Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS

2016年5月15日 (日)

G11、出エジプト記内でエイリアン&UFO痕跡を発見Find out Alien & UFO in Escape from Egypt. Hiro. Oyama

 Was writing the Bible study articles so insistently since last year, but here are evacuates the busy recently, real Fibonacci analysis. Since quite some people about the Bible in the intently accessing have continued talk for "Travel to look for Aliens and UFOS in the Bible' a little write more.
 This is a UFO appeared in a red case, split the Red-Sea.
 昨年からあれほどしつこく聖書研究の記事を書いていたのですが、ここ最近、フィボナッチ実数列を用いた解析に忙しくて、御無沙汰しています。かなりの方々が聖書に関しても熱心にアクセスして頂けていますので、続きのお話し『聖書の中にエイリアンやUFOを探す旅』に関して少々続きを書いておきます。
 今回は、海が裂けた紅海事件で現れたUFOです。


 
Is Genesis came to peruse through the eyes of science. Our goal is not that finding traces of UFO and Alien (alien) in the Old Testament that reveal Israel's crime. So, later in the book of Genesis of the suddenly out will start reading from Chapter 13 verse 17 of Egypt.
 創世記を科学の目を通して精読して来た訳ですが。我々の目的は、旧約聖書の中で宇宙人(エイリアン)UFOの痕跡を見つけ出すことであって、イスラエル民の悪事をばらすことではありません。ですから、創世記の後半部は割愛して、いきなり出エジプト記の第1317節から読み始めます。

【 When Pharaoh let the people go, God did not lead tem by way of the land of the Philistines, although that was near; for God said, “lest the people repent when they see war, and return to Egypt.” But God led the people round by the way of the wilderness toward the Red Sea. And the people of Israel went up out the land of Egypt equipped for battle.
 And Moses took the bones of Joseph with him; for Joseph had solemnly sworn the people of Israel, saying, “God will visit you; then you must carry my bones with you from here.” And they moved on from Succoth, and encamped at Etham, on the edge of the wilderness.
 And the Lord went before them by day in a pillar of cloud to lead them along the way, and by night in a pillar of fire to give them light, that they might travel by day and by night; the pillar of cloud by day and the pillar of fire by night did not depart from before the people. (end of Chapter 13 of Egypt)
 さて、パロ(エジプト王)が民(ユダヤ民)を去らせた時、ペリシテ人の国の道は近かったが、 神は彼らをそれに導かれなかった。民が戦いを見れば悔いてエジプトに帰るであろうと、神は思われたからである。
 神は紅海に沿う荒野の道に、民を回された。イスラエルの人々は武装してエジプトの国を出て、上った。・・・こうして彼らは更にスコテから進んで、荒野の端にあるエタムに宿営した。

 は彼らの前に行かれ、昼は雲の柱をもって彼らを照らし、昼も夜も彼らを進み行かせられた。昼は雲の柱、夜は火の柱が、民の前から離れなかった(13章末尾)

・・After a long time appeared a UFO (unidentified flying object). 1-million of people is always seeing the UFO can happen to unforeseen. Is that people show up rather more grandeur. The people had pointed out way forward of pillar of fire at night and a pillar of cloud during the day. In the 430 years had risen to more than 1 million people. At most 20-30 Jewish people moved to Egypt and then in the 430 years increased to 40,000 times.
・・久々にUFO(未確認飛行物体)が登場しました。UFO100万人もの民が常に目にしていると不測の事態が起こりかねません。姿を見せない方がかえって荘厳さが増すという事です。昼は雲の柱、夜は火の柱が民の進むべき道を指し示したのでした。430年間で100万人以上にまで増えた。せいぜい2030人のユダヤ民がエジプトへ移動した後、430年で万倍に増えた。

続きを読む "G11、出エジプト記内でエイリアン&UFO痕跡を発見Find out Alien & UFO in Escape from Egypt. Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

G10:The destruction of Sodom and Gomorrah's destruction beyond our scientific knowledge. Hiro. Oyama

Plot: Local warfare weapons were used in the destruction of Sodom and Gomorrah is a pattern among new weapons (more modern). Performing the destruction of 2-men who are deemed true alien (alien). What's more miserable and sad incidents happen after that, but you will endure.
粗筋:ソドムとゴモラの破壊に使われた局地戦用破壊兵器は,現代人の知識を超える新型核兵器であった模様。その破壊を実行した2人の男達は、確かにエイリアン(宇宙人)であると認められる。もっと悲惨で悲しい事件がその後に起こるのだが、貴女はその苦悩に耐えれるか。

CHAPTER-19,section-15 in Genesis.創世記
【 When morning dawned, the angels urged Lot, saying, “Arise, take your wife and your two daughters who are here, lest you be consumed in the punishment of the city.”
 But he lingered; so the men seized him and his wife and his two daughters by the hand, the Lord being merciful to him, and they brought him forth and set him outside the city.
 夜が開けて、み使いたちはロトを促して言った、「立って、ここにいるあなたの妻と二人の娘とを連れ出しなさい。そうしなければ、あなたもこの町の不義のために滅ぼされるでしょう」。
 彼はためらっていたが、主は彼にあわれみを施されたので、かのふたりは彼の手と、その妻の手と、ふたりの娘の手を取って連れ出し、町の外に置いた。


 
And when they had brought them forth, they said, “Flee for your life; do not look back or stop anywhere in the valley; flee to the hills, lest you be consumed.”
 And Lot said to them, “Oh, no, my lords; behold, your servant has found favour in your sight, and you have shown me great kindness in saving my life; but I cannot flee to the hills, lest the disaster overtake me, and I die. Behold, yonder city is near enough to flee to, and it is a little one. Let me escape there --- is it not a little one? --- and my life will be saved!”
 彼らを外に連れ出した時そのひとりは言った、「のがれて、自分の命を救いなさい。うしろをふりかえって見てはならない。低地にはどこにも立ち止まってはならない。山にのがれなさい。そうしなければ、あなたは滅びます」。
 ロトは彼らに言った、「わが主よ、どうか、そうさせないでください。しもべはすでにあなたの前に恵みを得ました。あなたは私の命を救って、大いなるいつくしみを施されました。しかし私は山まではのがれる事ができません。災いが身に追い迫って私は死ぬでしょう。あの町をごらんなさい。逃げていくのに近く、また小さい町」です。どうか私をそこにのがれさせてください。それは小さいではありませんか。そうすれば私の命は助かるでしょう」。


 He said to him, “Behold, I grant you this favour also, that I will not overthrow the city of which you have spoken. Make haste, escape there; for I can do nothing till you arrive there.” Therefore the name of the city was called Zo’ar.
 The sun had risen on the earth when Lot came to Zo’ar.
 み使いは彼に言った、「私はこの事でもあなたの願いをいれて、貴方の言うその町は滅ぼしません。急いでそこへのがれなさい。貴方がそこに着くまでは、私は何事もすることができません」。これによって、その町の名はゾアルと呼ばれた。
 ロトがゾアルに着いた時、日は地の上にのぼった。

 
Then the Lord rained on Sodom and Gomor’rah brimstone and fire from the Lord out of heaven; and he overthrew those cities, and all the valley, and all the inhabitants of the cities, and what grew on the ground. But Lot’s wife behind him looked back, and she became a pillar of salt.
 Abraham went early in the morning to the place where he had stood before the Lord; and he looked down toward Sodom and Gomor’rah and toward all the land of the valley, and behold, and lo, the smoke of the land went up like the smoke of a furnace.
【 主は硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムゴモラの上に降らせて、これらの町と、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。しかしロトの妻はうしろを顧みたので塩の柱になった。
 アブラハムは朝早く起き、さきに主の前に立った所に行って、ソドムとゴモラの方、および低地の全地をながめると、その地の煙が、かまどの煙のように立ちのぼっていた。】

 In the sentence
『・・the Lord rained on Sodom and Gomor’rah brimstone and fire from the Lord out of heaven;・・・』, Fire and brimstone to mean what I should think and get a suntan from my student. First atomic bomb would easily thought is apparently different.
There is a document
Lot’s wife behind him looked back, and she became a pillar of salt.If so, the questionthen, so it's helpful if you back toward that direction?that remains in doubt.
 They were turned back by the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki, that is, burnt clothing each wore. "People were turning back dead if the eyes had turned in that direction, damage is (almost) no' and apparently was an intense light beam weapons. An intense laser beam focused image in the land of Sodom and Gomorrah may have made.
 『・・、硫黄と火とを主の所すなわち天からソドムとゴモラの上に降らせて・・・』の文章中で、硫黄と火 が何を意味するのか、学生時代からズーッと考えてきた。 当初は原子爆弾であろうと簡単に考えていたのですが、どうやら違う。
ロトの妻は『、うしろ を顧みたので塩の柱”になった』という記述もある。「では背中をその方向に向けていれば助かったのか」という疑問も残る。
 広島と長崎に落とされた原子爆弾では、背中を向けていた人は、着ていた服ごと焼き殺されている。『目をその方向に向けていたら死んだ、背中を向けていた人々には被害が(ほとんど)無かった』となると、強烈な光線破壊兵器だったらしい。強烈なレーザー光をソドムとゴモラの地に集光結像させたのかもしれない。

続きを読む "G10:The destruction of Sodom and Gomorrah's destruction beyond our scientific knowledge. Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年5月 3日 (火)

G09、Traces of angels (or aliens) appeared to Abraham. アブラハム時代に現れた天使(or宇宙人)の痕跡。Hiro. Oyama

 アブラハム時代に現れた天使(or宇宙人)の痕跡。
Traces of angels (or aliens) appeared to Abraham.

Abstract: Articles have a lot of witnesses, reliability is very high. In the description in the Bible, aliens are certainly standing right in front of Abraham and Lot, have to eat. 3-men is sure that it was aliens. First of all, original manuscripts please read through the eyes of science.

要旨:目撃者が多数いる記事は信頼性が非常に高い。聖書の中の記述の内で、エイリアンは確かにアブラハムやロトの前に現れて食事までしている。この3人の人々はエイリアンであったことが確実です。まずは原文の聖書を科学の目を通して読んでみて下さい。

 
There are surprisingly few descriptions (credible) believe that also followed the story of Noah and later become Abraham's God (Angels or alien) appeared specifically. Abraham, Abram called on young, the story starts with Chapter 12.
 ノア以降の歴史物語が続きますが、アブラハムの時代になっても神(天使か宇宙人か)が具体的に現れたと確信できる(信頼に足る)記述は意外に少ないのです。
アブラハムは、若いころにはアブラムと呼ばれていまして、第12章からその物語が始まっています。

 CHAPTER-12
【 Now the Lord said to Abram, “Go from your country and your kindred and your father’s house to the land that I will show you. And I will make of you a great nation, and I will bless you, and make your name great, so that you will be a blessing.・・・” So Abram went, as the Lord had told him; and Lot went with him. Abram was 75 years old when he departed from Haran.
 時に主はアブラムの言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、私が示す地に行きなさい。私はあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう・・・」アブラムは主が言われたようにいで立った。ロトも彼と共に行った。アブラムはアランを出たとき75歳であった。】

・・Description of the things that actually happened it has become this told God (Lord), but is nowhere to be found. Non-Jewish people is "Oh, that's what. we sleep and dream, but we say every night and we are watching ' and is a description of the degree received.
Here, Abram is "it's not. Do something-and "and should be concluded scientific and, alas, came out on the journey will be.
・・このように神()が言われたということになっていますが、それが実際に起こったという事を示す記述はどこにもありません。ユダヤ人以外の人々は『ああ、そうですか。そんな寝言や夢なら、私どもでも毎晩のように言うし、見ていますよ』と受け取られる程度の記述です。
ここは、アブラムが『これではいけない。何とかしなければ・・』と一念発起して、放浪の旅に出たのだろうと科学的には断定すべきでしょう。


【・・・Now there was a famine in the land. So Abram went down to Egypt to sojourn there, for the famine was severe in the land.・・・
さて、その地(ネゲブ)に飢饉があったのでアブラムはエジプトに寄留しようと、そこに下った。飢饉がその地に激しかったからである。・・・】
・・そのエジプトで、アブラムは狡いことをして、結局、そのエジプトを追い出されるのですが、大儲けしたらしくて、
 
・・Apparently, the Mint is eventually kicked out its Egypt and that Egypt, Abram to be more cunning, but

 CHAPTER-13 15
【・・・Now Abram was very rich in cattle, in silver, and in gold. And he journeyed on from the Negeb as far as Bethel, to the place where his tent had been at the beginning, between Bethel and Ai, ・・・And Lot, who went with Abram, also had flocks and herds and tents, so that the land could not support both of them dwelling together; for their possessions were so great that・・・So Lot chose for himself all the Jordan valley, and Lot journeyed east; thus they separated from each other.・・・So Abram moved his tent, and came and dwelt by the oaks of Mamre, which are at Hebron; and there he built an altar to the Lord.・・・
Chapter-14
15 ・・・As the sun was going down, a deep sleep fell on Abram; and lo, a dread and great darkness fell upon him.・・・When the sun had gone down and it was dark, behold, a smoking fire pot and a flaming torch passed between these pieces.・・・
・・・アブラムは家畜と金銀に非常に富んでいた。彼はネゲブから旅路を進めてベテルに向かいベテルとアイの間の、先に天幕を張った所に行った。・・アブラムと共に行ったロトも羊、牛及び天幕を持っていた。その地は彼らを支えて共に住ませることが出来なかった。彼らの財産が多かったため、共に住めなかったのである。・・・こうして彼らは互いに別れた。アブラムはカナンの地に住んだが、ロトは低地の町々に住み、天幕をソドムに移した。・・・アブラムは天幕を映してヘブロンにあるマムレのテレビンに木の傍らに住み、その所で主に祭壇を築いた。
14章 日の入るころ、アブラムが深い眠りに襲われた時、大きな恐ろしい暗闇が彼に臨んだ。・・・やがて日は入り、暗闇になった時、煙の立つかまど、炎の出るたいまつが、裂いたものの間を通り過ぎた・・・】

・・
"When attacked by Abram deep sleep' and clearly written so here is fine dream, but rather "When the sun had gone down and it was dark, a smoking fire pot and a flaming torch passed between these pieces.' last sentence only where the smells, such as scientific observations. Or they have likely stayed near the Angel or alien.
・・『アブラムが深い眠りに襲われた時』とはっきり書いてありますので、ここも夢見事ですが、
最後の文『やがて日は入り、暗闇になった時、煙の立つかまど、炎の出るたいまつが、裂いたものの間を通り過ぎた』という個所のみは、科学的な観察記録のような匂いがします。あるいは天使か宇宙人かが付近に居た可能性はあり得るでしょう。

続きを読む "G09、Traces of angels (or aliens) appeared to Abraham. アブラハム時代に現れた天使(or宇宙人)の痕跡。Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

G08, "Noah's agony after the flood of Ark incident. ノアの箱船事変後のノアの苦悩とは?Hiro. Oyama

  Summary: "only we survived, thought Noah, but in addition to Egypt also Mesopotamia district survived they had expanded production already. Noah unconscious drank, drunk and disorderly deserves sympathy. Its descendants (the Jews) are destined to the Wanderer (aliens living).
概要:『我々だけが生き残った』と思っていたらノア達以外にエジプトにもメソポタミア地方にも生き残りが沢山いて拡大再生産をしていた。ノアがやけ酒を飲んで泥酔したのは、同情に値する。その子孫(ユダヤ人)は放浪者(寄留生活者)へと運命付けられた。

Guess Angel universe who are as they seem in the heart, "those fools because, say that's added to the diary (Bible)!” 'No differences in thought; that is a rant I vomited after deployment.
天使らしき宇宙人がいたとして彼らが心の内で思っていることを推測するに、『あの馬鹿どもめ、要らんことを日記(聖書)に付け加えやがって!』と思っていたに相違ありません;という暴言を私が吐いた後の展開です。

 CHAPTER-9 in Genesis.
【 And God blessed Noah and his sons, and said to them, “Be fruitful fear and multiply, and fill the earth. The fear of you and the dread of you shall be upon every beast of the earth, and upon every bird of the air, upon everything that creeps on the ground and all the fish of the sea; into your hand they are delivered. Every moving thing that lives shall be food for you; and as I gave you the green plants, I give you everything. Only you shall not eat flesh with its life, that is, its blood. For your lifeblood I will surely require a reckoning; of every beast I will require it and of man; of man’s brother I will require the life of man. Whoever sheds the blood of man, by man shall his blood be shed; for God made man in his own image. And you, be fruitful and multiply, bring forth abundantly on the earth and multiply in it.”
 神はノアとその子らとを祝福して彼らに言われた「生めよ増えよ、地に満ちよ。地の全ての獣、空の全ての鳥、地に這う全てのもの、海の全ての魚は恐れおののいて、あなたがたの支配に服し、全て生きて動くものはあなた方の食物となるであろう。さきに青草をあなた方に与えたように、私はこれらのものを皆、あなた方に与える。しかし肉を、その命であるのままで、食べてはならない。あなた方の命の血を流すものには、私は必ず報復するであろう。いかなる獣にも報復する。兄弟である人にも私は人の命のために、報復するであろう。・・」】

・・The author wrote this is dirty. Immediately you think "well it will be a' says God really said (in his mind), and smelling the incense ago the [God said Noah blessed his sons and told them,"... "is coming from it. This author is capable of contemporary writers, evaluation from the perspective of the creative ability and acknowledge.
 But it is awful. Believe this "I'm actually in the history of God are spoken like this. I believe so. Do not believe it is a sin ' that the Church away from reasoning that he put both priest and pastor of the religion away from, the churches or Buddhist temples deserted quacks will inevitably result.
・・これを書いた作者は汚いですね。直前に「香をかいで、神は心に(心の内で)言われた、」と書いて『まあそれもありえるな』と思わした直後に【神はノアとその子らとを祝福して彼らに言われた「・・・」と来るのですからね。創作能力という観点から評価すれば、この作者は現代作家並みの能力はあると認めます。
 しかしひどいですね。これを頭から信じ込んで『実際に歴史の中で神がこのように話されてますよ。だから信じなさい。信じないことは罪です』という論法を神父さんも牧師さんも張っておられるのですから、教会離れ、宗教離れが起こり、教会やお寺に閑古鳥が鳴くようになるのは、必然の結果でしょう。

 Describes a quibble from a well, by the way, and "should not eat meat in its blood, in their lives. To shed the blood of your lives, I surely would. To retaliate in any animal, with declarations have been made, but not this retaliation is never executed before the birth of Jesus Christ, and later, I. It is much better to say none at all will certainly executed over 4000 years, a record.
 まあ、ついでですから屁理屈を述べますと、『肉を、その命である血のままで、食べてはならない。あなた方の命の血を流すものには、私は必ず報復するであろう。いかなる獣にも報復する』との宣言がなされていますが、この報復行動は、イエスキリストが誕生する以前も以降も、実行されたためしがありませんね。4000年間、確かに実行されたという記録は皆無と言って良いほどです。

In Japan there is the TV-show “Coming here Darwin”, and seeing it in every week (week after week), the Strong animals are eating the weak animal’s flesh to eat or not. You know kids watching it.
"So that animals also eat to reverse would have been killed" that is irrefutable. It just looks like that you quibble God run retaliation also truly stupid to answer, but it is from the NHK if such commentary, from the kids laughed was is.

 NHKの日曜日のテレビ番組「ダーウインが来た」を見ると、毎週毎週、強い動物が弱い動物の生の肉を食っているではありませんか。それを子供たちは見て知っているのですよ。
「だから、その強い動物も、逆に食い殺されているではないか」という反論ですか。馬鹿らしくて答える気にもなりませんが、それは、神が報復を実行していると屁理屈付けるから、そのように見えるだけであって、NHKさんがもし、そんな解説をしたら、子供からも「笑われちゃいますよ

 If by religion, "" this is not a reprisal for you. We do appreciate life, and greet (bowed), put it in the mouth "and is leading there. Damages resulting from their own fake article that is declared in the Bible "to avenge God" what's wrong, or felt uneasy about it suffered disadvantage, "got their will on behalf of God requite as (Deputy). To do it it's ' that are frequently used to justify from is.
 It is should as soon as possible to remove fake articles in Chapter 9 of the book of Genesis.
 宗教者がもし言うならば、「『これはあなたへの報復ではありません。命を有り難く頂きます』と挨拶(合掌)してから口に入れなさい」と指導すべきところです。
 「神が必ず報復する」と聖書で宣言されているという偽記事の悪いところは、自分達が不利益を被った時、あるいは不利益を被りそうな不安を感じた時に、『自分たちが神に代わって(代理として)報復してやるんだ。やってもいいのだ』という正当化に頻繁に使用されるからなのです。
早急に、創世記 第9章の偽記事は、削除すべきなのです。

続きを読む "G08, "Noah's agony after the flood of Ark incident. ノアの箱船事変後のノアの苦悩とは?Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

G07、ノアの箱船事変(続)"Noah's Ark incident (continued) Hiro. Oyama

 ”天使とUFOを探す旅ー14”「ノアの箱船事変(続1)」
・・150日は5か月です。約半年間、ノア達は箱船の中で漂流し続けたのです。
・・150-days is 5-months. It is about half a year, the Noah in the Ark continued to drift.

 CHAPTER-8 in Genesis
【 But God remembered Noah and all the beasts and all the cattle that were with him in the Ark. And God made a wind blow over the earth, and the waters subsided the fountains of the deep and the windows of the heavens were closed, the rain from the heavens was restrained, and the waters receded from the earth continually.
 At the end of 150-days the waters had abated; and in the seventh month, on the seventeenth day of the month, the Ark came to rest upon the mountains of Ararat. And the waters continued to abate until the month; in the tenth month, on the first day of the month, the tops of the mountains were seen.
 神はノアと、箱船の中にいた全ての生き物とを心に留められた。神が風を地の上に吹かせられたので、水は退いた。また淵の源と、天の窓とは閉ざされて、天から雨が降らなくなった。
 それで水は次第に地の上から引いて、
150日の後には水が減り、箱船7月17日にアララト山にとどまった。水は次第に減って10月になり、10月1日に山々の頂きが現れた

 At the end of 40-days Noah opened the window of the Ark which he had made, and sent forth a raven; and it went to and fro until the waters were dried up from the earth. Rhen he sent forth a dove from him, to see if the waters had subsided from the face of the ground; but the dove found no place to set her foot, and she returned to him to the Ark, for the waters were still on the face of the whole earth. So he put forth his hand and took her and brought her into the Ark with him.
 40日経って、ノアはその造った箱船の窓を開いて、からすを放ったところ、からすは地の上から水が乾き切るかで、あちらこちらへ飛び回った。ノアはまた地のおもてから、水が引いたかどうか見ようと、彼の所から、はとを放ったが、は足の裏をとどめる所が見つからなかったので、箱船ノアのもとに帰ってきた。水がまだ全地のおもてにあったからである。彼は手を伸べてこれを捕え、箱船の中の彼のもとに引き入れた。】

・・No doubt that hath washed ashore at Mount Ararat (Middle East). This is because people who wrote this Testament, held the important living in the Middle East. But that, say the Middle East is washed ashore at point from the starting point is the Middle East not to be. Almost scientific judgment are presumed to be kept swept by ocean currents thousands km from had been drifting about six months (150 days).
・・アララト山(中近東)が箱船の漂着地点であることは間違いありません。何故ならこの旧約聖書を書いて大事に保持していたのが中近東に住んでいる人々だからです。でも、漂着地点が中近東だからと言っても、出発地点が中近東だということにはなりません。ほぼ半年間(150)も漂流していたのですから、数千Kmは海流によって流され続けたと推定するのが科学的判断です。

It is on the Kuroshio-Current (North Pacific Equatorial ocean currents), also three months adrift, drifted to the coast of Canada. Keeps flowing, both seasons in Equatorial Indian Ocean or Pacific or Atlantic Ocean, strong sea currents.  Considered the mountains had died beneath the surface of the sea, because three Equatorial ocean currents become one band as the existed.
 So if they reached the Ararat (Middle East) after 150 days drifting in the starting points, in the opposite direction of the Equatorial ocean currents flowing back several thousands of kilometers as a starting point for most likely.
 黒潮(北太平洋赤道海流)に乗って3か月も漂流すれば、カナダの海岸に流れ着くのです。赤道付近にはインド洋でも太平洋でも大西洋でも、強力な赤道海流が四季を問わず流れ続けています。山々が海面下に没していたのですから、3つの赤道海流は一つの帯のようになって、流れ続けていたと考えられます。
 ですから、150日漂流した後でアララト山(中近東)に達したのなら、出発点は赤道海流の流れている逆方向に数千キロメートルさかのぼった地点が、出発地点として最も可能性が高いことになります。

It is hopefully from this reason, India is too close. China or around the Indo-China peninsula or the Philippine Islands? not in Indonesia. No is much too hot for the garden of Eden in Indonesia. Is that it most likely was in the region of the East of the Asian continent, found a starting point somewhere in the temperate zone.
What is? really was the garden of Eden and it came considerably narrowed its real scope.
 この理屈からいけば、インドでは近過ぎるのです。中国かインドシナ半島辺りか、フィリピン諸島か?インドネシアではありません暑過ぎるからエデンの園はインドネシアではあり得ません。 アジア大陸の東の地方であって、温帯地帯の何処かに出発地点が存在した可能性が最も高いということです。
どうです?エデンの園が実際にあったとして、その実在調査範囲が相当絞られて来ましたね。

早い者勝ちです。あなたも地図帳で、四つの川が流れ出ている地方を探して見られては如何ですか?
その付近の山々は標高が高々1千メートル以下というヒントも既にあなたは知っているのですよ。発見したら、是非、当ブログにコメント下さい。「臍
(へそ)の館」でお待ちしています。
It is served. Region 4-rivers flowing in your map book is seen looking for?
Is near the mountains is at most hint that less than 1000 meters already you know. If found, please come and comment on my blog. In the Umbilicus House in Hiroshima awaits you.

続きを読む "G07、ノアの箱船事変(続)"Noah's Ark incident (continued) Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

G06、 Angel (or Alien) informed Noah of the Flood.ノアに洪水を知らせた人々は宇宙人か天使であった。Hiro. Oyama

Summary: aliens can convince even the Biblical descriptions of the Noah's Ark incident to peruse through the eyes of science, and this actually happened in the scale and, furthermore, the unprecedented disaster that told Noah who was actually able to consent. Along the Old Testament textual commentary is from detail.
概要:ノアの箱船事変の聖書記述文を、科学の目を通して精読すると、これが実際にその規模で起こった事も納得できるし、更には、その未曾有の災害のことをノア達に知らせた宇宙人が実際に居たことが納得できる。旧約聖書原文に沿って、解説詳述する。

G06
「ノアの洪水the Flood; Noah's flood; the Deluge.in Genesis
「ノアに洪水を知らせた人々は宇宙人か天使であった」編
Angel (or Alien) informed Noah of the flood.

【 The Lord saw that the wickedness of man was great in the earth, and that every imagination of the thoughts of his heart was only evil continually. And the Lord was sorry that he had made man on the earth, and it grieved him to his heart. So the Lord said, “I will blot out man whom I have created from the face of the ground, man and beast and creeping things and birds of the air, for I am sorry that I have made them.” But Noah found favour in the eyes of the Lord. There are the generations of Noah, Noah was a righteous man, blameless in his generation; Noah walked with God. And Noah had three sons, Shem, Ham, and Japheth.
 Now the earth was corrupt in with violence. And God saw the earth, and behold, it was corrupt; for all flesh had corrupted their way upon the earth.
 種は人の悪が地にはびこり、全てその心に思い図ることが、いつも悪いことばかりであるのを見られた。主は地の上に人を造ったのを悔いて、心を痛め、「私が創造した人を地のおもてからぬぐい去ろう。人も獣も、這うものも、空の鳥までも、私はこれらを造ったことを悔いる」と言われた。しかし、ノアは主の前に恵みを得た。ノアの系図は次の通りである。ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ全き人であった。ノアは神と共に歩んだ。ノアはセム、ハム、ヤペテの3人の子を生んだ。
 時に、世は神の前に乱れて、暴虐が地に満ちた。神が地を見られると、それは乱れていた。全ての人が地の上でその道を乱したからである。】

・・This explains that the sentence written in the imagination of people who survived Noah's flood incident since. (Quibble with the logic of chasing is doing so well.) Not happened from the flood, God is contrite.
 Is the Noah's flood event of heaven runs on (at the time created the light was already involved as is the nature fate), Noah's flood incident happened; because it was then on earth itself is about 10 asteroids are incorporated into the go done consecutively, followed by symptoms; for it was then on earth itself is about 10-asteroids are incorporated into the go done consecutively, followed by symptoms. This is regress from Einstein Cosmology (fact).
 But is explained in the form not the leading Angel universe who are talking about it to the monkey, they somehow know.
・・これは、ノアの洪水事変以降に生き残った人々の想像で書かれた文章であることは、説明するまでもありません。(現代人もよくやっている後追いの理屈付けの屁理屈です。)
あの洪水は、神が悔いたから起こったのではありません。
ノアの洪水事変は、天の運行上(光りが創造された時点で既に、その性質として内包してあった運命上)、ノアの洪水事変は起こったのです。それは、地球自身が10個程度の小惑星が合体して出来上がって行く過程での、その後連続して続く現象に過ぎなかったのですから。←これはアインシュタインの現代宇宙論からの回帰推定(事実)です。
 でも、天使らしき宇宙人がお猿さんにそれを話しても通じる訳はありませんので、彼らに何とか分かる形で説明した様子です。

【 And God said to Noah, “I have determined to make an end of all flesh; for the earth is filled with violence through them; behold, I will destroy them with the earth. Make yourself an ark of gopher wood; make rooms in the ark, and cover it inside and out with pitch.
 This is how you are to make it: the length of the ark 3 hundred cubits, its breadth 50 cubits, and its height 30 cubits. Make a roof for the ark, and finish it to a cubit above; and set the door of the ark in its side; make it with lower, second, third decks. For behold, I will bring a flood of waters upon the earth, to destroy all flesh in with is the breath of life from under heaven; everything, that is on the earth shall die.
 そこで神はノアに言われた「私は、全ての人を絶やそうと決心した。彼らは地を暴虐で満たしたから、私は彼らを地と共に滅ぼそう。あなたは、糸杉の木で箱船を造り、箱船の中に部屋を設け、アスファルトでその内外を塗りなさい。
 その造り方は次の通りである。即ち箱船の長さは300キュビト、幅は50キュビト高さは30キュビトとし、箱船に屋根を造り、上へ1キュビトにそれを仕上げ、また箱船の戸口をその横に設けて、一階と二階と三階のある箱船を造りなさい。私は地の上に洪水を送って、命の息のある肉なるものを、みな天の下から滅ぼし去る。地にあるものは、みな死に絶えるであろう。】

・・Angel and bed space is very specifically to teaching how to build large wooden ships (Ark). And at that time people in technology 'as waterproof asphalt paint both inside and outside the' it's so it does not seem that there is no. That civilization is modern science if if was a large wooden ship building technology over the thousands of years tens of thousands of will that existed on Earth ago the year.
・・天使と思しき宇宙人は、非常に具体的大型木造船(箱船)の造り方を指南しています。その当時の人間に『防水技術としてアスファルトを内外に塗る』なんて技術があったとは、とてもじゃないですが思えません。もしあったとしたならば、その文明は、現代科学以上の大型木造船建造技術が、数千年数万年以前に地上に存在していたことになります。
 That is (paradoxically) that "this evidence were led by alien beings here in the (Bible) was written" is.  Hope your understanding the idea of science? It is humility finds it beyond modern science at the stone ruins of the Inca Empire technology (no gaps for razor stone technology) technology, but in our modern necessary.
 ということは(逆説的に)《これは宇宙人が人間を指導していた証拠がここに(この聖書に)書かれていた》ということになるのです。科学する者の考え方はご理解いただけましたでしょうか。
 インカ帝国の遺跡の石組みの技術(カミソリの入るほどの隙間も無い石組み技術)を見て、それが現代科学を遥かに越えた技術であると認める謙虚さが、我々現代人には必要なのです。

続きを読む "G06、 Angel (or Alien) informed Noah of the Flood.ノアに洪水を知らせた人々は宇宙人か天使であった。Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

G05,「神の子達は人の娘達を見て妻にした」「The sons of God saw the daughters of men and bore them.」Hiro. Oyama

神の子達は人の娘達を見て妻にした」編
The sons of God saw the daughters of men and bore them.
Overview: Reading where the priest's pastor, preaching "Jesus only-one son of God" is a now had what is strange. It was clearly written, “Let us make man in our image, after our likeness” in the Genesis-1-26, and “the sons of God impregnated the beautiful daughters of the sons of man.”

概要:神父さん牧師さんは何処を読んで「イエスは神の唯一の1人子」なんて説教なさっていたのか不思議です。旧約聖書にははっきりと「我々に似せて人を作ろう」と複数形で書いてありますし、「人の子の娘達の美しいのを見て妻をはらませた(妊娠させた)」と明言しているのでした。

Fable mixture so there are historical anecdotes (actually happened) will still continue. Noah's Ark incident is coming soon and then patiently read proceed.
 Read to the end of this blog, and meaning of the subtitle turns out to you.
 寓話混じりではありますが、歴史秘話(実際に起こった事件)はまだまだ続きます。ノアの箱舟事変はもうすぐですから、辛抱強く読み進めてみましょう。
 
このブログ記事を最後まで読むと、副題の意味が貴方にも分かります。

 CHAPTER-4 in Genesis
【 Now Adam knew Eve his wife, and she conceived and bore Cain, saying, “I have gotten a man with the help of the Lord.” And again, she bore his brother Abel. Now Abel was a keeper of sheep, and Cain a tiller of the ground. In the course of time Cain brought to the Lord and offering of the fruit of the ground, an Abel brought of the firstlings of his flock and of their fat portions. And the Lord had regard for Abel and his offering, but for Cain and his offering he had no regard. So Cain was very angry, and his countenance fell.
 The Lord said to Cain, “Why are you angry, and why has your countenance fallen? If you do well, will you not be accepted? And if you do not do well, sin is couching at the door; its desire is for you, but you must master it.”
 人はその妻エバを知った。彼女はみごもり、カインを生んで言った、「私は主によって、ひとりの人を得た」。彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。
日が経って、カイン地の産物を持ってきて、主に供え物とした。アベルもまた、その群れのういごと肥えたものとを持って来た。主はアベルとその供え物とを顧みられた。しかしカインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。
 そこで主はカインに言われた「何故顔を伏せるのですか。正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、罪が門口に待ち伏せしています。それは貴方を慕い求めますが、貴方はそれを治めなければなりません」。

 Cain said to Abel his brother, “Let us go out to the field. And when they were in the field, Cain rose up against his brother Abel, and killed him. Then the Lord said to Cain, “Where is Abel your brother?” He said, “I do not know; am I my brother’s keeper?”
And the Lord said, “What have you done? The voice of your brother’s blood is crying to me from the ground. And now you are cursed from the ground, which has opened its mouth to receive your brother’s blood from your hand. When you till the ground, it shall no longer yield to you till to you its strength; you shall be a fugitive and a wanderer on the earth.”
 カインは弟アベルに言った「さあ、野原へ行こう」。彼らが野にいた時、カインは弟アベルに立ちかかって、これを殺した。主はカインに言われた「弟アベルは何処にいますか」。カインは答えた「知りません。私が弟の番人でしょうか」。
主は言われた「貴方は何をしたのです。あなたの弟の血の声が土の中から私に叫んでいます。今貴方は呪われてこの土地を離れなければなりません。この土地が口を開けて、貴方の手から弟の血を受けたからです。貴方が土地を耕しても、土地はもはや貴方のために実を結びません。あなたは地上の放浪者となるでしょう」。】

・・If the story of this sentence is written as a representative of the Lord (acts of angels or aliens or spirits), but don't think dirty low grade God?
(1)
It is that leave to killed the second child (Abel) to the first child of Adam and Eve (No. 1 of Cain: humanity). 
(2)
I can predict the progress of this case, God was with them, but Tange how moral implications. It was left to chance and skill.
・・もしこの文章が主なる神の代理(天使か宇宙人かあるいは聖霊の働き)として書かれたのだとしての話ですが、汚い低級の神様だとは思いませんか?
(1)
、アダムとエバの第1子(カイン:人類の第1号)に、第2子(アベル)を殺させるままに放置しているのです。
(2)
、如何に教訓的意味合いを込めようとしたとて、千里眼の神が、この事件の進展具合を予測出来ない訳はありません。それをワザと成り行きに任せていた。
(3)
That is made to begin with, Cain was angry because the Lord to everyone is clear.  Myself up on the shelf as a result mimicked this feeble way blame the sin of Cain, the incident of 2000 years of history and the evidence case is occurring everywhere or not.
 This and similar incidents occurring in the New Testament. It is the case (flaunts around) showed the couple killing curse Peter. How to carry the word terrorize opponents (leisure travelers please see compare and around the chapter 5 of the Acts of the Apostles) is akin to spitting about.
Oh, I'm sorry, debunking the Bible wrong was not the purpose of this blog. The main purpose of this blog was to investigate the presence of angels and looked like aliens and UFOs.
 そもそも、カインが怒った原因を作ったのは主なる神であったことは誰の目にも明らかです。自分の事を棚に上げておいて、その結果カインの罪を責めるこの姑息なやり口を真似た事件が、この2000年間の歴史をみると、随所にその証拠事件が発生しているではありませんか。
 新約聖書の中にこれとよく似た事件が発生しています。
それはペテロが夫婦二人を呪い殺して見せた(周囲に見せ付けた)事件です。相手を陥れる言葉の運び方は瓜二つというぐらいに似ています(暇な方は使徒行伝の5章辺りと見比べてご覧なさい)

ああ、ごめんなさい、聖書の悪事を暴くことがこのブログの目的ではありませんでした。天使とおぼしき宇宙人や
UFOの存在を明らかにする事がこのブログの主目的だったのでした。
 しかし、丁寧に読めば読むほど聖書筆者のぼろが次々に出てくるのです。もう一つだけ、書かせて下さい。

 However, if read carefully, the more the biblical author's rags come out one after another. Just one more, please let me write.

続きを読む "G05,「神の子達は人の娘達を見て妻にした」「The sons of God saw the daughters of men and bore them.」Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

G04、”天使とUFOを探す旅ー11”Ate the Apple of knowledge from original sin? ← Fake! Hiro. Oyama

善悪を知る木のリンゴを食ったから原罪?←嘘!
 【 The Lord God took the man and put him in the garden of Eden ・・・“You may freely eat of every tree of the garden; but of the tree of the knowledge of good and evil you shall not eat, for in the day that you eat of it you shall die.”・・・
 主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、・・・「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。・・・】

 CHAPTER-3
【 Now the serpent was more subtle than any other wild creature that the Lord God had made. He said to the woman, “Did God say, ‘You shall not eat of any tree of the garden?” And the woman said to the serpent, “We may eat of the fruit of the trees of the garden; but God said, ‘You shall not eat of the fruit of the tree which is in the midst of the garden, neither shall you touch it, lest you die.’”
 But the serpent said to the woman, “You will not die. For God knows that when you eat of it your eyes will be opened, and you will be like God, knowing good and evil.” So when the woman saw that the tree was good for food, and that it was  a delight to the eyes, and that the tree was to be desired to make one wise, she took of its fruit and ate; and she also gave some to her husband, and he ate.
 Then the eyes of both were opened, and they sewed fig leaves together and made themselves aprons.
 さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。
蛇は女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、本当に神が言われたのですか」。女はへびに言った、「私達は園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。
 へびは女に言った、「あなた方は決して死ぬことはないでしょう。それを食べると、あなた方の目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。女がその木をみると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。
 すると、ふたりの目が開け、自分達が裸であることが分かったので、いちじくの葉を綴り合せて、腰に巻いた。
 

 
And they heard the sound of the Lord God walking in the garden in the cool of the day, and the man and his wife hid themselves from the presence of the Lord God among the trees of the garden. But the Lord God called to the man, and said to him, “Where are you?” And he said, “I heard the sound of thee in the garden, and I was afraid, because I was naked; and I hid myself.” He said, “Who told you that you were naked? Have you eaten of the tree of which I commanded you not to eat?” The man said, “The woman who thou gavest to be with me, she gave me fruit of the tree, and I ate.”
Then the Lord God said to the woman, “What is this that you have done?” The woman said, “The serpent beguiled me, and I ate.” The Lord God said to the serpent, “Because you have done this, cursed are you above all cattle, and above all wild animals; upon your belly you shall go, and dust you shall eat all the days of your life.
・・・
 彼らは、日の涼しい風の吹くところ、園の中に主なる神の歩まれる音を聞いた。そこで、人とその妻とは主なる神の顔を避けて、園の木の間に身を隠した。主なる神は人に呼び掛けて言われた、「あなたはどこにいるのか」。彼は答えた、園の中であなたの歩まれる音を聞き、私は裸だったので、恐れて身を隠したのです」。
 神は言われた「あなたが裸であるのを、誰が知らせたのか。食べるなと、命じておいた木から、あなたは取って食べたのか」。人は答えた「私と一緒にして下さったあの女が、木から取ってくれたので、私は食べたのです」。
 そこで主なる神は女に言われた、「あなたは、なんということをしたのです」。女は答えた「蛇が私を騙したのです。それで私は食べました」。主なる神はに言われた「おまえは、この事をしたので、全ての家畜、野の全ての獣のうち、最も呪われる。おまえは腹で、這い歩き、一生、チリを食べるであろう。・・・】

・・If it is mere moralizing fairy tale, it is morally meaningful. However, guided by the Holy Spirit, said talk was really even wrote the Bible, theology adopted by, and had many 10 million after people were driven into unnecessary trouble, it breaks my heart.
・・単なる教訓的な童話であるならこれも道徳的に有意義な童話ではあります。しかし、これを、聖霊に導かれて書いた聖書のであって「本当にあった話だ」として神学に取り入れたことで、後の人々何千万人が苦労させられ、不必要な悩みの中に追い込まれたのかと、心が痛みます。
 Modern 100 people captured describe, please try listening to the 100. All of them lie and they are shifting responsibilities on to each other, 1000 is 1000 people with this. If you have to talk about a more realistic example, but not limited to Christianity, exists in every country, first that "thou shalt not kill" commandment. But killing is happen in daily life routine, pastors, priests, even it is part of coming in is not.
 現代人100人を捉まえてその100人に聞いて御覧なさい。100人が100人共、1000人が1000人共、この程度の嘘や責任の擦り合いはやっています。例をもっと現実的な話にすれば、キリスト教に限らずどこの国においても、「殺すなかれ」という第一の戒めは存在します。しかし殺し合いは日常茶飯事的に起こり、牧師さん神父さん達さえも、それに加担して来ているではないですか。

 
At a rate of one million people, killed while there are people who oppose each other into the prison, ostracized, who was burned at the stake. Stephen who comes out to the first of the Acts of the Apostles. Be killed if his attitude to martyrdom, he is mortally wounded by stone's, does not allow any fraud or an escape route to visibly.
 百万人に一人ぐらいの割合で、中には殺し合いに反対し監獄に入り、村八分にされたり、火あぶりの刑に処せられた人がいます。ステパノという人が使徒行伝の最初の方に出て来ます。彼は石で撃ち殺されて殉死するのですが、相手に一切の不正や逃げ道を許さない姿勢を貫けば、殺されるのは目に見えています

続きを読む "G04、”天使とUFOを探す旅ー11”Ate the Apple of knowledge from original sin? ← Fake! Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

G03、Summer vacation homework recommended.: Let's just where was the Garden of Eden. Hiro. Oyama

Genesis天使とUFOを探そう
夏休み宿題のお勧めテーマ:エデンの園の在った場所探し-1。
Summer vacation homework is recommended.
 : Let's just where was the Garden of Eden.


 Just read the first chapter of the book of Genesis, 'who is Angel?' I came know scientifically.  Today, it is more. People of ancient times taught me character from the second chapter, "would this kind of thing. That story was in such a meaning would be ' and are writing their experiences was replaced with character. That is why, maybe into theology belief, at the time of historical facts. While eliminating the belief of the people of the theology of these and then in the eyes of science go read it becomes the point.  In its space and looked like Angel also observed UFOs come out frequently so please read fun.
 We found out yesterday that leave reprinted.

 創世記第1章を読んだだけで『天使が何者であるのか』が科学的に分かって来ました。今日は、その続きです。
 
 第2章以降は、文字を教えてもらった太古の人々が、『こういうことだろう。あの話はこういう意味であったのだろう』と自分たちの経験を文字に置き換えていった文章です。
 
ですから、思い込みや当時の神学が歴史的事実の中に多分に入り込んでいるのです。これらの神学や当時の人々の思い込みを科学の目で排除しつつ読み込んで行く事がポイントになります。その内に、宇宙人とおぼしき天使もUFOの観測記録も頻繁に出て来ますので楽しみながらお読みください。
 まずは昨日分かったことを再録しておきます。


(1)
God created at the same time and people (men and women) in the image of God.
神は自分の形に似せて、(男と女)とを同時に創造された。それは2億年前であった。その人々が他を支配するまでに数が増えるのには、2億年の半分の1億年位かかった。
(2)
Even if God was rests in work, it operates according to the rules stipulated in human flora and fauna, celestial.
神が休まれていた間も、人間も動植物も天体も定められた(法則)に従って運行。その期間が、5000万年~1億年。その間から今日までの1億年ぐらいの間に何回か、『あれはちょっとやり過ぎた。やり直しだ。』というやり直し期間があった可能性が高い。⇒その期間内に神はこの世界を5~6回は造り直された。
 その証拠が2つ存在。
 During that time, God this world 5-6 times the restyled.
There are two reasons.


Reason-1 Brain volume changed gradually and dramatically.

チンパンジーなどの脳容積に比べて人間の脳容積は段階的に極端に大きく変化した。
 種類(Kinds) 頭蓋容積(Braincase-Volume) (cc)
テナガザル(a long-armed ape)    87 130
チンパンジー(a chimpanzee) 320 480
   ゴリラ(a gorilla)   340 685
アウストラロピテクス(Australopitecs) 435 600
直立猿人(Pithecanthropus erectus)   835 900
北京原人(the Peking man)        915 1225
ネアンデールタール人(Homo neanderthalensis)
 
  1300 1610
   現生人類(Homo sapience)  1000 2000
Brain volume found as fossils, as in is macroevolution (upheaval).
Had major surgery as good of man minority in evacuate somewhere, and even meteorites the size of 1000 km in diameter hit the Earth shock to Earth's surface, or it unparalleled means getting some major surgery to have run the God heaven.
Is presumed to have left it as the fossil evidence for the most correct opinion.

 出来の良い人間少数を何処かに退避させておいて・・・それが化石証拠として残っている。

Reason-2
The evidence or rather since the dawn of history over several hundred million years, a mass extinction of organisms such as dinosaurs and mammoths in the innumerable ranked in various parts of the world.
 有史以来というか数億年間で、恐竜やマンモスなど各種の生物が大量絶滅した証拠は世界の各地に数えきれない位に存在。⇒この突然の急激な生物滅亡はとてもじゃないけど補いきれない。⇒その天使が、氷河期を乗り越えて奇跡的に生き延びて来た生命力と運が良かった人々を再教育しはじめた時の記録が、創世記

 Good luck with life force miraculously survived the ice age people recorded of which Angel (or alien) began to retrain was the book of Genesis.

続きを読む "G03、Summer vacation homework recommended.: Let's just where was the Garden of Eden. Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama

概要: 氷河期を乗り切った人々は食うや食わずの大試練の中で、過去の文明遺産は完全に失われていた。そこに宇宙に難を逃れていたらしき人々(天使か宇宙人か)が現れて、改めて彼らの再教育を行った模様。その最初の教育内容が創世記第一章であった。
Genesis-2〝
天使とUFOとを探す旅-9”
 「み使いの正体見たり創世記」5,7,5 調で読んでね。
 Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.

創世記第一章、
The story of Creation
 CHAPTER-1, section-6~
【 And God said, “Let there be a firmament in the midst of the waters, and let it separate the waters from the waters.” And God made the firmament and separated the waters which were under the firmament from the waters which were above the firmament. And it was so. And God called the firmament Heaven. And there was evening and there was morning, a second day.
 神はまた言われた、『水の間に大空があって、水と水とを分けよ』。そのようになった。神は大空を造って、大空の下の水と大空の上の水とを分けられた。神はその大空を天と名付けられた。夕となりまた朝となった。第2日である。】

・・There is Let there be a firmament in the midst of the watersand wise physician immediately is realized as, “Oh, this meaning is that plasma-temperature is coming down and the separation of gas and liquid (individual) is happening; so is saying!”
 Concerning to the water(H2O),
 during the plasma could not exist only steam, the temperature came down to the State could exist with liquid water, solid water (ice, slid material).
 It was named for convenience "Heaven (sky)" to gaseous state.
・・『水の間に大空があって、水と水とを分けよ』とありますが、勘の良い物理学者は即これが、『ああ,これはプラズマ温度が下がって来て、液体(個体)と気体との分離が起こったことを述べているんだ』と解釈します。
(H2O)で言えば、プラズマの中には水蒸気しか存在出来なかったが、液体の水や固体の水()などが存在出来る状態にまで温度が下がって来たのです。
 気体状態のところ(大空)を便宜上《》と名付けられたのでした。
これならお猿さんでも納得です!

【 And God said, “Let the waters under the Heavens be gathered together into one place, and let the dry land appear.” And it was so. God called the dry land Earth, and the waters that were gathered together he called Seas. And God saw that it was good.
 神はまた言われた、『天の下の水は一つ所に集まり、乾いた地が現れよ。そのようになった。神はその乾いた地を陸と名付け、水の集まった所を海と名付けられた。神は見て良しとされた。】

・・When further temperature falls, solid-materials were separated from a liquid and liquid is gathered; it was named Seas. He put his head where the population is land that. It is really reasonable documentation, isn’t it? With this, even the monkey thinks "I see". Universe people ( Angels or have knowledge) was far superior to modern scientific knowledge and they'll have fulfilled re-education (for human-beings back to primitive times).
・・更に温度が下がって、液体から個体が分離して、液体部分が集まった部分をと名付けられたのでした。個体部分が頭を出した部分は陸地という訳ですね。もの凄く科学的な解説でしょう?これならお猿さんだって『なるほどな』と思いますよ。この宇宙人か天使かは現代人の科学知識を遥かに凌駕した知識を持って(原始時代に逆戻りした人類の)教育を実行なさっているのがわかります。

【 And God said, “Let the earth put forth vegetation, plants yielding seed, and fruit trees bearing fruit in which is their seed, each according to its kind, upon the earth.” And it was so. The earth brought forth vegetation, plants yielding seed according to their own kinds, and trees bearing fruit in which is their seed, each according to its kind. And God saw that it was good. And there was evening and there was morning, third day.
・・Since it was cooled to be the Seas and dry land, it begins to rain and the rivers flow. Is one of the natural environment, on the Earth, now plants (Biology) can flourish. Of course, in shallow seas, marine organisms (plants, migratory animals) also according to the type to prosper will.
 Up to this time, it is written to take third-day.
As the First-day is number 1 billion
 15-billion years, so second-day is a half of First-day 2 billion7500-million-year period would be. Third-Day is a half of Second-day, 1 billion3800-million years. It suits to the birth of life firmly. Paleontologists also “mouth wide!” is.
・・温度が下がって海が出来、乾いた陸地も出来たのですから雨も降り、川も流れます。自然環境は整ったのですから、大地には、植物(生物)が繁茂するようになりました。当然、浅い海には、海生生物(植物・移動性動物)も種類に従って繁栄するようになります。
 ここまでに第3日(第3紀年)がかかったと書いてあります。
最初の第1(第1紀年)は、数十億年~150億年ですから、第2日(第2紀年)は、その半分の、20億年~75億年の期間でしょう。第3日(第3紀年)は、更にその半分で、10億年~38億年ということになります。生物の誕生としっかり対応していますね。古生物学者も口あんぐり!というところです。

【 And God said, “Let there be lights in the firmament of the heavens to separate the day from the night; and let them be for signs and for seasons and for days and years, and let them be lights in the firmament of the heavens to give light upon the earth.” And it was so.
神はまた言われた、「天の大空に光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため日のため、年のためになり、天の大空にあって地を照らす光となれ」。そのようになった。】

・・Until then, the Night & Day has not separated, it seems. It is written like that, ”the all-heaven was covered with the thick cloud like the Venus, it rained frequently as dogs & cats, the four season was not clear.
 There is depth 8 m tunnel in my house-garden (wet and dark in it), but the temperature is 15 ° C yielding a year.
 It is to this most unaffordable in light of growing plants. On the dark-ground under my house, grasses are grawing.
 Therefore among the period of 2 billion
7500-million-year the thick clouds in the firmament of the heaven becomes thinner and the sun and moon and star light becomes to reach on the ground. Solar light falls on the surface of the Earth the temperature rises, and sinks the Sun the temperature drops rapidly. This Up-Down of the temperature is remarkable occurrence and is incentive. Seasons change, is changed daily changes in the annual cycle on terrestrial organisms good effects to this time. So the Alien( or Angel) are explaining for the monkey.
・・それまでは、昼夜というのは区分けがなかった模様です。全天が金星の如くに厚い雲に覆われていて、大雨も度々ふる鈍よりとした天候で、四季もはっきりとはしていなかったということが書かれています。
 我が家には奥行8mの横穴があって、湿っぽくて暗く、しかし温度は年中15℃という横穴です。このほとんど光りの届かない奥の方にまで、植物は生えているのです。縁の下にも草は生えます。
 ですから、
10億年~38億年のどこかで、天の大空の雲が晴れ渡り、天から太陽光や月の光が降り注ぐ日が増えて来たのでしょう。太陽光が地表に降り注げば、温度は上昇するし、太陽が沈めば温度は急激に下がる。これは生き物にとって大きな刺激になります。『季節という変化、日々変化、年周期などが地上生物に好影響を及ぼすように変わったのがこの時期だよ』と、宇宙人か天使かはお猿さんに説明してやっています。

続きを読む "G02、Really we found the Angel( or Alien) in Genesis.「み使いの、正体見たり、創世記」 Hiro. Oyama"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽