G・やさしい相対性原理の説明

2017年4月13日 (木)

宇宙背景放射もハッブルの法則もアインシュタイン思想を支持する証拠であって、ビッグバンを支持するものではない!It is not evidence for the cosmic background radiation is Hubble's law Einstein thought that supports the big bang!

宇宙マイクロ波背景放射CMBR)の観測結果をどう評価していますか?」という質問に対してお答えします。
"Observations of cosmic microwave background radiation (CMBR) not rated?" The answer for a question.
 3Kの宇宙背景放射が1965年にアメリカのペンジャスとウイルソンによって発見されました。この宇宙背景放射の発見が証拠となって、定常宇宙論は敗れたことになっています。そしてこの100年間、ビッグバンの研究やインフレーション理論の研究が続けられているのです。大山宏さん、あなたはそのビッグバンさえも否定しようとなさっているのですか」という質問ですね。
"3 K cosmic background radiation was discovered in 1965 by American Penzias and Wilson. Evidence is the discovery of the cosmic background radiation, the steady state theory has become lost. And 100 years of the big bang and inflation theory research is continued. Hiro. Oyama-San, you are that the big bang is even or are you doing trying to deny "that question.
誤解を恐れずに、要点だけ答えることにしましょう。
 ビッグバンは存在しませんでした。但し、超新星爆発が起こる事や、超大型の爆発で銀河が出来たことは多くの天文学者が観測されている通りです。それら多くの超新星爆発時の光の波長が伸びに伸びて、地球上で観測されたのが宇宙背景放射だろう、と推定しています。  もしそうだとして計算し直したとしても『100150億年前に起こった超新星爆発の名残りが宇宙背景放射である』と、宇宙背景放射の解釈が取って代わるだけでしょう?
Let us answer, only the point without fear of misunderstanding. The big bang does not exist. However, the supernova explosion occur, and that galaxies in an extra-large explosion is as has been observed by many astronomers. Those estimates would be cosmic background radiation of wavelength of Explosive Nucleosynthesis for more growth in the observed on Earth. If so, recalculated the "100-remnants of a supernova explosion in the 15 billion years ago, in the cosmic background radiation" and will only replace the interpretation of the cosmic background radiation?
 前回の説明が舌足らずで、分りに難ったかも知れません。要は、『宇宙背景放射は、銀河系からはるか遠くにある銀河より100~億年かかって到着した光がマイクロ波として観測されただけの事!』との評価をしています。
Lisp in previous difficult to find that I may have. The "cosmic background radiation is far from the Milky Way galaxy far more 100-billion years why it was observed as a microwave light arrived! ' With assessment. Let me explain a little.
 もう少し説明しましょうね。

続きを読む "宇宙背景放射もハッブルの法則もアインシュタイン思想を支持する証拠であって、ビッグバンを支持するものではない!It is not evidence for the cosmic background radiation is Hubble's law Einstein thought that supports the big bang!"

| | コメント (3)

2017年4月12日 (水)

大宇宙のビッグバンは嘘!超新星爆発はミニビッグバンです!〔微小な異次元世界、現世、極大の異次元世界〕の3者は相似形。Universe and the big bang is a lie! Big bang mini is a supernova explosion! "micro-dimensional world, worldly, maximal-dimensional world] of 3 is similar.

「貴兄は定常宇宙論者ですか。ビッグバン理論は支持しないのですか。」という質問に関してコメントします。
150
億光年という半径を持つ大宇宙のビッグバンは嘘でした。但し、超新星爆発や超巨大超新星爆発で銀河宇宙が出来たのはミニビッグバンだと捕えています。
"Work is the steady-state universe creationists? Do not support the big bang theory. "That the comments on the questions. The big bang of the universe with a RADIUS 15 billion light years was a lie. However, catching and big bang mini's Galaxy space has made colossal Supernova and supernova explosions.
 素粒子物理学の諸先生方が熱心に研究しておられるのは、超新星爆発で島宇宙
(銀河宇宙)が生まれた直後の研究だと素直に解釈できます。その爆発に名前をあえて付けるなら、『ミニビッグバン』と呼んでもいいでしょう。
 島宇宙は細胞みたいなものです。
細胞分裂が貴方の身体のあちこちで無数に起こっているように、宇宙も細胞分裂を繰り返して栄枯盛衰を重ねています。この事と、貴方がお母さんの体内で1個の卵細胞から細胞分裂し始めた最初の分裂とは次元が全く違うでしょ。味噌糞一緒に議論してはいけません。
確かにそれらの分裂は全て相似形ですよ。でも規模(次元)が全く違う。
Is he eagerly studied various teachers of elementary particle physics, said research after the island universe (Galaxy universe) was born in supernova explosions can be interpreted to.  Also called the "big bang mini, if you dare to name the explosion would be Island universe is like a cell. Space over cell division mitosis is going here and there of the body of your countless, UPS and downs. This thing with your MOM's body from one egg cells first Division began to divide and dimensions you are totally different. Everything is should not be discussed together. Certainly all those divisions are similar. But quite different in scale (D).
 そもそも現代宇宙論の混乱は、無限大の定義から生じています。ウィキペディアで「無限大とは?」を検索してみると、『限りなく(どんな正数よりも)大きいこと。』と出て来ます。
「無限小とは?」と検索すると、『整数の範囲で零に限り無く近いこと。』と出て来ます。

この定義が間違いの元凶です。
 こんな定義からスタートするから、『暗黒エネルギー暗黒マターで宇宙は満ち満ちている?』とか、『素粒子を細かく追及すればするほど訳が分からなくなって、我々は大自然のことをちっとも理解できていない。』というジレンマに陥るのです。
「では、無限大()無限小(1/)はどのように定義すればいいのか?」
Begin with cosmology of the confusion stems from the definition of infinity. In Wikipedia "is Infinity?" Try searching with "unlimited (any positive number) greater than that." And come out. "With the infinitely small?" And search for "in a range of integers---close to zero." And come out. This definition is the ringleader of the mistake. From this definition to start the "universe is filled with a dark energy and dark matter?" Or ", we do not at all understand that nature is confused enough that if you pursue particles finely." That is absolute.
"The infinity (
) infinitely small (1 / infinity) is or how do you define?"

続きを読む "大宇宙のビッグバンは嘘!超新星爆発はミニビッグバンです!〔微小な異次元世界、現世、極大の異次元世界〕の3者は相似形。Universe and the big bang is a lie! Big bang mini is a supernova explosion! "micro-dimensional world, worldly, maximal-dimensional world] of 3 is similar."

| | コメント (1)

2017年4月11日 (火)

村山斉様:佐藤勝彦様、異次元世界での時間軸の目盛り&ミニブラックホール・・The scale of the time axis in the world of a different dimension; & mini black hole.

村山斉先生、佐藤勝彦先生へ、私なりに一生懸命に「時空間は曲がっている」ということをやさしく語ってみました。このアインシュタイン思想では、暗黒物質暗黒エネルギーも顔を出すことなく異次元世界が語れることが出来ます。近年100年間の科学世界の混乱の元は『時間軸が伸び縮みしているイメージがどうしても納得できないことにあった』ように私は感じております。一連のブログ記事で両先生に不快な思いをさせてしまったことも多々あったことと思います。本当に失礼致しました。素粒子物理学の今後のご発展を祈っております。敬拝
Lawrence, Katsuhiko SATO I hard are space and time are curved gently telling you tried. You can talk about different three-dimensional world without making a face both dark matter and dark energy in Einstein's ideas. In recent years is a source of confusion in the scientific world for 100 years, "images that stretch the time axis are absolutely unconvinced that" as was I. I think that sometimes I will feel uncomfortable both teachers in a series of blog posts. Have to say really. Hope your development in the future of particle physics. Worship
概要:原子核や原子という微小世界や銀河宇宙という異次元世界に於いては、重心点からの距離比例で時間軸が伸び縮みしていることをやさしく語ってみました。イメージ図を見ることで、直感的にご理解いただけるなら幸いです。
OutlineIn the different dimension; the micro-world of atomic nuclei - atoms, or the world of the Galactic universe, I talked about the time axis being contracted by the distance proportional from the center of it. I hope you will be able to understand intuitively by looking at the image.
異次元世界では時間軸が半径
r比例で伸び縮みしている」というお話しは、なかなかイメージがし難いですね。何せ、時間の流れは(元々から)目に見えないものですから。でも、次のイメージ図を見ていただくと、少しは納得できると思います。
(A)は、我々の太陽系に時間軸の目盛りを付した図です。
3

"In the world of different dimensions, the time axis is stretched by the radius r proportional," the story is difficult to imagine. What is it, and the flow of time is invisible. But if you look at the following image, I think you can understand a little.
(A) is a diagram with a time-axis tick on our solar system.

続きを読む "村山斉様:佐藤勝彦様、異次元世界での時間軸の目盛り&ミニブラックホール・・The scale of the time axis in the world of a different dimension; & mini black hole."

| | コメント (1)

2017年4月10日 (月)

ハッブルの法則も宇宙背景放射もアインシュタイン思想を支持する有力な証拠。ビッグバンを支持するものではなかった!Strong evidence to support the fact Einstein Thought the ‘cosmic background radiation’ and ‘Hubble's law’, they were! Did not support the Big Bang!

 前回、「ビッグバンは存在しませんでした。…」とコメントしたところ、非難の声が舞い込んで来ました。仕方がないので、この抗議の声に対するお話しから始めましょう。小中学生には少し難しい話になりますから、斜め読みして下さい。最後の方に「フィボナッチ実数列」に関して小説「ダビンチコード」を引き合いに出しつつ少し語ってみました。
 実は、アインシュタインが相対性理論を発表した当時、ビッグバンという言葉はどこにも存在していなかったのです。そしてアインシュタイン自身が『宇宙は静的な存在であり、拡大も縮小もしていない』という信念を持ち続けていたのです。
 Last time, "was missing from the Big Bang. ... "And commented that it came one criticism.  Against this protest because we couldn't talk about from the start.
 It is actually, Einstein's theory of relativity announced at the time, says that the Big Bang did not exist anywhere else. And kept having the belief that Einstein himself is a static universe, is not expanding, and not even shrink.
この定常宇宙論が敗れ去ってビッグバン思想が世に定着してしまうきっかけとなった事件(科学的発見)は以下の2つです。
1
つ目が、ハッブルの法則の発見(1929)です〔遠い銀河からやって来る光ほど波長λが伸びて観測される。まるで『天体が我々から遠ざかる速さと距離とが正比例している』かのように見える。⇒宇宙が膨張し続けているまぎれもない証拠。〕というもの。
2
つ目が、宇宙背景放射の発見(1965)です〔宇宙は膨張しているという仮定の下で考えると宇宙は最初(150億年前)には小さな火の玉状態であり『その火の玉の名残りが今でもあるはず。その温度は数度(K)であろう』と予想されていた。⇒これがマイクロ波という電波として観測された〕というもの。
Incident which led left defeated the steady-state universe theory, Big Bang idea settles into the world (scientific) is two.
 First is the discovery of Hubble's law (1929) [light coming from distant galaxies than the observed wavelength λ. Looks like a "speed away from us and the celestial bodies and the distances are proportional, or.
of the universe continues to expand even without evidence. : That stuff.
 Second is the discovery of the cosmic background radiation (1965) [universe was first given under the assumption that the universe is expanding (15 billion years ago) is small fireballs state that "there still remains of the fireball. The temperatures will be several degrees (K) ' as had been expected.
This is observed as a microwave radio] is one.
 この数か月間、このブログで展開して来た内容は、1つ目のハッブルの法則がアインシュタインの相対性原理とちっとも矛盾しない、というものでした。しつこいですが、再度まとめておきましょう。

続きを読む "ハッブルの法則も宇宙背景放射もアインシュタイン思想を支持する有力な証拠。ビッグバンを支持するものではなかった!Strong evidence to support the fact Einstein Thought the ‘cosmic background radiation’ and ‘Hubble's law’, they were! Did not support the Big Bang!"

| | コメント (1)

2017年4月 7日 (金)

村山斉様 佐藤勝彦様 堀源一郎様。銀河の端では光速は大きくなっている様子。ビッグバンは嘘だった?At the edge of the Galaxy, the speed of light seems bigger. The Big Bang was a lie?

 新堂進著「やさしい相対性原理」というマンガ主体の本があります。

Photo この本の最後の方に、『光のスピードを超えるものがあるか?』の議論の中で、「ある!」というのが答えとして出て来るのでした。確かに『世の中に絶対的なものは何もない。あるのは相対的に現れる事象だけだ』という原理からいけば、「光のスピードを超えるものはある!」ということになります。では『何故、光速は30Km/sec という一定値として観測されるのか?』という疑問が湧いてきます。この疑問に対する私の答えは、光速Cを基準にして移動物体の全てのスピードを測ることにしているからだよ」ということになります。
 今日はこのテーマについて考えてみましょう。
 Towards the end of the book, "there is something greater than the speed of light?" The discussion in the "there!" Did it come out as the answer. Certainly "nothing absolute in this world. There is only occurrence relative to ' that hopefully from the principle, "is greater than the speed of light!"
 To be said, but "what is the speed of light 300,000 which is observed as the Km/sec constant value?' You ask the question. My answer to this question is that it comes from doing to measure all the speed of a moving object with respect to the speed of light C.  Today, let's think about this theme.

続きを読む "村山斉様 佐藤勝彦様 堀源一郎様。銀河の端では光速は大きくなっている様子。ビッグバンは嘘だった?At the edge of the Galaxy, the speed of light seems bigger. The Big Bang was a lie?"

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

佐藤勝彦先生へ「ドプラー効果」のもう一つの解釈。宇宙は拡大なんかしていない?The interpretation of another one of the "Doppler effect". Galaxy is moving away and didn't! and ‘Not expand the universe!’

要旨「遠くにある銀河ほど我々から急速に遠ざかっている」という証拠に使われたハッブルの法則は、ドプラー効果の誤用として成立していました。その根拠を論証するための第1弾です。
Summary of Hubble was used to determine that "distant galaxies as we rapidly are moving away from" law that had been approved as a misuse of the Doppler Effect. It is the first to demonstrate the rationale for.
「物体の移動速度は光のスピード
C30Km/s を超えることは絶対に出来ない」ということを耳にされたことが あなたにもお有りでしょう。また、
「光のスピードCに近付くに従って時間の進み具合が遅くなって行って、物体が押しつぶされたかの如くに観測される」などという不可解な話をお聞きになった方も多いでしょう。アインシュタインの相対性原理から導き出されるこれらの話と、銀河がひとつだけ存在するモデル内で V≡⊿L /t … (1) という式が普遍的に成立している』という先日のお話しとは、どう結び付いているのでしょうか。
"The velocity of the object light speed C = 300000Km/s absolutely cannot be exceed " that has never been heard that Yes you will. Also, many people heard of a weird story, "observed went slow the progress of time according to the approaching light speed C, or crushed body is like".
 In the model to present these stories are derived from Einstein's principle of relativity and the Galaxy only one " V≡⊿L /t (1) expressions that exist in a universal ' a talk the other day and, what if tied.
 答えを先に言ってしまいましょう。誤解は次のようなことから発生していた模様です。即ち、地球上で感じられる経験則:「時間はどの空間に於いても定常的に流れている」で持って、その時間尺度の目盛りを不変の物差しとし、銀河の中心付近から無限遠方の周辺部にまで一律に当てはめる癖を万人が持っていたから、問題が生じていたのです。 物理学者を含めてほとんど全ての人々がこの間違いを犯しておられたのでした。》
 Answers to let's say. Misunderstanding is the pattern had occurred from the following. Namely, rule of thumb can be felt on Earth: "time in which space a steady flows" in have the time tick marks on the scale and measure of lasting, from near the center of the milky way to the infinitely distant periphery uniformly is improvable had a habit of fitting everyone from.
Including the physicists, almost all the people making this mistake there was so.

続きを読む "佐藤勝彦先生へ「ドプラー効果」のもう一つの解釈。宇宙は拡大なんかしていない?The interpretation of another one of the "Doppler effect". Galaxy is moving away and didn't! and ‘Not expand the universe!’"

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

銀河内部では時間の進み具合は球の半径比例で伸び縮みしている!Within a Galaxy, that stretch in the sphere RADIUS proportional time progress! So space-time is curved.

概要:易しい相対性原理の説明です。速度の議論をしている内に『物体に他から新たな力が作用しなければ、永久に現在の状態や動きを維持し続ける!』という慣性の法則の説明まで実行していきます。
 アインシュタインが相対性理論を完成させた当時には、暗黒物質も暗黒エネルギーも存在していませんでした。彼は「光子
(電磁波)のスピードは30Km/sec で一定なのだ」という原理仮説だけから論を組み立てたのでした。そして『物質の存在する近辺では時空間が曲がっている』と推論したのでした。
 あの当時の原点に立ち返って、もう一度、速度に関して考え直してみましょう。
 At the time Einstein's theory of relativity completed the missing Dark matter and Dark energy. He "speed of the photons (electromagnetic waves) is 300000 Km/sec with constant" that was assembled only principle hypothesis theory. And it was reasoned that "bent time and space in the nearby presence of'.
 Returning to the starting point at that time, once again, to think in terms of Speed.
 速度Vとは、距離[LLi – Lj ]を、移動するに要した時間[tTi – Tj ] で割り算した値です。
 V=⊿L /t … (1) この式は、時空間が曲がっていてもいなくても成立する式です。時空間が曲がっている場合、⊿Lと⊿t とが正比例するように時空間が曲がっていさえすれば、(1)式は成立するのです。
 Speed V and distance [L = Li – Lj ], time it took to move the [t = Ti – Tj ] in value after dividing.
 V = L /t … (1) is the expression holds true this expression is bent time and space, even.
 If time and space are bent, [
L and t ] do not bent time and space to proportion and the equation (1) is established.

続きを読む "銀河内部では時間の進み具合は球の半径比例で伸び縮みしている!Within a Galaxy, that stretch in the sphere RADIUS proportional time progress! So space-time is curved."

| | コメント (6)

2017年3月29日 (水)

物質内部では、光はくねくねと曲がって進んでいる!The substance inside a light twist and bent!

 真空中の光速度はC30Km/sec で一定だということは、アインシュタイン先生を持ち出すまでもなく常識ですが、『物質内部では光はくねくねと曲がって進んでいる』と認識しておられる方は極々少ない様子です。
 その物質の屈折率をn とした場合、見かけ上の透明物質内の光速度は、VC/nという法則があるので皆さん納得しているのですが、この式は屈折率:n≡C/V と定義して整理しただけの決め事に過ぎないのですよ。
現実には(物質内では)(光子:フォトン)は、くねくねと曲がって進んでいるのです。
   簡単のために、ダイヤモンドの単結晶の透明体を考えてみましょうか。
綺麗に並んでいるために、どの方向から光を当ててもマクロ的に見れば、光速度はVで一定だった。そこでダイヤモンドの屈折率:n=C/V2.417 水の屈折率:n=1.3334(20)、と設定しただけのことですよ。紙に開けた1φ程度の小穴を通過しただけで光(光子:フォトン)は曲がるのです。物質内部を光子が通るとき、曲がらない訳ないでしょ。
  Is the velocity of light in vacuum C = 300000 not to bring Einstein teacher Km/sec is certain that towards which he recognized 'substance inside the light is bent winding and going' is common sense, but is very low.
 N the refractive index of the material, transparent material in the apparent velocity is V = C/N principle because everyone is convinced that this expression is refractive index N simply refers to the C/V, arranged just positioning things like.
 (Inside a substance) light on reality (photons: photons), zigzag is progressing.
 Consider the diamond crystal transparent, easy to do. If you look at macro also focuses the light from any direction, you are standing in line for speed of light was constant at V.
 There is a refractive : diamonds : N=C/V=2.417 , water N=1.3334(20 ) and is just set.  It is passed through the small hole of 1 diameter opened the paper but not turn optical photons (photons). Unyielding when the photon passes inside the material, why not?

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

光子一個は長さ約1mで太さ:直径が0.0006mm。この光子が物質近傍で曲がる!One photon is approximately 1 m in length weight: 0.0006 mm is diameter. This photon bends in the vicinity of substance!

「海外の怪しいブログ記事から」さんからの抜粋です。
・(自由空間中を伝搬している)電磁波は互いに直交する電場(E)と磁場(B)から構成されている。つい最近、この電場と磁場を図解したものが Web 上では 2通り存在している事に気づいた。
・一つは数多く見られ、一般的というか多数派の図。電場と磁場の位相差が 0 で山や谷の位置が揃っているもの(これは多数派なのですが、間違った絵なので割愛)。
・もう一つは少数派の下の図。電場と磁場の位相差が π/2 になっている。Photo
・当然、どちらかが間違いだと思った。つまり Maxwell の電磁方程式を元にして波動方程式を組み、電場と磁場の解を導出する際にミスったのだろうと。
Maxwell の電磁方程式では磁場の時間微分が rot E になっているから、直感的には少数派の図が正しそうに思えた。つまり磁場が sin 波形なら電場はその微分である cos 波形になるので、当然、位相差は π/2 の筈だと。
 ここでこの人のブログは中断したままとなっています。私の意見では、直感的な少数派の図が正しい!
 
 まあ、この混乱(誤用)は兎も角として、光子は「電界と磁界とが鎖のチェーンの如くに絡み合って進行」しているのです。
光子1個分の長さについて、物理精義という参考書では、
原子から出る一連なりの波の長さは数10㎝~1m前後である(P321)」、とあります。
問題は、光子1個分の太さ(半径方向の長さ)です。どの程度だと見積もれば良いのでしょうか?
 私は、以下のように考えます。半波長ぐらいと考えるのが妥当であろう。電場や磁場が半径方向に1波長分以上も遠くまで伝わっているはずは無いであろう』と考えています。 1/4波長だけ光が進む間に、電界のピークと磁界のピークとが入れ替わるのですよ。それ以上遠くに電場や磁場が延びていたのでは、回収(収容)できないじゃあないですか。
ですから、光の波長を6000=600nm 程度だとして、直径が0.0006mmであり長さが約1m、これが肉眼で見える光子のサイズということになります。
長さ1mを1とすると、直径は0.0000006 でしかないという細さです

続きを読む "光子一個は長さ約1mで太さ:直径が0.0006mm。この光子が物質近傍で曲がる!One photon is approximately 1 m in length weight: 0.0006 mm is diameter. This photon bends in the vicinity of substance!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

村山斉殿,佐藤勝彦殿へ[暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳についてThe reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ?

 村山斉先生、佐藤勝彦先生、お世話になっております。大山宏です。
さて、全世界の物理学者の諸先生方が頭をひねっておられる[暗黒物質+暗黒エネルギー]が全宇宙エネルギーの70%75%も存在する訳に関して、大山宏案(仮説)がまとまりましたのでご報告させて頂きます。
 ブログですから長文は無理です。よってブログは数回に分けて小中学生にも理解できる形で順次発信させて頂きますが、今回は、その要点を箇条書きの形でご報告申し上げようと思います。
Dr. Hitoshi Murayama, Dr. Katsuhiko SATO, thank you.... I am Hiroshi Oyama. I will inform the idea (hypothesis by H. Oyama) is announcing its reason well, various teachers of physicists around the world who the brains to come is [Dark-matter + Dark energy], there is 70-75% of all cosmic energy comes. Long is impossible from the blog, so I think by blog in a way understandable to elementary and junior high students separately ordered, let me send my will, but this time, the point in bullet form report Kamb.
(1)、天の川銀河系の内側にある太陽系が、50億年前に超新星爆発した時点において、銀河系誕生直後には、鉛以下~水素に至るまでの間に大量の放射性元素が出来ました。そして爆発直後から原子核崩壊が始まり、ほとんど全ての放射性物質(原子核種)は安定な物質に自然崩壊いたしました。
太陽系の太陽は恒星ですが、太陽と同年代に出来たであろうと推測されるいずれの銀河系内の恒星に於いても、同様の超新星爆発を起こしたであろうと推測されます。

 それ故、膨大なエネルギーが[暗黒物質+暗黒エネルギー]として銀河系の内外に漂っている!
(1)、The solar system inside the Milky Way Galaxy is a supernova explosion 5 billion years ago at galaxy formation shortly after lead-ranging from hydrogen between very large amounts of radioactive elements. Nuclear decay began immediately after the explosion, and almost all the radioactive substances (nuclear species) are substances natural collapse has been.
 And stellar either guessed star is the Sun of the solar system, the Sun and age could even be in supernova explosions as well as inferred.
 Hence the enormous energy [Dark-matter + Dark-energy], floating inside or outside of our Galaxy!

続きを読む "村山斉殿,佐藤勝彦殿へ[暗黒物質+暗黒エネルギー]=70~75%が観測される訳についてThe reason why [Dark-matter +Dark-energy] was observed as 70~75% ?"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式「音声意図学」:フランス語・ドイツ語・英語・中国語・日本語・アラビア語・古語 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-2 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・ | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学 | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽