o 「ヘボン式分析」 フランス語 ドイツ語 英語 中国語 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon

2015年11月 5日 (木)

アラビア語と日・英・独・仏・スペイン・中国語の7ヶ国語をヘボン式で比較

概要: アラビア語(6000語)に「ABCあいうえお分析」を加え、ヘボン式のテーブルにして、西欧各国と中国語とで比較した。 結果、日本の古語とアラビア語とが親戚関係にあることが判明。 他、これまでの西欧諸国・中国との影響の程度を再度確認でき、言語発生の歴史を探る手掛かりを得た。

 アラビア語〔常用〕6000語(大学書林、内記良一編)を図書館より借りてきました。
明朗なローマ字表記もあって、大変有難い。
例によって、ヘボン式分析を行なってみましょう。

続きを読む "アラビア語と日・英・独・仏・スペイン・中国語の7ヶ国語をヘボン式で比較"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

スペイン語のヘボン式分析→日・英・独・仏・中国5ヶ国との比較

概要 : 世の中はシンプルなものから複雑さを増す方向へと変化していくという例にもれず、言語の世界も同様であった。その証拠は中学高校で習う辞書の中にあった。 このブログではスペインを新たに加え、日英独仏中国の6カ国でヘボン式分析を実行している。先の5ヶ国比較の結論を、より確かなものへと高める実験結果となっている。
 スペイン語の辞書DICCIONARIO DEL ESPANOL MODERNOが手に入りました。背表紙のこの文字はローマ字読みしたら、そのまま、スペイン語らしく聞こえるし、つづりも英語と大変よく似ているんですね。

続きを読む "スペイン語のヘボン式分析→日・英・独・仏・中国5ヶ国との比較"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

漢和大辞典(訓読み頭文字)集計表。広辞苑(50音)集計表。

概要 : 日本語のことばの特徴を、広辞苑ページ数分布表と漢和大辞典(訓読み)集計表、漢(カナ引)集計表、とに求め、同時に、日:中:英:独:仏の音声言語(ことば)の特徴を、50音分解(ヘボン式)にて、明らかにする。音声意図学や発声意味学の基礎作り。

 先日、 『日本語〔RL〕を基準に比を取ってみると、他国(中国・仏・独・英)は日本語のRLに較べて、2、3倍の使用比率となっています!というお話をしました。
   --- 《 R L 比較表 》 ---
            R     L              ( 比 )
漢字  中国語 【      135     】 = 135 (  )
フランス語R L 【 172+64 】 = 236  (  )
 ドイツ語 R L 【   98+64 】 = 162  ( )
  英語  R L 【 132 + 89  】 = 221  (  )
 日本語  R L 【14+28+ 5+12+17】=   75  (  1  )
          ア   イ   ウ   エ   オ

続きを読む "漢和大辞典(訓読み頭文字)集計表。広辞苑(50音)集計表。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

日・英・独・仏・中国語のヘボン式分析⇒バベルの塔崩壊事件で言葉が乱された証拠を発見!

概要 ヘボン式分析法にて、日・英・仏・独・中国、の五カ国言語の比較分析を行なっているうちに、バベルの塔事変時に、言葉が乱されたという旧約聖書の物語の、証拠らしき事実を発見した。小・中学生や父兄参観日の参加者にも分かり、再現性もある分析手法の紹介をブログ展開している最中のことであった。本文中にて、余談としてその発見を正直に紹介している。
  父兄参観日にご出席の皆様へ。
  国語審議会の皆々様へ。
   馳浩文部科学大臣殿へご参考までに。 敬拝 
                        大山 宏

続きを読む "日・英・独・仏・中国語のヘボン式分析⇒バベルの塔崩壊事件で言葉が乱された証拠を発見!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

漢文字のヘボン式”音声意図”分析・・・日・英・独・仏語VS中国語の科学的分析。

概要 : 東南アジアで古くから使われている漢文字の特徴を、ヘボン式分析法にて探る。 日英独仏の四カ国語と比較することで、中国語の音声上の特徴が明確になって来た。 この分析手法は、小中学校の数学素養があれば、同じ結論が導き出せる。(科学的・普遍的であり、身近にある辞書で、再現実験が可能である)Chinese in Southeast Asia have used since ancient times by Hepburn exploring character traits. Franco-German and English 4 languages and compare them with the features of Chinese speech it became clear. This analysis technique is elementary and secondary mathematics education, derivation of the same conclusion. Scientific and universal, and experiments should be familiar with a dictionary.
==========================================
音声意図学(OnSeiiToGaku)ヘボン式には、
あかさたなが隠れている。あいうえおも見え隠れ?
 分かりますWaQaLimasu) 
Yes.馬鹿にしないで(bakani-shinaide)
XmasにはJezus(イエス)様がPresent
くださるんでしょ。 Fantastic!ステキ!
==========================================

続きを読む "漢文字のヘボン式”音声意図”分析・・・日・英・独・仏語VS中国語の科学的分析。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

漢字のヘボン式分析・・:漢和辞典の音訓索引が音声意図学で有用。

 昨日、”日本語⇔「英語、ドイツ語、フランス語」”のお話をしたところ、『文明比較論には、中国語が不可欠だろう。”日・英・独・仏”に加えて中国語(漢字)の分析を追加して欲しい』とのご意見を頂きました。
真にその通りで、中国語の接頭音分析を追加しようと、思いました。
 具体的には、私の手元にある、漢和大辞典(学研)でやってみようと思います。
昔からの漢字は日本語の中に深く取り入れられ、絵文字としても用いられて来ています。
ですから、漢字の接頭音を「あいうえお(a i u e o)分析」すればよい訳です。
「せわあない、簡単簡単!」早速やってみましょう。

続きを読む "漢字のヘボン式分析・・:漢和辞典の音訓索引が音声意図学で有用。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

フランス語のヘボン式分析⇒日・英・独・仏,の a i u e o 使用頻度(父兄懇談会にて)

概要:フランス語:ドイツ語:英語:日本語の各辞書に現われる接頭語音の分析を’ヘボン式’で行うと、日本古来からの’話し言葉の豊かさ’が見えてくる。小中学生でも可能な調査方法を具体的に紹介することで、言語学の原点を問う。⇒言語意図学の研究提案。

   ご父兄:母姉の皆様へ
  国語審議会、教育審議会の皆々様(ご参考までに)。
 何事にも、勢いというものがあります。研究でも小・中学生の勉強だって勢いがつくと飛躍的に進転していくものです。
昨日までに、日本語、アラビア語、英語、ドイツ語、に関して、ヘボン分析を父兄参観日の場を借りて、実行して来ました。
『 ついでに、』と言っては大変失礼ですが、英語、ドイツ語、と来れば、フランス語もやっておきたくなります。
 今日は「フランス語のヘボン分析」をやってみましょう。

 まずは、辞典(辞書)のABCDEFG///分析でしたね。
図書館からフランス語の辞書を一冊借りてきました。
               最終ページ差  
A(あ)  103 -   0 = 103
B     159 - 103 =  56 
C     310 - 159 = 151 
D     405 - 310 =  95
E(え)  506 - 405 = 101 
F     572 - 506 =  66
G     614 - 572 =  42
H     640 - 614 =  26
I (い)   692 - 640 =  52
J     708 - 692 =  16
K     710 - 708 =   
L     746 - 710 =  36
M     828 - 746 =  82
N     852 - 828 =  24
O(お)  880 - 852 =  28
P    1025 - 880 = 145 
Q    1037 -1025 =  12
R    1134 -1037 =  97
S    1237 -1134 = 103
T    1311 -1237 =  74
U(う)  1318 -1311 =   7
V    1365 -1318 =  47
W    1366 -1365 =   
X  1366.5 -13660.5⇒ 1
Y  1367.5-1366.5  = 
Z  1369-1367.5=1.5⇒
 これを元に、〔アルファベット〕頻度表としてまとめてみましょう。
a i u e o 103  52  7 101  28  291
K C Q G    2 + 151 + 12 + 42         207
S J Z     103 +  16 +   2          121
T D         74 +   95            169
N    
           24                24
H B F P V  26+ 56+ 66+
145+ 47           340
M             82                   82
Y                1                  1
R L             97+36              133
W                 1                  1
X           1                  1
           総計=
1370ページ(フランス語の辞書)
後での都合上、広辞苑の総ページ数に合わせておきましょうね。
a i u e o  183  92  12 179  50 516
K C Q G    4 + 268 + 21 + 74            367
S J Z  
  182 +  28 +   4             214
T D        131 + 168                 300
N    
         43                    43
H B F P V  46+ 99+ 117+
257+ 83        603
M             145                145
Y                  2                  2
R L             172+64            236
W                   2                2
X             2               2
      
総計2428ページ(広辞苑と同じ頁数へ)

 さて、話しはこれからです。
まずは、a i u e o 分析をしてみましょう。
比較するのは、日本語、英語、ドイツ語、フランス語の4つです。
 第1表   a   i   u   e   o   合計値
フランス語 183 92  12 179   50  516
ドイツ語   225 28  79  134  42   508
 英語    136 84  56   84  62  422 
日本語    85 85  55   33  84   342

●1、合計値比較において、日⇒英⇒ドイツ⇒フランスと、
    a i u e o 使用頻度が増加している。
○、この全体傾向を、決定付けているのは e であり、
    e 使用頻度は、日~フランス間で、5、6倍に激増。
 逆に、o 使用頻度は日~フランス間で減少傾向である。

●2、uドイツの使用頻度が増化傾向であるのに対して、
     フランスの激減傾向が目立つ。
○  i :ドイツの急減傾向に対してフランスは微増傾向。
○  a :ドイツの急増傾向に対してフランスは微増傾向。
 逆に、 e :フランスの激増に対して、ドイツは微増傾向。
   《フランス⇔ドイツ》は a i u e 使用で、相性が悪い。
 ちなみに、フランスとドイツの平均値を取ると、上表は、
 第2表 
              a    i   u       e   o   合計                    
フランス・ドイツave 204 60 45,5 157 46.5 512
      英語    136 84  56   84  62   422 
     日本語    85 85  55   33  84    342 
   となって、a e の急増が際立った表へと変化する。
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   さて次は、子音分析です。まずは、英独仏の三者が、
最大の使用頻度を誇る、Hとその親戚H B F P V の比較
です。
 第3表  H     B     F      P      V 合計値
フランス    46 +  99 + 117 + 257  +  83   603
 ドイツ   126 + 168 + 108 +  96 + 119    618
イギリス   91 + 136  + 115 +189 +  46      577
日本【はひふへほ+α:89+66+72+24+54】   305

どうしたことでしょう、この第3表第1表とほとんど同じ
傾向を示しているではありませんか。
●1、合計値比較において、日⇒英⇒ドイツ・フランスと、
    H B F P V の使用頻度が増加しています。
あいも変わらず、フランスとドイツとは仲が悪い傾向が顕著ですから、まずは、平均値を取って比較してみましょう。
 第4表 
フランス    H      B       F        P        V   合計値 
・ドイツ  86 + 218 +113 + 176 + 101  611
イギリス  91 + 136 +115 + 189 +  46   577
日本【 89+66+72+24+54 】                   305
(フランス・ドイツ)連合を(イギリス)基準で比較すると、
●2 B V :(フランス・ドイツ)が(イギリス)の2倍
 合計値において、(フランス・ドイツ・イギリス)3者が、
 日本の約になっていることが分かる。
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● H に関して、
日本の89+66+72+24+54305の大半は、Hはひふへほ
であるので、その半分がH であるとして153で比較すれば、
(フランス・ドイツ・イギリス)3者のH が、
         日本H に対して、半減していると言える。
● V に関して、
日本語には、V の発声音は無いに等しい。 従って、
日本(微少)⇒イギリス(40)⇒フランス・ドイツ(101) は、
          極端に急激な増化であると判断できる。
○ B  F P の日本語発声音は、ばびぶべぼ
  ファフィフ フェフォ パピプペポ・・・・・などであるので、
  B   F    P  の比率を暫定的に[ 2:1:2 ]とすると
  61 30 61 となる。
 よって、
● B に関して、
 日(61)⇒英(119)、独(168)、仏(99) は、
   1  : 2倍増 : 3倍弱増 : 6割り増し と言える。                   
● F に関して、
 日(30)⇒英(101)、独(108)、仏(117) は、
   1  : 3倍強 : 3倍半増  4倍弱増 と言える。
● P に関して、
 日(61)⇒英(166)、独( 96)、仏(257) は、
   1  ; 3倍弱 : 6割り増し  4倍弱増 と言える。
  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   次は、子音分析(第2弾)です。
英独仏の三者が、
高い使用頻度を誇る、Kとその親戚K C Q G の比較です。
  K    C    Q     G   合計値
フランス      4 + 268 +  21 +  74     367
 ドイツ   143 +  15  +  8  + 127   294
イギリス   24 + 226 + 14  +   91   355
日本K C Q G【167+100+59+53+130】 509

☆1: 面白いですね。合計値で見ると、
 日本:イギリス:ドイツ:フランス= 3 : 3 : 3
☆2: フランスは C       を多用しています。
     ドイツ  は KG とを多用しています。
     イギリスは C        を多用しています。
     日本 は K(かきくけこ) の多用国です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
   次は、子音分析(第3弾)。
日英独仏の四者が、共に使用頻度の高いS J Z
を比較してみましょう。
        S   J   Z
フランス   182 +  28 +  4       214
 ドイツ    289 +  15 + 92       396
イギリス   297 +  24 +  6         326
   日本S J Z 【83+233+46+66+45】   473
☆3: 面白いでしょ!合計値で見ると、
 日本:イギリス:ドイツ:フランス= 3 : 4 : 2
☆4:日本は〔さしすせそ〕国ですから、
 日本S の使用量を、おおよそ6割とすると、
上表は、
        S    J    Z
フランス   182 + 28 +   4    214
 ドイツ    289 +  15 + 92    396
イギリス   298 +  24 +   6      326
 日本    300 +100 +100    500
☆5: 日本基準でみれば、
  フランスは S
J Z が共に100づつ少ない。
  ドイツ  は J  の使用量が少ないのが目立つ。
  イギリスは S  の多用国。
 結果論ですが、日本は S の多用国であり、
『文字文化(音声学)上でも、英国に近いんだ、』
という認識を、明治の新政府は持つべきでした。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
      
子音分析(第4弾)。
フランス T D     131 + 168      300

ドイツ   T D      83 + 103   186

イギリス T D   137 +  121   258

日本(たちつてと)【93+48+43+47+81】 312 
 T D に関しては、どんぐりの背比べですが、

あえて言えば、ドイツのT D 使用量が少ない。
 更には、フランスの D 使用量が意外に多い。
   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
      子音分析(第5弾)。     小計
フランス M N   145 +  43 = 188
ドイツ   M N     98 +   64= 162
イギリス M N   128  +  54= 182
日本(ま・・な・・ん) 149 + 119=  268
まみむめも 【42+39+20+18+30】
なにぬねの 【47+29+ 7+16+20】
☆6:小計でみて、欧州3ヶ国のM N 使用頻度は、
  日本(ま・・な・・ん)使用頻度に比べ、少ない。
    アルファベットでM N の次に来る O も並べて
  記すと、上表は、以下のようになる。
フランス M N  O  145 +  43 +(50)=238
ドイツ   M N  O  98 +  64+(42)=204
イギリス M N  O 128 + 54 +(62)=244
日本(ま・な・ん) O 191 +119+(84)=352
●☆:欧州3ヶ国のM N O使用頻度は、
  日本(ま・・な・・ん)使用頻度に比べ 四割減!
    Oh ! No ! Ma~Ma~ !
   
【オーノー!まあ~、まあ!

   - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
      子音分析(第6弾)。     小計
フランス W  X Y      2  1  1     4
 ドイツ W  X Y  103  1   1   105
イギリス W  X Y    79  1  1    81
  日本  W  X Y     21 1 85   107
●☆:どこの国でも、X の使用頻度は極端に
       少ないことがこの表から分かります。
☆☆: Y W に関して、

    日本語において、Y(やゆよ)の使用頻度は
  多くて、この表でも(
85)と目立っています。
 ● Y の発音は万国共通であるらしくて、
  日本では、[ わい ]と呼びます。
 カタカナで書くと、[ ワイ ]ですし、
 ローマ字で書くと、[
W a i ]ですね。
擬声語で「わいわい」騒ぐ、なんて表現をしますが、
これをローマ字で書くと「
W a i  W a i  W a i  W a i
 何のことはありません。「YYY=WWWW」 とは、
 
a i (あい:愛) World Wide(ワールド・ワイド)に
たくさん沢山、出て来る状態のことじゃあないですか。

「わっはっはー」と大笑いするときにも、ローマ字では、
「WaッHaッHa-」であり、Ha Hi Hu He Ho 
沢山”口(くち)”から飛び出して来るのであって、
 万国共通なことが分かります。
 これは神代の時代からそうなのです。
キリスト教やユダヤ教の聖書の初めに、
はじめにひかりありき。』という文言が記してありますが、その言葉は、文字が出て来るずーっと以前から、話し言葉で伝えられて来ていたのです。
Hajime ni Hikari ariki. 』いう風に。
 ですから試してみてください。外国に行った時に、
日本に古来からある言葉で、しゃべってみて下さい。
 3回、5回と繰り返すうちに、あなたの意図が、
  きっと相手に伝わるはずですから。
    日本語に自信を持って下さいね。

 2015年 10月19日  H.Oyama(宏 大山)

PS、ドイツ人言語学者シュテファン・カイザーさん、
お読みいただいているでしょうか?
  お返事お待ちしてます。
E-メール: orohimayao3041@ezweb.ne.jp

続きを読む "フランス語のヘボン式分析⇒日・英・独・仏,の a i u e o 使用頻度(父兄懇談会にて)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

ドイツ語のヘボン式分析を父兄参観日で⇒「桑田変じて滄海となる」?「ノアの箱船事変」?

       国語審議会、教育審議会の皆々様へ
    文部科学大臣殿、
 前回に引き続き、父兄参観日風景をお届けしています。

 言語学の中には、音声学も意味学も存在しますが、音声意図学とか、音声意味学なる分野は当然あると思っていたところ、これが存在しないらしい?
●文字が発明される遥か大昔に、音声を通しての意思疎通がなされるようになったのです。
●文字はごく数千年前に”音声を記録する手段”として石に刻まれるようになって来ただけ。 ズーっと後に出来た文字でもって各国の”ことば”を分析しても、原始初期の言葉発生の歴史は見えてきそうにはありません。

 皆さん、これはドイツ語の辞書「木村・相良独和辞典」です。
今から47年前に、私が大学に入学したとき、買った本で、
定価は1100円で、初版本は昭和38年2月15日台刷発行と書いてあります。古い辞書ですが、言語学(音声意図学・音声意味学)の研究には、充分なドイツ語の本です。
 まあ、50年や百年で、昔の言葉が死語化するようでは、その国の行く末は怪しいものですからね。
オジン臭い前置きはこの位にして、この辞書を用いて、日独の文化比較論をやりましょう。
まずは、「ひらがな(ヘボン式)分析」でしたね。
ドイツ語のこの辞典も、アルファベット順に文字解説がしてありますから、
ABCDEFGHIJKLMN、OPQRSTUVWXYZ、と並んでいます。
 そこで、調べたい文字(例えばB)の最終ページ数から、
直前の文字(Bの直前はA)の最終ページ数を引き算すれば、
Bが先頭語として用いられている総ページ数が掴めるのでした。
論より証拠、まずは調べてみましょう。
 以下は、その計算表です。
小学四年生なら、こんな調査は、~30分でやれます。
               最終ページ差  
A(あ)  166 -   0 = 166
B     290 - 166 = 124 
C     301 - 290 =  11
D     377 - 301 =  76
E(え) 476 - 377 =  99
F     556 - 476 =  80
G     650 - 556 =  94
H     743 - 650 =  93
I (い)  764 - 743 =  21
J     775 - 764 =  11
K     881 - 775 = 106
L     940 - 881 =  59
M    1012 - 940 =  72
N    1059 -1012 =  47
O(お) 1090 -1059 =  31
P    1161 -1090 =  71
Q    1167 -1161 =   6
R    1227 -1167 =  60
S    1440 -1227 = 213
T    1501 -1440 =  61
U(う)  1559 -1501 =  58
V    1647 -1559 =  88
W    1723 -1647 =  76
X  1723.5 -1723 = 0.5 ⇒ 1
Y
  1724-1723.5  = 0.5 ⇒ 1
Z
    1792 -1724 =  68

(注)、ご父兄の方に一言申し上げます。
高校生以上の人ならば、最終ページ調査は、0.2ページ単位の表示をして下さいね。
そうすると、「他国言語比較がより数学的な結論」として導き出すことが出来ます。
そうして、各”最終ページ差の値を、総ページ数(この辞典では1792ページ)で割り算して100をかけ表示にしておくこと。
          (小数点以下は四捨五入。)
 但し、ここは(小学四年生の父兄参観日)ですから、
         そこまでやる必要はありません。
結果発表です!
一番を獲得したのは、S さん(213点)です。
二番を獲得したのは、A(あ)さん(166点)。
三番を獲得したのは、B さん(124点)でした。
四着に入ったのは、 K さんですね(106点)。
五着は、(99点)を獲得した、E(え)さんです。
びりっけつ争いをしたのは、X さんと Y さんでした。
可哀想ですから、参加賞として各1ポイントづつ
     獲得したことにしておいてあげましょう。
びりから第三位は、Q さん(6ポイント)でした。
 この調査結果を元に、ドイツ語の「ひらがな(ヘボン式)分析表」を作ってみましょう。
一昨日やったので、分かりますね。
さあ、よーいドン!

続きを読む "ドイツ語のヘボン式分析を父兄参観日で⇒「桑田変じて滄海となる」?「ノアの箱船事変」?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

ABCDE・・のヘボン式分析。父兄参観。算数・英語・社会⇒背負った子に渡る瀬を教えられる。

先ほど 子供たちが作ったひらがな頻度表です。
      あ   い  う   え    お   計
aiueo  85  85   55   33  84  342
K    167 100  59  53  130  509
S          
83 233  46  66  45   473
T         93   
51   40   47  81     312
N     
47  29   7  16  20  119
H     89  66  72  24  54  305

M     42  39  20  18  30  149
Y         31           24             30   85
R(L)     13    27     5     11  16   72
W         21                    21
 
計  671 630 328 268 490 2387
 この表を、ヘボンさんがまとめたヘボン式で、ローマ字ABCGEFGHIJK・・・を分析してみましょう。
何でもいいから おうち から「英語」の辞書を持って来て下さいって言いました。持って来てくれましたか? そのあなたのお父さんやお母さんが使っていた辞書で、先ほどの2時限目でやったと同じ事を、まず、やってみましょう。
 一つのローマ字に対して、ページ数がどれだけ用いられているか、を調べるのでしたね。
例えば、
Aでは最初のページが1ページ、最後のページが119ですから、Aのページ数は119です。 式で書けば、

A : 119 - = 119 となります。
Bについては、Bの最後のページ(238)から、Aの最後のページを引き算すれば良いですね。
B  238 - 119= 119
Cの最後のページは436ですから、Bの最後のページ(238)を引き算すればいい。
C  436 - 238= 198
 さあ、これにならって、DEF ・・Z、まで最後のページを調べて計算してください。時間は、10分間さしあげます。
 さあ、用意ドン!

続きを読む "ABCDE・・のヘボン式分析。父兄参観。算数・英語・社会⇒背負った子に渡る瀬を教えられる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

「ひらがな」で先頭に現れる文字順位表⇒日本語にはあい(愛)が多く含まれている。

 小学校四年生の授業中です。(父兄参観日)
下の表は何をしているのか分かりますか?

   「辞書」のページ差、・・・下調べ表・・・
あ:  85-  0=  85    
い: 170- 85=  85
う:  225-170=     55
え:  258-225=      33
お:  342-258=  84
か: 509- 342=  167
  
き: 609- 509=  100
く:   668- 609=    59
け:  721- 668=     53
こ:  851-  721= 130  
さ:  934-  851=  83  
し: 1167-  934= 233
す: 1213-1167=     46
せ: 1279-1213=   66
そ: 1324-1279=     45 
た: 1417-1324=  93   
 
ち: 1468-1417=      51 
つ: 1508-1468=     40
て: 1555-1508=     47
と: 1636-1555=  81
な: 1683-1636=     47    
に: 1712-1683=        29
ぬ: 1719-1712=            7
ね: 1735-1719=         16
の: 1755-1735=         20
は: 1844-1755=  89     
ひ: 1910-1844=     66
ふ: 1982-1910=   72
へ: 2006-1982=         24
ほ: 2060-2006=    54
ま: 2102-2060=      42  
み: 
2141-2102=  39
む: 2161-2141=         20
め: 2179-2161=         18
も: 2209-2179=       30
や: 2240-2209=      31    
ゆ: 2264-2240=         24
よ: 2294-2264=       30   
ら: 2307-2294=           13  
り: 2334-2307=        27
る: 2339-2334=             5
れ: 2350-2339=           11
ろ: 2366-2350=           16
わん 2387-2366=          21
 

・・・ 分かりましたか? ・・・
この教室では、国語の辞書のページが、各「ひらがな」で、何ページ使われているかを調べていたのでした。
 これでもって、何が学習できるのでしょうか?
先生は、何を子供たちに納得させようとしているのでしょうか?
        あ   い   う   え   お  小計
あいうえお  85  85   55   33  84 342
かきくけこ  167 
100  59  53 130 509 
さしすせそ  83 233  46  66  45  473
たちつてと  93  
51  40   47  81   312
なにぬねの  47  29   7  16  20 119
はひふへほ 89  66  72  24  54  305
まみむめも  42  
39  20  18  30  149
や ゆ よ    31      24      30   85
らりるれろ  13  27   5  11  16   72

わん     21                   21
  計   671 630 328 268 490 2387

続きを読む "「ひらがな」で先頭に現れる文字順位表⇒日本語にはあい(愛)が多く含まれている。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 3Dノウハウ CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.「相対性原理」の真髄。 | a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | a 『惑星の軌道は楕円? 第二焦点の位置に見えない★星★が存在している! | a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! | a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ | a. 地図(地形・場所)当て遊びです。Lied cheated in the section "plate tectonics"。 プレートテクトニクス嘘(うそ) | a. 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡。【目次】、2012、2015、2018 | a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | a・・ 種の起源と大陸移動説 | Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・「ヨシュア記」 | Bible・・「出エジプト記」 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」「ルカ書」 | CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 | easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. | easy やさしい相対性の説明  | easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | easy 数占いって不思議 | easy 算術フィボナッチ | easy 簡単な相対性原理説明 | electron spin-time Bode's law 「電子スピン時間」を使って「ボーデの法則」: 高精度化に成功しました! | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは | f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini | fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 | g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time 等時間面 | Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) | Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation | Heat-island phenomenon.Drastic measures against ヒートアイランド対策 | K1・氷惑星(★ 目次 ★) | K2・灼熱の氷惑星(二章) | K3・灼熱の氷惑星(三章) | K4・灼熱の氷惑星(四章) | K5・灼熱の氷惑星(五章) | K6・灼熱の氷惑星(六章) | KⅡ氷河・海水準・海進・海退 | KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 | kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・・氷惑星の解説 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 | o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 | o 「ヘボン式分析」 フランス語 ドイツ語 英語 中国語 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon | o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 | o 「音声意図学」ヘボン式分析 | o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! | o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー | Political dynamics 政治力学 Trump to give up nuclear weapons know-how.ノウハウ | President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima & Nagasaki. 2016/09/19 発信 | R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 | R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | R・・「楽器達のお昼ね会にて」 | S ・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper PK 念力 | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 | T 心…自殺未遂、刃物 | T 心の科学・言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | UFOを見る家系・・ 澄子の回想 | U・・田舎の生活・・大人の童話 | V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) | W・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | W・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | x. 同棲・週末婚・結婚生活 | x. 婚活ノウハウ | x・・東北大震災ボランティア記 | Y 昆虫記・古墳の科学的分析 | Y 月報 ジャイアントインパクトで月が地球から飛び出した!「エデンの園があった場所」 | Y 短編 Magic-Hand Time-Slip 「奴隷の手」「時空間疾走」 | z the Nobel Prize 「ノーベル賞はあなたでも狙える!」 | z 「へその館」;高樹のぶ子評 | z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 | z 「小鳥」「てるてる坊主」 「網戸(英訳付)」 | z 短編「新 ガリバー旅行記」 スケーリング」哲雄講演メモ | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽