5+8=13でしょ。8+13=21でしょ。
 そのルールでピラミッドが築き上げられていたのをフィボナッチぼうやは発見したのです。

続きを読む "フィボナッチぼうやがノーベル文学賞を受賞?←モナリザも顔負け。黄金比も・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

日本の小学生が、ピラミッドの中にフィボナッチ数列並びを発見!Elementary school in Japan found the Fibonacci number sequence inside a pyramid!

 小学生ですよ。√(ルート)も知らなければ、
Sin(サイン)Cos(コサイン)も、有理数・無理数という言葉さえ 聞いたことのない小学生が、ピラミッドの中にフィボナッチ数列の並び、を発見した!という話ですよ。
1,1,2,3,5,8,13,21,34,・・・ という「ダビンチ・コードダン・ブラウン)」で超有名になったフィボナッチ数列を、
 自分で築き上げたピラミッドの中に見つけたという科学的なお話の途中でしたね。
昨日の積み石遊びの結果を整理しておきましょう。
   1段目が 1個x1個= 1個 ・・・〔 トップ石 〕
    2段目が 2個x2個= 4個
     3段目が  3個x3個= 9個
      4段目が  4個x4個=16個
       5段目が  5個x5個= 25個
その小学生は、小さなさいころ石を沢山用意しておいて、
さいころ石でピラミッドを積み上げる遊びをしてたのでしたね。
 そして、
各段の石の数を数えてみたら、各段の数が上記のようになっていたのでした。
 更にもう一段ピラミッドを高くしようと試行錯誤してみたら、 
              6段目が  6個x6個 = 36個        
更にもう一段高く・・・  7段目・・ 7個x7個 =49個
更にもう一段高く・・・  8段目・  8個x8個 = 64個
もう一段高くしたい。  9段目   9個 x 9個 =81個
もう一段高くしたい。 10段目  10個x10個 =100個
もう一段高く・・     11段目  11個x11個 =121個
もう一段高く・     12段目  12個x12個 =144個
もう一段高く・    13段目  13個x13個 =169個
もう一段高く    14段目  14個 x14個 =196個
もう一段高く  15段目  15個 x15個 =225個
15段式のピラミッドを築くためには、最下段(底辺)に、
 なんと、225個も、さいころ石を並べなければならないということが、分かったのです

この小学生は、よほどしつこい性格(探究心旺盛な性格)だったらしくて、
 まだ懲りないで、もう一段高く・・・、を繰り返してみたのでしたね。
39段の塔を、もう1段だけ高く・・・、 40x40=+1600個
49段の塔を、もう1段だけ高・・・、 50x50=+2500個
59段の塔を、もう1段だけ・・、  60x60=+3600個
69段の塔を、もう1段だ・・・、  70x70=+4900個
79段の塔を、もう1段・・、  80 x 80=+6400個
89段の塔を、もう1・・・  90 x 90 =+8100個
99段の塔を、もう・・・100 x 100= +10000個
 なんと100段の高さのピラミッドを築こうとすると、底辺に万個のさいころ石を並べてからでないと、そのぼうやの目指すピラミッドは完成しないことが分かりました!
ここでそのぼうやは、『一体全体、何個のさいころ石を積み上げたのだろうか?』と思い、
数を数えてみました。

続きを読む "日本の小学生が、ピラミッドの中にフィボナッチ数列並びを発見!Elementary school in Japan found the Fibonacci number sequence inside a pyramid!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

エジプトの2段式ピラミッドはどうして2段に?ギザのピラミッドの傾斜面角度は?

 今年4月より、「ひばりコーラス」という音楽サークルの会長をさせてもらうようになりまして、感じたことを書いてみようと思います。
20名足らずの小さな(歌を楽しむ)サークルですが、組織の長に立つと色々と勉強になることが沢山あります。
 まず始めに、
全体のことが、もの凄くよく見えるようになります。
たとえ、小さな会社であっても、社長さんと専務さんとでは雲泥の差があるんだということを、改めて痛感しています。
 トップに立ち、メンバーをリードしていく立場では、補佐役の副社長や部長・課長・係長がいかに優秀な人材であって「(本人が)良かれ」と思う提案がなされてきたとしても、「ああ、それは良い提案だね。そうしよう」とは答えられないのです。
 常に全体を見渡していて、その提案を実施した場合の影響度〔好影響・悪影響〕を考慮し推察した上でないと、「採用決定(ゴーサイン)」は出せないのでした。
 提案者としては、随分とイライラする日が続くでしょう。『こんな良い提案をなぜ社長は(会長は)わからないのだろうか。』とも思うでしょう。
 でも、いかに間抜けなトップでも、その組織の長に選ばれるだけの可能性を秘めていたからトップの座についているのです。選ばれた直後からあなたとは別人種になったほどの配慮をし始めているということを分かってあげて下さい。
 間違ってもトップの判断・決定・指示を待つことなく走り出すのはやってはいけません
その結果は、”組織が壊れ崩壊する”と相場が決まっているのですから。

 積み木遊びで”塔を作る”場合を考えてみてごらんなさい。
低い塔ならば、簡単に積み上げることが出来るでしょう。
  【小さなピラミッドの完成です。】
でも、もっと高さの高い塔を積み上げようとしたら、途端に難しくなります。時間もかかります。 ・・・ ・・・
 最上段の一個〔頂上(トップ)の一個〕まで積み上がったとしましょう。
  【中くらいのピラミッドが出来上がりました】
 更に高い塔となるように新たな挑戦をしようとしてごらんなさい。
途中部分から継ぎ足す(積み木を置く)訳にはいきませんから、ピラミッドの最下段から順番に積み木を継ぎ足していくことになりますね。
(ピラミッド)の高さを積み木1個分だけ高くするためには、最下段に塔の高さ分だけの積み木を並べなければなりません。
エジプトにあるピラミッド直方体(上から見ても長方形、横から見ても長方形)の石を積み上げているのですが、ここでは縦・横・高さが皆同じ立方体ピラミッドを作ってみるとしましょう。
そうすると、一段目が 5個x5個=25個
       二段目が  4個x4個=16個
       三段目が  3個x3個= 9個
       四段目が 2個x2個= 4個
       五段目が 1個x1個= 1個 ・・・〔 トップ石 〕
となって初めて、ピラミッドの完成 となる訳です。
 一段上がる毎に、半個分ずつずらして(ゆとりを持って)積み上げたのですよ。
でも、この塔の形は、エジプトピラミッドよりも、急峻で尖ったようなイメージがありますね。【実際のピラミッドはもう少し緩やかな斜面を持たせて積み上げてあるのです】

 大昔には、今作ったような斜面のような傾斜角度で積み上げていって、途中から積み上げ傾斜角度を緩やかな形に変更した、いわゆる”2段ピラミッド”も残っています。
造り始めには、大丈夫だと思って、あなたが今積み上げた傾斜角度で積み上げていってたのですが、途中で”危険だ”と判って、積み上げ傾斜角度を緩やかなものに変更したのです。
 この”2段ピラミッド”を建設した後は、エジプトのどのピラミッドも、現在あなたが見知っている”ギザのピラミッド”も含めてすべてのピラミッドが、同じ傾斜角度(少しだけ緩やかな傾斜角度)で建造されています。
〔疑い深い人は、インターネットで検索して形を確かめてみてください。論より証拠です。自分自身の目で確かめるのが肝心です!〕

続きを読む "エジプトの2段式ピラミッドはどうして2段に?ギザのピラミッドの傾斜面角度は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

とし(歳)とねん(年)とは大違い

 日本で、正月に子供が歌う歌知ってますか?
我々が子供の頃には「とーしのは~じめの、ためし~とて~・・・」と唄ったものです。
これに漢字を充てると、「歳の初めのためしとて~」であって、
「年の初め・・・」ではないんです。 もうほとんど忘れ去られつつありますが、日本国においては、数え歳と満年齢とは明確に区別されて来たのです、古来から(神代の時代から)。
『この思想が残っている国は、日本以外には無いのではないか?』と思っていたら、ある占い師(板金勝美女史)曰く、「
イスラエルには残っているらしい」とのことでした。
 これが、旧約聖書を、筆読で解読を始めるきっかけでした。
現在(2014 8/10)時点で、創世記第21章を解析中ですが、確かに古代ユダヤ人にはその考え方があったのだとわかって来ました。
でも、非常におしいことですが、旧約聖書の解釈(翻訳)には、少なからず混乱が生じていて今日に至っている様子です。

続きを読む "とし(歳)とねん(年)とは大違い"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

第90話、ノア事変はアダム紀元後何年に起こったか(算数問題)

 古今東西で最も多くの人々に読まれている書物は?と言えば間違いなく聖書(旧約聖書&新約聖書)なのです。仏教関係の書籍も沢山読まれているのですが、なにせ種類が何万種という状況で、1種当りの発行書籍数でみると、聖書にはるかに及ばない状況です。
 今日は、先日のブログ記事” ”に引き続いて、灼熱の氷惑星(高橋実)が地球に衝突したのは今から何年前なのかを、アダム紀元で求めてみようと思います。
《 単純な算数問題ですからお気楽にお付き合い下さいね。》

聖書の創世記第五章に【アダムとエバ】のアダム以下の年齢が書かれています。

アダムは130歳になって自分にかたどり男の子セツを生んだ。
アダムは、130+800=930歳で死亡。
 セツは105歳になって、エノスを生んだ。
 セツは、105+807=912歳で死亡。
エノスは、90歳になって、カイナンを生んだ。
エノスは、90+815=905歳で死亡。
 カイナンは、70歳になって、マハラエルを生んだ。
 カイナンは、70+840=910歳で死亡。
マハラエルは、65歳になって、ヤレドを生んだ。
マハラエルは、65+830=895歳で死亡。
 ヤレドは、162歳になって、エノクを生んだ。
 ヤレドは、162+800=962歳で死亡。
エノクは、65歳になって、メトセラを生んだ。
エノクは、65+300=365歳で死亡。
 メトセラは、187歳になって、レメクを生んだ。
 メトセラは、187+782=969歳で死亡。
レメクは、182歳になって、ノアを生んだ。
レメクは、182+595=777歳で死亡。
 ノアは、500歳になって、セム・ハム・ヤペテを生んだ。
ノアが、600歳の2月17日に、その大いなる淵の源は、ことごとく破れ、天の窓が開けて、雨は40日40夜、地に降り注いだ。(創世記第七章11節)
ノアは、洪水の後、なお350年生きた。
ノアの歳は、合わせて、950歳であった。
そして、ノアは死んだ。(創世記第九章28節)

単純な足し算の計算ですね、アダム~ノアまでの全員の生まれた歳を足し合わせれば、アダム紀元でのノアの箱舟事件年が出て来るのですから。
130+105+90+70+65+162+65
+187+182+600=1656歳年
先日のブログ記事「数え歳の秘密・・」にて、1歳年=1000年、だとわかりました。
(第89話、参照)
 ですから、1656歳年〔Cycleクルクル回転年〕は、165.6万年なんでしたね。

 アダムが生まれたのが今から700万年前が正しいならば、それから165.6万年後は、今から534万年前ということで、ノアの大洪水で数億人の人々が一瞬の内に死亡し一瞬の内に生き埋めになった。
現在あちこちで、ネアンデルタール人などの骨化石が発見されるのもうなずけますね。
~amayao(^o^)oyama~。

続きを読む "第90話、ノア事変はアダム紀元後何年に起こったか(算数問題)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

第89話、数え歳の意外な秘密。預言者は数え歳を用いている

 日本には数え歳(かぞえどし)と満年齢(まんねんれい)の2つがあります。
数え歳は満年齢に1を加えたものと単純に理解されていますが、意外な秘密が隠されているのです。
 小学校で習う算数では生まれて来た時が、0(ゼロ)才ですが、
数え歳では〔生まれて来た時〕が1歳となることはご存知ですね。そのまま9年間生き続けて めでたく誕生日を迎えると、10歳になる。
生まれ落ちてから99年間なんとか生き続けて誕生日を迎えた瞬間に100歳と表示すると一般的には思われています。
 しかし、最近、
 
 どうもこの解釈は変だなって思えるようになって来ました。
記録紙や計算紙が貴重な時代、あるいは平たい石板が入手困難な古代に、0が延々と増え続く表示システム が考えられたとは考え難いのです。
--《 合理的ではないのです 》--

 そこで、古代の人は、99年間生き続けて丸々100年間生きたら、歳の表示の0(ぜろ)を2つ落として、Ⅰ歳と表した模様なのです。200年間丸々生きたら、Ⅱ歳。300年間生き続けたら、Ⅲ歳。900年間生き続けて生きて、誕生日を迎えると、Ⅹ歳となる。

 これって、コンピュータの2進数(⇒指数計算)表示の世界ですね。
10という数字を一桁(けた)上がりの場所で示すコンピュータ表示では、
    10x10 は 10^2
  10x10x10 は 10^3 
10x10x10x10 = 10^4
    (10x10x10)^3   =  10^9
(10^9 x 10^9 x 10^9 )^3 = 10^27
(10^27x10^27x10^27)^3 = 10^81
(10^81x10^81x10^81)^3 = 10^243 ですが、
 電卓ではエラー表示になってしまいます。
実際には、10^99 までしか表現できないのです。
 関数計算機の指数の表示窓が2桁しかないからでした。

一昔前の計算機では指数計算表示がないので、
100 000 000 を入力しようとすると、たちまちエラー表示になります。
~o(>-<)o~。

 この数え歳のシステムは日本古来のもので他の国にはないのではないかな、って思って例の占い師に尋ねてみたら、『 イスラエルには残っているらしいです。』との答え!
 さっそく調べて視ました。
~amayao(^o^)oyama~

続きを読む "第89話、数え歳の意外な秘密。預言者は数え歳を用いている"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月30日 (月)

Kz10、〔330/7.5x8.3=365.2〕が一番簡便、各定数を記録

 数占いから算出された1秒を完全として、逆算で出した値、
365.24219÷44=8.300958864分で太陽光線は地球に届く!
と判定した方が妥当・・・
との記事を昨夜書きました。ここではまず、理化学辞典の記載:
 1回帰年31556925.9747秒(sec)
 1日は2014年のグリニッジ標準時間で、
24〔h/日〕*60〔分/h〕*60〔秒/分〕=86400〔秒/日〕
31556925.9747〔秒〕÷86400〔秒/日〕=
=365.2421987 と、お馴染みの数値。

 問題はこれからです。
この数値を、44で割り算すると、8.300959062
が出て来ます。有効数値が7ケタ、8ケタ目が丸められているのだ、と掴めました。



この数値でZがどんな値になるか調べてみましょう。

330(step/年) ÷7.5(回/秒) * Z =31556925.9747秒
と置いて Z を逆算すると、
Z=12750.27312 が1ステップと求まります。
12750÷60      = 212.5
12750.27312÷60= 212.504552
12750.27312÷12750=1.000021421
Z=12750 としても、0.002%の誤差しか発生しません。

7.5回/秒の厳密数値は、
光速度÷(赤道上一周距離)=
=29.9792458万Km/秒÷(2π*0.63784万Km)
=29.9792458÷(4.0075556)
=7.480681378回 
7.5÷7.48068x100=100.258%!??
+0.26%は大きすぎるんです。
参考までに、計算してみましょう。
330÷7.48068 x 8.30=366.14日
約1日のズレが発生してます。

これは地球の半径をどう扱うかの問題でしょう。
極半径 6356.9Kmを用いたのでは、逆にもっと大きなずれが発生します。
光速度÷(極半径使用の赤道上一周距離)=
=29.9792458万Km/秒÷(2π*0.63569万Km)
=7.50577回

自転周期が約45日と小さい太陽
太陽の半径は、6.96x10^5 Km(理化学辞典)
光速度=29.9792458万Km/秒

続きを読む "Kz10、〔330/7.5x8.3=365.2〕が一番簡便、各定数を記録"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 3Dノウハウ CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.「相対性原理」の真髄。 | a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | a 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない★星★が存在している! | a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! | a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ | a. 地図(地形・場所)当て遊びです。Lied cheated in the section "plate tectonics"。 プレートテクトニクス嘘(うそ) | a. 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡。【目次】、2012、2015、2018 | a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | a・・ 種の起源と大陸移動説 | Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・「ヨシュア記」 | Bible・・「出エジプト記」 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」 | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・創世記1章~20章、天地創造 | CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 | easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. | easy やさしい相対性の説明  | easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | easy 数占いって不思議 | easy 算術フィボナッチ | easy 簡単な相対性原理説明 | electron spin-time Bode's law 「電子スピン時間」を使って「ボーデの法則」: 高精度化に成功しました! | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは | f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini | fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 | g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time 等時間面 | Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) | Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation | Heat-island phenomenon.Drastic measures against ヒートアイランド対策 | K1・氷惑星(★ 目次 ★) | K2・灼熱の氷惑星(二章) | K3・灼熱の氷惑星(三章) | K4・灼熱の氷惑星(四章) | K5・灼熱の氷惑星(五章) | K6・灼熱の氷惑星(六章) | KⅡ氷河・海水準・海進・海退 | KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 | kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・・氷惑星の解説 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 | o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 | o 「ヘボン式分析」 フランス語 ドイツ語 英語 中国語 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon | o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 | o 「音声意図学」ヘボン式分析 | o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! | o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー | Political dynamics 政治力学 Trump to give up nuclear weapons know-how.ノウハウ | President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima & Nagasaki. 2016/09/19 発信 | R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 | R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | R・・「楽器達のお昼ね会にて」 | S ・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper PK 念力 | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 | T 心…自殺未遂、刃物 | T 心の科学・言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | UFOを見る家系・・ 澄子の回想 | U・・田舎の生活・・大人の童話 | V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) | W・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | W・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | x. 同棲・週末婚・結婚生活 | x. 婚活ノウハウ | x・・東北大震災ボランティア記 | Y 昆虫記・古墳の科学的分析 | Y 月報 ジャイアントインパクトで月が地球から飛び出した!「エデンの園があった場所」 | Y 短編 Magic-Hand Time-Slip 「奴隷の手」「時空間疾走」 | z the Nobel Prize 「ノーベル賞はあなたでも狙える!」 | z 「へその館」;高樹のぶ子評 | z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 | z 「小鳥」「てるてる坊主」 「網戸(英訳付)」 | z 短編「新 ガリバー旅行記」 スケーリング」哲雄講演メモ | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽