F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン

2017年5月12日 (金)

村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy.

概要:GPS衛星の時計の進み遅れのデータより、これまでブラックホールの大きさ〔シュワルツシルト半径〕や星々の重力圏の大きさについて述べてきました。今回は、銀河の重力圏の大きさに関して検討しました。
Summary: We have described the size of the black hole and the magnitude of the gravitational circle of the stars by the data of the delay of the GPS satellite clock. As a summary of this, we examined the magnitude of the gravitational sphere of the galaxy.
 Let's calculate the range of gravity (gravitational circle) with respect to the galaxy and the Andromeda Galaxy next to you.

 天の川銀河やお隣さんのアンドロメダ銀河に関して、重力の及ぶ範囲
(重力圏)を計算してみましょう。1光年= 94600kmですから、太陽の重力圏10,000Kmを光年単位で表わすと、10,000Km÷94600km0.106光年です。光が1年間に進む距離を単位〔光年〕で表現すると、太陽の重力圏の大きさは半径0.1光年なのですね。
《フィボナッチ方式での重力圏の定義》

 Light-year is a distance in which lights go on for one year.  1-light-year = 9.46 x 10^12 km
The gravitational circle of the sun is 1,000,000,000,000 km. If you divide this by 9.46 x 10^12 km, you can get the gravitational sphere of the sun represented by the light year. So, it’s
about 0.1 light-years when the light is expressed by the distance of the gravitational circle of the Sun in the Unit (: Light year).
 This gravitational sphere is a value that is calculated by the Fibonacci rule.
Next
, let's calculate how much the size of the galactic system.
では、銀河の重力圏の大きさはどの程度なのか計算してみましょう。

続きを読む "村山斉様、銀河の重力が及ぶ範囲(重力圏)、佐藤勝彦様、The range of gravity (gravitational circle) with respect to the Galaxy."

| | コメント (1)

2017年5月10日 (水)

地球重力圏の大きさ。太陽重力圏の大きさ。 時間軸の伸び縮みと重力とは同じもの!The magnitude of the Earth's gravitational circle. The size of the solar gravitational circle. The contraction of the time axis and the same thing as gravity!

概要:地球の重力圏と太陽の重力圏に関してフィボナッチ数列ルールを使って検討しています。『月は地球の重力圏内にあって地球の周りを回っている』という常識にあった重力圏の定義が導けました。ウィキペディアは重力圏の定義を至急訂正すべきでしょう。
Summary: We are considering using Fibonacci sequence rules for the gravitational sphere of the earth and the gravitational sphere of the sun. The definition of the gravitational circle was in common sense that the moon was around the Earth within the gravity of the Earth. Wikipedia should immediately correct the definition of the gravitational circle.
 前回、このブログで、

『時間が1秒経過したと思ったら、実際には0.33秒しか進んでいなかった』として計算しました。地球のブラックホールのサイズを求める値Xとして、
6378Km x 0.000000000445sec = X x 0.33sec
という関係式を使って、X9mm と求まりました。
 Last time, in this blog, "If you think that one second has elapsed, actually only 0.33 seconds had progressed" I tried to calculate. The 6378 Km * 000000000445 sec = x * 0.33 sec, which seeks the size of the mini black hole, the radius of the Earth's mini black hole obtained x = 9mm.

また、《重力の大きさはその星の質量に比例する》という性質〔万有引力の法則〕を使って、半径9mmが、太陽の重力場におけるブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径:3Km〕に対応することも確かめました。Also, the magnitude of gravity is proportional to the mass of the star. Using the law of universal gravitation, we have confirmed that the radius 9mm corresponds to the size of the black hole in the gravitational field of the sun: 3Km.
mass of Sun(太陽) M11.989×10^30 kg
mass of earth(地球)M25.972×10^24 kg
M1/M2 = 0.333 x 10^6 = 333 x 10^3

∴ 9mm x 333,000 = 3,000,000mm =3Km
we certified like that.と確かめたのでしたね。
 この相似形の関係を保ちつつ、0.000000000445secの時間の進み遅れが得られる3Kmに対応する半径をYとして求めてみましょう。While maintaining this similarity, let's look at the radius corresponding to the 3 km of 0.000000000445 sec time delay.
 Y x 0.000000000445sec = 3Km x 0.33sec
∴ Y2,225,000,000Km = 22.25Km
the gravitational sphere of the sun
太陽の重力圏計算
 太陽からの距離   時間の進み遅れ
Distance from the Sun Time’s delay
    22.25
Km ⇔   0.000000000445sec
 x4.17= 92.8
Km ÷4.17= 0.000000000107
 x4.17
387Km   ÷4.17= 0.000000000026
 x4.17
1613Km   ÷4.17= 0.000000000006
 x4.17
6730Km  ÷4.17= 0.0000000000015
 x1.5 =10,000
Km  ÷1.5 = 0.000000000001
(最小単位を誤差0.000000000001秒に合わせました)
minimum unit is adjusted to 0.000000000001sec.
太陽の重力圏は10,000Kmだと求まりました。
Solar gravitational sphere is 1,000,000,000,000Km obtained I.
太陽から地球までの距離は、
1.5Kmです。
10,000Km÷1.5Km = 6700 
太陽の重力圏は、地球の公転半径の約7000倍の距離までに及んでいると見積もられます。The gravitational circle of the sun is estimated to reach approximately 7,000 times the distance of the Earth's orbital radius.
The orbital radius of Uranus
天王星の公転半径:2,871,000,000Km= 29Km
Neptune's orbital radius
海王星の公転半径:
4,495,000,000Km= 45Km
 全ての太陽系惑星は、太陽の重力圏内の極狭い範囲に すっぽりと埋まり込んでいるのが分かります。
 All solar system planets are completely filled with a very narrow range of gravity within the sun.
 

続きを読む "地球重力圏の大きさ。太陽重力圏の大きさ。 時間軸の伸び縮みと重力とは同じもの!The magnitude of the Earth's gravitational circle. The size of the solar gravitational circle. The contraction of the time axis and the same thing as gravity!"

| | コメント (1)

2017年5月 8日 (月)

ブラックホールの大きさ(シュワルツシルト半径)は算数で算出可。フィボナッチblack-hole定数(FBC)。The size of the black hole (Schwartz silt radius) can be calculated by arithmetic. Fibonacci Black-hole Cosmic constants(FBC).

概要:GPS計測システムでの最小時間単位0.000000000001secの誤差範囲内に時間の伸び縮み具合がおさまってしまう距離は、約290Kmであることがつかめました。地球から約290Km離れた所までが地球の重力圏内であり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています。
Summary: Minimum time units in the GPS measurement system the distance that the contraction of the time is subsided within the error range of 0000000001 sec can be found to be approximately 2.9 million kilometers. It is within the gravity of the Earth, about 2.9 million miles away from the Earth, and the moon is around the Earth in its gravitational range.
「最終的に、時間遅れ進みが
0.33秒になる距離を求めたかっただけでしょ。
その距離を〔X〕とすれば、
6378Km * 0.000000000445sec = X * 0.33sec
なので、X = 9 mm だって,すぐ答えが出て来たのです。
 時間が1秒経過したと思ったら、実際には0.33秒しか進んでいなかった!》として計算したのでした。
"In the end, we just wanted to find out how long the time delay would be 0.33 seconds. If the distance was [x], 6378 Km * 000000000445 sec = x * 0.33 sec, so x = 9 mm, the answer came out soon. When we thought the time had passed one second, it was actually only 0.33 seconds ahead of us.

地球内部にあるブラックホールの大きさ(半径9 mm)と、太陽の中心部に存在するブラックホールの大きさ(半径3Km)とは相似形になっています。この半径のことを、シュワルツシルト半径と学者先生たちは読んでおられる様子です」。
 と、前回お話ししてブログを閉じました。
The size of the black hole (9 mm radius) inside the earth and the size of the black hole in the center of the Sun is similar to that of a radius of 3Km. This radius, scholars are reading as the radius of Schwartz Silt. ", and closed the blog last time I told you.

 Let's use this formula to calculate the Schwartz silt radius, such as Moon and Jupiter satellites.
 この式を使って、月や木星の衛星であるイオなどのシュワルツシルト半径も計算してみましょう。
Ukipedia〔ウキペディア〕 is saying,
mass of moon
月の質量
M3 = 7.36 × 1022 Kg
mass of earth
地球質量
M25.972 × 10^24 kg だとウキペディアに出ています。
M3/M2 = 7.36 × 1022 Kg
÷5.972 × 10^24 kg
   = 1.23 × 10-2 
これを地球のシュワルツシルト半径(9mm)に掛け算してみると、月のブラックホールの大きさ〔シュワルツシルト半径:R3〕が出て来ます。When this is multiplied to the Earth's Schwartz silt radius (9mm), the size of the black hole of the moon [Schwartz silt Radius: R3] comes out.
R3 = 9 mm × M3/M2 = 9 ×1.23 × 10-2
 
 
0.11 mmと求まります。随分と小さな値ですね。
 we get the answer. It’s very small value, isn’t it.
 確かめのため、太陽の質量を使って、計算してみましょう。
 For sure, let's use the mass of the sun to calculate.
Ukipedia〔ウキペディア〕 is saying,
mass of Sun is
太陽質量
M11.989 × 10^30 kg 
M3/M1 = 7.36 × 1022 Kg
÷1.989 × 10^30 kg
   = 3.70 × 10-8 
R3 = 3Km × M3/M1 = 3 × 106 mm × 3.70 × 10-8
 
 
0.11mmと求まります。
  we get the answer.

Using the solar mass M1, you can use the Earth's mass M2 to obtain the same radius R3 = 0.11 mm. It is natural. We adjusted it so that we could get the values together.
 太陽の質量
M1を使っても、地球の質量M2を使っても、同じ半径R3 = 0.11mm が得られます。当たり前ですね。一緒の値が出るように調整しておいたのですから。

続きを読む "ブラックホールの大きさ(シュワルツシルト半径)は算数で算出可。フィボナッチblack-hole定数(FBC)。The size of the black hole (Schwartz silt radius) can be calculated by arithmetic. Fibonacci Black-hole Cosmic constants(FBC)."

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

剛体の重心点からの距離比例で時間軸の矢が出射!←GPS衛星の時間遅れ。An arrow of the time axis is emitted by the distance proportional from the center of gravity

 概要:剛体の重心点からの距離に比例して時間軸の矢が伸び縮みしながら出射しています。この事実に関してフィボナッチ数列ルールを用いて、分かりやすく説明しています。「GPS衛星側の内蔵時計は毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むように調整されている」というデータを用いてブラックホールのサイズ〔シュワルツシルト半径〕が求められる、というお話の第1です。Summary: The time-axis arrows are stretched out proportionally to the distance from the center of gravity of the rigid body. The Fibonacci sequence rules are used to explain this fact clearly. The first story is that the size of the black hole is required by using the data "the built-in clock on the GPS satellite side is tuned to advance only 4.45 seconds of 100 billion minutes per second."
 地球の中心からの距離Lに比例して時間軸の矢が出ているのですが、この時地球の大きさがどうしても気になるのです(邪魔なのです)
 思い出してごらんなさい。
万有引力を計算する時、あるいは剛体に働く遠心力や向心力を計算するときには、「その剛体の大きさは無視して、単純に全質量が重心点の1点に集中している」って扱って来たではないですか。At this time, the size of the earth becomes anxious by all means though the arrow of the time axis is out in proportion to the distance L from the center of the Earth (it is obstructive). Remember. When calculating the universal gravitation or the centrifugal force or the power to work in a rigid body, "the size of the rigid body is disregarded, and the whole mass is simply concentrated at one point of the center of gravity".
 地球の引力の影響や時間軸の伸び縮みを検討するときには、地球の大きさは無視して『全質量が地球の重心点の1点に集中しているのだ!』と考えても一向に差し支えないでしょ。
 太陽からの引力の影響や時間軸の伸び縮みを検討する時には、太陽の大きさは無視して『太陽の全質量が重心点に集中しているのだ』って考えましょうよ。When considering the influence of the Earth's gravitation and the contraction of the time axis, the size of the earth is ignored, and the whole mass is concentrated at one point of the center of gravity of the earth! It's no harm in thinking. When considering the influence of gravity from the sun and the contraction of the time axis, let's think of the size of the sun as "the whole mass of the Sun concentrates on the center of gravity."
 藪から棒に、いきなり書き始めましたが、今日は「剛体の重心点からの距離L比例で、時間軸のが伸び縮みしている」ということを検証してみましょう。I started writing from the bushes to the poles, but today, I'll try to verify that the time axis is shrinking in the proportional distance from the center of gravity of the rigid body.
 最近はGPSシステムが整備されて、非常に精度良く時間軸の伸び縮みが計測できるようになりました。
全く同じGPS装置を2つ作り、一方を地上に、他方を衛星軌道に乗せて測り比べるのですから、精度は抜群です。Recently, the GPS system has been maintained, and it is possible to measure the contraction of the time axis very accurately. The accuracy is excellent because it makes two exactly the same GPS device, and it compares one on the ground and the other on the satellite orbit and measures it.
 ウィキペディアには次の様に時間軸の伸び縮みが出ています。
『全地球測位システム(GPS)では、GPS衛星が地上へ正確な時間を伝達することで、地球上の正確な位置を測定している。しかし人工衛星は重力源である地球から離れた衛星軌道上を周回し、地上に比して重力ポテンシャルが高い環境にあって、その分地上よりも時間の経過は早い。このため、衛星側の内蔵時計は毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むように調整されている。』On Wikipedia, the time axis stretches out as follows. In the Global Positioning System (GPS), GPS satellites measure the exact location of the Earth by transmitting the exact time to the ground. However, satellites orbit on satellite orbits away from the Earth, which is a gravitational source, and have a higher gravitational potential than on the ground, and the time is faster than on the ground. For this reason, the built-in clock on the satellite side is adjusted to advance only 4.45 seconds of 100 billion minutes per second.
  この毎秒100億分の4.45秒だけ遅く進むという数値を使用させて頂きましょう。
GPS
衛星基準で考えると,地上では時間の進みが速くなる  毎秒0.000000000445sec分だけ1秒に近づいていくということですLet me use the numerical value that it slows down only 4.45 seconds of 100 billion minutes this every second. In terms of GPS satellite standards, on the ground, the time progresses faster. every second 0.00000000445 only one second.
  GPS衛星の高度は、20200Kmだそうです。地球の重心点からの距離は6378Km(赤道半径)です。これを足し算してGPS衛星は26578Kmの半径を持って回っていることになります。
 26578Km
÷6378Km4.17
GPS satellites are turning around the earth in the height (20200km) position from the ground. The distance from the center of gravity of the Earth is 6378Km (the Earth's equatorial radius), so if you add these two, it will be the distance to the GPS satellites measured from the center of gravity of the Earth.
26578Km÷6378Km4.17 

the distance from the center of gravity
  重心点距離  時間の進み遅れ
(1秒に近づく)
          the time progresses faster
         6378Km        0.000000000445sec
 
÷4.17= 1529Km    x4.17= 0.000000001856
 
÷4.17 366.8Km  x4.17= 0.000000007738
 
÷4.17 87.96        x4.17= 0.00000003227
 
÷4.17 21.09        x4.17= 0.0000001346
 
÷4.17 5.058        x4.17= 0.0000005611
 
÷4.171.213        x4.17= 0.000002340
 
÷4.17290.9m     x4.17= 0.000009757
 
÷4.17= 69.76m     x4.17= 0.00004069
 
÷4.17=16.73m   x4.17= 0.0001697
 
÷4.17= 4.012m     x4.17= 0.0007075
 
÷4.17= 962.1mm  x4.17= 0.002950
 
÷4.17= 230.7mm  x4.17= 0.01230
 
÷4.17= 55.33mm  x4.17= 0.05130
 
÷4.17= 13.27mm  x4.17= 0.2139sec
 
÷4.17= 3.182mm  x4.17= 0.8921sec
 
÷4.17= 0.763mm x4.17 = 3.720sec
 重心点からの距離が3mm以内に入ると、時間の進みが1秒を超える?➡時間が過去に戻ることはない. この近くには、ミニブラックホール(地球に)存在していて、その半径〔シュワルツシルト半径〕が310mmぐらいであることを示唆しています。If the distance from the center of gravity is within 3mm, the time goes by more than one second. Time never goes back to the past. The above table suggests that there is a mini black hole (on the Earth) and that its radius is about 3 to 10mm.
 太陽には半径3Kmブラックホールがあると言われています。
仮に、地球ブラックホール〔シュワルツシルト半径〕が9mmであるとして、太陽ブラックホール〔シュワルツシルト半径:3Km〕と比較をしてみましょう。It is said that there is a black hole of a radius of 3Km in the sun. Let's compare it to the black hole of the Sun, the "Schwartz silt radius: 3 km", assuming the black hole of the Earth is a 9mm.

続きを読む "剛体の重心点からの距離比例で時間軸の矢が出射!←GPS衛星の時間遅れ。An arrow of the time axis is emitted by the distance proportional from the center of gravity "

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

フィボナッチ数列の面白い性質。「異次元世界は現世の相似形」The interesting nature of the Fibonacci sequence. The different dimension of the world is a similar form of mortality.

概要:「異次元世界は我々の宇宙の相似形」であることをフィボナッチ数列のルールを使ってやさしく算数で説明しています。時の流れ方も(規模)に正比例して伸び縮みしている、と捉えるのが自然で合理的な考え方であることをやさしく語っています。Summary: "The different dimension of the world is the similarity of our universe", using the rules of the Fibonacci sequence to explain in arithmetic. It is said that it is a natural, rational idea to perceive that the flow of time is contracted in proportion to the scale.
「異次元世界は現世の相似形」であることを算数で証明しておきましょう。

Let's prove by arithmetic that "the world is a similarity form of this universe ".
  銀河宇宙 :   ∞ ~ ∞・∞・∞
Galactic universe
 
我々の宇宙 :    1/∞ ~ ∞
  our universe
 
素粒子宇宙 : 1/∞・1/∞・1/∞ ~ 1/
particle universe
1)
銀河宇宙の範囲を〔∞・∞〕という数字で割り算してご覧なさい。
 
その範囲は、我々の宇宙1/∞ ~ になります。
2)
素粒子宇宙の範囲に〔∞・∞〕という数字をかけ算してご覧なさい。やはりその範囲は、我々の宇宙1/∞ ~ と同じになりますね。
1) Divide the range of the Galactic universe by the number "∞・∞" and see. That range will be our universe [1/-].
2) Multiple the range of the particle universe by the number "
∞・∞" and see. That range will be our universe [1/-], too.
∴「異次元世界は現世の相似形」である。
 
時間に関しても、空間に関しても、この関係式は成り立っている。
The different dimension world is a similar form of this mortality. This relation is made up about time and space.
 これで証明は終わりなのですが、これでは味も素っ気もありません。
 
フィボナッチ数列を使って「宇宙」の性質を調べてみましょう。
This is the end of the proof, but this is not a taste or a curt. Let's use the Fibonacci sequence to examine the nature of the universe.
1 , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13 , 21 , 34 , 55 , 89 , 144 , 233, 377
という具合に永遠に続くのがフィボナッチ数列です。
 
但し、最初のの中には、沢山の小さな値が含まれているのでした。
It's a Fibonacci sequence that lasts forever.
However, the first one1 contained a lot of small values.

 その小さな値とは、次のように分数で表わされます。
最大数(無限大:∞)を〔55〕だとする世界には、
1/55, 1/34, 1/21, 1/13, 1/8, 1/5, 1/3, 1/2, 1/1
分数で表わすと、これだけの小さな値がフィボナッチ数列の1の中に含まれていたのでした。改めて、フィボナッチ数列を書き表しておきます。
 The small values are expressed in fractions as follows:
Maximum number (infinity:
) in the world of [55],
1/55, 1/34, 1/21, 1/13, 1/8, 1/5, 1/3, 1/2, 1/1 in fractions, only this small value was included in one of the Fibonacci sequence.
 Again, I'll write a Fibonacci sequence.

1/55, 1/34, 1/21, 1/13, 1/8, 1/5, 1/3, 1/2, 1/1
  , 1 , 2 , 3 , 5 , 8 , 13 , 21 , 34 , 55
たったこれだけ(18)で、1つの世界が成立しているのですよ。
 
この数列で、小さい方と大きい方の値を順次掛け合わせてみましょう。
It is only this (18 pieces), and one world is approved. In this sequence, let's multiply the smaller and the larger values sequentially.
 
1/55 x 55 = 1
 1/34 x 34 = 1
 1/21 x 21 = 1
 1/13 x 13 = 1
 1/ 8  x 8  = 1
 1/ 5  x 5  = 1
 1/ 3  x 3  = 1
 1/ 2  x 2  = 1
 1/ 1  x 1  = 1
 『当たり前だ』と思ったでしょ。でも、
 
13 , 21 , 34 , 55 , 89 , 144 , 233, 377〕の範囲に区切って実行しても、一定の値になるのですよ。やって見せましょう。You thought it was natural. But even if you run it in the range of [13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377], it will be a certain value. Let me show you.
 
13 x 377 = 4,901
 21 x 233 = 4,893
 34 x 144 = 4,896
 55 x   89 = 4,895
 有効数字桁で、一致してるでしょ。
有効数字が3桁の数字(144以上)の範囲でやれば、3桁まで値は一致して来ます。
 
実は、フィボナッチ数列は、小数点付きの実数の並び なのです。It's a valid number, two digits. If a valid number is made in the range of three digits (more than 144), the value will match up to three digits. In fact, the Fibonacci sequence is a sequence of real numbers with decimals.  If you try to match the five digits of the effective number, and multiply each other at both ends, it becomes the corresponding value to five digits perfectly.
 It's a strange nature.

有効数字を5桁に合わせておいて、この両端同士を掛け算してみると、5までピッタリ一致した値になるのです。不思議な性質でしょ。

続きを読む "フィボナッチ数列の面白い性質。「異次元世界は現世の相似形」The interesting nature of the Fibonacci sequence. The different dimension of the world is a similar form of mortality."

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-7 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・「一流とは?」 | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | N 政治を力学するノウハウ。核廃絶は可能 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学・・・「羊と鋼の森」言霊・音霊 be on the same wavelength. Words have a soul and a spirit dwells. | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽