N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能

2018年1月 9日 (火)

アメリカによる北朝鮮に対する「限定的予防戦争」で韓国と日本とは甚大な被害を被る!

 アメリカによる北朝鮮に対する「限定的予防戦争」で、韓国と日本とは甚大な被害を被ることを、もっと日本人は認識すべきでしょう。
この1年間、安倍政権が国民にあおったことは、「北朝鮮からのミサイル攻撃の恐怖」ですが、その根本原因は、アメリカ側にあることを、もっと自覚すべきです。
『「限定的予防戦争」をアメリカ大統領が決断した場合、韓国と日本国とは甚大な被害を被る。そして限定的予防戦争の後でアメリカは『韓国と日本とに甚大な被害が発生したことは止むを得ないことであった』と居直る(北村淳)』のは、世界中の軍事評論家の常識の様子です。
 安倍政権が取るべき方策は、アメリカに追従するのではなく、アメリカに対して『もう、力で相手をねじ伏せ従わせていくという政策は時代遅れですよ。国連をアメリカリードして、お互いを脅し合わない世界に導いていくことです』と強く主張していくことです。
 具体策としては、「核兵器の先制不使用」をアメリカがまず宣誓し、国連の完全経済封鎖体制を創り出す」ことです。この宣誓によって、中国とロシアの全面的な協力を引き出せることは確実なのです。
 安倍晋三首相、アメリカ追従政策を続けても、アメリカによる北朝鮮に対する「限定的予防戦争(核兵器は使わない限定的戦争)」であっても、日本に甚大な被害が発生することは確実なのです。
唯一の核被爆国の日本は、核兵器を使わない限定的戦争であっても反対して、戦争のない世界にアメリカを(トランプ大統領を)導いて行くことが天から与えられた役割なのです。

続きを読む "アメリカによる北朝鮮に対する「限定的予防戦争」で韓国と日本とは甚大な被害を被る!"

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

河野外相「安保理での議長国」発言⇒あれでは北朝鮮は核を諦めない!

 河野外相はアメリカの片を持ち外圧を強めるのが最善策との姿勢を崩していませんね。あれでは北朝鮮を刺激するばかりです。北朝鮮は「刺し違える覚悟、死ぬ覚悟で書く開発を実行している」のですよ、止める訳はないじゃないですか。
ということは、河野外相(安倍晋三総理)は核戦争が開始される方向に圧力を強めただけ、ということです。被爆国として真に情けない発言だと言えます。あれでは中国・ロシアは譲りませんよ。適当に御茶を濁す程度の圧力強化で、北朝鮮を利するばかり。
『それが中国・ロシアに有利だ』と内心は思っているのです。アメリカがしびれを切らして軍事行動を起こしたら、その非を即「世界平和を乱した!」という論陣を張るのは見え見えです。

 国際社会や国連を被爆国日本がリードできる唯一の方策は、『トランプ大統領、核の先制不使用の宣誓を行ってごらんなさい。そうしたら即、中国もロシアも安保理による完全なる経済制裁措置を、即支持する側に立つのですよ。』と、大統領に耳打ちすることです。
脅しに使うばかりで、どうせ、使うことが出来ないのが核兵器なのでしょ。ましてや先制攻撃なんか、核兵器で出来るはずはないでしょ。だったら「核の先制不使用」を宣誓してしまっても何のもあり得ないではないですか』という風にアメリカに耳打ちすれれば、一挙に国連主導による対北朝鮮完全経済封鎖体制はまとまるのです。

 アメリカが「核兵器で世界中の国々に強烈な脅しを掛けている」のがそもそもの原因なのです。その脅しを止める方向の第一歩を世界に先駆けてやることが重要なのです。中国は核の先制不使用の宣誓は既にやっています。アメリカが「核の先制不使用の宣誓」を行えば、フランスもイギリスもロシアも、他の核保有国も右習えで即、「核の先制不使用体制」が国連で決議されるのです。
 それでも北朝鮮が従わなければ、完全な経済封鎖が国連主導で実行されるのです。

続きを読む "河野外相「安保理での議長国」発言⇒あれでは北朝鮮は核を諦めない!"

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

トランプ大統領、ICANのノーベル平和賞受賞講演は勿論読まれましたね。決断の時が訪れました!It was of course read Trump President, ICAN Nobel Peace Prize winning performances. Decision time has come!

 トランプ大統領、遂にあなたが歴史に名を残す名誉の時が到来しましたね。
『あなたはこの時を辛抱強く待っておられたのでしょう』、私はそのように感じています。
President Trump's honor when you finally leave you name in history has arrived. "Will you patiently waited for this moment of' I feel that way.
トランプ大統領への支持率はこの1年間、30%台を低空飛行しているとのことですが、その低い支持率がそれ以上低下しないように「イスラエルの首都をエルサレムに移す」なんて戦争誘発行為を行う必要性は更々なくなりました。また、北朝鮮に核兵器の破棄を迫るべく、軍事的な脅しをかけ続ける必要性もなくなったのですからね。
You no longer need to Trump presidential approval ratings over the past year, 30 percent low-flying and that it is the low support rate does not decrease further to do acts of war induced moved the capital of Israel to Jerusalem's slightest intention of doing. It is also no longer need to continue military threats destroy nuclear weapons, urging the North to put from it.
 あのICANのノーベル平和賞受賞講演を読めば(耳を傾けさえすれば)、全世界の人々が『帝国主義の政策が人類を滅亡にしか導かない』ということを改めて認識してしまったことを理解できるのですから。
Nobel Peace Prize winning performances that ICAN read (listen only), can understand what people around the world has once again recognize the "imperialist policy not lead only to the destruction of mankind, that is.
 トランプ大統領、あなたが世界を滅亡に導くか、はたまた平和へと人類と地球を平和へとリードして行けるかのキャスティングボードを握っておられることは、誰の目にも明らかなのです。あなたが過去の遺物のような帝国主義政策を振りかざす事さえ止めれば、世界は地球は平和への道を歩み始めるのです。
Or trump the President, leads to the destruction of world or even in addition to peace and that who holds the casting Board could lead to peace, humanity and the Earth and what is obvious to everyone. It is a stop brandishing your past imperialism policy even if the world (Earth) path to peace progress for a start.
『・・・核兵器の物語には、終わりがあります。どのような終わりを迎えるかは、私たち次第です。核兵器の終わりか、それとも、私たちの終わりか。 そのどちらかが起こります。
 唯一の理性的な行動は、突発的なかんしゃくによって、私たちが互いに破壊されてしまうような状況で生きることをやめることです。・・・』
以上はICAN 代表者の受賞講演の一部ですが、これをトランプ大統領へのメッセージに置き換えて見せましょう。
"... The story of nuclear weapons must end. To what end is up to us. The end of nuclear weapons or the end of us.  Happens that either. Only rational behavior is to cease to live with sporadic tantrums, we each be destroyed by such circumstances. ... ' Is part of the award-winning performances of ICAN, this show replaced messages to trump the President.
『・・・核兵器の物語には、終わりがあります。どのような終わりを迎えるかは、トランプ大統領次第です。核兵器の終わりか、それとも、米国民を含む全世界の人々の終わりか。 そのどちらかが起こります。
 唯一の理性的な行動は、突発的なかんしゃくによって、私たちが互いに破壊されてしまうような状況で生きることをやめることです。・・・』
"... The story of nuclear weapons must end. To what end is up to trump the President. The end of nuclear weapons or the end of the peoples of the world and it also includes United States citizens?  Happens that either. Only rational behavior is to cease to live with sporadic tantrums, we each be destroyed by such circumstances. ... '
 ちっとも不自然な話にはなっていませんね。
 It's not at all unnatural story.

続きを読む "トランプ大統領、ICANのノーベル平和賞受賞講演は勿論読まれましたね。決断の時が訪れました!It was of course read Trump President, ICAN Nobel Peace Prize winning performances. Decision time has come!"

| | コメント (0)

2017年10月31日 (火)

"Being recruited by CIA,"「CIAにスカウトされた日」 "City spies from all over the world.”「世界中からスパイが集まる街」

Read the Meiji Restoration (Nishi Toshio), I do appreciate Japan's pacifist Constitution, thinking. What Western countries should learn the spirit of the pacifist constitution. Writings of spiritual essence of Christianity is the Japan Peace Constitution. Constitution was imposed from the United States is once again appreciate MacArthur.
 西鋭夫講演録からの抜粋です。主題の「新説 明治維新」に付随された後半部の方がより衝撃的でした。

CIAにスカウトされた日
…「CIAに入れ」と誘われた。シアトル、1976年6月、博士号習得から10日目。私は34才だった。私のアパートの電話が鳴った。相手はCIA・サンフランシスコ。私と会いたいという。昼食を一緒にしようと誘われた。私も会って話しを聞きたかった。私の名前と電話番号と学位習得を知っていたCIAは、ワシントン大学の教授に将来CIAのスパイとして有望な留学生を探させていたのだろう。
 1947年に新設されたCentral Intelligence Agency(CIA)は、米国の国益・国防のため世界中から情報を取集・分析し、大統領に報告をする世界一大きなスパイ機関である。
CIA
の前身は、第二次世界大戦で活躍した米政府の実戦スパイ機関であったOSS(Office of Strategic Service)OSSのスパイたちは、日本軍をかく乱させるため満州でも数々の爆破テロ作戦を実行した。
 私がCIAの面会要請に応じたのは、国家にとってスパイ機関は必要不可欠であり、CIAはアメリカが最強国であるために重要な役割を果たしていると信じていたので、CIAに強い興味を持っていたからだ。
また、マッカーサーの「日本占領」について博士論文を書くため、公開が始まったばかりの米国機密文書を国立公文書館の暗い地下室で読んでいた。「大統領の目だけに」と注のついたOSSの最高機密の報告書も数多く読んでいた。
OSS
の工作員たちが東京からさえも、戦時日本についてリアルタイムの情報を大統領に伝えていたことは、戦後の平和教育で洗脳され、日本は「東洋のスイスならん」と夢見ていた私にとって、衝撃であった。
 もちろん、日本帝国の極秘はアメリカに筒抜け。
平成日本には、CIAのようなスパイ機関もないし、「スパイ罪」もない。憲法9条の御法度で「軍隊」が存在しないので、日本で「国家安全の極秘」を盗んでも、アメリカのように極刑もない。日本では、ただの窃盗罪。日本は国際スパイたちの天国だ。
 日本版CIAが必要なのだ。日本国民が米国追従を「平和的」と錯覚し、スパイ情報機関なぞ必要ないと思っている。
日本は無知のまま、強欲な諸外国に手玉にとられ、カネと威信をむしり取られ世界中で笑いものにされているのだ。日本もCIAに負けない人材を養成すべきである。日本は経済・技術大国であり、守らなければならないモノが沢山ある。
 北朝鮮のスパイに日本人を拉致されたら、その人たちを速やかに奪回できるだけの組織を日本国は持っていなければならない。米国民が拉致されたら、巨大な航空母艦に護られた勇敢な海兵隊が出動して人質奪回を行う。
ちなみに、CIAの年間予算は、公開された額が7兆円。隠し予算がこの額の2倍あると思うのが常識だ。
世界中からスパイが集まる街
 CIAの話上手なパームさん(仮名)との昼食は、3時間以上続いた。
長い会話の中で、強く印象に残っている事柄がある。彼が「東京は安全で、ライフルの弾も飛んでこないし、とても楽しい街だ。私の仕事は人と会って、話を聞いて、情報を集めることなんだ。仏教によれば、人間は108つの煩悩を持っているというが、ボクの勘定では、もっとあると思う」と言った。
「人の欲望や煩悩をくすぐれば、パームさんの言うとおりに動くのですね」
「ボクの経験では、ほとんどの人は原始的な欲望123で堕ちる。第一はお金。 第二は女、セックス、愛人、情婦、男色。 第三は、名声、名誉、勲章、プレステージ。これらを組み合わせると、皆さん喜んで私たちに協力する」
「日本にCIAの協力者は大勢おりますか」
「かなりいる。東京は世界中からスパイが集まるところだ。事実、日本はスパイだらけ。居心地もいいし、日本の警察も公安庁も私たちを監視していないので、のびのびと動けるんだ。エジプトのカイロでいがみ合っていたソ連のスパイに、六本木でバッタリ出会い、二人で大笑いしたよ」
「大使館や領事館に、盗みに入られるのですか」
本当に貴重な情報は、中に居る人が『これは重要機密です』と持ち出してきたモノだ
「東京にある諸外国の大使館の職員に極秘を盗ませるのには、人の好みや弱みをつかみ、長い年月を費やさねばならないのでしょう」
10年、20年、30年かけて、内部に『モグラ』を育てるのだ。アメリカも、ソ連のために動き回っていた『モグラ』にFBICIAの国家機密が長期にわたり盗まれた。アメリカの友人イスラエルでさえ、アメリカの機密を盗んだんだ。スパイ活動をしない国が賢くない、と思うよ」
「日本では、どんな人が『モグラ』ですか」
「それは言えない」
「私が今『CIAに入ります』と言うと、教えてくれるのでしょう」
「ウーン、教える」
「企業の大物や著名なジャーナリストもアメリカのモグラですか」
「ウーン、居ないこともない」
「国会委員で、何人いるのですか」
「ウーン、not less than ten(10人以上だ)
 私の表情が険しくなったのか、パームさんが「驚くほどの数ではない。よその国の議会なぞ半数の議員が私たちの協力者だ」と私を慰める。
自民党、社会党、共産党の議員も、モグラになっているのですか」
「私たちはモグラのイデオロギーに興味がない。お金に、国境やイデオロギーの壁はない。カネのためなら何でもする人が多いよ

「産業スパイも養成されているのですか」
私が話題を替えた。
「アメリカと日本が技術で世界独占を競っている時、産業スパイは国家の戦略として当然の政策だ」
「日本の産業スパイは、アメリカでたびたびお縄を頂戴していますが、アメリカの産業スパイは日本で捕まりません」
 パームさんが綺麗に並んだ白い歯を見せ、声を出さずに大きく笑った。
「アメリカの産業スパイが日本で捕まらないのは、内部の日本人が機密を盗んで持ち出しているからだ。日本人がアメリカで逮捕されるのは、素人の自分たちで盗むからだ。日本人は基礎ができていない」
 理想論、倫理観、希望的観測に縛られていない者が自国の国益のためには手段を択ばないという現実を見せつけられ、私は反論することもままならず圧倒された。本能と理性が戦った時、本能が勝つ。…

 途中ですが、転載はここまでとし
ます。
この会話が今から41年前にアメリカ国内でなされていたのですよ。余りの生々しさに皆さんビックリなさったことでしょう。私もビックリ仰天しました。でもね、これが西欧文明なのですよ。もっと言えば、6000年前から今日まで、帝国主義の基本的な考え方なのです。むしろ「機密情報公開という制度を持つアメリカの民主制度を褒めるべき」でしょう。日本ならこんな会話を公開した直後に暗殺されるか精神病院に放り込まれてしまいます。そうなる前に関係者を抹殺したのが明治維新~太平洋戦争の歴史でした。
It is this conversation now and the 41 years ago, had been in the United States. The freshness of a too you would that amazed us. I too was amazed. However, this is a Western civilization. Speaking more from 6000 years ago until today, the basic idea of imperialism is. Rather you should be praising the democratic system of the United States with a system of disclosure of sensitive information. Assassinated shortly after the public conversation if Japan will be thrown into a mental hospital. Killed the officials before the Meiji Restoration-history of World War II.

続きを読む ""Being recruited by CIA,"「CIAにスカウトされた日」 "City spies from all over the world.”「世界中からスパイが集まる街」"

| | コメント (0)

Trump President, Shootings and the nuclear issue is the same in essence. In the legitimate defense, this world will end.トランプ大統領、銃乱射事件と核問題とは本質的に同じ。正当防衛論では世界は滅びる!

 Tragic shootings occurred in Las Vegas. Wielding American shootings to legitimate defense theory, oppose gun control forces will win! "It seems he is repeating history. But not nowhere wrote a legitimate defense theory in the Bible to believe in you.
 ラスベガスで悲惨な銃乱射事件が起きました。アメリカ人は乱射事件が起きる度に、正当防衛論を振りかざして銃規制に反対する勢力が勝つ!という歴史を繰り返しておられる様子です。しかし、あなた方が信奉するキリスト教の聖書には、正当防衛論はどこにも書いてありません。
 On the contrary, "Jesus Christ," shouldn't be against the people who came to capture sword with sword. "And said to his disciples, I caught the crucified ', clearly written in the Bible. Are you Westerners are running that contradicts their religion is obvious.
逆に、『イエスキリストは、「剣を持って捕えに来た人々に剣を持って逆らってはならない。」と弟子たちに言い、自分は捕えられてそのまま十字架にかけられた』と、聖書にハッキリと書いてあります。あなた方西洋人は、自分の信じる宗教と矛盾することを実行しているのは明らかなのです。
Japan was also at warring States period. Swords and Spears in the hands of individual farmers claiming self-defense and killing were run each other. Sword hunt is made after Toyotomi Hideyoshi took the reins of Government. There was to destroy almost all of Castle sword hunt and the rest scattered, even after the establishment of the Meiji government. After Japan was defeated in World War II, sword hunt was run. It is this peace only came to Japan.
 日本にも戦国時代はありました。刀や槍が農民一人ひとりの手にあって正当防衛と称して殺し合いを実行していたのです。豊臣秀吉が天下を取ったあと、行ったのが刀狩りです。明治政府が樹立された後でも、刀狩りや各地に点在する城をほとんど全て破壊することが行われました。日本が太平洋戦争に敗れた直後でも、刀狩りは実行されました。これによって日本に平和が訪れたのです。
To give up the weapons, other than killing is there is no way to reduce it.
 Analysts say to set the example for 2000 years ago, Jesus Christ is voluntarily the crucifixion of serving showed? Basic attitude to the history this is not or.
武器を放棄すること以外に、殺し合いを少なくする手段はあり得ないのですよ。その手本を示すために、2000年前にイエスキリストは、みずから磔の刑に服して見せたのだ、という見方はできませんか? これが歴史に学ぶ基本的な姿勢ではありませんか。

続きを読む "Trump President, Shootings and the nuclear issue is the same in essence. In the legitimate defense, this world will end.トランプ大統領、銃乱射事件と核問題とは本質的に同じ。正当防衛論では世界は滅びる!"

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

「国破れてマッカーサー」を読んで。北朝鮮核問題の抜本的解決策。"Countries torn MacArthur" reading. Solution of the North Korean nuclear issue.

 「国破れてマッカーサー(西鋭夫著)」を図書館から取り寄せてもらって読みました。マッカーサーは熱心なキリスト教信者だったのですね。西鋭夫氏の観点には日本人として大いにうなずけるものがありましたが、本の詳しい紹介は他に譲りましょう。隠れキリシタンの私としては、聖書を科学的な目を通して分析した時と同じ姿勢で読み込むことが出来、有り難く思いました。 さて、上記図書の一節に次のような引用文があります。

  マッカーサーの雄弁は、彼の独裁政治のスタイルに見事に合った。かれの態度は、日本国民の目に民主主義の実質を示すものとしては映らなかったが、日本保守派の困惑をよそに、国民は新憲法を歓迎した。そして、国民が民主主義を理解しはじめた時、「配給された民主主義」の矛盾が余りにも歴然となり、アメリカの政策立案者の良心を痛めた。
MacArthur's speech is his dictatorship style fits perfectly. The attitude he has received virtually as indicative of real democracy in the eyes of the Japan National puzzle in Japan conservatives welcomed new Constitution despite people. And when people began to understand the democratic contradiction of distributed democracy became too obvious, and hurt the conscience of American policymakers.
 このアメリカ人の「良心の痛み」を正直に、かつ清々しく告白した本が一冊ある。
日本占領初期、GHQ・労働局で労働法立案に携わったヘレン・ミアーズ女史が帰国後、1948(昭和23)年に書いたMirror for Americans: JAPAN(アメリカの鏡・日本)である。戦前から占領中にかけ、アメリカ政府およびマッカーサーのGHQが「極悪・残虐日本人」観を創り上げ、それがアメリカ国民の常識となっていたが、ミアーズはその日本人観をぶち壊した。彼女によればペリーの黒船から終戦までの日米関係は次のようなものだ。
There is a book "pain in the conscience" of the American people to be honest and refreshing confessed. Mirror for Americans Helen Mears Ms. Japan early occupation, GHQ, Bureau of labor involved in Labour law drafting after returning to Japan in 1948 (0/1948) wrote: in JAPAN (mirror of the United States and Japan). From before World War II during the occupation, American Government and MacArthur's GHQ that created Japan heinous, atrocious, it had become the common sense of the American people, but Mears destroy the Japanese view. According to her until the end of the war U.S.-Japan relations from Perry's "black ships" is something like the following.
 アメリカ政府は、日本が朝鮮半島やアジア大陸へ侵略したから日米戦争になったと世界中に言い触らしているが、世界地図を見れば、どの国がアジアへ進出したのか歴然としている。我々アメリカ遠く離れたアジアへ乗り込んでいったのだ。日本は、アメリカ大陸へも、ヨーロッパ大陸へも進出してはいない。
アメリカは、アジアで日本が邪魔になったので、無理難題を投げつけ、日本を窮地に追い込んだ。日本は、自衛のために闘うより他に生きる道はなかったのだ。
Has expanded to Asia any country has spread all over the world became a war from the United States invaded to the Korean peninsula and the Asian continent, Japan and look at the world map, or obvious. It's Asia far away we went aboard. Japan is expanding also to the Americas and to the continent of Europe, did not. Hurled the tall American in Asia Japan becomes out of the way so, drove Japan into a corner. Japan was not the way to fight for it.
アメリカは、勝つことの分かっていた戦争を日本に引き摺り込み、日本を徹底的に破壊し、力尽き果てた日本兵と一般市民を殺しまくり、勝敗のついた後でも原子爆弾も使い、さらなる大量殺戮を実行した。占領下、GHQは狂気の軍国主義日本を民主平和国家にすると独善的な言葉を使っているが、すばらしい文化と長い歴史を持っている日本に武力でアメリカ様式を押し付けているだけだ。
Two atomic bombs to use even after the United States knew that win wars Japan forcibly, spree killing was exhausted however, thoroughly destroying Japan soldiers and civilians, with a win-loss, running further mass killings. Under the occupation, the only American style pressed against Japan have a long history and splendid culture using the word smug GHQ madness of militarism Japan nation for peace and democracy and in the armed forces.
 アメリカ人により書かれたこの卓越した本は、マッカーサーによる発売禁止、翻訳禁止の烙印を押された。占領下、この本が日本国民に読まれたら、彼の日本統治は崩壊していただろう。 ミアーズ女史が心深く感じた羞恥心にも似た良心の呵責(かしゃく)こそ、アメリカが日本に残した民主主義の貴重な教訓であったといえよう。
This outstanding book, be pressed branded as a prohibition of sale by MacArthur and translation prohibited by the Americans.  Under the occupation, would have collapsed a reign of his Japan national, read this book. It can be said that the democratic conscience similar to Ms. Mears felt deep shame pangs (pangs) welcome, America left Japan a valuable lesson.

続きを読む "「国破れてマッカーサー」を読んで。北朝鮮核問題の抜本的解決策。"Countries torn MacArthur" reading. Solution of the North Korean nuclear issue."

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

安倍総理、あの演説では第三世界大戦は避け得ない!

 国連での演説を聞きました。『安倍総理殿、あれでは第三次世界大戦は避けられません!』 何故なら、第一次世界大戦、第二次世界大戦の教訓が総理の頭の中に生かされていないからです。第三次世界大戦は核戦争であり、一挙に世界経済が崩壊する戦争なのだという認識があなたの中では欠如しているのです。言葉の遊びをやっていても、中国とロシアの賛同は得られるはずはあり得ません。あなたは唯一の被爆国の総理として真に恥ずかしい人ですね。
 今の北朝鮮の立場は、太平洋戦争に突入した日本の立場と同じだという認識が何故持てないのですか? 当時は国際連盟でした。あの会議の中で列強の経済的締め付けの圧力に反発する形で太平洋戦争へと突き進まされたのでしょ。その認識を持っていれば、北朝鮮の考えていることは手に取るように分かるはずです。中国もロシアも第三次世界大戦を望んではいません。しかし、『トランプ大統領が覇権主義:アメリカ帝国主義を振り回して北朝鮮に対して軍事行動を起こしたならば第三次世界大戦に発展してしまう。そして各地で広島・長崎の悲劇が生まれるに至るのは必然の流れだ』という位の認識は中国政府やロシア政府に限らず、ほとんどの国々の政府関係者は持っているのです。
 その認識が持てていないのは安倍総理、あなただけなのですよ。トランプ大統領でさえも、『これやったら世界経済が崩壊するな』位の認識は心の内ではもっているのですよ。その認識を持った上で、チキンゲームをやっているのです。総理、あなたがこのチキンゲームで一方の片を持って『制裁論』をぶっているのは世界中の笑いものになっているのを、もう気が付いてもいいでしょ。ピエロもほどほどにして欲しいです。
 旅人にコートを脱がせる方策はただ一つです。強風と恐怖を与えても旅人にコートを脱がせることは不可能です。太陽の温かさを送るればいいのです。まずは相手の立場に立ってその言い分に耳を傾けてみる心の豊かさが必要なのです。北朝鮮は『覇権主義を止めよ。帝国主義政策を止めよ』と命がけで70年間主張し続けているのです。
 安倍総理、あなたが最もすべきことを改めてお話ししましょう。『トランプ大統領、覇権主義:帝国主義は限界に来ていますよ。あなたが脅しで世界を牛耳るという方策を取れば世界は滅ぶのです。あなたがまず核の先制不使用宣誓を行ってごらんなさい。あっという間に完全な経済封鎖の体制が国連内に出来上がりますよ。』と助言してあげれば良いのです。実に簡単なことでしょ。これだけで世界平和は訪れて来るのです。

続きを読む "安倍総理、あの演説では第三世界大戦は避け得ない!"

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

Sanctions, the Security Council should be resolved a complete economic blockade. You should take advantage of Sun Tzu's art of war! 北朝鮮制裁 安保理は完全な経済封鎖を決議すべき。孫子の兵法を!

  After 7 pm today, "North Korea sanctions resolution the Council adopted by consensus" was. But North Korea has resisted further provocation to take is clear than watching the fire. Both China and Russia so confident. It is thought they possess little political dynamics. People do not know is where only members of the American and the Abe Cabinet. Leaders of most of the Asian countries and Islamic countries "North Korea protested the planned, nuclear and provocation and to strengthen the inevitable ' said I think.
本日7時過ぎ、「北朝鮮制裁決議が安保理が全会一致で採択」されました。しかし北朝鮮は反発して更なる挑発に踏み出すことは火を見るよりも明らかです。中国もロシアもそう確信しています。政治力学をちょっと持ち合わせている人々はそう思っているのです。知らない人々は、アメリカ人と安倍内閣の面々のみというところでしょう。アジア諸国とイスラム諸国のほとんどの首脳達は『北朝鮮は予定通り反発して核開発と挑発とを強めることは必至』だと思っているのです。
 It is 'over 70 years, mad had knives'. To get rid of the knife "by force would take mad is more natural ' is. "The bow is threatened would have no ' is. Saddam Hussein forcibly so on when defeating to be could learn America, but still can't understand Americans are far. Above all "art of war" about Japan should be familiar with the head Prime Minister: Shinzo Abe, Figure 3 always flattering to the United States, has become the laughing stock of the Government as a Japanese shame, is probably not.
 『70年もかけて、気違いに刃物を持たせた』のですよ。その刃物を取り除くのに『力づくで取り上げようとしたら気違いはより一層暴れるのは当たり前』です。『脅しをかけたって屈する訳はあるはずがない』のです。
フセイン政権を無理やりに倒したときにアメリカも学習できたはずなのに、まだアメリカ人は悟れていないのですね、寂しい限りです。とりわけ「孫子の兵法」ぐらいは頭で理解しているはずの日本の首相:安倍晋三が、アメリカへのお追従に終始している姿は、各国政府の笑いものになっているのは日本人としても恥ずかしくてしょうがないですね。
 There are sentences in Sun Tzu's art of war ", with minimal damage to allied forces, a victory for way out to give good content. "Bite cat mouse got into a scrape: kyuuso cat grazing" of words is a common sense of elementary school in Japan, Prime Minister Shinzo Abe this is even can not understand, because of the poor is.
 孫子の兵法の中に、「味方の兵力の損傷を最小限にして勝利するためには、逃げ道を相手に与えてやればいい」というような内容の文章があります。『窮鼠猫を嚙む:きゅうそねこをはむ』という言葉は日本の小学生の常識ですが、安倍首相はこれさえも理解できていないのですから、お粗末の限りです。
 It is good given, an escape route for North Korea to abandon a nuclear weapon. It is speaking more "honorable withdrawal cause giving them good'. Because North Korea "stop the policy of imperialism" for 70 years continues to insist that the U.S. President "I know do not take American imperialist policy of viewpoints by force in the future. As a first step "United States pre-emptive nuclear not to swear an oath ' and can only be declared. It is will be come run imperialist policy in the past if the countries also appreciates the decision, fully expressing approval in the United States.
核兵器という凶器を北朝鮮に放棄させるためには、逃げ道を与えてあげればいいのです。もっと言えば、『名誉ある撤退の大義名分を与えてあげればいい』のです。北朝鮮は「帝国主義政策を止めよ」と70年間主張し続けているのですから、アメリカ大統領は『分かったよ、今後は力によって相手をねじ伏せるという帝国主義政策をアメリカは取らない。その第一歩として「アメリカは核の先制不使用を宣誓する』と宣言するだけでいいのです。そうすれば、過去に帝国主義政策を実行して来た国々も、その英断を評価して全面的にアメリカに賛意を表明する運びとなるのです。
 軍縮は一気に進展し、平和な世の中に変わっていくでしょう。トランプ大統領は『古今東西で最大の偉大な人物』として歴史に刻まれることになるのです。沖縄の問題もIS問題も嘘のように地上から消えてなくなる事に、もうアメリカ国民も気付くべき時なのですよ。
2017 9/12 Hiro. Oyama(大山宏)
 Will change to a peaceful world, and progress in disarmament. It is the Trump President will be engraved in history as "a great figure in the now and then East and West'. It is when the Okinawa problem also IS the problem miraculously disappear from the Earth to the other should realize Americans.
2017 9 / 12 Hiro. Oyama

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

北朝鮮の核問題に関しての中国政府の本音。⇒完全経済封鎖を実施する方策。The intention of the Chinese Government on the nuclear issue in North Korea. More information, see ways to implement full economic blockade.

Abstract: North Korea's successful H-bomb test. Skeptical of the route that has been trying to hold a UN emergency meeting, a new sanctions resolution, China and Russia should be focusing on dialogue. Truth is another. Repeated hundreds of times to discuss consequences reach a consensus. Are elaborated based on the past history about Trump regime should take this blog to get unstuck. Due to this policy, China and Russia agreed, to achieve a complete economic blockade. North Korea to the United Nations, will be the unconditional surrender.
要旨:北朝鮮が水爆実験に成功した。国連は緊急会議を開き、新たなる経済制裁の決議を発令しようとしているが、中国・ロシアは対話を重視すべきだという路線を崩していない。本音は別のところにある。建前の議論を何百回繰り返しても合意には至らない。このブログではトランプ政権が取るべき打開策に関して過去の歴史を踏まえつつ詳述している。この策により、中国・ロシアは賛同に回り、完全な経済封鎖が実現する。北朝鮮は国連に対し、無条件降伏する運びとなる。

 Even North Korea successfully detonated still tumultuous passive stance further United Nations sanctions against the Chinese Government. Russia also said "even without making any economic sanctions North Korea endured hunger in the weeds would stop nuclear weapons development". Russia rabbit as a square, the Chinese Government why there until North Korea aid continue to be? If you think the reason is a little junior high school knowing that is not he has noticed how Trump President and the American people. Today let's talk about the political dynamics.

 北朝鮮が水爆実験に成功しても、相変わらず中国政府は、国連の更なる経済制裁に対して消極的な姿勢を崩していません。ロシアも「どんな経済制裁を加えようとも、北朝鮮は雑草で飢えを耐え忍んでも核兵器開発は止めないだろう」と発言しています。
ロシアは兎も角として、中国政府は何故あそこまで、北朝鮮支援を続けるのでしょうか。その理由はちょっと考えてみれば中学高校生にも分かることなのですが、トランプ大統領とアメリカ国民は気が付いておられない様子ですね。今日はこの政治力学に関してお話ししましょう。
 It is a country after the fall of the Soviet Union was defeated, Russia is fighting hegemony and American in recent years in Russia. He is learned from bitter experience that was defeated by the imperialism policy dominated the world in the power struggle in recent years, he has tired to American imperialism. North country like a spoiled brat is waging war under the 'overthrow, U.S. imperialism' in desperation, as Russia does with "a pleasant thing”, but wouldn't.
 まず、ロシアですが、近年アメリカと覇権を争って敗れたソビエト連邦が崩壊した後に出来た国がロシアなのですよ。力で世界を牛耳る帝国主義政策の争いに敗れたという苦い経験を近年に経験したので、アメリカ帝国主義には辟易しているのです。駄々っ子みたいな国である北朝鮮が『打倒、アメリカ帝国主義』を掲げて捨て身で戦いを挑んでいるのは、ロシアとしては『小気味いい事』としか映らないのは当然でしょう。
 The following are Chinese. Too many times in China has a long history of trying to dominate the world as the imperialists themselves and come to experience at the same time, in recent years, opium war, was at the expense of imperialism in other countries many times. That is why, while still a desire ambition that his country wants to rule the world (imperialism), maintaining its limits is a Chinese Government knows. Quit Chan and knows that the Chinese Government is.
 次に中国です。中国も長い歴史の中で自身が帝国主義者として世界を支配しようとしたことも何度もあると同時に、近年においては、アヘン戦争などで他国の帝国主義の犠牲にあった経験を何度もして来ているのです。だから、自分の国が全世界を支配したいという欲望野望(帝国主義)は依然として保持しつつも、その限界は知っているのが中国政府なのです。引き際はチャンと心得ているのが中国政府という訳です。
 It was a country for America is a young country does not have a history of less than 300 years, and holding weapons in recent years, the world's largest country, but truly do not know the Illuminati, warlike incorrigible even very painful times. Did also defeated in the Viet Nam war, the Iraq war, the Gulf war, Afghanistan war, and of country experience, still, just repeat the stupidity of the imperialist policy of the United States.
 これに対してアメリカは、300年足らずの歴史しか持たない若い国であり、近年世界最大の兵器を保持している国なのですが、真に悟りを知らない国、何度手痛い目にあっても懲りない戦争好きの国なのでした。ベトナム戦争で敗れても悟れない、イラク戦争・湾岸戦争・アフガニスタン戦争・・を経験しても、依然として帝国主義政策の愚かさを繰り返すばかりという国がアメリカなのです。
 North Korea has been trouble all over the world and currently has out of the Korean war took place after World War II is the country came. Claims were raised during the Korean war, with North Korea if "overthrow American imperialism", that since Shrike-I and consistently insist, just keeps fighting to come. It is the country of North Korea. So, as well as of North Viet Nam assisted by Chinese Government Chinese Government behind North Korea economically, that is. It is impossible how America is going to bother the pressure to at least the Chinese Government stop help from North Korea. And the course of history of course only to the North is Russia tacitly endorse. It is humanity came repeatedly hegemonic and imperialist war.
 現在全世界の問題児とされている北朝鮮は、第二次世界大戦後に起こった朝鮮戦争の結果出来た国です。北朝鮮にしてみれば、あの朝鮮戦争の時に掲げていた主張「打倒アメリカ帝国主義」をあれ以降もずーっと一貫して主張し闘い続けて来ているだけなのです。それが北朝鮮という国なのです。だから北ベトナムを中国政府が支援したのと同様に、中国政府は北朝鮮を経済的に裏で支えるのは当たり前のことです。如何にアメリカが圧力を掛けようとも中国政府は北朝鮮の支援を止めることはありえないのです。そしてロシアも北朝鮮が頑張ることを暗に支持するのも至極当然の歴史の流れなのです。
人類は「覇権主義・帝国主義」で戦争を繰り返して来たのです。
 If the weapon is sword, spear, or guns and cannons around "and it's no help. Like war is man's original family name of ' and were able to see through it is. However, since the invention of nuclear weapons, this human life: "managing to kill opponents in their advantageous position”, can become impossible. North Korea has realized this thing is. And got the technology bomb to drive in other countries.
 兵器が刀や槍、あるいは鉄砲や大砲程度であれば、『それも仕方ないな。戦争好きは人間の本姓なのだから』と達観することもできたのです。しかし、核兵器が発明された以降は、この人間の営み:『相手を殺してでも自分が有利な立場に立つという営み』を続けさせることは不可能になりました。この事に北朝鮮は気が付いたのです。そして水爆を他国に打ち込む技術を手に入れました
 In the East, "and die. Killing others, rather than surrender to die himself, brought in the form of a tie. Death, to claim their own justice." It is thought. For Westerners to understand thought, but now Korean is running good, bad and another, means "to stand firm, risked death' would be.
 東洋には、『刺し違えて死ぬ。降伏するのではなく、自分も死ぬが相手も殺して引き分けの形に持ち込む。死して自分の正義を主張する。』という思想があります。西洋人には理解しがたい思想でしょうが、今北朝鮮が実行しているのは、良い悪いは別として、『死を賭して、主張を貫く』ということなのでしょう。
 Claims that North Korea has changed at all over the past 70 years, not. It is the claim of "overthrow American imperialism". Will is no exaggeration to say that the resistance movement against the hegemony and trying to dominate the world by force. That is the biggest reason why North Korea upset China and Russia, even in dangerous situations by the firing of the nuclear world is doomed! "in this area.
 その北朝鮮の主張はこの70年間ちっとも変ってはいません。それは「アメリカ帝国主義の打倒」の主張なのです。力で世界を支配しようとする覇権主義に対する抵抗運動だと言っても言い過ぎではないでしょう。
 核兵器の発射によって世界が滅ぶという危険な状況下にあっても、中国政府やロシアが北朝鮮をかばう最大の理由はこの辺りにあるのではないでしょうか。

続きを読む "北朝鮮の核問題に関しての中国政府の本音。⇒完全経済封鎖を実施する方策。The intention of the Chinese Government on the nuclear issue in North Korea. More information, see ways to implement full economic blockade."

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

It’s now Trump President, North Korea had detonated America first principles to reality. トランプ大統領、北朝鮮が水爆実験を行った今こそアメリカ第一主義を現実のものとする時です。

Your letter to trump the President. Made a reckless challenge today North Korea tested a nuclear device, and lead the world to ruin. Trump President is an economic expert. Sure "you came visit the greatest chance of' I hate you, first of all, congratulations. Despite the desperate efforts of the United Nations, North Korea probably near month for one or two atomic bombs toward the country somewhere on the ground will be launching.
 トランプ大統領へのお手紙。本日北朝鮮が核実験を行い、世界を滅びへと導く「無謀な挑戦を行いました。トランプ大統領は経済の専門家です。私は貴方が大嫌いですが『あなたに最大のチャンスが訪れて来た』と確信し、まずはお喜び申し上げます。

国連の必死の働きかけにもかかわらず、北朝鮮は恐らく近月中に1発か2発の原水爆を地上のどこかの国に向けて発射するでしょう。
 しかしトランプ大統領、あなたは報復核のボタンを押してはならないのです。押した瞬間にアメリカどころか、世界中のほとんど全ての国々で、広島長崎の悲劇は繰り返されるというドミノ現象が起こり、我々の地球は、廃墟の星へと収束していくのでした。経済の専門家であるあなたには、この経済崩壊の流れは誰よりもトランプ大統領、あなた自身が最も認識されているのでしたね。これを知っているあなたは内心『報復核のボタンは押したくても押せない』というジレンマに既に陥っておられることでしょう。
However, should not trump the President, you press the button of nuclear retaliation. Is a moment press, let alone the United States repeated in almost all the countries in the world, the tragedy of Hiroshima and Nagasaki that the Domino theory was our Earth will converge to the stars of the ruins. It did to your economic expert in the flow of the collapse of the economy than anyone else Trump President and your own most recognizable. You know it he will be that he already fallen into dilemma "also wanted to hold down retaliatory nuclear button is out'.
 この手紙の最初にあなたに『アメリカ第一主義実現への最大のチャンスが訪れて来たことに対してお喜び』を申し上げました。
国連に対して新たなる経済制裁決議を要求したとしても、中国もロシアも、なかなか同調してはくれないであろうことは、これまでの経過をみれば明確です。しかしトランプ大統領、あなたは幸運にも、最大の切り札を持っておられるのでした。その最大の切り札を切ってしまえば、中国もロシアもイギリスもフランスも同調せざるを得なくなり、国連による完全な経済封鎖の体制が一瞬にして出来上がるのです。既にお気付きかとは思いますが、お話しさせて頂きます。
At the beginning of this letter to you "your joy that came visiting the biggest opportunity to America first principles" I mentioned before. Would be me and demanded renewed economic sanctions against Nations, China and Russia, but echoed by if it's history, it's clear. But Trump President, fortunately the biggest trump card so you have he is. It is forced along China Russia also Britain, France also if it cut its biggest trump card, the complete economic blockade by the United Nations system is ready. You may have noticed what is talk, but I think we will.
 北朝鮮は駄々っ子みたいな国ですが、彼の立場に立ってみれば、よりどころとする正義は存在しています。それは、『アメリカ帝国主義を止めよ』という正義です。『力で世界を牛耳っていく政治を終わりにせよ』という主張です。その最も顕著な強権政治は〈核兵器の力で〉周囲の国々を脅迫して有無を言わさず従わせていくという古くて新しい政治です。アメリカは核兵器を世界で最初に開発し、現在、世界最大の核保有国です。『この核の脅しによって世界を牛耳ろうとしても無理ですよ、脅しには屈しませんよ』と、北朝鮮は数十年前から主張し続けているのです。
Is there justice to which North Korea is like a spoiled brat, but, standing in his place. It is the justice that "stop U.S. imperialism". It is a claim that "politics will run the world alone at the end!" It is both old and new politics is the most authoritarian politics threatening surrounding countries in the [nuclear power] Rufus, to Square Enix. United States develop nuclear weapons first in the world and is currently the world's largest nuclear powers. "It is impossible to handle the world by this nuclear threat and not surrender to threats.” and North Korea from decades ago, continue to insist that it is.
 中国は核兵器を保有する国ですが、核の脅しによって相手を従わせようとはしていません。5大核保有国の中で、唯一中国は「核の先制不使用の宣誓」行っているので、北朝鮮の脅威ではないのです。むしろ中国は他の核保有国に対して『あなたがたも、核の先制不使用の宣誓をなさるべきですよ』という主張を暗に持っているのです。だから国連において、北朝鮮の経済制裁決議に関しても、積極的には賛同していないのです。中国の立場に立てば、『北朝鮮は中国が暗に思っている事を代弁してくれている』と内心では思っているのです。ちょっと考えれば分かる事ですね。
 この膠着状態を如何にして打開するか?
Not trying to obey the opponent by the nuclear threat that China is a country that owns nuclear weapons. It is among the five major nuclear powers, only China is doing "pre-emptive nuclear-no swearing, so is not a threat of North Korea. Is a rather China against other nuclear powers claim that "should you ye also nuclear first strike with no oath." implicitly have. So it is not actively agree for economic sanctions on North Korea at the United Nations. If standing in the standpoint of China "North Korea tacitly believe that China will speak' on the inside are in. Do you know when you think it is.
 This stalemate, or overcome?

 経済の専門家(実業家)の最大の特徴は、「経済的に合わない事は、豹変して切り捨て、抜本対策を打ち出し実行する」というところにあります。トランプ大統領、あなたはこれが出来る人なのです。内心ではあなたも『核兵器は割に合わない。経済的に見て無駄の長物だ』と思っておられるはずです。実業家としては至極当然の考え方です。
膠着状態の国連の中において、あなたが、『北朝鮮よ分かった。アメリカは核の先制攻撃をすることはしません。あなたも他国に向けて核を先制して使用してはならない。国連は一致団結して、北朝鮮が戦争放棄をするように完全な経済封鎖を実行します』とアピールすれば、全ては一挙に解決し、平和への第一歩が踏み出せるのです。
 中国はもろ手を挙げて賛同することでしょう。ロシアもイギリスもフランスも、我先にとばかり、トランプ大統領の「核先制不使用の宣誓」に従がうことでしょう。言う間でもなく北朝鮮を除く他の全ての国々もトランプ大統領の大英断をもろ手を挙げて歓迎し、国連内に『北朝鮮への完全な経済封鎖体制』が出来上がるのです。
Characteristic of economic experts (businessman), "do not fit the economic turnaround and truncated, sweeping measures to, run". This is the trump the President, you are the person who could do this. In mind you also "nuclear weapons are overpriced. Economically, useless white elephant ' and should be he thought. As a businessman is not surprising. In the midst of deadlocked United Nations, "North Korea's turned out. United States nuclear pre-emptive attack. You preemptively nucleus toward other countries, should not be used.  Renunciation of war that North Korea runs a complete economic blockade the United Nations ' and solve at once all if your appeal is challenging is the first step towards peace. China would agree, with open arms. Russia, Britain, France, scrambling, and only subject to an oath of obsolete nuclear first strike "trump the President's subject” will be. Not so, except for North Korea is all the rest of the world trump the President's wise decision wholeheartedly welcomed the "complete economic blockade regime to the North, resulting in the United Nations.
  キムジョンウン(北朝鮮)も馬鹿ではありません。「アメリカ帝国主義を打倒した!」なんていう勝利宣言をしようものなら、中国を含めた完全経済封鎖がすぐに実行されるのですから、国は滅ぶのです。 北朝鮮が出来る唯一最大のことは『北朝鮮は核兵器を放棄します。国連の核査察を全面的に受け入れます。名誉の無条件降を致します』という宣言ができるだけなのです。
 トランプ大統領、ここまでの道筋はもう既に整っているのです。実行あるのみです。神様とは不思議な采配を振られるのですね。オバマ大統領が受けるべきであった名誉を、どういう訳か、トランプ大統領あなたが得ることになったのです。おめでとうございます。
 あなたは、アメリカ史上で最大の大統領であると歴史に刻まれることでしょう。そして、アメリカ第一主義は実現するばかりでなく、USAを越えて、United States of the World が出現することでしょう。Congratulation 2017 9/03 Hiro. Oyama 
UN (North Korea) is not dumb. "The overthrow American imperialism!" Is the country including China declared victory saying take full economic blockade running soon and then dies. North Korea is possible only up to "North Korea abandon nuclear weapons. Accept the UN nuclear inspections across the Board.
 Will be in honor unconditionally yield ' that only can be declared. This is Trump's course so far is already ready. It is only running. It is God and waved his magical order. For some reason I was honor to receive President Obama became President Trump, you get.
 Congratulations to. You are the greatest President in American history will be engraved in the history. And American will be not only to achieve the United States of the World that occur across the USA.
 Congratulation!  2017 9 / 03 Hiro. Oyama

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 科学童話 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 哲心物理学・・異常気象の扱い方。 | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽