F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation

2017年5月31日 (水)

銀河同士の衝突事件の真相 : 父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。 The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class.

概要:NASA2006年に公開した銀河衝突の現場写真を元に、暗黒物質の正体を推理します。所は、ある小学校の父兄参観日の教室です。子供たちは『あれは銀河の亡霊だよ。エネルギーの塊りが相手をすり抜けて行っただけだよ』と30分で納得してしまいます。
Overview: Galaxy collision NASA has published in 2006 construction photos, based on reason, the identity of the dark matter. Is the classroom of an elementary school parents visiting day. Are the children "! It was the ghost of Galaxy. It just went through the opponent’s energy mass "and would convince in 30 minutes.

 船久保公一先生、村山斉先生・佐藤勝彦先生へ。

このブログを読んでくれている小中学生・高校生のみなさんへ。
今日の理科の授業は、暗黒物質・暗黒エネルギーに関してのお話ですよ。
 Today's science class talk about dark matter and dark energy.
 宇宙には銀河がたくさんありますが、どの銀河も皆スカスカなのです。
どの位スカスカ状態かというと、

続きを読む "銀河同士の衝突事件の真相 : 父兄参観日にてフィボナッチ女史が語る。 The truth of the collision incident of two Galaxies, in parents' day class."

| | コメント (2)

2017年5月28日 (日)

船久保公一著『宇宙の物質の起源』を読んで。「夜空が暗い➡宇宙は逆さ富士イメージ」

概要:銀河や超銀河の重力圏をイメージすることは非常に難しいことです。何故ならその重心点には星は無いし、ブラックホールも見えないのですから。このブログでは、逆さ富士の形で重力圏をイメージする提案と紹介をしています。
Overview: Imagine a super-cluster of galaxies and Galactic gravitational sphere is very difficult. This is because black holes are invisible, and no stars in its center of gravity point. So, in this blog I have proposed that image of gravity in the form of upside-down Fuji and introduction.

続きを読む "船久保公一著『宇宙の物質の起源』を読んで。「夜空が暗い➡宇宙は逆さ富士イメージ」"

| | コメント (1)

2017年5月23日 (火)

銀河の重力圏?「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均。Galaxy's gravity is too large? "Fibonacci space fun" geometric mean.

概要:フィボナッチ方式で算出された超銀河団の重力圏が大宇宙の150億光年を大きく上回っていることになる。大き過ぎるのではないか?という御意見に対して答えています。
答え:決して大き過ぎません。中学校で習う
2次方程式を使って説明しています。
合わせて「最大値()と最小値(1/)との中間点は?」という質問を通して相乗平均が皆同じになるというフィボナッチ宇宙の面白さを説明しています。
Summary: "you become greatly exceeds the 15 billion light-years of cosmic gravitational sphere of the supercluster of galaxies was calculated by Fibonacci methods. Too large to fit in?" are answered your opinion. Answer: never large only. Describes using the quadratic equation in junior high school. Your "minimum and maximum values () (1 /) with intermediate points?" describes the fun of Fibonacci universe that question through all mean the same.

続きを読む "銀河の重力圏?「フィボナッチ宇宙の面白さ」相乗平均。Galaxy's gravity is too large? "Fibonacci space fun" geometric mean."

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

月の重力の影響が及ぶ範囲【重力圏】スウィングバイ航法、宇宙旅行。Moon's gravity area, swing-by, Space travel.

『ウィキペディアさんは早急に「地球の重力圏は半径約290Kmであり、月はその重力圏内で地球の周りを回っています」という説明文に訂正なさるべきなのです』という文章をブログに掲載したら、クレイムが付きました。
そこで、月の重力の影響が及ぶ範囲をフィボナッチ坊や流儀で求めてみたのです。
 月の質量M3 = 7.36 × 1022 Kg
 地球質量M25.972 × 10^24 kg だとウキペディアに出ています。
M3/M2 = 7.36 × 1022 Kg
÷5.972 × 10^24 kg
   = 1.23×10-2 
この数値を、290Kmに掛け算すれば、月の重力圏(重力の影響が及ぶ範囲)は求まります。290Km1.23×10-2 = 3.6Km が月の重力圏だということになります。
随分と小さな半径であり、地球の重力圏【半径290万Km】の中にすっぽりと埋まり込んでいるのが分かりますね。このフィボナッチ流儀の重力圏定義の方が宇宙旅行には便利でしょ。例えば、
地球をロケットで出発してしばらくの間は地球の重力支配の下で飛んでいますが、月からの距離が月の重力圏【半径3.6Km 】内に入ると、地球の重力のことは忘れて月との相対運動だけを考えればいいのですからね。
これが、現在のウィキペディアさんの定義『(太陽に対する)地球重力圏の半径はおよそ26kmとなる』では、何が何だか分からないでしょ。
『それがどうしたと言うの?月までの距離は38kmあるのに26kmに何の意味があるの?
』ということになってしまいます。
 月ロケットが出発する前の航路計算の時にも、26kmという値がちっとも役に立たないでしょう?『太陽・地球・月の
3体問題』を解いて導かれた結果らしいですが、こんな複雑な定義は早急にウィキペディアを訂正すべきです、と話したのでした。 アインシュタイン思想では、『2つの天体(地球と月)の重心点が太陽を等速度で動いているのであって、月旅行をする時には、太陽のことを考えなくてもいいです』という事になるのですから、便利で分かりやすいでしょ。

続きを読む "月の重力の影響が及ぶ範囲【重力圏】スウィングバイ航法、宇宙旅行。Moon's gravity area, swing-by, Space travel."

| | コメント (1)

2017年5月17日 (水)

重力圏?慣性の法則をアインシュタイン思想で説明すると宇宙の姿が見えて来る。Gravity? Einstein's thought?

 遠心力とか向心力という言葉を使わなくても、「時空間が曲がっている」ということを使うだけで、人工衛星が地球の周りを一定速度で回ることは説明できるのです。万有引力という言葉を用いないでも、「時空間が曲がっている」事実を使うだけで天体の動きを説明できるのです。
 説明しましょう。地球も1つの星であり、その近辺の時間の進み遅れ具合は、地球の中心からの距離Rに比例して伸び縮みしています。《これは、GPS衛星の時計の進み遅れで確かめられている事実です。》
It is can be explained just by using that space and time are curved centrifugal force directed power Word without the artificial satellite around the Earth at a constant speed around.  Is using the word "gravity" "bent time and space" the fact alone, could explain the movement of celestial objects. Let me explain. Earth star, so delays around the time go proportionally to the distance R from the center of the Earth is oscillating.This is a fact has been confirmed by GPS satellite clock lead-lag.
 1個の人工衛星を2つに分けて考えましょう。地球に近い半球と遠い半球とに分けて考えるのです。
☆1、近い半球の重心点から地球の中心点までの距離を、R1としましょう。
☆2、遠い半球の重心点から地球の中心点までの距離を、R2としましょう。
この人工衛星に(こころ)があるとして、そのは『一定速度Vで、どこまでも真っすぐに飛んで行こう』としているつもりになっているのです。でも、実際には地球の周りを一定速度Vで公転しているのです。それを、「時空間が曲がっている」ということで説明できればいいのでしょ。簡単です。やってみせましょう。
1 satellites in two parts, let's turn our attention. Divide the hemisphere close to the Earth and distant hemisphere is given.
1, Center of gravity in terms of closer hemispheric let R1 and distance from the center of the Earth.
2, From the gravity of distant hemisphere R2 the distance to the center of the Earth.
 Artificial satellites in mind and the mind "at constant speed V, to straight up where fly ' as is going to be.
 But it is in fact orbiting around the Earth at constant speed V. I could explain it in that space and time are curved? It is easier. I want to do.

続きを読む "重力圏?慣性の法則をアインシュタイン思想で説明すると宇宙の姿が見えて来る。Gravity? Einstein's thought?"

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Bible in Acts:使徒行伝の中で天使とUFOを探そう。Search Angel(alien) and UFO | Bibleを科学の目で読み解く。Scientific Analysis・・MARK | Bible・・・ヨシュア記 | Bible・・・出エジプト記 | Bible・・改悪された「ルカ書」 Corrupted History・・LUKE | Bible内で天使(宇宙人)とUFOを捜せ・・GENESIS、EXODUS | B・・・エゼキエル書にはUFOが | B・・・天地創造の物語~ヨセフ | B・・・新約聖書に在る奇跡の数々「マルコ書」・「ルカ書」 | CATIA裏技、3Dノウハウ、CAD intuition Know-how, arcane secret, cheat sheets | F black hole・GPS衛星・時空間・アインシュタイン | F ブラックホールblack‐hole 独楽Top big bang mini | F‥重力場・gravity field Galaxies colliding.(NASA) | Fフィボナッチ実数列。Real Fibonacci numbers | Fフィボナッチ数列・Fibonacci sequence real | F・・dark energy・ビッグバンbig bang うそ空論 | F・・「時間軸の矢」「等時間面」Arrow of time, Equivalent-surface of time | F・・「電子スピン時間」・・・・「ボーデの法則」 | F・・重力圏・・gravity schwarzchild Gravitation | G・やさしい相対性原理の説明 | G・・やさしい相対性の説明 | H ヒートアイランド対策 Drastic measures against heat-island phenomenon. | H ヘボン式 音声意図学 フランス ドイツ 英 中国 アラビア語 French Germany English Chinese Arabic Jomon 縄文 | K プルームテクトニクス?⇒新地球物理学・新地学の創設へ | K プルーム説に異議有-2 ちょっと考えれば分かる事! | KⅢ・・氷惑星の謎 第Ⅲ部 | K・・1・・・氷惑星(仮説への道) | K・・2・・灼熱の氷惑星(二章) | K・・3・・灼熱の氷惑星(三章) | K・・4・・灼熱の氷惑星(四章) | K・・5・・・灼熱の氷惑星(五章) | K・・6・・灼熱の氷惑星(六章) | K・・・・・・・・・氷惑星の解説 | K海水準・海進・海退・氷河 | K海溝・海嶺・海山・断裂帯 | K隕石衝突では恐竜は滅ばない。NASAも時々嘘つく | L 境界層内での粘性流体計算法・・CURL。超高速計算法 | LEDヘッドランプ・・熱対策、ヒートシンク | Light 光技術の話・・01-20・「光りと光線はどう違うの?」 | Light 光技術の話・・21-40・「灯具内で光が曲がってる?」「演色性」 | Light 光技術の話・・41-60 ・・・・ | N 心・・「ノーベル賞はあなたでも狙える」・・短編小説 | N 心・小保方晴子は本人知らずの超能力者 Esper,PK,念力 | o・政治力学・オバマ大統領へのお手紙 2016 9.19 ・・核宣誓 | o・音声意図学とヘボン式分析 | P・・ 種の起源と大陸移動説 | P・・・  算術フィボナッチ | S・・ スケーリング・・哲雄の講演メモ「新 ガリバー旅行記」 | S・・ スノーボール全球凍結は嘘(うそ)空論! | S・・ ソクラテスの妻・・新科学・・・対話 etc. | T 哲学・心理学物理学の融合 | T 地図(地形・場所)当て遊び | T 地球整形手術の跡・ヒマラヤ山脈もマリアナ海溝も痕跡 | T 地磁気⇔プレートテクトニクス⇔見かけのポールシフト | Wegener's大陸プレート瞬間強制移動説 continental drift theory plate tectonics | X・・「奇妙なゲーム」猫の鈴:Henry Morton Stanley革命 | X・・アイヌ学とキリスト教 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車 ・・「僕の前には道はない」 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車1 | X・・ヨーロッパ縦断・自転車2 | Y 同棲生活・週末婚・結婚生活 | Y 婚活ノウハウ | Y 心…自殺未遂、刃物 | Y 心の科学 | Y 数占いって不思議 | Y・・ 澄子の回想 | Y・・ギリシャ神話 「ユダヤ人」「トルコ人」(漫画)・・手塚治虫 | Y・・田舎の生活・・大人の童話 | Y野球ボールの曲がり方研究 | Z・・ 3トン探検団・・宇宙・童話 | Z・・「楽器達のお昼ね会にて」 | Z・・・・「小鳥」「てるてる坊主」 | Z・・・・ボランティア記 | Z選考・・短編小説「へその館」 | おすすめサイト | グルメ・クッキング | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味 | 音楽