o・音声意図学とヘボン式分析

2015年11月28日 (土)

「当用漢字辞典」で新たな発見。中国語・インド語も取り除けた世界。

概要: 講演会形式にて、言語学のヘボン式分析例を紹介しています。接頭音(頭字音)で発声した意図や意味の大勢が決まっている事実を、面白おかしく説明しています。

・・・、もっと顕著な傾向があります。それは「濁音」の歴史的変化です。
 表1 が音   ざ音   だ音   ば音       濁音合計
学当 G( 9) JZ(15) D(16) B(15)    GJZBFPV =  55
初改 G(16)  JZ(21) D(22) B(25)    GJZBFPV =  84
大中 G(25) 
JZ(32)  D(32) B(49)P(2)GJZDBFPV=130
                          

☆3、全部で5000語しゃべってみたら、日本人は、大和ことばとしての濁音は、わずかにこれだけ(
.1%~.6%)しか使っていなかった、濁音のほとんど全ては外から入って来たことば音だった、という事。
 学校教育で習う(大和ことば)の濁音は1%であり、偉い先生方が訓示 として話される言葉のほとんどは”外国音!”ということが
はっきりつかめたのでした。大和ことば縄文ことばの頭字音は、ほとんど全てが清音だったのです。

 
清音濁音の違いは何でしょうか?
これは口の中の舌や息の吹き出し方などを意識しつつ、実際に何回も声に出してみれば、解かります。
「たー、だー」「ただ」「たー、だー」
「たちつてと。ダデイドゥデド」「たちつてと。ダデイドゥデド」
「かきくけこ。がぎぐげご」「かー、がー」「かー、がー」
「さー、ざー」「さーざーさーざー」・・・と発声していると、
清音が軽やかにスムーズに出て来るのに対して、
濁音は舌を上歯茎の辺りに一旦くっ付けたりして息を止め、強く息を吐き出すように、エネルギーのいる発音だったのが解かります。
 濁音は
強調的に用いられる傾向があるのです。しつこいほどでもあります。
「たびたび(度々)」とか「ひび(日々)」「てんびん(天秤)」「てんどん(天丼)」「つくずく困った」なんていう風に、頭文字ではなくて、継続音の第二音、第三音になると、俄然濁音の割合が増えて来ます。
日本人は、濁音を繰り返し音でその意味や意図を強調するときに用いるようにしているのです。その方が楽で自然に発声することが出来る事を、生まれた時から知っているのです。

 先日、「外人は”い音”や”え音”を多用するということをお話ししました。イオン式分析でも、それははっきりと現われて来るのでした。日本語の中でも、

         表2 「あいうえお」使用頻度表
               あ   い   う   え   お   計

学習当用漢字AIUEO 337 239 213  13  296  1112
中学高校辞典aiueo  342 222 204  27  274 1070
専門漢字辞典
AIUEO 317 225 189  36  256 1024

という具合に、専門的になればなるほど、”え音”は増化し、やさしい日常語の中では、”あ・お”音が多く使われているのです。
 表2は、5000語のことばを発したとき、そのことばの先頭音が「あ」「い」「う」「え」「お」で始まることばが幾つあるか、ということを辞書がら割り出した頻度表です。
 50音表では、「あかさたな、はまやらわ」と10段に分かれていますから、均等に使われていれば、「あいうえお」が発声音の頭字として発声されるのは、全体の1割(10分の1)です。しかし、実際には、
倍の2割以上が「あいうえお」音が頭文字音となっています。
その中でも、「あ音」と「お音」の使用ことばは多いのが分かりますね。

 こういうイオン式分析表を英語・フランス語・ドイツ語・・などでやってみると、確かに外国語では”え音”が異常に多いです。
「えー」て驚いてしますよ。
 西洋人は「A:a」のことさえも「エイ:えい」と発音しているでしょ。
ひどい発音としては、ae がくっ付いたような発音記号もあって、「あ音」の口格好をして、「え音」の音を出しなさい、なんて平気な顔して自慢気にしゃべっています。あんなに無理した発音しないでもっと自然に楽しく話せばいいのにね、って思いませんか。
 太古の時代によほど苦しい経験をして生き延びて来たのでしょうね、同情致します。

  表3 「らりるれろ」は少なくて、「
ラリルレロ」だらけ。
              ら   り   る   れ   ろ   計

学習当用漢字R L   1    0    0    0    0   1
中学高校辞典R L   5    4    3     2    2  16
専門漢字辞典
R L    7    6    4    4    2  23

これにもびっくりしました。蓮根も「レンコン」であって、「れんこん」ではなかったのです。
れんげの花も外国から来たのでした。利器(リキ)も力(リキ)も率(リツ)も立(リツ)もその音は中国語の発音だったのです。流浪の民という言葉がありますが、(ルロウ)という風にカタカナで外国語(中国語)音であることば明示されているのです。
 でも民は「たみ」という日本音です。これを訓読みといいます。「たみ」は大和ことば読みですよ。中国音は民族の”ミン”です。
兎に角、「らりるれろ」は大和ことばには非常に少なかったのでした。
縄文人は「らりるれろ」音を5000回に1回くらいしか発することなく1万年間を暮らし続けて来た模様です。

続きを読む "「当用漢字辞典」で新たな発見。中国語・インド語も取り除けた世界。"

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

中学生向き「漢和辞典」を調査中。⇒これが〔大和ことば〕!

概要: 廃校になった小学校から漢和辞典を数種類もらい受けた。これをヘボン式分析にかけて整理したところ、日本語の元である「大和ことば」の頭字特性が明確になって来た。縄文時代に世界中で話されていた「縄文ことば」に対して大きく近づくことが出来た。

 私の近くの元小学校で使われていた漢和辞典を数種類譲り受けて来ましたので、これを
ヘボン式分析にかけてみましょう。
全世界で通用する〔ABC〕対応表での比較です。

小学館 
学習漢字辞典〔ABC〕対応表
学習AIUEO  174 104 112  13 153 556
学習 K+G   333 G(+2)            335
学習S+JZ   267  JZ(+3)            270
学習T+D   364  D(+7)             371
学習M N   257 221              478
学習HBFPV 311 B(+8) F(0) P(0) V(0)   319
学習・R L   0   0   0    0   0    0
学習Y W 127  44               171
  計    GJZDBFPV = 20
       《 2500 》

池田亀 当用漢字(教育出版)「ABC」対応表 
当用Aiueo 164 135 101  13  143   556
当用KcqG  411  G(+7)            418
当用S  JZ    285 JZ(+12)            297
当用T  D    352  D(+9)             361
当用 M N   260 161               421
当用HBFPV 266 B(+7) F(0) P(0) V(0)   273
当用RL    1   0   0   0    0     1
当用Y  W  126  47               173
   計     GJZFPV(35)         《 2500 》

 この二つの表は、非常に良く似ていますね。瓜二つというところ!
『日本人ならこういうことばを使っていますよ』『このような音声で話せば日本人らしく聞こえるのですよ』という手本の辞書ですからね。
 どちらも総数が国際基準の《 2500 》に合わせてありますから、二つの表の平均を作る代りに、足し算をして、【5000】字の表にしておきましょう。
 【5000】÷2=《 2500 》 なので両表を平均化したことにもなりますよ。

「どうして平均値を求めないのか?」という質問ですか?
それはね、平均値で現わすと小数点表示をしなくてはならなくなるから。
 合算表は以下のようになります。

学当 「
学習漢字+当用漢字」ABC〕対応表
学当AIUEO 337 239 213  13  296   1112
学当KcqG  744  G(+9)             753
学当S  JZ   552 JZ(+15)             567
学当T  D   716  D(+16)             732
学当 M N   517 382                899
学当HBFPV 577 B(+15) F(0) P(0) V(0)   597
学当RL    1   0   0   0    0       1
学当Y  W  253  91                344
   計     GJZFPV(55) ・・・《 5000 》・・・

中学高校生向けに編纂された
現代漢字辞典(小学館)があります。初版本と改訂新版の二つがありますので、見比べてみましょう。

初版本) 現代漢字辞典(小学館)「ABC」対応表
現代・・   170  112  103   12  142  540
現代・+が  397  G(+8)                405
現代・+ざ   280 JZ(+9)                289
現代・+だ  358  D(+8)                366
現代・M N 240 188                  428
HBFPV    
286 B(+13)               299
現代R L     2    1    1   0    0    4
現代Y W  120  49                 169
   計       GJZDBFPV = 38        
 《 2500 》

 
改訂新版 現代漢字辞典(小学館)ABC」対応表
改訂aiueo  172  110  101   15  132  530
改訂K_G   415 + G(8)                 423
改訂S_JZ   290 + JZ(12)                302 
改訂T_D   345 + D(14)                359
改訂M N   242  183                  425
改訂HBFPV 284 + B(12)+F(0)+P(0)+V(0) 296 
改訂R L      2   1   1    0     0    4
改訂・Y W  117  W(44)                161
   計      GJZBFPV(46)           
2500

 同じ小学館発行の辞書であり、同じ佐伯梅友博士が編者ということもあって、初版本改訂新版とは非常に良く似た分布となっています。
これも合算表にしちゃいましょう。


初改 「初版+改訂」
現代漢字辞典(小学館)ABC」対応表
初改aiueo  342  222  204   27  274 1070
初改K_G   812 + G(16)                828
初改S_JZ   570 + JZ(21)                591 
初改T_D   703 + D(22)                725
初改M N   524  371                  853
初改HBFPV 570 + B(25)+F(0)+P(0)+V(0)  595 
初改R L      4   2    2    0    0     8
初改・Y W   237  W(93)               330
   計      GJZBFPV(84) ・・・
5000 》・・・

 以下の2つは漢和辞典〔学研〕の再調査結果と、
新たに「角川書店」による「漢和
辞典」の調査結果です。

学研
 漢和辞典 〔ABC〕比較表   - - -  2500 - -
漢大Aiueo  164 117   96  18  126   522
漢大K G     415 + G(13)               428
漢大S JZ  281 + JZ(15)              296
漢大 T D    320 + D(13)               333
漢大 M N  257 186                 443
漢大HBFPV 286 + B(17) +F(0)+P(0)+V(0)  303
漢大 R L     2   2    1    2   0 
    7
漢大 Y W  129  38                 167

       2442 + GJZDBFPV(58  《 2500

角川 「漢和辞典」〔ABC〕対応表  --- 2500 - - -
漢中
AIUEO  153  108   93   18  130  502
漢中
K+G    406  G(+12)                418
漢中
S+JZ  262 JZ(+17)                278
漢中
T+D     323  D(+19)                342
漢中
M N    283 174                   457  
漢中HBFPV 290 B(+22) F(0) P(2) V(0)   315  
漢中
・R L     5    4    3    2    2    16
漢中
Y W   126  46                   172   
  計     
GJZDBFPV = 72           《 2500 》

 専門家向けの詳しい辞典ですが、この二つも瓜二つの如くに良く似た分布を持っていますので、合算して《5000》語表にしてしまいましょう。

〔学研角川〕「漢和辞典」〔ABC〕対応表 - 5000
大中
AIUEO  317 225 189 36 256  1024
大中
K+G    821  G(+25)            846
大中
S+JZ  543 JZ(+32)            574
大中
T+D     643  D(+32)            675
大中
M N    540 360               900  
大中HBFPV 576 B(+49) F(0)P(2)V(0)  618
大中
・R L     7   6   4   4    2    23
大中
Y W   255  84                339   
  計     
GJZDBFPV ( 130 )・・・《 5000 》・・・

「学当」「初改」「大中」という3種類の漢字の頭文字表が整いましたのでこれを行毎で、比較してみましょう。
         あ   い   う   え   お   計
学当AIUEO 337 239 213  13  296  1112
初改aiueo  342 222 204  27  274 1070
大中
AIUEO 317 225 189  36  256 1024

☆1、専門的になればなるほど、「あ」「う」「お」「計」の使用頻度も下っていますね。
  「い」の傾向もほぼ同傾向で下るのに対して
、「え」のみが 逆に増えていってます。
大昔(縄文時代)は、小難しい言葉は
生活に必要なかったでしょうから、この表から、
「縄文時代のことばに近いのは、
学当ことばであろう」と推定できます。

 同様な傾向は、「ら RL」行についても言えます。
         ら   り   る   れ   ろ   計
学当 R L    1    0   0    0    0   1
初改・R L    5    4    3     2    2  16
大中
・R L    7    6    4    4    2  23

☆2、専門書になればなるほど、RL(ら)音語の使用頻度は増して来ていることを示しています。同じ日本語の中だけを見ても、この傾向が現われて来るのでした。
(縄文時代)の大昔には、RL(ら)音語は(恐らく)あるにはあっても
ほとんど使われていなかったであろうと、推測できます。

 もっと顕著な傾向があります。それは「濁音」の歴史的変化です。
     が音   ざ音   だ音   ば音       濁音合計
学当 G( 9) JZ(15) D(16) B(15)    GJZBFPV =  55
初改 
G(16)  JZ(21) D(22) B(25)    GJZBFPV =  84
大中 G(25) 
JZ(32)  D(32) B(49)P(2)GJZDBFPV=130
                          

☆3、全部で
5000を調べてみたら、日本人は、大和ことばとしての濁音を、わずかにこれだけ(.1%~.6%)しか使っていなかった、濁音のほとんど全ては”海外から入って来たことば”音だった、という事です。
 しかも、学校教育で習う日本語(大和ことば)の濁音は1%であり、偉い先生方が訓示 として話される言葉のほとんどは”外国音!”ということが
はっきりつかめたのでした。
「訓示」という言葉も「音訓索引」という言葉も、漢和辞典で調べてみると、カタカナで読み方が書いてあります。
 大和ことば縄文ことばの頭字音は、ほとんど全てが清音だったのです。

続きを読む "中学生向き「漢和辞典」を調査中。⇒これが〔大和ことば〕!"

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

「漢和辞典(訓読み)」:濁音が極少数: ラリルレロ音も極小数。《実況報告付きで賞を獲得しましょう》

概要: どこの小中学生でも持っている辞書から、ことばのルーツ探しができる。その遊びの中で、「縄文ことば」の特性表と、天文乗数(1年365日=360°)などの関係があるらしい事なども数値的に捉えることが出来るようになった。シリーズで12月を目処に、実況報告をしています。

 小学館の「学習漢字辞典」が手に入りましたので、訓読みだけの字を数えてみましょう。
小さい漢和辞典ですから、数えやすいです。丁寧に文字数を数えた過程は、うしろの方に参考添付するとして、以下は"まとめ"た表です。

小学館 学習漢字辞典〔ひらがな〕表 - - -  2500
第3表   あ   い   う   え   お    計
あい・・  174 104 112  13 153   556
か・・が   67  55  98  18  98   335
さ・・ざ   88  65  68  15   34   270
た・・だ  127  31 115  13  85   371
な・・    114  41  20  15  33    221
は・・ば  115  81  70   11   41   319
ま・・    94  65   44  11  42   257
や・・    41      41       39   127
ら・・     0   0   0   0    0     0
わん    44                     44
 計   870 442 568  96 524 《 2500 》

小学館「学習漢字辞典」〔ABC〕対応表 --- 2500
    あa  いi  うu   えe  おo  計
あ・AIUEO  174 104 112  13 153 556
か・ K+G   333 G(+2)            335
さ・S+JZ   267  JZ(+3)            270
た・T+D   364  D(+7)             371
ま・M N   257 221              478
HBFPV   311 B(+8) F(0) P(0) V(0)   319
ら・・R L   0   0   0    0   0    0
やわY W 127  44               171
  計    GJZDBFPV = 20
       《 2500 》 

 驚きが2つあります。

〔1〕、濁音の「が行」: 2/333、「ざ行」: 3/267、
        「だ行」: 7/364、 「ば」: 8/311、
という不思議な分数なんですね。
      2/333 ≒ /1000 ですよ。
    7/364 ≒〔 週間の日〕/〔年間の365日〕。
 濁音の合計値に至っては、
  20/2500 = 4/500 = /1000
 = 500年間に開かれるオリンピックの回数 と大いに関係あり!とあっては、驚かない訳にはいかないでしょう。偶然だとしても 出来過ぎ! ですよ。
運命サイクルの意味では、20/2500 160/20000
 ⇒「銀河系の中心を太陽系が一周する万年の期間中に
  、運命は160年周期で巡ってくる。」と対応しています。
 、言葉を換えると、2千年の期間内では、16年周期で運命が巡ってくる、という運命サイクルとぴったり一致しているのです!??。..

〔2〕、らりるれろ〔RL〕に関しては、文字数ゼロ !
  ラリルレロ音のほとんどは漢字も含めて外来語 だったということ?

 ちょっと怪しい気もしますね。
角川の「漢和中辞典」が手元にありますので「確かめ」を兼ねて、やってみましょう。

予定しているブログオープン日は11月24日〔1週間後〕であり、現在集計作業中ですが、あまりの面白さのため、実況中継報告をしようと思い立ちました。 見てて下さいね。

続きを読む "「漢和辞典(訓読み)」:濁音が極少数: ラリルレロ音も極小数。《実況報告付きで賞を獲得しましょう》"

| | コメント (0)

2015年11月23日 (月)

縄文文化(文明)時代の〔ことば〕を探る‐2 Δo=Δoo+⊿o

⊿英表 平均的な人が英国人になるためには、
英_Aiueo [  78  49  38  49  40 ]  252
K C Q G [ -82 191 
 ‐1      29 ]  136
英_S  J Z [ 
154         3  ‐22 ]  135
英  T D  [  62   72           ]  133
英_ M N   [  40    5           ]   45
  H B F P V [   8 76  90 156  31 ]  359
英   R L  [  84 63             ]  146
英  Y W  [ 
‐13             56  ]   43
 であり、英言語の特徴が良く現われています。

       英語 = Δo + ⊿英表。 

このことは、フランス語・ドイツ語・アラビア語・中国語に関しても同様であり、

       英語: 口英表= ⊿英 表+Δo
     ドイツ 語: 口独表= ⊿独 表+Δo
    フランス語: 口表= ⊿ 表+Δo
 スペイン語: 口スぺ= ⊿スぺ +Δo
    アラビア語: 口アラ= ⊿アラ +Δo
      中国語: 口中表= ⊿中表+Δo
 現代の日本語: 口日現= ⊿日現+Δo

∴ 
口i = ⊿i +Δo の関係式が成立しています。

というお話しを数日前から連続して、トップページとして流し続けて来たのでした。

 今日は日本語に関して、もう少しだけ具体的な補足説明を追加しておきましょう。
漢和辞典の訓読について同様の式 :
          ⊿訓読 = 口訓読 -Δo 
を算出し、更に、
         ⊿古典 = 口古典 -Δo 
を導き出して、
上記の   ⊿日現 = 口日現 -Δo
 の、3者同士を比べてみましょう。

続きを読む "縄文文化(文明)時代の〔ことば〕を探る‐2 Δo=Δoo+⊿o"

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

中国化:⊿中表。日本の現代国語:⊿日表。ヘボン式分析法は便利。

概要: 足し算引き算の算数で「あいうえお分布」を知らべて見ると、地方の方言や各国の言語ルーツが調べられそうです。ここでは、英・仏・独・スペイン・アラビア語・・・の特徴を現す⊿表を作って、他国言語同士を比べやすくしてみた。ヘボン式分析法(音声意図学)の番外編。

 今日は、同様の手順で、中国語(漢字の音読み)と、
〔日本の現代語〕とについて⊿表
を作ってみました。

⊿中
表 
平均的な外人が中国人になるためには 
中国Aiueo [ 
-43 -1 -1  12  15 ]  -19
中国KCQ G[ 406  ‐42  
-15   116 ] 465
中国   S  JZ[  290           60 77 ] 427
中国   T   D [ 
158  21             ] 178
中国  M N [ 
-9    0              ]  -9
 HBF  P  V [ 
124  74  ‐29 ‐35 ‐16 ] 117
中国 R L    [ 37  21              ]  58
中国 Y W     [ 50            -15   ] 35


⊿日 平均的な外人が日本人になるためには
日本Aiueo [   25  43  34 
 -5  62 ]  159
日本KCQG [ 292 
-42  -15     76 ] 311
日本S  JZ [
189            42 52 ] 283
日本 T D  [
173  25              ] 197
日本 M N   [  69  67              ] 136
  H B F P V [
113  66 -29 -35 -16]  98
日本   R L [ 
-3  -1             ]  -5
日本 Y W  [ 72             
-2  ]  70

⊿英表 
平均的な人が英国人になるためには、
英_Aiueo [  78  49  38  49  40 ]  252
K C Q G [ -82 191 
 ‐1      29 ]  136
英_S  J Z [ 
154         3  ‐22 ]  135
英  T D  [  62   72           ]  133
英_ M N   [  40    5           ]   45
  H B F P V [   8 76  90 156  31 ]  359
英   R L  [  84 63             ]  146
英  Y W  [ 
‐13             56  ]   43

⊿ド 平均的な人が ドイツ人になるためには、
ドイツAiueo [ 
170 -9  61 100  20 ]  341
K C Q G [  40 
‐27  -7      66 ]   72
ドイツ S J Z [
 145          ‐7  67  ] 207
ドイツ T D [   6  54              ]   60
ドイツ M N [  9  16              ]   25
  H B F P V [  44 
109  82  60 107  ] 401 
ドイツ R L [  31  53              ]  83
ドイツ Y W  [ 
-21             ‐24 ] -45

⊿フ
 
平均的な人がフランス人になるためには
フランAiueo [ 
126  57  ‐8 146  28 ]  349
フラK C Q G [ -103 234   7      11 ]  149
フランS J Z [  36             7 
-24 ]    19
フランスT D [   56  
121             ] 177
フランスM N [   57  
‐ 6              ]   51
  H B F P V  [
-39  38  91 226  69 ] 386
フランス R L [ 
125  37             ] 161 
フランス Y W [ 
-20            ‐23    ] ‐43

⊿ス 平均的な人がスペイン人になるためには、
スペイAiueo [  210  66  ‐5 
151  28 ]  449
スペイKCQG [ ‐105  283  4      
-1 ] 181
スペイ S  JZ [    0          1  
-19 ] -20
スペインT D [   46 
112             ] 157
スペインM N [   74  
-1              ]  73
   H B F P V [ 
-24  19  52  214  61 ] 320
スペインR L [  86  43              ] 128
スペインY W [ -17            
-23 ] -40

⊿ア 
平均的な人がアラブになるためには
アラブAiueo [  51  82   30  
‐28 ‐13 ] 121
アラブKCQG  [ 
‐14  ‐42 115     100   ] 159
アラブSth JZ [   7       
 -5    ‐17  ]  ‐12
アラブ T D  [   11    56            ]   66
アラブ M N   [ 261  
124             ] 385
アラブHBFPV[ 212  85  60  
39  ‐16 ] 301
アラブ R L  [ 81  50               ]  130
アラブ Y W   [  3              
140  ] 143

 これらを見比べると、各言語の特徴が良く現われています。
特に、〔中国・日本〕が他と大きく違った言語体系であること、
(中国音の分布は極端に特異であって)その影響が日本に
かなり大きく影響しているのが分かります。

続きを読む "中国化:⊿中表。日本の現代国語:⊿日表。ヘボン式分析法は便利。"

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

アラブ化、英国人になるためには?ドイツ化?スペイン化?あうん表Δo

概要: 「欧ア-あうん表:7ヶ国語平均表」を元に、アラビア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語への変身表〔⊿表〕を作成した。 これらの間には単純な”足し算引き算”で関係性が成立しており、言語分析・音声意図学分析に役立つ。

Δo表
 欧ア-あうん表1/2    - - -   (1250)
欧アAiueo [ 62  38  20  38  23 ]   182
欧アKCQG [ 107  42  15      65 ] 229
欧アSth JZ [ 151         22  28 ]  201
欧ア T D  [ 79    52           ]   132
欧ア M N   [ 92  50              ]   142
欧アHBFPV [ 86  64  29  39  16 ]  235
欧ア R L  [  52  29             ]     82
欧ア Y W   [  22            25    ]    47
欧アアウン計  - - - - - - - - - - - - - - - - (1250)


 このΔo表は、先日【スペイン・フランス・ドイツ・英・アラビア・中国・日本】から作成した、欧ア-あうんを、1/2 にした表です。
これを使うと
面白い表 が出来るのですよ。
 論より証拠、まずは
英語の頻度表から、上記第3表:欧アあうん表1/2を引き算した結果をお見せしましょう。
 

⊿英表 現代の平均的な人が英国人になるためには、
英_Aiueo [  78  49  38  49  40 ]  252
K C Q G [
-82 191  ‐1      29 ]  136
英_S  J Z [ 154         3  
‐22 ]  135
英  T D  [ 62    72           ]  133
英_ M N   [ 40   5             ]   45
H B F P V [  8   76  90 156  31 ] 359
英   R L  [ 84  63             ]  146
英  Y W  [ 
‐13             56  ]   43
 
 この表を見ると、現代の平均的な人が英国人になるためには、まず第一に、
1)、P F B V を増やすこと。  即ち、
ぱぴぷぺぽ、
ファフィフフェフォ、ばびぶべぼ、ヴぁヴぃヴヴぇヴぉ

                の使用を急増させること。
2)、「かきくけこ」の K を大幅に減少させて、C に置き換え
  、「がぎぐげご」の G(音)の使用も増やすこと。
   「ちゃちゅちょ(Cha,Chu,Chyo)」なども、急増させる。
3)、「さしすせそ」の S も多用すればよい。・・・
  なんてことが、一目瞭然で分かります。

 同様に、以下、

⊿フ表 平均的な人がフランスになるためには
フランAiueo [ 126  57  
‐8 146  28 ] 349
フラK C Q G [
-103 234   7      11 ]  149
フランS J Z [  36             7 
-24 ]     19
フランスT D [   56  121             ]  177
フランスM N [   57  
‐ 6              ]    51
フランHBFPV[
-39  38  91 226  69 ] 386
フランス R L [ 125  37             ]  161 
フランス Y W [ 
-20            ‐23    ] -43

 フランス人になり切るためには、
1)、頭文字
K を減らし → C に切りかえる事、
2)、A E 音、
R 音、Dを急増させる事。
3)、さ(S)、た(T)、ま(M)など、母音の「あ」を増やせば、
  
あっと言う間にフランス人に生まれ変われることが分かる。
 こんなこと、ルールさえ分かれば、現代のコンピュータは瞬時にやってのけるようになりますよ。 宇宙人が地球にやって来た場合には、こんな分析は
お茶の子さいさい、でしょうね。
 次はドイツ人です。


⊿ド
 平均的な人が
ドイツになるためには、
ドイツAiueo [ 170 
-9  61 100  20 ]  341
K C Q G [  40 
‐27  -7      66 ]   72
ドイツ S J Z [ 145          
‐7  67  ] 207
ドイツ T D [   6  54              ]    60
ドイツ M N [  9  16              ]     25
ドイツHBFPV [  44 109  82  60 107 ] 401 
ドイツ R L [  31  53              ]   83
ドイツ Y W  [ 
-21             ‐24 ] 45

 ドイツ人に化けるためには、
1)、H B F P
V 平均的に多用する。
2)、「
a」母音を積極的に増やす。(S)子音を多用する。
3)、がぎぐげご、ザジズゼゾ、ダディドゥデド、ヴァヴィヴ-
  ヴェヴォ、など、濁音GZDV言葉を積極的に吸収するべき事。
 なんてことが分かります。

 この3者,英語・フランス語・ドイツ語はよく似ていますが、もう一つ良く似た言語をお見せしましょう。それは、スペイン語です。


 平均的な人がスペイン人化 するためには、、
スペイAiueo [  210  66 
‐5 151  28 ]  449
スペイ
KCQG [ ‐105  283  4      -1 ]  181
スペイ S  JZ [  ±0          1  
-19 ]  -20
スペインT D [  46   112            ] 157
スペインM N [  74   
-1              ]  73
スペHBFPV [ -24  19  52  214  61 ] 320
スペインR L [  86  43              ]  128
スペインY W [
 -17            -23 ]  40

 最後に、このスペインと親戚関係にありそうな、アラビアについて、⊿表を整えておきましょう。

 平均的な人が、
アラブ人化するためには、
アラブAiueo [  51  82   30  ‐28 ‐13 ] 121
アラブKCQG [ ‐14  ‐42  115     100 ] 159
アラブSth JZ [   7        -5    ‐17  ]  ‐12
アラブ T D  [   11    56            ]    66
アラブ M N   [ 261  124             ]  385
アラブHBFPV[ 212  85  60  ‐39 ‐16 ]  301
アラブ R L  [ 81  50               ]   130
アラブ Y W   [  3              140  ] 143

 これら、⊿英、⊿フ、⊿ド、⊿ス、⊿ア表、Δo
の間には、どんな関係があると思いますか?

続きを読む "アラブ化、英国人になるためには?ドイツ化?スペイン化?あうん表Δo"

| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

アラビア語と日本古語との類似性⇒”ス仏独英アラブ中日”基準テーブル

概要: ヘボン式分析法を用いることで、アラビア語と日本の古語との関連性が強いと分かって来た。確認の意味を含めて、欧州四ヶ国(スペイン・フランス、ドイツイギリス)中国・日本の6ヶ国とアラビア語表とを比べ直した。 結果、今後の音声意図学の基礎となるテーブル〔欧ア-あうん表〕が整って来た。
 
第1表
 アラビア(6000)のヘボン式分布表 2500
あAiueo   alif(113) + ayn(190)         303
かK QG  K(93)+C+Q(130)+G(165)    388    
さS th JZ   S( 309 ) + JZ(  81  )        390 
たT D     T( 90  )+ D( 108 )         198
な N    174                       174
は H  H( 298 )+B(149)+F(89)+P+V   536  
ま M    353                       353
や Y     25                        25
ら R L   133 + 79                 212
わ W    165                      165
 計                   総ページ数  2500 
 
 この第1表を、日本の古語と比較してみましょう。
先日の検討より、この第1表には中国語の影響がかなり入っている、と分かりました。復習の意味を込めて、「かさたな・・行」毎にチェックしてみましょう。

Ⅰ、「か行KQG」への影響。
            K    C     Q      G   
ドイツ KCQG【 147 + 15 +  8 + 131 】= 301
 英語 KCQG【 25 + 233 + 14 + 94  】= 365
フランス
KCQG【  4 + 276 + 22+ 76  】= 378
スペインKCQG 【  2+325+19+64  】= 410
アラビアKCQG【   93+  0 +130+165 】= 388 
日本語 K・・G【 370413古語)→533】= 370
漢文字
KCQG【   513   +  181   】= 694

☆、漢字文化の伝播が少ない状態では、K・・G音の使用率
300~400前後であり、歴史時代の漢字(音)文化が
各国にどの程度影響していたのか、がうかがえる。
 日本に対して
【 370413→533】と影響を与えたの
と同様に、漢字音の影響は欧州各国やアラビア語圏に及んでいると思われる。


(注釈) 413(古語)とは、漢和大辞典の訓読みのみ
     カウントして出て来た数値。
    370 : 言葉の先頭文字が漢字である語をすべて
  ”大和ことば(古語)”に置き換えたとして出て来た数値。
    日本語K・・G【156+ 68+ 43 + 6 + 98】= 370
              ぁ  ぃ   ぅ   ぇ  ぉ
Ⅱ、「は行H 」への影響。
        H      B     F       P    V   合計 
 ドイツ   126 + 168+ 108 +  96 + 119   618

イギリス   91 + 136+ 115+ 189 +  46    577
フランス    46 +   99+ 117 + 257  +  83  603
スペイン  62 +  83+ 81 + 253 + 77  
555
アラビア  298+ 149+89 + 0 +  0  536
中国HB・P【 210+B(138)+F(0)+P4)   352
日本HB・P【  309(古語) → 305(現代) 】   305

☆、
H B F P V の合計では、日本・中国語に対して、
独・英・仏・スペインとアラブ諸国は、近い使用率
を示している。

☆、スペインとフランスとは、同じ言語文化圏であることが
この表からも分かる。
☆、
アラビアH使用率は他国に抜きん出て高く、西欧諸国よりもむしろ、中国や日本のH(はひふへほ)使用状態に近い

  以上、中国語音の他国への影響が大きい2つの項目について要点を列記した。
アラビア語と日本の古語との共通性を明確にするためには、中国語の影響を取り除いて考えるのが好ましい。同時に、欧州4ヶ国の文明への影響も取り除いて考えたい。
 どうやるか?
1、西欧圏、アラビア語、中国語、と分けて、日本語(古代→古典→現代)と比較していきたい。
2、西欧は大きくゲルマン系とローマ系とに分かれているので、結局、
「スペイン・フランス(ス仏)」「ドイツ・イギリス(独英)」「中国」「アラビア」の4つと日本語とを比較していくことにしたい。
 まずは、「スペイン・フランス」とを一緒に扱ってもよいかどうか、
「ドイツ・イギリス」を一緒に扱ってもよいのかどうか、ということを考えながら、その他のアルファベット(TDRLYW・・)ごとに、比較表を見直していきます。

Ⅲ、         T     D
スペインT D 【 125+ 164 】    289
フランスT D 【   131 +  168  】     300

ドイツ  T D 【    83 +  103 】   186

イギリスT D 【 137 +   121 】    258

アラビアT D 【  90 + 108 】    198
中国語 T D 【 
237+   73 】    310
日本【349(古語)→ 312(現代)】 349→ 312


☆、T Dに関しては、
ドイツとアラビア語圏の使用量が少ない。
☆、逆に、フランス・スペインの D 使用量が意外に多い。
☆、古来の日本語はTD「た行」の使用量は意外に多い。
∴ スペイン・フランスは一緒にして差し支えない。
   ドイツ・イギリスも平均値で扱えそうである。


Ⅳ、        R    L          ( 比 )
アラビア R L 【 133 + 79 】 = 212  )
スペイン R L【 138 + 72 】 = 210( 3 
フランス R L 【 172 + 64  】 = 236  (  )
 ドイツ R L 【   98 + 64  】 = 162  ( )
イギリス R L 【 132 + 89 】  = 221  (   )
漢字  中国語 【      135     】 =  135 (  )
日本語  R L 【14+28+ 5+12+17】 =   75  (  1  )
古語(平安?)【  1+  1+ 1+ 1+ 0 】=  3  ( 0.1 )
          ア   イ   ウ   エ   オ

☆、700年間、サラセン帝国の占領下にあった影響か、あるいはもっと昔(カルタゴ時代)の影響か、スペイン語R L は、アラビア語R L に酷似しています。
☆、日本の古語を基準にすれば、
  現代の日本語 R Lは約10倍、他の国々は、スペインや
  アラビア語も含めて、20~30倍も、R Lを使用するよう
  に、変化して来たことになります。
∴ スペイン・フランスは一緒に扱える。(ス仏)連合。
  独・英も似通った数値であり、平均値を設定できる。

Ⅴ、          Y     W
スペイン語 Y W【  5 +  2 】 =   7
フランス語
Y W 【   2 +  2   =    
 ドイツ語 Y W      1 +   1 】 =    2
  英語  Y W  【   9 +   81  】  =   90
日本YaYuYo W 【  89 +  22  】 =  111
漢字 
中国語  【 104 +  25  =    129
アラビア語 Y W【 25 + 165 】 = 190
古語( 平安? )【 140 +  42 】 =   182


☆1、アラビア語のY W 使用頻度は、他の6ヶ国を大きく
  引き離して、独走状態。
 古語とは古来の日本語です。日本語は、ポルトガル語・
オランダ語・仏・独・英・・を受け入れて続けて現代の日本語
へと、大きく変化して来ました。
 その
古語と、アラビア語のY W 使用頻度が同じ程度である。 
●1、古来の日本語は、「や行」「わ行」の使用頻度が非常に大きかったらしい。
●2、フランス語・ドイツ語・スペイン語では、Y W の使用率は、非常に小さい。

    英語では、Yの使用率のみ少ない。
●3、日本の古語YW音の使用量で、YWの3倍であるのに対して、アラビア語YWに於いては逆に、WYの6~7倍となっていて、対照的。
 W Y 使用を大きく上回っているのは、英語とアラビア語だけである。
∴ ス仏平均化は問題なし。独英はWの使用に関して開きがあるが、とりあえずは一緒に扱い、後日、必要が生じた時点にて、詳細を検討すれば良いであろう。

Ⅵ、      M    N    O     合計  

スペイン【 166+ 49 +51 】= 266 (  2.6  )
フランス 【 149+ 44 +51 】= 244( .4 )

 ドイツ 【 101+ 66 +43 】= 210( .1 )
 英語  【 132+ 55 +63 】=
250( .5 )
中国語 【 162+115 +66 】= 204(    )
日本M N【 156+125 +88 】= 369( 3.7  )
古語(平安)【 239 +
171+137 】= 547( 5.5 
アラビア【 353174  (0) 】= 527 ( 5.2 )

☆、古代、M N Oは現代MNO1.5倍も使用されていた。
☆、スペイン、仏・独・英・中国のM N O使用率は、
   日本古語やアラビア語の約半分である。
∴ ス仏は問題なし。独英も一緒の数値が並んでいる。 


Ⅶ、
         S    J    Z
スペインS    JZ【 151+21+ 9 】  181
フランスS    JZ【
182 + 28 +  4 】  214
 ドイツ S    JZ【  289 + 15 + 92 】  396
イギリスS    JZ【 298 + 24 +  6 】  326

アラビアS thJZ【 309+JZ( 81)  】  390 
日本【 297(古語)→ 473(現代)】 297→ 473
中国【
441    +JZ(187)    】    628

☆、 日本語の古語と比較するならば、
 スペイン: 仏 : 独 : 英 :アラビア:日本古語:中国
=  
2  :  2 : 4 :  3 :   3    :   3  :  6 
であり、
漢字の影響さえなければ、スペイン・仏・独・英・日・アラビア語圏の各国は、中国のサ行(SJZ)使用率の半分以下であったことが分かる。
☆、
ドイツ  は Z の使用量が多くて目立つ。
 英語圏・ドイツ語圏・アラビア語圏は S  を同程度に多用する。フランスは S の使用率が他より他国に比べて少ない。
  スペインのS使用率は、独日英の半分である。
∴ ス仏は問題なし。独英も一緒に扱って問題なし。

         T    D
スペインT D 【 125+ 164 】    289
フランスT D 【   131 +  168  】     300

ドイツ  T D 【    83 +  103 】   186

イギリスT D 【 137 +   121 】    258

アラビアT D 【  90 + 108    198
中国語 T D 【 
237+   73 】    310
日本【349(古語)→ 312(現代)】 349→ 312


☆、T Dに関しては、
ドイツ・アラビア語圏の使用量が少ない。
逆に、フランス・スペインの D 使用量が意外に多い。
∴ ス仏の平均化扱いは問題なし。
 独英はTDの使用率傾向が逆である。しかし、平均値で扱うことに問題は生じない。

 最後に母音(あいうえお)を比べてみましょう。

Ⅸ      あ   い   う    え   お 小計値
スペイン 272 104  15  189  51  631
フランス  188   95   12  184   51  531
 ドイツ  232   29   81   138   43  523
 英語   140   87   58   87   63  434 
広辞苑
   89   89  57     35  88  358
アラビア alif(113) + ayn(190)       303
漢(カナ引) 
19   37  19   50  38  163
☆、ちなみに、欧州4ヶ国の平均を求めると、
スペイン仏独英ave 208 79  42 150   52 530
  日本・中国ave   54 67  38  43  63 261  
 〈 欧州・極東差 〉 154 12   4 107 -11 269
∴ ス仏は問題なし。独英に関しては、「い」と「え」の使い方に差はあるものの、全体の傾向は一緒であり、平均値で扱える。

 以上、復習の意味を含めて、ス仏連合化、独英連合化を検討して来ましたが、問題はない様子です。
 各語圏をまとめて一覧表にし、標準化しました。
 集計過程は、後ろ添付とし、結果のみ転記してあります。


  表  欧ア-あうん表        ・・・  2500
欧ア中日Aiueo [ 124 77 40 77 46 ]  364
欧ア中日KCQG [ 213  85 31   131 ] 458
欧ア中日Sth JZ [ 302       45 56 ]  402
欧ア中日 T D  [ 159   104       ]  264
欧ア中日 M N   [ 185 100          ]  285
欧ア中日HBFPV[ 170 129  58 79 32 ] 468
欧ア中日 R L  [ 105  58         ]  164
欧ア中日 Y W   [ 45           50 ]  95
欧ア中日アウン計  - - 標準化(2500) - 2015/11/04


 あうん表とは、「
あうんの呼吸」のあうんであり、
「あ」から「ん」まで、最初から最後までの表という意味で付けました。「欧ア」とは、アラビアを含めて欧州とアジア全体を含めたことを端的に指すことにします。
この「
欧ア-あうん表」と比較することにより、上記欧州各国やアラビアのみならず、日本や中国などの国々の言語の特徴を探ることが可能となります。
 長くなりましたので、続きは、また今度にしましょう。

      2015年 11月17日   大山 宏
- - - -  〈 以下は、添付資料です。〉 - - - - - 

続きを読む "アラビア語と日本古語との類似性⇒”ス仏独英アラブ中日”基準テーブル"

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

縄文時代の〔ことば〕を探る-1 縄文時代は1万年以上続いた文明体制。

概要: 縄文時代に使われていた世界共通〔ことば〕があった。NHK報道番組をきっかけとして、1万年間という長期間中に世界の人々がしゃべっていた〔ことば〕が、超古代の日本語(古語)であった可能性を説く。

 先日の日曜日にNHKの特集で、”縄文文化を訪ねる”番組がありました。それによると、縄文時代は今から「1万五千年前~2千300年前までの長い間〔万年間〕以上にわたって続いた、世界でも類を見ない高度な文明・文化であった」とのことでした。
山内(さんない)丸山遺跡から出土する土器土偶の数々を調べた外人がビックリし、億9000万円の高値で〔火炎式土器〕が競売落札されたとか・・。
 どこの国の社会の授業中でも、これまで、
縄文文化は狩猟社会であって低俗未開の文化である、農耕文明の方が高度な文明である』と児童生徒は聞かされて来ましたが、
あれは だったのです。
 〔現代でいうECO(エコ)社会〕を 一万年の長い期間にわたって、長期継続させていたのですよ。西洋人がびっくりするのはちっとも不思議ではありません。
 今から2千300年前の弥生時代の始めに、農耕技術と共に漢字が入り込んで来ましたが、その漢字が入り込む以前の1万年間、人々は縄文ことば(言葉)をしゃべっていたのでした。
 その縄文ことばを探るのが、このブログのテーマでした。

 『文字の記録が見付からないから低俗だ』っていう先入観念は見事に崩れたのです。
農耕文化(文字を石に刻む文明)以前は、世界中が狩猟社会だったのです。そこにはことばがありました。洋の東西を問わず、人々の交流がその(話ことば)を使って行なわれていました。
中国の漢字文明よりも、ずーっと前から(話ことば)が存在していたのです。この話ことば痕跡はどこに残っているのか?
しつこいですが、日本語の古語の中に残っていました。
 漢和辞典の〔訓読み〕として残っていたのでした。

--- 漢和辞典(
訓読み頭文字)分布表 -- 2500
第1表  あ   い   う    え   お     計
aiueo 
175  100  105   20  137  537
か行K 184   49   90  18   72   413
さ行S   90  92   62   18  34    297
た行TD 121  18  120   6   85   349
な行N   73   29   16   13  41   171
HBFPV 118   83   57   12  39   309
ま行M
   79  60   37   19   43  239
や行Y   59      34         47  140

R L   1   1    1     1     0    3
わ行W  42    0         0      0   42
訓読計 943 432 522 106  497 
2500

 この表で大きく目立つのは2点、
1)、〔あいうえお〕行の使用頻度が、大きい事。
2)、〔〕行の使用頻度が極度に少ない事。
 この2点が最大の特徴でした。
『我田引水的に響く』かとは思いますが、全世界で行なわれていた狩猟社会時代の〔ことば〕に共通する言語特徴を、訓読み分布表は色濃く含んでいるらしい事を、NHK報道番組は示唆していたのでした。

続きを読む "縄文時代の〔ことば〕を探る-1 縄文時代は1万年以上続いた文明体制。"

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

漢和大辞典はこんなに便利。音声分析学や音声意図学にも貴重。

概要: 漢和辞典は中国の文字の解説書だろうと一般には思われていますが、ヘボン式で解析してみると、意外にも古代の日本語の姿も見えて来た。 歴史時代の言語の発声音の意味研究や太古時代のことばの研究:(音声意図学音声意味学)にとって、貴重な資料を提供してくれる可能性を漢和辞典は内包している。

 漢和辞典の良さって知ってますか?
漢和大辞典(学研)の音訓索引が、意外にも、古代中国語の特質や古代日本語の特性を探る上で、大変役立つことがわかって来ました。
 今日はその紹介です。
第1表 現国(広辞苑・国語大辞典・漢和大辞典)ave
            あ   い   う   え   お   計
現国A       87  81  54  33   85  
341
現国K C Q G 168 107  66  67  133  540
現国S J Z     83 231  51  69   52  484
現国T D      97  53  49  46   85  329 
現国N        44  30   8  15   20  117
現国H B P V  98  75  73  29   59  333
現国M       45  40  22  20   34  161
現国Y       31   0   27   0   36   94
現国R L      14  28   6  13   16   77
現国W   
   22  ・・・  ・・・  ・・・  ・・・   23
現国ave    690 644 357 291 518 2500

 この第1表は、先日標準テーブルとして設定した、現代国語の〔あいうえお(いろは)〕分析表です。
広辞苑(岩波)、国語大辞典(学研)、漢和大辞典(学研)をヘボン式分析してみたところ、ほとんど同じ分布表が得られたのでした。そこで、それら三社のテーブルを平均化して、現代国語の平均化表”現国ave表”としたのでした。

 知っての通り漢和辞典は、他の辞書とは大きく異なった形態と特質を備えています。
中国の古代の漢絵文字を日本文化にどのように取り入れて来たかという歴史の塊りみたいな本なのですからね。
 でも、この漢字の辞典から、国語辞典や広辞苑とほとんど同じ〔あいうえお〕分布表が得られたのですよ。
 どうやったら、その結果が出て来たのか、お話ししましょう。

 日本国でまとめられた漢和辞典なら、必ず末尾に「音訓索引」なる付録目次がついています。これを利用して漢字の数を数えあげたのです。
【あ】で始まる言葉(ことば)には、漢字が何ページ分割り当てられているか?
【い】で始まる(ことば)には、何ページ分、割り当てられているか?
【う】には、何ページ分、割り当てられているか?
【え】には、何ページ分?
と、いう具合にして、重複を無視して、お仕舞いの【わん】まで数えてみて、テープルを作ってみたら、国語辞典や広辞苑とほとんど同じテーブルが得られたという訳なのです。

 どうしてこんな事が起きるのでしょうか。
理由が知りたくなるでしょう?
ここが”みそ”なのですが、私は科学者の端くれであり、結論を先に書く癖(くせ)が付いていますので、先に教えてさし上げましょう。
 それはね、
日本人が漢字文化を取り入れる過程で、古来から日本国にあったことばの意味に対応する絵文字を取り入れて来たからなのです。
『ああ、そういう意味でこの絵文字を使っているのか。だったら、我々のこれまで使っていたこの言葉と対応している。⇒この字(例えば、「」という絵文字)は、我々の言葉の「おおやけ」という音声に当る、、、という具合に、取り入れていったのです。
 でも、中国では、そんな呼び方(訓読み:くんよみ)をしても、ちっとも通じません。
 中国の人々は、その絵文字でどんな音声を発しているか、と言えば、「」のことを「」とか「コウ」と呼ぶだけなのです。
そこで、お付き合い上、「おおやけ」のことを言いたい時には、中国の人々には、「コウ」と呼びかけることを書き留めていったのでした。

 漢字は、8000文字とか1万文字とかありますが、これら当時のすべての漢字に対して日本名を与えると共に、中国の人々の呼び方も、カタカナで併記していったのでした。
このカタカナ併記のことを”音読み(おんよみ)”と言うのでした。
これを、辞典の末尾に「音訓索引」として、日本人はくっ付けたのです。
 ですから、「音訓索引」の中で、
カタカナ表記がされている部分は、中国語(外来語)であり、
〔ひらがな〕表記部分は、日本古来から使って来ていることばの解説がなされているという事。
これが、漢和大辞典の”みそ(味噌)”だったという訳です。

 ということは、音訓索引を参照するならば漢和大辞典は、当時の日本語と中国語の両方が書かれた話し言葉の解説書だったということ! ⇒ 広辞苑や国語辞典と同じ「あいうえお」使用頻度分布表が漢和辞典でも(同様に)現われて来ても、ちっとも不思議ではないのでした。

 では、カタカナ表記がなされている音読み部分だけで、ヘボン式分析表を作ったならば、どういうことになるのでしょうか?
 ちょっと考えてみて下さい。

続きを読む "漢和大辞典はこんなに便利。音声分析学や音声意図学にも貴重。"

| | コメント (0)

2015年11月13日 (金)

古典ave(旺文社・三省堂・岩波),現国ave(広辞苑・国語大・漢和大)の定義

概要 ヘボン式分析をやってみると、古語辞典3冊(岩波・旺文社・三省堂)が非常に良く似ていた。三者の平均値テーブルを、古典ave表として今後に供する。 また、広辞苑・漢和大辞典・国語大辞典の3冊からも非常によく似た分析表が得られた。これを現国ave表〔現代国語ave.表〕として、供する。

 三冊の古語辞典(旺文社・三省堂・岩波)が手元にあります。漢和大辞典でも古語の研究が出来ます。どっちが日本の古い”ことば成り立”を調べるのに便利だと思いますか?
 岩波の古語辞典は、先ほど図書館から借り出してきたものです。
早速、ヘボン式〔あいうえお〕分析を実行してみましょう。
調査手順は参考資料に添付し、ここには標準2500表に校正した後の、「表」のみを下記します。

第1表 古語辞典岩波いろは
===== --------------------------- 2500  ---
 岩波     ア   イ   ウ   エ   オ   計
あいうえお  136 117  88  17  95  454
かきくけこ  153  73  82  44  121 473
さしすせそ  107 162  46  41  37  393
たちつてと  102  49  60  41  68  320
なにぬねの  68  24  12  15  19  138
はひふへほ  94  82  53  15  37  281
まみむめも   63  56  29  22  43  213
やゐゆゑよ  46  10  27   9  39  131

らりるれろ   10  10  2    5   7   34
わ   をん  37  ・・  ・・   ・・   26   63
   合計  816 584 399 209 492 2500

         総ページ(
2500)古語辞典(岩波)

この岩波いろは表を、旺文社や三省堂からの古語辞典と、見比べてみましょう。

第2表
 古語辞典(
旺文社)のいろは
=====  --------------------------- 2500 ---
あいうえお  151 129  83  20  103  485
かきくけこ  166  79  85  48 127  505
さしすせそ  113 160  52  44  38  406
たちつてと  107  52  55  36  63  313
なにぬねの  75  26  10  12  16  139
はひふへほ  83  67  53  14  32  250
まみむめも  57  53  22  18  40  190
やゐゆゑよ  44   8   26  8  34  120
らりるれろ   10  10   2   6   6   34
わ     をん  36  ・・・  ・・・  ・・・  24   60
   合計  842 584 388 204 481 2500
       総ページ(2500)古語辞典(旺文社)


第3表 古語辞典(三省堂)のいろは表 
===== ---------------------------  2500 ---
あいうえお  122 134  86  19  101  463
かきくけこ  149  89  94  50  137  518
さしすせそ  118 173  50  46   43  429
たちつてと  113  53  55  34   65  319
なにぬねの  74  26  10  14   14  139
はひふへほ  84  65  50  12   34  245
まみむめも   53  53  22  19   38  185
やゐゆゑよ  48     26      34  122
らりるれろ   10   7   2   5    7   31
わ    をん 29               19   48
   合計  799 607 396 206  492 2500
         総ページ(2500)古語辞典(三省堂)
☆☆☆
  一行ずつ、三段に並べて、比較していきましょう。
並べる順番は、改訂版の発行年順とします。
 岩波  1974年初版、1990年補訂版。
旺文社 1960年初版、1975新改訂版、
      1981年新版、1988年改定新版、
三省堂 1953年金田一監修メモ、1958年改定メモ。

あいうえお  136 117  88  17   95  454

あいうえお  151 129  83   20  103  485
あいうえお  122 134   86  19  101  463

かきくけこ  153  73  82  44  121  473

かきくけこ  166  79  85  48  127  505
かきくけこ  149  89   94  50  137  518

さしすせそ  107 162  46  41  37  393

さしすせそ  113 160  52  44  38  406
さしすせそ   118 173  50  46  43  429


たちつてと  102  49  60  41  68  320
たちつてと  107  52  55  36  63  313
たちつてと   113  53  55  34  65  319


なにぬねの  68  24  12  15  19  138

なにぬねの  75  26  10  12  16  139
なにぬねの  74  26   10  14  14   139

はひふへほ  94  82  53  15  37   281

はひふへほ  83  67  53  14  32   250
はひふへほ  84  65   50  12  34   245

まみむめも   63  56  29  22  43   213

まみむめも   57  53  22  18  40   190
まみむめも   53  53  22  19   38   185

やゐゆゑよ  46  10   27   9  39  131

やゐゆゑよ  44   8   26    8  34  120
やゐゆゑよ  48      26     34  122 

らりるれろ   10  10    2   5   7   34 

らりるれろ   10  10   2   6   6   34
らりるれろ   10   7   2   5   7   31

わ   をん  37  ・・・  ・・・  ・・・  26   63

わ    をん  36  ・・・  ・・・  ・・・   24   60
わ   をん  29  ・・・  ・・・  ・・・    19   48 

岩波   計  816 584 399 209 492 
2500
旺文社 計  842 584 388 204 481 2500
三省堂 計  799 607 396 206 492 2500

 三者ともよく似た数値が並んでいますので、
平均値でもって、古語辞典の〔あいうえお〕分布ということにしましょう。


第4表 古典(岩波・旺文社・三省堂)ave分布表   
======  ---- あ ---
い -- う --- え --- お ---計--
岩・旺・三
A 136 127  86  19  100  467
岩・旺・三K 156  80  87  47  128  499

岩・旺・三S  113 165  49  44   39  409
岩・旺・三T  107  51  57  37   65  317
岩・旺・三N  72  25  11  14   16  139
岩・旺・三H  87  71  52  14   34  259
・旺・三M  58  54  24  20   40  196
岩・旺・三Y   46    8   26   8   36  124
岩・旺・三RL  10   9   2    5   7    33
岩・旺・三W    34  ・・・  ・・・  ・・・  23   57
 古典ave. 819 592 394 206 488 2500

 さて、ここで問題です。
この第4表は、何時代の日本語を代表しているのでしょうか?
平安時代? 室町時代? 江戸時代?それとも縄文時代?
 答えは、
現代を含めてすべての時代を含んでいる」という事です。
どの程度の影響を受けているのかを分離出来ないものでしょうか?
私は、西欧諸国や、中国の漢字などの影響を受ける以前の、
縄文時代より前のことばを最終的に探り出したいのです。

 第5表は、漢和大辞典(学研)をヘボン式分析したものです。
これを、以下の第6表「広辞苑」と見比べると、驚くほどの一致を見たのでした。


第5表  漢和大辞典
(学研)〔アイウエオ〕分布
=====
  ア    イ     ウ    エ    オ   小計
aiueo   95   70   59    35    85   344
K    158    105   75  87   129   554
S     79   213   58  63   56   467
T    105    46    62   30   81   325
N     40    31   10   12    22   115
H     95    84   59   31   64   332
M     48    41   24   16   34   162
Y      33          32       40   104
R L     12    24      9   12     14    72
W     25     ・・・      ・・・    ・・・     ・・・     25
計     690  613  387  286  523 2500
          「漢字まじり文字頭文字」 2500


第6表  「広辞苑〔ひらがな〕頻度表」2500
広辞苑  あ   い  う   え    お    計

aiueo  89  89   57   35   88   358
K    175 105  62  56  136   533
S           87 244  48  69   47    495
T         97   53   42   49   85      327
N     49  30   7  17   21   125
H     93  69  75  25   57   319
M     44  41  21  19   31   156
Y         32           25             31     89
R L       14    28   5   12   17     75
W           22                      22
広辞苑 計 703 660 344 281 513 2500


第5表は、漢和大辞典の「音訓索引」から計測して割り出した表、
第6表は、広辞苑の頭文字毎の、分布から割り出した表でした。
念のため、国語大辞典(学研)が手元にありますので、同様の調査を実施して、現在の日本語の、〔ひらがな〕頻度表をより確かなものとしておきましょう。


第7表   (学研)国語大辞典 頻度表 2500      
学研       あ   い  う   え   お   計
あいうえお   78  84  47  30  81  321
かきくけこ   172 110   60  59 134  534
さしす・・     82 235  47  74  52  490
たち・・・      89  59   42  59  88  336
な・・・       43  28   8  15  18  112
は・・・      105  71  84  30  57  349 
ま・・・       42  39  22  25  36  164
や・・・       29   0  23   0  36   89
ら・・・       15  33   5  14  16   83
わ・・・をん    20  ・・・  ・・・  ・・・  1    21 
  計     677  660 339 306 519  2500


三段で3者を比べます。

aiueo    95   70   59   35   85   344
aiueo
   89  89   57   35   88   358
あい・・・  78  84  47   30   81   321

K
     158    105   75  87  129   
554
K     175  105  62  56  136   533
かき・・・ 172  110  60  59  134  534

S  
    79 213  58   63   56   467
S            87 244  48  69   47    495
さしす・・  82 235  47  74   52   490

T
     105  46  62  30  81    325
T          97   53   42   49  85      327
たち・・・  89  59  42  59  88   336

N  
   40   31  10   12    22   115
N     49  30   7   17   21  125
な・・・   43  28   8   15   18  112

H
     95  84  59   31   64   332
H     93  69  75  25   57   319
は・・・ 105  71  84  30   57   349 

M
     48  41  24   16   34   162
M     44  41  21  19   31    156
ま・・・   42  39  22  25   36   164

Y
     33       32      40     104
Y         32            25           31      89
や・・・  29   0   23   0  36      89

R L    
 12   24       9    12    14    72
R L      14    28    5    12   17    75
ら・・・  15   33     5   14   16   83

W
     25    ・・・     ・・・     ・・・   ・・・    25
W          22                     22
わ・をん 20  ・・   ・・  ・・・    1   21 

漢和 計  
690 613 387 286 523  2500
広辞苑 計 703 660 344 281 513  2500
国語 計  677 660 339 306 519  2500

☆、3者が驚くほど似ているでしょう。
誤差の程度は、古語辞典の三者比較よりもむしろ小さく収まっています。 どれを他国語との比較に用いても、
ほとんど同じ比較論が可能ですが、三者の平均値を持って、現代国語 の標準分布表と致しましょう。

第8表 現国(広辞苑・国語辞典・漢和辞典)ave
現国A   87  81  54  33   85  341

現国K  168 107  66  67  133  540
現国S   83 231  51  69   52  484
現国T   97  53  49  46   85  329 
現国N   44  30   8  15   20  117
現国H   98  75  73  29   59  333
現国M   45  40  22  20   34  161
現国Y    31   0   27   0   36   94
現国RL    14  28   6  13   16   77
現国W
   22  ・・・  ・・・  ・・・  ・・・   23
現国ave 690 644 357 291 518 2500

☆、現国とは、現代国語を短く詰めた言葉です。
、今後は、この表のことを、”
現国ave表”と呼ぶことにします。
明日は、漢和辞典に秘められていた、中国語と古代日本語とに関してお話しします。

  2015年11月13日  H.Oyama( 大山 宏 )

続きを読む "古典ave(旺文社・三省堂・岩波),現国ave(広辞苑・国語大・漢和大)の定義"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式「音声意図学」:フランス語・ドイツ語・英語・中国語・日本語・アラビア語・古語 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-2 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・ | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学 | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽