easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real

2018年6月28日 (木)

1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できる。【5-6】 Bending of light through 1φhole. 物質の表面引力。重力場。

 Einstein thought, Surface gravity.
 
概要 物質の表面引力重力圏 がテーマです。ブラックホールと重力圏の関係をフィボナッチ数列ルールで整理してみせつつ、宇宙の相似形というアインシュタイン思想を説明しています。
後半では、相似形である時空間の歪みが人差し指を丸めて作った穴空間内でも起こっていて、その1φの穴を通過した光は曲がりつつ進むという経験則をアインシュタイン思想説明しています。

続きを読む "1φ指穴を覗くと光の曲がりが確認できる。【5-6】 Bending of light through 1φhole. 物質の表面引力。重力場。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

はじめに。“おたまじゃくし”で宇宙がわかる。Fibonacci Sonny tadpoles Cosmology

フィボナッチ坊やの
      オタマジャクシ宇宙論

 はじめに。
 私は今、『入り口が二つあって出口がひとつだけ』という本を仕上げようとしています。その入り口二つとは、中学高校生や一般大衆が読んで直感で分かってしまうという入り口Ⅰと、物理学専門の先生や大学院生が読んで初めて納得できるという入り口Ⅱの二つです。当然、本の内部では通路が入り乱れているのですが、要所要所に案内板が設けてあって、入り口から入った人も、入り口から入った人も、共にひとつの出口から出て来られることを夢見つつこの本を書いています。
 こんな都合の良いことが出来るのかどうか、初めての試みですが思い切ってトライしてみました。
Introduction: I now "at the entrance are two exit is only one ' that are trying to finish my book. Entrance I read and its entrance two junior high school students and the general public that it knew by intuition., physics professor and graduate student reading the only entrance II... of two.  Is, of course, and in the Interior of this confused passage, permanently installed signs, entrance I... from who entered the well entrance II... from dreaming, who also both come out from the exit of one has written this book. Is whether or not so convenient you can for the first time I tried.

続きを読む "はじめに。“おたまじゃくし”で宇宙がわかる。Fibonacci Sonny tadpoles Cosmology"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

【2-2】フィボナッチ坊やが〔無限大宇宙~無限小宇宙〕を語る。

Fibonacci sonny is talking about [Infinite universe, this world, and infinite microcosm].
Let's talk [Fibonacci actually real column] that was today. First "Fibonacci sequence and what it! or? ' Let me explain it. Sequences become very well known in the novel written by Dan Brown's "da Vinci Code", the Louvre in Paris plunged into chaos: "1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34,..." for that.
 フィボナッチ坊やが[無限大宇宙~現世~無限小宇宙]について語っています。
 
 今日は[ フィボナッチ数列が実は実数であった]というお話をしましょう。
まず初めに『フィボナッチ数列とはんぞや?』という説明をしましょう。
ダン・ブラウン氏が書いた小説「ダビンチ・コード」で超有名になってしまって、パリルーブル美術館を混乱に陥れてしまった数列:「1 , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13, 21, 34、・・・」のことです。
112
  12=3
    2+35
    358
       5813
        81321 … という具合に、並んでいる数列のことです。
どうやら、この数列は美術や彫刻だけに限らず、自然界全体の基本法則らしいのです。言語学や音声意図学も陰で支配していると言うのですから、パリに厳戒令が敷かれたのも、無理からぬことです(パリ市民はありがた迷惑という顔をしていました)。
 それはさておき、〔これまで数百年間、正の整数列だとばかり思われていた数列が、実は実数であった〕ということが判明しました。

続きを読む "【2-2】フィボナッチ坊やが〔無限大宇宙~無限小宇宙〕を語る。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

量子トンネル効果のアインシュタイン的解釈。Interpretation using Einstein's ideas about the quantum tunneling effect.

 その新解釈を、最初に言ってしまいましょう。
 スピンは1/2 とか -1/2 とか、の整数倍で定まっています。このスピンは小宇宙の中の全ての物質中で同期して時を刻んでいます。だから、「量子トンネル効果はそう見えるだけです。天地創造以降から現在まで、スピン時間は完全同期しているのです。瞬間移動で情報が伝わったように見える量子トンネル効果は、情報が伝わったのではなくて、元々そういう時の流れの中でその様な現象が起きました」、というだけの話なのです。》
First let's say its new interpretation. "Spin 1/2 or-1/2 of the recordable drive in integers x. Synchronized in all material in this spin, chopping the time. So you see only the quantum tunneling effect it seems. Since the universe creation until now, spin time in perfect synchrony that is. Seen information that was transmitted by quantum tunneling, information is transmitted, not originally within such time happened that such behavior ", that only the story."
 詳細説明に入ります。

ビッグバンが実際にあったことにして、最初に水素原子核や電子が出来たと皆さんはおっしゃっていますが、その最初の原子核や電子が出来る前にあったものがあるのです。
 それが時間です。電子はスピンしていますが、そのスピンというのが時間の最初に定まったのです。だから、そのスピン時間はビッグバンの直後から、現在まで
137億年間、ずーっと一定なのです。同期しているのです。
In the detailed description.  Is that what you had before you telling us that the big bang was actually the first hydrogen nuclei and electrons can the first nucleus and electrons. It's time. Is the electron has spin, but its spin is determined at the beginning of time. So the spin time is right bang after far 13,700,000,000 years long time constant is. It is syncing. Is the evidence? Let's list the facts to back it up.
証拠ですか?それを裏付ける事実を列記してみましょう。

続きを読む "量子トンネル効果のアインシュタイン的解釈。Interpretation using Einstein's ideas about the quantum tunneling effect."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

銀河系とアンドロメダ銀河の衝突合体論は変〔空論では?〕

「銀河系とアンドロメダ銀河の衝突合体」について、ウィキペディアに記載がありました。読んでみると、論理がまことに変です。ウィキペディアさんらしくない。
 最初に「恒星同士の衝突はあり得ない」と述べておいて、
次に銀河衝突の仮説を並べ立て、太陽系の運命、衝突後の出来事、融合残骸、と結び、あたかも『銀河衝突合体がこのように進行する』という単なる仮説を暗黙裡に支持したような印象を与えてるのは、ウィキペディアさんらしくありません。
 この記事を書かれた方が本当の科学者ならば、次のように結論をハッキリと書くべきでしょう。
 銀河系とアンドロメダ銀河の衝突合体という仮説や、シミュレーションCG画像がインターネット上に出回っていますが、銀河A中にある恒星と銀河B中にある恒星同士が衝突する確率は《以下のような理由から》皆無に近いと数学的に帰結できます。銀河同士がたとえ衝突しても、互いの身体の中を亡霊のようにすり抜けていくだけです
至急、下記の通り訂正して下さるようご検討をお願い致します。

続きを読む "銀河系とアンドロメダ銀河の衝突合体論は変〔空論では?〕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

「NASAの人工衛星が時空の歪みを観測…」を読んで "NASA satellites observing spatio-temporal distortion..." read.

人工衛星の心?」と検索してみて、貴方のブログ「とね日記」を発見しました。20115月ですから、今からちょうど6年前に書かれたのですね。興味深く読ませて頂きました。 私は「光世界の冒険」というブログを書いている筆者です。つい1年前に「アインシュタインの時空間が曲がっている」ということを、どうやら世の天文学者も物理学者も『本質を理解されてはおられないのでは、』と思うに至り、ブログで「アインシュタイン思想」を丁寧に紹介して来ています。
"Satellite mind?" Try and find the precious on your blog "thank diary" found. 5/2011 so right now just written six years ago.
 Interesting read. I am the author wrote a blog called "light world adventure". In just a year ago means "curved space-time of Einstein's" apparently astronomers of the world than Nobel laureate "is not he understood the essence of, ' think in blog Einstein thought politely introduces the coming.
 あなたのNASA提供の絵「地球の重みで空間が歪んでいる絵」が一般に認識されているのに、何故『銀河をその中心に乗せてみる』気にならないのか、不思議です。それぐらい世の中の人々は(物理学者といえども)応用力に乏しいのですね。
NASA offers your picture? "Space is distorted by the weight of the Earth" is recognized in General, but why "Galaxy seen atop the Center' don't mind. Is it people in this world are applied a weak though (physicist).
 銀河の重力によって、その周囲の時空間は凸レンズ効果を持つはずでしょ。暗黒物質・エネルギーなんかをわざわざ無理して創出しなくても、銀河衝突の現場写真を見た瞬間に『ああ、これは銀河の総重量が重心点を中心に時空間を曲げているという重力レンズ効果だ。アインシュタインはかくも偉大だったか!』とならなければいけなかったのにね。 銀河同士の衝突現場写真がNASAから発信されたのは、2006年でした。それ以降11年が経過したのですが、暗黒物質探しが今も続けられているのです。 彼らはいつ、『銀河の重力レンズ効果の本質』に気が付くのでしょうか?

続きを読む "「NASAの人工衛星が時空の歪みを観測…」を読んで "NASA satellites observing spatio-temporal distortion..." read."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

Expand the definition of Fibonacci sequence.フィボナッチ数列の定義拡張すると極微世界が見えて来る。Hiro. Oyama

The usefulness of Fibonacci sequence which was represented as real numbers with a decimal point. 
小数点付きの実数として表現されたフィボナッチ数列の有用性。

〔1〕定義の拡張
Let’s try to expand the definition of Fibonacci sequence.
 Speaking of Fibonacci numbers, not to mention the novel "the da Vinci Code", 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34...; the assumption was that there is. If you write in a nutshell are the basic properties of the Fibonacci sequence, and in the sequence sum of two adjacent sections are in the value of the following, and "in the infinite series. Not below zero "also is common sense.

 小説「ダビンチ・コード」を持ち出すまでもなく、フィボナッチ数列と言えば、
1,1,2,3,5,8,13,21,34, であることが当たり前でした。このフィボナッチ数列の基本特性は一言で書けば「隣り合う2つの項の和が次の項の値になっている数列」であり、「無限級数である事。ゼロ以下が無い事」も常識です。
 According to the Fibonacci sequence increases growth rate is 1.618. (Golden ratio) to the approach well known. Write the definition above in expression,
Fi = [K
A ^ (Ni-10)]
 ; K
55...., A 1.618..., Ni 10
Here [ ] that's the is meant to be an integer value in the calculation came out. 
Namely, the traditional Fibonacci series are limited (in implicit) as a positive integer number.
 このフィボナッチ数列は大きくなるに従って、増加率が1.618(黄金比)に近づくことも知られています。上記の定義を式で書けば、
Fi [ KA(Ni-10)]
 
K55., A1.618, Ni10
となります。《ここで[ ]というのは計算で出て来た値を整数化することを意味しています。》
即ち、この従来のフィボナッチ数列は、数値を正の整数として(暗黙の内に)制限されているのでした。

 Various examples presented in the da Vinci Code. For example, say "number of leaves", "in a swarm of bees, male and female population ratio", spirals of Nautilus "head flower" "pyramids of Egypt" and "picture of Mona Lisa".  If limit is not on the Internet shows that in fact 50000, are introduced. But smelling something far-fetched. It is unnatural, somehow. This awkwardness comes from where?
 色々な応用例が「ダビンチ・コード」の中でも紹介されています。例えば、「葉っぱの枚数」だとか、「ミツバチの群れにおける雄と雌の個体数の比」「オウムガイの螺旋形」「ヒマワリの頭花」「エジプトのピラミッド」「モナリザの絵」…。数え上げれば切りがなくて、インターネットでその実際例は5万と紹介されています。
 しかし、何かこじつけ臭い。何となく不自然なのです。このぎこちなさは何処から出てくるのでしょうか。 

続きを読む "Expand the definition of Fibonacci sequence.フィボナッチ数列の定義拡張すると極微世界が見えて来る。Hiro. Oyama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

a CATIA 裏技 Intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets.相対性原理の真髄 a Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics a プルーム説に異議有. ちょっと考えれば分かる事! a プレート・テクトニクス⇒ 新地球物理学・新地学の創設へ a 地球整形手術の跡」ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 a 太平洋プレート瞬間移動の証拠を発見 a 惑星の軌道は楕円』第二焦点の位置に見えない星が存在している! a 断面図でごまかされた「プレートテクトニクス」の嘘 Lied cheated in the section "plate tectonics" a 隕石くらいじゃ恐竜は滅ばない。Meteorite hit much, not about the destruction of dinosaurs. a. 地図(場所)当て遊び。Lied cheated in the section "plate tectonics"(うそ) a. 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト a・スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! a・・ 種の起源と大陸移動説 B エゼキエル書にはUFOがいっぱい!ウソ記事を見分ける方法。ダニエル書~マラキ書 Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Bible in Mark マルコによる福音書を科学の目で読み解く。Scientific Analysis Bible・・「ヨシュア記」 Bible・・「出エジプト記」 Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS B・「マルコ書」新約聖書に在る奇跡の数々。日本語1955版 B・・・天地創造の物語~ヨセフ B・創世記1章~20章、天地創造 Collapse of the Tower of Babelを砂場遊びで確認 CRUSTAL〔地殻存在度〕COSMIC〔宇宙存在度〕Abundances CURL 境界層内での粘性流体計算法:超高速計算理論 d 水銀と白金は金の成り損ね。Mercury, Platinum : detracts from made of Gold. easy Baseball の曲がり方の研究 bends the way research. easy やさしい相対性の説明  easy フィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers easy フィボナッチ数列・Fibonacci sequence real easy 数占いって不思議 easy 算術フィボナッチ easy 簡単な相対性原理説明 easy 音は縦波 光も縦波です electron spin-time Bode's law 電子スピン時間」ボーデの法則」独楽」音階」 F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン思想とは f Top 独楽 ブラックホールblack‐hole big-bang-mini fake Dark matter dark energy 暗黒物質 ビッグバン嘘空論 g Arrow of time 時間軸の矢 Equivalent-surface of time : 等時間面 Gravity field 「重力場」 Galaxies colliding.(NASA) Gravity 「重力圏」 schwarzchild Gravitation Heat-island 建白書 Phenomenon. Drastic measures against, Emergency Report K1「氷惑星」目次 K2・灼熱の氷惑星(二章) K3・灼熱の氷惑星(三章) K4・灼熱の氷惑星(四章) K5・灼熱の氷惑星(五章) K6・灼熱の氷惑星(六章) KⅡ氷河・海水準・海進・海退 KⅡ海溝・海嶺・海山・断裂帯 kⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 K・・・氷惑星の解説 LED H/L ヒートシンク」熱対策」 Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」「楕円」「放物線」「双曲線」 Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?「演色性・立体角・疑似光源」 Nobel Prize ノーベル賞はあなたでも狙える。[二度とない人生だから]は私の辞書に無い。 o God(神)が最初に吐き出した言葉⇒大和ことば o 「ひらがな・カタカナ」と「ABC」/アラビア文字 o 「ヘボン式分析」アラビア語 French Germany English Chinese Jomon o 「大和ことば」「縄文時代のことば」口承伝説に文字は不要 o 「音声意図学」ヘボン式分析 o ・「アイヌ学」は間違い。日本語にもっと自信を持とう! o. ダビンチコード⇒シュテファンカイザー Political dynamics 政治力学 to give up nuclear weapons President Obama 核宣誓への手紙 Letter from Hiroshima R. ソクラテスの妻・新科学対話 Post Script..あとがき追伸 R・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 R・・「楽器達のお昼ね会にて」 S 超能力者 Esper PK 念力 T 哲学・心理学物理学の融合 T 哲学:異常気象の扱い方:心が物を動かしてる物理学 T 心の科学 言霊 音霊 Words; soul; spirit; dwells wavelength T呪殺,言葉で相手を殺す。脅迫。幸せへのノウハウ秘訣 UFOを見る家系, 澄子の回想 U・・田舎の生活・・大人の童話 V・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 W ヨーロッパ縦断の旅(前編) W ヨーロッパ縦断の旅(後編) W・ヨーロッパ縦断自転車の旅「僕の前には道はない」(写真) x. 同棲・週末婚・結婚生活 x. 婚活ノウハウ x・・・ボランティア記 x・・東北大震災ボランティア記⇒署名活動(中間報告) Y ジャイアントインパクト「エデンの園があった場所」 Y 古墳の科学的分析、昆虫記 Y 短編 「切腹の美学」「奴隷の手」「時空間疾走(Time-Slip)」 z 「へその館」;高樹のぶ子評 z 「奇妙なゲーム」:Henry Morton Stanley 技術革命 z 「新 ガリバー旅行記」 z てるてる坊主」網戸」 おすすめサイト グルメ・クッキング・介護・ 心と体 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 福祉行政改革と大統領制への移行提案 趣味 音楽